公開日

2022/06/27

最終更新日

【パナソニック年収】給料ランキングは高い?低い?1000万〜2000万貰える?高卒・大卒・院卒の平均年収を解説!

日本を代表する電機メーカーであるパナソニック。冷蔵庫から洗濯機、エアコンといった白物生活家電から照明器具やモバイルバッテリーといった防災商品など幅広く扱う企業です。今回は、そんなパナソニックの給与事情を調べてみました。本記事では、

・パナソニックとは?
・年収の内情
・年代別/職種別年収の目安
・転職の難易度
・転職を成功させるコツ

などについて解説しています。パナソニックへの転職を希望する人、転職先選びに迷っている人は是非読んでみてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

パナソニックとは?

まず、パナソニックという企業について見ていきましょう。

企業概要

パナソニックは、1918年に創業者である松下幸之助によって松下電気器具製作所として設立されました。配線器具の製品から始まり、ランプ、アイロン、ラジオなど電化製品を次々と発売して行きました。その後1935年に松下電器産業株式会社を設立。海外生産なども積極的にはじめ、2008年にパナソニック株式会社に社名を変更し、ブランドを世界的に「Panasonic」に統一しました。とても歴史のある企業です。現在の企業概要について以下の表にまとめてみたので、参考にしてください。

企業名

パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)

本社所在地

大阪府門真市大字門真1006番地

URL

https://panasonic.jp

創業

大正7年3月

設立

昭和10年12月

代表取締役社長

楠見 雄規

資本金

2,590億円

従業員数

243,540名(2021年12月末現在)

事業内容

パナソニックの主な事業内容は、主に以下の7つです。

・くらし事業
・オートモーティブ
・ハウジングシステム事業
・コネクティッドソリューションズ
・インダストリー
・エナジー
・オペレーショナルエクセレンス

くらし事業

「くらし」領域において、家電、空調、照明、電気設備や業務用機器など、家庭から店舗、オフィス、街にいたる様々な空間に対応した商品・サービスを提供しています。

参考:https://panasonic.co.jp/ap/corporate_profile/index.html

オートモーティブ

車載インフォテインメント、車載エレクトロニクス、自動車用ミラー、車載電池をはじめとする電動化システムなどを事業領域とし、移動時のライフスタイルの変革や、ドライバーの運転負荷軽減、さらには環境対応車向けに革新的なデバイスやソリューションを提供しています。

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/am.html

ハウジングシステム事業

人々のくらし空間のあり方が問われ、大きな転換点を迎えている中、住宅設備建材や技術を活かしたデバイス・ソリューションを通して、すべてのお客様に「より良いくらし空間」を提案しています。

参考:https://panasonic.co.jp/phs/

コネクティッドソリューションズ

流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」の6つを重点事業領域とし、B2Bのお客様に「つながる価値」を提供しています。

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/cns.html

インダストリー

多様なデバイステクノロジーでより良い未来を切り拓き、豊かな社会に貢献しつづけることをミッションに、電子部品、FA・産業デバイス、電子材料などのBtoB事業を中心とした、幅広いソリューションを提案しています。

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/industry.html

エナジー

日々の便利で快適なくらしを支える乾電池や、幅広い分野の社会インフラを支える産業用電池、車載用電池を事業領域とし、豊かなくらしを提供しています。

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/energy.html

オペレーショナルエクセレンス

各領域の専門知見を有するプロフェッショナルとして、高品質なサービスを提供することで、お客様のオペレーションの高度化、効率化、高速化に貢献し、人と社会の豊かな未来を創造しています。

