公開日

2022/09/26

最終更新日

【26歳転職】遅い?2回目・3回目・4回目?異業種・高卒・資格なしOK?男性・女性別に解説

26歳は社会人としての経験も積んでおり、今後の伸び代も期待されやすいという意味では、転職しやすい時期といえます。ここでは、リアルな26歳の転職事情や転職をするメリット・デメリット、転職を成功させる方法を解説していきます。また、26歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【26歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

26歳の平均年収

転職を考える理由の一つに、

・給料が安い
・年収をアップさせたい

という理由があると思います。26歳の平均年収はいくらでしょうか?あなたの給与は平均を上回っているかチェックしてみてください。

厚生労働省が調査した「令和2年賃金構造基本統計調査」を見ていきましょう。性別・年齢別に賃金を調査した結果、25~29歳の平均給与は、

・男性が252,600円
・女性が223,400円

でした。ここでいう賃金とは労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額(①時間外勤務手当、②深夜勤務手当、③休日出勤手当、④宿日直手当、⑤交替手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額です。残業代等を含めるともう少し多くなりそうですね。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/dl/02.pdf

次に、学歴別に賃金を調査した結果をみていきましょう。25~29歳の男性の平均賃金は、

・大学院卒:282,000円
・大学卒:226,200円
・高専・短大卒:249,100円
・専門学校卒:241,200円
・高校卒:233,100円

という結果でした。25~29歳の女性の平均賃金は、

・大学院卒:274,400円
・大学卒249,400円
・高専・短大卒:224,600円
・専門学校卒:236,100円
・高校卒:201,500円

という結果でした。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/dl/03.pdf

これらの結果から、男性のほうが女性よりも月収が高いことがわかります。また、学歴が高いほど、給与も高くなっています。それでは、平均年収はいくらなのでしょうか?ボーナスや残業代を含めた金額はいくらか気になりますよね。転職サイトのdodaによると、26歳の平均年収は365万円でした。そのうち、

・男性:385万円
・女性:340万円

という結果でした。やはり、男性のほうが女性より平均年収も高くなっていました。

26歳はワークライフバランスを考える年齢!

厚生労働省による人口動態調査の結果から、夫婦となった男女の初婚年齢の年齢別の分布を調べることができます。人口動態調査は市区町村役場への婚姻届を元に行われており、調査の標本集団は日本の夫婦全体とほぼ同一です。調査の結果、

・男性では27歳に初婚を迎える方が
・女性では26際に初婚を迎える方が

最も多いということがわかりました。このことから、男性も女性も26歳はパートナーとの結婚を考え始める時期ということがわかります。

・現在の年収でやっていけるのか
・もっと収入を増やすにはどうしたらよいのか
・結婚し子どもを授かった際にはいくらお金がかかるのか

など、これからの人生について考えることはたくさんあります。仕事と私生活のバランスはとても大切です。26歳での転職は、これからの人生を豊かにするためにとても重要なものとなるでしょう。

26歳の男女別転職理由!転職後給料が上がったのは35.1%

厚生労働省が調査した「令和2年上半期雇用動向調査」の結果を見てみましょう。転職入職者が前職を辞めた理由を調査したところ、25~29歳の男性は、

・その他の理由(出向等を含む):22.6%
・職場の人間関係が好ましくなかった:15.8%
・労働時間、休日等の労働条件が 悪かった:12.7%
・会社の将来が不安だった:12.4%
・給与等収入が少なかった:11.6%

となっていました。25~29歳の女性は、

・その他の理由(出向等を含む):23.5%
・労働時間、休日等の労働条件が 悪かった:12.7%
・職場の人間関係が好ましくなかった:11.4%
・給与等収入が少なかった:10.5%
・定年・契約期間の満了:8.6%

