公開日

2022/06/25

最終更新日

【リクルート転職】第二新卒は厳しい?後悔?中途採用の就職難易度と評判・口コミを解説!

「リクナビ」「SUUMO」「ゼクシィ」など、誰もが一度は聞いたことがあるサービスを複数手掛けるリクルート。有名企業というだけでなく、リクルート出身者が様々な舞台で活躍していたり、自主性や成長を重視する社風だったりと、求職者から人気の高い企業の一つです。本記事では、人気企業であるリクルートの概要や給与、転職する方法などを詳しく解説します。

【リクルート転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

リクルートの会社概要

そもそもリクルートとはどのような会社なのでしょうか。会社概要は以下のとおりです。

【会社概要】

社名

株式会社リクルート

設立

2012年 10月1日(分社化により設立)

資本金

3億5千万円

代表者

北村吉弘

従業員数

15,807人(2021年4月1日現在 / アルバイト・パート含)

参照:株式会社リクルート公式ホームページ

リクルートの事業内容

リクルートは現在、主に求人広告やITソリューションを手がける日本トップレベルの企業の一つです。始まりは1960年。創業者の江副浩正氏が新聞の広告代理店として「大学新聞広告社」を創業しました。その後、大学生への求人情報を集めた就職情報誌「企業への招待」を創刊します。この際にリクルートのビジネスの根源を為す「リボンモデル」が確立されました。リボンモデルとは個人(カスタマー)と企業(クライアント)を多く集め、お互い積極的に活動してもらうことで両者を結びつけるビジネスモデルです。このリボンモデルは現在もリクルートが手掛けるビジネスの元となっています。例えば「リクナビ」は、就活生とクライアント企業に登録してもらい、積極的にリクナビを使ってもらえるように促します。その結果、就活生と企業がマッチングを果たすという仕組みで、このマッチングをリボンに捉えたところからリボンモデルと呼びます。

また、リボンモデルを元に求人広告以外の事業も手掛け始めました。インターネットの聡明期にはいち早く自社の事業にネットを組み込み、情報誌をオンライン化していきます。その後もグルメなど日常生活に密着した生活情報誌「Hot Pepper」の創刊や宿泊施設のオンライン予約サービス「ISIZEトラベル(現 じゃらんnet)」を開始するなど、様々なサービスを展開しました。2012年に「株式会社リクルート」は分社化し、事業ごとに複数の会社に分かれます。旧来の株式会社リクルートは持株会社として「リクルートホールディングス」に商号を変更しました。現在の株式会社リクルートの事業内容は主に販促事業や人材事業です。販促領域は『SUUMO』『ゼクシィ』といった、住宅・結婚・旅行・飲食・美容などのプラットフォームを展開しています。一方、人材領域の事業内容は『リクナビ』に代表されるプラットフォーム・メディアを通じた求人広告などです。

リクルートの社風

これまで多くの事業を手掛けながら大企業と呼ばれるまでに成長してきたリクルートですが、一般的な大企業とは異なる社風が複数あります。創業者江副浩正は「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」と話しました。この言葉はリクルートの価値観として根底にあります。そのため、自分のやりたいことや成し遂げたいことを積極的に提案する社風であり、リクルートもその想いを応援しようとしています。このチャレンジを応援する文化から誕生したのが「Ring」という制度です。Ringはリクルートの全従業員が参加することのできるコンテストで、自分のやりたいビジネスを提案することができます。実際にRingから新たなサービスも複数登場しており、現在のリクルートを代表するサービスの一つである「ゼクシィ」もここから生まれました。このように起業家精神を大切にする革新的な企業であることが分かります。また、リクルートでは将来独立を志している人も積極的に採用しています。そのため独立意識の高い社員が多いのもリクルートの特徴の一つです。これは背景として前述した起業家精神を大切にする文化があります。さらにリクルートは社員の新陳代謝を重要視しており、社員が独立によって早期退職することで常に若い組織を保てるようになっています。