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/pex.html

経営理念

創立者である松下幸之助によって確立された言葉「網領・信条・七精神」を経営理念の中心としています。松下幸之助の経営理念は以下の通りです。

「網領」

産業人たるの本分に徹し 社会生活の改善と向上を図り 世界文化の進展に寄与せんことを期す

「信条」

向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し 各員至誠を旨とし一致団結社務に服すること

「七精神」

産業報国の精神:事業を通じて、世界の国々の発展と繁栄と、地球環境との調和に貢献すること
公明正大の精神:常に誠実でフェアプレーに徹した行動をするこ
和親一致の精神:多様な意見、多様な個性を活かし、お互いが心を一つに協力し合うこと
力闘向上の精神:どんな仕事でも、常に真剣に学び、考え、かつ強い熱意のもとに実践の努力を尽くすこと
礼節謙譲の精神:礼儀を重んじ、謙虚な気持ちを持って仕事に取り組むこと
順応同化の精神:起きている物事の一面だけを見るのではなく、背後にある大きな流れとその本質をつかむこと
感謝報恩の精神:いただいた支持や支援に対し、常に、「ありがとう」の気持ちで、その恩に報いること

参考:https://www.panasonic.com/jp/corporate/management/philosophy.html

平均年収はどのくらい?

パナソニックが2020年3月に発表した有価証券報告書によると、パナソニック社員の平均年収は754万です。ここでは、平均754万円の社員がどのくらいの高さなのかを見ていきましょう。

日本人平均との比較

dodaが行った「平均年収ランキング2021」によると、日本人の平均年収は403万円です。また、その中でもメーカー業界の平均年収は455万円でした。つまり、パナソニックの平均年収は日本人の平均、メーカー業界の平均いずれと比べても高い水準であることがわかります。

同業他社との比較

では次に、同業他社との比較を見てみましょう。パナソニックの同業他社である、ソニー、日立製作所、三菱電機、東芝、富士通、シャープの平均年収は以下の表のとおりです。いずれも最新の有価証券報告書に記載されているものです。

企業名

平均年収

パナソニック株式会社

754万円

ソニー株式会社

1,057万円

株式会社日立製作所

890万円

三菱電機株式会社

796万円

株式会社東芝

866万円

富士通株式会社

865万円

シャープ株式会社

743万円

パナソニックの平均年収は、メーカー業界の中で見ると平均よりも高い水準でしたが、主要の電機メーカー業内では、6番目の高さでした。

年収の内情は?

平均年収754万円という高水準のパナソニック。では、この年収の内情はどのようになっているのでしょうか。

・ボーナス、昇給・昇進
・残業代
・福利厚生

の3点から見ていきましょう。

ボーナス、昇給・昇進

パナソニックでは、年2回(7月、12月)にボーナスが支給されます。コーポレートサイトには詳しいことは掲載されていませんが、各転職サイトに寄せられている口コミを見てみると、評価と事業部の業績によって変動するようですが、4ヶ月分のボーナスは保証されているようです。昇給は年1回の4月に行われ、前年度の評価によって昇給額が決まるようになっています。パナソニックでは、松下幸之助が作ったとされる年功序列の制度を2014年に廃止し、担当する役割の大きさによって賃金を決める役割等級制度を導入しています。そのため、管理職に昇格すれば給与が上がり、1,000万円を超える額を稼ぐ人も出てくるようです。

残業代

パナソニックでは残業代は全て支給されます。また、入退場時間がカードによって自動に記録されているため、過度な残業はありません。ちなみにOpen Workによると、パナソニックの平均残業時間は26.4時間(2021年12月現在)で平均的な残業時間でした。

福利厚生

パナソニックでは非常に福利厚生が充実しています。コーポレートサイトによると、一例として

・各種社会保険
・独身寮
・社宅
・住宅費補助
・退職金
・選択型福利厚生制度
・財形貯蓄
・ファミリーサポート休暇
・チャレンジ休暇
・カフェテリアプラン
・社内製品従業員購入制度

などが挙げられていました。なかでもカフェテリアプラン制度は特徴的です。この制度は、社員それぞれに付与されたポイントを1ポイント当たり100円の換算で書籍購入や旅行などに利用できるというものです。各種休暇の取得率も低くはなく、たとえば有給休暇取得率は63.8%でした(Open Work調べ、2021年12月現在)。口コミを見ても、休暇制度が多く取りやすい風土があるようで、ワークバランスも取れていると言えます。

