公開日

2022/06/26

最終更新日

【三井住友銀行年収】給料ランキングは高い?低い?退職金はいくら?採用大学・初任給・役職別年収を解説!

・三井住友銀行の平均年収は銀行の中でも高いのか
三井住友銀行の平均年収は競合他社・グループ会社と比較すると高い?低い?
・三井住友銀行への転職成功率を上げるにはどうすれば良いのか

このような悩みを解決します。株式会社三井住友銀行は三井住友フィナンシャルグループ傘下であり、三菱UFJ銀行・みずほ銀行と並んで3大メガバンクの一角を占める都市銀行です。本記事では三井住友銀行の年代別・役職別の平均年収、競合他社との比較、転職するための方法を解説していきます。特に三井住友銀行への転職を検討している人は、本記事を参考にしてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

三井住友銀行の平均年収は842万円

2021年3月期の有価証券報告書によると、三井住友銀行の平均年収は841万円でした。国税庁が発表した「1年を通じた給与所得者」によると、日本企業の平均年収は約467万円です。三井住友銀行の平均年収は、日本企業の平均年収と比較して約2倍の年収水準です。ここから三井住友銀行の平均年収が高いことがわかります。

参考:2021年3月期三井住友銀行/有価証券報告書

三井住友銀行の年度別平均年収推移

三井住友銀行の年度別平均年収は以下の通りです。

決算月

平均年収

2021年3月期

842万円

2020年3月期

828万円

2019年3月期

820万円

2018年3月期

810万円

2017年3月期

815万円

2017年から2018年で1度平均年収が下がっていますが、そこからはベースが上がっています。東京商工リサーチのアンケートによると国内79行の平均年収は605万円のため、200万円ほど平均年収は高いです。

三井住友銀行の年齢別平均年収推移

三井住友銀行の年齢別平均年収は以下の通りです。

年代

平均年収

20代

449〜568万円

30代

796〜985万円

40代

1,134万円

三井住友銀行は年功序列の風土があり、年齢が上がることで年収が上がってきます。また40代になって1,000万円を超えることから、役職が上がる社員も多く年収ベースが最も高い段階で上がることが考えられます。

参考:転職会議調べ

三井住友銀行の職種別平均年収

三井住友銀行の職種別平均年収は以下の通りです。

職種

平均年収

総合職

782万円

一般職

395万円

企画職

915万円

三井住友銀行では企画職の平均年収が最も高く、早いうちに年収1,000万円を超えたいと考える場合、企画職への転職を考えることが最も可能性が高まってきます。

参考:Openwork「三井住友銀行」調べ

三井住友銀行の初任給

三井住友銀行の採用サイトによると、初任給は以下の通りです。

職種

初任給

総合職

・大学院卒:230,000円

・四年制大学卒:205,000円

総合職(クオンツコース)

・大学院卒:230,000円

総合職(デジタライゼーションコース)

・大学院卒:230,000円

総合職(リテールコース)

・大学院卒:230,000円
・四年制大学卒:205,000円

総合職に関しては大学卒と大学院卒も他の企業と初任給に差はなく、キャリアを積むことで年収が上がってくると予測されます。また大学院卒の方が大学卒よりも初任給の水準が高く、入社してから任される仕事やその後のキャリアに違いがあると考えられます。

三井住友銀行の他企業との平均年収比較

三井住友銀行の全体の平均年収は高いことがわかりました。一方、競合他社との平均年収水準を比較するとどうなってくるのでしょうか。競合他社およびグループ会社との平均年収比較に関して解説していきます。

三井住友銀行の競合他社との平均年収比較

三井住友銀行の競合他社との平均年収比較は以下の通りです。

企業名

平均年収

三井住友銀行

842万円

三菱UFJ銀行

773万円

みずほ銀行

729万円

りそな銀行

662万円

新生銀行

788万円

あおぞら銀行

809万円

三井住友信託銀行

706万円

上記のメガバンクと平均年収を比較したところ、800万円を超えているのが三井住友銀行とあおぞら銀行でした。同じ3大メガバンクの三菱UFJ銀行とみずほ銀行は700万円台だったため、三井住友銀行の平均年収が非常に高い水準であることがわかります。

