公開日

2022/01/13

最終更新日

【三井化学年収】平均年収838万円!日本人平均や同業他社との比較、役職別年収目安を紹介

三井化学は、総合化学メーカーとしてポリウレタンや不織布といった機能性材料に強みを持つ企業です。海外との取引も盛んなので、グローバルな活躍の場を求めて転職を希望する方もいらっしゃるでしょう。2021年3月度の有価証券報告書によると、三井化学の平均年収は838万円です。

今回の記事では、

・三井化学とは?
・平均年収838万円はどのくらい高いのか?
・役職別/職種別年収の目安
・年収の内情
・三井化学転職の難易度
・転職成功のコツ

などについてまとめています。三井化学への転職を希望している方、転職先の候補選びに迷っている方はぜひ読んでみてください。

三井化学とは?

まずは、三井化学とはどんな企業なのかについて見ていきましょう。

企業概要

三井化学とは、三井財閥の流れを組む企業グループである三井グループの総合化学メーカーです。企業の歴史は古く、1912年に三井鉱山で行われた石炭化学事業が始まりとされています。その後さまざまな研究・開発が進み、今ではメガネレンズなどの世界トップシェアの素材も有するグローバル企業となりました。「三井化学」として創業した1997年には17%であった海外売上高比率は、2018年度には45%まで増加しており、今後も市場拡大を求めた積極的な海外進出が期待されます。以下、コーポレートサイト内の企業概要をまとめています。合わせて参考にしてください。

企業名

三井化学株式会社(Mitsui Chemicals,Inc.)

本社所在地

〒105-7122 東京都港区東新橋一丁目5番2号 汐留シティーセンター

URL

https://jp.mitsuichemicals.com/jp/

創業年月日

1997年10月1日(設立年月日は1955年7月1日)

代表者

代表取締役社長 橋本 修

資本金

12億5,414万円

従業員数

18,051人(連結・2021年3月31日現在)

参考:三井化学ってどんな会社?

事業内容

三井化学の主な事業内容は以下の通りです。

・モビリティ事業
・ヘルスケア事業
・フード&パッケージ事業
・基盤素材事業

モビリティ事業

モビリティ事業では、新型コロナウイルスの影響などで縮小傾向にある自動車業界からの事業影響を最小限に抑えてスピーディーに対応することが急務です。一方、近年環境保護意識の高まりから燃費向上や電動化への動きが加速しており、こうしたニーズに対する素早い対応も国内外問わず行われています。主な取扱製品:エラストマー、機能性コンパウンド、海外PPコンパウンド、機能性ポリマー

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業では、少子高齢化やコロナウイルス対策などで高まる「健康志向」に関する既存ニーズの拡大に取り組んでいます。また、多様化するライフスタイルにも対応するQOL向上への新製品の開発にも力を入れています。

主な取扱製品:パーソナルケア材料、不織布、歯科材料

フード&パッケージ事業

フード&パッケージ事業では、世界的な人口増加や気候変動に対し、農作物の生産安定や向上、フードロス対策などが行われています。さらに、近年注目されるプラスチック問題や循環型社会実現に貢献することも目指しています。

主な取扱製品:コーティング・機能材、機能性フィルム・シート(包装用/産業用)、農業化学品

基盤素材事業

基盤素材事業では、自ぢょう者、住宅、家電、インフラなどのさまざまな分野へ素材提供を行っています。

主な製品:石化製品、基礎化学品、ポリウレタン原料

これらの4つの事業に加え、三井化学では新事業/次世代事業にも取り組んでいます。この事業部では、各事業部が連携して新たな顧客価値の創造を目指します。

たとえば、メガネレンズが世界トップシェアを誇るヘルスケア分野で、ワンタッチで遠近が簡単に切り替えられるメガネを開発しています。これは、累進レンズと電子液晶レンズの融合による、アイウェアのあらたな価値提供への取り組みです。

経営理念

コーポレートサイトによると、三井化学の経営理念は次の通りです。

地球環境と調和の中で、材料・物質の
革新と創出を通して
高品質の製品とサービスを顧客に提供し、
もって広く社会に貢献する

さらに、社会貢献の5項目として

・人類福祉の増進
・株主への貢献
・顧客満足の増大
・地域社会への貢献
・従業員の幸福と自己実現

を策定しています。つまり、三井化学では単に良質で安価な製品の開発・販売だけでなく、社会や企業に関わる世界中のすべての人に貢献することを目指しているのです。

平均年収はどのくらいの高さ?

