公開日

2022/09/26

最終更新日

【トヨタ年収】中途採用の給料ランキングは低い?激務?1500万円〜2000万円も狙える?高卒・大卒・院卒の給料

トヨタは国内自動車メーカーではトップの成績を誇る大企業です。「トヨタ生産方式」や「無借金経営」などの独特の経営方法は、業種を問わず、様々な企業から注目されており、日本企業を牽引する存在でもあります。転職市場における人気も非常に高いので、気になっている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなトヨタ人気の理由の一つでもある高い給与体系についてご紹介します。この記事を読めば、

・トヨタ社員の平均年収
・職種別、階級別の年収目安
・年収の内情

などが分かります。さらに、転職成功のコツなども解説しています。トヨタを転職先として候補に考えている方はぜひ読んでみてください。

【トヨタ転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

トヨタとは?

まず、トヨタの基本情報から見ていきましょう。

企業概要

トヨタの正式名称は、豊田自動車株式会社。創始者の豊田佐吉が豊田紡織内に開設した自動車部が始まりとされています。現在ではトヨタグループの中核企業となっており、子会社には、

・ダイハツ工業
・SUBARU
・日野自動車

などがあります。トヨタグループ全体の自動車販売台数は、

・2019年度:世界2位
・2020年度:世界1位

と、世界を牽引する自動車ブランドとなっています。そのほか、現在の企業概要については以下の通りです。

企業名

トヨタ自動車株式会社(TOYOTA MOTOR CORPORATION)

主な事業内容

自動車の生産・販売

本社所在地

〒471-8571

愛知県豊田市トヨタ町1番地

URL

https://toyota.jp/index.html

代表取締役社長

豊田 章男

創立年月日

1937(昭和12)年8月28日

資本金

6,354億円

従業員数

71,737人(2021年3月末現在)

主な子会社

レクサス、ダイハツ工業、SUBARU、日野自動車、KDDI、トヨタ紡織、トヨタホーム

事業内容

トヨタの主な事業内容は、自動車の生産・販売業です。1936年に日本で初めての乗用車を開発して以来、様々な人気車種を発表しています。現在では約80種類の自動車の生産・販売を行っています。また、CSR(企業の社会的責任)の一環から、ハイブリットカーの開発にも力を入れています。

・プリウス
・アクア

などの車種を見たり乗ったりしたことのある方も多いのではないでしょうか。そのほかにも、子会社のトヨタファイナンシャルサービス株式会社が自動車ローンやリースなどの金融サービスを行う金融事業、トヨタホーム株式会社の住宅事業、自家用クルーザーを取り扱うマリン事業なども行っています。また、未来創生センターにて、人々の生活を支えるパートナーロボットなどの新しい価値創造にも力を入れています。

経営理念

トヨタには、これまでの歩みを振り返り、未来へと進んでいくための「トヨタフィロソフィー」を定義しています。これは、ピラミッド式にミッションやビジョンが構築されている様子を可視化したもので、この頂点に位置しているのが、創始者・豊田佐吉が遺した「豊田綱領」です。トヨタのコーポレートサイトによると、「豊田綱領」は以下のような内容となっています。

一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし。
一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし
一、華美を戒め、質実剛健たるべし
一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし
一、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし

これらの言葉の中には、トヨタが創業以来受け継いできた企業姿勢である、社会のために先行して価値を提供することだけでなく、社員一人一人のあるべき姿も言及されています。この綱領をもとに考えられたミッションが、

「わたしたちは、幸せを量産する。」

です。トヨタの社員は人や社会の幸せ実現のためにより安くより良いものを量産する工夫や努力を続けているのです。

参考URL:トヨタフィロソフィー

トヨタの平均年収とは?

では、トヨタで働く社員はどの程度の年収を得ているのでしょうか。

平均年収

2021年3月に公開された有価証券報告書によると、トヨタの平均年収は858万円でした。ここ5年間の報告を見比べると、平均年収は多少の上下はあるものの、ほぼ横ばいとなっています。

全国平均との比較

dodaの「平均年収ランキング【最新版】によると、日本人の平均年収は403万円です。トヨタの平均年収は、日本人全体の平均の2倍以上ということが分かります。

同業他社との比較

次に、同業他社との比較をしてみましょう。同じ自動車メーカーである、

・日産
・マツダ
・ホンダ

の平均給与と比較した表は以下の通りです。いずれも最新の有価証券報告書に掲載されていた数値です。

企業名

平均年収

トヨタ

約858万円(2021年3月末現在)

