公開日

2022/01/12

最終更新日

【27歳転職】遅い?難しい?2回目・異業種・高卒・資格・スキルなしOK?男性・女性別に解説

27歳は第二新卒の時期を過ぎており、新人でもなければ中堅でもない、キャリア的にも微妙な年齢です。

・27歳の転職は遅いのでは?
・実績を増やしてから転職した方がぷ良いのでは?

このように考えて転職を躊躇してしまっていませんか。実は27歳の転職は遅くなく、むしろ企業からの需要が大きく見込まれる年齢です。本記事では、27歳の転職を成功させるポイントについて解説していきます。最後まで読めば、27歳の転職で求められている事が把握でき、理想のキャリアに近づくことができます。それではさっそく見ていきましょう。

【27歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

27歳での転職は遅くない

まずはじめに、27歳での転職は決して遅くありません。厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果」によると、

・25~29歳の男性の転職入職率:12.4%
・25~29歳の男性の転職入職率(パートを除く一般):12.2%

となっています。

出典:令和2年雇用動向調査結果 年齢階級別転職入職率(厚生労働省) 

これは20〜24歳の新卒・第二新卒の年代とほぼ同水準であり、27歳の転職は決して遅くないことがわかります。30〜34歳になると1ポイント以上も下降するので、むしろ27歳が有利な状態で転職できるデッドラインと考えることもできます。

27歳で転職するメリット

27歳の転職は遅くないことは分かりましたが、具体的にはどのような点がメリットなのでしょうか。27歳で転職するメリットは以下の通りです。

  • ポテンシャルを見込んでもらえる
  • 会社が育てやすい
  • 未経験での転職も可能
  • 新しい環境に順応しやすい
  • プライベートの制約が少ない

それぞれの理由について、解説していきます。

ポテンシャルを見込んでもらえる

新卒や第二新卒と違って、27歳の転職ではスキルや実績も求められます。しかし27歳はまだまだ若手社員であり、大きな成果を上げるのは難しいもの。27歳という年齢なら目に見える成果やスキルよりも未来のポテンシャルを評価してもらいやすいです。新卒から数えて5年しか社会人を経験していないので、まだまだ可能性は未知数。27歳ならギリギリ年齢を評価してもらえます。

会社が育てやすい

27歳が新卒・第二新卒と比べて有利なのは、基本的なビジネスマナーやスキルが身に付いていることです。担当を持ち、上司から離れて仕事を進める機会も格段に増えるので、最低限の現場感覚が備わっています。そのため採用側は基礎教育に時間とコストをかけずに済み、いきなり即戦力として教育することができるのです。

未経験での転職も可能

基本的に27歳は即戦力として採用されますが、業種によっては未経験でも歓迎されることがあります。人手不足の介護やIT、高齢化が進むビルメンテナンスや警備などの業種が当てはまります。反対に人気の職業では経験や実績が求められるので、27歳では年齢制限にかかってしまうおそれも。もし希望業種が若手不足なら、27歳はチャンスです。

新しい環境に順応しやすい

27歳はまだまだ上司に仕事を教えてもらう立場であり、何年も同じやり方でポジションを築いてきた中堅社員よりも柔軟性が高いと考えることができます。また、社内の人的・システム的なインフラに依存していないので、新しい環境にも順応しやすい状態です。採用側も即戦力を期待しているので、早く会社に馴染んでほしいとい考えています。

プライベートの制約が少ない

27歳では結婚や出産がまだの人も多いでしょう。共に生活するパートナーがいたり養うべき家族がいたりすると、自分だけの都合で転職するわけにはいきません。年収や勤務地に制約が生まれ、転職そのものを諦めざるを得ないことも。しかし、独身の人やパートナーが働いている人なら自分の希望だけに沿って思い切った転職ができます。転職するなら、身軽な27歳のうちがおすすめです。

27歳で転職するデメリット

ここからは、27歳で転職するデメリットを解説します。27歳で転職するデメリットは以下の通りです。

  • 年収ダウンの可能性がある
  • 同年代のライバルが多い
  • 失敗したら職歴に傷がつく

年収ダウンの可能性がある

転職してすぐに成果を出すのは難しいもので、最初のうちは年収が下がってしまう可能性があります。特に未経験の場合は、会社の規模が大きくなっても年収は下がるでしょう。長期的なキャリアアップを考えれば短期的な年収ダウンは問題ではありませんが、今すぐ給料を増やしたいという事情があるなら要注意です。