三井住友銀行とグループ会社の平均年収比較

三井住友銀行と三井フィナンシャルグループ内の平均年収比較は以下の通りです。

企業名

平均年収

三井住友銀行

842万円

日本総合研究所

695万円

三井住友カード

681万円

三井住友アセットマネジメント

862万円

SMBC信託銀行

710万円

三井住友ファイナンス&リリース

884万円

SMBCコンシューマーファイナンス

567万円

グループ会社の中で三井住友銀行は3番目の水準でした。三井住友銀行は毎年給与水準が上がってきており、今後さらに上がっていくことが予測されます。

三井住友銀行の平均年収に関する口コミ

三井住友銀行の平均年収は、日本企業全体と競合他社と比較しても高いことがわかりました。そこで実際に三井住友銀行で働く社員の平均年収に対する口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」から抜粋した三井住友銀行の平均年収に関する口コミを紹介していきます。

三井住友銀行の平均年収に関する良い口コミ

三井住友銀行の平均年収に関する良い口コミは以下の通りです。

  • 若いうちの年収は高く、評価による差はボーナスで若干見られるが、基本給ではほとんどない
  • 他行に比べても給与水準は良い方だと思う
  • 基本給が高く、景気に左右されにくい
  • 大体25.6歳で年収500くらい、3年後くらいに700から800万円になると上司から聞いている
  • 上司との日々のコミュニケーションを欠かさずに行うことで評価を上げることができる
  • 給与水準は国内銀行トップクラスであり、上司も数字以外の姿勢を見ている

三井住友銀行の平均年収に対しては、他行に比べても高い水準であり高い満足度であることがわかります。また数値評価だけでなく、勤務態度やコミュニケーションなど数値以外の面でも評価を受けることができるようです。

参考:転職会議

三井住友銀行の平均年収に関する悪い口コミ

一方、三井住友銀行の平均年収に関する悪い口コミは以下の通りです。

  • 成果を上げても年収にはあまり反映されず、評価は上司との相性や上司の好き嫌いに大きく左右される
  • 人事評価はブラックボックスであり、誰がどんな基準で評価しているのか末端の人間には全くわからない
  • 1度バツがつくとなかなかリカバリーが厳しい
  • 給与は個人よりも部の成果に左右されるため、個人で成果を出しても部で出ていなければ下がってしまうことがある
  • 昇進できない方は地方公務員と同じレベルの給与水準になる

評価制度が不透明であり、渡された評価に対して不公平感を抱く社員も多くいるようです。特に上司の好き嫌いで評価が決まってしまう面もあり、改善を求める声も多くありました。自分の評価を確保するためには、上司との良い関係性を構築していくことも重要なポイントです。

参考:転職会議

三井住友銀行の福利厚生・休暇

三井住友銀行の福利厚生・休暇は以下の通りです。

  • 三井住友銀行の福利厚生
  • 福利厚生施設:宿泊施設やレジャー施設などの福利厚生施設が利用可能
  • リフレッシュホリデー制度:勤続年数に応じて特別休暇及び補助金を支給
  • 社宅補助:自宅から勤務先までの通勤時間が規定の時間を超え、自宅外から通勤する場合に適用
  • その他:財形貯蓄制度・持株会制度・共済会制度・社員貸付金制度・健康診断
  • 三井住友銀行の休暇・短時間勤務
  • フレックスホリデー:1年の間に5日間の連続休暇を取得する制度
  • ピットイン休暇:2ヶ月に各1日休暇を取得する制度
  • アニバーサリー休暇:記念日などのライフイベントのため取得する休暇
  • マタニティ休暇・勤務
  • 出産休暇:配偶者が出産する場合、3日以内を限度に取得可能な休暇制度
  • 育児休業・短時間勤務
  • 短期育児休業:子供が3歳になるまでの間、育児のため10日まで休業できる制度
  • その他休暇:ミニ連続休暇・ボランティア休暇・結婚休暇・赴任休暇・災害休暇

    特に休暇に関しては様々な制度が設けられており、社員の働きやすさを高めるために積極的な取り組みをしていることがわかります。フレックスホリデーやピットイン休暇など、通常の休暇とは別に休暇を取ることができるため、ワークライフバランスを充実させることもできるようになっています。

    三井住友銀行の福利厚生に関する良い口コミ

    「転職会議」から抜粋した三井住友銀行の福利厚生に関する良い口コミは以下の通りです。

    • さすが大企業だけあって独身寮完備、その他福利厚生制度に関しても大変充実している
    • 独身者の間は独身寮があり、結婚すると契約者宅に変わるもの最大7万円の補助金が出るため制度に対する満足度は高い
    • 福利厚生は他企業対比で申し分ないくらいの待遇を受けることができる
    • 寮制度や家賃補助、大きな食堂など非常に魅力的な制度、設備が整っている
    • 結婚や出産等のライフイベントに対する現金給付制度がありとても良い
    • 有休消化率も高くなっており、以前に比べて土日に繋げて取得することもやりやすくなった

