公開日

2022/06/26

最終更新日

【みずほ銀行年収】給料ランキングは高い?低い?初任給・ボーナス・採用大学を解説!

・みずほ銀行の年収は高いのか
みずほ銀行の年収は他の大手銀行と比較すると高い?低い?
・みずほ銀行に転職することは可能なのか

このような悩みを解決します。株式会社みずほ銀行は東京都千代田区に本店を置く3大メガバンクの一角を占める都市銀行です。本記事では、みずほ銀行の年収に関して年度・年代別推移・他の大手銀行との比較、転職成功率を上げる方法を紹介していきます。みずほ銀行への転職を検討している人は本記事を参考にしてください。

【みずほ転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

みずほ銀行の平均年収は700万円以上

2021年3月期の有価証券報告書によると、みずほ銀行の平均年収は729万円です。国税庁が発表した「1年を通じた給与所得者」によると、日本企業の平均年収は約467万円です。

みずほ銀行の年度別平均年収推移

みずほ銀行の年度別平均年収推移は以下の通りです。

年度

平均年収

2020年

729万円

2019年

736万円

2018年

737万円

2017年

987万円

2016年

990万円

2015年

970万円

2017年までの平均年収は900万円以上ですが、2018年以降は700万円台になっています。みずほ銀行では2018年以降業績が下降しており、それに連動して平均年収が段階的に下がってしまっていると考えられます。しかし、上記の平均年収は一般職・総合職全て含んだ上での平均年収です。そのため、総合職に関してはより高い平均年収の水準になっています。

みずほ銀行の年代別平均年収推移

みずほ銀行の年代別平均年収推移は以下の通りです。

年齢

平均年収

20代

400~600万円

30代

600~1,000万円

40代

1,000~1,300万円

50代

1,000万円以上

みずほ銀行では30代でも年収1000万円を獲得することができます。各年代によって年収の水準に差があるため、評価次第で同年代でも年収に開きが出ることが予測されます。

みずほ銀行の役職別平均年収推移

みずほ銀行の役職別平均年収推移は以下の通りです。

年齢

平均年収

課長代理

850~1,000万円

課長

1,000~1,300万円

副支店長

1,300~1,400万円

支店長

1,500万円以上

みずほ銀行では課長代理になることで年収800万円を超えることができます。そのため若いうちに年収1000万円になるためには、課長代理を早いうちに目指すことが重要です。年代別の平均年収と比較すると、30代が課長代理の年収範囲となっているため、30代に課長代理の役職につく社員が多いようです。

みずほ銀行のメガバンク内での平均年収比較

みずほ銀行のメガバンク内での平均年収の水準はどうなっているでしょうか。

年齢

平均年収

みずほ銀行

729万円

三菱UFJ銀行

773万円

三井住友銀行

842万円

国内78銀行平均

606万円

三菱UFJ銀行・三井住友銀行と比較すると、みずほ銀行の平均年収は少し低めです。しかし国内78銀行の平均606万円と比較すると、みずほ銀行の平均年収は100万円以上高く、全体として高い年収水準であることがわかります。現在は3大メガバンクの中で最も低い水準になっていますが、2018年以前には900万円台だったため、過去では最も高い年収水準であったことがわかります。そのため、今後の業績次第では年収水準が戻る可能性もあります。

みずほ銀行の業績推移

みずほ銀行の業績推移は以下の通りです。

年度

売上高(億円)

経常利益(億円)

2021年

32180.9

5363

2020年

39867

6378.7

2019年

39256.4

6141.1

2018年

35611.2

7824.4

みずほ銀行の売上高に関しては、2020年までは伸びています。しかし、経常利益に関しては2018年以降は下降が続いている状況です。年収の低下も経常利益の下降が一因となっています。

参考:2022年1月時点:DODA調べ

みずほ銀行の平均年収への口コミ

銀行の中でも高い年収水準のみずほ銀行ですが、働く社員の口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」から抜粋したみずほ銀行の年収に対する良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます。