という結果でした。また、転職入職者の賃金変動状況を調査も行われました。令和2年上半期において転職した25~29歳のうち、

・給料が増加した:35.1%
・変わらない:33.7%
・減少した:30.9%

という結果でした。約68%の人が給料を下げることなく転職活動を終えたということがわかりました。

参考 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-1/dl/gaikyou.pdf

26歳で転職をするメリット・デメリット

26歳は、社会人としての経験も積んでおり、今後の伸び代も期待されやすいことから転職しやすい時期といえます。具体的にどのようなメリット・デメリットがあるかまとめてみました。

26歳で転職をするメリット

実績がなくてもポテンシャルで評価されやすい

26歳は30代以上と比べても今後の伸び代が大きく期待される年代です。そのため、学ぶ意欲や姿勢をしっかりアピールし、どう貢献できるのかを伝えることで、未経験の職種にも転職できる可能性があります。

新卒と比べて経験を生かしやすい

就職して数年経過している26歳と社会に出てまもない新卒とでは経験値に大きな差があります。即戦力として生かせる強みがあれば、転職希望先からもより必要としてもらえる可能性が高まります。小さな経験でもしっかりアピールしましょう。

幅広い職種に挑戦しやすい

年齢制限を気にせず公務員試験を受けて転職することも可能です。他にも未経験の分野にも積極的に挑戦できます。社会で経験を積んでいくうちに違う業界に興味を持つこともあり得ます。そんな時にすぐ舵を取れるのも20代ならではのメリットです。

26歳で転職するデメリット

年収が下がる可能性がある

26歳では、まだ実績が不十分な可能性もあります。そのため、結果を出して転職先からの信用を得るまでは前職よりも年収が下がってしまうリスクを考えなければなりません。年収を上げることを目的に転職するのであれば、経験を生かせる業界や職種への転職がおすすめです。

環境が改悪する可能性がある

「人間関係はよくなったけど残業時間が増えた」「待遇はいいけど業務がハードでついていけない」という結果になることもあります。転職を成功させるためにも、情報収集はしっかり行う必要があります。情報収集の方法としては、転職エージェントで相談したり、口コミサイトで企業の口コミを参考にしたりする方法があります。

26歳で転職すべきケース

26歳で転職すべきケースを整理します。

新たにやりたいことができた

1つ目は、「新たにやりたいことができた」です。自分が本当にやりたいことができたならば、早めに行動に移すほうが得策です。他にやりたいことがあるのにやりたくもない仕事を続けているのでは身が入りません。そのような状態でいると、人生における貴重な時間を無駄にしてしまいます。それなら、すぐにでも転職を考えた方が良いでしょう。

今の会社で解決できない問題がある

2つ目は、「今の会社で解決できない問題がある」です。何らかの問題を抱えていて、その問題が今の会社で解決する見込みが無いのなら、早いうちに転職すべきです。また、「セクハラ・パワハラがきつい」「仕事がきつくて辛い」という場合は、担当部署を変更してもらったり、同僚に相談すれば解決する可能性があります。それでも状況が改善する見込みがなければ、転職を検討しましょう。

26歳の転職で失敗するケース

26歳の転職で失敗するケースを整理します。

年収を重視してしまう

1つ目は、「年収を重視してしまう」です。言うまでもなく、転職を考える上で年収は極めて重要な要素の一つですが、年収だけで転職先を決めてしまうと後々後悔することになります。年収だけを重視するのではなく、自分にとってベストな転職先を様々な観点から考え、転職するかどうかを決断しましょう。「自分の欲しいものは何か」を明確にすることが大切です。

企業/業界研究が不足している

企業/業界研究は新卒の時と同じレベルで行いましょう。企業の強み、業界の特徴、社風、事業内容、競合企業などを理解しないまま選考に望んでも採用側に本気度は伝わりません。最低限の準備をしないと、練習で面接に来ているのではないかと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと企業研究を行うことを意識しましょう。

転職理由が漠然としている

3つ目は、「転職理由が漠然としている」です。転職理由が明確でないと、どうしてもジョブホッパーになりがちです。転職に際しては、明確な転職理由を用意することを心掛けましょう。

