公開日

2022/09/26

最終更新日

【30歳転職】遅い?厳しい?高卒・資格なし・未経験OK?男性・女性別に解説

転職をしたいと考えているけれど、もう30歳。「転職できる企業があるのか」「希望の仕事につけるのか」などと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には30歳での転職はそこまで不利になるようなことはありません。場合によっては、30歳だからこそ有利になる部分というものもあるくらいです。本記事では、30歳の転職はなぜ遅くないと言えるのか。そして、転職を成功させるポイントやメリット・デメリットをご紹介します。また、30歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

・30歳の転職に不安がある
・転職活動の進め方がわからない
・企業が求める30歳とは?

このような疑問や悩みがある人は、是非参考にして下さい。

30歳で転職は全く遅くない

まず、30歳での転職は全く遅くありません。近年では、終身雇用制度も形骸化しつつあり、40代・50代でも転職する人は数多くいます。そんな中で、30歳という年齢は、まだまだ若年層の部類に入り、転職もしやすい傾向があります。20代ではなく30代になってしまうと、転職活動が不利になってしまったり、転職活動の期間が長引いてしまうのではないかと考える人が多いですが、実際はそんなことはありません。3ヶ月以内に転職先が見つかっている人も数多く存在し、実際に転職活動を始めてみて不利と感じなかった人も多いようです。しかし、どの年齢にも言えることですが、企業から求められているニーズと自分の目的の違いが大きければ大きいほど転職活動が上手くいかず不利に感じる人も出てくるでしょう。そして、30歳という年齢で求められていることや備わっていてほしい基本的なスキルがあれば、転職は決して難しくありません。また、20代前半と比べると確かに可能性としては劣りますが、30代なら十分にポテンシャル採用をしてもらえる可能性もあるでしょう。

転職する上で有利になる資格

その企業がなにか専門的なスキルや経験が必要な場合、関連した資格を保有していると有利になりますが、資格よりも重要なものは個人のスキルや実務経験です。当然、建築現場での施工管理士や給食での栄養士のように、保有していれば有利になる資格や持っていなければならない資格はあるでしょう。しかし、資格を取ったは良いけれど別の職種についてしまったため、実力を発揮する場面がなかったなどということも十分にあり得ます。それに、資格を取得したものの実務で生かせなければ、ただの資格保有者で終わってしまうことも少なくありません。そんなときに資格よりも転職活動で有利になるのがスキルや実務経験です。具体的には、マネジメント能力や課題に対して取り組む姿勢・問題解決力などが挙げられます。他にも、資格は持っていないけれどプログラミングができたり、語学力があったりするのは転職で有利となるポイントでしょう。

30歳で転職するメリット

30歳での転職は不利になることが多いと思う人もいますが、実は多くのメリットもあります。そのメリットとは、以下の通りです。

転職先でのミスマッチが減る

30歳ともなると、それなりの社会人経験があるため、自分に合っている仕事を理解していることでしょう。転職経験のある人であれば、いくつかの企業をわたり歩いていることになります。そのため、明らかに自分に合っていない仕事を選んでしまい、大きなミスマッチとなる可能性は比較的低いと思われます。20代後半でもミスマッチを減らすポイントを押さえている人は一定数いますが、30歳にもなるとより一層後々のことを考えて慎重に行動するようになります。この慎重な行動もミスマッチを減らすポイントとなるでしょう。

即戦力として働きやすい

30歳ともなると、社会人としての経験をそれなりに積んでおり、基本的なビジネスマナーや仕事の進め方などを理解しているため、いきなり業務の説明から入ることもできます。これは年齢的に即戦力として働けるというアピールにもなり、求職者にとってもメリットがありますが、企業側としても基本的なビジネスマナーから教えなくて良いと いうのは、無駄な人件費も使わずコスパが良いと言えるでしょう。