日産

約796万円(2021年3月末現在)

マツダ

約629万円(2021年6月末現在)

ホンダ

約799万円(2021年6月末現在)

どの企業の年収も、先ほど紹介した日本人の平均に比べると高いですが、トヨタはその中でもトップの年収でした。金額差を見ると、2位のホンダと比べても約60万円の差があります。トヨタは自動車業界においても給与水準が非常に高いと言えます。

職種別年収の目安

では、職種別の年収はどのようになっているのでしょうか。今回は、最新の有価証券報告書とOpen Workで公開されていた情報をもとに、各職種の目安をご紹介します。目安についてはあくまで予測の数値であるため、実際の金額とは違いがある場合もある点はご承知おきください。

職種

平均年収目安

技術職

約849万円

営業職

約807万円

事務職

約978万円

生産技術

約832万円

開発

約824万円

総合職

約824万円

企画

約1,012万円

設計

約875万円

管理

約970万円

製造

約720万円

どの職種の平均年収も高いですが、企画や管理などは特に高水準になっているようです。

階級別年収の目安

階級別年収についても調べてみました。こちらは、コーポレートサイトの採用ページや、各転職口コミサイトに寄せられた実際にトヨタで働いている人からの声を参考にした数値です。

・新卒:~400万円
・指導職:600~800万円
・主任:~1000万円
・課長(基幹職3級):1300万円~
・部長(基幹職1級):2000万円~

中途採用の場合、転職当初の初任給は新卒の金額をベースに能力や経験が考慮されます。基幹職である課長以上になると、年収は1,000万円を超えると考えて良いでしょう。

トヨタの給与体系

平均年収は日本の平均や同業他社と比較しても高水準のトヨタですが、中身はどのようになっているのでしょうか。ここでは、

・基本給以外のボーナス
・昇給制度
・残業代

などについてご紹介します。

ボーナス・昇給について

ボーナスは年2回、業績と評価に応じて支払われます。口コミによると、6~7ヶ月分支給されているようで、ボーナスが年収の大きな割合を占めることもあるとのことです。昇給には、

・労働組合の交渉によって発生する定期昇給
・評価に応じて起きる昇給

の2種類があります。ボーナスと昇給の評価面接は半期に1度行われます。面接時には2wayシートという自己申告シートを利用します。シートには

・自分の仕事
・仕事における目標

を記入し、それをもとに評価面接を行います。面接時には、

・目標達成度
・自己評価

を本人がプレゼンし、上司がその結果を各部長に報告する形で評価が終了します。透明度の高い評価のようで、内容に満足しているという口コミも見られました。

昇進について

昇進は主任までは横一線で行われ、その後は実力主義という流れになるようです。というのも、トヨタでは年功序列の風潮があるのです。たとえば、入社後4年目で指導職に昇進できますが、このときTOEIC600点以上の取得と問題解決の課題をクリアすることが必要とされます。口コミによると、これらの難易度は比較的低く、入社年数が経つと昇進できるといった感覚のようです。一方で基幹職への昇進は、実力評価の部分も多く、特筆すべき成果があることが重要となります。ちなみに、高卒でトヨタに入社する場合は、基本的には工場への配属となるため工場員として昇格していきます。しかし、場合によっては工場員から基幹職への登用もあるようです。

残業代について

トヨタでは、残業代はすべて支給されます。とはいえ、ほとんどの部署では残業時間は普通程度です。Open Workによると、月の残業時間は27時間とのことでした。また、水曜日はノー残業デーとなっており、定時退社が推奨されています。主任級以上の社員は、申請すれば残業代を見なしで支給される制度を受けられます。支給される残業代は17万円。これは、主任級で約45時間分の残業代に相当します。もし17万円分以上の残業をした場合は、申請すると超過分として支払われます。

福利厚生

トヨタの福利厚生は非常に充実しています。各転職サイトでも、福利厚生の充実を評価する声がたくさんありました。一例を挙げると、

・家族手当:月2万円
・社宅:2DK3万~、2LDK4万~
・寮制度:入社6年未満、30歳未満のいずれか
・トヨタグループオリジナル自動車保険
・社内販売制度

などがあります。また、トヨタでは、「ウェルチョイス」という福利厚生サービスを導入しています。「ウェルチョイス」とは、誰でも利用できるコアメニューと、あらかじめ付与されたポイントを使って利用するセレクトメニューに分かれた福利厚生サービスのことです。コアメニューの一例は次の通りです。

・財形貯蓄
・持株会
・退職金
・DC年金
・スポーツセンター利用サービス
・保養所利用サービス
・マッサージルーム利用サービス

そのほかに、社員はそれぞれ9万円分の福利厚生ポイントを付与され、約4000種のセレクトメニューの中から好きなサービスが受けられます。また、各種休暇が取得しやすいのも特徴のようです。特に有給休暇は100%取得が推奨されており、会社全体として取得しやすい雰囲気があります。近年では在宅勤務も導入され、ワークバランスも取れている印象です。

トヨタ転職の難易度とは?

