公開日

2022/09/26

最終更新日

【29歳転職】遅い?初めての転職は難しい?厳しい?2・3回目・高卒・資格・スキルなしは?男女別に解説

この記事を読んでいる方は「29歳の転職は年齢的に遅いのかな?」と不安を抱えていたり、「30代になる前に何とか転職をしたい」という願望を持っている方もいると思います。結論から言うと、29歳での転職は決して遅くありません。問題なく転職することは可能です。30歳になると転職の難易度は高くなるため、29歳での転職はある意味ではベストタイミングと言えます。それでは29歳で転職するメリットをみていきましょう。また、29歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【29歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

29歳で転職するメリット

29歳で転職するメリットは以下の通り。

未経験・異業種への転職が可能

未経験で異業種への転職を検討している場合、20代であることが圧倒的に有利になります。若さや柔軟性を生かしたポテンシャル採用が可能だからです。30歳を超えると未経験者で応募できる求人数は減ってしまいます。実際に「未経験者は30歳未満」と年齢制限をしている企業も少なくありません。29歳は異業種への転職が可能な最後の年齢とも言えるので、積極的にチャレンジしていきましょう。

ポテンシャルを期待してもらえる

29歳は高卒でも大卒でも社会人を5年以上経験しています。そのため20代前半の転職者と比較しても、経験豊富であり、新人教育などを担当した方もいるかもしれません。30代になると、マネジメント業務を任される機会も多いため、即戦力として期待され、キャリアアップを狙うことができます。特に同業種、同職種への転職には、専門的な技術や経験が備わっているため、成功すれば現在よりも年収が上がることもあると思います。

転職先の業務が合っていれば、大きく成長できる可能性がある

現在の職場での業務しか経験していない場合、自分の適性と合っているか判断が難しいこともあります。そんな方が全く違う内容の業務を始め、適性に合っていた時に大きく成長することもあるでしょう。29歳で現在の職場の業務に合っていないかもしれないと感じている方は、短期間ではなく何年か経験をした上で合っていないと判断されていると思います。その場合、転職することも視野に入れていきましょう。

Uターン転職も可能

Uターン転職の「Uターン」とは都市部に移り住んで働いている人が、生まれ育った故郷に帰って働くことを表した言葉です。かつては老後にUターン転職をする人が多かったため、20代でUターン転職は早いと不安に感じる人も多いかもしれません。しかし現在は、働き方改革により在宅勤務を導入する企業やリモート可能な職種も増えつつあります。大学進学や大手企業への就職などで都市部に移ったものの、家族や自身の将来を考えて「地元で働きたい」を29歳で実現させるのも良いかもしれません。

転職先の社風に染まりやすい

中途採用によって人材を入社させる時の懸念材料の1つとして、その人材が前職の文化や考え方を強く受け継いでいることがあります。どの企業も大切にしている理念や考え方がありますが、各企業ではそれを組織全体で共有することによって、全社員が同じ方向を向くことができ、より大きなパフォーマンスを生み出すことができると考えられます。そのため、それに準じた思考やスタンスを持っていない人材が一人でもいると、その組織をスムーズに運営することが難しくなってしまいます。特に違う企業で長く勤めた方が、転職先の社風と合わないなんて話はよくあることです。その点、20代であれば前職の社風に染まっていないため、新たな文化を受け入れやすいでしょう。

29歳で転職するメリットを5つ見てきました。29歳は20代でまだ若いため、未経験の職種にチャレンジすることができるのは大きなメリットです。これからのポテンシャルに期待して採用してもらうことができ、まだ前職の経験もそれほど長くないため、新しい職場の雰囲気にも馴染みやすいこともメリットになります。これが30代になってしまうと、未経験の職種に転職したくても募集自体がないのがほとんどでしょう。29歳と30歳とでは1年しか違わないですが、転職を検討している方は29歳の方がメリットを大きく生かすことができます。