    福利厚生の中でも特に住宅手当に関しては、充実していて満足しているという声が多くありました。また有休消化率も高く、仕事だけでなくプライベートも充実することができるようです。

    参考:転職会議

    三井住友銀行の福利厚生に関する悪い口コミ

    一方、三井住友銀行の福利厚生に関する悪い口コミは以下の通りです。

    • 最近社宅の待遇が値上げされるなど改悪されてきている
    • スライド勤務は制度としてあるが浸透しておらず、ここのニーズに合わせた働き方を柔軟に取り入れてほしい
    • 大きな会社のため、他部署では導入されている休暇が自分の部署では取り入れられていない等、格差がある
    • 年配の社員によると一昔前の福利厚生に比べると落ちている
    • 残業時間が月に30時間まででそれを超えたら協議書を申請できるが上司の評価が下がるため、申請できずサービス残業することもあった

    福利厚生は充実している一方、働き方に関しては改善を求める声が多くありました。休暇制度に対する部署間での格差や残業申請など、整備が整っていない部分もあるようです。

    参考:転職会議

    三井住友銀行の人材育成

    三井住友銀行では社員1人ひとりのキャリアアップのため、様々な人材育成の制度を設けています。2022年2月時点、三井住友銀行で行っている人材育成制度に関して、3つ紹介していきます。

    キャリア入行者研修

    キャリア入行者研修とは異業種からの転職や年齢など、様々なバックグラウンドを持つ入行者向けに行う研修です。研修では以下の内容を学びます。

    • 銀行業務全般における基本知識
    • SMBC・SMFGの組織の把握
    • 自身の三井住友銀行でのミッションの役割

    同業種と異業種からの転職では元々有している経験やスキルが異なるため、入行の段階で研修を行うことにより基礎スキルで差を生まないようになっています。

    グローバル人材の育成

    三井住友銀行ではグローバル人材の育成にも力を入れており、以下の制度が用意されています。

    • グローバル・バンカー研修:国内勤務の総合職・海外現地スタッフ合同で5日間の英語研修
    • 海外拠点トレーニー:2年間の海外拠点での勤務
    • 海外大学院:2年間のMBA・LL.M.への留学
    • 語学支援:3〜6ヶ月間の特定語学コンテンツ受講料を支援
    • SMBC Group eCampus:TOEIC対策講座・中国語対策講座

    上記のように三井住友銀行では多くの研修制度が用意されているため、社員1人ひとりが自分の今後の仕事で必要な制度を活用することができます。

    各種公募・派遣制度

    三井住友銀行では社員1人ひとりのキャリアアップのために、各種公募・派遣制度を設けています。

    • ジョブエントリー:シンジケーション・ディーラーなど希望職種へエントリーする制度
    • ポストエントリー:支店長・各グループ長など、希望するポストへエントリーできる制度
    • 研修エントリー:自身のキャリア形成に必要と思われる研修プログラムへエントリーできる制度

    条件はあるものの、エントリーすればチャレンジができるため、仕事をする中で自分が希望する職種・ポジションにいくためのモチベーションアップに繋げることができます。

    三井住友銀行への転職

    年収水準も高く、今後のキャリアアップのためにも三井住友銀行への転職を検討している人は多いのではないでしょうか。ここからは三井住友銀行の転職難易度・選考フロー・求める人材に関して紹介していきます。

    三井住友銀行の転職難易度

    三井住友銀行の転職難易度は、平均年収と人気の高さから非常に高いです。三井住友銀行はdodaの「転職人気企業ランキング2021」の金融・商社・サービス部門で10位にランクインしています。

    三井住友銀行の選考フロー

    三井住友銀行では書類選考を受けた後、2〜3回の面接という流れになります。職種によって選考方法は異なるため、各職種の選考フローをよく確認した上で対策を行うことが重要です。

    三井住友銀行の求めるスキルは募集職種で異なる

    三井住友銀行ではリテールや企画管理・データ分析など多くの分野で職種を募集しています。そしてそれらの職種で求められるスキル・経験は変わってきます。以下各職種で求められるスキル・経験の一例です。

