公開日

2022/06/22

最終更新日

【年収300万】転職できる?やばい?貧困で貯金は難しい?手取り月収・割合は?生活レベル・家賃を男性・女性別に解説!!

近年では共働きが増加する中で生活の困窮に直面している家計がとても多いのが現状です。今より少しでも収入が増加すれば生活面で楽になれるので、給料アップやキャリアアップのチャンスを狙っている人も多いと思います。本記事では、今の生活をより豊かにするために年収300万円を想定した具体的な生活やメリット、転職時の注意点などを紹介します。年収を今より少し上げるだけで日々の生活にゆとりが生まれ、目標を持つことができるので、生きる楽しさが増すことを実感できるでしょう。

【年収アップ】おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    営業・技術系・金融関連専門職種に強い

    POINT!

    • 求人数の豊富さに定評がある
    • 20代〜30代の転職に強い
    • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

年収300万円台の割合 – 勝ち組か –

国税庁が実施している「民間給与実態統計調査(令和元年分)」のデータでは、正規雇用で働く年収300万円台の会社員は全体の17.0%であることが示されています。

男女別に見ると、男性の20.0%、女性の28.0%が年収500万円台に分布していることがわかります。様々な意見があると思いますが、サラリーマンの平均給与が436万円(男性:540万円/女性:295万円)であることを踏まえると、年収300万円は勝ち組とは言えないと思われます。

年収300万円の手取りイメージ

年収300万円の場合、手取りで20万円程度のお金が残ります(税金として天引きされるお金も額面給与には含まれます)。詳しく見ていきましょう。

年収300万円の月収

年収300万円の月収は約25万円です。住民税や所得税などがかかり、税金を控除して手取りで約20万円前後の月収となります。通常の額面通りではなく、手取りの金額は少なくなることを認識しておきましょう。

税金でかかる費用

年収300万円の場合に税金としてかかる費用は、

・住民税
・所得税

などが挙げられます。年収300万円の人の場合にかかる税金は概ね総支給額の20~25%です。給料が支給される前に前述した税金が会社から天引きされていることを理解しておきましょう。

生活に必要な具体的な出費を紹介

生活に必要な出費としては家賃や食費、交際費、水道光熱費などが挙げられます。人によって費用が異なりますが、以下のような出費がかかります。

家賃

6万円

食費

3万円

交際費

2万円

水道光熱費

1万円

上記の金額はあくまでも参考例として紹介しています。節約してもっと豊かな生活を実現したい人は可能な限り食費を抑えるのが効果的です。年収を300万円に引き上げると生活は豊かになりますが、同時に出費を考慮して節制を心掛けることも大切です。収入を上げながら支出とのバランスを取るように心掛けましょう。

年収300万円で可能になる生活を紹介

年収300万円で可能になる生活としては、

・結婚
・転居や家の新築
・住宅ローン
・貯金
・子供の教育

などが挙げられます。生活の幅が広がるので充実した暮らしができます。各項目ごとに具体的に掘り下げていきましょう。

結婚

結婚するためにはある程度の経済力が必要になります。また、女性は結婚相手に経済力を求める傾向があります。年収を上げて結婚できるチャンスを増やしましょう。

転居や家の新築

転居や家の新築ができることも大きなメリットです。まとまったお金が急に用意できるのではないですが、ローンができるので新居に住めるという楽しみも味わえます。計画的に返済できればお金を借りるのは問題はありません。新しい生活をスタートできるきっかけになるので前向きに考えましょう。

住宅ローン

結婚して家族ができると必要なお金が増えるので、ローンを組めると今後の生活に安心感が加わります。一般的に住宅ローンは年収の5倍程度の金額になるため、審査によって変動がありますが、1,500万円前後の金額を借りることができます。

貯金

年収が300万円にアップすると貯蓄に回せるお金が増えるので、ゆとりのある生活が実現できます。生活スタイルや独身・家庭持ちなどの状況で一概には言えませんが、具体的に3~4万円の貯金が可能となります。ゆとりを持った生活を実現するためにも、年収をアップさせるのは効果的です。

子供の教育

子どもが希望する進路を親として応援したいものですよね。もちろん、計画的に貯蓄するのが大前提となりますが、子どもの夢や希望を叶えるための手伝いができるのは親として嬉しいものです。また進学や就職などで必要な出費がかさんだ際は、