次に、冒頭でご紹介した三井化学の平均年収838万円がどのくらいの高さなのかを見ていきましょう。

日本人平均との比較

dodaが2021年12月に発表した「平均年収ランキング」によると、日本人の平均年収は403万円です。つまり、三井化学の年収は日本人平均2倍以上であると言えます。

業界平均との比較

次に、業界平均と比較するとどうでしょうか。国税庁の「平均給与」調べによると、三井化学が属する化学工業業界の平均は431万円です。こちらの数値と比較しても、三井化学の年収は2倍以上の高水準であることが分かります。

競合他社との比較

競合他社との比較も見ていきましょう。ここでは、同じく化学メーカー大手の三菱ケミカル、積水化学、住友化学、旭化成と比較してみました。それぞれの数値は最新の有価証券報告書に記載されていたものです。比較結果は以下の通りです。

企業名

平均年収

三菱ケミカルホールディングス

1,011万円

積水化学工業株式会社

870万円

住友化学株式会社

856万円

旭化成株式会社

751万円

三井化学株式会社

838万円

どの企業も非常に高水準で、日本人平均や業界平均の2倍以上の値となっていました。業界内でも大手メーカーと比較すると、三井化学の平均年収は中ほどであることが分かります。

役職別年収の目安

では、転職後昇進していくと年収はどのように変化していくのでしょうか。ここでは、有価証券報告書記載の平均年収と厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」の数値を参考に、独自の目安を算出しています。目安の数値であるため、実際と異なる部分がある場合も考えられます。あくまで目安として参考しなさってください。

役職

平均年収

係長

1,073万円

課長

1,400万円

部長

1,693万円

平均年収

838万円

職種別年収の目安

職種別年収にはどのくらい違いがあるのでしょうか。ここでは、コーポレートサイト掲載の募集要項から、主な職種の年収レンジを比較してみましょう。

職種

年収

研究開発

550~1,200万円

技術開発

550~1,050万円

営業・企画

550~1,050万円

コーポレート

550~1,100万円

どの職種においても高水準なだけでなく、昇給幅が大きいことも分かります。また、各転職サイトの口コミを見てみると、役職によってはさらに高額の年収になる場合もあるようです。

年収の内情とは?

非常に高い水準にあることが分かった三井化学の年収ですが、内情はどのようになっているのでしょうか。実際に転職して企業で働くことになると、年収の額面と同様にその中身や評価方法なども気になるところです。ここでは、

・ボーナス
・昇給・昇進
・残業代
・福利厚生

について解説します。

ボーナス

三井化学では、年間2回、6月と12月にボーナスが支給されます。支給額は評価面接によって決定されますが、概ね6ヶ月分程度の額になるようです。そのため、年収に占めるボーナスの割合は比較的高いと言えるでしょう。評価は年1回の目標設定に対して半期に一度の面接が行われ決定されます。口コミによると、面接のフィードバックはあまりなく、不明瞭な部分も多いようです。一方で、内容は不明瞭ながらある程度の評価は受けられるとの声もありました。

昇給・昇進

昇給・昇進も先述の評価面接によって決まります。昇給が行われるのは年間1回、前年度の業績なども加味されます。ただ、個人成績は昇給よりもボーナスに反映される傾向にあるようです。昇進は年功序列の風潮が残っているようで、若いころはほぼ横並びです。新卒の場合を参考にすると、入社10年ほどでほとんどの人が管理職に昇進します。ただし課長・部長クラスへの昇進となると、それなりの能力や実績が必要になるため、最初の管理職昇進以降は年収に開きが出てくるようです。

残業代

三井化学では、残業代は10分単位でつけることが可能です。役職のない社員では、全額別途支給、管理職の場合は最初に見なし残業代20時間分が給与に組み込まれているようでした。また、働き方改革として残業時間を削減する傾向にあり、残業時間は社内全体で見ると少な目です。コーポレートサイトによると、2017年の実績で月平均約21時間でした。ただし、部署によってはこの限りではないようです。また、普段は残業の少ない部署でも、繁忙期には残業続きになる場合もあるようなので、面接時などに希望部署の残業実情については確認しておくとよいでしょう。

福利厚生

三井化学の福利厚生は非常に充実しています。コーポレートサイトによると、次の通りです。

【休日・休暇】

・週休完全2日制(土・日)
・祝日
・年末年始
・有給休暇(年間20日)
・単身赴任帰宅休暇
・結婚休暇(8日)
・リフレッシュ休暇(連続2日/毎年)
・介護休暇(有給)
・看護休暇(有給)
・社会活動休暇(有給)

