レバテックキャリアの評判・口コミ|サービス内容と面談までの流れを整理

ITエンジニア・Webデザイナーの転職に特化した転職エージェント「レバテックキャリア」。本記事では、レバテックキャリアのメリット・デメリットに加えて、評判・口コミなどを整理していきます。

レバテックキャリアの基本情報

レバテックキャリアの基本情報については、以下の通り。

求人情報

非公開求人

非公開求人 記載なし

直接面談

なし
履歴書添削 あり
面接対策 あり
形態 エージェント型
対象エリア 全国

レバテックキャリアのメリット

レバテックキャリアのメリットは以下の通り。

専門性の高いアドバイザーの存在

1つ目のメリットは、「専門性の高いアドバイザーの存在」です。レバテックキャリアでは、高い専門性と深い業界理解を兼ね備えたアドバイザーが求職者の強みを正確に把握し、求人先の企業に紹介することで、内定および年収アップをサポートします。

厳選された高品質な求人

2つ目のメリットは、「厳選された高品質な求人」です。レバテックキャリアは、創業以来、15年間にわたって積み重ねてきた確かな実績のおかげで、厳選された高品質な求人が常に集まってくる仕組みがあります。

中長期的なキャリア形成支援

3つ目のメリットは、「中長期的なキャリア形成支援」です。レバテックキャリアには、これまでに数々の求職者の転職をサポートすることで蓄積されたノウハウがあり、中長期的なキャリアアップを見据えたプランを提案してくれます。

レバテックキャリアのデメリット

レバテックキャリアのデメリットは以下の通り。

エージェントの質にバラツキ

1つ目のデメリットは、「エージェントの質にバラツキがある」ことです。これは他の転職エージェントでも言えることですが、経験が不足している若手エージェントもゼロではありません。また、当然ながら、相性の問題もあるので、どうしても合わないという場合には、担当者を変更してもらえないかを交渉すると良いでしょう。

対応地域が限定的である

2つ目のデメリットは、「対応地域が限定的である」ことです。レバテックキャリアは、dodaエージェントやリクルートエージェントとは異なり、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡のみが対応地域となっており、これら以外の地域に在住している場合、サポートを受けることが難しくなります。

未経験者には厳しい

3つ目のデメリットは、「未経験者には厳しい」ことです。どういうことかと言うと、レバテックキャリアでは、経験者向けの案件を数多く取り扱っているため、未経験者への求人紹介が難しいケースが多いのです。なので、レバテックキャリア経由で転職を目指す場合は、プログラミングスクールなどで知識や技術を身につけてからの方が望ましいでしょう。

レバテックキャリアの評判・口コミ

https://twitter.com/se_tenshoku/status/1223380442054717440

https://twitter.com/kow_ystk_t/status/1202212658520322049

https://twitter.com/mayuowl/status/1209677584671264769

登録してから面接までの流れ

レバテックキャリアに登録してから面接までの大まかな流れについては、下記の通りです。

・キャリアカウンセリング
・求人紹介
・面接

キャリアカウンセリングでは、キャリアアドバイザーが対面もしくは電話で転職希望者のキャリアに関するアドバイスを行ってくれます。その後、最適な求人の提案を行い、入社を希望する企業に合わせた書類作成のサポートを行います。面接の日程までエージェント側で調整してくれるのは非常に嬉しいサポートだと思おいます。

最後に

今回の記事は以上となります。レバテックキャリアは、ITエンジニアやWebデザイナーを目指すなら、是非とも登録すべき転職エージェントの一つですが、上記の通り、エージェントの質にバラツキがあることや対応地域が限られてしまうなどのデメリットも存在します。これらを踏まえると、利用する転職エージェントをレバテックキャリアだけに限定するのではなく、マイナビITやワークポート等の転職エージェントも併せて利用すると良いでしょう。