公開日

2022/06/27

最終更新日

【第一生命年収】給料ランキングは高い?低い?初任給・給与明細・出世コースを解説!

第一生命に転職して、年収アップしたい。
平均年収や給与は高いのかな?
・給与や評価制度について、詳しく知りたい。

上記の悩みにお答えします。結論、第一生命の年収は、高いです。第一生命ホールディングス株式会社は、国内保険業界の中で1,2を争う、大手企業です。生命保険会社には、資産運用会社の一面もあります。第一生命は、国内でもトップクラスの資産運用企業です。消費者に提供する商品も充実しており、国内外から高い評価を得ています。保険の営業以外でも、資産運用を学べる第一生命には、優れたビジネスマンも多いです。第一生命に転職して、年収を飛躍させた事例も、少なくありません。本記事では、第一生命の平均年収、評価制度、社員からの口コミなどを、詳しく紹介します。本記事を最後まで読むと、第一生命に転職した後の自分の年収、適切な働き方の理解が深まるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

第一生命の平均年収は949万円

第一生命ホールディングス株式会社 有価証券報告書によると第一生命の平均年収は、949万円です。保険業界各企業の平均年収を計算すると、業界平均年収は438万円でした。上記の結果を見て分かる通り、第一生命の平均年収は、業界内でも高いことがわかります。第一生命は、国内外で売上のある大手保険会社です。会社の研修制度も充実しているため、社員のレベルが高い企業といえます。保険業界で営業職に従事している人は、実力次第で、高い年収を得ることが可能です。第一生命の信用性と商品の数に営業力を加えられると、社員一人ひとりの年収は、高くなるでしょう。第一生命の、過去の平均年収は、以下の通りです。

平均年収

2015年

649万円

2016年

986万円

2017年

976万円

2018年

951万円

2019年

936万円

2020年

949万円

参考:有価証券報告書

上記の結果を見て分かる通り、第一生命の平均年収は高く、安定しています。保険業界は、新型コロナウイルス蔓延の影響を受けても、売上増加に成功している企業が多いです。第一生命も、例外ではありません。新型コロナウイルスの蔓延と同時期に、「コロナminiサポほけん」というサービスを、第一生命はリリースしました。新型コロナウイルスに感染すると、一時金が支給される保険サービスです。多くの人が不安を感じる中、上記のサービスが生活者の不安軽減につながりました。結果的に、コロナ禍でも、売上を伸ばすことに成功しています。生活している人々の不安を察知して、サポートできるサービスをすぐに打ち出せるのは、第一生命の強みといえるでしょう。

第一生命の年齢別平均年収

第一生命の年齢別平均年収は、以下の通りです。

年齢

平均年収

平均給与

20歳~24歳

約340万円

約24万円

25歳~29歳

約650万円

約43万円

30歳~34歳

約700万円

約50万円

35歳~39歳

約730万円

約52万円

40歳~44歳

約810万円

約56万円

45歳~49歳

約930万円

約65万円

50歳~54歳

約1,000万円

約70万円

55歳~59歳

約1,000万円

約70万円

60歳~64歳

約660万円

約45万円

参考:有価証券報告書

上記のデータを見る限り、年収は年功序列に感じるかもしれません。しかし、実際は実力社会です。年齢が高くなると、経験が蓄積されるため、勤続年数が長いほど、年収も上がります。営業職の場合は、保険や商品の制約数によって、社員の給料が変わります。そのため、若手社員でも年収800万円〜1,000万円前後の年収を稼ぐ人も少なくありません。一方で、勤続年数が長くても、高い年収を得られない人もいます。部署や職種にもよりますが、保険業界は実力社会です。保険業界が得意な人にとっては、第一生命の信用は、年収アップになるといえます。続いては、男女別の平均年収を見てみましょう。

第一生命の性別・年齢別平均年収

第一生命の性別・年齢別平均年収は、以下の通りです。

年齢

男性平均年収

女性平均年収

20歳~24歳

約340万円

約340万円

25歳~29歳

約750万円

約650万円

30歳~34歳

約780万円

約700万円

35歳~39歳

約820万円

約730万円

40歳~44歳

約860万円

約820万円

45歳~49歳

約980万円

約930万円

50歳~54歳

約1,100万円

約1,000万円

55歳~59歳

約1,000万円

約1,000万円

60歳~64歳

約700万円

約700万円

参考:有価証券報告書

第一生命では、男性社員の方が、女性社員より、年収が高い印象です。しかし、前述した通り、年収には個人差があります。女性社員でも、男性社員より高い年収をもらっている人は、多いです。女性社員の場合、結婚や子育てがあるため、営業に取り組める時間に、男性社員と差があります。そのため、年収には少しの差が生じる傾向です。保険業界は実力社会の名で、女性でも高い年収を得られます。第一生命に「男性優位」などの風潮はありません。近年では、女性管理職を増やす動きも、活発です。男性女性問わず高い年収が期待できる第一生命は、魅力があるといえますね。

