公開日

2022/09/26

最終更新日

【31歳転職】遅い?資格なし・未経験は厳しい?男性・女性別に失敗しないポイントを整理

人生の転機を迎える30代。大切なこれからの人生を成功させるために転職はとても重要な選択肢の1つです。31歳という年齢は転職するには遅すぎることはありません。本記事では、給与をアップさせるための方法や求められるスキル、転職活動をする際に注意することなど31歳での転職活動を成功させるための方法をご紹介します。また、31歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【31歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

転職はタイミングが大切!

転職はタイミングが大切です。今の職場を辞めたいと思っていても、社会の情勢が厳しく転職先が見つからないのでは大変な思いをしてしまいます。そのため、社会の状況を把握して賢く転職活動を進めることが大切です。厚生労働省が調査した「令和2年上半期雇用動向調査」の結果を見てみましょう。

① 令和2年上半期の入職と離職

令和2年上半期(令和2年1月~6月。以下同じ。)の入職者数は 4,360.7千人、離職者数は4,321.9千人で、入職者数が離職者数を38.8 千人上回っています。集計データを分析すると、男女ともに入職率と離職率はどちらも低下していることがわかりました。さらに、一般労働者、パートタイム労働者ともに入職率と離職率は低下しています。つまり、性別や働く形態に関係なく、現在の働いている職場の仕事を続ける人が多かったということがわかります。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-1/dl/kekka_gaiyo-01.pdf

② 産業別の入職と離職

令和2年上半期の労働移動者を主要な産業別にみると、入職者数は医療,福祉が762.6千人と最も多く、次いで卸売業,小売業が 702.4 千人、宿泊業,飲食サービス業が 581.3 千人の順となっています。離職者数は卸売業,小売業が 727.2 千人と最も多く、次いで宿泊業,飲食サービス業 716.9千人、医療,福祉が 668.4千人の順となっています。

前年同期と比べると、入職者数は、建設業が 37.1千人増と最も増加幅が大きく、次いで情報通信業が21.8千人増となっており、一方、宿泊業,飲食サービス業が 183.4千人減と最も減少幅が大きく、次いで卸売業,小売業が 128.9 千人減となっています。この結果をみると、新型コロナウイルスの影響が大きく出ているのがわかります。医療・福祉の需要が高まっていること、宿泊業や飲食サービス業が自粛要請のため大きな打撃を受けたことが良くわかります。どの業界が需要が高まっているかは、転職活動をする上でポイントとなってくるので、押さえておくと良いでしょう。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-1/dl/kekka_gaiyo-02.pdf

31歳の転職は大丈夫!30代が必要とされる訳

リクナビネクストが30代前半転職経験者の方を対象に行った調査を紹介します。

① 30代の転職でも不利ではなかった

転職活動を終えた方に転職活動は不利だと感じたかどうかを回答してもらった結果、

不利だと感じなかった:50.4
不利だと感じた:31.9
どちらとも言えない:17.7

という結果でした。30代前半くらいの年齢では、それほど不利な状況に陥ることはないようですが、「一定の経験」が前提になっていることが多く、企業のニーズにどう応えるかを意識する必要があります。

② 転職活動期間は3か月以内が半数以上

転職活動を終えた方に転職活動期間を尋ねたところ、13か月が40.6%、1か月以内が21.1%、36か月が20.3%、6か月~1年が14.3%、1年以上が3.7%という結果でした。転職活動期間は「3カ月以内」と言う回答が全体の約6割となっており、転職活動期間は短い傾向にあります。

③ 未経験職種を目指すのは厳しい

転職活動を終えた方に未経験職種を目指すことは難しいか尋ねたところ、

・かなり難しい:37.0
・やや難しい:29.3
・そんなに難しいと感じなかった:26.1
・まったく難しくなかった:5.4
・厳しかったのであきらめた:2.2

という結果でした。約6割の転職経験者が「かなり難しい」「やや難しい」という回答でした。このことから30代前半には企業側は即戦力を求めているということがわかります。30代前半の人材は企業側にとってはある程度経験を積んだ即戦力であり、長期にわたって働いてもらえる可能性も見込めます。そのため、31歳だから転職に不利だということはないでしょう。ただし、未経験職種には当てはまりません。本当にやりたい仕事が未経験職種なら、どのように他職種で培った経験を活かすかをしっかりとアピールする必要があります。

企業が30代前半に求めるスキル

20代では、「伸びしろ」「やる気」が重視されますが、30代前半では通用しません。年齢を重ねるごとに求められる経験やスキルは変化します。企業が30代前半の方に求めるスキルをまとめました。