リクルートの採用情報

ここまでリクルートの会社概要について解説してきました。そんなリクルートに転職したいという人に向けて、ここからはリクルートの採用情報について紹介します。

求める人物像

リクルートの中途採用公式サイトを見ると、個人に求める要素として「自律」「チーム」「進化」の3つを掲げています。

「自律」は「自分がどうしたいのか」を自身の考えを問うことや、自らで機会を作り出すこととしています。当事者意識を求めるリクルートらしい要素です。

「チーム」は様々な強みを持った個人同士がチームを組むことで、個人では実現できないような大きな価値を作り出せる力です。個人でいくら活躍できても周囲を巻き込めない方はリクルートには合わないと言えます。

「進化」は日々変化する環境に対応できるようになることを求めています。リクルートは求人誌などをいち早くオンライン化してきた歴史があり、目紛しく移り変わる世間に対応できるよう日々個人もアップデートしていく必要があります。

その他、自責思考や成長意欲、目標達成に向けてやり抜く力などを持っている人物がリクルートには多いです。

求める「6つのスキル・4つのスタンス」

人物像の他に、リクルートでは従業員に求める「6つのスキル・4つのスタンス」というものが存在します。まず、4つのスキルとは「圧倒的な当事者意識」「考え抜く・やり抜く姿勢」「広く・深く学び続ける姿勢」「チームとして協働を追求する姿勢」です。「圧倒的な当事者意識」は全ての物事を自分ごととして捉える姿勢のことを言います。リクルート内では頭文字をとってATIとも呼ばれており、社員は常に当事者意識を持って仕事にあたっています。「考え抜く・やり抜く姿勢」とは何か課題にぶつかっても諦めることなく、「どうすれば解決できるのか」と徹底的に考え抜き、やり抜く姿勢のことです。「広く・深く学び続ける姿勢」は強い成長意欲を持ち、常に自分のスキルや知識をアップデートさせる姿勢のことです。リクルートの社員は常に新しいことを学び続けており、転職を希望する方も同じような成長意欲を求められています。「チームとして協働を追求する姿勢」は求める人物像である「チーム」と共通する姿勢です。個人で成し遂げられることには限界があり、そのために周囲を巻き込んでより大きなことを成し遂げようとする姿勢が必要とされています。この4つは社員が持っておくべきスタンスとして挙げられていて、求職者にも求められていると考えられます。またスタンスと同じように、社員に求められていることが「6つのスキル」です。6つのスキルとは「構造で捉え俯瞰して見る力」「分析的に捉え問題を特定する力」「筋の良い仮説を立てる力」「プロセスを作り込む力」「ビジョンを打ち出す力」「人を理解し統率する力」が挙げられています。これらのようなスキルを備えている方であればリクルートに向いていると言えるでしょう。

応募条件

ほとんどの職種において、数年間のビジネス経験や一定の実績、志望する業務内容に関連する実務経験などが問われます。また年齢制限はありませんが、リクルートには比較的若い社員が多いです。そのため、年齢が高くなると、その分求められる経験や実績も高くなると思われます。

リクルートの募集職種

リクルートが募集している職種は大きく分けて「コーポレート職」「ビジネス職」「テクノロジー職」の3つになります。

コーポレート職

コーポレート職は経営企画や法務、人事・総務などの専門性のある事務職です。裏方の仕事のイメージが強いですが、新規事業領域への進出、海外展開、企業買収、組織変革なども手がけています。

ビジネス職

ビジネス職は事業企画やデジタルマーケティング、営業などの職種です。
売り上げを上げる必要のある職種であり、クライアントに対しての価値提供を求められています。

テクノロジー職

テクノロジー職はエンジニアなどの職種です。
リクルートが運営しているプラットフォームやメディアにエンジニアとして携わることができます。

リクルートの選考について

実際にリクルートの選考を受ける際にはどのような選考があるのでしょうか?ここでは4つの選考フローについて解説します。

書類選考

リクルートでは面接を重視しているため、書類選考の通過率は高いです。ただし前述した通り、応募条件として経験や実績を求められているので、ハードルに見合わないと落とされる可能性ももちろんあります。

