公開日

2022/06/23

最終更新日

【42歳転職】未経験は厳しい?無理?難しい?失敗しないコツを男性・女性別に解説

42歳の転職では、業界の知識や実績、マネジメントスキルなど様々な条件が求められます。年齢が上がるごとに転職難易度が上がる中、「42歳でも希望の企業に転職できるのか」と不安になる方もいらっしゃると思います。この記事では、

・42歳でも転職できるのか
・42歳の転職で求められること
・42歳の転職を成功させるポイント

について解説します。42歳の転職は要求される水準が高く、20〜30代前半よりも比較的ハードルが高いです。しかし成功のポイントを押さえれば、決して不可能ではありません。最後まで読んで、希望の企業へ転職するための土台となる知識を身に付けましょう。また、42歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【JACリクルートメント】等を紹介していきます。

【42歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

42歳でも転職できるか?結論可能です!

まずは、42歳でも転職できる可能性をお伝えします。結論から言えば、42歳で転職することは十分に可能です。実際に42歳で転職している方がたくさんいることを示すデータもあります。一般社団法人日本人材紹介事業協会の調べによると、31〜35歳では6,809人、36歳〜40歳では4,086人、41歳以上では5,248人の方が転職に成功しています。しかし、20代と30代と比較すると多くないことも現実です。それでは次に42歳での転職が厳しい理由を見ていきます。

参考:人材紹介大手3社の転職紹介実績の集計結果

42歳での転職が厳しい3つの理由

42歳での転職が厳しい3つの理由を整理します。

即戦力以上のアピールが必要

40代転職を目指す場合、即戦力として活躍できることに加えてプラスアルファの要素が必要になります。具体的には、過去の実績、スキルはもちろん、その上でマネジメント経験、語学力など、他の転職希望者と差別化が図れる要素が必要です。

そもそも求人数が少ない

年齢が上がるほど、当然ながら経験や専門性は求められます。そのため40代になれば、20代・30代の転職者に比べ、自分とマッチする求人の数が一気に減ります。さらに、給料や役職にこだわって転職先を探すのであれば、より求人数は減るので、転職活動が長期化する可能性もあります。

ポテンシャルが評価されない

40代ともなれば、ポテンシャルを見込んで、採用されるケースはほぼありません。実際のところ、20代や30代の若手の方が伸びしろは大いにあります。経験がなくても、教育に時間をかけられることもあって、20代や30代の方が圧倒的に有利です。42歳での転職が厳しい理由を3つ確認しました。40代は即戦力以上のアピールをしたり、少ない求人の中から転職先を探す必要があります。実際に転職活動していく中で、20代・30代と比較すると、まず書類選考に通過しなくなります。それでは次に42歳の転職で書類選考に通らない理由を4つ見ていきましょう。

42歳の転職で書類選考に通らない4つの理由

40代の転職では、30代以降と比べて書類選考通過率が低くなります。管理職の経験もあり、即戦力となる資格も持っているのに書類選考に通過しないのはどうして?と悩む42歳の方は少なくありません。書類選考に通らないのは以下の原因があります。

年齢の壁

求人を出す場合、企業は希望する年齢の上限を定めることができます。「39歳まで」と求人票に年齢制限が記載されていない場合でも内々の基準で設定されていれば、42歳という時点で希望年齢に合致させることができません。採用の対象年齢から除外されてしまったら、書類に目を通す前に落とされてしまいます。いくらキャリアやスキルがある40代でも、書類選考に通過できない方は年齢がハードルになってしまっているのが現状です。

応募者と企業のミスマッチ

スキルが企業が求めるレベルに達していないと判断された場合、書類選考に通過できません。しっかり伝えきれずに落とされてしまったという方も少なくありません。また、年収や希望する勤務地、転勤の可否などので書類選考が通らない場合もあります。

