公開日

2022/09/26

最終更新日

【転職エージェント仕事きつい】キャリアアドバイザーは激務?つらい?内情を解説!

・転職エージェントって華やかなイメージがある
・求職者を転職に導いていてかっこいい
・でも実際のところやっぱり仕事は大変なのかな

求職者目線ではわかりにくいですが、転職エージェントの実体験などを聞くと、しんどい部分が多かったり、つらいところも多いようです。本記事では、転職エージェントのきついところやつらい内情をご紹介します。この記事を読むことで、転職エージェントに自分が向いているのかがわかるでしょう。転職エージェントに転職したい人や興味のある人は是非参考にして下さい。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

           
    リクルートエージェント

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    doda

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

転職エージェントの仕事は本当にきついのか

転職エージェントといえば、求職者を何十人も担当して、毎日忙しくサポートをしているイメージがありますよね。ここでは、実際に転職エージェントの仕事はキツいのかについて解説します。転職エージェントがきついと言われる理由には、以下のようなことがあります。

・残業時間が長い
・業務の量が多い
・責任が重たい
・ノルマが厳しい

順番に解説します。

残業時間が長い

転職エージェントも会社員のため、出勤は朝の9時や10時が大半です。しかし、転職エージェントは求職者のサポートや面談をすることが主な仕事となるため、求職者の仕事が終わったあとの19時過ぎなどにサポートをすることも少なくありません。そうなると、必然的に残業が確定となってしまいます。求職者に合わせた時間で動かないといけないという一面がある分、どうしても残業が多くなってしまうでしょう。また、求職者の急なお願いやトラブルによる突発的に残業になることも少なくありません。定時で帰れることはほぼないと考えておいたほうが良いです。さらに大変なのは、休みの日でも関係ないというところです。求職者の都合上どうしても転職エージェントの担当が休みの時でも対応せざるを得ません。そうなると、休みと仕事の境目もなくなり、精神的に疲れてしまうことも多いです。

業務の量が多い

転職エージェントの仕事量は非常に多いです。求職者のサポートだけでもメールのやりとりや面談の日程調整、新規の対応など様々です。また、転職エージェントによって対応する求職者の人数は異なりますが、多いところでは30名~50名ほどを1人で担当することもあります。求職者の動きによって予定していた仕事が円滑に進まないことも多いため、仕事は後手後手になり溜まってしまうこともあるでしょう。また、求職者とやりとりをするだけが転職エージェントの仕事ではありません。当然、事務仕事もあります。このように様々な仕事が重なるため業務が多いと感じるでしょう。

責任が重たい

キャリアアドバイザーが行っている仕事は、求職者の人生を大きく左右するかもしれない決断のサポートです。そのため、生半可な気持ちでサポートをしていては求職者を不幸にしてしまったり、失敗に導いてしまったりすることもあるでしょう。常に責任感をもって、正しい情報を入手して求職者にヒアリングする必要があります。責任感というのは仕事を続けていく上で段々と身についてくるものですが、転職エージェントは1人でやらせるタイミングが早いです。そのため、慣れるまでのうちは責任感や重圧が重くのしかかります。

ノルマが厳しい

キャリアアドバイザーの仕事は営業職のようなもので、ノルマがあります。そのノルマとは、求職者を企業に内定させた数字で達成されます。しかし、中にはノルマが達成できなかったり、ギリギリのキャリアアドバイザーも当然ながらいます。そのため、本当はあってはならないことですが、求職者に強引に内定を進めたり、インセンティブの高い企業にいれようとするキャリアアドバイザーも少なくありません。

キャリアアドバイザーがすぐに辞めてしまう理由

キャリアアドバイザーは、同じ転職エージェントに長くいることがあまりなく、数年ごとに転職するケースが非常に多いです。転職エージェントの規模や待遇、業務内容などはどの転職エージェントに転職するかによって様々です。そのため、色々な転職エージェントで自身の経験を積んでキャリアアップしたいと考えるキャリアアドバイザーが多いのです。前向きな気持ちでやりがいをもって転職をする人が大半で、自分に転職エージェントが合っていなくて辞めてしまうという人は少ないでしょう。しかし、当然ながら向き不向きはあるため、ミスマッチを感じて退職してしまう人がいることも事実だということは覚えておきましょう。