25歳の転職|学歴別のポイント

25歳の転職|学歴別のポイントを整理します。

高卒・専門卒

高卒や専門卒の場合、大卒と比べると社会人経験が2~3年多くなります。これは、20代前半にとっては比較的大きな差であり、転職活動を有利に進めることができる可能性があります。

大卒

大卒の場合は、入社から2年程度で退職することになります。その点について面接で質問される可能性が高いので、明確な転職理由について述べるようにしましょう。

院卒

院卒の25歳の場合、現職を1年未満で退職することになります。不安に感じる方も多いかもしれませんが、それほど心配しなくても大丈夫です。勤続期間が短いということは、裏を返せば、前職のカラーに染まりきっていないと捉えることができるからです。また、新卒者向けの研修を終えている場合、企業側からすればポジティブな要素になる可能性もあります。退職理由と志望動機に十分な説得力があれば、25歳という若さを武器に転職を成功させることは十分に可能です。

給料アップのために転職エージェントを活用しよう!

26歳で年収アップを目指して転職するなら、ひとりで転職活動を進めるよりも転職エージェントの利用がおすすめです。26歳は、ある程度の社会人経験は積んでいるもののプロジェクトで主体となって成果を出している人はほんの一握りです。自分の功績をアピールするというよりは、ある程度の社会経験や若さ、柔軟性、チームの一員として働く能力をアピールしていくのが良いでしょう。転職エージェントはそういった転職活動をサポートしてくれます。転職エージェントを利用するメリットは次の通りです。

キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる

転職に関する悩み事に相談に乗ってもらうことで、どのような仕事に就きたいのかなど自分の意思を明確にすることができます。また、履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえるのも魅力の一つです。

無料で利用できる

転職エージェントは、転職希望者の入社が決まった際に企業から紹介料を受け取る仕組みによって運営されています。そのため、転職希望者は無料でサービスを利用することができます。

求人の紹介が受けられる

登録した情報と面談の結果により、キャリアアドバイザーがひとりひとりに合う求人を紹介してくれます。希望している業種や職種はもちろん、適性があると考えられる異なる業界の案件の紹介を受けられることもあります。自分では気づかなかった意外な適性を知り、新たな仕事に挑戦できるチャンスが広がるかもしれません。

年収交渉をしてもらえる

転職エージェントは企業とのやり取りを代行してくれます。仕事を続けながら転職活動をする人にとって、企業とのやりとりや交渉を代行してくれるので、負担なく転職活動を進められるのは大きな利点です。

26歳はニーズが高い!企業が欲しがる理由

26歳という年齢は、おおむね23歳から25歳までを指す「第二新卒」の時期を過ぎていることもあって、若さを全面に押し出した転職活動にはあまり向いていないと考えられます。一方で、社会人としての経験はまだ3~4年ほどであり、30代と比べるとキャリアや職歴では劣る面が見られます。一見、中途半端な年齢で転職活動は不利のように思えますが、企業側からみると26歳は市場価値が高いと評価されています。では、どのような評価をされているのでしょうか?26歳の魅力をまとめてみました。

社会人としての基本的なマナーや知識が身についている!

新卒や第二新卒のような社会人経験がほとんどない人材の場合、企業は採用後に研修を行い、一人前の社会人に育てるところから始めなければなりません。研修に時間がかかるのはもちろん、コストや手間もかかります。しかし、26歳の場合は基本的な知識が身についているため、企業から見ると研修のコストを省くことができるというメリットがあるのです。