働く意欲が伝わらない

転職回数が多い方や前職を短期で退職されている方は要注意です。企業側としては、採用するからには、長く働いてほしいと期待しているため、早期退職の可能性が高い人材への懸念があります。「会社に貢献してしていきたい」という意欲を伝えなければ、書類選考通過は厳しいでしょう。

42歳の転職で面接に受からない理由2つと解決策

40代で転職をしようと考えている方は、自分なら成功できるだろうという勝算があります。だからこそリスクを背負ってでも、転職にトライするのではないでしょうか。しかし実際の勝率はどのくらいかというと、失敗率が86%という悲惨な数字が出ています。つまり勝てると思っている多くの方が後悔しています。実は多くの方が失敗した原因は実力とはあまり関係ない部分、みなさんが久しぶりに受けた面接の中に隠されています。

自分の能力を過信

42歳のミドル世代の場合、ある程度仕事に慣れた地位のあるポジションのせいで、謙虚にあることを忘れてしまっている人が多いです。中には自分が偉いと勘違いしてしまっている人もいます。結果、自分の能力を過信してしまう傾向にあります。

面接で失敗するタイプ

面接で失敗するタイプは、自分は饒舌に話ができると思い込んでいます。しかし実際は失言ばかりで、自分で自分の首をしめてしまいます。42歳が転職の面接に行くと必ず聞かれるのが転職の動機です。「なぜ転職を考えたのか?」面接官からの質問に対し、多くの40代ミドルは「年収と肩書きをあげてキャリアアップしたい」と答えていました。一見問題のない答えのように聞こえるかもしれません。しかし、「年収と肩書きを上げたい」と言われても面接官に響くものがあるでしょうか?「そんなこと働いている人間は全員思っている」と思われて終わりです。

採用したいと思う人材

例えば「今まで営業の仕事で営業目標120%達成してきました。それを踏まえて御社でも営業目標150%達成したいと考えています。今の会社で働き続けても叶わないことを新しい会社で成し遂げたいです。」と答えたとしましょう。この回答なら採用してみたいと思いませんか?採用したいと感じる42歳は、「前向きで成長意欲が高い」「会社の環境に順応できる」「面接の受け答えが上手い」などがあります。参考にして下さい。

42歳の転職で失敗する人の4つの特徴

42歳の中高年での転職が厳しいのは事実です。中高年よりも若い人の方が、適応力があって仕事を覚えるのが早く、下手にプライドを持っている割合も少ないため、特別な理由がない限りは好んで、40代を採用するという企業は多くありません。それでは、42歳の転職で失敗する理由を具体的に4つ紹介していきます。

中高年転職の実際を理解していない

20代であれば、転職に際してポテンシャルも評価対象となります。そのため、経験者採用の場合であっても多少マッチングが不十分でも採用される可能性は十分にあります。しかし、40代ともなると、ポテンシャルは見られずに、マッチングしていることが最も重要です。とにかく即戦力であることを求められ、企業が求めているスキルに見合ったスキルをその転職活動時点で備わっていなくてはなりません。入社してから勉強しますや頑張りますは、一切通用しないことになります。マネジメント層を欲しがっている場合は専門知識とマネジメント経験が必要であり、特定の経験やスキルを求めている場合は、その特定の高いレベルを持った上で実績も必要です。未経験としての転職もできないわけではありませんが、その時は待遇面で妥協する必要も出てきます。

42歳という年齢のせいにする

42歳の年齢のせいにすることは絶対に良くありません。厳しいのは事実ですが、変えることができないことに嘆いていても仕方ないからです。仕事の探し方、選び方が間違っていないか、書類選考の書き方に問題ないか、面接での答え方が悪いのではないかなど、落ちた時に反省し改善していく必要があります。特に転職エージェントなどアドバイスを頂ける環境であればまだ良いですが、自分ひとりで転職活動を進めていると、ミスがあっても気付くことができず、間違ったまま転職活動を進めることになってしまいます。