それでは次にデメリットについても確認していきましょう。

29歳で転職するデメリット

29歳で転職するデメリットは以下の通り。

今まで経験したことがリセットされる

29歳の場合、新卒で入社し5年以上の経験があります。専門的な業種や職種を経験していた方が違う業種や職種へ転職した時に、せっかく積み上げた経験がリセットされてしまうことになるでしょう。専門的なスキルを身につけるには、短期ではなく中長期の経験が必要になります。その経験をリセットしてまで転職をしたいか、考えておくべきと言えるでしょう。

年収が下がる可能性がある

年収については上がることもありますが、未経験の職種への転職の場合、年収が下がることの方が多くなります。年収を優先したい時は、職種を変えない方が年収アップの可能性は高まります。転職することによって、年収ややりたいことなど何を実現したいかを明確にしておいた方が良いでしょう。

早期離職を懸念されやすい

29歳で転職活動をされている方は、前職を比較的短期間で退職しているため、当然応募先の企業からも早期退職のリスクを懸念されてしまいます。企業は人材を一人雇うことに莫大なコストをかけているので、できる限り早期退職のリスクが少ない人材を採用したいと考えているでしょう。そこで、面接では特に「なぜ前職を早期に退職したのか」という部分に質問の比重が置かれることが考えられるため、できる限り長く働きたい意思とそう考えた理由を説明できるように準備することが重要になります。

出世の機会を逃す可能性

29歳であれば専門的なスキルも身につき、経験もある程度積み上がってきた年齢になってきます。また後輩もでき、マネジメント業務を行っている方もいると思います。あと少し頑張れば出世し裁量の大きなポジションに行ける可能性があったかもしれません。ところが、転職してしまうとそのチャンスが白紙に戻されてしまいます。

実績がないと転職活動に時間がかかる

29歳は20代のためポテンシャルベースの採用は多いですが、実績が不要という訳ではないので注意が必要です。専門的なスキルや経験をアピールすることができれば良いですが、それが無い時には環境適応能力やリーダーシップなど、どこの職場でも必要とされるソフトスキルをアピールできれば良いでしょう。29歳での転職はある程度の経験も求められていることは理解しておくべきと言えるかもしれません。

29歳で転職するデメリットを5つ紹介しました。

29歳は20代前半とは違って経験やスキルのレベルも上がっているので、転職することによって積み上げてきたものがリセットされてしまうことは最大のデメリットかもしれません。今の職場でのスキルを転職先の職場で全て生かすことは難しく、その点はデメリットになります。あと少し頑張れば出世するチャンスもあり、裁量のあるポジションに行くことで現在の悩みが解決する可能性もある場合もあるため、慎重に転職を検討した方が良いでしょう。29歳での転職は、比較的短期間での退職のため、転職先の企業にも長く働いてくれる人材であるかどうかを見極めようとしてくるので、退職理由を丁寧に説明することが必要になります。また、現職での実績がなければ転職活動に時間がかかってしまいます。29歳の転職はポテンシャル採用ではあるものの、同時に経験やスキルも求められています。自分自身の強みを整理できなければスムーズに転職活動を進めることはできず、転職に失敗することも考えられるため、注意が必要です。

29歳で転職すべきケース

29歳で転職すべきケースを整理します。

新たにやりたいことができた

1つ目は、「新たにやりたいことができた」です。自分が本当にやりたいことができたならば、早めに行動に移すほうが得策です。他にやりたいことがあるのにやりたくもない仕事を続けているのでは身が入りません。そのような状態でいると、人生における貴重な時間を無駄にしてしまいます。それなら、すぐにでも転職を考えた方が良いでしょう。

今の会社で解決できない問題がある

2つ目は、「今の会社で解決できない問題がある」です。何らかの問題を抱えていて、その問題が今の会社で解決する見込みが無いのなら、早いうちに転職すべきです。また、「セクハラ・パワハラがきつい」「仕事がきつくて辛い」という場合は、担当部署を変更してもらったり、同僚に相談すれば解決する可能性があります。それでも状況が改善する見込みがなければ、転職を検討しましょう。