SPI、筆記試験

リクルートが開発した適性検査「SPI」も選考フローに導入されています。SPIの準備を怠ると面接に辿り着けません。何度も繰り返し練習問題を解く必要があります。幸い、そこまで高難度の問題は出ないので通常レベルの問題をしっかり解けるようにしておきましょう。性格検査では自身を偽って答えてしまうと、回答の一貫性から虚偽を見抜かれる恐れがあります。また仮に試験に通ったとしても、その後の面接で不利になる可能性もあるので素直に答えてください。

一次面接(人事・現場マネージャー)

前述しましたが、リクルートは面接をより重視しています。そのため「なぜそう思ったのか?」「あなたはどうしたいのか?」などといった、志望者の根底にある想いや人格をかなり深掘りします。特に、当事者意識があるのかどうかが分かるまで徹底的に聞かれることを覚悟してください。他社の面接とはかなり異なる内容となっているので、改めて自己分析や考えをしっかり言語化できるよう準備が必要です。

最終面接(部長または役員)

最終面接は聞かれる内容としては一次とそう大差はありません。ただし一次面接でまだ聞かれていなかったことや、考え方、当事者意識などの部分をさらに徹底して深掘りされます。当然想定される質問に対しては、理路整然と答えれるように万全の対策を行った上で挑むことをお勧めします。

リクルートの平均年収

リクルートの給与は比較的高いことで知られており、平均年収は有価証券報告書によると872万円と記載されています。転職時のオファーも500万円〜1000万円あたりの水準が多いです。また、リクルートではミッショングレード制というものを導入しています。これは半期ごとに個人の能力と期待値によって目標が定められ、目標の達成率によって次の半期給与が決まる仕組みとなっています。そのためしっかりと成果を挙げる自信があるなら、早い段階で1000万円を超える給与を得る事も可能です。

リクルートの福利厚生

リクルートでは個人を尊重しており、一人ひとりが最大限活躍できるように「個々人の働き方を選択しやすい環境」を作るということをリクルートが提供する3つのPROMISEに掲げています。そのために通常の福利厚生とは別に新たな試みを複数設けています。

働く場所の柔軟性

リクルートは従来の出社して働く、というスタイルを撤廃し、一部の職種を除いて理由・回数を問わないリモートワークを導入しました。成果を挙げられるのであれば家やカフェで働けるので、より自由なスタイルで仕事ができるようになっています。

年間平均週休2.8日

従来は暦上の休日や有給休暇を含めて年間休日は130日ほどでした。しかし現在では取得する日を自分で決められる年間休日を増やし、合計で145日としています。その代わりに一日あたりの所定労働時間が7.5時間だったところを8時間としており、年間の所定労働時間は変わらないような工夫が行われました。また、妊娠・育児期間で活用できる「出産育児休暇」や、年次有給休暇の未消化分を上限40⽇積⽴できる「ストック休暇」など、個人のライフステージに合わせて柔軟に働く日を選択できるようになっています。

独自の雇用形態「CV職」について

リクルートでは正社員採用だけではなく、「CV職」という採用も行なっています。これは簡単に言うと最長3年半の契約社員での採用です。期間を区切って自分を磨くことに集中したい、という方に向けた雇用形態であり、卒業後に次なるステップを目指せるようになっています。リクルートの契約社員採用公式サイトでは、このCV職として働くことによって、目の前の仕事をやり抜く「遂行力」や、今何が足りていないかを捉えられる「課題設定力」などが身に付けられると提示されていました。また卒業半年前になると転職活動のサポートも行われており、応募書類の添削や面接スキルアップ研修といった新たな挑戦をサポートする体制が整えられています。卒業後の約半数は他社の営業や、さらなるステップアップを目指してマーケティング職などに進む方がいるようです。一方で、残りの半数は「SE正社員」という正社員として地域限定で働く雇用形態に進んでいます。SE正社員は入社1年を経過し、一定の基準をクリアした場合に登用試験に挑戦することが可能です。2022年1月現在では美容・飲食領域を担当する飲食・ビューティ領域での採用を行なっています。主には「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」の提案営業職です。ちなみに、全国にはCV職の卒業生を積極採用している企業も存在します。リクルートを通じてさらなるキャリアパスを目指している方や、正社員に拘らない方にはおすすです。

リクルート卒業後のキャリアは?