同じ職種に転職する場合、年収アップも見込める

同じ職種に転職する場合は、そのスキルや経験を生かしたり面接時にアピールすることにより、スタートの段階から現職よりも年収が上がる可能性があります。もちろん現職よりも小さな会社に就職してしまった場合は、年収が下がる可能性もあるでしょう。しかし、たとえ現職よりも小さな会社に就職してしまった場合でも、今より役職が上になるようなポジションに就くことができれば、年収が上がる可能性は十分あります。また、現職よりも同規模以上の企業に就職するのであれば、役職がたとえ下がっても年収が上がる可能性は十分にあるでしょう。そして、能力やスキルをアピールしていくことで、役職がついたころにはもっと多くの年収をもらえることもあり得ます。

30歳で転職するデメリット

30歳での転職には様々なメリットがありましたが、当然、デメリットもあります。そのデメリットは以下の通りです。

ローンが組みにくくなる可能性がある

今働いている企業に5年や10年などいた場合、住宅ローンや車のローンなどは組みやすいでしょうが、転職をするとローンを組めない場合もあります。勤続年数が多ければ多いほど社会的信用は上がりますが、転職した場合はまた0からのスタートとなるでしょう。社会的信用という意味では弱くなってしまうため、転職してすぐのローンの予定は入れないほうが無難です。

未経験職種に転職すると年収が下がってしまう

未経験職種への転職を30歳ですると、年収が下がってしまう可能性が高いです。現職で培ってきた経験やスキル、人によっては役職などもあるでしょう。このような経験値によって上がった給料を捨てて、新しい職種に挑戦した場合、長ければ5年~10年上げ続けてきた年収を諦めるということになります。当然、未経験職種に転職をしても年収が下がらない場合もありますし、マネジメントなどのスキルは職種に関係なく生きるでしょう。そのような職種に関係ないスキルで年収を交渉してみるのも良いでしょう。

過去の実績が必要

なにか大きなプロジェクトに参加して結果を出したなどという輝かしい実績でなくて良いので、30歳という年齢に相応しいそれなりの実績がなければ企業からの採用が難しくなります。それは、企業が20歳に求めていることと30歳に求めていることが異なるからです。30歳の場合、社会人経験をそれなりに積んでいるため、問題解決や後輩の教育、多少のマネジメントに近い経験などはあったほうが良いでしょう。上記の経験は未経験職種に転職をする場合は実績としてアピールしていくことがおすすめです。また、未経験職種ではなく経験のある職種であれば、より具体的な成果やできることをアピールすべきでしょう。

ポテンシャルは20代より劣る

30代でもやる気や情熱によるポテンシャルを見てくれる企業は多くありますが、30代はポテンシャルという意味では20代よりは確実に劣ってしまいます。仮に20歳と30歳が同時に面接を受けて二人ともスキルや経験に違いがなければ、ポテンシャルの差で20歳の人が採用されるでしょう。そのため、20代には劣るポテンシャル以外のアピールもしっかりしていくことが採用に繋がります。

30歳の求職者に企業が求めること

企業が30歳に求めていることは「経験」「コスパ」「スキル」という3つの項目です。順番に解説していきます。

経験

30歳にもなると、少なくとも5年ほどは社会人経験があることになります。社会人経験の浅い20代と比べ、社会人経験が5年~10年ほどもある人は、例えば後輩に仕事の教育をしたことがあったり、先輩の立場としてコミュニケーションを取ることもあるでしょう。役職を与えられて部下を教育した経験のある人も少なくないはずです。こういった仕事をスムーズに進めていくことは社会人経験が長いからこそ出来る部分も大きいため、企業が経験値を求めて30歳を必要とすることは多いでしょう。

コスパ

例えば企業が30歳の人を雇う場合、戦力として数えられるようになるまでに新卒と同じくらいの時間がかかっていたらコスパは悪いと言えます。しかし、大半の30歳のビジネスパーソンは社会人の基本的なマナーや立ち回り方を知っている人が多いため、新卒のように一からビジネスマナーを教える必要がありません。教えることを省ける部分が多い分、具体的な業務を早くから教えられることが多いです。その結果、戦力として数えられるのも早くなりやすく、30歳の人はコスパが良いと言えるでしょう。