転職エージェントに向いている人の特徴

転職エージェントは大変な仕事のため、どうしても向き不向きが出てしまいます。ここでは、どんな人が転職エージェントに向いているのかをご紹介します。

・人からよく頼られる人
・気持ちの切り替えが早い人
・柔軟な対応ができる人
・働くことが好きな人

順番に解説します。

人からよく頼られる人

求職者の多くは転職に対して不安や悩みをもって転職エージェントを利用します。たまり、誰かに頼りたいという気持ちの人が多いのです。もしもあなたがよく人から頼られるような性格なら、転職エージェントの仕事に向いているでしょう。履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、企業との交渉など頼られる場面は多くあります。そのような状況で丁寧に求職者の支援ができる人は転職エージェントに向いています。

気持ちの切り替えが早い人

キャリアアドバイザーは、見方によっては企業と求職者から板挟みにあっている状態です。横暴な求職者や企業も当然いますし、発言に対してイライラすることも多いでしょう。そんななか、ほかの仕事に支障がでないように上手く気持ちの切り替えができる人は転職エージェントの仕事に向いています。理不尽な意見や態度、企業と求職者の板挟みにも負けない強い精神力もキャリアアドバイザーには必要となります。

柔軟な対応ができる人

キャリアアドバイザーは常に様々な人から振り回される仕事です。求職者の時間に合わせた動きをしたり、急な対応に追われたりすることもあります。企業から急ぎの以来がくることもあるでしょう。それに加えて自身の業務もあるため時間の配分が非常に難しい仕事です。しかし、そんな難しい仕事を柔軟に対応してこなすことができるような人は転職エージェントに向いていると言えます。日々の調整をこまめにおこないながら、漏れがないよう調整していくことで身の周りの仕事全体が円滑に進むでしょう。

働くことが好きな人

先程もお伝えしたように、転職エージェントの仕事は基本的に激務だと思ったほうが良いです。しかし、バタバタと働いていることが好きな人や、同じ事を繰り返すだけの仕事では嫌な人にとっては、転職エージェントは最高の仕事だと言えます。常に時間に追われた状態でも仕事を楽しむことができるようなやる気に溢れた人は、ぜひ転職エージェントへの転職を検討してみましょう。

転職エージェントに向いていない人の特徴

転職エージェントの仕事に向いている人がいる反面、どうしても不向きな人もいます。それは、以下のような人です。

・人と関わるのが苦手
・時間配分が苦手
・気持ちの切り替えが遅い
・一度に多くのことを処理できない

順番に解説します。

人と関わるのが苦手

人と関わるのが苦手な人は、転職エージェントには向いていません。転職エージェントの仕事では、主に電話やメールが多くなり、対面で話すことはそこまでありませんが、人と関わるのが苦手な人というのは、苦手というのがどうしても全面に出てしまいます。そうなると、求職者側からしてもてんしょくかつどうがしにくく、最悪の場合担当を変えられてしまうこともあるでしょう。転職エージェントになるためには、最低限質問にスムーズに答えられたり相手の立場に立って考えられたりすることが必要です。

時間配分が苦手

時間配分が苦手な人も、転職エージェントには向いていません。転職エージェントでは様々な仕事が順次舞い込んでくるため、それをしっかり計算してこなしていかなければなりません。しかし、時間配分が苦手な人はどうしても自分の頭のなかで仕事を割り振ることができません。このような人の場合は対応策として、常に余力の時間を作ることと、予定を紙に書き出して目で見てわかるようにすることが大切です。

