公開日

2022/06/27

最終更新日

【日本郵政年収】中途採用の給与ランキングは高い?低い?福利厚生・ボーナスを解説!

・日本郵政の平均年収は競合他社・グループ会社と比較すると高い?低い?
・日本郵政の福利厚生・休暇制度は充実しているの?
・日本郵政への転職成功率を上げるにはどうすれば良いのか

このような悩みを解決します。日本郵政株式会社とは、日本郵政グループの持株会社として設立された日本の持株会社です。グループ会社には日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険があります。本記事では日本郵政の年代別・役職別の平均年収、グループ会社との年収比較、転職するための方法を解説していきます。特に日本郵政への転職を検討している人は、本記事を参考にしてください。

【日本郵政転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

日本郵政の平均年収は788万円

2021年3月の有価証券報告書によると、日本郵政の平均年収は約788万円です。国税庁が発表した「1年を通じた給与所得者」によると、日本企業の平均年収は約467万円です。日本郵政の平均年収は、日本企業の平均年収と比較して約1.5倍の水準です。ここから日本郵政の平均年収が高いことがわかります。

参考:有価証券報告書

日本郵政の年度別平均年収推移

まず日本郵政の年度別平均年収に関して解説していきます。

決算月

平均年収

2021年3月期

788万円

2020年3月期

798万円

2019年3月期

780万円

2018年3月期

760万円

2017年3月期

769万円

2017年から確認してみると、多少の上下はあるものの平均年収の水準が上がってきていることがわかります。

参考:有価証券報告書

日本年収の年齢別平均年収

次に日本郵政の年齢別平均年収を見てみます。

年代

平均年収

20代

575万円

30代

698万円

40代

815万円

50代

870万円

60代

598万円

日本企業の2021年時点20代平均年収が約341万円のため、日本郵政では20代の時点から高い年収水準です。また30代から40代になるタイミングで年収のベースが、130万円ほど高く推移するのがわかります。これは40代で課長や部長などの年収が高い役職につく社員の割合が、増えるためと考えられます。一方、60代で平均年収の水準が下がるため、役職を降りる社員が多くなることも確認できます。

日本年収の役職別平均年収

次に日本郵政の役職別平均年収を確認してみます。

役職

平均年収

主任

782万円

係長

883万円

課長

1,166万円

部長

1,289万円

係長から課長に上がることで年収を200万円以上上げることができるようです。そのため、年収のベースを上げるためには役職を上げることが重要です。

参考:平均年収.jp

日本郵政のボーナス推移

次に日本郵政のボーナス推移について確認していきます。

年代

平均ボーナス

20代

92万円

30代

140万円

40代

163万円

50代

174万円

60代

96万円

日本郵政の年収が高い理由の1つに「ボーナスのボリュームの大きさ」があります。日本郵政では年4ヶ月分のボーナスが支給されます。日本郵政では成果主義よりも年功序列の風土が強いため、成果によるボーナスの変動がなく、ある程度均等に支給されます。そのため成果主義を求める社員にとっては物足りなさはあるものの、安定して高いボーナスを受け取れるという安心感はあります。

日本郵政の初任給

次に日本郵政の初任給を見てみます。

学歴

初任給

修士了

220,500〜246,960円

大学卒

212,500〜238,000円

2022年1月現在、日本企業大卒の初任給は22万円弱です。そのため日本郵政の初任給は、日本企業の平均初任給と大差はありません。しかしその後の年収の上がり方によって、日本企業の平均よりも高い年収水準になってきます。

日本郵政とグループ会社との平均年収比較

日本郵政の平均年収はグループ会社と比較して高いのでしょうか。下記を確認していきます。

企業名

平均年収

日本郵政

788万円

日本郵便

789万円

ゆうちょ銀行

675万円

かんぽ生命保険

641万円

日本郵政の平均年収はグループ会社の中でも日本郵便に次いで、2番目に高い水準でした。日本郵政の平均年収は毎年上がってきているため、このままの上がり方でいくと800万の水準になる可能性もあります。

日本郵政の平均年収に対する口コミ

日本郵政の平均年収は日本企業・グループ会社と比較しても、高いことを解説していきました。そこで実際に働く社員の年収に対する口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」から抜粋した、日本郵政の平均年収に対する口コミを紹介していきます。