スキル

スキルというと専門的なものを想像する人もいると思いますが、大体の30歳の人はスキルを持っています。例えば、「10年間営業をしてきて商談等が得意」「工場で5年間製造をしてきたので工場のルールや製造工程を理解するのが得意」などです。数年間続けた仕事であればその分野に特化したなにかしらのスキルをもっていることがほとんどです。探している仕事が現職や過去に経験のある職種であれば、このようなスキルも企業にとっては立派な採用理由となります。

30歳で未経験職種への転職は可能

30歳で未経験職種への転職は十分に可能です。先ほどもお伝えしたように、30歳ならポテンシャルを考慮して採用してくれる企業も少なくありませんし、経験やスキルを生かした転職も十分に可能でしょう。社会人経験の多い人は、どのように仕事に取り組めば良いのかをわかっている人が多いです。全く違う職種であっても、仕事の根本的な部分は共通することが多く、「ビジネスマナー」「人間関係」「部下・後輩の教育」など、社会人経験が多いから出来ることも数多くあります。このようなことに加えて、自身のこれまでの実績やそれに対して取り組んできたプロセスなどを具体的に企業に伝えることにより、たとえ面接先の企業に関係のない職種でも企業はその経験値や仕事への姿勢を評価してくれることも十分あるでしょう。ただし、20代と比べて未経験職種への挑戦が難しくなるところもあります。ポテンシャル採用の大手企業や、20代までしか募集していない仕事は諦めたほうが良いでしょう。しかし、どの職種でもポテンシャル重視の採用を行っている時もあれば即戦力を募集している時もありますので、「この職種は30歳ではだめだ」と諦める必要はありません。

転職を成功させるポイント

30歳で転職を成功させるポイントはいくつかありますが、一番大切なのは企業に求められている人材要件に当てはまっているかどうかです。企業が30歳に求めていることは、先ほどもお伝えしたように、経験やコスパ・スキルといったものとなります。20代との違いを明らかにできなければ、わざわざ年齢の高い求職者を選ぶ必要がないため、自身が即戦力として通用することをアピールすることが大切です。仮に未経験職種であっても、1から教える必要がない分、即戦力になるまでは時間がかからないため、前職での仕事への取り組み方を面接官に伝えていきましょう。そして、転職回数が多い人の場合、必ずと言っていいほど転職理由を聞かれます。このような転職理由を聞かれた場合に、伝え方でマイナスにならないようにしましょう。また面接でマイナスな印象を与えない方法ですが、前提条件として、退職理由を聞かれた時に注意すべきことは

・嘘を言わない
・不平不満で終わらない

ということです。では、どのような回答をすれば良いのかを「お金」「人間関係」「やりたいこと」でご紹介します。

お金

今の給料に満足していなくて退職を決めた場合、面接官に「給料が低いから辞めた」と回答すると、不平不満に聞こえたりスキルがないからではないかと思われる可能性があります。このような時は、その先の部分を志望する企業との関連性から話すようにしましょう。「御社は実力主義で正当な評価をしてもらえると思いました」などといった、給料を上げるための努力や結果を自分は残してきたけれど、成果として現れなかったというような伝え方が良いでしょう。

人間関係

「上司からパワハラを受けていた」「周りと打ち解けられなかった」こういった内容をそのまま伝えると、コミュニケーション能力のない人だと思われる可能性があります。このような場合で転職したい人の例としては、「もくもくと仕事をこなすだけの社風が出来上がっており、それにより意思疏通がスムーズに行えませんでした」「御社の説明をみて、従業員が互いに協力しあって成長していける会社だと思いました」などといった、面接先の企業の人間関係に対して良い印象を持っていることを伝えたほうが良いでしょう。

