公開日

2022/01/27

最終更新日

【手取り19万円】生活費はどれくらい?額面や貯金、家賃などについても詳しく解説!

「手取り19万円だと、生活費はどれくらいが妥当なのだろう」このような疑問を持ち、今後の生活において参考にしようと考えている方もいらっしゃるかと思います。手取り19万円の場合、どういったお金の使い方が正しいのでしょうか。手取りを増やす方法や節約術を知っておけば、今よりも余裕のある生活を送ることができます。本記事では、手取り19万円の生活費について、額面や貯金、家賃などもあわせて詳しく解説いたします。

【手取りアップ】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

手取り19万円の額面

月の手取り19万円の額面は、約24万円です。毎月4〜5万円は保険や年金などで差し引かれています。中には財形貯蓄などを利用していることで、実際の額面は約25〜27万円程度の人もいることでしょう。年収で計算すると約288万円で、ボーナスも合わせると約350万円程度になります。入社2〜3年目で20代の若手なら妥当ですが、30代以降でこの手取りだと少ない方だと言えます。手取り19万円は平均よりも低い数字だと認識しておきましょう。

手取り19万円の生活費の目安

手取り19万円の生活費の目安は、

・独身なのか既婚なのか
・子供がいるかいないか

で大きく異なります。また、

・実家暮らしか
一人暮らしか

などによっても目安は変わってきます。ご自身はどのパターンに当てはまるかを考えながら、確認してください。

独身で実家暮らしの場合

独身で実家暮らしの場合は、手取り19万円でも生活にかなり余裕があります。

・家賃
・水道光熱費

はかかりませんし、支払うとしても2〜3万円程度のケースがほとんどです。

・食費:3万円
・携帯代:5,000〜1万円
・交通費:5,000円
・娯楽代:2万円
・交際費:1万円
・日用品:5,000円

程度です。合計支出額は多くても11万円程度ですので、毎月約8万円は貯金できることになります。貯金だけでなく投資にも手を出せるくらいの余裕があると考えて良いでしょう。貯金額を3万円と定めておけば、さらに5万円も好きに使うことができます。

独身で一人暮らしの場合

独身で一人暮らしの場合は、手取り19万円でも十分生活できますが、少し物足りないでしょう。東京都内で生活すると考えれば、家賃は安くても6〜7万円程度です。

・水道光熱:1万円
・食費:3万円
・携帯代:5,000〜1万円
・交通費:5,000円
・娯楽代:2万円
・交際費:1万円
・日用品:5,000円程度です。

合計支出額は15〜16万円程度で、毎月3〜4万円の余裕があります。ただし、服を買ったり旅行に出かけたりしたらほとんど貯金はできません。投資や趣味にもあまりお金を使えないと考えておきましょう。

既婚で夫婦のみの場合

既婚で夫婦のみの場合、共働きでなければ手取り19万円だと少し生活は厳しくなるでしょう。都内で2人暮らしをすると考えれば、家賃は9〜10万円程度かかります。2人で生活しますので、

・水道光熱:1万5,000円
・食費:4万円
・携帯代:15,000万円
・交通費:1万円
・日用品:1万円

程度になります合計支出額は18〜19万円で、ほとんど貯金できません。さらに娯楽代や交際費を捻出することも不可能に近くなります。共働きにすれば、生活にかなり余裕が生まれますのでおすすめです。

既婚で子供ありの場合

既婚で子供ありの場合、手取り19万円だと生活はかなり厳しいです。まず都心に暮らすことはできず、人付き合いの制限や節約が必須になります。郊外で暮らすと考えれば、家賃は8〜9万円、食費は5万円、携帯代は15,000万円、交通費は1万円、日用品は1万円程度です。その他にも子供にかかるお金が発生する可能性が考えられますので、生活には余裕がないでしょう。ある程度子供が大きくなったら、共働きを検討する必要があります。

手取り19万円なら貯金は可能?

