公開日

2022/09/26

最終更新日

【28歳転職】遅い?厳しい?高卒・スキルなし・異業種は難しい?男性・女性別に解説!

・28歳で転職はできるのだろうか
20代後半で未経験職転職は厳しいのか
・転職するためにはどうすれば良いのか

転職に関して悩む28歳の人は多いのではないでしょうか。28歳になると「適齢期を越えてしまった」と考える人もいますが、実際のところはどうなのでしょう。本記事では、28歳で転職をすることのメリットやデメリット、未経験業種への挑戦は可能なのかなどについてご紹介していきます。転職はしたいけれどなかなか一歩が踏み出せない人や転職を成功させるためのポイントを知りたい人は是非参考にして下さい。また、28歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【28歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

28歳の転職は遅くはない

28歳で転職をすることは、全く遅くはありません。28歳では企業からすると適齢期を越えてしまっていて転職に不利になるというイメージをもつ人もいますが、実際には仕事をする上で必要なスキルを備えた適正な年齢層として扱われることも多いです。また、近年では企業側の雇用の考え方も変わってきており、終身雇用というのが一般的ではなくなりつつあります。その分、40代や50代などの転職なども増えてきているため、28歳であれば十分転職可能な年齢といえるでしょう。しかし、注意点としては新卒や20代前半に比べると、28際は企業側からみたポテンシャルはどうしても下がってしまいます。ポテンシャルが下がる分、求められるスキルや経験値などというものは年齢ごとに増えていくことは覚えておきましょう。

転職回数が多いと再就職に不利となるのか

転職回数が多いからといって、必ずしも転職活動で不利になるとは限りません。しかし、転職回数が少ない人のほうが、多い人よりは印象が良いことは確かです。転職回数の多い人はその事実をどうにかすることはできないため、過去の職場を退職した理由を悪い印象を与えないように伝えることが大切になります。具体的に意識すべきこととしては、

・嘘をつかない
・不平不満で終わらない
・自身の中で退職理由を深掘りし、簡潔にまとめる

です。退職理由でよくある「お金」「人間関係」「やりたいこと」を例として整理します。

お金

今の給料に満足していなくて退職を決めた場合、面接官に「給料が低いから辞めた」と回答すると、不平不満に聞こえたりスキルがないからではないかと思われる可能性があります。このような時は、その先の部分を志望先企業との関連性から話すようにしましょう。志望理由の例としては、「御社では年齢などではなく能力で評価をしてもらえると思いました。」「結果を出すことで評価をしていただき、それが自分への成果に繋がるような会社だと思い、転職を決意しました」などといった給料を上げるための努力や結果を自分は残してきたものの、成果として現れなかったというような伝え方が良いでしょう。

人間関係

「上司からパワハラを受けていた」「周りと打ち解けられなかった」こういった内容をそのまま伝えてしまうと、「クレーマー気質なのではないか」「コミュニケーション能力のない人なのではないか」と思われてしまう可能性があります。このような場合の志望理由の例としては、「風通しの良い職場で働きたいのだが、もくもくと仕事をこなすだけの社風が出来上がっており、それにより意思疏通がスムーズに行うことができなかった」「御社の説明をみて、従業員が互いに協力しあって成長していける会社だと思いました」などといった伝え方が良いでしょう。

やりたいこと

「私が本当にやりたいのは御社のような仕事です」「やりたい仕事が変わりました」「今の会社ではスキルアップが出来ないと思いました」こういった回答は、一見やる気があるようにも見えますが、「同じようなことを言ってまた辞めるのではないか」と思われる可能性があります。こういった場合の志望理由の例としては、「実は昔から御社のような仕事がしたかったのですが、当時はスキル不足を感じていたため応募出来ませんでした」「今の会社では、自分のスキルアップが会社貢献に反映しておらず、スキルアップをそのまま会社に還元できるようなところで働きたいと思っています」など、スキルアップをした結果どうしたいのかを明確に伝えることを意識しましょう。このように伝え方をしっかり考えることで、転職回数が多くてもそれが直接的に不利に繋がることは少なくなるでしょう。

28歳で転職するメリット

28歳での転職には、以下のような様々なメリットがあります。

自分の就きたい仕事をみつけやすい

28歳ともなると、それなりの社会人経験があるため、自分に合っている仕事を取捨選択しやすいでしょう。社会人の経験も少なくとも数年、転職経験のある人であれば企業をいくつか経験していることとなります。そのため、明らかに自分に合っていない仕事を選んでしまい、大きなミスマッチとなる可能性は低いでしょう。ミスマッチの少なさは社会人経験がある程度ある28歳だから可能なことであり、新卒や第二新卒には難しい選択でしょう。

