【徹底検証】マイナビエージェントの評判・口コミ|メリット・デメリットと登録・退会方法

20代に最も厚く信頼されている転職エージェントの一つとして知られる「マイナビエージェント」。大手の転職エージェントということもあり、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。本記事では、マイナビエージェントのメリット・デメリットに加えて、評判・口コミなどの情報を整理していきます。

マイナビエージェントの基本情報

マイナビエージェント」の基本情報については、以下の通り。

求人情報

非公開

非公開求人あり

直接面談

なし
履歴書添削あり
面接対策あり
形態エージェント型
対象エリア関東エリア(1都6県)関西エリア( 2府4県) 東海エリア(愛知・静岡・三重・岐阜) 福岡

マイナビエージェントのメリット

まず、「マイナビエージェント」のメリットについて見ていきたいと思います。

求人数の豊富さ

1つ目のメリットは、求人数の豊富さです。「マイナビエージェント」には、豊富な求人が用意されているだけでなく、他の転職サイト転職エージェントでは紹介されていない非公開求人の数も非常に多いことで知られています。

実際、「全求人の20%のみが公開中です」と公式サイトには記載されています

また、マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数が多いことも大きな特徴の一つです。

はじめての転職でも安心サポート

2つ目のメリットは、はじめての転職でも安心サポートしてくれることです。「マイナビエージェント」は20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績で知られており、はじめての転職でも安心サポートしてくれることが特徴です。

20代の方ではじめての転職になる方にとっては、「マイナビエージェント」は間違いなく登録すべき転職エージェントであると言えるでしょう。

丁寧な面接対策書類添削

3つ目のメリットは、丁寧な面接対策/書類添削です。

マイナビエージェント」が提供する転職サポートには、複数回にわたる面接対策や応募書類の添削指導が含まれており、選考突破率を高めることを目指す場合、これらのサポートを受けてみることは良い選択肢となる可能性があります。

マイナビエージェントのデメリット

次に、「マイナビエージェント」のデメリットについて見ていきます。

エージェントの質にバラツキ

1つ目のデメリットは、エージェントの質にバラツキがあることです。

これは他の転職エージェントでも言えることですが、場合によっては、経験が十分でない若手エージェントが担当者になってしまうケースもあります。

参考:キャリアアドバイザー紹介

また、当然ながら、相性の問題もあるので、「どうしても合わない」という場合は、コンサルタントを変更してもらえないかどうかを交渉すると良いでしょう。

ハイクラス求人が相対的に不足

2つ目のデメリットは、ハイキャリア求人が相対的に不足していことです。

マイナビエージェント」でもハイクラス求人を取り扱っていますが、同じ総合型の転職エージェントで最大手の一角を占める「リクルートエージェント」や「dodaエージェント」と比べると、ハイクラス求人の数がやや少なく、選択肢が限られてしまうケースもあるようです。

医療専門職の転職には不向きの場合がある

3つ目のデメリットは、医療専門職の転職には不向きの場合があることです。上述の通り、リクルートエージェントは総合型の転職エージェントであるため、医師転職(参考:医師転職)や看護師転職(参考:看護師転職サイト)などの医療専門職の転職には不向きの場合があります。これらの分野への転職を目指す場合は、医師転職であれば「エムスリーキャリア」「医師転職ドットコム」「マイナビドクター」、看護師転職であれば、「看護roo!」「看護のお仕事」「マイナビ看護師」などをを利用すると良いでしょう。

マイナビエージェントの評判・口コミ

マイナビエージェント」の評判・口コミを「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

担当者が良い人で意見を聞いてくれる

二人三脚でサポートが手厚い

登録者数が少ないのでサポートが手厚い

志望動機の添削や面接対策が有益

担当者の方が話しやすくて良かった

担当者の方のやる気が凄い

他のエージェントと比べて面白い求人が多い

アドバイスをくれながらお尻を叩いてくれる

悪い評判・口コミ

丸一日経ってノーリアクション

担当者の方に応募を急かされた

いきなり会員登録に弾かれてしまった

「紹介できる求人が少ない」と断られた

マイナビエージェントの評判・口コミ【オンライン調査】

マイナビエージェント」の評判・口コミ【オンライン調査】を「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