みずほ銀行の平均年収への良い口コミ

みずほ銀行の平均年収への良い口コミは以下の通りです。

  • 年収については他のメガバンクには劣るものの一般的には高い水準
  • 仕事のできない人でもある程度の年齢になると役職を上げてくれる
  • 普通にしていれば1000万円は超えることができる
  • 初任給からの上昇カーブが他社比かなり鋭い
  • 金融機関でもあり、総合職の年収水準は高い。30代前半で1000万程度も珍しくない
  • 50代頃には出向等で銀行を抜けるため、昇格・昇給も他の業種と比較しても高いと思う
  • 個人営業の実績に合わせて評価されるので、わかりやすく、公平性は強いと思う
  • 実績に応じた表彰制度がある

年収に関しては1000万円を超える可能性があるため、将来性について良い口コミが多くありました。また評価制度も整っており、成果を上げることで表彰制度や昇格などもあるようです。

みずほ銀行の平均年収への悪い口コミ

一方、みずほ銀行の平均年収への悪い口コミは以下の通りです。

  • 年功序列のため、社員個々人の取り組みが給与に反映されづらい
  • 若手に対する家賃補助などの福利厚生は手厚いが、最近は福利厚生費削減の動きがある。
  • 普通に既定の残業時間だけでは到底仕事が追いつかず、過度な残業を余儀なくされる
  • 実績を上げてもインセンティブはない
  • 高収入だが楽な部署や働かない人がいる一方、激務の部署もあり。
  • ある年齢になると出向するので、そのときに年収が大きく下がる
  • 実績が上がらない時、頑張っているからという理由だけでは救済されない

評価制度が整っているという良い評価がある一方で、年功序列の風土が強く不公平感を感じている社員も多いようです。また部署毎で仕事量に違いがあるため、制度の見直しを求める声も多くなっております。

みずほ銀行の福利厚生

みずほ銀行の福利厚生は以下の通りです。

  • 各種保険:雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金
  • 通勤補給費全額支給
  • 昼食費補助
  • 持株会制度
  • 事業所内保育所
  • ベビーシッター育児割引制度
  • 社員毎のニーズに応じた住宅関連制度
  • 財産形成支援制度
  • 余暇支援制度等

みずほ銀行の福利厚生に関しては、他の企業にあるように一般的な福利厚生は揃っています。ベビーシッター育児割引制度や社員毎のニーズに応じた社宅関連制度など、他の企業にはないような制度もあります。

みずほ銀行の福利厚生に対する良い口コミ

「転職会議」によると、みずほ銀行の福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 社宅、寮退職金制度、持株会、年金制度は全て揃っている
  • 時短勤務やフレックス制も現在は利用する人も増えている
  • 社員に手厚く、eラーニングや研修など教育面は充実している
  • インフルエンザの予防接種や旅行の際のホテル代割引など、さまざまな制度が用意されている
  • 仕事柄ストレスにより休職する社員も一定数いるが、復職できるまで一定期間は給料が出ることや産業医への相談もできる
  • 女性行員は育児休暇後復帰する方が多くいる

福利厚生に関しては充実していると満足している社員が多くいました。また研修制度や働き方に関する制度も設けられており、社員のことを考えた制度も多くあるようです。

みずほ銀行の福利厚生に対する悪い口コミ

一方、みずほ銀行の福利厚生に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 年々借上住宅と家賃補助が縮小傾向になっている
  • バブル世代の職員から相当改悪されており、住宅ローンは他の銀行で借りた方が特になってしまう
  • 福利厚生の使い方については自分で調べないとわからない部分もあるため、若手は損している人も多いと思う
  • 福利厚生はポイント制であるため、ポイントが足りなくなることもしばしばある
  • カフェテリアプランの使い道が家賃補助意外に魅力的なものがない

手当によっては年々縮小している制度もあり、その部分に関して不満を持っている社員も一定数いるようです。また福利厚生に関してはみずほ銀行から積極的に社員に発信しているわけではなく、自ら調べる必要があり、知っている社員と知らない社員の間で利用によるメリットの受け取りに差が出ることが考えられます。

みずほ銀行の転職

銀行の中でも高い年収水準・3大メガバンクで働くことを考えて、みずほ銀行への転職を検討している人は多いのではないでしょうか。ここからはみずほ銀行への転職に関して、転職難易度から応募方法・選考フローに関して紹介していきます。