経験やスキルを活かすことができる

28歳は社会人として数年間は業務に携わっているため、経験やスキルを次の仕事でも生かすことができるでしょう。同じ業種に転職する場合はもちろん、未経験業種の場合でも社会人としての経験やスキルを活かすことができます。ビジネスマナーや仕事の進め方、仕事に対する姿勢などは未経験業種であっても十分に発揮できるスキルです。

選択肢が豊富にある

28歳は、前職と同じ業種にも転職しやすいですし、年齢的に未経験業種であっても十分転職できるため、仕事の選択肢が豊富にあります。キャリアアップを目指して同じ業種で挑戦をするという選択もでき、未経験でも20代という若さを利用できるのは28歳ならではの強みと言えるでしょう。

職場に馴染むのが早い

28歳であれば、転職先の職場の人達と比較的早い段階で馴染むことができるでしょう。社会人経験があるため、職場でのコミュニケーション能力も低くはありませんし、年齢的に若手の部類に入るため、先輩も大勢います。若さを生かして仕事をスムーズに覚えることにより、可愛い後輩として仲良くしてもらえることも多いでしょう。逆に30代半ばや40代になると、年下も多く中々馴染めないということも少なくありません。

28歳で転職するデメリット

一方で、28歳で転職するデメリットは以下の通りです。

職種によっては経験が浅いと思われる

前職と同じ職種で仕事を探す場合、28歳という年齢では経験不足と思われることがあります。即戦力を望んでいるIT企業や役職者を求めているような業種・職種の場合、年齢により転職活動が不利になることもあるでしょう。

職種によっては年収が下がる

経験のある職種であれば、スキルを生かしたキャリアアップとして年収の高い企業への転職を狙うことも可能ですが、未経験職種の場合は年収が下がってしまう可能性もあります。新たに挑戦したい職種の年収が低い場合は、同じ職種の中で他の求人も検討してみることも必要でしょう。また、年収が下がっても大丈夫な場合でも、転職先の給料が今後どのように上がっていくかの実績を確認することは必要です。

ミスマッチな転職をした場合、次が苦しくなる

もしも28歳の転職で失敗した場合、次に転職するときには選択肢が狭くなってしまいます。最近では30代、40代などの転職も盛んにおこなわれており、企業も年齢に関係なく受け入れてくれる土壌が存在しますが、年齢を重ねるごとに選択肢が狭まっていくのは事実です。そのため、28歳で転職して失敗したと思っても、次に転職するときには選択肢が更に減るため、より一層慎重に転職活動をしなければなりません。

28歳の転職で失敗するケース

28歳の転職で失敗するケースを整理します。

年収を重視してしまう

1つ目は、「年収を重視してしまう」です。言うまでもなく、転職を考える上で年収は極めて重要な要素の一つですが、年収だけで転職先を決めてしまうと後々後悔することになります。年収だけではなく、自分にとってベストな転職先はどこなのかを踏まえた上で、転職を考えましょう。「自分の欲しいものは何か」を明確にすることが大切です。

企業/業界研究が不足している

企業/業界研究は新卒の時と同じレベルで行いましょう。企業の強み、業界の特徴、社風、事業内容、競合企業などを理解しないまま選考に望んでも採用側に本気度は伝わりません。最低限の準備をしないと、練習で面接に来ているのではないかと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと企業研究を行うことを意識しましょう。

転職理由が漠然としている

3つ目は、「転職理由が漠然としている」です。転職理由が明確でないと、どうしてもジョブホッパーになりがちです。転職に際しては、明確な転職理由を用意することを心掛けましょう。

28歳で転職したほうがいい人の特徴

明確な理由があれば、転職に向けてすぐに動き出すことができるものですが、自分が転職すべきかどうか分からない人もいることでしょう。「今の仕事が向いていない気がする」「でも他にやりたい事もないし強みも特にない」こうしたどっちつかずのケースが一番困りますよね。ここからは、28歳で転職したほうがいい人の特徴を解説します。

  • 前職で実績をあげている
  • キャリアアップ・年収アップが望めない
  • パワハラ・セクハラが横行している
  • 業界が行き詰まっている

これらに当てはまる人は、転職を検討しても良いかもしれません。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

前職で実績をあげている

転職する場合は、前職で実績をあげていると有利です。30代以上の転職なら何かしらの実績があって当たり前ですが、20代ではアピールできる成果があると大きな武器になります。営業成績やプロジェクトの成功など数字や規模感の分かりやすいものがあればベストです。逆に言えば、アピールできる実績がないと中途半端な経験と熱意とそこそこの若さでしか勝負できません。この場合、転職の決断は慎重になったほうが良いでしょう。

