公開日

2022/09/27

最終更新日

【JR東日本年収】中途採用の給与ランキングは低い?1000万円貰える?評判・口コミも紹介【高卒・大卒・院卒】

・JR東日本の年収は高い?
社員の年収や給与について詳しく知りたい。

こんな悩みにお答えします。結論、JR東日本の平均年収は高いです。関東・甲信越・東北までの1都16県の鉄道インフラを担っているため、売上が安定しています。離職率も少なく、転職難易度の高い企業です。しかし近年では新型コロナウイルス蔓延の影響により、JR東日本を含めた鉄道業界全ての企業の売上が減少しています。上記の理由から、近年のJR東日本の平均年収は低下傾向にあります。本記事では、JR東日本の直近の平均年収や給与の仕組みについて解説していきます。JR東日本に転職を考えている方は、是非、参考にしてください。

【JR東日本転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

JR東日本の平均年収は674万円

JR東日本 有価証券報告書によると、JR東日本の年収は674万円です。doda サービス業界の平均年収によると、業界平均年収は367万円です。そのため、サービス業界では平均より高い数字です。一方で、鉄道業界の平均年収は約650万円です。新型コロナウイルスの影響により、JR東日本の売上は下落しています。賞与カットなどが続いており、社員の年収は例年よりも下がりました。そのため、JR東日本の今の年収は平均値といえるでしょう。

JR東日本の年度別平均年収

JR東日本の過去の平均年収は、以下の通りです。

平均年収

2015年

710万円

2016年

711万円

2017年

714万円

2018年

715万円

2019年

719万円

2020年

674万円

参考:有価証券報告書

上記のデータを見て分かると通り、2020年までは安定して高い年収を維持していました。しかし2020年から平均年収は平均より約40万円くらい下がっています。新型コロナウイルスの影響や国からの緊急事態宣言により、消費者の多くは外出する機会がなくなりました。上記の影響に加えて、リモートワークの普及も鉄道業界には大きな痛手といわれています。

JR東日本の年齢別平均年収

JR東日本の年齢別平均年収は、以下の通りです。

年齢

平均年収

20歳~24歳

400万円

25歳~29歳

500万円

30歳~34歳

550万円

35歳~39歳

620万円

40歳~44歳

700万円

45歳~49歳

780万円

50歳~54歳

820万円

55歳~59歳

800万円

60歳~64歳

600万円

参考:有価証券報告書

上記の数字を見る限り、基本的には年功序列なのがわかります。鉄道業界は競合と争う事態はなく、常に安定している業界です。そのため、年功序列が色濃く出ていますね。

JR東日本の職種別平均年収

JR東日本の職種別平均年収は、以下の通りです。

職種

平均年収

電車運転手

690万円

技術職

690万円

一般職

700万円

総合職

980万円

参考:有価証券報告書

JR東日本で最も年収が高い職種は、総合職です。総合職は鉄道事業以外の売上向上施策を考えたり、マーケティングや各部署の統括をする業務になります。そのため、高いマネジメントスキルが必要になり、転職難易度は高いといえるでしょう。

JR東日本の役職別平均年収

JR東日本の役職別平均年収は、以下の通りです。

役職

平均年収

主任

600万円

係長

755万円

課長

998万円

部長

1,103万円

参考:有価証券報告書

JR東日本では、課長クラスより上の役職になると年収1,000万円以上稼げます。ただし役職も年功序列の色が強く、若手社員が課長クラスになる例は少ないです。転職してからも役職に就けるまでは、やや年数がかかるといえるでしょう。しかし、JR東日本でも年収1,000万円以上稼げるので、転職する際は課長以上の役職を狙って準備してもいいですね。