みずほ銀行の転職難易度

結論、みずほ銀行の転職難易度は高いです。理由としてはみずほ銀行は3大メガバンクの1行であり、年収・安定性の高さから人気があるためです。国内78銀行の平均年収が606万円ある中で、みずほ銀行の平均年収は約729万円で100万円以上高くなっているため、高い水準であることがわかります。また福利厚生や教育制度も充実しているため、社員の満足度は高く退職率も低い水準になっています。そのため、みずほ銀行の転職成功率を上げるための取り組みが必要です。

みずほ銀行はどこから応募するのか

みずほ銀行への応募は2種類あります。

  • みずほ銀行の採用サイトから応募する
  • 転職エージェントを経由して応募する

採用サイトからの応募に関しては「希望職種を選んで応募する方法」と「キャリア登録する方法」の2種類があります。「希望職種を選んで応募する方法」は採用サイトの中にある募集職種から、希望の職種を洗濯して応募をする方法です。職種によって必要なスキルや経験があるため、よく確認した上で応募をすることが重要です。また「キャリア登録する方法」とは、自分のキャリアをキャリア登録システムに登録しておき、みずほ銀行の採用担当者がそのデータを確認し、マッチする職種があればアプローチをして選考という流れになる方法です。キャリア登録は登録すれば確実に面接・採用になるわけではありません。しかし採用担当者がマッチしているのではと考えた上でアプローチをかけてきているため、通常の応募からの流れよりも選考通過可能性は高くなります。また転職エージェントを経由して応募するという方法も、採用サイトを確認して必要な手続きをするといった一連の手間を省くことができるため、効率的に応募を進めることができます。

みずほ銀行の選考フロー

みずほ銀行の選考フローは以下の通りです。

  1. 1次面接
  2. 2次面接
  3. 最終面接
  4. 内定

面接が3回実施され、面接が進むに連れて深掘りされた質問が聞かれる流れになるようです。そのため面接が通過しても安心せずに、次の面接に向けて練習して対策することが重要です。

みずほ銀行の会社概要

みずほ銀行の会社概要は以下の通りです。

会社名

株式会社みずほ銀行

本社所在地

東京都千代田区大手町1丁目5番5号大手町タワー

発足日

2013年7月1日

代表者(2022年1月時点)

取締役頭取 藤原 弘治

資本金(2022年1月時点)

1兆4,040億円

みずほ銀行の事業内容

みずほ銀行の主な事業内容は以下の通りです。

  1. 預金業務:預金・譲渡性預金の取り扱い
  2. 貸出業務:手形の貸付・手形の割引
  3. 商品有価証券売買業務(国債等公共債)
  4. 有価証券投資業務:国債・地方債・社債・株式等に投資
  5. 内国為替業務:送金為替・当座振込および代金取立の取り扱い
  6. 外国為替業務:輸出・輸入および外国送金その他外国為替に関する各種業務
  7. 社債受託および登録業務
  8. 附帯業務:有価証券・保険商品の窓口販売・宝くじに関する業務等

上記のような形で個人から法人まで幅広く事業を展開しています。それぞれの業務に関して、面接前にそれぞれの事業について調べておき、聞かれたら答えられるように準備しておくことが重要です。

みずほ銀行の柔軟かつ多様な働き方の推進

みずほ銀行では社員の柔軟かつ多様な働き方を推進するために以下の取り組みを行っています。

  • フレックスタイム勤務や時差出勤の導入
  • サテライトオフィス・リモートワークの推進
  • 労働時間削減:定時退社日・本社ビルの定時一斉消灯・朝型勤務の奨励
  • 休暇取得推進の取り組み:自己啓発休暇・ボランティア休暇・リフレッシュ休暇

リモートワークや時差出勤の導入など、社員の働き方の変化に合わせた制度が整っています。また過度な残業を避けるために定時退社日や本社ビルの一斉消灯など会社全体で残業削減に取り組んでおり、社員のパフォーマンス向上にも取り組んでいます。