キャリアアップ・年収アップが望めない

昭和的な年功序列の文化が残っている企業の場合、実績を残しても年齢で足止めをくらってしまう可能性があります。上が詰まっていると自分に役職や仕事が回ってこないので、キャリアや年収は頭打ちになる傾向があります。ずっとその会社に残り続けるなら、いつかは出世できるかもしれませんが、その間にも同業の同年代は経験を積んでいます。今はそれほど差がなくても、数年後はスキルも年収も取り返しのつかない差が広がっているかもしれません。長期的に考えると大きなリスクなので、年功序列や成長が止まっている企業なら、転職を考えたほうが良いかもしれません。

パワハラ・セクハラが横行している

世の中全体で労働環境は見直されてきていますが、依然としてパワハラ・セクハラが横行している企業も存在します。特に人手不足の中小企業では、元凶の社員が実力者や役職持ちである場合、人事や上司も強く言えないという状況もあるでしょう。そうした会社に我慢して在籍しても長期的に見れば良い事はありません。うつ病などの精神疾患を発症すると、寛解しても元通りにはならないと言われています。このような事情は転職先も理解してくれるので、逃げの転職とは見られません。気力が残っているうちに、すぐ転職しましょう。

業界が行き詰まっている

ビジネスモデルや商材が時代に取り残されている業界では、あと数年生き残れても、いずれ立ち行かなくなる可能性があります。今のうちから伸びしろのある他業種へ移るのが良いでしょう。28歳の未経験は少し厳しいですが、資格やスクールなどで多少は付加価値を上乗せすることができる場合はあります。転職1社目に希望の業界に行くことさえできれば、2回目は経験者として転職可能です。世の中の動きを予測することは難しいので、早めに準備をしておきましょう。

転職で採用されやすい28歳の特徴

それでは、転職で採用されやすい28歳の特徴を見ていきましょう。

  • 前職で実績を残している
  • チームをまとめたことがある
  • 転職の理由が明確である

ひとつずつ解説していきます。

前職で実績を残している

28歳の転職では、何か分かりやすい実績があると大きなアドバンテージになります。30代以降では実績やマネジメントスキルが問われますが、28歳の転職では「即戦力かどうか」が重要です。過去に実績があれば信頼性が増すとともに、他の20代をリードすることができます。

チームをまとめたことがある

28歳では即戦力として採用されますが、ゆくゆくはマネジメント職も経験させたいと考えるものです。その時、チームをまとめた経験があると、採用側も今後のキャリアをイメージしやすくなります。28歳で部下を持つことはあまりないですが、小さなチームを率いて仕事を進めたなど、ちょっとした経験でも大丈夫です。即戦力としてはまだまだでも、将来的なマネジメント職候補として評価してもらえるかもしれません。

転職の理由が明確である

28歳は、ある意味では中途半端な年齢です。若い人材なら新卒・第二新卒の方が、即戦力なら30代の方が期待できます。採用側に他の選択肢がある中で選ばれるためには、転職の理由を明確にして説得力を持たせなければなりません。そのためにも転職の動機や志望する企業を事前によく吟味しておきましょう。

転職で採用されにくい28歳の特徴

反対に、転職で採用されにくい28歳の特徴は下記になります。

  • 基本的なビジネススキルが身に付いていない
  • キャリアプランを練っていない
  • 逃げの転職をしている

一つずつ見ていきましょう。

基本的なビジネススキル・マナーが身に付いていない

28歳でも仕事を任せてもらえず、いつも上司の判断を仰いでいるようでは基本的なビジネススキルが身に付いているとはいえません。こうした状態では、転職する前に今の会社で自立するのが先です。仮に転職して環境を変えたとしても、根本的にスキルが足りていないので、前職同様の状態になるでしょう。

キャリアプランを練っていない

「転職して何をしたいのか」を明確にしておかないと、ミスマッチになる可能性が上がります。目先の給料やネームバリューを基準に選ぶと、どこかで不満や後悔が湧いてくるでしょう。面接対策も含め、キャリアプランをしっかりと練ることです。

逃げの転職をしている

今の仕事や人間関係に不満を抱くと、転職をしたくなるものです。しかし、何も準備せず逃げ出すように転職したところで、また同じような問題につまずくでしょう。自分が抱えている悩みが本当に転職でしか解決できないのか、引き返せるうちに考えておきたいものです。