JR東日本と競合他社の年収比較

JR東日本と競合他社の年収比較は、以下の通りです。

会社名

平均年収

阪急阪神ホールディングス

864万円

近鉄グループホールディングス

721万円

JR東日本

673万円

JR西日本

611万円

上記の数字を見る限りでは、JR東日本はやはり平均的なのがわかります。鉄道業界は、競合との売上争いをしていません。会社が持つエリア内で着実に収益をあげています。そのため、協力関係にあると考える方が妥当です。しかし、JR東日本はコロナの影響による打撃が強い傾向にあります。緊急事態宣言による影響は、首都圏の稼働率を大きく下げる結果となりました。出張も少なくなり、新幹線事業は大きな赤字経営が続いています。新型コロナウイルスの影響は少しずつ収束しつつありますが、鉄道業界はまだまだ苦しい時期が続く可能性があります。

JR東日本の給与と評価の仕組み

JR東日本の給与は、基本的には年功序列です。勤続年数と比例して、年収が高くなります。年次昇給に加えて、昇給試験も定期的に実施されます。そのため、一定の給与までは努力次第で誰でも達成できるようです。ただし、昇給試験は簡単ではないため、それなりの勉強が必要といわれています。

JR東日本の評価制度について

JR東日本の評価制度も年功序列です。社内は完全に縦割り社会で、スキルよりも勤続年数が重視されます。そのため、給与やボーナスは年配社員の方が高いです。事業の仕組みとして、インセンティブを儲けるのが難しく年功序列が基本になります。JR東日本は給与システムの見直しを検討している時期もありました。しかし新型コロナウイルスの影響により、売上回復、経営基盤の最適化に今は比重がかかっています。そのため、若手と年配社員の労働量と給与が見合っていないなどの声が出始めているようです。

JR東日本のボーナスは少ない?

JR東日本のボーナスは、基本的には高いです。理由は、収益が安定しているからです。鉄道業界でも大きなシェアを獲得しており、賞与平均額は給与6ヶ月分です。しかし、近年は新型コロナウイルスの影響によって売上が激減しています。そのため、ボーナスカットが続いているのが現状です。

・2020年
・2021年

の平均賞与額は、給与2ヶ月分といわれています。一方で、昇給制度の見直しにより基本給は上げやすくなりました。コロナ禍が続く中、どれだけの売上回復できるかが重要になるといえるでしょう。

JR東日本の課題

JR東日本の課題は、

・売上回復
・コストカット

です。新型コロナウイルスの影響により、外出を控える人はかなり増えました。リモートワークが普及したため、自宅で仕事をする人も増加しています。リモートワークについては、コロナ禍が落ち着いても無くならないといわれています。上記の場合、出張に行く人は激減するため新幹線事業は赤字経営を続けなければいけません。他人と近くになる電車を避けるように、マイカー通勤も増加傾向にあります。このような状況下が続く中、JR東日本に関わらず多くの鉄道会社が頭を抱えています。JR東日本の2020年度の売上高は、1兆1720億円です。2019年度の売上高は、2兆0610億円。つまり、2019年度からすると8890億円の売上減少です。さらに問題視されているのが、営業費です。売上が前年度比に比べると43.1%減少しているのに対して、営業費は870億円(4.9%)だけしかカットできませんでした。出張する人が激減したため、新幹線事業も赤字が続いています。鉄道事業は固定費が高く、人件費もかかる事業です。そのため、できる限りのコストカットは必要でしょう。また、鉄道事業以外の収益を伸ばす必要があると考えられています。

JR東日本の求人情報

JR東日本では、

・総合職
・エリア職

の2種類の求人情報が出されています。高い年収を狙うなら総合職がおすすめです。一方で、素早く転職して安定的に働きたいならエリア職がおすすめですね。詳しく解説していきます。

総合職の採用情報

総合職の採用情報は、以下の通りです。

募集職種

  • 鉄道事業・生活サービス事業・Suica事業に関わるビジネス戦略
  • 輸送・車両・機器設備
  • 経路・土木・建設
  • 建築
  • 列車制御システム・エネルギー・情報通信
  • IT・ビジネス
  • 国際事業
  • 法務
  • 研究開発

採用情報

応募資格

(1)募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方(※ドクターコース(博士課程後期)修了見込みの方も応募可能)(2)4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方