プライドが高すぎる

42歳の中高年に対し、面接官がもっとも嫌がるのがプライドの高さです。新たな会社、新たな環境でこれから働くにあたり、無駄にプライドがあり、謙虚さがない人材は企業に必要とされません。前職での実績に固執することなく、謙虚さは持つようにしていきましょう。新たな職場では、年下であっても自分よりもその会社では、長く働いているため、敬意を持って接し、一からのスタートという自覚を持つ必要があります。

我慢強さがない

40代での転職は応募社数が多くなりがちです。実際、平均応募社数で言うと20代が15社程度、40代で24社程度と10社近く差があり、転職活動期間は20代で3ヶ月以内の人が90.5%、40代で58.8%となっています。つまり、42歳での転職活動はかなり気合を入れて我慢強く行わなければいけません。しかし、転職で失敗する人はたいてい途中で条件面を下げてしまうなどの妥協をします。もちろん、自分の能力や現在の状況から考えて、ある程度の妥協は必要なことです。理想を高くしすぎると、いつまでたっても実現できない場合もあります。ただ、妥協をする時は本当に納得できるか自分としっかり向き合って決めていきましょう。むやみに条件を下げることと後悔の種になってしまいかねません42歳の転職で失敗する人の特徴を4つ見てきました。ここまでで42歳の転職が簡単ではないことを確認してきました。しかし、厳しい中でも準備をして、前向きに粘り強くチャレンジすれば、成功することは可能です!それでは次に42歳の転職成功率を上げるコツを紹介していきます。

42歳の転職成功率を上げるコツ

42歳の転職成功率を上げるコツを整理して行きます。

キャリアの棚卸をする

42歳で転職を成功させるコツは、キャリアの棚卸をすることです。42歳の転職は即戦力となる能力が求められるため、今までの豊富なキャリアが大きな強みになります。キャリアの棚卸は、あなたに合う求人探しだけでなく、面接の自己アピールにも役に立ちます。

優先順位を決める

転職の条件に優先順位を決めることは大切です。優先順位を決めるために、あなたが「妥協できる」「妥協できない」条件を整理すると良いでしょう。転職の条件例としては、「年収が高いか」「現在のスキルが活かせるか」「全国転勤があるか」「残業が多いか」「土日休みか」などがあります。自分自身の中で、妥協できるポイントと妥協できないポイントはどこか整理しておきましょう。

現職で実績を残してから転職する

42歳で転職を成功させるなら、現職で実績を残してからが良いでしょう。「自分が配属されてから部署の売上を25%アップさせた」など、数字で示せる実績があると、採用側はあなたの価値を認めやすいです。売上に関わらない部署で数字の実績を出しにくい場合、「昇進した」など周囲から認められたことは実績としてアピールできます。実績が中途半端だと感じるときは、自信を持てる実績を残してから転職した方が成功しやすいでしょう。

転職活動は在職中に行う

42歳の転職成功率を上げるためには、転職活動を在職中に行いましょう。42歳の転職活動は長期化する可能性が高いためです。実際、1年近く転職活動をする場合もあります。退職後の転職活動を行うデメリットを2つ紹介します。「無給のため、貯金を切り崩しながら生活をしないといけない」「無職という現状で世間体が気になる」の2つです。金銭的に追い込まれると正常な判断ができなくなり、待遇の悪い会社に妥協して入ることになるかもしれません。そのため、長期化する可能性を見越して、転職活動は在職中に行いましょう。

年収がいったん下がる転職先も候補に入れる

42歳で転職を成功させるには、いったん年収が下がる求人にも目を向けましょう。42歳で転職して、いったん年収が下がっても、スキルがあればまた上がってきます。

ミスマッチを防ぐ

42歳転職の成功を目指す上では、企業とのミスマッチを防ぐことが何よりも大切です。例えば、求人情報をパッと見ただけでは、詳しい業務内容まで分かりません。同様に採用担当者も、履歴書を見ただけであなたのスキルを知るのは難しいです。

