公開日

2022/06/22

最終更新日

【ホンダ年収】本田技研工業の給与ランキングは低い?やばい?1000万は?初任給・生涯年収や評判を解説!

  • ホンダに転職してモノづくりの仕事がしたい
  • ホンダの年収は低いのか
  • 年代別の年収や給与の仕組みが知りたい

上記の悩みにお答えします。結論、ホンダの年収は高いです。30代でも年収1,000万円以上を稼いでいる社員も数多くいます。ホンダは、自動車の国内販売台数2位に位置する人気企業です。N-BOXやステップワゴンは、ファミリーカーとして国内で大きなシェアを獲得しています。本記事では、ホンダの平均年収や給与の仕組み、転職する方法について解説します。ホンダに転職を考えている人は、是非参考にしてください。

【ホンダ転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ホンダの平均年収は799万円

「doda 本田技研興業株式会社の平均年収、給与情報」によると、ホンダの平均年収は799万円です。一方で、doda 平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】では、メーカーの平均年収は455万円です。上記の通り、ホンダの平均年収は業界でも高いといえるでしょう。自動車メーカーの平均年収ランキングでも、ホンダはトヨタに次ぐ2位に位置します。国内の自動車メーカとしては、トップクラスの企業です。

ホンダの年齢別平均年収

ホンダの年齢別平均年収は、以下の通りです。

年齢

平均年収

20歳~24歳

304万円

25歳~29歳

567万円

30歳~34歳

608万円

35歳~39歳

628万円

40歳~45歳

702万円

45歳~49歳

800万円

50歳~54歳

878万円

55歳~59歳

869万円

60歳~65歳

567万円

参考:HONDA 有価証券報告書

上記の数字を見る限りでは、給与の仕組みは「年功序列」であることがわかります。しかしホンダは役職や成果に応じて年収が高くなります。そのため、30代〜40代で年収1000万円を超える人も少なくありません。近年では、給与体系を「成果主義」にシフトする動きもあります。これからホンダに転職して成果を出せる人は、平均年収よりも稼げるかも知れませんね。

ホンダの職種・役職別平均年収

ホンダの役職・職種別平均年収について解説していきます。ホンダは、役職につくと年収が高くなります。場合によっては、スキルや経験が認められて転職後すぐに役職に就ける可能性もあるでしょう。職種によって年収も異なるので、ホンダの年収については転職する前に把握しておくのがおすすめです。

ホンダの役職別平均年収

役職別平均年収は、以下の通りです。

役職

平均年収

平均月収

メンバー

約450万円以上

月給26万円以上

チームリーダークラス

約650万円以上

月給37万円以上

係長クラス

約800万円以上

月給46万円以上

管理職

約1,200万円以上

月給62万円以上

参考:HONDA公式ホームページ 福利厚生

ホンダの平均年収は799万円ですが、管理職につくと年収1,000万円以上稼げます。年功序列が色濃く出ている傾向にありますが、35歳で年収1,000万円達成している実例もあるので、成果が全く認められないわけではありません。ホンダに転職する際は、どのように貢献するかを事前に決めておけば、高い年収を得られる可能性が高いといえるでしょう。

ホンダの職種別平均年収

ホンダの職種別平均は、以下の通りです。

職種

平均年収

一般職

450万円~800万円

技術職

450万円~800万円

総合職

450万円~1,000万円以上

参考:HONDA公式ホームページ 採用情報

一般職と技術職の年収は、ほぼ変わりません。一方で総合職は、高い年収を期待できます。しかし技術職でも、エンジニアや最先端テクノロジーの部門で年収1,000万円を超えている人も少なくありません。高いスキルがあれば、ホンダで高い給与を得られるでしょう。

ホンダと競合他社との年収比較

ホンダと競合他社との年収を比較した結果は、以下の通りです。

会社名

平均年収

トヨタ自動車

858万円

本田技研工業

799万円

日産自動車

796万円

いすゞ自動車

759万円

スズキ

665万円

三菱自動車工業

652万円

SUBARU

629万円

マツダ

629万円

日野自動車

620万円

国内トップはトヨタ自動車の858万円です。本田技研工業は2番目に位置します。トヨタ自動車・本田技研工業・日産自動車の3社は、社員の平均勤続年数が15年以上ある国内でも離職率の少ない企業です。技術者のレベルも高く、売上も競り合っています。3社とも魅力的な企業ですが、トヨタ自動車が頭一つ抜き出ていえるのが今、の日本の自動車産業です。

