公開日

2021/11/25

最終更新日

【転職エージェント費用】料金は無料?その理由を仕組みも含めて解説

転職エージェント 費用

結論から言えば、転職エージェントを利用しても費用は全くかかりません。求人紹介だけでなく、書類・面接対策も完全無料でサポートして貰えます。ただ、「逆に何か落とし穴があるのではないか」と疑ってしまう人もいるかもしれません。上記を踏まえ、本記事では、転職エージェントを無料で利用できる理由を説明した上で、おすすめの転職エージェントを整理していきます。

転職エージェントの費用が無料の理由

「転職エージェントのサポートは無料」と言われると、「そんな美味しい話がある訳が無い」「何か落とし穴があるに違いない」と考えてしまう人がいるようです。しかし、実は、転職エージェントは求職者ではなく企業から成果報酬を得ているため、求職者は無料で転職サポートを受けることができるのです。

では、企業からの報酬はどのような形で発生するのでしょうか。上述の通り、一般的には成功報酬型のビジネスモデルを採用する転職エージェントが大半で、求職者の入社が決まった段階で企業から転職エージェントに対して支払いが発生する仕組みとなっています。転職エージェントは求職者の転職活動をサポートするだけでなく、企業の採用業務の負担を軽減する役割も担います。採用を検討している企業に対して、求める人物像などをヒアリングした上で、求人票の作成を行います。また、求職者と面談してスキルや経験を確認した上で、求人紹介や面接日程の調整を行うだけでなく、内定獲得後の雇用条件や入社日の確認・交渉なども行います。

転職エージェントの成果報酬の相場

求職者の入社が決まり、雇用契約が成立した段階で、転職エージェントに対して成功報酬が発生します。転職エージェントが企業から受け取る成功報酬の金額は、求職者の理論年収(※)の30~40%程度が一般的な水準とされています。ちなみに、理論年収というのは、転職者の月給の12カ月分および交通費以外の一切の諸手当(所定外労働手当を含む)、賞与、報奨金、一時金を合計した金額のことを指します。つまり、年収1,000万円の求職者が転職エージェント経由で転職した場合、転職エージェントに支払われる金額は300万円~400万円となります。

多くの企業にとってはかなりの大きな出費となりますが、なぜ企業はここまでして転職エージェントを利用するのでしょうか。その背景には、「リクナビNEXTdodaといった求人サイトなどに求人を掲載しても応募してきた人全員の対応をするには相応のコストがかかってしまうこと」「だとしたら、最初から求める条件にマッチした求職者のみを紹介してくれる転職エージェントを利用した方が効率的で負担が少なくなると企業側が捉えていること」があります。

出典:https://next.rikunabi.com/

また、転職エージェントを利用すれば、機密性の高いプロジェクトの人材募集の場合でも、外部に情報が漏れないように「非公開求人」という形で募集することができます。それを踏まえると、求職者の立場からすれば、転職エージェント経由で転職活動を行った方が非公開求人に出会う可能性が高まるのかもしれません。

一般的に転職エージェントには売上ノルマが課されている

やたらと特定の求人案件を勧めてくるような場合は、転職エージェント側に何らかの思惑があります。転職エージェントというのは、企業側から成果報酬を受け取るというビジネスモデルを採用しているため、内定が出やすい企業ばかりを紹介してきたり、内定承諾をゴリ押しするようなケースがどうしても存在するのです。また、キャリアアドバイザーには売上や転職人数などのノルマが課されている場合が多いのですが、応募を急かしてくるキャリアアドバイザーは自分の売上ノルマの達成に躍起になっている可能性があります。希望する条件と合わない求人ばかりを紹介してくる場合は注意が必要です。

こんな場合は費用がかかる?状況別に整理

以下、状況別に費用がかかるか否かを検証していきます。

登録したけれど応募しなかった場合

登録したけれど応募しなかった場合は、特にペナルティなどは課されません。ただ、キャリアアドバイザーから電話がかかってくることが想定されます。転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから定期的に連絡が来るようになりますが、煩わしく感じる場合は、連絡の頻度を少なくして貰うよう依頼してみると良いでしょう。退会してもペナルティや罰金などを課されることはありません。

内定辞退した場合

内定辞退した場合でも、ペナルティや罰金は課されません。ただし、適切な方法で内定辞退しないと、キャリアアドバイザーや採用企業側に迷惑をかけてしまう場合があります。詳細については、こちらの記事「転職エージェント断り方」を参照のこと。