30代の求職者と比較して、将来性に期待できる

30代と比べると、26歳はまだ若さがあります。転職先の企業で成長し、有能な人材に成長する可能性が、30代の転職者よりも高いと考える企業が多いのです。ある程度の若さと柔軟性は高く評価されます。また、30代は家庭を持っていることが多く、その方たちと比べるとアクティブに仕事ができることも魅力の一つです。26歳は、転職に遅すぎる・早すぎるといったことはなく、企業からも貴重な人材と評価してもらえる年齢です。特に、異業種や公務員への転職を目指す場合は、転職のラストチャンスとなる年齢でもあります。この好機を逃さないよう、転職を前向きに考えるのも良いでしょう。

26歳の転職活動でのアピールポイント

転職活動を成功させる上で大切なのは「26歳の強み」をアピールすることです。企業は26歳の若者に何を求めているのか理解することで、アピールポイントは明確になります。では、アピールポイントを紹介していきましょう。

ポテンシャル

ポテンシャルとは、「可能性として持っている能力」です。26歳の転職では実績がなくてもポテンシャルで採用されることが多くあります。そのため、今後挑戦したいことやいま学んでいることなど、今後の伸び代を期待してもらうことが重要になります。今後のキャリアプランを明確にして伝えること、達成するにはどうするかを答えられるようにしましょう。また、会社が必要としている人材を理解したうえで、自分がその人材になれることをアピールするのが大切です。

実績を積極的にアピールする

実績があるのであれば積極的にアピールすることも重要です。ポテンシャルだけでなく、即戦力となれる明確な実績があれば転職先からも必要としてもらえる可能性が高まります。どんな実績があり、その実績のために自分はどう取り組んだのかまで説明できるようにしましょう。実績がないという方でも、チームの一員としてどのように仕事に取り組んだかなど、アピールするのが良いでしょう。

転職の理由を明確に伝える

20代の場合、勢いだけで会社を辞めてしまったり、なんとなく他の会社で働きたいといった理由で転職を考えることがあります。「なぜ転職が必要なのか」「転職してどうしたいのか」が明確でないと、転職しても状況が何も変わらない、もしくは状況が悪化してしまうといったリスクがあります。人間関係を改善したい、年収を上げたいなど、理由を自分自身で明確にしておくのが大切です。転職の理由がわかれば転職先に求める条件も明確になります。そして希望通りの条件で転職できれば、満足のいく結果になる可能性も高まります。面接でしっかりと転職の理由を伝えることは、企業にとっても安心材料となります。

26歳は公務員を目指す良いタイミング!

転職先の一つに、民間企業ではなく公務員になりたいと考える方もいると思います。公務員になるためには、公務員試験を受験し合格しなければなりませんが、公務員試験には年齢制限があります。公務員試験の年齢制限は国家公務員・地方公務員・警察消防官などの職業によっても異なります。国家公務員試験での年齢制限は30歳の場合が多いですが、27歳・29歳・40歳・60歳の場合もあります。地方公務員試験の年齢制限は30歳前後が多いです。警察官試験での年齢制限は29~35歳、消防官の試験での年齢制限は26~30歳が多いですが、自治体によって異なります。26歳で公務員を目指すのはとても良い時期だと言えるでしょう。年齢が上がってしまうと年齢制限にひっかかって受験できなくなる場合があるため、今の時点で公務員になりたいと考えている方は、早めに受験対策をして試験にチャレンジしてみましょう。公務員になることのメリットは下記の通りです。公務員を目指すか悩んでいる方は参考にしてみてください。

社会貢献ができる

公務員の大きな魅力として挙げられるのが「社会貢献」です。 国民または地域住民の暮らしを直接サポートする立場にあり、社会貢献そのものを存在意義としている公務員は、利益を追求することなく公共の福祉を最大の目的としています。

やりがいを感じられる

公務員は非常に離職率の低いことで知られる職業です。民間企業で働く人に比べ、仕事にやりがいを感じている人が遙かに多いという証です。公務員にも様々な種類があり、警察官や消防士のように直接的に社会を守る仕事もあります。一般の企業で働いた場合では経験できないやりがいを感じられるのも魅力の一つです。

