公開日

2022/01/12

最終更新日

【年収900万】手取り・割合は?勝ち組?家賃などの生活レベルを男性・女性別に解説!

・年収900万円稼ぐための方法が知りたい
どのような職種・業界がいいかわからない
・年収900万円のライフスタイルってどんな感じだろう

このような悩みをお持ちではありませんか?結論からいうと、年収900万円を達成する一番早い方法は転職です。個人の能力やスキルにもよりますが、転職して年収900万円以上を達成した人は決して少なくありません。本記事では、年収900万円を稼げる企業に転職する方法やおすすめの職業について解説していきます。

【年収アップ】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

年収900万以上稼ぐ人はどれくらいいるのか?

まずは、年収900万以上稼ぐ人がどれくらいいるのか確認しましょう。国税庁「民間給与実態統計調査」(2018年)によると、年収900万円以上の方は約342万1,000人で、全体の6.9%という結果が出ています。給与所得者の約14人に1人が年収900万円以上という結果ですね。

・本当にそんなにいるの?
自分の職場には年収900万を超える人がいない

と思う人もいるでしょう。年収は業界によって大きく変わります年収を上げるには、どの業界に属するかが大切なのです。

年収900万円の手取り額は?

年収900万を稼ぐ方の手取り額は、年齢や家族構成などによって異なります。平均的な手取り金額は、約650万円〜680万円です。月の手取り金額は、およそ55万円になります(会社からの賞与などを含まない場合)。扶養家族がいる場合、配偶者控除や扶養控除が適用されるため、手取り額は上がります。

手取り額を算出する方法は?

正社員の方は、以下の項目が給与から引かれます。

  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 源泉所得税金
  • 住民税

人によっては、介護保険料や団体保険料、在宅貯蓄代なども給与から引かれます。

年収900万のライフスタイルとは

年収900万円稼ぐ人は、生活上の不満が少ない傾向にあります。会社から安定収入をもらいながら、それなりに貯金に回すことができるからです。勤めている企業からも正当な評価を受けていると感じることも多く、仕事とプライベートのバランスも充実している方が多いようです。家族がいる方の場合、子供に習い事を行かせたり、年に数回家族旅行に行ったりなど、日常生活が充実している人が多いと考えられます。

生活費

年収900万円プレイヤーの毎月の生活費について解説します。総務省統計局【総務省家計調査】では、年収900万円〜1,000万円で2人以上の世帯の消費支出は、年間でだいたい460万円です。約38万円が、月の出費になります。中でも多い支出は、以下の通りです。

食費 

約9万円

交通費、通信費 

通信費 約6万円

教育、娯楽費 

4万円

二人以上の世帯の場合、外食より自宅での食事が多い傾向にあります。独身の方は、将来的には独立・起業を視野に入れている人が多く、スキルアップのためにお金を使うケースが多いとのこと。どちらにしても、不自由のないライフスタイルを手に入れています。

家賃

世帯を持つ人は、マイホームを購入する人が多いです。年収900万円の収入があれば、住宅ローンなども通りやすく、子供と家庭の将来を考えて、戸建て住宅を検討する人も増えています。賃貸の場合は、平均月15万円程度の家賃が平均といわれています。家賃や住宅ローンの目安が年収の20%であることから、毎月15万円前後が妥当な金額といえるでしょう。独身の方の場合、マイホームの購入ではなく、投資物件の検討する人が比較的多い傾向にあります。家にこだわりのない人は、最低限の物件に住み、不動産投資で資産を増やしています。レンタルスペースやAirbnbで貸し出すための物件購入も近年ではかなり人気です。

貯金

年収900万円の世帯の平均貯金額は、990万円〜1,500万円といわれています。収入の10%〜15%を月々の貯蓄に回す傾向にあるということが、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」で発表されています。手取り額を55万円とした場合、毎月55,000円〜82,500円を貯蓄している計算です。さらに会社からの賞与やボーナスなども考えると、貯蓄は比較的作りやすいですね。