ホンダの給与と評価の仕組み

ホンダの給与は、基本的には年功序列です。20代前半の給与は、他社と大差ありません。30歳を過ぎるとチームリーダークラスになり、年収650万円。40歳を過ぎると係長クラスになり、年収800万円。40代半ばで管理職になり、年収1200万円以上。昔ながらのエスカレータ式で給与が上がっていきます。特例としてごく稀に30半ばで係長クラス以上になる社員がいるようです。しかし多くの場合、年功序列と考えて良いでしょう。近年は、昇格試験や直属の上司が評点をつけてもらい、成果が給与に反映される仕組みになっています。少しずつではありますが、ホンダの給与の仕組みは、変わりつつあります。

評価の制度について

ホンダは、成果主義の評価体制にシフトしようとしています。しかし、組合との関係や人材不足による不当評価の可能性から成果主義に踏み切れていません。昇格試験や上司の評点があるとはいえ、年功序列はまだまだ続くと考えられます。若手社員からは「成果主義にするべき」との声もあるそうです。評価制度については、ホンダの今後の課題といえるでしょう。

ホンダのボーナスは少ない?

近年の実績では、1年間で月給の約6ヶ月分がボーナスとして支給されています。ホンダのボーナスは、自動車メーカーの業界では高い方です。賞与は夏と冬で2回支給されます。近年では、成果や評価もボーナスに反映されるようになってきました。賞与はホンダの業績によって変動するため、今後は大きく変動する可能性があります。しかし近年は、新型コロナウイルスの影響やテクノロジーの発展、環境問題の影響で、ホンダの経営状態をやや厳しい状態と見る向きもあります。

ホンダの課題

ホンダの課題は、以下の2つです。

  • 自動車の総生産台数の減少
  • 次世代技術への取り組み

本田技研工業は国内で2番目に位置する自動車メーカーですが、大きな問題を抱えています。具体的な理由は、時代とテクノロジーの進歩による影響です。テクノロジーの発達による環境問題に対する配慮やテクノロジーの進展はホンダだけではなく自動車メーカー全てに大きな影響を与えています。

自動車の総生産台数の減少

ホンダの2021年度上半期(4月~9月)の世界生産台数は、197万8792台です。上記の数字は2011年東日本大地震以来で、10年ぶりに生産台数が200万台を下回る結果となりました。2020年は新型コロナウイルスの影響により生産台数は6.2%減少。新型コロナウイルスが蔓延する前年の2019年度上半期の世界生産台数は、262万0683台です。2年前と比較した結果、自動車の生産台数は約24.5%減少になります。国内販売も5.2%減の26万6849台と2年連続でマイナスが続く現状です。環境問題・新型コロナウイルスの影響により、ホンダの経営状況はやや苦しいといえるでしょう。上記の問題を迅速に解決するために、事業のさらなるグローバル展開や新規顧客の獲得に力を入れています。

次世代技への取り組み

前述した「自動車の総生産台数の減少」を解決するためにも、ホンダは次世代技術への取り組みに力を入れています。実際、今後の自動車業界は電動化・安全運転技術・コネクテッドなどへの対応が求められるとホンダは考えています。すでに電気自動車は当たり前になりつつありますが、それに加えて「全自動自動車」の開発がさらに加速することで、自動車業界には大きなイノベーションが起こる可能性があります。自動車に必要なエネルギーが電力に変わるため、自動車メーカーは電動化技術・EV(電気自動車)・FCV(燃料電池自動車)の拡大を早急に進めることが必要です。上記の問題に解決するために、優れた技術者が必要となります。