第一生命ホールディングス株式会社の職種・役職別平均年収

第一生命の職種別平均年収は、以下の通りです。

職種

平均年収

技術職

約850万円

一般職

約900万円

総合職

約1,200万円

参考:有価証券報告書

第一生命では、総合職の平均年収が最も高いです。総合職では、経営企画、金融工学・金融投資理論を用いた、アセットアロケーション業務や、データサイエンティストの仕事をします。第一生命が保有する情報量は多く、適切な判断能力と、高いスキルが必要です。総合職は売上に直結する職種のため、年収が高くなります。総合職以外の年収が高いのは、第一生命の魅力です。一般職でも年収1,000万円以上稼いでいる社員もいます。どの職種でも年収が高いのは、第一生命だからこそといえるでしょう。

第一生命の役職別平均年収

第一生命の役職別平均年収は、以下の通りです。

役職

平均年収

主任

約900万円

係長

約1,000万円

課長

約1,3000万円

部長

約1,500万円

参考:有価証券報告書

第一生命で部長クラスに就任すると、年収は1,500万円以上が多いです。年収2,000万円以上の社員も存在します。役職に就任するには、実績と高いスキルが必要です。主任クラスでも、年収1,000万近くの年収を達成できるのは、転職を考えている人には魅力といえます。競合他社と比較しても、役職に就任と同時に、年収1,000万円前後の年収になれる企業は少ないです。ただし、第一生命で役職に就くのは、簡単ではありません。転職エージェントなどを利用して、どのような人が出世しているかは、事前に分析しましょう。

第一生命と競合他社との年収比較

第一生命と競合他社の年収比較は、以下の通りです。

会社名

平均年収

東京海上ホールディングス株式会社

1,338万円

SOMPOホールディングス株式会社

1,153万円

T&Dホールディングス株式会社

1,047万円

大同生命保険株会社

995万円

第一生命ホールディングス株式会社

949万円

ライフネット生命保険株式会社

740万円

株式会社かんぽ生命保険

641万円

参考:各社有価証券報告書

保険業界で平均年収が最も高いのは、東京海上ホールディングスです。第一生命を含む上位の企業は、海外でのビジネス展開に成功しています。第一生命の平均年収は、上位に比べると少ない印象です。しかし、国内売上高では2位に選ばれているため、組織の持つ資産は、国内トップといえるでしょう。新型コロナウイルスに対する施策も早く、生活者のニーズに応える商品が多い第一生命の年収は、これからも高くなると予想されています。

第一生命の給与と評価の仕組み

第一生命の給与は、成果に対しての報酬が基本です。しかし、総合職や、部長・課長の役職に就任すると、給与は年功序列になります。営業職では個人目標が決められており、達成できるかどうかで、年収が大きく変わる傾向です。契約件数を多く取れる人は、収入が高くなります。一方で、結果を残せない人の給与は、かなり低いです。営業職で高い年収を狙う場合は、結果にコミットする必要があります。

第一生命の評価制度について

第一生命の評価制度は、職種によって異なります。営業職の場合は、結果が全てです。成果を出す人の評価が高く、目標を達成できない人の評価は低くなります。上記のように、評価基準はシンプルです。営業職の成績は、ボーナスにも反映されます。営業職に転職する場合は、結果を残すための努力が必要です。総合職の場合は、年功序列です。評価面談もありますが、面談でスピード出世した事例はほとんどありません。しかし、高い成果を出した人は、昇格が早いです。総合職は年功序列ですが、実力のある人は、早いスピードが狙えるでしょう。

第一生命のボーナスは少ない?

第一生命のボーナスは、職種によります。時期によって変動しますが、総合職の場合は高いボーナスを貰っている傾向です。一方で営業職は、成果によって変わります。保険の契約が取れない人は、賞与額が1万円〜3万円になるケースも少なくありません。成果をしっかりと残せる人は、100万円前後のボーナスをもらっています。第一生命ホールディングス株式会社の、過去の賞与金額は、以下の通りです。

平均賞与額

2015年

約86万円

2016年

約120万円

2017年

約130万円

2018年

約120万円

2019年

約120万円

2020年

約130万円

参考:有価証券報告書

全体的に、賞与金額は高い印象です。しかし、営業職の場合は実力によって異なります。しっかりと目標を達成できる人は、第一生命でも高い年収を達成できるでしょう。

第一生命の社の求人情報

第一生命では、下記の求人情報が出されています。

職種

業務内容

アクチュアリー(主計部)

個人保険の( 商品数理)

ITビジネスプロセス企画部

サイバーセキュリティ対策に関する情報収集など。

ITビジネスプロセス企画部 データアナリティクス室

社内全般のデータサイエンス業務など。

法務部

第一生命および同グループにおける法務業務全般(保険事業関連法務)

