公開日

2022/01/27

最終更新日

【キーエンス年収】給料ランキングはやばい?なぜ高い?激務?仕事内容・採用大学・年齢別の年収推移を解説!

  • キーエンスの平均年収が高い理由を知りたい
  • 給料の仕組みや評価制度について知りたい
  • キーエンスに転職するにはどうしたら良いのか

このような悩みを解決します。キーエンスは1974年に設立された大阪に本社のある自動制御機器や計測機器・センサーの開発・販売を行っている企業です。平均年収ランキングでも2位にランクインするキーエンスの平均年収の高さは昔から有名であり、事業内容を知らなくても年収の高さは知ってた人も多いのではないでしょうか。本記事では、

・キーエンスの平均年収が高い理由
・評価制度・転職成功率を上げるための方法

を紹介していきます。

【キーエンス転職】おすすめ転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

キーエンスの平均年収は1751万円

キーエンスは企業別の年収ランキングでM&Aキャピタルパートナーズに次いで2位に位置しています。2021年3月度の有価証券報告書によると、キーエンスの平均年収は1751万円です。キーエンスの2020年の平均年収が1839万円であったことと比較すると少し下がっていますが、それでもかなりの高水準です。ここではキーエンスの平均年収が高い理由と競合と比較してどれだけ高いのか解説していきます。

参考:年収が高い会社ランキング2021【1000社・完全版】 | ニッポンなんでもランキング! | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp))

キーエンスの平均年収が高い理由

「キーエンスの平均年収はどうしてこんなに高いのか」と気になる人も多いのではないでしょうか。キーエンスの平均年収の高さの主な要因は、その圧倒的な利益率の高さにあります。大半の製造業の利益率が5%である中で、キーエンスの利益率は50%を超えます。この利益率が高い理由は2つあります。1つ目は、キーエンスが代理店を通さない直販体制のため、中間マージンを取られることがなく、利益の多くを社員の給与に回すことができることにあります。そして2つ目は、キーエンスの年収は業績連動型であり、「人件費は経費にあらず」の理念のもと、業績が上がった分ボーナスとして上乗せされるようになっています。

競合他社と比較しても年収は高い

キーエンスの平均年収は競合他社と比較してもかなりの高水準です。

キーエンス

1751万円

ソニー

968万円

日立製作所

890万円

村田製作所

724万円

京セラ

715万円

オムロン

829万円

ソニーや日立製作所も平均年収が非常に高い企業であることで有名ですが、キーエンスの平均年収はそれらの企業よりも2倍近くの高さです。

ボーナスは年4回成果に応じて支給

キーエンスのボーナスは年4回支給されます。キーエンスの営業利益の10%が新卒社員を含む全社員に分配されます。当然、一律の額が分配されるわけではなく、社員1人ひとりの成果に応じて、支給額が変わってきます。ボーナスの額の基準が営業利益を上げることというのが明確になっているため、社員も自社の営業利益を上げるためにモチベーション高く仕事をすることができるようです。

キーエンスの平均年収推移

キーエンスの平均年収は、2014年から2019年まで右肩上がりで増えています。

2021年

1,751万円

2020年

1,839万円

2019年

2,111万円

2018年

2,089万円

2017年

1,862万円

2016年

1,777万円

2015年

1,649万円

2014年

1,440万円

2019年には平均年収が2,111万円と最高になっています。国税庁の調査によると、2021年の日本の平均年収が436万円なので、2,111万円というのは約5倍の額です。直近は売上が下がったために平均年収が下がっていますが、依然として高い年収水準です。

参考:国税庁 (nta.go.jp)

キーエンスの給与と評価の仕組み

キーエンスの平均年収が高いことは紹介しましたが、実際、どのような評価をもとに給与は決まるのでしょうか。ここでは、キーエンスの給与と評価の仕組みについて紹介してきます。