28歳から未経験業種への挑戦は可能か

28歳からの未経験業種への転職は、十分可能です。理由としては

・28歳ならまだ十分ポテンシャルがある
・未経験歓迎の企業が増えている
・人手不足の企業が増えている

が挙げられます。28歳は、社会人としてはまだまだ若手で、20代前半と比べればポテンシャルは劣りますが、十分な可能性を秘めているでしょう。ビジネスマナーや経験値を考慮して、むしろ28歳くらいの年齢がほしいという企業も多いほどです。また、28歳ならビジネスマナーや経験値だけではなく、中にはリーダーや管理者などのマネジメント経験がある人もいます。様々な経験をしていてもおかしくない年齢のため、企業にとっては非常にコスパが良く是非採用したいと思える年齢でしょう。更に最近では人手不足やスキル不足の理由から、ある程度若い未経験者を歓迎して、イチから育てる企業も増えています。特に人手不足が著しいのはプログラマーなどのIT業界ですが、他にも慢性的に人員が足りない企業や未経験者を積極的に採用している企業も多いです。上記のような理由から、28歳なら十分に様々な未経験業種に挑戦することが可能でしょう。

転職を成功させるためのポイント

転職を成功させるためには、自身の強みをしっかり企業にアピールすることが大切です。アピールするポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

・ビジネスマナー
・ポテンシャル
・今までの経験
・コミュニケーション能力
・マネジメントの有無

順番に解説していきます。

ビジネスマナー

ビジネスマナーを教えなくて良いというのは、企業としても業務の教育に専念できるため、しっかりアピールしたほうが良いです。出社の仕方、先輩・上司へのあいさつ、トラブル時の姿勢など、新卒や社会人経験の浅い人との差をしっかり伝えるようにしましょう。

ポテンシャル

企業が新卒や第二新卒に求めているのは、若さによるポテンシャルのため、28歳でも十分にあることを伝えましょう。具体的に前職で仕事をどのようにして覚えてきたのか、どのくらいでマスターしたのかなどを伝えるのも効果的です。

今までの経験

過去に仕事で経験したもので、新しい企業にも繋がりそうなことは積極的にアピールしたほうが良いです。同僚の仕事を手伝った、提案をしてみたなど、些細なことでも言わなければ伝わらないでしょう。「こんなことを話しても」と思わず、自発的に取り組んだ経験を伝えることは大切です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、どの職場にいっても高い方が企業に喜ばれます。特に28歳という年齢であれば、上司や年上との接し方が上手かったり、積極的に声かけや質問などができると良いでしょう。ただし、仕事でいうコミュニケーションとは報告・連絡・相談などを軸として考える必要があります。「飲み会にたくさん参加しました」などの内容はコミュニケーションとは違うため、間違ったアピールをしないよう注意が必要です。

マネジメント経験の有無

マネジメント経験の有無は、企業にとって大きな評価ポイントとなります。もしマネジメント経験がある場合は、下記のようなことを伝えましょう。

・期間
・規模
・具体的な内容
・具体的な役職

以上のようなことを伝えて、自身がマネジメントをどのくらいできるのかを伝えることで、評価が大きく上がることもあるでしょう。また、マネジメント経験のない人は、携わった業務で自発的におこなったことや後輩などに指示を出した内容など、マネジメントができる可能性を伝えることもオススメです。

28歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

28歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

28歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

28歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

28歳転職に関する口コミ

人生のターニングポイントは28歳、大体はそれくらいの歳で駐在&結婚を決めて堅実にライフステージを進める者、転職or独立or留学みたいに夢を追って人生に挑戦する者のどちらかに分かれる、って先輩が言ってた。

28歳で実務未経験でデザイナーに転職する際、「今更遅い」「やめた方がいい」的なことも言われたが、とにかくデザイナーになりたかった。なりたい気持ちだけで目指したので自分の適性も将来性も考えなかった。今でも正しい決断だったか分からないが、自分がしたいようにしたという事実には満足してる。

転職って怖いんですよね。中小企業から大企業行く時も28歳で未経験第二新卒枠でコンサルへ行った時も正直通用するか怖かった。けど結果的にどちらも楽しく仕事出来ました。心配事の9割は起こらないは本当なので悩んだらチャレンジした方がいい。

結婚を決め28歳で運送業へ転職した夫。安定した給料で養っていきたい。その一心。繁忙期は7時から22時。愚痴は家に持ち帰らない人。コロナ禍で精神的にもきつく理不尽なことも多い。そんな時、上司から売られた喧嘩を買ったと小耳に挟む。たまには弱音や愚痴も吐いて欲しいな。それが妻の役目だから。

https://twitter.com/yflut/status/1517132361435316224?s=21&t=u5Lt2E56f6KHBo-WHbbEgg

私は、28歳のときに転職を経験。それまではIT系の企業に勤めていました。SEの残業の過酷さも知っているし、人間関係の大切さも外野だからこそ客観的に知れます。通関士になるまでは、たくさんの苦労があった。だからこそ違う色を私は出せる。経験こそ師。あとは目の前のことに真剣に向き合えばいい👍

28歳。この年齢になると30代の生き方を考えるようになる。転職、結婚、子供、家… 友人と話している中でよく聞こえてくるのは「起業したい」そう考える人が多い!6人中3人が起業したいと言っていた。ただ何やっていいか分からないって人が2人!普段しない人の夢聞くのも面白いもんだよ!俺も頑張ろ!