自分自身のこだわりを反映してくれた

私がマイナビエージェントを使用してみて良いと思えた点は、手厚いキャリアアドバイザーからのサポートでした。電話面談は勿論のこと、メールで毎日のように求人案件を紹介して頂けて感激でした。自分自身のこだわりを反映してくださった求人を紹介してくださったことにも感謝です。(女性・30代)

希望職種の求人をすぐに見つけられた

求人案件の掲載数が多く、希望職種の求人もすぐに見つけられました。エージェントの人からの連絡は他の転職サイトに比べると少なく、メルマガは大量に届くので、その点は丁寧さに欠けると感じました。(女性・20代)

丁寧なメールで求人を知らせてくれた

近場の企業・事務職希望で登録しました。おすすめしたい企業が見つかると、丁寧なメールでお知らせしてくれました。対応が早い点は、とても良かったと思います。ただ、近場で希望していたのですが(わたしは地方在住です)、お知らせしてくれる企業は全て自宅から遠い場所にある企業でした。やはり地方の企業での事務職はなかなか見つからないんだろうな、という印象を受けました。都会での就職希望の方にはとても良いかと思いますが、わたしのように地方での就職を希望している人にとっては、あまり役に立たないかもしれません。(女性・30代)

担当者が業界内の状況を正確に把握している

各業種ごとに専門の担当者がいるので、同じ業界内で転職する際はとても頼りになります。特に業界内の状況などを正確に把握しているので、転職理由となる現状の問題を改善するために最適な会社を提案していただくことができます。また、頻繁に連絡を頂いたり、退職する際は退職交渉についてもしっかりサポートをしてくれます。(男性・40代)

ヒアリングが丁寧

ヒアリングが丁寧で経歴をしっかり把握した上で冷静にどんなキャリアが良いのかを考えてくれます。(男性・30代)

転職エージェントの中でダントツのナンバーワン

転職エージェントは色々使ってきましたが、掲載されている職種の数と1つの職種に対する求人数が多く、問い合わせをしても返事が早くて丁寧で、サービス全般の質が転職エージェントの中では断トツのナンバーワンだと思いました。(女性・20代)

悪い評判・口コミ

希望に合わない求人を紹介された

私が首都圏ではなく地方に住んでいる為、紹介してもらえる求人がほとんどありませんでした。数多くの条件を並べているわけではなかったので残念でした。都会に住んでいたら、求人数も多く魅力のあるエージェントだと思います。(女性・20代)

やや放置気味なところがある

電話対応は迅速ですぐに繋がりますし、丁寧な対応をしてもらえます。ただ、求人紹介に関しては、やや放置気味なところがあるので、こちらからアクションを起こさなければなかなか選考に進みづらい面はあると思います。(女性・30代)

年収が低い求人を紹介された

転職の一番の目的は年収アップでしたが、紹介された求人はどれもそれ以下でげんなりします。そもそもグレードが下がる転職にエージェントなど必要ないと思いました。担当者の方にはお世話になりましたが。別エージェントに紹介してもらいました。(男性・30代)

ハイクラス人材以外は雑な扱い

まず、求人内容をきちんと説明してくれません。彼らが力を入れるハイクラス人材以外は雑な扱いで困ります。(男性・30代)

登録すらさせてもらえなかった

登録して2週間でいきなりにメールが来て、高卒では求人情報の提供が難しい状況と言われました。登録もさせて貰えないのかと残念な気持ちになりました。(男性・30代)

面談すらさせてもらえなかった

キャリアカウンセラーと思われる方からメールが来ました。私に合う求人は現在なく、「マッチする求人が見つかり次第、連絡します。リクナビネクストもあわせてご活用ください。弊社の求人以上にリクナビネクストには多数の企業の掲載がございます」と言われてしまい、キャリアカウンセラーと面談すらさせてもらえませんでした。こんなひどい会社とは思わなかったです。(男性・40代)