日本郵政の平均年収に対する良い口コミ

日本郵政の平均年収に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 年功序列であり、年齢とともに給料は上がる
  • 有給はしっかり取れ、勤怠に関してもなるべく残業しないような取り組みが行われている
  • スタートは低いものの、安定した収入があり社宅等の福利厚生が充実しているため出費も抑えることができる
  • 年功序列のため一生勤めるのであれば、役職も長く勤めればそれなりに上がっていくし、給料も上がっていく
  • 課長や局長クラスそれ以上になれば贅沢な暮らしができると思う

年功序列の風土が強く残っている会社のため、年齢が上がれば年収も上がっていくという点で長く1つの会社に勤めていたいという人にとってはあっているようです。また課長や局長クラスなど高い役職になることで、年収ベースを大きく引き上げることができるため、年収を上げるためのステップが明確に示されています。

日本郵政の平均年収に対する悪い口コミ

一方、日本郵政の平均年収に対する悪い口コミは以下のものがありました。

  • スキルシートの内容が業務内容と比べてわかりづらい
  • 上司や職場環境によって働きやすさは変わり、実力によって給料は変動しない
  • 年功序列のため新人の時の給料がとても少ない
  • 仕事の責任の重さに対して給与が安すぎること
  • 昔ながらの古いやり方で業務をこなしており、改善する気がない暗黙の了解となっている

年功序列の風土が強く、長く勤めていれば年収が上がっていく一方、新卒や若手のうちは年収が少ないという不満という声が多くありました。また成果主義による給与の上がり幅があまりないため、若いうちは仕事のモチベーションを保つのも大変であることが確認できます。そのため成果主義の環境下で仕事をした人は、転職するなど働く環境を変えることが重要です。

日本郵政で年収を上げるために

日本郵政で年収を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。各転職サイトの口コミをもとに、現在の日本郵政の評価制度や年収を上げるためのポイントをまとめました。企業風土から年収アップのポイントを把握しておくことで、入社してからの行動に繋げることができます。

日本郵政は年功序列の風土

各転職サイトの口コミを確認すると、「年功序列の風土が強い」という声が多く見られます。そのため日本郵政で年収を上げるためには、成果主義の割合は低く、長く勤めることで年収を上げることができます。特に役職を上げることで年収を段階的に上げることができるため、日本郵政の中で年収を上げるためには役職を上げていくための行動が重要です。

日本郵政の評価制度

次に日本郵政の評価制度に関して解説していきます。日本郵政の評価制度は年度ごとに個人目標を定めて、上司との面談を通じて昇給やボーナスに繋がっています。査定を安定的に上げていけば、昇進をしていくことができます。そのため、評価制度の項目をよく確認し、評価面談で上司から高い評価をもらえるよう項目に沿って仕事をしていくことが重要です。評価を上げていけば、年功序列であっても多少は早く昇進する可能性が高まります。

日本郵政の福利厚生・休暇制度

日本郵政の福利厚生・休暇制度は以下の通りです。

  • 福利厚生
  • 各種社会保険完備
  • 財形貯蓄制度
  • 保険料払込団体
  • 社員持株会
  • 社宅(世帯用・独身用)
  • レクリエーション施設
  • 付属医療機関
  • 休暇制度
  • 4週8休制
  • 年次有給休暇
  • 特別休暇(夏期・冬期・結婚・産前産後・忌引・ボランティア)
  • 病気休暇
  • 育児休業
  • 介護休業

      日本郵政の福利厚生や休暇制度は非常に充実しています。実際に日本郵政で働く社員の福利厚生に関する口コミも確認していきます。

      日本郵政の福利厚生に対する良い口コミ

      各転職サービスから抜粋した、日本郵政の福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

      • 全体的に充実しており、社宅や財形貯蓄、社員のメンタルヘルスなどもある
      • 大きなグループ会社なのでコンプライアンスに対する意識も高く安心感がある
      • 休暇は基本的に申請を出せば承認
      • 福利厚生は公務員時代の流れを受け継いでおり、かなり充実している
      • 給料は高くないが、有給100%のため家庭との両立がしやすい
      • 労働組合に入ると、福島県にあるスパリゾートハワイアンズのチケットが年間8枚もらえる

      基本的に福利厚生が充実しているという口コミが多く、休暇に関しても有給100%取得できるなど、ワークライフバランスも充実させやすい環境が作られています。またコンプライアンスに対する意識も高く、社員が働きやすい環境づくりを会社が積極的に行っていることが確認できます。