手取り19万円でも貯金は可能です。ただし、独身と既婚、既婚で夫婦のみと子供ありなど、状況によって難易度が異なります。独身なら実家暮らしでも一人暮らしでも貯金できますが、既婚だとハードルは高くなるのです。ですので、手取りが19万円なのであれば、結婚する前に最低でも300万円程度は貯金しておきましょう。独身のうちにしっかりとお金を貯めておくことで、結婚後も心に余裕が生まれます。

手取り19万円で快適に暮らす手段

手取り19万円は平均よりも少ない収入と言えます。ですので、生活に余裕を持つことは簡単ではありません。しかし、適切な方法を知っておけば問題なく生活することができます。ここでは、手取り19万円で快適に暮らす手段をご紹介いたします。

実家に住む

1つ目の手段は、実家に住むことです。実家に住めば、

・家賃
・水道光熱費
・食費

などを大幅に削減できます。勤務地と実家の距離が離れている場合は難しいですが、通勤できる範囲内であれば実家に住みましょう。毎月の支出で最も大きな割合を占めるのは家賃です。家賃がほとんどかからないのであれば、毎月の手取りが6〜7万円増えるのと同じことです。両親と一緒に住むことで得られる安心感もありますので、実家に住むのがおすすめです。

地方で暮らす

2つ目の手段は、地方で暮らすことです。東京は人の数が多い分家賃が高く、それだけで支出が増えます。物価も高いため、食事や日用品にかかるお金も多いのです。ですので、東京都心で勤務している場合は、会社に転勤をお願いするか、地方で勤務できる企業に転職しましょう。地方であれば都心部でも月4〜5万円で住める場所があります。生活費も抑えられますので、地方に移住するのはおすすめです。

生活レベルを下げる

3つ目の手段は、生活レベルを下げることです。生活レベルを下げることが、快適に暮らすことに繋がらないと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そもそものレベルを下げておけば、ちょっとしたことでも満足できるようになります。例えば、現在毎週焼肉やお寿司を食べに外食を利用しているとします。これは習慣化しているから行ってしまうのであって、訪れる頻度を徐々に減らしていけば、自然と支出が減ります。自分で調達した安いお肉やスーパーのお寿司でも食事を楽しめるようになれば、快適に暮らせるでしょう。

飲み会の頻度を減らす

4つ目の手段は、飲み会の頻度を減らしてオンライン飲み会に切り替えることです。飲み会は一回行くだけで3,000〜5,000円程度消費しますし、後輩と行く場合は奢る必要があります。そのため、大きな支出額になってしまいがちです。会社の同僚や友人との飲み会が楽しい気持ちは分かりますが、オンライン飲み会に切り替えることで、できるだけ支出を抑えましょう。飲み会自体を少なくするのではなく、オンライン飲み会に変えてお酒やおつまみの代金を抑えるだけですので、快適に楽しめるはずです。なお、オンライン飲み会であれば、終電を気にすることなく楽しめるのも嬉しいポイントです。

服は極力買わない

5つ目の手段は、服は極力買わないことです。ファッションが好きで毎週のように服を買う人がいるかと思いますが、頻繁に買う必要はありません。長く着続けられる服を買い、購入頻度を減らすことで支出を減らせます。安い服を買うということではなく、長く着続けられる服を買うというのがポイントです。長期的な視点で見ると、支出を減らすことに繋がり、快適な暮らしも維持できます。

お金のかからない趣味を楽しむ

6つ目の手段は、お金のかからない趣味を楽しむことです。具体的には、散歩、筋トレ、ネットサーフィン、読書などです。散歩はお金がかからないだけでなく、健康にも良いです。音楽を聴きながら景色を楽しむのも良いでしょう。筋トレはジムに通わず家で行えばお金がかかりません。ネットサーフィンもお金はかかりませんし、YouTubeなどで無料コンテンツを見るのも良いでしょう。読書も近くの図書館を利用すれば、一切お金はかかりません。お金がかからない趣味があれば、快適に暮らせます。

手取り19万円の家賃

手取り19万円の家賃は、6万円が妥当です。これは、昔から家賃は手取りの3分の1が目安と言われているためです。都内で一人暮らしをする場合、6万円ならワンルームや1Kの部屋に住むことになります。一方、結婚していて2人以上で暮らす場合、都内で生活することは難しいと考えてください。首都圏の中でも神奈川県、埼玉県、千葉県などの郊外なら、6万円でも家が見つかる可能性があります。築年数の古い家になるかもしれませんが、2人以上で暮らすなら広さを優先しましょう。

手取り19万円でも結婚は可能

手取り19万円でも結婚は可能です。生活に余裕は生まれませんが、決して無理な収入ではありません。子供がいる家庭でも、補助金や育休制度を上手く活用すれば、問題なく生活していくことができるでしょう。ただし、贅沢はできないと考えておいてください。頻繁に子供のプレゼントを購入したり、複数の習い事に通わせたりなどはできない可能性が高いです。余裕のない生活にはなりますが、幸せに暮らすことができるはずです。