マイナビエージェントの登録から応募までの流れ

マイナビエージェント」に登録してから求人に応募するまでの大まかな流れについては、下記の通りです。

  • 会員登録
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 求人の紹介・応募
  • 企業との面接

会員登録

まずは、「マイナビエージェント」の公式HPにアクセスし、「無料転職支援サービスお申込み」から各項目を入力します。

その後、メールもしくは電話で「マイナビエージェント」の担当者の方から登録完了の連絡が届くので、このタイミングで面談の日程を決定します。対面での面談が難しい場合は、オンライン面談も対応可能です。

キャリアアドバイザーとの面談

面談の日程を決めたら、キャリアアドバイザーと実際に面談をします。

面談では、自分自身の現在の状況と希望するキャリアイメージを伝え、条件にあった求人を紹介してもらいます。あくまでもカジュアルな面談なので、担当者の方に気軽に色々と相談すると良いと思います。また、履歴書と職務経歴書を準備しておけば、より面談がスムーズに進みます。面談日までに忘れずに作成しておくことを心掛けましょう。

求人の紹介・応募

面談の場で求人を紹介してもらえますが、面談終了後に条件に合った求人が見つかった場合は、電話orメールで求人情報を共有して貰えます。

電話連絡を避けたい場合は、担当者の方に「求人紹介はメールでお願いします」と伝えておくと良いでしょう。条件にマッチした求人が見つかり次第、求人に応募します。面接の日程調整などはすべて担当者任せで大丈夫。応募書類の作成や面接の対策についても、担当者がサポートしてくれるので、転職活動をスムーズに進めることができます。

企業との面接

応募が完了後、面接に進みます。「マイナビエージェント」では、希望者に対して事前に面接対策を行ってくれます。

上手く活用すれば、緊張せずに面接に臨むことができるようになるでしょう。面接終了後、担当者経由で合否の連絡が届きます。連絡手段は電話orメールが多いです。仮に合格とならなかった場合でも、企業からのフィードバックを担当者経由で貰うことができるので、次の面接に向けて生かすことができます。

マイナビエージェントに関するQ&A

最後に、「マイナビエージェント」に関するQ&Aを整理しておきます。

マイナビエージェントのマイページへのログイン方法は?

マイナビエージェント」のマイページにログインするには、こちらのページからメールアドレスとパスワードを入力した上でログインします。

ログインできない場合は、こちらのお問い合わせページから連絡してみると良いでしょう。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いは?

 「マイナビエージェント」と「マイナビ転職」を同じサービスだと勘違いしている人が多いですが、実は、両者は別の転職サービスです。マイナビエージェントに登録すれば、専任のキャリアアドバイザーが担当者について転職サポートを提供してくれますが、マイナビ転職の場合はキャリアアドバイザーがつきません。

 マイナビ転職とマイナビエージェントのどちらに登録すべきか悩む場合は、マイナビエージェントへの登録を個人的にはおすすめします。なぜなら、マイナビエージェント経由であればキャリアアドバイザーからの推薦付きで転職希望先の企業に応募することができるので、書類選考を突破できる可能性がより高くなるからです。

 やはり第三者であるキャリアアドバイザーからの推薦があるのと無いのでは、転職の成功確率が大きく変わってきます。特にはじめての転職の場合は、まずはマイナビ転職ではなくマイナビエージェントに登録してみてください。

マイナビエージェントとマイナビジョブ20’sの違いは?

 マイナビでは、マイナビ転職やマイナビエージェントの他に、「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ))」という20代専門の転職支援サービスを展開しています。サービス内容としては、キャリアアドバイザーからの求人紹介や転職全般のサポートなど、マイナビエージェントとほとんど変わりません。では、違いはどこにあるかというと、20代の転職未経験者へのサポートが非常に手厚いという点です。

 「マイナビジョブズ20’s」は、20代未経験の求職者が転職活動を不安なく進めるためのセミナーを開催していることに加えて、フリーターやニート向けの求人を数多く保有しており、はじめての転職活動で不安でいっぱいの20代への支援がとても充実しています。保有している求人はマイナビエージェントの方が多いので、迷っているならば「マイナビエージェント」にのみ登録しておけば大丈夫だと思います。

マイナビエージェントの面談に事前準備は必要?