ここまで読み進めてきて、トヨタへの転職に心が傾いた方もいらっしゃるでしょう。しかし以下の2つの理由から、トヨタへの転職難易度は高いと考えられます。

・転職人気が非常に高い企業であること
・高い能力や経験を求められる場合が多いこと

転職活動を行う際には、難易度の高さを事前に把握しておくことも必要です。

転職人気が非常に高い企業であること

トヨタは年収など待遇面の高水準に加え、世界をリードする企業であることなどから、転職人気が非常に高い企業です。実際、dodaが2021年に発表した「転職人気企業ランキング2021」では、

・グーグル
・ソニー

を抑え、総合1位に選ばれています。また、Open Workの「社員による会社評価ランキング」でも総合1位になっており、入職者からの高い評価も目立っています。そのため、多くの転職者が求人に殺到することが予想され、倍率も非常に高くなると考えられます。

高い能力や経験を求められること

トヨタに転職する際には、多くの場合、高い能力や経験が求められることも難易度が高くなる要因のひとつです。コーポレートサイトの採用情報を見てみると、多くの職種で応募の前提条件として、

・高専卒
・大学学士以上

とされていました。さらに専門領域においての豊富な経験や高い能力が求められています。海外企業との交渉があるような部門では、TOEIC700点以上が優遇対象となる案件もありました。

求められる人材とは?

では、トヨタへの転職で求められる人材とはどのような人なのでしょうか。トヨタでは2020年に社員の行動指針である「トヨタウェイ2020」を策定しています。「トヨタウェイ2020」は以下の通りです。

トヨタとは、
「だれか」のために
誠実に行動する
好奇心で動く
ものをよく観る
技能を磨く
改善を続ける
余力を創り出す
競争を楽しむ
仲間を信じる
「ありがとう」を声に出す

これらのことから、トヨタが求める人材は、

・利益だけでなく社会に貢献する意欲のある人
・好奇心に正直な人
・常に向上心を持っている人
・チームワークを大事にできる人

であることが分かります。

参考URL:トヨタフィロソフィー

選考プロセス

実際の選考プロセスは以下の通りです。トヨタでは内定から約3ヶ月~最終面接日より6ヶ月後の毎月1日に入社となります。選考に臨む際には、内定後のスケジュールも考慮しておきましょう。

① 応募
② Web選考:合否は2週間以内にメール通知
③ 1次面接+適性検査:合否は1週間以内にメール
④ 最終面接:合否は1週間以内にメール通知
⑤ 内定

それぞれの合否連絡は目安であり、職種や部門によってはもう少し時間がかかる場合もあるようです。選考開始~内定までは約半年の時間を要します。現職などの事情を考慮したうえで、無理のないスケジュールを組みましょう。

転職を成功させるコツ

転職難易度が極めて高いトヨタですが、それだけにぜひ内定を勝ち取りたいと考える方も多いでしょう。ここでは、トヨタへの転職を成功させるコツをご紹介します。転職成功のコツは以下の3点です。

・企業に貢献できることをアピールする
・転職エージェントを利用する
・期間従業員から正社員登用を目指す

では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

企業に貢献できることをアピールする

転職活動を通して最も注力したいのは、自分が企業に貢献できる人材だとアピールすることです。トヨタでは、中途採用者には高い経験や能力を求めるというのは先ほど述べたとおりですが、それは希望職種の職域に限った話ではありません。実は、採用のページには、異業種からの転職も歓迎するとの旨が明記されているのです。重要なのは、これまでの経験を通して、自分がどのように企業に貢献できるか、また、どれだけ社風にマッチした人材であるかをアピールすることなのです。「トヨタフィロソフィー」を理解し、自己分析の精度を高めることで、適切な自己アピールに繋げましょう。

