公開日

2022/06/27

最終更新日

【三菱電機転職】第二新卒OK?中途採用の就職難易度はやばい?後悔?最悪?平均年収の内情や年代別推移もご紹介

日本の大手総合電機メーカー企業である三菱電機。3つのダイヤマークは皆さんもお馴染みだと思います。家電から半導体、エレベーターまで、幅広く電気機器を生産している企業です。今回は、そんな三菱電機の給与事情を調べてみました。この記事では

・三菱電機とは?
・年収の内情
・年代別/職種別年収の目安
・転職の難易度
・転職を成功させるコツ

などについて解説しています。三菱電機への転職を希望する人、転職先選びに迷っている人はぜひ読んでみてください。

【三菱電機転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

三菱電機とは?

まず、三菱電機という企業について見ていきましょう。

企業概要

三菱電機は、1921年に三菱造船株式会社の電機製作所から分離する形で設立されました。扇風機や発電機などの生産を行い、1933年に冷蔵庫、1935年にエレベーターの販売を開始するなど現在に至るまで様々な電機機器の生産を行ってきました。今では業界での国内売上が、日立製作所、パナソニックに次ぐ3位となっています。また宇宙や防衛分野の機器において強みを持っており、世界でもトップレベルの技術を誇ります。現在の企業概要については以下の表にまとめてみたので、参考にしてください。

企業名

三菱電機株式会社

本社所在地

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル

URL

https://www.mitsubishielectric.co.jp

設立

大正10年2月

代表取締役社長

漆間 啓

資本金

175,820百万円

従業員数

145,653名(2021年12月末現在)

事業内容

三菱電機の法人事業内容は、主に以下の5つです。

・重電システム
・産業メカトロニクス
・情報システム
・電子デバイス
・家庭電器

重電システム

タービン発電機や大型映像表示装置、エレベーターなど工業用、動力用の大型電器機器の生産からシステムの構築、パッケージ提供もしています。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/juden/index.html

産業メカトロニクス

プログラマブルコントローラ、数値制御装置、カーナビゲーションやモーターといったカーマルチメディア機器を提供しています。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/sangyo/index.html

情報システム

無線通信機器、人工衛星、ネットワークセキュリティーシステム、映像解析などを提供しています。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/jouhou/index.html

電子デバイス

パワーモジュール、高周波素子、光素子、液晶表示招致などを提供しています。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/device/index.html

家庭電器

液晶テレビ、ルームエアコン、冷蔵庫などの家庭電化製品の生産から販売、家電リサイクルまで提供しています。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/review/katei/index.html

経営理念

コーポレートサイトより、経営方針について以下のように記しています。

・持続可能な社会の実現
・安心・安全・快適性の提供
・人権の尊重と多様な人材の活躍
・コーポレート・ガバナンス、コンプライアンスの持続的強化

この4つを企業経営の基本とし、「成長性」「収益性・効率性」「健全性」のバランス経営に加え、全ての活動を通じたサステナビリティの実現に貢献し、経済的価値と社会的価値を両輪とした企業価値の更なる向上を実現すること。またバランス経営において4つの満足の実現が必要であるとしています。

・社会の満足:社会への貢献
・顧客に満足:良い製品・サービスの提供
・株主の満足:企業価値の向上
・従業員の満足:働きがいのある職場作り

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/gaiyo/management_policy/

平均年収はどのくらい?

三菱電機が2020年3月に発表した有価証券報告書によると、三菱電機社員の平均年収は796万です。ここでは、平均796万円の社員がどのくらいの高さなのかを見ていきましょう。

日本人平均との比較

dodaが行った「平均年収ランキング2021」によると、日本人の平均年収は403万円です。また、その中でもメーカー業界の平均年収は455万円でした。つまり、三菱電機の平均年収は日本人の平均以上、またメーカー業界の平均と比べても高い水準であることが分かります。

同業他社との比較

では次に、同業他社との比較を見てみましょう。三菱電機の同業他社である、日立製作所、パナソニック、ソニー、富士通、東芝の平均年収は以下の表のとおりです。いずれも最新の有価証券報告書に記載されているものです。

企業名

平均年収

三菱電機株式会社

796万円

株式会社日立製作所

890万円

株式会社パナソニック

754万円

株式会社ソニー

1,057万円

富士通株式会社

865万円

株式会社東芝

866万円

三菱電機の平均年収は、主要電機メーカーの中でも5番目の高さでした。

年収の内情は?