コロナ前の好況期に、メガバンクからアクセンチュアに転職した28歳。転職から1年が経つが、新卒から鍛えられた生抜き組にはITスキルやプレゼン、思考法のレベルで歯が立たないと言う。しかし、今さら金融キャリアには戻れないし、事業会社に行っても経営スキル等はまだ無い。彼はこの後どうすべきか?

28歳転職に関するQ&A

28歳転職に関するQ&Aは以下の通り。

28歳で仕事ができない。どうすればよい?

目の前の仕事に懸命に取り組むことで周囲から評価を得られるように努力しましょう。ただ、状況によっては、うまくいかない場合もあります。必要に応じて、転職活動を進めることも考えましょう。

28歳で初めての転職は遅い?厳しい?

全く遅くありません。むしろ、20代の求職者は企業側の採用ニーズも非常に高いです。

28歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

28歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

28歳から未経験の仕事を新たに始めることは可能?

もちろん可能です。30代になると、未経験の仕事へのチャレンジは徐々に難しくなります。未経験の仕事にキャリアチェンジするなら、できるだけ20代のうちに済ませておきましょう。

28歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。いきなり年収アップしなくとも社内で活躍すれば年収は上がっていくものです。年収アップにこだわるあまり、良い転職機会を逃さないように注意しましょう。

28歳フリーターで正社員転職は可能?

28歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス

※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

28歳から公務員転職は目指せる?

もちろん可能です。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

28歳で異業種転職は可能?

28歳で異業種転職は可能です。というか、ベストタイミングと言っても過言ではありません。30代になると、「即戦力性」を強く求められるようになるため、徐々に異業種転職がしにくくなります。実際、企業からも少し敬遠される雰囲気が出てきます。異業種転職を目指すなら、20代のうちにしておきましょう。

28歳女性でも転職できる?

もちろん可能です。女性にとって28歳は、結婚・出産・育児など、自分のライフプランやこの先のキャリアプランをあらためて見つめ直す時期といえます。女性特有の悩みも多いと思いますので、必要に応じて、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

28歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

28歳子持ちで転職は可能?

28歳子持ちで転職する場合、働き方に制約のない人材との競争になるので、普通に転職活動を行うと上手くいかない場合が多いです。プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを貰いつつ、正社員転職がしやすい業界や職種を選ぶことで、28歳子持ちでも転職できる可能性が高まります。

28歳で仕事がない場合はどうしたら良い?

まずは契約社員からで良いので、なんとかして仕事を見つけるべく行動を開始しましょう。契約社員でも実力が認められれば、契約社員から正社員にステップアップできる場合もあります。

28歳転職は厳しい?難しい?

第二新卒である28歳はむしろ最も転職しやすい時期と言えます。独力で転職活動を進めるのが不安なら、必要に応じて、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

28歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

28歳で転職して結婚・出産できる?

女性の場合、28歳という年齢はライフステージの変化が発生しやすい時期です。特に結婚や出産は大きなイベントでしょう。結婚や出産を見据えつつキャリアアップを目指すなら、女性特化の転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

最後に

終身雇用が一般的でなくなった近年において、28歳での転職はまだまだ早いほうだと言えます。そのため、年齢で考えると転職可能な職種や業種も数多くあり、未経験でも受け入れてくれるところも多いでしょう。ポテンシャルと基本的なビジネスマナーを兼ね備えた28歳という年齢は、遅いどころか適齢期でさえあります。しかし、この適齢期での転職はできるだけ失敗しないことが望ましいでしょう。30半ばや40代の転職者も多く、実際に転職することは可能ですが、28歳と比べれば圧倒的に選択肢は狭まってしまいます。そのため、就きたい未経験職種に挑戦できなかったり、未経験で年収が下がってしまったりなど、なにかを妥協しなければならない可能性もあります。28歳という有利な年齢での転職をミスマッチで終わらせないよう、しっかりリサーチすることで成功に繋げることができるでしょう。

Photo by Headway on Unsplash