気持ちの切り替えが遅い

気持ちの切り替えが遅い人は、どんどんストレスが溜まってしまい仕事どころではなくなってしまいます。転職エージェントはある意味ストレスとの戦いです。企業からのストレス、求職者からのストレス、自分の会社からのストレスなど、どこからでもストレスはやってきます。そして、なかには理不尽なことも非常に多いでしょう。そんななか、「しょうがない」「まぁ、いいか」などのようにフラットな気持ちで引きずらないことができなければ、心身ともにもたなくなってしまいます。

一度に多くのことを処理できない

転職エージェントの仕事は、仕事の上に仕事が上乗せされるような時間割りも頻繁にあります。そのため、1つの仕事を終えたらすぐに次の仕事に移ったり、他の仕事をしながらもうひとつ仕事をこなさないといけない場面もあります。しかし、これは思っているほど簡単にできるものではありません。一度に複数のことを頭のなかで処理する能力が必要となります。そのため、一度に複数のことを考えるのが苦手な人や、終わったらすぐに次の仕事に切り替えられない人には難しい仕事でしょう。

そもそも転職エージェントはなにをするのか

転職エージェントのメインの仕事は、求職者と企業をマッチングさせるというものです。では、具体的にどのような流れで仕事をしていくのかをご紹介します。

面談

転職エージェントに求職者が登録をすると、まずは面談をおこないます。面談内容では、以下のようなことをヒアリングします。

・転職理由
・希望の職種や業界、仕事内容
・今までの経歴や経験
・現在の年収と希望年収
・転職状況
・その他の希望条件

以上のような内容を面談で聞いていきますが、キャリアアドバイザーの性格や求職者の適正によってどのような部分を重点的に聞くのかは異なります。相手の年齢や転職に対する意欲などによって、その場で紹介するような求人も多岐にわたります。

求人紹介

面談のなかである程度求職者の転職に対する方向性が見えてきたら、求人紹介をおこないます。求人案内では希望に合った求人を紹介することももちろん大切ですが、求職者の気付いていない適正な仕事などを理由を添えて紹介することで、新しい気付きを与えることもできるのです。また、自分の適正がわかることにより求職者は新たな挑戦をすることもできます。

履歴書・職務経歴書の添削

企業の応募には必ず職務経歴書や履歴書が必要になります。基本的には企業が決まっていない段階でも職務経歴書や履歴書の作成をおこなってもらい、内容を確認します。確認した上で、どのような経歴があるのかを再チェックし、その上で添削をおこなうのです。添削でおこなうことは、おかしなところを修正するのはもちろんですが、求職者の強みを書類上から導きだしてあげるのもキャリアアドバイザーの立派な仕事です。特に職務経歴書では求職者は上手く強みを書ききれません。そのため、面談の内容や書類確認の際に話を交えながら加えたほうが良い強みを引き出すのです。他にも、初歩的なミスなどについてもキャリアアドバイザーが細かくチェックをして完成度の高いものを作成できるようにしなければなりません。

面接対策

実際に求職者が応募を済ませたら、面接対策をおこないます。面接対策では主に以下のような内容をポイントとしておこないます。

・自己紹介
・転職理由
・志望動機
・キャリアプラン
・自身の強みや弱み

基本的な面接対策はもちろんのことですが、求職者の苦手な部分があれば、何度でも重点的におこないます。また、企業ごとの質問内容や面接内容を把握しておくこともキャリアアドバイザーに必要な仕事です。企業ごとの過去の質問内容や傾向を把握しておくことで、よりリアルな対策を求職者に提供することができます。転職エージェントによっては、キャリアアドバイザーがみずから企業に出向き、社風や職場環境を監査することもあります。