29歳の転職で失敗するケース

29歳の転職で失敗するケースを整理します。

年収を重視してしまう

1つ目は、「年収を重視してしまう」です。言うまでもなく、転職を考える上で年収は極めて重要な要素の一つですが、年収だけで転職先を決めてしまうと後々後悔することになります。年収だけでなく、自分にとってベストな転職先を念頭に、転職を決断しましょう。

企業/業界研究が不足している

企業/業界研究は新卒の時と同じレベルで行いましょう。企業の強み、業界の特徴、社風、事業内容、競合企業などを理解しないまま選考に望んでも採用側に本気度は伝わりません。最低限の準備をしないと、練習で面接に来ているのではないかと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと企業研究を行うことを意識しましょう。

転職理由が漠然としている

3つ目は、「転職理由が漠然としている」です。転職理由が明確でないと、どうしてもジョブホッパーになりがちです。転職に際しては、明確な転職理由を用意することを心掛けましょう。

29歳の転職で期待されること

29歳の転職で期待されることを整理します。

やる気と熱意

新卒の場合、仕事をする理由や目的についてあまり考えずに就職することが多く、数年で会社を辞めてしまうことがあります。数年働いただけで辞められれば、それまでにかけた教育コストは無駄になってしまいます。このようなミスマッチを防ぐために、中途採用においては、29歳である程度の経験があり、働く目的や理由が明確な人材を求めています。

基本的な社会常識やビジネスマナー

新卒採用ではなく29歳の中途採用をする理由の一つは、基本的な社会常識やビジネスマナーに対する育成コストを減らすことです。新卒者を採用すると、仕事を覚えてもらう以前に社会人として働くための基本的な常識やルール、ビジネスマナーを教育する必要があります。場合によっては数年かかることもあるので、即戦力が欲しいと考える企業は中途採用を行っています。

専門的なスキルや経験

人件費の高騰や人材不足などを理由に、多くの企業が新卒者を最初から教育する余裕がなく即戦力を求めるケースが増えています。専門的なスキルや経験が必要な仕事では、育成するための時間や労力が膨大なものになります。育成するコストをかける余裕がない企業が求めているのは、29歳で専門的なスキルや経験を持つ即戦力人材です。

前職で実績を出している

前職でアピールできる実績が持っている人材は、企業側からも歓迎されます。29歳ではまだ20代のため、目立った実績がない人の方が多いためです。アピールできる実績を次の会社でどのように貢献できるかを具体的に示してくれる人材を企業側は求めています。

リーダーシップがある

30代になるとリーダーシップを発揮してチームをまとめるマネジメント職を任される機会が増えます。小さくてもチームをまとめた経験などがある人材を企業側は求めているでしょう。様々な企業でマネジメントできる人材は不足しがちです。リーダー素質のある29歳を採用し、早いうちから育てていきたいと考える企業も多くなっています。

29歳の転職で企業側が期待していることを5つ見てきました。

企業側としては、社会常識やビジネスマナーなどの基本的なスキルやリーダーシップといった能力を持ったどこの会社でも通用する人材を期待しています。さらに専門的なスキルを持っており、そのスキルが転職先でも生かせる場合はかなり有利に転職活動を進めることができます。そして前職での実績を上手にアピールすることができれば、年収アップに繋がることもあるでしょう。実際に転職したい企業が見つかった場合、自分が持っている特性やスキルのどの部分が相手先の企業で役立つかを考え、最後はやる気と熱意も充分に伝えることが大切になります。それでは逆に企業側から見送られてしまう方の特徴も確認していきます。

29歳の転職で企業側から見送られてしまう方の特徴

29歳の転職で企業側から見送られてしまう方の特徴を整理します。

ネガティブな理由での退職

現在の労働環境が劣悪な場合は別ですが、前職に対する不満が転職理由になると、転職活動で上手くいかないことが多いです。そもそも100%満足できる環境は、どこを探しても見つかりません。後ろ向きな人間と捉えられてしまい、自ら状況を打破する力のない人だと評価されてしまいます。「逃げ」の転職は面接官に悪印象を与える他に、自分自身が転職を繰り返す人になってしまう懸念があり、注意が必要です。29歳で転職回数が3回を超えていると、すぐに辞めてしまう「リスク人材」と見なされてしまいます。「前職のこれが嫌だった」ではなく、「前職ではできなかったことに挑戦したい」と前向きな理由を伝えられると、企業側の印象も良くなるでしょう。