平均年収796万円という高水準の三菱電機。では、この年収の内情はどのようになっているのでしょうか。

・ボーナス、昇給・昇進
・残業代
・福利厚生

の3点から見ていきましょう。

ボーナス、昇給・昇進

三菱電機では、年2回(6月・12月)にボーナスが支給されます。コーポレートサイトには詳しいことは掲載されていませんが、各転職サイトに寄せられている口コミを見てみると、評価と事業部の業績によって変動するようですが、5ヶ月分前後のボーナスが支給されるようです。昇給は年1回(4月)行われ、上司との面談で決定されますが、基本的には1年に1万ずつ上がると口コミにはありました。入社して10年目位に昇進試験があり、そこに合格すると基本給が上がるようです。しかし、三菱電機では年功序列の制度が残っており、勤務年数が上がれば給料もそれにともない上がるので、安定した給与が見込めます。

残業代

三菱電機では残業代は全て支給されます。

過去、三菱電機は労災に認定されるといったことがありましたが、今はしっかりと改善されているようです。みなし残業などの制度はなく、45時間を超える場合は、上司の許可が必要など徹底しています。また、残業をしたらした分だけもらえる仕組みのようです。しかし、口コミによると部署や繁忙期によっては、残業が多い場合があるとありました。ちなみにOpen Workによると、三菱電機の平均残業時間は34.8時間(2021年12月現在)で日本の平均残業時間24.9(民間調べ)より少し多い残業時間でした。

福利厚生

三菱電機では非常に福利厚生が充実しています。コーポレートサイトによると、一例として

・各種社会保険
・社宅・家賃補助
・住宅融資・社内融資制度
・社員持家借上制度
・寮(独身寮・単身赴任)
・財形貯蓄
・持株会
・カフェテリアプラン
・社員親睦会
・保養所・文体施設
・在宅勤務制度
・フレックス勤務制度
・セルフサポート休暇
・チャージ休暇
・育児休暇
・託児施設
・介護休暇
・再雇用制度

などが挙げられていました。なかでもカフェテリアプラン制度は特徴的です。この制度は、社員それぞれに付与されたポイントを1ポイント当たり100円の換算で書籍購入や旅行などに利用できるというものです。口コミによると年間約80,000円相当のポイントが付与されるとのことでした。選択肢の中にはジムやフィットネス、人間ドックといった健康診断のオプションなどもあるようです。各種休暇の取得率も低くはなく、たとえば有給休暇取得率は45.1%でした(Open Work調べ、2021年12月現在)。休暇制度が多く取りやすい風土があるようで、ワークバランスも取れていると言えます。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/graduates/environment/benefit/index.html

年代別年収の推移

次に、年代別の年収推移を表で見ていきましょう。この数値は、有価証券報告書と国税庁の平均給与調べから独自に算出したものです。あくまで目安の数値なので、実際と違う場合もあることにご注意ください。

年代

年収目安

20代

約433万円

30代

約620万円

40代

約753万円

50代

約876万円

三菱電機のように大企業の年収を考えるとき、どの辺りで1,000万円を超えるのかという点を気にする方もいらっしゃるでしょう。前にも述べたように、三菱電機では年功序列の制度のため、入社10年目の昇格試験に合格し、順当に評価を得られていけば、40代で1,000万を超える報酬をもらえる人もいるようです。

職種別年収比較

では、職種別に見るとどうでしょうか。ここでは、新卒採用ページの職種と、dodaによる「平均年収165職種別」、各転職サイトの口コミなどを参考に目安の数値を算出しています。こちらも目安として算出したものなので、実際とは誤差がある場合も考えられます。

総合職

法人営業、企画、マーケティング、販売促進、不動産、人事、法務、財務

500~1,300万円

技術職

システム設計・開発・構築、システムエンジニア、ソフトウェア開発

600〜1,000万円

一般職

事務、アシスタント

500~825万円

総合職は男性社員の割合が多く、一般職は女性社員の割合が多い比率になります。女性は時短勤務で働く人も多く、したがって総合職より一般職の方が年収が低くなります。

三菱電機転職の難易度は?

三菱電機への転職の難易度は、以下の2点から高いと言えます。

・高いスキルが求められる
・転職人気の高い企業である

では、詳しく説明しましょう。

高いスキルが求められる

三菱電機への転職には、非常に高いスキルが求められます。コーポレートサイトのキャリア採用に掲載されている現在の採用情報を見てみても、ほとんどの部署で各分野における実務経験や高い能力のある人材を求めています。基本的には、どの職種でも業界での経験年数3年以上は必須になります。また海外事業にも力を入れているため、応募している部署によっては海外での業務経験や外国人社員との協働経験、ビジネスレベル以上の外国語の知識を求められることがあります。

転職人気の高い企業である

三菱電機は2021年に創業100周年を迎えた老舗企業です。そのため、現在までに積み重ねられてきた技術と経験により、世界においてもトップレベルの品質と製品の強みを持つ会社です。分野によっては、トップのシェア率を誇るなど今後も業績の安定が見込めます。また勤務年数が上がれば上がるほど収入も上がるシステムなので、給与面においても安定が確保されています。これらの理由により、転職希望が多く内定への倍率が高くなっています。dodaによる「転職人気企業ランキング2021」を見ても、三菱電機はトップ200位以内に入っており、やはり人気の高さがわかります。そのため、入念な準備が必要となるでしょう。