給与

スキル・経験により変動

勤務地

JR東日本の事業エリア内注1)ただし、必要によりグループ会社などへ出向する場合があります。注2)業務の都合上、上記日本国内に加え、海外駐在する場合があります。

試用期間

あり(3月)

諸手当

職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など

昇給

年1回

賞与

年2回

勤務時間

勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。※2)企画部門や一部事業場ではフレックスタイム制およびテレワークを導入しています。※3)2020年度の平均的な時間外勤務実績は年間153時間程度

休日休暇

年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など

福利厚生

施設/寮、社宅、病院など・制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など

総合職は年収が高くステップアップとしても人気の職種です。そのため、転職難易度が高い傾向にあります。JR東日本の総合職に転職する際は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

エリア職の採用情報

エリア職の採用情は、以下の通りです。

  • 募集職種
  • 線路・土木・建設
  • 列車制御システム・エネルギー・情報通信
  • 車両・機械設備
  • 建築
  • 駅・乗務員・鉄道営業・観光開発
  • 国際業務
  • 技術事務
  • 事業用地管理

応募資格

(1)高等学校卒業以上の方(2)職務経歴は問いません

給与

月額27万円程度

勤務地

首都圏、高崎、水戸、仙台、盛岡、秋田、新潟、長野の各エリア内

試用期間

あり(3箇月

諸手当

職務手当、技能手当、時間外勤務手当、扶養手当、通勤手当など

昇給

年1回

賞与

年2回

勤務時間

勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります。例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります。※2)企画部門や一部事業場ではフレックスタイム制およびテレワークを導入しています。※3)2020年度の平均的な時間外勤務実績は年間153時間程度

休日休暇

年間114日の休日(曜日に関わらず指定します)このほか年次有給休暇(入社時に15日、最大20日)および慶弔休暇など

福利厚生

施設/寮、社宅、病院など・制度/各種保険完備、財形貯蓄、グループ共済会、住宅援助金、カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)など

エリア職の転職難易度は、あまり高くありません。そのため、今の職場を変えたい方に人気の転職先です。とはいえ誰でも転職できるわけではないので、転職エージェントを利用したり、しっかりリサーチしたりするのがおすすめです。

JR東日本に対する口コミ

JR東日本に対する口コミは、賛否両論です。給与が安定している点や、福利厚生が充実しているのは従業員からかなり高い評価を得ています。一方で働き方については不満の声が多いですね。そこで今回は、良い口コミ・悪い口コミを合わせて紹介していきます。

JR東日本に対する良い口コミ

JR東日本に対する良い口コミは、以下の通りです。

  • 福利厚生が充実している
  • やりがいを感じる
  • 給与が安定している
  • 社会的信用が高い

最も多い声は、福利厚生が充実していることです。産休・育休が充実しているため、女性にとっては働きやすい職場といえるでしょう。休暇も比較的に取りやすいため、ワークライフバランスは整いやすいと定評があります。新型コロナウイルスの影響によりボーナスが少なくなったことには、ある程度の理解があるみたいですね。JR東日本は、鉄道事業以外にも、不動産業や金融業、建築設計など「大きなお金を動かす事業」を展開しています。上記のようのなプロジェクトに携われると、やりがいを感じられる人も少なくありません。JR東本は日本国内から大きな信用を集めている企業のため、一般企業ができないプロジェクトを実施できます。JR東日本に勤めているだけで、周囲の人から信用されたり、住宅ローンが通りやすくなったりした声も多いです。家庭を持ちながらステップアップしたい人にとっては、JR東日本はおすすめの転職先といえるでしょう。