参考:https://recruit.jpn.panasonic.com

年代別年収の推移

次に、年代別の年収推移を表で見ていきましょう。この数値は、有価証券報告書と国税庁の平均給与調べから独自に算出したものです。あくまで目安の数値なので、実際と違う場合もあることにご注意ください。

年代

年収目安

20代

約382万円

30代

約536万円

40代

約679万円

50代

約785万円

パナソニックのように大企業の年収を考えるとき、どの辺りで1,000万円を超えるのかという点を気にする方もいらっしゃるでしょう。前にも述べたように、パナソニックでは役割等級制度を導入しており、管理職につけば給与が年俸制になり多くが1,000万円を超える額を受け取れるようです。

職種別年収比較

では、職種別に見るとどうでしょうか。ここでは、新卒採用ページの職種と、dodaによる「平均年収165職種別」、各転職サイトの口コミなどを参考に目安の数値を算出しています。こちらも目安として算出したものなので、実際とは誤差がある場合も考えられます。

営業系

法人営業、販売

500~1,100万円

開発・技術系

研究開発、システムエンジニア、知的財産、デザイン

600~900万円

企画系

国内外マーケティング、経営企画

600〜1,100万円

事務系

経理、法務、人事、受付、秘書、生産管理、カスタマーサービス

500~700万円

いずれの職種でも高い年収と言えます。特に営業、企画系は、他部署に比べても当初から高い水準となっているようでした。

パナソニック転職の難易度は?

パナソニック転職の難易度は、以下の2つの点から極めて高いと言えます。

・高いスキルが求められる
・転職人気の高い企業である

では、ひとつずつ詳しく説明していきましょう。

高いスキルが求められる

パナソニックへの転職には、非常に高いスキルが求められます。コーポレートサイトのキャリア採用に掲載されている現在の採用情報を見てみても、ほとんどの部署で各分野における実務経験や高い能力のある人材を求めています。特に本社勤務の転職は難易度が高いようで、全職種に共通してTOEIC750点以上が望ましいとされています。また各職種においても細かい条件や複数の資格が必要となります。パナソニックは、世界的に知名度があるグローバル企業のため、海外とのやり取りも業務として多くあります。そのため、英語の他に中国語や多国語を話せる人が採用されやすいようです。

転職人気の高い企業である

転職人気が高い企業であることも、パナソニック転職の難易度を挙げている原因の一つです。dodaによる「転職人気企業ランキング2021」ではトップ10位に入っています。そして前回第8位から第6位にランクアップしており、常に人気が高いことがわかります。募集職種は多いのですが、転職人気から見てわかるように1つの募集に応募者が多く集まるので、内定への倍率が非常に高くなります。

選考プロセス

実際の選考プロセスは以下の通りです。

① コーポレートサイトの「キャリア採用」から応募する

② 書類選考

③ 一次面接

④ 適性検査

⑤ 二次面接

⑥ 内定

選考プロセスにおいて、基本的に面接は2回ですが、人によっては増えることもあります。また書類選考の合否は2〜3週間程度かかり、応募者が多い場合にはもう少し時間がかかる時もあるようです。転職活動をされる方の中には、現在も何らかの職についている方も多いでしょう。パナソニックへ転職を目指す場合は、現職とのスケジュール調整も必要となってきます。

参考:https://recruit.jpn.panasonic.com/career/process/

求められる人材

パナソニックで求められる人材とはどのような人なのでしょうか。コーポレートサイトでは、求める人材像を下記のように記しています。

「お客様価値最大化人材であり、常にチャレンジングでタフな人間、お客様の思いをカタチにしていくために、人としての基本を重視し、常にお客様のことを第一と考え、そして、新しいソリューションを創造し続けるヒトを必要としています。」