やりたいこと

「僕が本当にやりたいのは御社のような仕事です」「やりたいものが変わりました」「スキルアップが今の会社では出来ないと思いました」こういった回答は、一見するとやる気があるようにも見えますが、同じようなことを言って次の会社も辞めるのではないかと思われる可能性があります。やる気をアピールする場合の例としては、「実は昔から御社のような仕事がしたかったのですが、当時はスキル不足を感じていたため応募出来ませんでした」「今の会社では、自分のスキルアップが会社貢献に反映しておらず、スキルアップをそのまま会社に還元できるようなところで働きたいと思っています」など、スキルアップした結果どうしたいのかを明確に伝えるのが良いでしょう。いずれにしても退職理由を伝える場合は、今後のキャリアをしっかり考えた上で今回の転職活動をしている旨を伝えることが大切です。

30歳転職の年収相場

30代前半の平均年収は400万ほどです。一般的には、転職をする場合に未経験職種を選択した場合は年収が下がりやすく、経験のある職種を選んだ場合には年収が上がりやすい傾向があります。ただし、経験のある職種で特になにも考えずとも年収があがる可能性は十分ありますが、なにもせずに企業の提案した年収をそのまま受け入れてしまうのは得策とは言えません。自身のキャリアに合った高年収の求人を探すか、年収交渉を企業にしてみるのも良いでしょう。以下で、年収交渉をする場合と高年収の求人を探す場合についてご紹介します。

年収交渉をする場合

ちなみに求人票に書いてある年収をそのまま受け入れてしまう人が多いですが、入社前であれば年収交渉ができることをご存じでしょうか?年収交渉はどの企業に対しても基本的に行うことができるので、年収をもっと上げたい場合は積極的に交渉することをおすすめします。年収交渉の方法としては以下のようなポイントが大事になるので参考にして下さい。

自分の市場価値を理解し、企業へどれだけ貢献できるかを考える

自分の市場価値を理解することと企業が求めている仕事への貢献内容を理解することは大切です。企業分析をしっかり行い、どんな業務を主に行っているのか、どんなスキルが必要なのかを理解するようにしましょう。その上で、自分にはどんな能力やスキルがあるのかを再認識することが大切です。

年収交渉をしたい旨を伝えておく

年収交渉は内定が決まる前には行わず、必ず内定が決まってからにしましょう。内定前に交渉をもちかけると、まだ受かってもいないのに、と面接官から悪い印象を受ける場合もあります。当然内定後も言い方1つで悪い印象にはなってしまいますが、そこは自分の市場価値をしっかり理解して話を進めていけば、少なくとも印象が悪くなることは少ないでしょう。

交渉した年収に見合うことを伝える

最終的に企業のニーズと自身の市場価値から、提案した年収に見合っていることを伝えるようにしましょう。企業の分析と自分の市場価値を理解した上で、自分なら御社に対してどのような貢献ができるのか、今までの実績からどんなことを期待できるのかなどを具体的に話せると良いです。スキルや実績、実務経験のアピールによって企業に提案した年収以上の働きをしてくれるという判断をしてもらえれば、年収が上がる可能性は格段に上がります。

高年収の求人を探す場合

とにかく年収を上げたいのであれば、今よりも年収の高い求人に注力して探すことがおすすめです。転職をする場合に、今の仕事との比較をする観点は数多くあるでしょう。

・勤務地
・休日
・残業
・福利厚生

人によって仕事をする上で優先する優先順位は異なります。ただ、年収を上げるために転職を考えているのであれば、優先順位の1番最初に「年収」がこなければなりません。その上で、次に譲れないものなど順番をつけていき、ある程度満足のできる企業を探すのが良いでしょう。年収も上がり、その他も全てが今より好条件になるということは稀です。そのため基本的には今より悪くなる部分もあるものの年収のために受け入れられるポイントというものをしっかり見極めて、ここなら働けると思った企業に応募してみましょう。