JR東日本に対する悪い口コミ

JR東日本に対する悪い口コミは、以下の通り。

  • 縦割り社会
  • 給与に対する評価
  • 今後の経営方針への不安

最も多い声は、労働環境に対する不満の声です。昔ながらの縦割り社会については、ストレスを感じる人は少なくありません。仕事の進め方については、トップダウンが基本です。給与に対する評価についても、縦割り社会が関係しています。JR東日本の経営状態は、現在不安定です。新型コロナウイルスの影響により、新幹線事業は赤字。電車利用者数は激減しました。上記の状況下のため、JR東日本は経営回復に力を入れています。一方で社内では、若手が必死に動き、年長社員は悠々自適に仕事をしているなどの不満の声がかなり多いです。JR東日本に転職してとしても、若手社員への配慮は大切と考えられますね。

JR東日本に転職するなら転職エージェントがおすすめ

JR東日本に転職するなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。理由は、JR東日本への転職は職種によって転職難易度が高いから。中でも総合職の転職難易度は、かなり高いといえるでしょう。転職するなら、高い年収を狙いと考えるのは当たり前です。転職エージェントを利用するメリットは、以下のと通り・

  • 非公開求人を紹介してくれる
  • JR東日本の情報に精通している
  • 適切な転職サポートを受けられる
  • 給与交渉を受けられる

順番に解説していきます。

非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントを利用すると、非公開求人を紹介してくれます。非公開求人とは、一般的な転職サイトに掲載されない求人情報です。一般公募されないため、応募人数が減り、転職難易度が低くなります。JR東日本のような大手企業は、転職エージェントに非公開求人を出す確率が極めて高いです。理由は、採用情報から事業概要、自社の課題などを分析されないためになります。つまり非公開求人とは、即戦力をすぐに採用したい場合に出される可能性が高いです。スピード感を求めるケースが多いため、スキルや経験が認められるとすぐに採用されるでしょう。総合職などは、非公開求人に出せされる確率が高いです。JR東日本に転職するなら、転職エージェントを利用して非公開求人もチェックしておきましょう。

JR東日本の情報に精通している

転職エージェントはほぼ全ての大手企業の情報に精通しています。具体的には、給与や評価の制度、社内事情や事業内容です。今のJR東日本に転職するなら、部署の人間関係や給与状態、経営状態については注視する必要があります。例年にない赤字経営を続けているため、部署によっては残業が多いです。せっかく転職成功できたとしても、激務に追われると辛いだけですよね。上記の事態にならないために、転職エージェントに希望転職先の情報を教えてもらいましょう。複数の転職エージェントに登録すると、より多くの得られます。理由は、転職エージェントによって独自の方法で情報を集めているからです。複数の転職エージェントに登録して、JR東日本の情報を集めて転職準備を進めていきましょう。

適切な転職サポートを受けられる

転職エージェントは求職者の転職活動を、徹底的にサポートしてくれます。具体的には、書類制作や模擬面接です。JR東日本に転職する場合、模擬面接はかなり重要になります。総合職に転職を希望する場合、即戦力になる人材であるアピールすることが必要です。転職エージェントを利用した場合、模擬面接を受けられます。JR東日本の面接内容に詳しい転職エージェントの模擬面接を受けると、過去の質問内容や適切な返答方法がわかるでしょう。

給与交渉を受けられる

JR東日本から内定をもらっても、給与が求人情報より低かったり、スキルや経験にみあっていなかったりする場合があります。上記の場合、転職エージェントに給与交渉の依頼が可能です。内定をもらったとしても、年収が下がると生活が厳しくなる可能性があります。内定通知書の内容に不信感がある場合、転職エージェントに相談しましょう。

JR東日本転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

JR東日本転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JR東日本転職を目指す上でおすすめの転職サイト

JR東日本転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

本記事をまとめます。

  • J東本の平均年収は674万円
  • 昇級試験に合格すると給与が高くなる
  • コロナ禍の影響により、売上が下がっている

JR東日本は、新型コロナウイルスによる影響で賞与カットなどが続いています。この状況はもうしばらく続くと考えられるでしょう。しかし鉄道インフラでは大きなシェアを獲得しているため、安定して働ける企業です。JR東日本に転職するなら、転職エージェントを利用して適切な転職準備をしましょう。