① 適応力

企業は「柔軟な考え方ができる」「新たな価値観を取り入れられる」「IT時代の変化に対応できる」といった適応力がある人を求めています。書類の電子化やテレワークなど新しい環境に上手く適応する能力は必須です。当然ながら今の時代は年齢関係なく上司や部下の関係になる可能性があります。また、ビジネスマナーも日々変化しており、従来の常識が通じないことも多々あります。そのため「多少の変化があってもパフォーマンスが変わらない人」が重宝されています。

② 即戦力

新しい会社に入ってもすぐに活躍できる力です。特定業種の専門的スキルはもちろんのこと、対人能力や判断力といった全職種で共通するスキルがあると大きなアピールポイントになります。前職でどのような成果をあげたのか、どのような経験を生かせるかをしっかり伝えられるように準備をしましょう。

③マネジメント能力

チームをまとめていく「リーダーシップ」や部下や新人を育てる「教育力」「指導力」など、組織を円滑に運営する力がマネジメント能力です。組織内で権限を持つことになるため、周囲から信頼されたり支持されたりする「信頼関係構築力」が含まれることもあります。どのような仕事ができるかだけでなく、組織にどのように貢献できるかをアピールしましょう。

31歳で転職すべきケース

31歳で転職すべきケースを整理します。

新たにやりたいことができた

1つ目は、「新たにやりたいことができた」です。自分が本当にやりたいことができたならば、早めに行動に移すほうが得策です。他にやりたいことがあるのにやりたくもない仕事を続けているのでは身が入りません。そのような状態でいると、人生における貴重な時間を無駄にしてしまいます。それなら、すぐにでも転職を考えた方が良いでしょう。

今の会社で解決できない問題がある

2つ目は、「今の会社で解決できない問題がある」です。何らかの問題を抱えていて、その問題が今の会社で解決する見込みが無いのなら、早いうちに転職すべきです。また、「セクハラ・パワハラがきつい」「仕事がきつくて辛い」という場合は、担当部署を変更してもらったり、同僚に相談すれば解決する可能性があります。それでも状況が改善する見込みがなければ、転職を検討しましょう。

25歳の転職で失敗するケース

25歳の転職で失敗するケースを整理します。

年収を重視してしまう

1つ目は、「年収を重視してしまう」です。言うまでもなく、転職を考える上で年収は極めて重要な要素の一つですが、年収だけで転職先を決めてしまうと後々後悔することになります。年収だけでなく、自分にとってベストな転職先を踏まえた上で、転職を決断しましょう。

企業/業界研究が不足している

企業/業界研究は新卒の時と同じレベルで行いましょう。企業の強み、業界の特徴、社風、事業内容、競合企業などを理解しないまま選考に望んでも採用側に本気度は伝わりません。最低限の準備をしないと、練習で面接に来ているのではないかと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと企業研究を行うことを意識しましょう。

転職理由が漠然としている

3つ目は、「転職理由が漠然としている」です。転職理由が明確でないと、どうしてもジョブホッパーになりがちです。転職に際しては、明確な転職理由を用意することを心掛けましょう。

31歳で未経験の職種に転職は厳しい!チャンスを逃すな!

上記に記したように、企業が30代前半の方に求めるスキルは「即戦力」です。同じ未経験なら、ポテンシャルや柔軟性のある20代の若い転職者が好まれてしまいます。しかし、31歳の人は20代の人よりも社会人経験を積んできた点で優位性があります。ビジネスマナーや対人能力、過去に重ねた実績をアピールすることができます。年齢的にも未経験の職種にチャレンジできるのは30代前半までと考えた方が良いでしょう。未経験の職種に転職する際に注意すべき点は「年収が下がる可能性」です。即戦力として同職種で働く場合の多くは年収アップが望めますが、未経験の職種では残念ながら転職後に年収が下がってしまうこともあります。転職活動を始める際には、年収、やりがい、労働環境などを天秤にかけて納得する条件の優先順位を決めると良いでしょう。

31歳の転職で気を付けること

31歳での転職は十分可能です。しかし、ただ転職できれば良いというものではありません。自分に合った環境で長く続けられる職場を探す際のポイントや気をつけるべきことを整理します。

① キャリアプランを明確にする

どの年齢での転職であっても、キャリアプランは重要になってきます。特に、マネジメント・管理側ポジションを期待される30代では、より明確なキャリアプランを企業側に示すことが大きなポイントになります。夢や希望などではなく、具体的な将来像、実現するための対策などを鮮明にしておくことが大切です。

② ライフプランを意識する

30代は結婚や出産といった重大なライフイベントが発生しやすい年齢です。これらの事項も考慮に入れて、仕事を探す必要があるでしょう。まず、どんな人生設計をするのか、仕事を選ぶ上での譲れない条件などをパートナーと納得がいくまで話し合うことが大切です。また、女性の場合は妊娠や出産のことをしっかり考えておく必要があります。産休や育休制度が整えられているかどうかを事前に把握しましょう。制度の有無だけではなく、取得実績があるかどうかの確認も必要です。男性の場合は、パートナーが産休や育休中に養えるだけの収入を得られるかというところも考える必要があるでしょう。

31歳でも公務員になれる!