みずほ銀行の転職成功率を上げる方法

みずほ銀行の転職難易度は高いです。みずほ銀行の選考を通過するためには、準備が必要です。その中でみずほ銀行の転職成功率を上げるための方法を紹介していきます。

転職エージェントを有効活用する

転職エージェントを活用しなくても、みずほ銀行への転職を成功させることは可能です。しかし転職難易度が高いみずほ銀行への転職において、なんの準備もせずに選考に臨むのは非常に厳しいです。そこで転職エージェントを活用することで、みずほ銀行の転職成功率を上げるための様々なサポートを受けることができます。また転職エージェントに登録しても、ただアドバイザーからのサポートを待つだけでは足りません。こちらから積極的にアドバイザーに面接の練習や書類添削などお願いして、積極的に対策していくことが重要です。

みずほ銀行の面接対策を徹底する

みずほ銀行の面接対策を進めていく上で、過去にされた質問の傾向を押さえておくことは重要です。そこで「転職会議」から抜粋した過去の面接質問は以下の通りです。

  • 15分上げるから好きにしゃべって
  • 学生時代に2番目に頑張ったことを教えてください
  • みずほと他の銀行の差はどのくらいか(志望度)
  • 学生時代のアルバイトで工夫して取り組んだこと
  • なぜ多くの銀行の中でもみずほ銀行を志望したのか
  • スキルアップのためにさまざまな制度があるが、利用したいか
  • 自分は周囲の人からどんな人って言われるか
  • なぜ銀行を志望しているのか
  • もう一度面接をするか、この場で合皮を出すか選んで
  • あなたを採用することで他の人は採用できない。その人たちに対してどう思うか
  • 5年後どのようなキャリアを描いているか
  • 関西の支店を増やすにはどうすれば良いか
  • 仕事が溜まったらどう対処するか
  • お金に関係することで困ったことはあるか

15分上げるから話してや仕事が溜まったらどうするかといった、考えさせられるテーマが多くあるようです。このような質問は全く準備のない状態でその場で聞かれても考えがうまくまとめられず失敗してしまう可能性があります。そのため面接の練習でもアドバイザーの方に、対策のための面接を行ってもらうことが重要です。またみずほ銀行に入行してからのことも聞かれるため、入ってやりたいこと・どのように貢献していくか話せるようにしておくと、採用担当者の印象に残る説明ができるようになります。

みずほ銀行の現職での成果・プロセスをまとめておく

みずほ銀行は人気の企業であり転職難易度も高いため、入行してからも売上利益を上げることに貢献できる社員であることを、採用担当者に説明して示す必要があります。みずほ銀行の仕事の中で即戦力になれることを示すためにも、現職での仕事の成果やプロセスをまとめておくことが重要です。またプロセスもただまとめておくだけでなく、みずほ銀行の仕事の中でどれだけ活かせるのか話せるようにしておくと、採用担当者の印象に残ることができます。特に圧倒的な実績を残しているのであれば、その実績をまとめておくと面接通過率を高めることができます

みずほ転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

みずほ転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

みずほ転職を目指す上でおすすめの転職サイト

みずほ転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

2021年3月期の有価証券報告書によると、みずほ銀行の平均年収は729.0万円です。日本企業の平均年収は約467万円であり、みずほ銀行の平均年収は約1.5倍の水準となっています。みずほ銀行の平均年収は業績の低下に伴い、2018年頃から平均年収は900万円台から700万円台になってきています。みずほ銀行の平均年収は三菱UFJ銀行などのメガバンクと比較すると低い水準になっているものの、銀行全体と比較すると高い水準になっています。みずほ銀行の福利厚生に関しては一通り揃っており、社員の満足度も高いものになっています。そんなみずほ銀行の転職難易度は高いです。みずほ銀行の転職成功率を上げるためにも、転職エージェントを有効活用する・面接対策を徹底することは重要です。また現職での成果やプロセスをまとめておき、みずほ銀行の仕事でも活かすことができることを伝えられれば面接通過率も高めることができます。ぜひ本記事を参考にみずほ銀行への年収に対する理解および転職成功率を上げることに繋げていただけると幸いです。