同年代のライバルが多い

令和2年の入職者数は 約7,100万人おり、25~29歳の転職者入職数は男性約881万人、女性(パートを除く一般)約866万人、男女合計1,747万人です。転職者の約25%が25~29歳であり、転職しやすい年代であると同時に、ライバルが多い年代でもあります。また、同じ会社を受けているライバルと能力値が同じだった場合、より若い求職者が選ばれがちです。27歳は年齢的に有利とまでは言えないので、ライバルに差をつける実績などの要素がある程度は必要になります。

失敗したら職歴に傷がつく

漠然とした理由で転職すると、年収やネームバリューに惑わされて失敗してしまいがちです。仮に転職に失敗して再転職する場合、職歴が傷ついているので転職活動の難易度が上がってしまいます。転職して短いスパンで再転職していると、「長続きしない人材」と見られ、その後の転職が不利になってしまう可能性があります。必ず成功する転職はありえませんが、その確率を上げる努力を怠らないようにしましょう。

27歳で転職したほうがいい人の特徴

明確な理由があれば、転職に向けてすぐに動き出すことができるものですが、自分が転職すべきかどうか分からない人もいることでしょう。「今の仕事が向いていない気がする」「でも他にやりたい事もないし強みも特にない」こうしたどっちつかずのケースが一番困りますよね。ここからは、27歳で転職したほうがいい人の特徴を解説します。

  • 前職で実績をあげている
  • キャリアアップ・年収アップが望めない
  • パワハラ・セクハラが横行している
  • 業界が行き詰まっている

これらに当てはまる人は、転職を検討しても良いかもしれません。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

前職で実績をあげている

転職する場合は、前職で実績をあげていると有利です。30代以上の転職なら何かしらの実績があって当たり前ですが、20代ではアピールできる成果があると大きな武器になります。営業成績やプロジェクトの成功など数字や規模感の分かりやすいものがあればベストです。逆に言えば、アピールできる実績がないと中途半端な経験と熱意とそこそこの若さでしか勝負できません。この場合、転職の決断は慎重になったほうが良いでしょう。

キャリアアップ・年収アップが望めない

昭和的な年功序列の文化が残っている企業の場合、実績を残しても年齢で足止めをくらってしまう可能性があります。上が詰まっていると自分に役職や仕事が回ってこないので、キャリアや年収は頭打ちになる傾向があります。ずっとその会社に残り続けるなら、いつかは出世できるかもしれませんが、その間にも同業の同年代は経験を積んでいます。今はそれほど差がなくても、数年後はスキルも年収も取り返しのつかない差が広がっているかもしれません。長期的に考えると大きなリスクなので、年功序列や成長が止まっている企業なら、転職を考えたほうが良いかもしれません。

パワハラ・セクハラが横行している

世の中全体で労働環境は見直されてきていますが、依然としてパワハラ・セクハラが横行している企業も存在します。特に人手不足の中小企業では、元凶の社員が実力者や役職持ちである場合、人事や上司も強く言えないという状況もあるでしょう。そうした会社に我慢して在籍しても長期的に見れば良い事はありません。うつ病などの精神疾患を発症すると、寛解しても元通りにはならないと言われています。このような事情は転職先も理解してくれるので、逃げの転職とは見られません。気力が残っているうちに、すぐ転職しましょう。

業界が行き詰まっている

ビジネスモデルや商材が時代に取り残されている業界では、あと数年生き残れても、いずれ立ち行かなくなる可能性があります。今のうちから伸びしろのある他業種へ移るのが良いでしょう。27歳の未経験は少し厳しいですが、資格やスクールなどで多少は付加価値を上乗せすることができる場合はあります。転職1社目に希望の業界に行くことさえできれば、2回目は経験者として転職可能です。世の中の動きを予測することは難しいので、早めに準備をしておきましょう。

転職で採用されやすい27歳の特徴

それでは、転職で採用されやすい27歳の特徴を見ていきましょう。

  • 前職で実績を残している
  • チームをまとめたことがある
  • 転職の理由が明確である

ひとつずつ解説していきます。

前職で実績を残している

27歳の転職では、何か分かりやすい実績があると大きなアドバンテージになります。30代以降では実績やマネジメントスキルが問われますが、27歳の転職では「即戦力かどうか」が重要です。過去に実績があれば信頼性が増すとともに、他の20代をリードすることができます。

