公開日

2022/01/13

最終更新日

【転職エージェント役に立たない】それでも活用すべき理由は?

この記事を読んでいる方は、「転職エージェントからの連絡がなかなかこない…」「希望する求人を紹介してくれない…」など担当の転職エージェントに対して「役に立たない」と感じることがあったのではないでしょうか?結論から言うと、転職エージェントは担当者によって大きく満足度が変わります。役に立たないかもしれないのは転職エージェントの担当者であって、転職エージェントのサービス自体はとても役に立ちます。まずは、役に立たない転職エージェント(担当者)の特徴をみていきましょう。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

目次

役に立たない転職エージェント(担当者)の特徴

役に立たない転職エージェント(担当者)の特徴を整理します。

連絡がこない・遅すぎる

早期の転職を望む人にとって転職エージェントの動きが遅いのはマイナス要素です。連絡に対する反応が鈍いと本当に動いてくれるのか不信感を抱いてしまいます。担当者が忙しいケースもありますが、利用する側にとっては、転職エージェントの動きによって転職活動が長引いてしまうこともあるため、レスポンスの早さは大きなチェックポイントになります。

希望に合った求人を紹介してくれない

転職に求める要望を伝えたのに、まったく要望と異なった企業を紹介されるというケースもあります。理想と異なる企業ばかり紹介されては時間の無駄と感じてしまうでしょう。中には、そもそも頭から要望をきちんと聞き出そうとせず、個人的に勧める企業を猛プッシュしてくる担当者もいるようです。当然、この状態では理想通りの転職は難しくなってしまいます。

機械的な対応をしてくる

ただ単に求人を検索して紹介するだけのような機械的な対応をする担当者もいます。原因としては、担当者が他にも多くの求職者の転職サポートをしていたり、応募者の希望条件に見合う求人がとても少ないことが考えられます。事務的に条件だけを検索するだけでは、「役に立たない」と思わず感じてしまいますね。

高圧的な態度をとられる

最近は企業の評判がダイレクトにネットに掲載されることもあり、態度が悪い転職エージェントは減少傾向にあります。しかし、中には高圧的な態度を取る人もいます。自身の考えを押し付け、一方的に否定してくるような転職エージェントでは、まともに相談することも難しいでしょう。

連絡がしつこい・急かしてくる

転職エージェントの担当者には、面接や内定承諾をメールなどでしつこく急かしてくる人もいます。本当に転職を成功させたいと思っている場合がほとんどですが、担当者自身のノルマを達成したいから急かすこともあります。じっくり時間をかけて転職先を探したいという人には特にミスマッチな転職エージェントといえるでしょう。

興味のない選考に応募させられる

そもそも興味がない求人に、「とりあえず応募しましょう」と勧めてくる担当者もいます。「数打ちゃ当たる戦略」で、やたらとたくさんの求人への応募を勧めてくる担当者には注意しましょう。エージェントの担当者があなたの希望をきちんと理解できていない可能性もあります。

転職エージェントに登録できない

転職エージェントから登録を断られ、「役に立たない」と感じた人もいるでしょう。実際に登録を申し込んだ後に、登録を断られる可能性はゼロではありません。登録する時点で断られてしまったら、「せっかく前向きな気持ちで申し込んだのに…」と落ち込んでしまいますよね。

役に立たない転職エージェント(担当者)の特徴を7つ見てきました。転職エージェントの中には、優秀でない担当者もいます。また、転職エージェントは人に依存したサービスであることも痛感します。役に立たないと感じる担当者に当たってしまうと、転職活動を進める上でストレスになってしまうかもしれません。転職エージェントを使わないメリットを見ていきましょう。

転職エージェントを使わないメリット

転職エージェントを使わないメリットを整理します。

自分のペースで転職活動ができる

転職エージェントを利用しないことで、自分のペースで転職活動を進めることができます。転職エージェントに登録すると、基本的には紹介された求人に応募してから行くことになります。もちろん並行して自分でも求人を探すこともできますが、どうしても受け身の転職になりがちです。転職エージェントに任せて紹介を待つだけになると、好条件の求人を見逃してしまうかもしれません。転職エージェントの利用は結果として転職の幅を狭めてしまうリスクもあります。