ホンダの採用情報

ホンダの会社HPで現在出されている求人は、以下の通りです。

  • 職種
  • デザイン
  • 生産技術開発
  • 購買・調達
  • 技術開発(エネルギー・新モビリティ等)
  • 研究開発(パワープロダクツ)
  • 設備
  • 研究開発(四輪)
  • 研究開発(二輪)
  • 開発管理
  • 人事・総務
  • 経理・財務
  • 法務・知財
  • IT企画・社内SE
  • 品質
  • 物流・生産管理
  • 研究開発(機械・材料)
  • サービス
  • 設備管理

ホンダでは、上記の職種が募集されています。近年では、テクノロジーを駆使した製品やサービスの展開を、ホンダは考えていますね。そのため、高いスキルが求められているでそしょう。2021年10月以降からは、システム開発の求人が増えています。上記の点から考えると、システムエンジニアや、システム構築経験がある人は、ホンダへの転職が有利になると考えられますね。デザイン職種でも、2021年10月に、UI/UXデザイナーの募集が始りました。インターネット社会で勝ち抜くために、適切なUIなどにも力を入れて、新規顧客の獲得を目指していると考えられます。

ホンダの待遇・福利厚生

ホンダの待遇・福利厚生は以下の通りです。

休日・休暇

長期休暇あり(GW、夏季、年末年始)・平均有休取得日数18.8日(2019年度)・年間休日121日・年次有給休暇…16日~20日/年※勤続年数に応じて付与・慶弔休暇(結婚休暇…6日、出生休暇…3日、忌引休暇…1~7日※続柄に応じて付与)

各種手当

通勤手当・在宅勤務手当・賞与 ・残業代全額支給

福利厚生

・独身寮、転勤社宅 ※適用条件有・社内研修(階層別研修、ビジネススキル研修、語学研修等)・語学資格取得支援・健康診断・余暇施設(運動施設、保養所)・厚生制度(財形貯蓄制度、団体扱い保険、持家支援、持株会制度、選択型福利厚生等)・食堂施設、食事補助

勤務形態

・フレックスタイム・在宅勤務・リモートワーク・テレワーク(入社1年経過後/勤務時間の25%を上限※コロナ感染症予防のため入社1年未満/上限時間以上の適用有)

待遇・福利厚生については、かなり充実しているといえるでしょう。「よく働き、よく遊べ」のモットーを掲げているHondaは、社員のワークライフバランスを大切にしています。他社に比べて福利厚生が劣ると判断された場合、迅速に対応して、働きやすい環境作りに力を入れている点はホンダで働く大きな魅力です。

ホンダに対する社員口コミ

ホンダに対する口コミは、賛否両論の意見が多数あります。大手自動車メーカーで福利厚生も充実しているため、安心して働けるとの声が多いです。一方で仕事の進め方、給与、組織の在り方については不満の声も少なくありません。今回は、ホンダに対する良い口コミと悪い口コミを、併せて紹介していきます。

ホンダに対する良い口コミ

ホンダに対する良い口コミは、以下の通りです。

  • 福利厚生が充実している
  • 成長を実感できる
  • 着実に給料が上がる
  • 誰にでもチャンスがある

本田技研工業の良い口コミの多くは、ワークライフバランスが整っていることです。福利厚生が充実しているため、安心して働ける人が多い印象です。独身寮が用意されているため、給与が低い時代でも、お金の心配をする必要はありません。30代になると、年収600万を超える社員がほとんです。20代は少し貧乏だけど、頑張ればそれなりに安定して暮らせると考えている人も多くいます。産休・育休も充実しているため、産後の復職率もかなり高いです。社内託児所があるため、女性にとっても安心して働ける職場といえるでしょう。育児休暇は男性も取得できます。そのため、家庭のバランスも整いやすいと評判です。キャリアや性別に関係なく、誰にでもチャンスがあるため、向上心のある従業員には、働きやすい職場といえるでしょう。近年ではリモートワークも普及しており、働き方に満足している人は多いようです。

ホンダに対する悪い口コミ

ホンダに対するマイナスな口コミは以下の通りです。

  • 会社の売り上げが不安
  • 評価が不平等に感じる
  • 仕事の進め方が古い
  • 年功序列

ホンダに対する悪い口コミの多くは、会社の売り上げに不安を感じている社員が多いことです。自動車のあり方が変わりつつある現代において、今の仕事の進め方では間に合わないのでは?などの声が多数あります。「上司に報告するための報告」なども多く、無駄な作業に不満を持つ社員は少なくありません。しかし、ホンダは年功序列で仕事の進め方もトップダウンが基本です。給与の評価制度にも不満の声があります。本田技研工業は、直属の上司が評価点をつけるシステムです。そのため、上司との人間関係にストレスを感じる社員も少なくありません。評価に対して意義申し立てを行うことは可能ですが、それが通るケースはごく稀です。ホンダは、成果主義にシフトする努力しています。しかし組合との関係やマネジメント部門の人材不足、事業の基盤化い手をとられているため、組織改革には時間がかかると予想されます。

ホンダに転職する方法

本田技研工業に転職する方法は、以下の2つです。

  • ホンダが主催する転職イベントに参加する
  • 転職エージェントを利用する

ホンダの転職難易度は高いため、しっかりとした準備をしてから転職に挑みましょう。

ホンダが主催する転職イベントに参加する

不定期ではありますが、ホンダは自社で採用イベントを実施しています。新型コロナウイルスの影響により、現在はweb面接が基本です。転職イベントのメリットは、転職サイトを使わず直接応募できることです。ホンダの転職イベントは、一般的な転職サイトに掲載されないため、競合が少なくなります。web選考会などのイベントは不定期で実施されるため、HONDA公式ホームページのイベント情報を定期的にチェックしましょう。

転職エージェントを利用する

転職難易度の高い本田技研工業に転職するなら転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 転職サポートをしてくれる
  • ホンダの情報に精通している
  • 給与交渉をしてくれる

詳しく解説していきます。

非公開求人を紹介してくれる

非公開求人とは、一般的な転職サイトに掲載されない求人情報です。一般的な転職サイトに掲載されないため、応募人数が少なく、転職倍率が低くなります。ホンダなどの大手企業は、非公開求人を転職エージェントに出す可能性が高いです。理由は、自社の事業や問題点を、競合他社に分析されないためですね。ホンダも例外なく非公開求人を出す企業のため、転職エージェントの利用は必須と言えるでしょう。

転職サポートをしてくれる

転職エージェントは、転職全般をサポートしてくれます。具体的には、書類選考対策・面接対策です。ホンダのような大手企業は、書類選考でかなりの人数が選考から外されます。面接も重要ですが、書類選考の難易度もかなり高いといえるでしょう。次に、面接対策ですホンダは面接をかなり重視しています。過去の採用面接で実際に聞かれた質問内容は、以下の通りです。

  • 本田技研工業で何をしたいのか?
  • 過去の業務で、やり遂げたことは何か?
  • キャリアについて、どのように考えているか
  • 実現したい車を、ホワイトボードで説明してください

上記の質問内容は、過去の面接で実施に聞かれた質問内容です。ホンダは、即戦力かつ論理的な思考を持ち合わせる、高いスキルを持つ人材を探しています。返答内容はもちろん、話の組み立て方も注視されるでしょう。「実現したい車を、ホワイトボードで説明してください」のような質問も少なくありません。図解・論理を合わせたスキルが必要でしょう、ホンダに転職を考えるなら、転職エージェントから模擬面接を受けるのがおすすめです。

ホンダの情報に精通している

転職エージェントは、企業の内部情報に精通していることが多いです。注力している事業、会社の社風・人間関係、企業が求めている人材などです。上記の情報は、ホンダに転職する際役立ちます。求めている人材がわかれば面接が有利になり、ホンダの内部情報を得られると、転職後の自分がイメージできるでしょう。

給与交渉をしてくれる

求人情報と採用条件が違ったり、スキル・経験に見合わない給与が提示されたりした場合、給与交渉が可能です。しかし多くの場合は、「給与交渉する勇気がない」理由から、そのまま企業と契約してしまいます。上記の場合、せっかく転職に成功しても生活が苦しくなる危険性があります。

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ホンダの給与・年収は、国内自動車メーカーでも高い数字を出しています。今後の経営課題はありますが、それでも国内トップ企業であることには変わりません。ホンダに転職するなら、求められるスキルや経験を把握して、高い年収を獲得できる準備をしましょう。