手取り19万円でマイホームを持つには

手取り19万円でも、マイホームを持つことはできます。しかし、立地や家の大きさには制限があるでしょう。また、住宅ローンを利用するのがおすすめです。手取り19万円なら、一括でキャッシュで購入することはできません。住宅ローンの金額としては、2,000万円程度が妥当です。2,000円程度の家なら、毎月6万円の返済でも35年でローンが完了します。

手取りを増やすための方法

手取り19万円でも生活していくことはできますが、少しでも多いに越したことはありません。もう少し手取りが増えれば、結婚して子供がいても余裕のある生活を送ることができるでしょう。ここでは、手取りを増やすための方法をご紹介いたします。

副業を行う

1つ目の方法は、副業を行うことです。本業での稼ぎとは別の収入源を確保しておけば安心です。最も簡単なのは、コンビニやスーパーなどのアルバイトです。週1回でも雇ってくれる場所があるかと思いますので、応募してみてください。また、最近ではウーバーイーツや出前館などのフードデリバリーサービスもおすすめです。特にウーバーイーツは好きな時間に好きなだけ働くことができ、シフトを組む必要もありません。平日の夜や休日の隙間時間にお金を稼げますので、検討してみてください。

条件の良い会社に転職する

2つ目の方法は、条件の良い会社に転職することです。同じ職種で同じような業務を行っていても、会社を変えるだけで月収がアップする場合があります。毎月の給料だけでなく、ボーナスの給付額も重要です。年2回給付され、毎年安定して70〜80万円程度のボーナスが貰えれば安心でしょう。今の会社に居続けても給料が上がらない人は、より良い会社を探してください。手取りが増えるだけでなく、働きやすさも改善される可能性があります。

昇進や昇格するために成果を上げる

3つ目の方法は、昇進や昇格するために成果を上げることです。今の会社にいながら手取りを増やすには、この方法がベストです。例えば営業職の場合、誰よりも多くの案件を取ってくることで、人事評価は高くなるでしょう。成果を上げ、上司や同僚との関係性も上手く築けていれば、手取りが増えるかもしれません。ただし、昇進や昇格によって一気に給与が上がることはないでしょう。上がっても毎月1〜2万円程度が限界かと思いますので、あらかじめ認識しておいてください。

独立してフリーランスになる

4つ目の方法は、独立してフリーランスになることです。フリーランスは本業以外にも自分で案件を取ったり、税金の計算をしたりなど、全ての業務を一人で行わなければなりません。そのため、最初のうちは労働時間が増えてしまうでしょう。しかし、フリーランスは成果報酬です。サラリーマンのように毎月安定した給料が貰えない分、頑張れば頑張るほど多くのお金を稼ぐことができます。世の中には独立して手取りを大幅に増やした人が沢山います。もちろん失敗するリスクもありますが、挑戦してみる価値はあります。

フリマアプリで不用品を売る

5つ目の方法は、フリマアプリで不用品を売ることです。服やゲームなど、家には想像以上に不用品があります。これらを捨ててしまうのではなく、フリマアプリで売れば、手取りを増やすことができます。月に数万円収入が増えるだけでも生活に余裕ができますので、是非利用してみてください。最近では、スマートフォンさえあればすぐに商品を販売できるアプリも増えています。まずは元々家にある不用品を売り、いずれは安く仕入れたものを少し高く売るというやり方で手取りを徐々に増やしていきましょう。

手取り19万円の人におすすめの節約術

手取り19万円の人にとっては、いかに毎月の支出を減らすかが重要です。収入を増やすことも大事ですが、支出を減らせばその分働く必要がなくなります。ここでは、手取り19万円の人におすすめの節約術をご紹介いたします。

外食を控えて自炊する

1つ目の節約術は、外食を控えて自炊することです。当たり前ですが、自分で食料を調達して料理を作った方が食費を抑えられます。外食は手間がかからず美味しいですが、その分お金がかかります。ですので、できるだけ自炊するように心がけましょう。中には料理が苦手でできないという人もいらっしゃるかもしれません。しかし、最近ではインターネット上で調理方法やレシピが検索できます。何の知識もなくても簡単に料理をできる時代ですので、是非自炊をしてみてください。