ポータブルスキルが不足している

ポータブルスキルという単語を聞いたことはあるでしょうか?ポータブルスキルとは、その言葉の通り、業種や職種が変わっても「持ち運び可能な能力」のことです。「積極性」「几帳面さ」などのその人のことを表す性格や人柄から「計画力」「説得力」「傾聴力」などの能力も含まれてきます。社会人の基礎的な能力のことで、「自分は足りていないな…」と不安に感じる人も多くいるかもしれません。しかし、29歳まで社会人経験を積んできた中で、何かしらの「ポータブルスキル」を発揮した場面があるはずです。改めてこれまでの仕事の中で活躍した場面を振り返り、新しい環境で生かすことができないかを確認し、面接でアピールしていきましょう。

今後のキャリアについて考えていない

29歳はまだまだポテンシャルを見込んで採用してもらえますが、今後どのようなキャリアを歩んでいきたいのか明確に言えないと採用は見送られてしまうでしょう。「将来どうなりたいのか?」というキャリアプランが明確であれば、たとえ困難な状況に陥っても、将来の理想の姿に近づくための試練と捉え、踏ん張ることができます。実際、理想のキャリアイメージを持っている人は、比較的スムーズに採用されやすい傾向があります。面接でも5年後、10年後はどのようなキャリアプランを描いているかについて聞かれることもあります。理想の姿を思い描き、具体的なキャリアプランを企業に提示することで、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がるので、将来のキャリアについては考えておきましょう。実際には特徴の中の1つで挙げられた「ネガティブな理由」がきっかけで転職活動を始めた方も多くいるでしょう。しかし、企業側にそのまま伝えてしまうとマイナス評価になってしまいます。前向きな理由にすることで、企業側だけでなく自分自身の気持ちも変わり、今後のキャリアについてもポジティブに考えることができるでしょう。自分で気づくことが難しい場合は、周りの方に聞いてみるなど1つでも見つけていきましょう。良いところをアピールすることで、企業側から採用したいと思われる人材に近づくことができます。

29歳の転職を成功させるためのポイント

29歳の転職を成功させるためのポイントは以下の通り。

現職を続けながら転職活動を進める

1つ目は、「現職を続けながら転職活動を進める」ことです。仕事を辞めてから転職活動を行った方が転職活動に専念できて良いと考える人も多いようですが、全くもって逆です。転職活動を進める上で最低限の生活費は必要ですし、経歴にブランクができてしまうとキャリア形成にも少なからず影響があります。それに、会社を辞めてから転職先が決まらない状況はなかなか精神的にきついものがあります。安易に現職を辞めないように注意しましょう。

転職理由はポジティブに伝える

2つ目は、「転職理由はポジティブに伝える」です。具体的には、「やりたいことができた」「今の会社よりもスキルが得られる企業で働きたい」などです。ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと、印象が悪くなってしまいかねません。面接で転職理由を聞かれた時に、実際にはネガティブな理由で転職したとしても、ポジティブな転職理由に変換することを意識しましょう。

自己分析を徹底的に行う

3つ目は、「自己分析を徹底的に行う」です。自己分析とは、文字通り、自分自身を分析することです。これまでの経歴を洗い出し、どのような業務を担当し、どのような経験をして、どのようなスキルを身につけたのかをあらためて確認していきましょう。このプロセスを通じて、転職先で生かせるスキルを棚卸しすることができます。また、自分が得意分野や苦手分野を把握することができるので、未経験の業種・職種にキャリアチェンジを図る場合でも、大いに役立てることができます。個人的には紙に書き出す方法がおすすめですが、自己分析シートを使って行う方法もあります。また、転職エージェントに登録して担当のキャリアアドバイザーと一緒に自己分析を行う方法などもあります。