マイナビエージェントに登録したら、キャリアアドバイザーとの面談を行います。面談の時間を有意義に過ごすために、事前準備をしておくことをおすすめします。

履歴書や職務経歴書を事前に送付しておく

履歴書や職務経歴書はマイナビエージェントの担当者に事前に送っておきましょう。経歴などを事前に把握してもらうことで、説明の手間を省くことができ、スムーズに面談を進めることができます。

希望条件や転職に求めるものも事前に伝えておく

希望条件や将来ビジョンを面談前に伝えておくと、希望にマッチした求人を面談当日にマイナビエージェントのキャリアアドバイザーから紹介してもらえる可能性が高まります。実際の求人票を見ながら相談ができるので、具体的な条件のすり合わせがやりやすくなります。

マイナビエージェントとの面談に必要な持ち物は?

持ち物は基本的には必要ありません。指定される場合は、履歴書、職務経歴書、写真、筆記用具が多いです。また、面談当日に求人票や資料一式を渡されることがあるため、A4の書類が入る大きさのカバンとクリアファイルを持参すると良いでしょう。求人票や書類を入れる封筒を転職エージェントから貰えるケースもあります。

マイナビエージェントとの面談場所は?

マイナビエージェントは国内主要都市に拠点を構えています(京橋オフィス、新宿オフィス(ミライナタワー)、神奈川支社、北海道支社、宮城支社、名古屋支社、京都支社、大阪支社、兵庫支社、福岡支社)。マイナビエージェントの社内には面談用の個室が用意されていますが、できるだけリラックスして相談ができるように配慮されており、周囲を気にせずに安心して相談することができます。地方在住で面談場所に足を運ぶことが難しい場合は、対面ではなく電話面談も可能です。電話面談の場合は、履歴書や職務経歴書を手元に置いておきながら面談を進めると良いと思います。業界知識の豊富なキャリアアドバイザーが面談を通じて親身に相談に乗ってくれることがマイナビエージェントの特徴です。

言いにくい転職理由の場合は、どう伝えれば良い?

言いにくい転職理由の場合でも包み隠さず事実を伝えましょう。それによってより良いサポートを受けることができる可能性が高まるためです。

アピール材料がない場合はどうしたら良い?

堂々と面接で伝えられるような輝かしいアピール材料を持っていない場合でも、マイナビエージェントの担当者に率直に相談することで、企業へのアピール方法を一緒に考えてくれます。

マイナビエージェントでひどい担当者に遭遇した場合、どうすれば良いですか?

マイナビエージェントの担当者の多くは豊富な転職支援実績を有するプロのキャリアアドバイザーですが、場合によっては、相性が合わない担当者に当たってしまうこともあるでしょう。その場合は、必要に応じて、担当者の変更を依頼すると良いでしょう。それでも担当者との相性が良くない場合は、退会を検討すると良いでしょう。

マイナビエージェントの退会方法は?

マイナビエージェントの退会方法については、過去にマイナビエージェントのコンサルタントと面談をしたことがある場合は、退会の旨を担当者に伝えましょう。過去に1度も面談を行っておらず、担当のキャリアアドバイザーがいない場合は、下記のメールアドレス宛に必要事項を記入の上、メール送信すると良いでしょう(参考:privacy-info@mynavi.jp

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

今回の記事は以上となります。「マイナビエージェント」は、担当者によるサポートの丁寧さに定評のある転職エージェントですが、相性の合わないエージェントが担当者になってしまうことはあります。そのため、転職エージェントを利用する際には、マイナビエージェントだけでなく、「dodaエージェント」「リクルートエージェント」等の転職エージェントについても併せて利用すべきでしょう。