転職エージェントと面談する手間が省ける

転職エージェントに登録すると、自分の担当となるキャリアアドバイザーと面談を行います。そこで自分のこれまでのキャリアや今後の希望、転職に際しての条件を伝えていきます。アドバイザーに自分の希望を理解してもらい、信頼関係を構築していかなければ、良い結果は望めません。転職活動中には何度もアドバイザーとやりとりを重ねることになります。そのやりとりが煩わしいと感じる人も中にはいるでしょう。在職中であれば、さらにその時間を惜しいと思うかもしれません。転職エージェントを利用しなければ、面談の手間が省けます。

転職エージェント側の都合に左右されない

転職エージェントは、ボランティアでやっているわけではありません。転職を成功させると相手企業から成功報酬が支払われることで、サービスを運営しています。そのため、希望の求人よりも「内定を取りやすい求人」を紹介されてしまう場合があります。もちろん自身の希望条件を明確にし、アドバイザーと擦り合わせながら、条件に合う求人を紹介してもらえれば問題ありません。しかし他人の意見に流されやすい人だと、エージェント側に都合の良い求人ばかり紹介され、満足のいく転職ができない危険性があります。転職エージェントを使用しなければ、自分の意思で求人を見比べてじっくりと比較することができるでしょう。

キャリアアドバイザーの腕に左右されない

転職エージェントの中のキャリアアドバイザーは、キャリアコンサルタントの資格を持つエキスパートから大学を卒業したばかりの新人までスキルにばらつきがあります。転職エージェントのサービスを利用する場合、腕の良いアドバイザーが担当になるかは、運次第です。希望を出せば担当アドバイザーの変更に対応してもらえますが、本当に変更が必要か判断するためには、ある程度時間がかかるでしょう。時間を有効に使いたい人は、エージェントを利用せずに、自身の力で転職活動した方が良いでしょう。

転職エージェントの規約に縛られない

転職エージェントは転職を希望する側としては、無料で利用できる便利なサービスです。しかし、転職エージェントのサービスを受けるにあたって、利用者はそれぞれのエージェントが定める規約に従う必要があります。利用規約の禁止事項には虚偽申告や情報漏洩、面談の無断欠席など、基本的には社会人としてのマナーを守っていれば問題のないものばかりです。しかし、一度決まった内定の辞退を禁止するような規約もあるため、もし内定後に他により良い求人が見つかっても対応ができなくなります。規約違反によりエージェント会社を含めた関連企業に損害が発生した場合、賠償金を請求されることもあるため、無料で利用できるサービスだからといって規約を破らないようにしましょう。以上のことから、規約に縛られたくない人は転職エージェントの利用を控えた方が良いでしょう。

転職エージェントを使わないメリットを5つ見てきました。転職活動をマイペースに行うことができ、転職エージェントに時間を取られないメリットがあります。転職エージェント側の利益を優先し、希望とは異なる転職先を紹介される心配もありません。そして、転職エージェントの役に立たないアドバイザーに当たる可能性もあり、規約に縛られ内定辞退をしたくなっても許されない。このような様々なデメリットを気にせず、転職活動ができるメリットもあります。ここまで言われると、転職エージェントを利用せずに転職活動を進めようと考えたくなります。それでは転職エージェントを使わずに転職活動を進める方法をみていきましょう。

転職エージェントを使わずに転職活動を進める方法

転職エージェントを使わずに転職活動を進める方法を整理します。

転職サイトを利用する

転職エージェントと共に広く使われているのが転職サイトです。多数の求人の中から比較・検討できることがメリットで、自分で調べてじっくりと検討したい人に向いています。逆に言うと求人掲載数が多いことから、希望の求人を見つけるのに時間が掛かり、人によってはデメリットになるでしょう。