福利厚生がしっかりしている

勤務については一日8時間、完全週休二日制が一般的です。また、年間20日間の有給休暇や各種特別休暇も充実しています。産前産後休暇はもちろん、育児休暇が確実に取れるのも女性にとっては安心です。(育児休暇中も一定の所得が保証されます)。民間企業では現実的に難しい真の「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」を実現できるのは公務員ならではです。さらに、保養所や宿泊施設等福利厚生施設が充実していることも公務員の大きな魅力の一つです。

年収アップを見込める

現在の公務員の給与水準は、かなり高くなっています。民間企業の大学卒初任給(平成28年)は、男性が205,900円、女性が200,000円です(厚生労働省『賃金構造基本統計調査結果』)。これに対して特別区では約217,400円(大卒事務)となっています。平均年収で比較しても、民間企業が約415万円であるのに対し、国家公務員では600万円以上です。公務員には、職務経験年数による職務の習熟を給与に反映させるシステムが採られています。長く働けば働くほど年収が上がっていく仕組みです。転職で年収アップを目指すには良い選択肢の一つとなるでしょう。

26歳女性の転職を成功させるには?

仕事では次のリーダー候補として期待される方も増える26歳。一方で、結婚・出産などの将来的なライフプランを考え、仕事との両立に悩むことも多くなる時期だと思います。そんな26歳女性ならではの転職は抑えるべきポイントがあります。ポイントを抑えれば、転職は難しくありません!

キャリアプランを整理する

「今まで経験した仕事でキャリアアップを目指すか」「新しい分野、環境にチャレンジするか」「専業主婦になるのか」女性は男性に比べて考えることが多くあるのが現状です。多様な選択肢の中から自分に合ったチョイスをするためには、自分の人生において何を一番大切にするのかを考える必要があります。

企業から求められるスキルを身に付けておく

転職に影響が出るのは、「妊娠している」「子供がいて働く時間が限られている」など、既に確定している状況のみです。結婚・出産を経たあとに長く働くために、採用企業から求められるスキルを今のうちに身に付けておくことが大切です。「既婚」「結婚予定アリ」が採用上大きな懸念になるケースは多くありません。もし、面接で「既婚」「結婚予定アリ」が理由で良くない反応が出た場合、そのような企業は女性が働きにくいところです。そのような会社で苦労して働くことはありません。見切りをつけて次にコマを進めましょう。

条件に優先順位をつける

「年収を上げたい」「土日祝日は休みがいい」「産休・育休をとりたい」など、転職をして叶えたい希望はたくさんあるでしょう。優先度が高いものは何かを整理すると、応募する企業選びがスムーズになります。入社直後だけでなく、将来のキャリアプランも見据えたうえで、自分にとって何が大切か考えてみましょう。

26歳で転職活動をする際の注意点

26歳は企業から需要がある存在だといっても、油断は禁物!転職活動の注意点をおさえて転職活動を成功させましょう。

未経験職種に転職する際の注意点

新卒での就職時に就職活動が上手く行かなかったり、希望通りの配属先に行けなかったなど、自分のやりたい仕事にはつけなかったという人は多いもの。その為、職種を変えることに問題はありません。しかし、職種を変えるのは1度だけという覚悟を持って転職するようにしましょう。もし2回目の転職でも職種を変えようとした場合、「キャリアに一貫性がない」「辞め癖がある」「飽きっぽい」といったことを思われ、不利になってしまうことがあります。自分のやりたいことは何か、しっかりと見極めましょう。

経験と実績をしっかりアピールする

経験者採用を行う企業が求めているのは即戦力として働いてくれることです。だからこそ、これまでの経験や築き上げた実績をもとにアピールしていく必要があります。異業種、未経験の職種に転職する場合であっても、これまでの実績は非常に大切です。関係ないスキルであったとしても、仕事の進め方はどんな仕事であっても共通点があり、アピールポイントとなります。

転職しやすいからといって、妥協をしない!