転職エージェントを利用する

トヨタのような人気の高い大企業への就職を目指すなら、転職エージェントの利用は特に効果的です。なぜなら、以下の3点において転職活動を有利に進められるからです。

・企業に合わせた対策をしてもらえる
・煩雑な事務手続きを代行してもらえる
・非公開求人が教えてもらえることがある

まず、企業に合わせた履歴書や職務経歴書の添削や面接の対策を受けられるのは、エージェントを利用する大きなメリットです。特に異業種からの転職を考えている場合、企業の社風や雰囲気に合っているか、理念の共有はできているかという点は重要視されます。しかし、自分一人で対策を行うと情報の収集から自己分析までに多くの時間を費やすほか、その対策が本当に正しいのか不安を抱えながらの活動になってしまいます。エージェントに登録すると、希望の転職業界によって担当のアドバイザーがつきます。アドバイザーは転職のプロとして豊富な知識と経験を持っているため、適切な対策を受けられるのです。また、転職活動時には多くの人が現職に就いていたり、子育てや介護などを並行して行っています。そのため新卒での就職活動時と違って、割ける時間に限りがある場合が多いのです。転職エージェントを利用すると、履歴書の送付や面接のアポ取りといった煩雑な事務作業を担当アドバイザーに代行してもらえます。空いた時間は自己分析や面接の練習などに充てられるので、効率のよい転職活動が可能になるのです。さらに、非公開求人情報を教えてもらえることもあります。非公開求人情報とは、好条件の案件で応募が殺到しそうな場合や、管理職案件、大企業が新たな事業を始める際の案件などの情報を公開したくない場合に、必要な一部の求職者にのみ提供される求人情報のことです。これらの情報は、エージェントに登録していない一般の人は見ることができません。非公開求人情報の特性から、トヨタへの転職情報が隠れているケースも十分想定できます。特に高いポストへの転職を希望しているときや、希望職種が見当たらないときには利用のメリットが大きいと言えるのです。

期間従業員から正社員登用を目指す

学歴や経験には自信がないがトヨタに転職がしたいと考えている場合、期間従業員制度を利用することをおすすめします。期間従業員とは、契約から最長で2年11ヶ月の間、トヨタの工場の生産ラインで働く従業員のことです。期間従業員として入職すると、入職後1年以降に社員登用制度を利用することが可能です。コーポレートサイトの実績を見ると、年間200~300人程度の人がこの制度を利用して正社員へとキャリアアップしています。たとえば高卒の場合は、一般的には新卒でしか入職のチャンスがありませんが、こうした制度を利用することで、頑張り次第ではトヨタ社員への扉が開かれるのです。

トヨタ転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

トヨタ転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

トヨタ転職を目指す上でおすすめの転職サイト

トヨタ転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

トヨタ年収に関するQ&A

トヨタ年収に関するQ&Aを整理します。

トヨタの給料は高い?低い?理由は?

トヨタの平均年収は865万円であり、一般に比べて給料はかなり高い水準と言えるでしょう。30代前半まではほぼ同じタイミングで出世/昇給します。30代前半で主任に出世すれば、年収1000万円以上が期待できます。

トヨタは激務?きつい?ホワイト企業?

トヨタは非常にワークライフバランスが取れていることで知られています。コロナで在宅勤務が奨励されています。フレックス勤務も可能で、事前の申請なく好きな時間に仕事をはじめて好きな時間に仕事を終えることができます。また、有給休暇カットゼロ制度が設けられていて、課長級未満の組合員は有給100%取得が義務化されています。ただし、祝日をカウントしないトヨタカレンダーがベースとなる点については

トヨタのボーナス(賞与)は高い?

トヨタではボーナス(賞与)は年に2回支給されます。前年の業績によって変動しますが、多くの場合、約6〜7ヶ月分が支給されます。ボーナスと昇給の評価は、2wayシートと呼ばれる自己申告シートに基づき行われます。最近では徐々に賞与の割合が大きくなっており、主任職で一回につき約50万円程度差がつくという話も。ただ、会社全体の業績に依存する部分の方が圧倒的に大きく、個人の成績よりも景気の影響が大きいようです。

トヨタの残業代は?

トヨタの残業代は全額支給されます。組合員の間(主任まで)は比較的休みが取りやすいですが、基幹職に昇格すると、休みを取りにくい雰囲気が増すようです。

主任になると、

・毎月45万円の残業代
・17万円分が月給に加算される

のどちらかを選択します。

トヨタの生涯年収は?