キーエンスでは3か月に1回成果を確認

キーエンスでは、全社員が3か月ごとに立てた目標に対する達成度を確認する仕組みになっています。基本的には達成度合いに応じてボーナスの金額が決定します。また、この達成度合いによる評価は相対評価になっており、誰かの評価が上がることになれば誰かの評価が下がることになります。そのため、毎回の評価がボーナスの上下に直結することになります。このため成果を上げれば給与が上がり、成果が上がらないと給与が下がってしまうことから、社員1人ひとりが給与を上げるためにモチベーション高く仕事をするようになります。

7段階のクラスに分かれた給与水準

キーエンスでは職種や部署に変わりなく統一された給与水準があります。このクラスは2から8までの7つのクラスに分かれています。新卒段階では2から始まり、そこから成果を上げるなどしてクラスを上げていくことで年収を上げることができます。キーエンスの平均年収は1,751万円ですが、各クラスそれぞれで平均年収が高いため、クラスによっては1,751万円より高いクラスもあります。

人事考課に時間をかけている

通常の企業での人事評価は、直属の上司の主観による部分がかなりの割合を占めます。そうなると気に入られている部下は評価が高く、逆に上司との関係性がうまくいっていない部下は評価が下がってしまうという不公平な評価体制が生まれてしまいます。そうなると、部下は成果を上げることに対するモチベーションが下がってしまいます。キーエンスでは「客観的に正しく人を評価する」ことを意識して実践しています。まず、キーエンスでは人事考課に通常の企業以上に時間をかけるようにしています。人事考課に長い時間をかけることで、社員1人ひとりを客観的に評価するようになり、結果として全体のパフォーマンスが上がることにつながります。

キーエンスの年収に対する口コミ

キーエンスの年収に関しては、多くの口コミがあります。良い口コミだけではなく、悪い口コミもいくらかあります。ここではキーエンスの年収に対する良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます。

キーエンスの良い口コミ

  • 新卒時点から年収がとにかく高い
  • 平均的にクラスが上がっていけば30代で年収2000万円は現実的
  • 評価制度が整っている
  • 目標は高く設定されるものの、その分年収が高い
  • 成果に関係なく30歳までには大体の社員が1500万円に到達する
  • お金がモチベーションの人にとってはこの上ない環境
  • 管理職になると2000万円を超えるので夢がある

良い口コミに関しては、とにかくその年収の高さに対しての口コミが多くありました。また年収が高いだけでなく、管理職になると2000万円超えるとなっており、将来のキャリアプランを考える人にとっても年収に夢があります。成果に関係なく30歳までには1500万円を超える中で、若干の不平等感はあるかもしれませんが、どうしても成果が出ないといった時でもそれなりの高い年収を保証されているのは1つの安心材料になるのではないでしょうか。

キーエンスの悪い口コミ

  • 年収が高い分、仕事量が多い
  • 優秀な若手が辞めてしまう
  • お金第一の人でないとモチベーションが保ちづらい
  • 成績が全てであり、業績が悪いと年収も下がる
  • 体力面で大変なことも多く長く続けられる環境ではない

キーエンスの年収額に対しては、悪い口コミはありませんしかし年収の額ではなく、そこに関連した業務量の多さやモチベーションの保ち方などの部分に関しての悪い口コミがありました。特に年収が高い分業務量と責任が大きいとありましたが、年収が他の企業と比較しても高い以上、業務量と1つひとつの仕事に対する責任も大きくなることはある程度致し方ないことになります。また体力面でも非常に大変であることはたびたび触れられており、年収が高いからとずっとその場所で続けることは困難であることも口コミにありました。そのため若いうちは高い年収を稼ぐ一方でキャリアプランをその後どう変えていくのか考えておく必要があります。

キーエンスの仕事は激務なのか

キーエンスに関する口コミの中で、「キーエンスは年収が他の企業と比較して高い分、仕事が激務」というのがありました。キーエンスはどれほど激務なのでしょうか。休む暇もないくらいの仕事量と成果を求める環境なのか解説していきます。