貯蓄を増やすために、資産運用をしている人も多い

近年では、銀行に貯金するだけではなく、資産運用をしている人が増えています。昔に比べて、手軽に投資を始められるようになったことから、資産運用が人気の理由です。マンションを購入して賃貸物件として貸し出す方法が、従来の不動産投資です。しかし、レンタルスペースやAirbnb用の物件を手配する場合、不動産投資のような初期費用はかかりません。また、積み立てNISAやiDeCoなども、少額から始められる投資として人気を集めています。銀行に預けていても資産は増えないことが、資産運用を始める人が増えている理由でしょう。

年収900万の税金はどれくらい?

年収900万円にかかる税金は以下の通りです。

税金の種類

金額

所得税

約87万円/年

住民税

約66万円/年

(年収900万円〜1000万円の給与所得控除は「収入の10%+120万円」)

年収900万円にかかる一年の税金負担額は約153万円です。年収の17%は、税金として支払う必要があります(年収900万円から1000万円までの給与所得控除は「収入の10%+120万円」)

年収と所得税の関係

所得税とは「最終支給額にかかる税金」です。1年間の収入や売上から、経費や所得控除を差し引いた残りの金額に、所得額に応じた税金がかかります。所得税の算出方法は、以下の通りです。

所得税=課税所得金額×税率-税率ごとの控除額

月々の給与から引かれている所得税は、年間の所得税とズレが発生する場合があります。それらを調整するのが年末調整です。

よくある税金対策

年収900万になると、税金はやや高い傾向にあります。日本の税金制度は累進課税のため、収入が増えるほど税率が高くなります。節税対策として一般的なものは、以下の通りになります。

税金対策の種類

年間控除額

配偶者控除・扶養控除

11万4,000円

iDeCo(イデコ)

8万3,000円

生命保険料控除・地震保険料控除

2万2,000円

特定支出控除

2万5,000円

ふるさと納税

15万8,000円

住宅ローン控除

29万円

医療控除

6万円

合計で、121万円の税金対策になります。中でも、ふるさと納税は人気が高いです。自分の好きな食材、飲み物、気になる家電などをもらえるのが、人気の理由と考えられます。パソコンやテレビも充実しており、仕事で必要な機材の買い替えの際に、ふるさと納税を利用する人が多いです。節税と欲しいものが手に入るので、一石二鳥ですね。

年収900万円を達成できる人の特徴

年収900万を達成できる人の特徴について解説します。結論は、以下の4つです。

  • 行動力がある人
  • 経営思考ができる人
  • 人脈が多い人
  • スキルが高い人
  • 営業が得意な人

全てに当てはまるのではなく、上記のどれか一つが、突き抜けている傾向にあります。詳しく解説していきます。

行動力がある

行動力がある人は、

・正社員
・フリーランス
・起業家

問わず、年収900万円以上の収入を得ている人が多いです。行動力と聞くと、営業を頑張ることをイメージされる方が多いようですが、実際は人それぞれで異なります。正社員の場合でも、人と違う業務に挑戦したり、上司に提案したりなど、「普通はしない、ちょっと勇気のいる行動」をしています。率先して動ける人は、会社からの評価も高いです。逆に、言われた仕事をこなすだけの人は年収900万円を達成するのは難しいと考えられます。会社から多くの給与をもらうのは、それなりの信用が必要です。行動力のある人は、スピードを求められる仕事を任される傾向にあります。すなわち、会社から信頼されていると考えても良いでしょう。

営業が得意

業種・業界問わず、営業が得意な人は、年収が高い傾向にあります。

・保険業
・不動産業

では、営業で年収900万円以上の稼ぐ人は、かなり多いです。扱っている商品の成約単価が高いことから、営業が得意な人にとっては、稼ぎやすい仕事といえるでしょう。保険業や不動産業だけに限らず、営業が得意な人は、様々な商品を売ったり、成約を獲得したりします。売上の%で収入が決まる営業職の世界は、年収900万円以上稼ぎたい人には非常に人気です。近年では、企業に属さない「フリーランス営業マン」の人気も高まりつつあります。営業が得意な人は、営業代理店の企業に転職してノウハウを学び独立するのもアリですね。