チームをまとめたことがある

27歳では即戦力として採用されますが、ゆくゆくはマネジメント職も経験させたいと考えるものです。その時、チームをまとめた経験があると、採用側も今後のキャリアをイメージしやすくなります。27歳で部下を持つことはあまりないですが、小さなチームを率いて仕事を進めたなど、ちょっとした経験でも大丈夫です。即戦力としてはまだまだでも、将来的なマネジメント職候補として評価してもらえるかもしれません。

転職の理由が明確である

27歳は、ある意味では中途半端な年齢です。若い人材なら新卒・第二新卒の方が、即戦力なら30代の方が期待できます。採用側に他の選択肢がある中で選ばれるためには、転職の理由を明確にして説得力を持たせなければなりません。そのためにも転職の動機や志望する企業を事前によく吟味しておきましょう。

転職で採用されにくい27歳の特徴

反対に、転職で採用されにくい27歳の特徴は下記になります。

  • 基本的なビジネススキルが身に付いていない
  • キャリアプランを練っていない
  • 逃げの転職をしている

一つずつ見ていきましょう。

基本的なビジネススキル・マナーが身に付いていない

27歳でも仕事を任せてもらえず、いつも上司の判断を仰いでいるようでは基本的なビジネススキルが身に付いているとはいえません。こうした状態では、転職する前に今の会社で自立するのが先です。仮に転職して環境を変えたとしても、根本的にスキルが足りていないので、前職同様の状態になるでしょう。

キャリアプランを練っていない

「転職して何をしたいのか」を明確にしておかないと、ミスマッチになる可能性が上がります。目先の給料やネームバリューを基準に選ぶと、どこかで不満や後悔が湧いてくるでしょう。面接対策も含め、キャリアプランをしっかりと練ることです。

逃げの転職をしている

今の仕事や人間関係に不満を抱くと、転職をしたくなるものです。しかし、何も準備せず逃げ出すように転職したところで、また同じような問題につまずくでしょう。自分が抱えている悩みが本当に転職でしか解決できないのか、引き返せるうちに考えておきたいものです。

27歳の転職を成功させるコツ

それでは最後に、27歳の転職を成功させるコツを解説します。

  • 転職エージェントを活用する
  • 志望動機やスキルを洗い出す
  • 会社や業界の将来性を見る

さっそく見ていきましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用することで、転職のプロからのアドバイスに加えて求人の紹介や面接対策まで受けられます。自分の市場価値を客観的に把握するのはとても難しいです。転職エージェントなら自分に合った企業をプロ目線で判断してくれるので、ミスマッチの可能性も低くなります。登録料金のかからないサービスも多いので、ひとまず登録するのがおすすめです。

志望動機やスキルを洗い出す

今まで働いてきた中で、自分が成し遂げたことや得られたスキル、転職のアピールポイントになる要素を洗い出しましょう。職務経歴書では、応募先の企業が必要としている人材を想定し、逆算して記入していきます。急な質問でも答えられるよう、丁寧に整理しておきましょう。

会社や業界の将来性を見る

もし転職に成功しても、会社や業界自体が斜陽だと近いうちにまた転職することになります。自分の待遇だけでなく、メイン商材や取引先企業といった会社の業態もできるだけチェックしましょう。目先のメリットやデメリットだけでなく、長期的な視点も必要です。

27歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

27歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

27歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

27歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

まとめ:27歳での転職は遅くない。チャンスを生かそう!

本記事では、27歳の転職を成功させるポイントについて解説してきました。最後にもう一度、ポイントをおさらいしましょう。

  • 27歳の転職は遅くない
  • 転職エージェントを活用する
  • 志望動機やスキルを洗い出す
  • 業界の将来性を見る

27歳は社会人の基礎が身についているものの、ポテンシャルを評価してもらえる若さがあるという点で、転職には絶妙な年齢です。30代になると即戦力が求められるため、未経験転職ができるボーダーラインとも言えます。27歳の転職は決して遅くなく、むしろチャンスでもあるので、成功のポイントを押さえて行動していきましょう。

Photo by Laura Davidson on Unsplash