パナソニックで取り扱う商品は、生活必需品が多くあります。そのため、刻々と変化する世の中のニーズに敏感でなくてはなりません。そしてその変化に柔軟に対応できる力も必要となるでしょう。さらに自ら問題を提起し、そして解決していく姿勢も大切となります。採用責任者のメッセージからも「自分に何を課し、何に挑み、何を変えて、どんな未来をつくりたいのか。あなたの想いを聞かせてほしい。」とあります。これまでの経験とスキルをどう会社に結びつけて、挑戦していくのか、チャレンジを前向きにとらえて具体的に話せることが必須となりす。

参考:https://recruit.jpn.panasonic.com/message/

パナソニックへの転職成功のコツ

難易度の非常に高いパナソニックへの転職ですが、それだけに魅力的な職場でもあります。ここまで読み進めてきて、転職へ向けて心が動いた方も多いのではないでしょうか。そこで、ここではパナソニックへの転職成功のコツをご紹介します。転職成功のコツは以下の2点です。

・企業の求める人材であることをアピールする
・転職エージェントを利用する

企業の求める人材であることをアピールする

パナソニックへの転職の際には、各分野での高い能力や経験が求められますが、同時に前述のような企業に求められる人材であるかという点も重要視されます。なぜなら、パナソニックは独自の方向性を持った世界的な企業であるからです。口コミを見てみると、面接では志望動機などのオーソドックスな質問からパナソニックの製品に対する質問もあるようです。自己分析を行い、自分と企業がいかにマッチしているかをアピールできれば、転職成功へ近づけるでしょう。

転職エージェントを利用する

パナソニックのような独自性のある大企業への転職を目指す場合、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用するメリットとしては、

・転職活動に関わる事務手続きを代行してもらえる
・各企業ごとの対策が受けられる
・非公開求人情報が教えてもらえることがある

という点が挙げられます。転職活動は新卒時の就職活動と違い、多くの場合は現職を持ちながら並行して行うことになります。パナソニックへの転職を考えている方の中には、現職でも大きなプロジェクトや裁量を任されている方も多いことが予想されるため、転職活動に多くの時間が避けられないというケースもあると考えられます。転職エージェントを利用すれば、担当アドバイザーが面接の日程調整や各種書類の提出など、煩雑な事務手続きを代行してくれます。応募者は空いた時間を面接の対策などに充てられるため、効率の良い活動が行えるのです。また、各企業ごとの対策が受けられるのも、エージェント利用のメリットです。転職活動を通じていかに自分が企業にマッチした人材であるかをアピールすることの重要性は先ほども述べたとおりですが、それには高い精度の自己分析や業界・企業の知識が必要となります。これらを全て自分でこなそうとすると、時間も労力もかなり掛かってしまいます。担当アドバイザーは転職のプロとして、自己分析のノウハウや各業界・企業についても深い知識を持っています。企業対策として、履歴書や職務経歴書の添削、面接の指導も行ってくれるので、安心して本番に臨むことができるのです。さらに、転職エージェントに登録することで非公開求人情報を紹介してもらえることもあります。非公開求人情報とは、企業が特殊な事情から公開していない求人のことで、一般の人がサイトから自由に閲覧することはできません。特殊な事情として考えられるのは、応募者が殺到するような好条件の案件であったり、大企業が新プロジェクトを立ち上げる際の求人で、外部に情報を漏らしたくない案件、管理職クラスの求人案件などが挙げられます。そのため、エージェントが抱えている非公開求人情報の中に、パナソニックの情報が隠れていることが予想できます。限られた情報を効率的に収集していく必要がある人気企業への転職活動においては、こうした非公開求人情報を紹介してもらえる点は非常に有利だといえるのです。

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職サイト

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

パナソニックの平均年収は754万円と、日本人の平均から見ても業界の平均から見ても非常に高水準です。転職人気が高いことや高い能力が求められることから、転職難易度は非常に高いと考えられます。成功のためには、自己分析を進めて自分が企業にマッチする人材であることをアピールすることのほか、転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントを利用することで、各企業ごとに対策が受けられるほか、煩雑な事務手続きを代行してもらえたり、非公開情報を教えてもらえたりと効率よく転職活動を進めていくことが可能になります。現職と並行しての活動を行う場合には、特に活用を検討していただきたいサービスです。