キーエンスは激務だがメリハリがある

キーエンスが激務であることは事実です。また社員1人ひとりの成果だけでなく、行動もチェックされており、常に最大のパフォーマンスで仕事をすることを求められます。かつては「40歳までに墓が立つ」と言われたほどです。それほどまでにキーエンスの仕事量は激務です。しかし最近ではその状態も変化してきており、繁忙期であっても21時半以降は残業することが厳禁であり、会社の資料やパソコンを自宅に持ち帰ることも一切禁止されています。当然、その後の接待や部署での飲み会も原則禁止されています。帰宅する上限の時間はしっかりと決め、睡眠時間を確保できるようにして次の日に仕事の疲れを残さず常に最大のパフォーマンスを発揮できるようにされています。よくオフィス自体は20時消灯になっているものの、社員が実は近くのカフェや自宅で持ち帰って仕事をしているといった状態もありません。そのため成果だけでなく、時間内でそれぞれが立てた目標を達成することが求められるのです。

年収が高い分プレッシャーは高い

結論、給与が高い分のプレッシャーは高いです。徹底した成果主義であり、少しの甘えも許されることはありません。成果に関しても結果だけでなく、プロセスに関しても問われるため、たまたま成果につながったということが許されることはありません。年収が高い分、仕事に対するプレッシャーは非常に高いといえます。プロセスを重視して成果に向かう能力だけでなく、強いプレッシャーにも耐えられる忍耐力も必要になります。

キーエンスの年間休日は129日間

激務であるキーエンスですが年間休日は129日間と、他の企業と比較しても休日は多い方です。しっかり休む時は休み、仕事をするときは最大のパフォーマンスを発揮できるよう全力で仕事にあたるとしっかりと休養を取ることもできます。仕事の日は朝から夜21時半頃まで仕事をするため、プライベートの時間は中々取ることはできませんが、休みの日はしっかり確保されているため、プライベートを充実させることはできます。また仕事の時間も21時半で終了が決められているため、仕事の日でも十分な睡眠時間を確保することができます。

キーエンスの転職

年収が高い・より高いパフォーマンスで仕事ができるようになる、このようにキャリアアップをするために、キーエンスの転職をしたいと考える人は多いのではないでしょうか。しかしこれだけ年収が高いキーエンスは転職難易度が高いのではないでしょうか。ここではキーエンスの転職難易度および、募集の見つけ方・転職成功率を上げる方法を解説していきます。

キーエンスの転職難易度は高いのか

キーエンスはその年収の高さから、求人に対して応募者が多く、転職難易度が非常に高いです。キーエンスの転職難易度が高いといわれる理由は2点あります。1点目が「SPI難易度が高いこと」です。キーエンスのSPI難易度は、合格ラインが全体的に高いといわれている総合商社よりもたかいといわれています。仕事において高いパフォーマンスを発揮することが求められるキーエンスにとって、SPIの高い点数を求められるのは至極当然なことかといえます。2点目は「応募が少ないこと」です。キーエンスでは基本的には新卒で確保するため、中途採用の枠は非常に少ないです。そのため枠が少ない分、よりキーエンスにとって即戦力になる人材が求められます。キーエンスは常に成果を最大限発揮するよう、効率よく動く企業風土です。すでにその能力が備わっていることは当然のこと、入社してすぐに大きな成果を出すことが求められます。また口コミにおいても中途採用に対しての教育フォローは現場ではあまりないため、自身で習得して即成果を出せる能力と意識が必要になってきます。

キーエンスの募集はどこで見つけるのか

キーエンスの募集を見つける方法は2つあります。

  1. キーエンスの採用ページから応募をする
  2. 転職エージェントから紹介をしてもらう

キーエンスでの職種は多くあり、それぞれ毎回募集しているわけではありません。そのためキーエンスの採用ページから応募する場合、細かく確認をし、自分が応募したい職種の募集を待つ必要があります。転職エージェントでの場合はあらかじめ、担当のカウンセラーにキーエンスへ転職したい旨を伝えておくと、いざ募集が入った際にカウンセラーから伝えてもらうことができます。