      日本郵政の福利厚生に対する悪い口コミ

      一方、日本郵政の福利厚生に対する悪い口コミは以下の通りです。

      • 若手は休みが取れるものの管理職になると、中々予定通りに休みを取ることができなくなる
      • 人数が支店によってバラバラのため休みが取れない場合もある
      • 交通費が公共の乗り物を利用すると100%出るのに、自家用車を使うと0なのは不満である
      • 営業だとお歳暮や保険をはじめノルマが多くあるため大変
      • 会社内で付き合いで入る共済や組合があまりにも多く、給料からどんどん天引きされてしまうので手元にお金が残らない。

      悪い口コミに関しては管理職になることで休みが取りづらいことや、手段によって交通費が支給されないなどといった声がありました。特に管理職に関しては休みが少ない一方年収は高くなるため、年収を上げることを優先するか休みを優先するかは昇進のタイミングで考えることが重要です。

      日本郵政の会社概要

      日本郵政の会社概要は以下の通りです。

      会社名

      日本郵政株式会社

      本社所在地

      東京都千代田区大手町二丁目3番1号

      設立年月日

      2006年1月23日

      代表者

      取締役兼代表執行役社長 増田 寛也

      主な事業内容

      グループの経営戦略策定

      日本郵政は2006年1月23日に民営化の準備を行う会社として発足しました。そして同年9月に日本郵政の全額出資によって、株式会社ゆうちょ銀行・株式会社かんぽが設立します。その後2007年10月1日に郵政民営化が行われ、それに伴い日本郵政の傘下に日本郵便を設立し、ゆうちょ銀行・かんぽ生命とそれぞれ商号を変更しています。現在日本郵政はこれら日本郵政グループの持株会社としての役割を担っています。

      日本郵政の事業内容

      日本郵政の事業内容を紹介していきます。日本郵政はグループ会社(日本郵便・郵便局・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の持株会社です。グループ会社のそれぞれの役割は以下の通りです。

      • 日本郵便:郵便事業・金融窓口事業・国際物流事業
      • ゆうちょ銀行:貯金業務・貸出業務・有価証券投資業務等
      • かんぽ生命:保険商品・サービスの提供

      日本郵政は上記グループ会社の経営管理と業務支援を役割としています。

      日本郵政の経営理念

      日本郵政はグループとして以下の経営理念を掲げています。

      「郵政ネットワークの安心、信頼を礎として、民間企業としての創造性、効率性を最大限発揮しつつ、お客様本位のサービスを提供し、地域のお客様の生活を支援し、お客様と社員の幸せを目指します。また、経営の透明性を自ら求め、規律を守り、社会と地域の発展に貢献します。」

      既存の概念に囚われることなく、常に顧客目線に立ったサービスの提供に繋げられるよう日々仕事ができることが求められているようです。日本郵政の採用サイトでも上記の経営理念をもとに、人材を選定していると明記しています。そのため経営理念をよく確認し、どの部分で経営理念の達成に役に立てるのかを伝えられるようにすることが重要です。

      日本郵政への転職

      高い年収の獲得・知名度の高い会社での勤務を考え、日本郵政への転職を検討している人は多いのではないでしょうか。そこでここから日本郵政の転職難易度および選考フロー・求める人材に関して紹介していきます。

      日本郵政の転職難易度

      結論、日本郵政の転職難易度は高いです。その理由としては求人が少ないことと、知名度の高さにあります。そのため必然として少ない求人に応募者が殺到するため、転職難易度が高くなります。

      日本郵政の選考フロー

      日本郵政の選考フローは以下の通りです。

      1. Webテスト
      2. 一次面接
      3. 二次面接
      4. 内定

      主に一次面接では人事担当者、二次面接では部長クラス・人事担当者との面接になる傾向があります。

      日本郵政の求める人材

      日本郵政の募集要項を確認すると日本郵政の求める人材は以下の通りです。「誠実」で、「情熱」と「高い志」を持ち、失敗を恐れず「チャレンジ」する人材、特に中途採用に関しては即戦力の人材が求められます。そのためチャレンジした経験だけでなく、チャレンジを通じてどのような壁があって結果どのような成果を出すことができたのか話せるようにしておくことが重要です。

      日本郵政の転職成功率を上げる方法

      日本郵政の転職難易度は高いことを解説してきました。そこで日本郵政の転職成功率を上げるためには、どうすれば良いのでしょうか。転職エージェントの有効活用・面接での傾向の把握・現職実績の整理から解説していきます。