食事の買い出しは週1回に

2つ目の節約術は、食事の買い出しは週1回にすることです。週に1回しか行かないというルールを決めれば、一度で持ち帰ることができる量の食材しか購入しないようになります。今までは何となく買っていたお惣菜やお菓子なども購入しなくなり、自然と食費を節約できるでしょう。ただし、あまりに食材が足りないと栄養失調になる恐れがあります。食事の買い出し回数を減らして節約するのは大切ですが、あくまで可能な範囲で行ってください。節約のために健康を損なってしまったら元も子もありません。

ネットショッピングを利用する

3つ目の節約術は、ネットショッピングを利用することです。スーパーで買い物をすると、つい余計なものを買ってしまう場合があります。ですので、インターネット上であらかじめ決めたものしか買わないようにすれば、節約することができます。また、ネットショッピングなら家から一歩も出ずに食料を調達できますので楽です。

SIMフリーの携帯会社を使う

4つ目の節約術は、SIMフリーの携帯会社を使うことです。最近は格安スマートフォンが増え、以前よりも安い金額で利用できるようになりました。従来の携帯会社を使うよりも、SIMフリーの携帯会社を使った方がかなりお得です。月数千円で利用できる携帯会社も増えているため、是非利用してみてください。

自転車で通勤する

5つ目の節約術は、自転車で通勤することです。交通費が支給される会社もありますが、中には出ない会社もあります。そういったケースの場合、自転車で通勤するのがおすすめです。交通費を節約できるだけでなく、健康にも良いです。ただし、雨の日は怪我をする恐れがありますので注意してください。

暖房は使わず服を沢山着る

6つ目の節約術は、暖房は使わず服を沢山着ることです。冬は寒くてつい暖房を使ってしまいがちですが、これでは光熱費が高くなってしまいます。ですので、暖かい服を沢山着用して暖房代を節約しましょう。少しの努力が大きな成果に繋がります。

ポイントを上手く活用する

7つ目の節約術は、ポイントを上手く活用することです。ネットショッピングやコンビニでスマホ決済を行う場合、ポイントが付与されます。ポイントを貯めれば、かなりお得に商品を購入できます。現金で払うよりもお得で手間もかかりませんので、是非活用してみてください。

転職して手取りを増やすためのポイント

手取り19万円でも生活していくことは可能です。しかし、やはり少し物足りないと感じている方が多いかと思います。手取りを増やすために転職するのがおすすめですが、その際に注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは、転職して手取りを増やすためのポイントをご紹介いたします。

伸びている業界かどうかを確認する

1つ目のポイントは、伸びている業界かどうかを確認することです。例えば、IT業界は今後も伸びていくと考えられますが、どの業界もそうとは限りません。中には次第に衰退していくと考えられる業界もありますので、しっかりと調べてください。インターネットで情報を収集するだけでなく、本も参考にして正しい予測をしましょう。

家賃補助やボーナスをチェックする

2つ目のポイントは、家賃補助やボーナスをチェックすることです。給与も大事ですが、家賃補助の有無で支出が大きく変わります。例えば、毎月5万円の家賃補助が出る会社に入れば、家賃負担は月2〜3万円程度に抑えることができるでしょう。また、手取りがそこまで多くなくても、ボーナスが多い企業には注目すべきです。

資格を取得しておく

3つ目のポイントは、資格を取得しておくことです。転職するにあたって、前職と同じ職種であってもそうでなくても、資格があると有利です。特に経理などの職種は、簿記や会計に関する資格があるかどうかで給与が変わる可能性が高いです。資格があれば、転職してすぐに大きな仕事を任せられるという判断になり、高い年収での契約も現実的に考えられます。ですので、事前に資格を取っておけば安心です。

手取りアップを目指す上でおすすめの転職エージェント

手取りアップを目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

手取りアップを目指す上でおすすめの転職サイト

手取りアップを目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

今回は、手取り19万円の生活費について、額面や貯金、家賃などについても詳しく解説いたしました。手取り19万円は、独身なら全く問題ない収入です。中でも一人暮らしではなく実家で生活している人は、かなり余裕のある生活を送れるはずです。しかし、結婚していて子供がいるなら、かなり厳しい金額と言えるでしょう。共働きができれば安心ですが、必ずしもできるとは限りません。そのため、手取りを増やすために転職したり、支出を減らすために節約したりする必要があります。手取り19万円に満足している方もそうでない方も、この記事を参考にしてみてください。

Photo by NeONBRAND on Unsplash