年収交渉

年収交渉もキャリアアドバイザーが求職者にかわりおこないます。当然年収交渉は求職者が年収を上げてほしいと言ってきた場合にのみおこなうものです。求職者からは直接伝えづらい部分があるので、転職が決まる前にキャリアアドバイザーがおこなうのですが、ここでひとつ注意点があります。それは、年収交渉が成功した場合に求職者が必ず転職をするという約束をしておくことです。この約束をしておかない場合に、もしも年収交渉が成功したのに求職者が転職を辞退した場合、年収交渉に応じた企業側はいい気がしません。最悪の場合転職エージェント側が大きく信用を失うこともあるでしょう。

入社日の調整

入社日の調整も、求職者から希望があればキャリアアドバイザーがおこないます。求職者のなかには、退職がスムーズにできずに入社が予定よりも遅れてしまったりなかなか大食の目処がたたなかったりすることがあります。そのような場合に、自身からは言いにくい入社日の段取りを、なぜ遅れているのかの理由も一緒に伝えるのもキャリアアドバイザーにとって大切な仕事です。また、どうしても退職がスムーズにいかない場合は、退職代行の手配や打診をしなければいけない場合もあるでしょう。

転職エージェントに入社する方法とポイント

転職エージェントに入社するためには、転職エージェントに登録をして、キャリアアドバイザーに転職エージェントに転職したいことを伝えるのが一番手っ取り早いです。キャリアアドバイザー自体は、基本的に未経験でもなることが可能です。必要になってくるのは適正であり、経験は不要というわけです。では、一体どのような適正が必要なのかをご紹介します。

営業としての経験があるかどうか

転職エージェントの仕事は営業としての内容が多くあります。企業や求職者とのやりとりはもちろんですが、成果達成のために数字に貪欲になる必要もあります。そのため、過去に営業などの経験があり、数字に関して何かしらアクションを起こしたことがある人のほうが転職エージェントには向いています。また、企業とのやりとりがあるのも営業としての一面です。企業側が気持ちよく提携できるように希望に沿った求職者を紹介したり、期限までに人の紹介をしたりすることも必要となります。

キャリアコンサルタントの資格

営業経験がなくても、キャリアコンサルタントの資格というものが存在します。キャリアコンサルタントの資格というのは、国会資格であり、転職者の職業選択や職業生活、職業能力の向上におけるアドバイスをおこなうことができるのです。この資格をもっていることにより、転職エージェントへの転職が有利になるだけでなく、求職者からの信頼を得ることもできるためおすすめです。また、転職エージェントを利用して転職エージェントになりたい場合は、なるべく転職したい転職エージェントでサポートを受けることがおすすめです。非公開求人の中に自社の案件が入っている可能性もありますし、担当してくれるキャリアアドバイザーも将来一緒に働くかもしれない可能性があるため、より親身にサポートしてくれる可能性が高いです。そして、転職エージェントになりたい場合はしっかりと志望動機も考えておきましょう。転職する側ではなく転職をサポートする側にまわるわけですから、それなりにしっかりとした理由が必要です。なぜ求職者のサポートをしたいと思ったのか、自分の活かせるスキルはなんなのかを明確にし、アピールできるようにしましょう。

【最新版】おすすめの転職エージェント

上記を踏まえ、おすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

【最新版】おすすめの転職サイト

さらに、おすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

転職エージェントは、激務も多く大変な一面が多くある職業です。しかし、転職エージェントを仕事としておこなった人の多くは、やりがいをもちスキルアップやキャリアアップするために頑張っています。離職率は高いといっても、同じ転職エージェントへの転職のため、実際のところは離職率が低いといっても良いでしょう。もしもあなたが求職者側ではなく転職エージェント側になりたいのであれば、自分は果たして向いているのか、そして、どんなことを求職者の人に提供できるのかを考えることが大切です。先ほどもお伝えしましたが転職エージェントでは求職者の人生を左右するかもしれない決断をサポートしなくてはいけません。そのため、生半可な気持ちでおこなっては求職者も困ってしまいますし、最悪の場合転職で大きな失敗もしてしまうでしょう。そうならないためにも、責任感をもち、目標に向かって頑張っていける人材が必要とされます。

Photo by Sigmund on Unsplash