選考プロセス

実際の選考プロセスは以下の通りです。

① コーポレートサイトの「キャリア採用」から応募する
② 書類選考
③ 一次面接
④ 二次面接
⑤ 内定

選考プロセスにおいて注意が必要なのは、1つ目は一次面接時に筆記試験があり基礎的な学力が問われることです。また2つ目は、一次面接は現場社員と人事担当者で行われ、二次面接では役員クラスが5〜6名いる場合があるということです。選考の時間は2週間程度と短いようですが、入念な面接・筆記試験の対策をする時間が必要となりそうです。転職活動をされる方の中には、現在も何らかの職についている方も多いでしょう。三菱電機へ転職を目指す場合は、現職とのスケジュール調整も必要となってきます。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/career/index.html#section-04

求められる人材

三菱電機で求められる人材とはどのような人なのでしょうか。コーポレートサイトでは、求める人材像を下記のように記しています。

・強い意志を持ち、自ら行動する人
・周囲と協働し、より大きな力を生み出す人
・やりとげる責任感を持つ人

世界中の人々の心と生活を豊かにし、夢のある社会を実現する、それが三菱電機の使命としています。その実現のためには、全世界のニーズに応え、高度な技術とより良い製品を生み出し価値あるものを提供することが重要です。そして、1つの価値ある製品を作るには、長い時間がかかることが多いでしょう。1人ひとりが強い志をもち、組織としてひとつになって目標を目指さなければ、実現は困難となります。採用グループマネージャーからのメッセージにも、チームとして、組織として挑戦することの大切さが書かれています。「チームプレー」ができるかどうかも重要なポイントとなりそうです。

参考:https://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/graduates/recruit/personality/index.html

三菱電機への転職成功のコツ

難易度の非常に高い三菱電機への転職ですが、それだけに魅力的な職場でもあります。ここまで読み進めてきて、転職へ向けて心が動いた方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは三菱電機への転職成功のコツをご紹介します。

転職成功のコツは以下の2点です。

・企業の求める人材であることをアピールする
・転職エージェントを利用する

企業の求める人材であることをアピールする

三菱電機への転職の際には、各分野での経験が求められますが、同時に前述のような企業に求められる人材であるかという点も重要視されます。なぜなら、三菱電機は独自の方向性を持った世界的な企業であるからです。口コミを見てみると、面接では志望動機などのオーソドックスな質問から「前職ではどんなことに気をつけて業務をしていたか。」など前職に対する質問もあるようです。自己分析と企業研究を行い、自分と企業がいかにマッチしているかをアピールできれば、転職成功へ近づけるでしょう。

転職エージェントを利用する

三菱電機のような独自性のある大企業への転職を目指す場合、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用するメリットとしては、

・転職活動に関わる事務手続きを代行してもらえる
・各企業ごとの対策が受けられる
・非公開求人情報が教えてもらえることがある

という点が挙げられます。

転職活動は新卒時の就職活動と違い、多くの場合は現職を持ちながら並行して行うことになります。三菱電機への転職を考えている方の中には、現職でも大きなプロジェクトや裁量を任されている方も多いことが予想されるため、転職活動に多くの時間が避けられないというケースもあると考えられます。

転職エージェントを利用すれば、担当アドバイザーが面接の日程調整や各種書類の提出など、煩雑な事務手続きを代行してくれます。応募者は空いた時間を面接の対策などに充てられるため、効率の良い活動が行えるのです。

また、各企業ごとの対策が受けられるのも、エージェント利用のメリットです。転職活動を通じていかに自分が企業にマッチした人材であるかをアピールすることの重要性は先ほども述べたとおりですが、それには高い精度の自己分析や業界・企業の知識が必要となります。これらを全て自分でこなそうとすると、時間も労力もかなり掛かってしまいます。

担当アドバイザーは転職のプロとして、自己分析のノウハウや各業界・企業についても深い知識を持っています。企業対策として、履歴書や職務経歴書の添削、面接の指導も行ってくれるので、安心して本番に臨むことができるのです。

さらに、転職エージェントに登録することで非公開求人情報を紹介してもらえることもあります。非公開求人情報とは、企業が特殊な事情から公開していない求人のことで、一般の人がサイトから自由に閲覧することはできません。

特殊な事情として考えられるのは、応募者が殺到するような好条件の案件であったり、大企業が新プロジェクトを立ち上げる際の求人で、外部に情報を漏らしたくない案件、管理職クラスの求人案件などが挙げられます。

そのため、エージェントが抱えている非公開求人情報の中に、三菱電機の情報が隠れていることが予想できます。限られた情報を効率的に収集していく必要がある人気企業への転職活動においては、こうした非公開求人情報を紹介してもらえる点は非常に有利だといえるのです。

三菱電機転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

三菱電機転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

三菱電機転職を目指す上でおすすめの転職サイト

三菱電機転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

三菱電機の平均年収は796万円と、日本人の平均から見ても業界の平均から見ても非常に高水準です。高いスキルが求められることや転職人気が高いことから、転職難易度は高いと考えられます。成功のためには、自己分析を進めて自分が企業にマッチする人材であることをアピールすることのほか、転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントを利用することで、各企業ごとに対策が受けられるほか、煩雑な事務手続きを代行してもらえたり、非公開情報を教えてもらえたりと効率よく転職活動を進めていくことが可能になります。現職と並行しての活動を行う場合には、特に活用を検討していただきたいサービスです。