収益管理部 収益管理課

グループの会計業務インフラ企画・開発/全社の会計業務DX化への対応など。

商品事業部

個人保険・個人年金保険の商品開発業務など

団体年金事業部 企業年金数理室

確定給付企業年金制度の財政計算業務、退職給付会計計算業務など。

第一フロンティア生命 ALM推進部

ERM経営につなげる商品の収支設計に関する業務など。

第一フロンティア生命 ITデジタル推進部 事務・システム統括グループ

ITデジタル推進部 事務・システム統括グルー@うにて、システム基盤開発など。

第一フロンティア生命 ITデジタル推進部 新規契約システムG または収納保全システムG

新契約システムグループまたは収納保全システムグループにて、契約管理、新契約・収納保全システムの開発業務など。

第一フロンティア生命 お客様サービス部

生命保険の新規契約事務、収納保全事務、保険金事務など。

第一フロンティア生命保険株式会社 主計部主計グループ

収支予測に関するアクチュアリー業務など。

ネオファースト生命 お客さまサービス部

第一生命入社後、ネオファースト生命保険株式会社に出向。査定業務、査定に関する企画、業務フローの見直しなど。

第一フロンティア生命保険株式会社 主計部経理グループ

決算財務省表作成、税務計算・手続、事業費管理・会計入力から財務諸表作成など。

第一フロンティア生命保険株式会社 主計部再保険グループ

再保険に関する企画・立案、保全など。

第一生命は、リファラル採用を導入しています。全ての職種ではありませんが、第一生命に紹介してくれる知人がいると、転職が有利になるでしょう。時期によって求人情報は、更新されます。公式ページを定期的に確認するのが、おすすめです。

第一生命に対する口コミ

第一生命に関する口コミは、賛否両論です。実力次第で稼げるという人もいれば、環境に不満のある人もいます。そこで今回は、第一生命に対する良い口コミと悪い口コミを、併せて紹介します。

第一生命に対する良い口コミ

第一生命に関する良い口コミは、以下の通りです。

  • 稼ぎやすい
  • 福利厚生が充実している
  • 休日休暇がとりやすい

営業が得意な人は、第一生命の信用を使って、稼ぎやすい傾向です。福利厚生や休日休暇がとりやすいため、ワークライフバランスが整いやすいとの声もあります。女性管理職が多いため、女性にとっても働きやすい職場といえるでしょう。

第一生命に対する悪い口コミ

第一生命に対する悪い口コミは、以下の通りです。

  • ノルマがある
  • 基本給が低い
  • 減給制度がある

不満の声は、上記の通りです。第一生命に「ノルマ」という言葉はありません。しかし、個人目標がノルマの役割をしています。プレッシャーに弱い人から、不満の声が多いです。成果を出せない人は、基本給しかもらえません。基本給は少額のため、生活するのがやっとのことです。目標を達成できない社員には、減給制度があります。稼ぎやすい一面もありますが、厳しい一面もある業界です。営業職の場合は、残業などの概念もありません。仕事が終わった後からも、顧客から連絡がくる可能性もあります。転職する際は、慎重に考えましょう。

第一生命に転職するなら、転職エージェントの利用がおすすめ

第一生命に転職するなら、転職エージェント利用がおすすめです。理由は、以下の通りです。

  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 業界に特化したサポートを受けられる
  • 給与交渉を依頼できる

総合職に転職するなら、転職エージェントの利用は必須です。求められるスキルが高く、転職倍率も高い傾向にあります。転職エージェントを利用すれば、適切な転職準備が可能です。第一生命に転職するなら、転職エージェントを利用して、しっかりとした準備をしましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

第一生命などの保険企業の総合職は、転職エージェントに非公開求人を出すことが多いです。優れた人材を、転職エージェントに紹介してもらうことが、非公開求人を出す理由になります。第一生命は、リファラル採用を中心に、求人を出す傾向です。優秀な人材を紹介してもらうことで、採用コストを下げながら、即戦力を確保できます。非公開求人が出ている場合、経験やスキルが認められると、転職エージェントが、企業に推薦する可能性が高いです。紹介をメインに採用する第一生命に転職するなら、転職エージェントの利用は、必須といえるでしょう。

業界に特化したサポートを受けられる

転職エージェントは、業界・企業に特化した転職サポートを実施してくれます。第一生命に転職するなら、即戦力になるスキルと経験を元に、適切なアピールが必要です。転職エージェントは模擬面接を実施してくれるので、伝え方やアピールの仕方について、しっかりと学べます。第一生命がどのような人材を求めているかも熟知しているため、転職に優位な情報を入手できるのも、転職エージェントの魅力です。第一生命が求める人材を理解して、適切な準備ができると、転職成功確率は高くなるでしょう。

給与交渉を依頼できる

第一生命から内定をもらっても、契約年収が低い可能性があります。上記のような場合、転職エージェントが給与交渉の依頼が可能です。中途採用者の給与は、経験や能力によって異なります。そのため、自分の契約年収が適切なのか判断ができません。転職エージェントであれば、求職者が適切な金額をもらっているか判断できます。過去のデータを確認して、あなたの年収が適切かどうかの判断が可能です。転職の保険としても、転職エージェントは役に立つサービスです。

第一生命転職を目指す上でおすすめの転職サイト

第一生命転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

本記事をまとめます。

  • 株式会社小松製作所の平均年収は949万円
  • 営業職は実力社会
  • 総合職の転職難易度は高い

第一生命の年収は高く、これからも伸びると期待できます。営業職では、実力次第で高い年収が可能です。第一生命に転職する際は、転職エージェントを利用して、適切な対策をしていきましょう。