・学生なら奨学金制度
・一時的な資金繰りならカ銀行ードローン

を活用すると、やり繰りが楽になります。

年収300万円は実現可能か|男性・女性別に整理

年収300万円の人の割合は、

・男性:20%
・女性:28%

となっています。男女問わず、年収300万円は十分に実現可能な年収であると言えます。20代の平均年収は20代前半と後半で大きく差がわかれています。

・20代前半の平均年収:264万円
・20代後半の平均年収:370万円

です。同じ20代でも20代後半になると年収は300万円を超えてくるようです。

年収300万円を実現するための行動

年収300万円を目指す為に取るべき行動は、

・計画性を持って生活する
・目標を言葉にして掲げる

などの方法があります。理想の生活を実現できるように、積極的にアクションを起こしていきましょう。

計画性を持って生活する

計画性を持って生活することは非常に重要です。毎月得られる収入は基本的には決まっているので、お金を計画的に使う必要があります。月々でいくらお金が必要なのかを紙に書いて整理しながら、計画性を持って生活しましょう。

目標を言葉にして掲げる

目標を言葉にして掲げることも極めて有効な方法です。目標があると仕事に意欲的に取り組むことができ、行動を起こす原動力になります。目標を言葉にして紙に書いて毎日見るのも一案でしょう。

年収300万円の仕事はどんな仕事?

年収300万円になるためにおすすめの仕事は、

・営業職
・福祉系専門職
・物流・ドライバー
・事務職

などです。職種を変えるだけで年収が高くなる場合も多いので、前向きに考えると良いでしょう。

営業職

営業職はインセンティブ制度を設けているため、収入を増やしたい人におすすめの職種です。中には、年収1,000万円を超えるケースもあり、収入を増やす上でおすすめの職種と言えます。実力主義の世界で、やる気/気合いに自信がある人は営業職に適性があると言えます。

福祉系専門職

福祉系専門職とは介護士や福祉施設の指導員や支援員、ケアマネージャーなどです。介護士は重労働な職種として取り上げられていますが、人手不足もあって収入的に安定していることがメリットと言えます。ただ、就業する施設や業種などによって仕事の負荷が変わってくる側面もあります。

物流・ドライバー

物流やドライバーの仕事も年収が高いのが特徴です。具体的には燃料油配送やタンクローリーの運転手、タクシードライバーなどが該当します。特にドライバーの仕事は長時間労働が多くなる傾向があり、体力に自信があってたくさん稼ぎを増やしたい人にとてもおすすめの業種です。ただ、ドライバーでもタクシードライバーは歩合制となる場合が多く、収入が不安定になる傾向があります。給料に多少の変動がありますが、収入を増やす意欲がある人にはおすすめの職種です。

事務職

事務職は女性の比率が多く安定しているのが特徴です。事務職と言っても、

・経理
・営業事務
・発注管理

など幅広い業務があります。事務職は未経験でも採用率が高いのがメリットとして挙げられます。女性で収入アップの転職を希望している人は事務職を検討するのも良いでしょう。

年収300万円の仕事に転職する場合に注意すべきポイント

年収300万円の仕事に転職する場合は、

・在職中に転職活動を行う
・転職活動の費用を事前に用意しておく
・周囲の人に相談して自分の意思を伝える
・自分に合った職種に転職する

などの注意点があります。転職は人生を大きく左右する出来事なので慎重に行いましょう。

在職中に転職活動を行う

転職活動を行う場合は、すぐに退職するのではなく、なるべく在職中に行うことをおすすめします。転職するまでの期間は生活面でのリスクがあるため、無理な行動をとりにくい状況です。足元を固めつつ、前進できるような体制を作った上で、転職活動に向かいましょう。

転職活動は費用がかかる

転職活動の際に、

・交通費
・スーツ

等の費用がかかることも認識しておきましょう。事前に貯金しておくと良いでしょう。いざ面接があった時に万全の態勢で臨めるように、計画的に貯金しておくと効果的です。

周囲の人に相談する機会を設ける

転職活動を始めたいと思ったら、行動する前に家族に相談するようにしましょう。特に家計を支えている父親の場合、「家族のために転職活動をしたい」という思いを伝えることが大切です。家族の同意を得られると、転職活動に力が入るのでおすすめです。自分だけで判断せずに、家族に都度状況を伝えるようにしましょう。

自分に合った職種を目指す

自分に合った転職先を探すことも大切なポイントです。年収だけで判断して、自分に合っていない転職先に転職すると、「自分に合った仕事ではない」と感じてストレスを溜めてしまう原因になります。自分が働きやすく無理なく続けられる職種を狙い、年収300万円を達成するようにしましょう。

年収300万円におすすめの節約術

年収300万円におすすめの節約術を整理します。

実家暮らし

1つ目は、実家暮らしが挙げられます。実家暮らしは、数ある節約術の中でも特に有効です。家賃や光熱費が浮くだけでなく、家具・日用品などを共用で使うことができるからです。一人暮らしは意外に出費が多くかかりがちなもの。親がOKしてくれるなら実家暮らしを検討することをおすすめします。