企業が求人を出す目的を理解する

4つ目は、「企業が求人を出す目的を理解する」です。29歳の若手人材は多くの企業が「欲しがる人材」ですが、理解しておくべきは、企業ごとに求めている人物像がかなり異なるということです。そのことを理解した上で応募しないと、内定を獲得することはできません。

例えば、ある部署で誰かが辞めて欠員が発生し補充することが目的の場合、「即戦力」として活躍できる人材が求められる傾向にあります。一方で、事業拡大を見込んで中途採用を行う場合は、即戦力であるに越したことはありませんが、どちらかといえば本人のポテンシャルや意欲が重視されるケースが多いです。どのような目的で求人が出されているかによって、求められる人材は異なるのです。

業界や職種によっても求められる要素は変化します。例えば、サービス業の中途採用では、気配りができて、ホスピタリティがある人材が採用されやすい傾向があります。しかし、例えば、金融系の中途採用では、業務を正確に遂行できる人材が重視されることになります。このように、様々な求人募集がある中で、求められる人物像はかなり異なるので、注意が必要です。一方で、すべての求人で共通して求められるスキルは、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力については、最低限持ち合わせておく必要があることを理解しましょう。

自分の市場価値を正確に把握する

5つ目は、「自分の市場価値を正確に把握する」です。転職を成功させるためには、自分の市場価値を理解することが大切です。実際、求職者が考える市場価値と企業が求める価値には大きなギャップがあるものです。そのギャップを正確に把握することで、自分にピッタリの企業を見つけることができるようになります。市場価値を把握したいのであれば、転職エージェントやスカウトサービスに登録することをおすすめします。市場価値を正確に把握することで、転職して年収が大幅にアップするといったケースもありえます。転職活動を進める上で、是非、心掛けましょう。

転職エージェントを活用する

6つ目は、「転職エージェントを利用する」です。29歳で転職活動を行うのであれば、転職エージェントを利用するようにしましょう。ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができます。それに加えて、キャリアコンサルタントによる面談や自己分析、さらには希望条件に合う企業の紹介などのサービスを受けることができます。また、書類選考を突破するための書類添削や面接対策のみならず、内定獲得後の条件交渉まで代行してもらうことができます。キャリアコンサルタントは、様々な求職者のキャリア支援を行なってきたプロフェッショナルばかりなので、積極的に活用することをおすすめします。

転職の話は社内では内緒にする

7つ目は、「転職の話は社内では内緒にする」です。29歳で転職を成功させたいのであれば、転職活動を進めている事実については絶対に口外しないことを心掛けましょう。というのも、転職活動をしているという話が社内に漏れてしまうと、転職させないために何らかの措置が講じられる可能性があるからです。信頼できる仲間だからといって同僚に話すのは危険です。話が変な形で広がってしまう可能性はできるだけ無くしておくようにしましょう。内定が出た後に退職プロセスについて上司に報告し、手続きを進めましょう。

29歳の転職でよくある質問

29歳で転職を考える時によくある質問をみていきましょう。

29歳で転職回数が2回以上ある場合は不利になりますか?

29歳で転職を2回以上している方は、気になっていると思います。結論から言えば、2回以上でも問題ありません。回数よりも気になる点は、転職をした理由です。一つひとつの転職の理由に対して、明確に答えられることが重要になります。理由がよく分からない、短期の離職を繰り返している場合は難しくなる可能性もあります…。

根性のないやつと思われませんか?

「根性のないやつ」と思う人が、全くいないとは言えませんが、完全に個人の好き嫌いになるので無視して大丈夫です。日本は基本的に年功序列型の企業が多く、転職経験のない人や、定年まで1つの会社で働くべきという考え方も一部いますが、中途採用が当たり前になった現在では、気にする必要はありません。

29歳の女性の転職は不利でしょうか?