リクルートでは前述した通り比較的早く社員が再転職したり、独立したりするケースが多いです。リクルートを卒業した後にはどのようなキャリアパスを歩む方が多いのでしょうか?実際に例を挙げてみると、同業界の役員・マネジメント、外資系ITの大手企業、保険業界の営業などかなりの幅があります。これはリクルートが大手企業かつベンチャー的な社風を兼ね備えていることが理由の一つです。どのような企業規模の会社に転職しても活躍できる人材であると言えます。また、リクルートは一般的には営業色の強い企業として知られています。リクルート出身者は営業の得意な方が多く、豊富な人脈を持ち合わせているので、どのような業界でも市場価値が高いです。このように幅の広いキャリアパスを歩むことができます。さらにリクルートから独立して起業している方が多いのも特徴の一つです。実際にリクルート出身で起業家として活躍している例だと、株式会社U-NEXTの代表取締役である堤天心さんや株式会社マクロミルの創業者である杉本哲也さんなどが挙げられます。起業家精神を大事にするリクルートだからこそ、有名な起業家が生まれているのでしょう。

リクルートへの転職を成功させるには?

2022年1月現在、リクルートの公式中途採用サイトを覗くと262件のポジションでの募集が検索にヒットしました。ここからリクルートは積極的に採用活動を行なっていることが伺えます。ただし、リクルートでは要求されるレベルも高いので、いくら募集が多いと言っても転職の難易度は比較的高いです。特に採用面接では求職者の根底にある想いや価値観をかなり深掘りされるので、優秀な方であっても不採用になるケースは多々見受けられます。そのためにリクルートへの転職を志望される方はまず、「なぜリクルートに入社したいのか」「リクルートに入社して何をやりたいのか」を徹底的に自己分析してください。その上で面接官などに想いをしっかりと伝えられるように言語化できるレベルになっていないと転職を成功させるのは難しいでしょう。また、転職を志すにあたってはリクルートが運営している転職エージェント「リクルートエージェント」の利用をお勧めします。リクルートエージェントは元々リクルートグループの一社だった「リクルートキャリア」が運営しており、2021年4月からはリクルートに吸収合併しています。リクルートの内部事情や転職を成功させるコツなどについてアドバイスを得ることができるので、リクルートを志望されている方にはピッタリなエージェントと言えるでしょう。リクルートエージェント以外にも大手転職サイトの「doda」や「ビズリーチ」にもリクルートの求人は公開されています。リクルート系列ではない外部のエージェントだからこそ得られる情報もあるので、これらの転職サイトも利用して話を聞くのはオススメです。

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職サイト

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

株式会社リクルートは日本を代表する会社として、人材業界や広告業界を牽引しています。誰もが知る大手企業でありながらベンチャー的な社風も残っており、一風変わった会社です。その根底には「お前はどうしたいのか?」という圧倒的な当事者意識や起業家精神を応援する会社としての制度が垣間見えました。入社してからの待遇も良く、転職を検討するにあたって重要となる給与も比較的高水準に設定されています。また、リクルートを卒業後も引く手数多なことから新卒・中途問わず人気の高い企業です。しかし転職難易度はかなり高いと言えます。求めるレベルの高さもありますが、リクルート独自の求職者への深掘りやスタンスなどは他社とかなり異なるので入念な対策が必要と言えるでしょう。社風やマインドに合っている方にはとことん適した会社だとも言えますので、自信がある方はぜひ挑戦してみてください。