公務員と一口に言っても、その種類は多種多様です。国家公務員と地方公務員があり、さらには国家系、地方系、法律系、教育系、経済系、公安系、その他に分類することができます。31歳の方が公務員を目指すルートを3つ紹介します。

① 31歳でもなれる地方公務員

公務員になるには一般的に公務員採用試験を受ける必要があります。主に大卒一般枠で受験する方が多く、一般枠は基本的に30歳までとなっていますが、地方によっては25歳程度や定年前の59歳までなど、条件は幅広くなっています。特に地方公務員は国家公務員と違い、年齢制限ゆるくなってる場合があり、勤務地にこだわりがなく待遇や希望に見合った自治体がある場合は、それを狙ってみるのも一つの手段でしょう。

② 社会人経験者採用試験

「社会人経験者採用試験」とは、公務員の中途採用枠のことです。ビジネス経験が豊富な人材を採用し、行政の効率化や活性化を図ることを目的としており、中途採用で公務員へ転職する場合、多くの方がこの方法を採っています。一部の例外を除き、大半の都道府県や政令市では「30歳以上」という下限を設定して、定年の前年である59歳まで受験が可能としています。

③ 臨時職員から正職員になる

臨時職員とは、正規の職員に欠員があった際に採用される人材のことを指します。臨時職員には任用期間があり、正規の公務員と同等の立場で働くことができます。また、内部登用試験を受験して正規の公務員になる方もいらっしゃいます。31歳でも公務員試験を受験することは可能です。しかし、年齢上限が高い自治体の採用試験は倍率が高くライバルも多くなるため、1度で受かるとは限りません。また、大卒一般枠は現役大学生と競い合うことになるので、非常に狭き門となっているということを覚悟しておきましょう。

31歳の転職活動で年収アップを目指すには?

国税庁の「民間給与実態統計調査(2017年分)」によると、1年を通じて勤務した給与所得者(30代男女)1人当たりの平均給与は約425万円でした。男女別では、男性が約491万円/女性が約313万円となっています。年収をアップさせるためにできることは次の通りです。

① マネジメント経験を積む

マネジメント経験やプロジェクトのリーダーの経験があると評価が高く年収アップさせることができます。具体的な役職に就いたことがなくても、特筆すべき実績があればそれを証明できるようなエピソードを準備しましょう。

② スキルの専門性を磨く

同じ職種に転職する場合は、スキルの専門性を磨くと良いでしょう。ベースとなる基礎的な知識を元にした「応用力、汎用性」を身に付けましょう。

31歳の転職を成功させるためのポイント

31歳の転職を成功させるためのポイントは以下の通り。

現職を続けながら転職活動を進める

1つ目は、「現職を続けながら転職活動を進める」ことです。仕事を辞めてから転職活動を行った方が転職活動に専念できて良いと考える人も多いようですが、全くもって逆です。転職活動を進める上で最低限の生活費は必要ですし、経歴にブランクができてしまうとキャリア形成にも少なからず影響があります。それに、会社を辞めてから転職先が決まらない状況はなかなか精神的にきついものがあります。安易に現職を辞めないように注意しましょう。

転職理由はポジティブに伝える

2つ目は、「転職理由はポジティブに伝える」です。具体的には、「やりたいことができた」「今の会社よりもスキルが得られる企業で働きたい」などです。ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと、印象が悪くなってしまいかねません。面接で転職理由を聞かれた時に、実際にはネガティブな理由で転職したとしても、ポジティブな転職理由に変換することを意識しましょう。

自己分析を徹底的に行う

3つ目は、「自己分析を徹底的に行う」です。自己分析とは、文字通り、自分自身を分析することです。これまでの経歴を洗い出し、どのような業務を担当し、どのような経験をして、どのようなスキルを身につけたのかをあらためて確認していきましょう。このプロセスを通じて、転職先で生かせるスキルを棚卸しすることができます。また、自分が得意分野や苦手分野を把握することができるので、未経験の業種・職種にキャリアチェンジを図る場合でも、大いに役立てることができます。個人的には紙に書き出す方法がおすすめですが、自己分析シートを使って行う方法もあります。また、転職エージェントに登録して担当のキャリアアドバイザーと一緒に自己分析を行う方法などもあります。

企業が求人を出す目的を理解する

4つ目は、「企業が求人を出す目的を理解する」です。31歳の若手人材は多くの企業が「欲しがる人材」ですが、理解しておくべきは、企業ごとに求めている人物像がかなり異なるということです。そのことを理解した上で応募しないと、内定を獲得することはできません。