      転職エージェントを有効活用する

      転職エージェントを活用しなくても、日本郵政への転職をすることは可能です。しかし転職エージェントを活用することで以下のサポートを受けることができます。

      • 企業にあった情報を提供してもらうことができる
      • 日本郵政に特化した面接対策を受けることができる
      • 履歴書や職務経歴書などの書類添削を受けられる
      • ネットなどに載っていない情報を知ることができる

      特にリクルートキャリアやdodaなどの大手転職エージェントであれば、日本郵政の転職に関しての情報を多く持っている可能性があるため、ネットに公開されていない情報など聞き取ることが重要です。また面接対策においても日本郵政の面接傾向に合わせた対策を受けられる可能性が高いため、アドバイザーから提案されるのを待つのではなく、自分から積極的に依頼することで面接練習の回数を重ねることができます。

      日本郵政の面接での傾向を把握する

      日本郵政の面接通過率を上げるためには、面接で聞かれる質問の傾向を掴むことが重要です。「転職会議」から抜粋した過去の質問を紹介していきます。

      • 体力に自信はありますか
      • あなたにとって日本郵政とは
      • 今までの経歴を簡潔に説明してください
      • 今まで一番頑張ったこと
      • 入社後に活かせると思うことはあるか
      • お客様が求める商品がない場合、あなたはどうしますか
      • ノルマに届かなかった時の対応方法
      • 資格を取得することに抵抗はないか

      これまでの経歴やお題から自分の考えを答えるなど、幅広い範囲の質問があります。そのため、これまでの仕事での実績や過程を整理することだけでなく、過去の質問から想定問答の練習を行い、いざ面接で聞かれた時に答えられるように準備しておくことが重要です。

      現職での実績を整理しておく

      中途採用では即戦力になる人材が求められています。そのため面接前に現職での実績をプロセス含め整理しておき、どの部分が日本郵政での仕事に役に立つか説明できるようにしておくことで、採用担当者の印象に残りやすくなります。

      有価証券報告書は確認しておく

      有価証券報告書とは「企業が自社の経営状態における詳細を外部に公開するための資料」です。有価証券を読み込んでおくことで、面接での志望動機などより具体性を持って説明することができるようになります。有価証券報告書の中でも特に確認するべき点は3点です。

      • 売上と経常利益
      • 平均年収、年齢、勤続年数
      • 課題

      課題とは企業が今後の経営活動をしていく上で直面する問題やリスクのことです。有価証券報告書の中では、特に優先度が高い課題が記載されています。売上や経常利益が過去5年間の中でどのように推移していて、それに対する課題は何で自分はその課題に対してどういった貢献ができるのかまとめて話すことができればかなり他の応募者と差をつけることができます。そのため自分のこれまでの経歴を整理した後、照らし合わせながら有価証券報告書を確認することが重要です。

      日本郵政転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

      日本郵政転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

      リクルートエージェント

      国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

      求人数約320,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://www.r-agent.com/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      dodaエージェント

      パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

      求人数約100,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      マイナビエージェント

      マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

      求人数約60,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      パソナキャリア

      パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

      求人数約37,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      日本郵政転職を目指す上でおすすめの転職サイト

      日本郵政転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

      リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

      リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

      求人数約75,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://careercarver.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      ビズリーチ

      おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

      ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

      求人数約147,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      JACリクルートメント

      おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

      JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

      求人数約11,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
      公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      アサイン

      おすすめの転職サイト「アサイン」

      アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

      求人数非公開
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域東京
      公式サイトhttps://assign-inc.com/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      iX転職

      おすすめの転職サイト「iX転職」

      iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

      求人数非公開
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
      公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      AMBI

      おすすめの転職サイト「AMBI」

      AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

      求人数約70,000件
      求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
      サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
      総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
      対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
      公式サイトhttps://en-ambi.com/

      登録は完全無料

      公式サイトはこちら

      最後に

      日本郵政の平均年収は788万円であり、日本企業の平均年収の約1.5倍の水準です。日本郵政は福利厚生や休暇制度も充実しており、社員の満足度も高いものになっています。そんな日本郵政の転職難易度は高いです。そのため転職エージェントを有効活用するなどの対策を行うことが重要です。本記事を参考に日本郵政の年収の理解と、転職成功率を上げることに繋げていただけたら幸いです。