Open Workによると、三井化学の有給休暇の取得率は65.3%です。口コミには、取得しやすい社内の雰囲気があるいう声もあり、ワークバランスが取れているようです。また、リフレッシュ休暇以下の4項目は、法定日数を超える休暇が取得可能となっています。

【その他の制度】

・産前産後休暇
・在宅勤務制度
・保育所
・独身寮/社宅
・保養所/各種運動施設利用
・財形貯蓄
・住宅融資制度
・共済会
・持ち株制度
・会員制福利厚生パッケージ など

様々な制度を利用すると子育て中でも働きやすいようで、三井化学は厚生労働省東京労働局より「子育てサポート企業」として認定を受けた実績もあります。注意すべきは住宅手当がない点です。また、口コミによると福利厚生制度は近年縮小にあるようなので、気になる点は事前に確認しておきましょう。

参考:三井化学 福利厚生

三井化学の転職難易度は?

三井化学への転職難易度は、次の3点から高いと考えられます。

・高い専門性や能力が求められる職種が多い
・職種によっては現在募集が行われていないことがある
・人気企業のため倍率が高い

では、ひとつずつ見ていきましょう。

高い専門性や能力が求められる職種が多い

三井化学の募集職種には研究開発や技術開発の分野が多く、前職での専門的な知識や能力、実務経験が求められることが多いです。こうした職種では、職種未経験の人が応募することが難しく、難易度は高いと言えます。また、海外との取引がある部署ではTOEIC600点以上は必須で、特に高度な語学力が求められる場合800点以上が望ましいとされています。コーポレートの分野でも法務や人事などでは、担当分野の深い知識が求められます。

参考:三井化学 職種情報

職種によっては現在募集が行われていないことがある

新卒の採用と違い、キャリア採用はポストに空きが出た時や新たなポジションができた時に行われます。そのため、いざ転職しようと思ってもタイミングによっては募集がされてない場合もあるのです。この場合、コーポレートサイトの「ポジションマッチング」から応募可能ですが、基本的には希望職種に募集が掛かるのを待つ必要があります。現職と並行して行っていることの多い転職活動において、情報収集までに多くの時間を割くことは難しく、難易度が高いと言えるのです。

人気企業のため倍率が高い

三井化学は総合化学メーカーとして幅広い業務に携われる点や、高水準の待遇である点などから、転職人気が高いと考えられます。そのため、もし希望の部署で募集が行われていたとしても応募が殺到する恐れがあり、倍率が高くなる場合があります。多くの応募者の中で自分をアピールするためには、それなりの対策が必要となるため、難易度は高くなるのです。

求められる人材とは?

では、実際に三井化学が求める人材とはどのような人でしょうか。三井化学が属する三井グループは古くから「人の三井」と言われるほど、採用において人間性も重視する特徴があります。効率よく自己分析を進め、面接などの場でアピールするためにも、企業が求める人物像を把握しておくことは重要です。コーポレートサイト内のキャリア採用ページやキャリア入社の社員の声から、以下のポイントが挙げられます。

・自分の意見を発信できる人
・自ら育つことができる人
・チームワークが発揮できる人

自分の意見を発信できる人

三井化学では、自ら手を挙げて自分の意見を発信できる人を求めています。特にキャリア採用では前職における経験から、社内に新しい風を吹かせられる人材を探しているのです。技術職では職務経験が重視される傾向が強いですが、営業などでは職種未経験の人をスカウトした例もあります。これまでの経験から、自分の意見を発信することで何かを変容させたエピソードや入社後に発揮できる自分ならではの強みをアピールすることが大切と言えます。

自ら育つことができる人

誰かに教わるのを待つのではなく、自ら学び育つことができる人であることも重要視されます。三井化学ではキャリア採用であっても新卒と同じように研修を受けられます。一方で、入社後早い段階で大きな案件を任されることも多く、戸惑うことも少なくないようです。また、総合メーカーならではの広い分野での知識が必要とされる場面も多く、同じ業界からの転職であったとしても、分からないことが出てくるという声もありました。こうした時に専門分野に詳しい人に自ら聞いて学べる素直さとフットワークの軽さは、業務をスムーズに遂行していく上で重視される能力です。実際にキャリア入社の社員の中には、上司でも知らない人脈を作りチームに貢献している人もいました。