未経験職種への転職

一般的には、30歳が未経験職種に転職をする場合、年収が下がってしまう可能性が高いです。それは、今までに培ってきた年数や経験、スキルなどにより積み上げてきた年収が白紙に戻されてしまうからです。しかし、未経験職種に転職するからといっても必ずしも年収が下がるわけでもありませんし、年収の下がり幅を少なくすることも可能でしょう。具体的には、年収交渉をしたり職務経歴書などでアピールをしておくことです。以下で、年収交渉と職務経歴書のアピール方法についてご紹介します。

年収交渉

未経験職種への転職の際にアピールすべきはポータブルスキルです。ポータブルスキルとは、業界や職種に関わらず仕事が変わっても共通して使える能力のことです。思考力や協調性、リーダーシップなどがこのポータブルスキルにあてはまります。このような職種に関係なく使えるスキルというのは、30歳であれば少なからず発揮したこともあるのではないでしょうか。

・部下や後輩に指示を出したり業務を教える
・チーム一丸となってプロジェクトに向き合った

上記のような経験は、未経験職種であっても様々な企業で生かすことができる立派なアピールポイントです。そのため、年収交渉をする際は未経験でもこのようなポータブルスキルを具体的にアピールして、企業に貢献できることを伝えると良いでしょう。

職務経歴書

職務経歴書に大きな実績以外を載せるのに抵抗を感じる人がいますが、小さな実績でも積極的に記載していくようにしましょう。例えば、他部署との連携を積極的に図ったなどです。小さなもので書きにくい場合は、一緒にそこで学んだことなどを書くのも良いです。実績自体も当然評価の基準にはなりますが、その実績に対して行った行動や考え方、行動に至るまでの経緯などから評価をもらえるポイントも、たくさんあるでしょう。そのため、些細な実績でも積極的に記載することをおすすめします。

30歳転職で気を付けるポイント

「今の仕事を辞めたいから」「新しい仕事に就きたいから」といった理由でなにも考えずに現職を退職してしまうのは良くないです。現職を退職する前に必ず準備しておいたほうが良いことや考えておいたほうが良いことがあります。以下に事前に行うべきことをご紹介します。

転職の目的を明確にする

なぜ自分が転職するのかという目的を明確にしておくことは非常に重要です。目的を明確にしておかないと仕事を探す上で正解がわからなくなり、ミスマッチな企業に転職してしまう可能性が高まるからです。現職を辞めたいからなのか、スキルアップを目指しているからなのかによっても最適な転職先は異なるでしょう。会社を辞めたい場合はその理由についても深掘りをする必要がありますし、スキルアップを狙っている場合は企業の事前分析も必要です。転職で失敗をしないために、やみくもに仕事を探さず、あらためて目的を明確にするようにしましょう。

転職先を決めてから退職を伝える

新しい仕事が見つかる前に、現職に退職の旨を伝えてしまうことは非常にリスクが大きいです。退職を伝えたものの再就職先が中々見つからない場合、無職期間ができてしまいます。無職になった場合、退職金や失業保険に頼ろうと考える人もいますが、それはおすすめできません。20代や30代ですと、貰える退職金は何ヵ月もまかなえるような金額ではありませんし、失業保険は自己都合の退職の場合、退職後3ヶ月経ってからでしか貰えないのです。それに、保険料や年金などは継続して払い続けなければいけないため、金銭的なマイナスがかなり大きくなってしまいます。貯金がなくなってしまったり、生活ができなくなってしまうようなことがないよう、次の仕事をしっかり決めてから現職を退職するようにしましょう。

転職に適した時期を把握する

中途で転職をする場合、3月~4月、9月~10月が最も就職するのに適した時期だと言われています。この時期を把握せずに求人をやみくもにみていても、希望の案件が見つからなかったり、場合によってはそもそも希望職種の求人数が少ないこともあるでしょう。毎日求人をチェックしても中々希望の案件が見つからないと、探すこと自体がイヤになり、求人を探すモチベーションが下がってしまうこともあります。モチベーションが下がってしまうと、肝心な時期に丁寧に求人を探せなかったり、投げやりになってミスマッチな求人に応募してしまうこともあるでしょう。転職活動を進める上では、案件の多い時期をあらかじめ把握しておく必要があります。