男性と比較すると、不利になりがちなのは間違いありません。女性の平均初婚年齢は29歳。また女性の場合、出産や育児など女性特有の実情があるからです。子供がいる場合どうしても、独身時代のように残業することは難しくなります。企業側もその点を配慮する必要があり、企業側の状況で受け入れにくいことも現実としてあることは事実です。しかし、現在は育休制度が整備されている会社も多く、事前に確認して転職をした方がミスマッチも少なくなるため、お互いにとってメリットがあるでしょう。

29歳の転職活動で転職サイト・転職エージェントは活用すべきか?

29歳で転職を成功させたいなら、転職サイト・転職エージェントは絶対に活用しましょう。転職サイトについては、より多くのサイト登録をオススメします。転職したいと思う求人と出会うことが重要になってくるため、転職サイトについてはより多く登録した方が良いです。転職エージェントはアドバイザーがつき、適性や強みなど気づかせてくれ、サポートをしてくれます。さらに履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もサポートしてくれ、心強い味方となってくれます。転職サイト・転職エージェントを活用し、転職成功率を上げていきましょう。

29歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

29歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

29歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

29歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

29歳転職に関するQ&A

29歳転職に関するQ&Aは以下の通り。

29歳で仕事ができない。どうすればよい?

目の前の仕事に懸命に取り組むことで周囲から評価を得られるように努力しましょう。ただ、状況によっては、うまくいかない場合もあります。必要に応じて、転職活動を進めることも考えましょう。

29歳で初めての転職は遅い?厳しい?

全く遅くありません。むしろ、20代の求職者は企業側の採用ニーズも非常に高いです。

29歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

29歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

29歳から未経験の仕事を新たに始めることは可能?

もちろん可能です。30代になると、未経験の仕事へのチャレンジは徐々に難しくなります。未経験の仕事にキャリアチェンジするなら、できるだけ20代のうちに済ませておきましょう。

29歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。いきなり年収アップしなくとも社内で活躍すれば年収は上がっていくものです。年収アップにこだわるあまり、良い転職機会を逃さないように注意しましょう。

29歳フリーターで正社員転職は可能?

29歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス

※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

29歳から公務員転職は目指せる?

もちろん可能です。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

29歳で異業種転職は可能?

29歳で異業種転職は可能です。30代になると、徐々に異業種転職がしにくくなります。異業種転職を目指すなら、20代のうちにしておきましょう。

29歳女性でも転職できる?

もちろん可能です。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、必要に応じて、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

29歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

29歳子持ちで転職は可能?

29歳子持ちで転職する場合、働き方に制約のない人材との競争になるので、普通に転職活動を行うと上手くいかない場合が多いです。プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いつつ、正社員転職がしやすい業界や職種を選ぶことで、29歳子持ちでも転職できる可能性が高まります。

29歳で仕事がない場合はどうしたら良い?

まずは契約社員からで良いので、なんとかして仕事を見つけるべく行動を開始しましょう。契約社員でも実力が認められれば、契約社員から正社員にステップアップできる場合もあります。

29歳転職は厳しい?

即戦力である29歳はむしろ最も転職しやすい時期と言えます。独力で転職活動を進めるのが不安なら、必要に応じて、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

29歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

最後に

  • 29歳の転職は遅くない!むしろ良いタイミング!
  • 29歳は未経験、異業種への転職も可能などメリットもある
  • 29歳まで積み上げたせっかくのキャリアをリセットするなどデメリットもある
  • 29歳は企業側からすると若くてキャリアもあるため採用しやすい
  • 29歳でも将来のことを考えていない人材は採用を見送りがち
  • 転職を成功させるには、自己分析と企業リサーチが重要

29歳は基本的に転職市場価値が高く、企業側もデメリットよりメリットの方が大きい年齢と言っても良いでしょう。リーダーシップがあれば、将来の管理職としての採用可能性もあります。一方で、未経験職種への転職もチャレンジすることが可能な年齢です。中長期的な目線で現在の安定した職場よりも、年収は下がるが全く違う未経験の職場へ正社員としてチャレンジすることができるのも29歳がラストチャンスかもしれません。転職は人生で何度もあることではないと思うので、転職エージェントなど専門家にも頼りながら、より良いキャリア形成を狙っていきましょう!

Photo by Estée Janssens on Unsplash