ハローワークを活用する

ハローワークと聞くと地味な印象を受けるかもしれませんが、その地域の求人を多く抱えていることは見過ごせません。地方で就職するIターンやUターンで転職を考えている場合は、相談に行って見るのも良いでしょう。

友人からリファラル採用している企業を紹介してもらう

リファラル採用は故縁採用とも呼ばれ、自社社員の紹介により人員を採用していく方法です。紹介者も自分の会社に馴染みそうな友人へ優先的に声を掛け、被紹介者も事前に企業の良い面・悪い面をリアルな感想で知ることができるため、入社後のギャップが少なくなります。また友人の紹介で入社したという意識は、その後の離職に繋がりにくく、転職者、企業双方にメリットのある採用方法です。

転職エージェントを使わずに転職活動を進める方法を3つ見てきました。転職エージェントを利用しなくても、転職活動を進めることはできることが分かってきました。それでは逆に転職エージェントを利用すると良いメリットをご紹介していきます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットを整理します。

非公開求人に申し込むことができる

転職エージェントは非公開としている求人を企業から預かっています。その中には、新規プロジェクトのポジションを任せてくれる求人や公開求人よりも給与が高い求人もあります。つまり転職エージェントを利用すれば、条件の良い非公開求人の情報を手に入れることができるようになるでしょう。自分一人で転職活動を行うことは大きなハンデになってしまうため、転職エージェントを利用することは大きなメリットになります。

面接や給料等の調整を行ってくれる

退職後に転職活動を行っているのではなく、在職中に転職活動を行っている場合は、面接や給料などの各種調整にあまり時間を割くことができません。面接調整などの手間を行ってくれることはメリットになります。特にやりにくい給料の交渉をエージェント側で行ってくれるのはさらに大きなメリットです。

転職エージェントの選考対策を受けられる

転職エージェントは企業との仲介人でもあるため、相手企業の内情についてもある程度把握しています。今回の求人はどのような人材を求めているのか、相手企業のニーズも知ることができるので、事前の選考対策を練ることができます。また、転職エージェントは相手企業の人事部と直接やり取りできるため、事前に知りたい給与や福利厚生などの情報も問い合わせることが可能です。

面接での失敗を巻き返せる

どんなに入念に対策をしていても、いざ実際の面接では緊張してしまい、伝えたいことが全て伝えられなかったこともあるでしょう。一人で転職活動をしている場合は、面接が終わったらやり直しができず、結果を待つのみとなってしまいます。しかし、転職エージェントを利用している場合は、面接終了後でも巻き返しのチャンスが残されています。キャリアアドバイザーは、面接終了後に転職者と相手企業の双方からヒアリングを行います。面接で伝えきれていない情報があった場合に、アドバイザーから相手企業へ補足してもらうことも可能です。アドバイザーの補足で面接の評価が覆ることも十分に考えられるので、アドバイザーの存在は大きなメリットといえます。

転職エージェントを使うメリットを4つ見てきました。転職活動を行うにあたって、自分の希望に求人に出会うことはとても重要です。転職サイトや求職情報誌などに掲載されている求人情報は、全ての求人の約2割と言われています。つまり求人全体の8割は非公開求人です。転職エージェントを利用すれば、希望の求人に出会える確率も高まるでしょう。面接などの細かい調整も行ってくれ、希望求人の面接対策や後押しを行ってくれることは心強いです。転職エージェントの利用はデメリットよりもメリットの方がはるかに大きいでしょう。それでは次に、役に立たない転職エージェントにあたってしまった時の対処法をみていきましょう。

役に立たない転職エージェントに当たった時の対処法

役に立たない転職エージェントに当たった時の対処法を整理します。

もう一度自分の希望を明確に伝える

まずは再度、自分の希望する条件や転職時期などを明確に伝えましょう。「希望に合った求人を紹介してもらえない」「連絡がなかなかこない」ときは、担当者との間に認識のズレが生じている可能性があります。転職エージェントは複数の転職者を抱えているため、優先度を決めて動きます。希望を明確に伝え、転職への意思をアピールすることで積極的に動いてくれるようになるかもしれません。希望を伝える際は、メールなど文面で伝えると記憶にも残り、認識のズレも生じにくくなるためおすすめです。