外食を控える

2つ目は、外食を控えることです。特に複数人で生活している場合、自炊するとかなりの額を節約できます。節約を意識するなら外食を控えて将来に向けて貯金すると良いでしょう。

水筒を持ち歩く

3つ目は、水筒を持ち歩くことです。水筒を持っていないと、水分補給の際にペットボトル飲料を購入することになります。ペットボトル飲料自体は高くありませんが、毎日のように買っているとチリツモで積み上がる金額は馬鹿になりません。一方、水筒を持参していれば、水道代しかかかりません。

格安SIMにする

4つ目は、格安SIMにすることです。特にスマホ代に毎月5,000円以上を支払ってきた人は間違いなく格安SIMにすることで通信費を削減することができます。通信費は毎月かかる固定費なので、少しでも節約えきるところから節約することを意識しましょう。

電気料金やガス料金を見直す

5つ目は、ガス料金/電気料金を見直すことです。2021年現在においては電気やガスが自由化されており、地域ごとに最安値の事業者が異なります。電気料金やガス料金を見直すことで、光熱費を削減することができます。

保険を見直す

6つ目は、保険を見直すことです。必要のない保険に加入している人は想像以上に多いものです。自分や家族にとって本当に必要な保険だけに加入することで、保険料金を削減することができます。

年収300万円におすすめの節税術

年収300万円の方におすすめの節税術を整理します。


ふるさと納税

1つ目は、ふるさと納税です。ふるさと納税では、全国の返礼品の中から好きなものを買うことができます。生活必需品を買うことで、節約に加えて節税にもつながる可能性があります。

NISA /つみたてNISA

2つ目は、NISAです。NISAは、毎年一定の金額内であれば投資で得られた利益に対して税金がかからなくなるという制度です。NISAを活用すれば、毎年120万円までの非課税枠を5年間利用することができます。また、20年間で毎年40万円までの金額を非課税にできる「つみたてNISA」という制度もあります。

iDeCo

3つ目は、iDeCoです。iDeCoを活用すれば税制上の優遇措置を受けることができ、節税しながら老後に備えることができます。

年収300万円を実現する方法

年収300万円を実現する方法を整理します。

昇進する

1つ目は「昇進する」です。例えば、ある会社の一般社員の平均年収が約400万円だった場合、その会社で課長になれば、600万円程度の年収にはなります。部長になれた場合、900万円程度にはなるかと思います。年収300万円を目指す場合、まずは昇進を目指すというのが王道の方法であるということを理解しておきましょう。

副業する

2つ目は「副業する」です。最近は副業を許可する会社が大手企業でも出てきているため、副業で収入を増やす取り組みに挑戦してみても良いかもしれません。

参考:主要IT企業の76%が副業解禁、挑んで分かった「意外な効果」

もちろん、すぐに年収が100万円増えるケースはほとんどありませんが、空いている時間を利用して副業を探していけば、収入をアップすることも出来るかも知れません。ただし、副業が許可されていない場合もありますし、ある程度の時間を捻出する必要がある点については理解しておきましょう。本業あってこその副業だということです。

転職する

3つ目は「転職する」です。年収を上げるための方法として、最も効果的なのは、年収に高い業界に転職することです。年収の高い業界はどこなのかというと、下記の通り、「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融業・保険業」「情報通信業」などが挙げられます。

また、「マイナビ転職」の調査では、業種別の年収ランキングは1位「外資系金融」(1,515万円)、2位「専門コンサルタント」(775万円)、3位「不動産」(764万円)という結果になっています。また、4位に「生命保険・損害保険」(723万円)、6位に「金融総合グループ」(676万円)、8位に「証券・投資銀行」(642万円)、10位に「政府系・系統金融機関」(631万円)と、金融・保険にかかわる業種が10位以内に数多くランクインしています。

参考:2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェント

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイト

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収300万円に関する口コミ

やっぱ時代は年収300万やなぁ
ほとんど税金で引かれないし、一人で使うには使いきれない金額
この金で貯金して新規事業を作れって言われたら難しいけど、普通に生きてくって上で年収300万なら不便はないね
なんなら二人暮らしすれば実質年収は600万にできるし、コスパ最強はやっぱ年収300万では

よく
「年収300万で家事をやる男 vs 年収1000万で家事をやらない男」
のどちらがよいかみたいなの見るけど、年収1000万男の方が社会常識があるので
「年収300万で家事をやらない男 vs 年収1000万で家事をやる男」
が実際の構図だと思う