トヨタの生涯年収は3.2億円です。トヨタと生涯年収が近い会社は以下の通り。

・みずほフィナンシャルグループ
・ベネッセホールディングス
・コナミホールディングス
・KDDI
・ファーストリテイリング
・ノーリツ鋼機
・レノバ
・GA technologies
・トリケミカル研究所
・NTTドコモ
・ローツェ
・グリー
・日立製作所
・石油資源開発
・積水化学工業

トヨタの出世コースは?年功序列?

トヨタでは年功序列の傾向が強く、ほとんどの人が主任・課長までは昇進できる傾向があります。ただ技術職の場合、課長職に出世するのが年々難しくなってきているとの声もあります。評価は、直属の上司との面談と部内の管理職(課長・室長・部長)により検討が行われ、部門内での相対評価によって出世が決まります。出世には、TOEICも考慮される部署(特に技術職)があり、700点以上の取得が望ましいとされています。部長職以上になるには、業務上の実績だけでなく人柄も重視されるため、能力が低い人や人望のない人が部長職以上に出世することは、少ないとされています。

トヨタの採用大学は?

採用人数が多い大学(2020年)は以下の通り。

・東京大学:32人
・名古屋大学:32人
・東京工業大学:23人
・慶應義塾大学:23人
・京都大学:22人
・九州大学:20人
・名古屋工業大学:19人
・東京理科大学:17人
・早稲田大学:17人
・立命館大学:17人

トヨタ工場勤務の年収は?

トヨタ工場勤務の平均年収は約740万円です。競合他社の年収水準については以下の通り。

・日産の工場勤務(自動車):約705万円
・スズキの工場勤務(自動車):約680万円
・マツダの工場勤務(自動車):約629万円
・ホンダの工場勤務(自動車):約747万円
・新日鉄の工場勤務(鉄鋼):約569万円
・三菱電機の工場勤務(電気)約500万円

トヨタで学歴は重要?

トヨタには高学歴の社員も多いですが、学歴にこだわる人は少ないようです。スキルや経験が評価される傾向があり、比較的公平感があるとの声も。

トヨタ役員の年収は?

2021年3月期の取締役10名に対する報酬総額は6億5000万円増額で、25億9500万円となっています。

トヨタの年収は35歳で年収1000万円に到達する?

昇格試験に合格すれば、多くの人が35歳で年収1,000万円に到達します

トヨタで年収1500万円は可能?2000万円は?

役員以上になることができれば可能です。

トヨタの年収は高卒でも高い?

高卒の場合、期間工からスタートして正社員になれば、相応の年収を見込むことができます。

トヨタの年収は院卒でいくら?

院卒の場合は、7年目にある主任への昇格試験に合格すれば年収は大きく上がり、年収1000万円に到達します。

トヨタの給与明細は?

トヨタの給与明細はネット上で画像として上がっていますので、検索して見ると良いでしょう。

トヨタの離職率は高い?

トヨタの新卒入社後3年以内の離職率は3.8%であり、業界の中でもかなり低い水準に入ります。

トヨタでリストラでクビになることはある?

トヨタでは、会社を辞めさせられるという事態は基本的に起こり得ません。成果を上げなくても、勤続しているだけでそれなりに役職が上がることもあるようですが、最近では成果主義の方向に評価システムが変化しつつあるようです。

トヨタ新卒の初任給は?

トヨタ新卒の初任給は以下の通り。

事務職・技術職(総合職)

学部卒業相当:月給20万8000円
修士修了相当:月給23万円
博士修了相当:月給26万4000円
高専卒業:月給18万1000円
専攻科卒業:月給20万8000円

業務職(一般職)

大学卒業:186,000
短期大学・専門学校(2年制)卒業:166,000

最後に

トヨタは世界を牽引する自動車メーカーとして、転職人気の高い企業です。年収の面を見ても、平均年収858万円と日本人平均の2倍以上、同業他社と比較してもトップの水準です。待遇面やワークバランスにも定評があり、求人への倍率は非常に高くなることが予想されます。また、転職時には高い能力や豊富な経験に合わせて、社風や理念にマッチした人材が求められます。そのため、トヨタに合った対策を行うことは、転職への近道と言えるのです。転職エージェントを利用すると、こうした企業ごとの対策を受けられます。また、煩雑な事務作業を担当アドバイザーに代行してもらったり、非公開求人案件を紹介してもらうことも可能です。現職や家庭の事情などで活動にあまり時間がかけられない場合にも、効率よく転職成功を実現できるので、トヨタのような難易度の高い企業への転職を考えている場合には特に利用をおすすめします。