26歳は非常に転職しやすい年齢です。さらに年収アップも十分可能です。転職しやすいからといって、妥協をしてはいけません。転職は、回数や年齢を重ねるほど難しくなってしまします。納得のいく条件や仕事内容で、長く働き続けることができる職場を探しましょう。採用の通知をもらったからといって、必ずそこで働かなくてはならないことはありません。辞退することも可能です。「なかなか採用してもらえなかった」「やっと採用通知がきた」という状況でも、本当にその会社が希望に合った会社なのか、一度立ち止まって考えましょう。焦りは禁物です!

26歳の転職を成功させるためのポイント

26歳の転職を成功させるためのポイントは以下の通り。

現職を続けながら転職活動を進める

1つ目は、「現職を続けながら転職活動を進める」ことです。仕事を辞めてから転職活動を行った方が転職活動に専念できて良いと考える人も多いようですが、全くもって逆です。転職活動を進める上で最低限の生活費は必要ですし、経歴にブランクができてしまうとキャリア形成にも少なからず影響があります。それに、会社を辞めてから転職先が決まらない状況はなかなか精神的にきついものがあります。安易に現職を辞めないように注意しましょう。

転職理由はポジティブに伝える

2つ目は、「転職理由はポジティブに伝える」です。具体的には、「やりたいことができた」「今の会社よりもスキルが得られる企業で働きたい」などです。ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと、印象が悪くなってしまいかねません。面接で転職理由を聞かれた時に、実際にはネガティブな理由で転職したとしても、ポジティブな転職理由に変換することを意識しましょう。

自己分析を徹底的に行う

3つ目は、「自己分析を徹底的に行う」です。自己分析とは、文字通り、自分自身を分析することです。これまでの経歴を洗い出し、どのような業務を担当し、どのような経験をして、どのようなスキルを身につけたのかをあらためて確認していきましょう。このプロセスを通じて、転職先で生かせるスキルを棚卸しすることができます。また、自分が得意分野や苦手分野を把握することができるので、未経験の業種・職種にキャリアチェンジを図る場合でも、大いに役立てることができます。個人的には紙に書き出す方法がおすすめですが、自己分析シートを使って行う方法もあります。また、転職エージェントに登録して担当のキャリアアドバイザーと一緒に自己分析を行う方法などもあります。

企業が求人を出す目的を理解する

4つ目は、「企業が求人を出す目的を理解する」です。26歳の若手人材は多くの企業が「欲しがる人材」ですが、理解しておくべきは、企業ごとに求めている人物像がかなり異なるということです。そのことを理解した上で応募しないと、内定を獲得することはできません。

例えば、ある部署で誰かが辞めて欠員が発生し補充することが目的の場合、「即戦力」として活躍できる人材が求められる傾向にあります。一方で、事業拡大を見込んで中途採用を行う場合は、即戦力であるに越したことはありませんが、どちらかといえば本人のポテンシャルや意欲が重視されるケースが多いです。どのような目的で求人が出されているかによって、求められる人材は異なるのです。

業界や職種によっても求められる要素は変化します。例えば、サービス業の中途採用では、気配りができて、ホスピタリティがある人材が採用されやすい傾向があります。しかし、例えば、金融系の中途採用では、業務を正確に遂行できる人材が重視されることになります。このように、様々な求人募集がある中で、求められる人物像はかなり異なるので、注意が必要です。一方で、すべての求人で共通して求められるスキルは、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力については、最低限持ち合わせておく必要があることを理解しましょう。

自分の市場価値を正確に把握する

5つ目は、「自分の市場価値を正確に把握する」です。転職を成功させるためには、自分の市場価値を理解することが大切です。実際、求職者が考える市場価値と企業が求める価値には大きなギャップがあるものです。そのギャップを正確に把握することで、自分にピッタリの企業を見つけることができるようになります。市場価値を把握したいのであれば、転職エージェントやスカウトサービスに登録することをおすすめします。市場価値を正確に把握することで、転職して年収が大幅にアップするといったケースもありえます。転職活動を進める上で、是非、心掛けましょう。