キーエンスの転職での採用フロー

キーエンスの転職における採用フローは以下のような流れになります。

  1. エントリー
  2. セミナー
  3. 適性検査(SP)
  4. 複数回の面接
  5. 内定

他の企業の採用フローと異なり、エントリーシートの提出が不要な代わりに、セミナーの参加が必要になります。またSPIに関しては、指定のテストセンターにて受験することになります。

キーエンスの転職成功率を上げる方法

キーエンスの転職成功率を少しでも上げるために必要なことを3点紹介します。キーエンスの転職は応募者1人ひとりも非常にレベルの高い人材が集まっています。そのため転職成功率を上げるために、1つでも多く準備する必要があります。

SPIで高得点を狙う

キーエンスのSPI合格ラインは、非常に高いです。そのため一般企業以上の準備が必要になってきます。キーエンスでは面接対策も非常に重要ですが、SPIの試験対策も通常の一般企業を受ける以上の意識で勉強をする必要があります。問題集などでしっかりと勉強する時間を確保し、選考が始まる前に準備をしておく必要があります。

面接対策を行う

キーエンスでは面接対策も重要です。面接対策では基本的に自身が入社して、即戦力になれることを明確に伝える必要があります。そこで事前に聞かれる質問をある程度確認して、答えを用意しておくことが重要です。以下過去に面接で聞かれた質問例です。

  • 花火が嫌いです。花火が好きになるように説得してください
  • 私は飛行機派ですが、新幹線派にしてください
  • 営業の要素を3つに分解してください
  • 10年後の世界は?
  • あなたが社長ならどのように面接を行いますか。

志望動機等はあまり聞かれることはなく、上記のようにその場でお題を振られます。そのお題に対して考えた内容をロジカルに説明することが求められます。説得してください系の質問が多いため、キーエンスの営業を実際に行うことをイメージしながら面接の準備をすることが重要です。実際のキーエンスの営業でも上記の質問に対しての答え方が求められることが多いのでキーエンスの模擬営業を受けるつもりで望むと面接官への伝わり方も変わってきます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用しなくてもキーエンスへの転職を成功させることは可能です。しかしキーエンスは、転職難易度が非常に高い企業です。そのため他の応募者にスキルや準備で劣ることがないように、転職エージェントのサポートを受けることは重要です。転職エージェントのサポートを受けることのメリットは以下2点あります。

  • キーエンスに適した面接対策を受けられる
  • 募集を逃さないですむ

なにより転職エージェントでは、キーエンスへの転職を希望するのであれば、キーエンスの面接に特化した面接対策を受けることができます。当然全ての転職エージェントではなく、リクルートやDODAといった大手の転職エージェントにはなりますが、キーエンスへの転職実績のあるエージェント専門であれば面接対策を受けることができます。

キーエンス転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

キーエンス転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

キーエンス転職を目指す上でおすすめの転職サイト

キーエンス転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

キーエンスは平均年収が1700万円を超える企業であり、M&Aキャピタルパートナーズに次いで年収ランキング2位にもなっています。年収の高さの理由としては、50%という圧倒的な利益率の高さにあります。50%の利益率を出すことができる理由としては、製造から販売までを自社で行っているため、中間マージンを抜かれることがないためです。またキーエンスは年収が高いゆえに非常に激務であり、高いプレッシャーがかかります。しかし21時半完全退社であったり、年間休日が129日間あるなど、プライベートもしっかり確保することができます。そんなキーエンスの転職難易度は非常に高いです。キーエンスの転職成功率を少しでも上げるためには転職エージェントを活用することが重要です。転職エージェントを活用することで、キーエンスの転職に必要な面接対策を受けることができます。本記事を参考にキーエンスへの転職を成功させて、高い年収を獲得できれば幸いです。