30歳で転職をする方法

30歳の転職には、転職エージェントの利用がおすすめです。30歳ともなると仕事で忙しいことも多く、なかなか時間を作れない人も多いでしょう。場合によっては毎日遅くまで残業なんてことも少なくないのではないでしょうか。時間がない場合は、転職サイトで一つひとつ求人を見ていくよりも、転職エージェントでキャリアアドバイザーによるサポートを受けたほうが転職活動は遥かに楽になります。更に、利用する転職エージェントによってはスカウトにより年収を大幅に上げられる可能性があるものや業界特化のものがあるため、自身の希望に合わせて選ぶことができるでしょう。他にも、転職エージェントのアドバイザーのサポートを受けることにより様々なメリットを得ることができます。例えば、自分では伝えにくい年収の交渉やあまり得意ではない履歴書や職務経歴書の添削・面接対策など様々です。スムーズに転職活動を進めたいという人は、一度検討してみると良いでしょう。

30歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

30歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

30歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

30歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

30歳転職に関するQ&A

30歳転職に関するQ&Aは以下の通り。

30歳で仕事ができない。どうすればよい?

目の前の仕事に懸命に取り組むことで周囲から評価を得られるように努力しましょう。ただ、状況によっては、うまくいかない場合もあります。必要に応じて、転職活動を進めることも考えましょう。

30歳で初めての転職は遅い?厳しい?

全く遅くありません。むしろ、30歳の求職者は即戦力として企業側の採用ニーズも非常に高いです。

30歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

30歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

30歳から未経験の仕事を新たに始めることは可能?

可能ですが、30代になると、未経験の仕事へのチャレンジは徐々に難しくなります。未経験の仕事にキャリアチェンジするなら、できるだけ20代のうちに済ませておきましょう。

30歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。いきなり年収アップしなくとも社内で活躍すれば年収は上がっていくものです。年収アップにこだわるあまり、良い転職機会を逃さないように注意しましょう。

30歳フリーターで正社員転職は可能?

30歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス

※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

30歳から公務員転職は目指せる?

もちろん可能です。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

30歳で異業種転職は可能?

30歳で異業種転職は可能です。30代になると、徐々に異業種転職がしにくくなります。異業種転職を目指すなら、20代のうちにしておきましょう。

30歳女性でも転職できる?

もちろん可能です。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、必要に応じて、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

30歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

30歳子持ちで転職は可能?

30歳子持ちで転職する場合、働き方に制約のない人材との競争になるので、普通に転職活動を行うと上手くいかない場合が多いです。プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いつつ、正社員転職がしやすい業界や職種を選ぶことで、28歳子持ちでも転職できる可能性が高まります。

30歳で仕事がない場合はどうしたら良い?

まずは契約社員からで良いので、なんとかして仕事を見つけるべく行動を開始しましょう。契約社員でも実力が認められれば、契約社員から正社員にステップアップできる場合もあります。

30歳転職は厳しい?

企業にとって即戦力である20歳はむしろ最も転職しやすい時期と言えます。独力で転職活動を進めるのが不安なら、必要に応じて、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

30歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

最後に

30歳の転職は、人生の分岐点ともなるため、悩む人や消極的になってしまう人は多いでしょう。しかし、少しでも転職を考えたということはなにかしらの不満や悩みが今の仕事にあるのではないでしょうか。そんな不満や悩みをこれから30年以上も持ったまま続けていくというのは、とても大変なことです。冒頭でもお話したように、30歳での転職は決して遅くありません。そのため、自分のスキルをもっと生かしたい人や今の会社に不満・不安のある人は、まずは一歩転職活動に踏み出してみてはどうでしょう。

Photo by Estée Janssens on Unsplash