担当キャリアアドバイザーの変更を依頼する

たまたま役に立たない質の低い担当者に当たった可能性もあるため、担当変更を依頼しましょう。現在の担当者に伝えても意向を聞いてもらえない可能性があるため、企業にメールで伝えるのがおすすめです。また、転職エージェントによっては担当者を変更した場合の手続き方法をホームページに記載しているので確認が必要です。メールをする際は担当者変更が適切だと思ってもらうために、「なぜ変更したいのか」をしっかり記載しましょう。いくら「合わない」と感じてもマナーは必要です。感情的になるのではなく、やわらかい文章を心掛けましょう。

転職エージェント自体を変更する

希望を再度伝えたり、キャリアアドバイザーの変更をしても合わない場合、転職エージェント自体を変更しましょう。転職エージェントはそれぞれで得意分野や契約企業が異なります。そのため自分の希望する分野と転職エージェントの得意分野が異なると、なかなか求人を紹介してもらえないことがあります。合わないと感じたら、早々に他の転職エージェントに切り替えるのも賢明でしょう。しかし切り替える時はきちんともとの転職エージェントに伝えた方が良いです。面倒だからとフェードアウトしてしまうと、ブラックリスト入りしてしまい、今後その転職エージェントを利用できなく可能性があるため注意しましょう。

役に立たない転職エージェントに当たった時の対処法を3つ見てきました。合わないエージェントに当たってしまった時は、そのままにせず行動を起こしていくことが大切です。まずは担当アドバイザーに再度希望を伝える。それでも改善されない場合は、アドバイザーの変更も申し出る。それでも希望の求人と出会えなければ、エージェント自体を変更すると良いでしょう。それでは次に転職エージェントを有効活用するコツをみていきましょう。

転職エージェントを有効活用するコツ

転職エージェントを有効活用するコツを整理します。

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録すれば、その分紹介される求人数が増える可能性が高まります。他社との比較もできるため、自分に合った転職エージェントを見つけやすくなるのもメリットです。複数のエージェントに登録する時は、各社の担当者に伝えるのも良いでしょう。ライバルの転職エージェントがいると分かれば、担当者がスピーディーに動いてくれる可能性もあります。合わない転職エージェント当たってしまった時も落ち着いて対応できるでしょう。

目的別に転職エージェントを使い分ける

転職エージェントは「求人数が多い」「サポートが手厚い」「特定の業種に強い」などそれぞれに強みを持っています。複数の転職エージェントに登録し、面談を重ねることで各社の強みも見えてくるでしょう。例えば「転職市場の最新情報を聞くならこの会社」「職務経歴書の添削ならこの会社」と目的別に使い分けるのも有効です。

面接後のフィードバックをもらう

応募した企業に落ちた場合、通常ではその理由は分かりません。しかし転職エージェントを通した面談で落ちた場合は、不合格の理由がエージェント側に伝えられます。これはエージェント側がNGの人材を理解し、次の人材紹介につなげるためです。もし不合格になったとしてもその理由をエージェントから聞き出し、その後の転職活動に活かしましょう。

【最新版】おすすめの転職エージェント

上記を踏まえ、おすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

【最新版】おすすめの転職サイト

さらに、おすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いと、転職エージェントは役に立たないと落胆してしまうかもしれませんが、担当のアドバイザーや転職エージェントの変更で状況を改善することが可能です。転職エージェントを利用しなければ、マイペースで転職活動できるメリットがあります。しかし、転職エージェントにしかない未公開求人を紹介してもらえることは最大のメリットでしょう。一つの転職エージェントではなく、複数登録しておくことで、転職エージェントのデメリットはほとんど解決します。転職エージェントを上手に活用し、効率的に転職活動をしていきましょう。

Photo by Aaron Burden on Unsplash