数ヶ月以内に退職した場合

求職者側がお金を払う必要はありませんが、転職エージェント側が企業に返金することになる場合があります。多くの転職エージェントでは、紹介した人が数カ月以内に退職すると、報酬の一部を返金しなければならないという規定を設けています。そのような事態に陥った場合、報酬がなくなってしまうだけでなく、企業側との信頼関係に影響が出てしまいます。だからこそ転職エージェントは、求職者と企業の適切なマッチングが成立するように努めるインセンティブが働くのです。

交通費が発生した場合

残念ながら、さすがに交通費・宿泊費などの負担まではしてくれません。地方で転職活動をしている方にとってはやや不親切に見えるかもしれませんが、最近では、Web面接も主流になってきています。必要に応じて、活用しましょう。

無料で使えるおすすめの転職エージェント

上記を踏まえ、無料で使えるおすすめの転職サイト転職エージェントを紹介します。転職活動で悩むことがある場合、下記の転職サイトや転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザーに相談すれば、解決の糸口が見えてくるかもしれません

リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職支援サービス。実績豊富な転職エージェントが業界最多の非公開求人から希望に沿った求人を紹介し、転職を成功に導いてくれることが特徴です。また、提出書類の添削や面接対策に加え、独自に分析した業界・企業情報の提供などの転職サポートも充実していることで知られています。

良い評判

・幅広い職種・業界の求人を保有している
・職務経歴書エディターで職務経歴書を簡単に作成できる
・Uターン転職にも強い

悪い評判

・キャリアアドバイザーの対応に差がある
・希望条件に合わない求人を紹介されるケースがある
・サポート期間は3ヶ月限定

詳細については、「リクルートエージェント 評判」を参照のこと。

dodaエージェント

出典:https://doda.jp/consultant/

日本最大級の紹介実績を誇ることで知られるdodaエージェント。運営はパーソルキャリア株式会社。非公開求人を含む10万件以上の求人から専門スタッフがぴったりの求人をご紹介。自分にあった仕事がわからないという場合に加え、キャリアの選択肢を広げたいというケースにも対応。履歴書・職務経歴書の書き方についてもサポートしてくれることが特徴です。

良い評判

・求人数が豊富である
・doda年収査定で自分の市場価値を把握できる
・レジュメビルダーで簡単に職務経歴書を作成できる

悪い評判

・求人の質が良くない場合がある
・キャリアアドバイザーのレベルにばらつきがある
・メール連絡がしつこい

詳細については、「dodaエージェント 評判」を参照のこと。

ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つです。有料課金しなければ利用できない機能もありますが、登録自体は無料でも可能です。

良い口コミ

・ハイクラス求人が豊富
・専門性の高いヘッドハンターが登録している
・自分と相性の合うヘッドハンターを選ぶことができる

悪い口コミ

・無料で利用できる範囲がわずか
・的外れな求人メールが送られてくる
・ヘッドハンターからの連絡がしつこい

詳細については、「ビズリーチ 評判」を参照のこと。

マイナビエージェント

出典:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、完全無料で転職希望者の要望に沿った求人を紹介する20代〜30代の転職に強い転職エージェント。運営は株式会社マイナビ(東証一部上場)。20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績に加え、マイナビグループが誇る豊富な求人情報が大きな強み。各業界に精通した専任のアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。営業職・技術系職種・金融関連専門職種に強いことも大きな特徴です。

良い口コミ

・20代の転職サポートに定評がある
・キャリアアドバイザーのサポートに熱意がある
・中小企業の求人が豊富

悪い口コミ

・ハイクラス転職には向かないという意見も
・求人数はリクルートエージェントやdodaに劣る
・連絡の頻度が多すぎる場合がある

詳細については、「マイナビエージェント 評判」を参照のこと。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴で、会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができます。

良い口コミ

・ハイクラス求人が豊富
・優秀なヘッドハンターが多数登録している
・キャリアアドバイザーを自分で選ぶことができる

悪い口コミ

・急ぎの転職には不向き
・年収が低いと門前払いされる可能性がある
・ビズリーチに比べると求人数が少ない

詳細については、「リクルートダイレクトスカウト 評判」を参照のこと。

最後に

転職エージェントの費用は無料です。はじめての転職の場合は、転職サイトだけでなく転職エージェントに登録すると良いでしょう。また、キャリアアドバイザーとの相性を考えて、転職エージェントには複数登録しておくことがおすすめです。

Photo by NeONBRAND on Unsplash