例えば、ある部署で誰かが辞めて欠員が発生し補充することが目的の場合、「即戦力」として活躍できる人材が求められる傾向にあります。一方で、事業拡大を見込んで中途採用を行う場合は、即戦力であるに越したことはありませんが、どちらかといえば本人のポテンシャルや意欲が重視されるケースが多いです。どのような目的で求人が出されているかによって、求められる人材は異なるのです。

業界や職種によっても求められる要素は変化します。例えば、サービス業の中途採用では、気配りができて、ホスピタリティがある人材が採用されやすい傾向があります。しかし、例えば、金融系の中途採用では、業務を正確に遂行できる人材が重視されることになります。このように、様々な求人募集がある中で、求められる人物像はかなり異なるので、注意が必要です。一方で、すべての求人で共通して求められるスキルは、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力については、最低限持ち合わせておく必要があることを理解しましょう。

自分の市場価値を正確に把握する

5つ目は、「自分の市場価値を正確に把握する」です。転職を成功させるためには、自分の市場価値を理解することが大切です。実際、求職者が考える市場価値と企業が求める価値には大きなギャップがあるものです。そのギャップを正確に把握することで、自分にピッタリの企業を見つけることができるようになります。市場価値を把握したいのであれば、転職エージェントやスカウトサービスに登録することをおすすめします。市場価値を正確に把握することで、転職して年収が大幅にアップするといったケースもありえます。転職活動を進める上で、是非、心掛けましょう。

転職エージェントを活用する

6つ目は、「転職エージェントを利用する」です。31歳で転職活動を行うのであれば、転職エージェントを利用するようにしましょう。ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができます。それに加えて、キャリアコンサルタントによる面談や自己分析、さらには希望条件に合う企業の紹介などのサービスを受けることができます。また、書類選考を突破するための書類添削や面接対策のみならず、内定獲得後の条件交渉まで代行してもらうことができます。キャリアコンサルタントは、様々な求職者のキャリア支援を行なってきたプロフェッショナルばかりなので、積極的に活用することをおすすめします。

転職の話は社内では内緒にする

7つ目は、「転職の話は社内では内緒にする」です。31歳で転職を成功させたいのであれば、転職活動を進めている事実については絶対に口外しないことを心掛けましょう。というのも、転職活動をしているという話が社内に漏れてしまうと、転職させないために何らかの措置が講じられる可能性があるからです。信頼できる仲間だからといって同僚に話すのは危険です。話が変な形で広がってしまう可能性はできるだけ無くしておくようにしましょう。内定が出た後に退職プロセスについて上司に報告し、手続きを進めましょう。

31歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

31歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

31歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

31歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

31歳転職に関するQ&A

31歳転職に関するQ&Aを整理します。

31歳で初めての転職は遅い?厳しい?

今の時代、31歳での転職は全く珍しいことではありません。未経験転職にもチャレンジできる年齢です。さまざまな選択肢があることを理解しつつ、転職活動を進めましょう。

31歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

31歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

31歳未経験転職は可能?年収アップは難しい?

31歳でも未経験転職は可能です。ただ、年収アップは難しいかもしれません。

31歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。39歳転職では、ある程度の年収ダウンのついては受け入れざるをえないことも理解しておく必要があるでしょう。

31歳フリーターで正社員転職は可能?

31歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス
※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

31歳で公務員への転職は可能?

一般的に公務員試験には年齢制限が設けられていますが、最近では、職歴がなくても30歳以上でも受験できる試験が非常に増えてきており、公務員を目指すチャンスが広がっています。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

31歳で異業種転職は可能?

可能です。ちなみに、30代後半になると、異業種転職は難しくなります。

31歳女性でも転職できる?

もちろん可能性はあります。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

31歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

31歳子持ちで転職は可能?

可能ですが、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

31歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

30代後半になると転職は厳しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることを頭の片隅に置いておきましょう。

30代未経験からの女性転職は難しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることは理解しておきましょう。

最後に

転職を繰り返してしまう場合、「やりたいことがなかった」「何が天職か見つけたかった」等理由は様々あるでしょう。転職回数が多い場合、企業にとってはマイナスイメージがついてしまいます。しかし、そのマイナスイメージを払拭することはやり方次第では十分に可能です。

① キャリアビジョンが一致していることを伝える

「やりたいことや身につけたいスキルがある方であれば、その思いを伝えることが効果的です。

② 企業が求める人材と自分がマッチしていることを伝える。

転職回数が多くても企業の人材用件と合致していれば、十分に可能性はあります。これまでの経験を振り返り、職歴で得た経験やスキル、学んだこと、実績をどのように役立てることができるかをアピールしましょう。

③ 反省すべき点があれば、正直に伝える

反省すべき点があるなら、気持ちを率直に伝えた方が評価される場合も多々あります。「これからは長く働きたい」という意志をハッキリ伝えることで、企業のすぐに辞めてしまうのではないかという懸念を払拭しましょう。

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash