公開日

2022/06/26

最終更新日

【東京海上日動年収】給料ランキングは高い?低い?激務?年収偏差値・出世コース・人気の理由を解説!

・東京海上日動の年収は高いのか知りたい
・東京海上日動の福利厚生は充実しているの?
・転職成功率を上げる方法を知りたい

このような悩みを解決します。東京海上日動火災保険は日本の損害保険会社であり、2004年10月1日にミレアホールディングス傘下の東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併して発足しました。本記事では、東京海上日動の年収や転職成功率を上げるための方法を解説した上で、東京海上日動転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます

【東京海上転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

東京海上日動の平均年収は1000万円超

2020年3月の有価証券報告書によると、東京海上日動の平均年収は1,245万円となっています。2021年9月に国税庁より発表された「令和2年分 民間給与実態調査統計」によると、日本企業の平均年収は約461万円です。東京海上日動と日本企業の平均年収を比較すると、東京海上日動の方が約3倍の高さになることがわかります。

参考:2020年3月有価証券報告書

東京海上日動の年度別平均年収推移

東京海上日動の年度別平均年収推移は以下の通りです。

年度

平均年収

2020年

1,245万円

2019年

1,245万円

2018年

1,338万円

2017年

1,390万円

直近では少し年収水準が下がっていますが、1,000万円以上の水準を保ち続けています。

東京海上日動の年齢別平均年収推移

東京海上日動の年齢別平均年収推移は以下の通りです。

年齢

平均年収

20代

730万円

30代

1,100万円

40代

1,300万円

50代

1,530万円

60代

1,020万円

20代の時点で平均年収700万円台になっており、日本企業の平均年収約461万円と比較しても約1.5倍とかなりの高水準となっています。30代から40代で年収の水準が特に高くなっており、課長クラスの役職に上がる人が増えると考えられます。また60代で年収の水準が下がるため、60代で役職を降りる人が多くなります。

東京海上日動の役職別平均年収推移

東京海上日動の職種別平均年収推移を社員の口コミをもとにまとめると以下の通りです。

役職

平均年収

主任

650~730万円

課長代理

1,000~1,200万円

課長

1,400~1,500万円

部長

2,000万円以上

課長クラスになると平均年収が上がっており、部長クラスになると2,000万円を超えるようになります。そのため年収水準を上げていくためには、出世していく必要があります。

東京海上日動の競合他社との年収比較

東京海上日動の競合他社との年収比較は以下の通りです

企業名

平均年収

東京海上日動

1,245万円

アクサ損害保険

569万円

ソニー損害保険

660万円

損害保険ジャパン

607万円

東京海上日動の年収は業界最高水準であり、2番目のソニー損害保険よりも約2倍ほどの年収水準があります。

東京海上日動年収の保険業界年収ランキング

東京海上日動の保険業界全体での年収ランキングは以下の通りです。

企業名

平均年収

東京海上日動

1,245万円

損保ホールディングス

1,158万円

住友生命

1,146万円

大同生命

995万円

第一生命

870万円

ソニー生命

841万円

保険系業種の平均年収は799万円のため、日本企業の平均年収約461万円よりも高い水準になっています。そんな年収水準が高い保険業界の中でも東京海上日動は、最も高い平均年収になっています。保険業界企業の中でも1,000万円を超える企業は3社であり、その中でも東京海上日動は2位の損保ホールディングスよりも50万円程高くなっています。

東京海上日動の年収に対する口コミ

保険業界トップクラスの年収である東京海上日動ですが、働く社員の口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」より東京海上日動の年収に対して、良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます。

東京海上日動の年収に対する良い口コミ

東京海上日動の年収に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 正直お金に困らないくらいかなりもらえる
  • 月給はそこまで高くないが、ボーナスで大きく年収が引き上がる
  • 年収は同業他社と比較してもかなり恵まれている
  • ある程度の役職までは、よほどのことがない限り年収は減らない
  • 月収はたいしたことないが、ボーナスが入社時から100万超えていた
  • 相対的に同世代と比較すると年収面では恵まれている

参考:転職会議

東京海上日動の年収に対しては、「非常に高い」という口コミが多くありました。また年収の内訳に関しては月収ではなく、ボーナスが非常に高いことからボーナスに対する満足感が非常に高いようでした。

東京海上日動の年収に対する悪い口コミ

一方、東京海上日動の年収に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 残業はそれなりにあり、仕事内容もハードのため体を壊すこともある
  • 仕事ができない人も昇格するため人事はどこを評価しているのか謎
  • 大規模災害などが起こるとボーナスの支給が減る
  • 災害対応で仕事が増えるのに対し給料は減るため、気持ちが下がる
  • エリア職の給料が低すぎる
  • 業績に連動するため、多い時で3桁万円の年収のブレがある

参考:転職会議

東京海上日動は年収は高いものの、一方で残業や業務量が非常に多いようです。また普段の年収は高いものの、災害などで保険が多く使われるようになると、手続きなどで仕事量が増える一方ボーナスが下がり年収が下がってしまうとのことでした。年収の高さ以外の面で、悪い口コミも一定数ありました。

東京海上日動の人材育成制度

東京海上日動では、「日本で一番「人」が育つ会社」を目指しており、そのための制度を設けています。人材育成制度の方法として、以下の2点を紹介していきます。

  • Stage制度
  • 役割チャレンジ制度

人材育成制度①:Stage制度

Stage制度は個人ごとの能力に応じて、それぞれのステージが決まる人事制度です。

グローバルコースとエリアコース2つのコースそれぞれStageAからStageEまであり、それぞれのStageで必要なスキルと仕事が明確になっています。

StageEまでいくと次はリーダークラスに上がるようになります。

なお、エリアコースからグローバルコースへ転換することも可能です。

そのため自分のStageを確認し、次のStageに上がるためにはどうしたらよいのか常に明確に意識することができます。

人材育成制度②:役割チャレンジ制度

上司と部下で年に4回面談が行われます。そこで以下の点に関する目標進捗状況に関して対話が行われます。

  • キャリアビジョン
  • コンピテンシー
  • 期待される役割
  • 業績
  • 学びのコミットメント(自己研鑽目標)

決まったタイミングで、自分の仕事の進捗状況が分かるため、評価を明確に判断しやすいようになっています。

東京海上日動の休暇・福利厚生

東京海上日動の休暇は以下の通りです。

  • 完全週休二日制
  • 祝日・年末年始休み
  • 年次有給休暇:初年度13日・次年度:20日
  • 5日間の特別連続休暇
  • 育児休業制度
  • 介護休業制度
  • リフレッシュ休暇

また東京海上日動の福利厚生は以下の通りです。

  • 各種福利厚生施設:保養所・総合グラウンド・体育館・テニスコート
  • ベネフィット・ワン:育児介護サービス・自己開発など
  • 住宅補助
  • 社会保険:雇用保険・健康保険・厚生年金保険・労災保険

基本的に休暇と福利厚生に関しては一般企業で設けられているものと同様の水準です。休暇に関しては5日間の特別連続休暇が与えられるなど、多めに設定されています。

東京海上日動の福利厚生に対する良い口コミ

東京海上日動の福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 休みが多く良い
  • 周囲の雰囲気も休みを取ろうとなっているため、休みは取りやすい環境
  • 全国からメールが来て、営業協力にて地方の特産品が安く買える
  • 休暇の種類を報告すれば、理由のいかんを問わず取りやすい環境
  • 休日出勤はほぼなく、した場合には代休を取得できる
  • 大手企業ということもあり、福利厚生はかなり充実している
  • 在宅勤務時にパソコンが貸与される
  • 住宅補助が8割程出るため、全国転勤の人にはこれ以上ない待遇
  • 企業型拠出年金の運用のアドバイスも多くあり、資産形成の考えも身につく

参考:転職会議

休みの取りやすさ・多さに関する良い口コミが、多く確認できました。また福利厚生の中で企業型拠出年金に関してのアドバイスももらえるため、資産形成に有効活用できることから、用意だけでなく使い方までサポートしてもらえます。