人材不足の業界を狙う

人材不足の業界への転職を狙うことはおすすめです。その理由は、「42歳だけど、スキルに自信がない」という方も採用されやすいからです。人材不足の業界をまとめたので紹介していきます。「建設・建築・土木業界」「運送・流通業界」「医療・介護福祉業界」「飲食・サービス業界」「IT業界」です。興味のある業界が人材不足であれば、チャンスになります。42歳で未経験は厳しいとあきらめず、積極的に挑戦してみましょう。

正社員にこだわらない

42歳で転職をさせるコツは、正社員にこだわらないことです。なぜなら契約社員やアルバイトも転職先候補に入れると、幅広く応募できるようになるからです。

転職エージェントを活用する

42歳で転職を成功させるコツは、転職エージェントを活用することです。ミスマッチが起こりにくい求人探しや、応募書類の作成や面接対応など、様々な面で助けてもらえるため、仕事をしながらでも転職活動がスムーズに進みます。転職エージェントは多くあり、独自の求人を持っているため、複数の転職エージェントに登録することで、応募先の幅を広げることも可能です。

42歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

42歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

42歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

42歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

42歳転職に関するQ&A

42歳転職に関するQ&Aを整理します。

42歳転職で自分の強みをアピールする方法は?

42歳転職で自分の強みをアピールする方法としては、マネジメント経験をアピールするか専門性をアピールするかに大きく分けられます。マネジメント経験で勝負する場合は、これまでにチームを率いて成果を出したことをアピールすると良いでしょう。専門性で勝負する場合は、自分が差別化されたスキルや経験を持っていて、それを活用して組織に大きく貢献できることを示すと良いでしょう。

42歳で初めての転職は遅い?

42歳転職は一般に遅いと言われる傾向にありますが、42歳で転職に成功した人も徐々に増えています。年齢を理由に諦めず、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

42歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

42歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

42歳から未経験の仕事を新たに始める場合の注意点は?

42歳未経験でも転職は可能です。ただ、かなり狭き門となります。まずは自分が経験したことのある業界や職種の仕事を探しましょう。

42歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。39歳転職では、ある程度の年収ダウンのついては受け入れざるをえないことも理解しておく必要があるでしょう。

42歳フリーターで正社員転職は可能?

42歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス

※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

42歳から公務員転職は目指せる?

一般的に公務員試験には年齢制限が設けられていますが、最近では、職歴がなくても30歳以上でも受験できる試験が非常に増えてきており、公務員を目指すチャンスが広がっています。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

42歳で異業種転職は可能?

42歳で異業種転職に成功するケースもないわけではないですが、異業種転職が成功しやすいのは30代前半までです。42歳で転職する場合は、すでに自分が持っているスキルや経験を生かすことを第一に考えましょう。

42歳女性でも転職できる?

十分に可能性はあります。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、必要に応じて、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

42歳子持ちで転職は可能?

42歳子持ちで転職する場合、働き方に制約のない人材との競争になるので、普通に転職活動を行うと上手くいかない場合が多いです。プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いつつ、正社員転職がしやすい業界や職種を選ぶことで、42歳子持ちでも転職できる可能性が高まります。

42歳で仕事がない場合はどうしたら良い?

契約社員からで良いので、なんとかして仕事を見つけるべく行動を開始しましょう。契約社員でも実力が認められれば、契約社員から正社員にステップアップできる場合もあります。

アラフォー転職は厳しい?

アラフォー世代の転職は厳しいというのが通説ですが、やり方次第でいくらでも転職先は見つけることができます。必要に応じて、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

42歳で大手企業への転職は可能?

可能性はあります。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えましょう。

最後に

42歳での転職は20代30代と比較すると、厳しいことは間違いありません。しかし、実際に転職に成功している方がいることも事実で、準備をして戦略的に転職活動をすれば転職は可能です。自分一人では、客観的に物事を判断することは難しいため、転職エージェントの利用はオススメです。最終的に判断するのは、自分自身ですので、今までのキャリアや転職先に求める条件を整理し、転職活動を進めていきましょう。

Photo by Scott Graham on Unsplash