ちなみにワイは年収2700万で家事もやる中年です

「年収300万で十分です」と言っていた人でも、何かの拍子で年収500万に上がったら

・ちょっと良い服を買っちゃおうかな
・ヒゲ脱毛したら若く見えるのか
・健康は大事だ。ジムに通うぞ

…とドンドン欲求がわいてくる。そういった欲求がわいた瞬間の人をキャッチしてセールスするのがブログ商売の本質

厳しいこと言います。行動しないと未来は「大卒派遣年収300万」「毎日サビ残」「TVで人の挑戦を笑い」「読書も勉強もせず」「ストロングゼロで判断を鈍らせ」「結婚できず」「定年70まで働き」「老後2000万円貯まらず」「老後もバイト生活」残酷だけどこれが現実。ヤバいと思ったら今すぐ行動しよ?

https://twitter.com/ainauuu/status/1518229622806421506

なんか今回のプレジデント切ない年収300万でも幸せを感じられる心を持つのは素敵だと思う。
でも年収300万のほうが幸せだよ!にはならないでおます。。

https://twitter.com/AokiTonko/status/1514319920758022146

物価上昇2割で給料上がらずということは、年収600万の人の実質年収が480万に、年収300万の人は240万。
ダメだ、こりゃ…

https://twitter.com/donaldxbidenu/status/1515231726712553478

年収っていつまでやるの・・・。わたしの友人の経営者達は羽振りいいけど年収300万だったりするよ。そういう話、一切出てこないよね…..

年収300万から600万くらいまで1、2年で駆け上がったけど、手取りに絶望した20代。これも渡米した理由の一つだったかかな

年収300万で一人暮らしはきついけど、結婚して2人で600万ならだいぶゆとりが出る。という意味で結婚を目指してもいいと思う。

年収300万円に関するQ&A

年収300万円に関するQ&Aを整理します。

年収300万円は貧困?ましな方?生活苦しい?

独身なら十分に生活できますし、貧困ではありません。しかし、結婚して子供を生むことを考えれば、生活は苦しいでしょう。そうなると、貧困とも言えなくもないかもしれません。

年収300万の難易度は?

日本人の平均年収が約430万円であることを踏まえれば、年収300万円の難易度はそこまで高くありません。

年収300万円の月収は?

年収300万円の手取り年収は約240万円であり、月収に換算すると、約20万円になります。

年収300万円に到達する年齢は?

dodaエージェントが公表しているデータによると、年代別の平均年収は

・20代:348万円
・30代:444万円
・40代:510万円
・50代:613万円

となっており、20代前半に年収300万円に到達することが多いようです。

年収300万円で一人暮らしは余裕?

独身であれば、余裕と言えます。しっかり節約すれば、貯金もできるでしょう。

年収300万円で貯金はできる?

独身であれば、可能です。ただ、相応の節約意識が必要かもしれません。

年収300万円の住民税はいくら?

住民税とは、都道府県民税と市町村税を合わせたものです。住んでいる市町村によって変化しますが、年収300万円であれば16万円程度が目安です。

共働きなら世帯年収300万円は可能?

十分に可能です。

年収300万円で結婚は可能?

年収300万円で結婚は十分可能です。家族を養えるかどうかが大きなポイントとなりますが、より余裕のある暮らしを望むなら共働きという選択肢も考えられますし、子供が生まれれば出費が増える分、出産一時金をはじめとする様々な経済的サポートがあるため、そこまでハードルは高くないのではないかと思われます。

年収300万円でマイホームは持てる?

年収300万円でマイホームを持つことは可能です。すでに述べたように、住宅ローンは現在の年収を基準として銀行から融資を受けることができる制度であり、年収の5〜7倍の金額を借り入れることができる。年収300万円で1,500〜2,100万円を借り入れることができる。もちろん、頭金を用意すれば、それ以上の金額の物件でも購入可能である。

年収300万円でマイカーは持てる?

マイカーは年収の3分の1~半分程度の額で購入するのが無難です。例えば、250万円でマイカーを購入する場合、金利3%・返済期間5年で月々の返済額は約4.1万円となります。

参考:JAバンク マイカーローン返済シミュレーション

家族が病気になるなど何かあったときでも、車や住宅ローンの返済額がオーバーしない計画を立てることも大切です。ちなみに、エコカー減税対象の車種を選ぶと、税金が安くなります。

最後に

今回は、年収300万円の実現に必要な情報や実現した時にかかる費用、実現可能性、転職する時の注意点などについて紹介しました。年収アップに向けて転職は有効な選択肢の一つですが、一定のリスクを伴うため、慎重な判断も必要です。年収だけではなく将来性を考慮した上で、働きやすくて続けられる職業を選ぶのも大切です。本記事で解説したポイントを参考にして、自分の幸せを見つけつつ、転職や節約などを実践し、年収300万円を目指していきましょう。

Photo by Pepi Stojanovski on Unsplash