東京海上日動の福利厚生に対する悪い口コミ

東京海上日動の福利厚生に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 上司によっては残業が結構ある
  • 育休産休の際に人員補充はなく、残っているメンバーに仕事のしわ寄せがいく
  • コーポレート部門など部門によってはワークライフバランスが厳しい
  • 各種申請に手間がかかる
  • 特徴的な福利厚生はない

参考:転職会議

休日がしっかり取れるかは部門によっても差があるようです。また福利厚生として設けられているもののいざ休暇を取ろうとすると、残る社員に業務のしわ寄せがいってしまうため、フォロー体制に関してはまだ課題があります。

東京海上日動の転職

保険業界トップクラスの年収及び人気企業でのキャリアアップを目的に、東京海上日動への転職を検討している人は多いのではないでしょうか。ここから東京海上日動の転職難易度・応募方法から求める人材、選考フローに関して紹介していきます。

東京海上日動の転職難易度

結論、東京海上日動の転職難易度は非常に高いです。転職難易度が高い理由は以下の通りです。

  • 平均年収1,245万円と高水準
  • 2021年就活生が選ぶ「就職希望企業ランキング」1位にランクイン

特に平均年収が保険業界トップクラスのため、応募してくる人のレベルも非常に高くなります。そのため少しでも転職成功率を上げるためには、東京海上日動に特化した選考対策が必要です。

東京海上日動はどこから応募するのか

東京海上日動は以下の方法から応募することができます。

  • 企業の採用サイトから応募
  • 転職エージェントを経由して応募

企業の採用サイトだといつでも応募しているわけではないため、常に採用サイトを確認する必要があります。一方、転職エージェントであれば、担当のアドバイザーに東京海上日動転職希望の旨を伝えておけば、募集が入った際に漏らさず応募することができます。

東京海上日動の求める人材

東京海上日動の採用ページを確認すると、求める人材は以下の3つです。

  • 課題発見力と解決に向けた行動力が高い人
  • チームワーク力が高い人
  • コミュニケーション力が高い人

東京海上日動の業務では社内外問わず、コミュニケーションが必要になります。また相手の課題を確認し、課題解決のための提案・そして行動できる行動力を求められるようになります。選考に入る前に求める人材に関して良く理解し、自分の経歴にどうあてはめていくのか考えることが重要です。

東京海上日動の選考フロー

東京海上日動はグローバルコースとエリアコースがあり、それぞれで選考フローが異なります。グローバルコースは国内外を問わず様々な勤務地域で経験を積み、キャリアアップを図るコースです。エリアコースは自宅から通える範囲で経験を積み、一定のキャリアアップを図るコースです。それぞれの選考フローは以下の通りです。

〇グローバルコース

  • エントリー
  • 書類選考
  • WEB1次面接
  • WEB2次面接
  • WEBテスト・適性検査
  • 最終面接
  • 最終内定

〇エリアコース

  • エントリーシート提出
  • WEBテスト・適性検査の受験
  • 書類選考
  • 複数回の面接

グローバルコースでは先に面接に入って、最終面接前でWEBテストに入ります。一方で、エリアコースでは先にWEBテストを行った後に、面接に入ることになります。特にグローバルコースではWEBテストが最終面接前のため、そこで不採用にならないようにしっかり勉強しておく必要があります。

東京海上日動の会社概要

東京海上日動の会社概要は以下の通りです。

会社名

東京海上日動火災海上保険株式会社

本社所在地

東京都千代田区丸の内一丁目2番1号

創業

1879年8月

資本金

1,019億円

取締役社長

広瀬 伸一

東京海上日動の事業内容

東京海上日動は主に以下の3つの事業を展開しています。1つ目は国内損害保険事業です。顧客の抱えるリスクを正確に分析し、それを解決するために必要な保険を提案していくことが主な業務です。2つ目は海外保険事業です。中国やブラジルなどへの自動車保険の販売など、海外でも幅広く展開しています。3つ目は金融事業です。顧客から集めた保険金や資産を元手に債券、株式などの投資や貸付を行います