転職エージェントを活用する

6つ目は、「転職エージェントを利用する」です。26歳で転職活動を行うのであれば、転職エージェントを利用するようにしましょう。ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができます。それに加えて、キャリアコンサルタントによる面談や自己分析、さらには希望条件に合う企業の紹介などのサービスを受けることができます。また、書類選考を突破するための書類添削や面接対策のみならず、内定獲得後の条件交渉まで代行してもらうことができます。キャリアコンサルタントは、様々な求職者のキャリア支援を行なってきたプロフェッショナルばかりなので、積極的に活用することをおすすめします。

転職の話は社内では内緒にする

7つ目は、「転職の話は社内では内緒にする」です。26歳で転職を成功させたいのであれば、転職活動を進めている事実については絶対に口外しないことを心掛けましょう。というのも、転職活動をしているという話が社内に漏れてしまうと、転職させないために何らかの措置が講じられる可能性があるからです。信頼できる仲間だからといって同僚に話すのは危険です。話が変な形で広がってしまう可能性はできるだけ無くしておくようにしましょう。内定が出た後に退職プロセスについて上司に報告し、手続きを進めましょう。

26歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

26歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

26歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

26歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

26歳転職に関するQ&A

26歳転職に関するQ&Aは以下の通り。

26歳で仕事ができない。どうすればよい?

目の前の仕事に懸命に取り組むことで周囲から評価を得られるように努力しましょう。ただ、状況によっては、うまくいかない場合もあります。必要に応じて、転職活動を進めることも考えましょう。

26歳で初めての転職は遅い?厳しい?

全く遅くありません。むしろ、20代の求職者は企業側の採用ニーズも非常に高いです。

26歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

26歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

26歳から未経験の仕事を新たに始めることは可能?

もちろん可能です。30代になると、未経験の仕事へのチャレンジは徐々に難しくなります。未経験の仕事にキャリアチェンジするなら、できるだけ20代のうちに済ませておきましょう。

26歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。いきなり年収アップしなくとも社内で活躍すれば年収は上がっていくものです。年収アップにこだわるあまり、良い転職機会を逃さないように注意しましょう。

26歳フリーターで正社員転職は可能?

26歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス

※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

26歳から公務員転職は目指せる?

もちろん可能です。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

26歳で異業種転職は可能?

26歳で異業種転職は可能です。30代になると、徐々に異業種転職がしにくくなります。異業種転職を目指すなら、20代のうちにしておきましょう。

26歳女性でも転職できる?

もちろん可能です。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、必要に応じて、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

26歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

26歳子持ちで転職は可能?

26歳子持ちで転職する場合、働き方に制約のない人材との競争になるので、普通に転職活動を行うと上手くいかない場合が多いです。プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いつつ、正社員転職がしやすい業界や職種を選ぶことで、28歳子持ちでも転職できる可能性が高まります。

26歳で仕事がない場合はどうしたら良い?

まずは契約社員からで良いので、なんとかして仕事を見つけるべく行動を開始しましょう。契約社員でも実力が認められれば、契約社員から正社員にステップアップできる場合もあります。

26歳転職は厳しい?

第二新卒である26歳はむしろ最も転職しやすい時期と言えます。独力で転職活動を進めるのが不安なら、必要に応じて、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

26歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

最後に

本記事では、26歳で転職を考える方に向けて、転職エージェントの経験から後悔しないポイントを紹介してきました。繰り返しになりますが、26歳は転職を考える上では非常に良いタイミングであり、特に職種を変える場合などはこの時期を逃すとチャンスはどんどん減っていきます。後悔しないための最初の第一歩目として、転職エージェントに登録することを心掛けましょう。

Photo by Alesia Kazantceva on Unsplash