チームワークが発揮できる人

三井化学では業種柄、チームで業務に取り組む場面の多い企業です。そのため、チームワークが発揮できる人は内定に有利だと言えます。社内外の人との業務協力が必要な場面も多いので、特にコミュニケーション能力は重視されると予想されます。前職・現職などの経験から、チームワークやコミュニケーション能力をアピールできるエピソードがある場合は、積極的に発信していきましょう。

選考プロセス

コーポレートサイトによると、選考プロセスは以下の通りです。

①エントリー
②書類選考
③面接
④最終面接
⑤内定

面接は基本的に2回実施されますが、途中カジュアル面談やTEL面談が行われる場合もあるようです。また、海外など遠方からの応募の場合、適宜Web面接も可能です。ただしこの場合、内定までに一度は日本国内の事業所で面接を行う必要があります。

三井化学転職成功のコツ

三井化学への転職難易度が高いのは前述の通りですが、それだけに魅力的な企業であるとも言えます。実際、ここまで読み進めて転職活動成功に向けて心が動いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、最後に三井化学転職成功のコツを2点ご紹介します。

・自分が企業に貢献できる人材であることをアピールする
・転職エージェントを利用する

転職は人生における大きな節目でもあります。志望企業への転職成功のために、ぜひ参考になさってください。

自分が企業に貢献できる人材であることをアピールする

三井化学が応募者の人間性を重視する企業であることは先にも述べた通りです。もちろん同一業界における職務経験や知識はアピールポイントにはなります。しかしライバルが多いことを想定すると、自分がいかに企業に貢献できるか、また、企業の考え方を体現できる人間であるかをアピールすることは差別化を図るうえで非常に重要です。企業の理念や社風を理解し、自己分析の精度を高めることは、内定獲得への大きな一歩と言えるのです。

転職エージェントを利用する

三井化学のような大企業への転職を考えるのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。オンラインでの転職サービスと言えば、転職サイトを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、転職エージェントの利用は、以下の点で一般的な転職サイトよりも有用性が高いと言えるのです。

・企業ごとの対策を受けられる
・煩雑な事務手続きを代行してもらえる
・非公開求人情報を教えてもらえることがある

転職エージェントに登録すると、希望の企業や業界、職種に応じて専任の担当アドバイザーがつきます。アドバイザーは転職のプロとして、各業界や企業の情報に精通しています。そのため、企業に特化した対策を受けられるのは、転職エージェント利用の大きなメリットです。アドバイザーは履歴書や職務経歴書の添削や面接対策まで行うので、本番を安心して迎えられるのです。また、煩雑な事務手続きを代行してもらえるのも、転職エージェント利用のメリットのひとつです。三井化学への転職を考えている応募者であれば、現職でも大きな裁量で仕事を任されていることが考えられます。それ以外にも、子どもや家庭のことなど、新卒時の就職活動に比べて時間が多く割けないのは転職活動の悩ましいところでもあります。転職エージェントを利用すると、担当アドバイザーが履歴書などの書類送付や面接のスケジューリングなどの事務作業を代行してくれます。応募者は空いた時間を面接対策に充てるなそ、効率的に転職活動を進められるのです。

さらに、非公開求人情報を教えてもらえることがあるのも転職エージェントを利用するメリットと言えます。非公開求人情報とは、企業が特殊な事情から一般公開していない求人情報のことです。たとえば、好条件のため公開することで応募が殺到する恐れがある案件や、新規プロジェクトの立ち上げのための案件で、求人情報を他企業に漏らしたくない場合などが考えらえれます。三井化学の求人情報はこれらの条件に当てはまる場合があるため、こうした非公開求人情報に三井化学の案件が隠されていることが考えられるのです。

三井化学転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

三井化学転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

三井化学転職を目指す上でおすすめの転職サイト

三井化学転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

三井化学の平均年収は838万円です。これは、日本人平均や業界平均と比較しても2倍以上の高水準と言えます。その他待遇面や業務内容の多彩さ、必要とされるスキルの高さなどを見ると、転職難易度は高いと考えられます。転職成功には、企業の風土を理解することのほか、転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントに登録することで企業ごとの対策を受けられたり、活動中に発生する雑務の代行、非公開求人情報の紹介といったサービスが利用できます。そのため、現職と並行している場合や、家庭の事情などで多くの時間は割けない人も効率的に活動を進められるのです。