東京海上日動の転職成功率を上げる方法

東京海上日動の転職難易度は非常に高いです。そのため東京海上日動への転職成功率を少しでも上げる方法に関して解説していきます。

転職エージェントを有効活用する

転職エージェントを活用しなくても、東京海上日動に転職することは可能です。しかし東京海上日動は転職難易度が高いため、対策なしで転職を成功させることはできません。転職エージェントを活用することで、以下2つのメリットがあります。

  • 東京海上日動に特化した面接対策ができる
  • 履歴書や職務経歴書の書類添削が受けられる

全ての転職エージェントではないですが、東京海上日動ほどの大手企業であれば、特化した面接対策を受けることができます。

東京海上日動の面接対策

東京海上日動の面接通過率を上げるためには、過去の面接で聞かれた質問のパターンを把握して、スムーズに説明できるようにしておくことが重要です。以下「転職会議」より抜粋した東京海上日動の過去の質問です。

  • どんな時にモチベーションが上がりますか
  • 人生のターニングポイント3つ
  • あなたの幼少期に頑張ったこと
  • 挫折をどう乗り越えたか
  • 友人や家族との関わり方
  • 学生時代の親友の数
  • 親友から見た私の長所・短所
  • 周りの人にあなたのことを聞いたらなんというと思うか
  • ストレス体制はあるか
  • 小学校・中学校・高校ではどんなポジションだったか
  • 周囲の人が思う、自分の短所と長所を5つずつ

面接で問われる質問の特徴としては、過去の経験・周囲からの評価に関して聞かれることが多いようです。そのため面接準備の際に自分の過去を振り返って、整理したうえで東京海上日動の仕事にどのようにつなげていくかまとめておくことが重要です。

現職での実績を整理しておく

中途採用である以上、いかに即戦力であることが求められる。特に東京海上日動は人気企業であり、応募してくる人もレベルが非常に高いことが予想されます。そのため、いかに自分が東京海上日動で即戦力になれるか、採用担当者に理解してもらうことが重要です。具体的には現職での自分が積み上げてきた実績・プロセスを整理します。その上でその実績とプロセスが、東京海上日動の仕事の中でどう活かしていけるのか説明できるようにしておくことが重要です。

東京海上日動の商品情報を理解しておく

選考を受ける上で、東京海上日動の商品情報の理解を深めておくことは重要です。東京海上日動の商品には主に、以下の6つあります。

  • 自動車の保険:自動車総合賠償保険・ちょいのり保険
  • 超保険:トータルアシスト超保険
  • 住まいの保険:トータルアシスト住まいの保険・地震保険
  • からだの保険:生命保険・トータルアシストからだの保険
  • 旅行・レジャーの保険:海外旅行保険・国内旅行保険リスク分散型旅行保険
  • ネットで入れる保険:地震に備える保険・eサイクル保険・eゴルファー保険

これらの商品に関してそれぞれの商品情報の特徴・どのような場合に適切なのか勉強して面接で聞かれた際に説明できるようにしておくことが重要です。

東京海上日動転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

東京海上日動転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

東京海上日動転職を目指す上でおすすめの転職サイト

東京海上日動転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

東京海上日動の平均年収は1,245万円で保険業界でトップクラスの水準です。役職を上げることで年収水準が上がっており、年収を上げるためには出世していくことが必要になります。年収に関する口コミとしては、金額の高さに関しては良い口コミが多いものの、残業が多いことや災害があった際に年収が下がるなど悪い口コミも見受けられました。そんな東京海上日動の転職難易度は非常に高いです。その理由としては、平均年収が高いことと就職希望企業ランキング1位になるほど人気が高いためです。人気が高いために応募してくる人もレベルが高いため、東京海上日動に特化した面接や書類作成の対策が必要です。そのためには転職エージェントを有効活用することで、東京海上日動に特化した対策をすることが重要です。本記事を参考に東京海上日動の年収に対する理解、転職成功率を上げることにつなげていただけたら幸いです。