    • リテール向けIT戦略企画:新規事業・サービス開発・システム化企画
    • 新規事業立ち上げの企画から実行までの実務経験
    • 商品・サービスの要件定義等の実務経験
    • システムエンジニアとしての就業経験
    • グローバルバンキング部門の戦略企画・予算設定・資源配分の立案
    • 金融機関・コンサルティングファームなどでの戦略策定・管理会計・予算設定業務などに従事した経験
    • 銀行にて、企画・法人営業の実務経験のある方
    • 英語:ビジネスレベルの英語力(TOEIC800以上)

    希望する職種の求めるスキル・経験をよく確認して自分に不足している部分がないか把握し、不足していて今から取得することが可能であるのか判断することが重要です。

    三井住友銀行の会社概要

    三井住友銀行の会社概要は以下の通りです。

    会社名

    株式会社三井住友銀行

    本社所在地

    東京都千代田区丸の内一丁目1番2号

    取締役会長(2022年2月時点)

    國部 毅

    頭取CEO(2022年2月時点)

    代表取締役 高島 誠

    主な事業内容

    ・銀行業
    ・リース業
    ・その他事業:国内事業・海外事業

    三井住友銀行は銀行業を中心に多くの事業を手がけています。面接を受ける前に沿革や各事業の内容に関して深く確認しておくことが重要です。

    三井住友銀行の転職成功率を上げる方法

    三井住友銀行の転職難易度は非常に高いため、有効な対策を行うことが重要です。そのため三井住友銀行の転職成功率を上げるための方法に関して解説していきます。

    転職エージェントを有効活用する

    転職エージェントを活用しなくても三井住友銀行への転職をすることは可能です。しかし転職エージェントを活用した方が、その時の面接の傾向や選考のポイントを効率的に知ることができます。そして転職エージェントはただ活用するのではなく有効活用することが重要です。具体的な方法としては、

    • 履歴書や職務経歴書の書類添削を何度もしてもらう
    • 徹底した面接対策をしてもらう
    • クローズドな企業情報を教えてもらう

    の3点です。選考を進めていく上で書類選考や面接対策を何度もお願いすることが重要です。これはアドバイザーから提案される前に自分から依頼して行ってもらうことで、面接での受け答えの精度を高めていくことができます。

    支店訪問の実施

    支店訪問を行うことで店内の雰囲気や実際の業務内容を見ることができます。また面接の際にも支店訪問をしたことを伝えれば、実施していない他の応募者と差をつけることができます。現職の業務をこなしながら支店訪問をすることは難しいですが、だからこそ実施することで価値を生むことに繋がります。

    三井住友銀行の面接の傾向を把握する

    三井住友銀行の面接通過率を上げるためには、過去に聞かれた質問の傾向を押さえておくことが重要です。ここからは「転職会議」から抜粋した、三井住友銀行の面接で聞かれた過去の質問を紹介していきます。

    • このペンを10000円で売ってください
    • あなたを採用するメリットを教えてください
    • 今まで会った中で印象に残っている行員は
    • 銀行の志望理由
    • 銀行が不人気になりつつあることに関してどのように考えるか

    参考:転職会議

    今まで会った中で印象に残っている行員に関して聞かれる質問もあるため、支店訪問をしておくことでより具体性のある説明をすることができます。

    三井住友銀行転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

    三井住友銀行転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

    リクルートエージェント

    国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

    求人数約320,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    dodaエージェント

    パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

    求人数約100,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

    求人数約60,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    パソナキャリア

    パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

    求人数約37,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    三井住友銀行転職を目指す上でおすすめの転職サイト

    三井住友銀行転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

    リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

    リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

    求人数約75,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://careercarver.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    ビズリーチ

    おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

    ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

    求人数約147,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    JACリクルートメント

    おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

    JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

    求人数約11,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
    公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    アサイン

    おすすめの転職サイト「アサイン」

    アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

    求人数非公開
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域東京
    公式サイトhttps://assign-inc.com/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    iX転職

    おすすめの転職サイト「iX転職」

    iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

    求人数非公開
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
    公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    AMBI

    おすすめの転職サイト「AMBI」

    AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

    求人数約70,000件
    求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
    サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
    総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
    対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
    公式サイトhttps://en-ambi.com/

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

    最後に

    三井住友銀行の平均年収は842万円であり、毎年ベースが上がってきています。年収水準だけでなく福利厚生や休暇制度に関しても充実しており、社員にとって働きやすい職場環境であることがわかります。そんな三井住友銀行の転職難易度は非常に高いです。そのため転職エージェントの有効活用・面接対策・支店訪問など対策をしていく必要があります。本記事を参考に三井住友銀行の平均年収に対する理解・転職成功率を上げることに繋げていただけると幸いです。