スキル・能力が高い

スキルや能力が高い人は、年収も高い傾向にあります。他の社員ができないことや上司や会社全体の問題解決を図るスキルを持っている人は、特に重宝されます。よくあるのが、「英語が話せる」「中国語が話せる」社員です。海外観光客を狙ったサービスを展開している企業やグローバル展開を考える会社にとって、他言語を話せる従業員は重宝されます。上記以外にも、会社のシステム構築ができたり、ホームページやECサイトをを作れる人も企業からするとありがたい存在です。外注に依頼するよりも、会社内で完結できる方がコストは安く済みます。結果的に、年収が高くなり、企業からも信用されるでしょう。

スキルや能力が高いのに、年収が低い人とは

高いスキルがあるのに年収が低い人も多くいます。理由は3つ考えられます。

  • 会社の問題を解決できるスキルではない
  • 上司に知られていない
  • 搾取されている

一番多いパターンは、会社の問題を解決できていない場合です。英語が話せるとしても、ビジネスで役に立たなくては意味がありません。また、自分のスキルに自信がない人は、スキルが高くても、年収が低い傾向にあります。次に多いのが、会社にいいように利用されているパターンです。会社の仕事といって、給与に見合わない作業を任されるパターンも少なくありません。中小企業では、上記のトラブルが多発しており、不信感を持つ従業員もいます。もし正当な評価を得られず、高いレベルの仕事内容を求められている場合は、転職を視野に入れるのがおすすめです。自分のスキル、能力をしっかりと評価してくれる企業は、従業員の年収を上げるために躊躇しません。スキルがあるけれど年収が低いと感じる人は、転職を検討してみるのがおすすめです。

経営的思考

経営的思考とは、会社の利益を上げるために何をすべきか考えられる人です。上記の考え方ができる人は、年収900万円も夢ではありません。サラリーマンの多くは会社の利益より目の前の仕事を優先しています。一方で経営思考ができる人は、どうすれば会社の利益になるかを優先しています。目の前の仕事をするにしても、どのような動きをすれば良いのかを考え、行動します。経営思考ができる人は、経営者と同じ視点に立てるので、経営者、役員から大切にされ、年収も高いです。経営者と同じ視点で物事を考えられる人は、勤めている企業からの給与はもちろん、他社の役員に入るケースも多くあります。

人脈が広い

人脈が広い人は、正社員・個人問わず年収が高い傾向にあります。勤めている会社が求めているクライアントを紹介できたり、課題解決できる人材を紹介できたりする人に対しては、多くの給与を会社は支払います。人脈が広い人は、営業も得意な傾向があり、接待に同行する場合も多いです。そのため、時間外も会社の上司やクライアントの相談役になるケースも少なくありません。人脈が広い人は、務めている会社だけではなく、あらゆる方向から人材紹介を求められます。会社としては他社からの信用獲得ができるので、人脈の広い人は、企業の中でも年収が高い傾向にあります。

年収900万円を達成できる仕事とは

それでは、年収900万円稼ぎやすい仕事について解説していきます。業種と職種に分けて解説するので、転職の際に参考になるかと思います。具体的には、以下の通りです。

年収900万円稼げ業種

  • 電気・ガス・水道・熱供給
  • 金融業・保険業
  • 情報通信業

年収900万円稼げる業種

  • 営業職
  • コンサルタント
  • エンジニア
  • 管理職
  • 医師

優れた能力・スキルがあるとしても、業界の市場が狭い場合、年収900万円は厳しいです。会社の収益が上がらない限り、給与を上げるのはできないからですね。スキルや能力が高く、会社から正当な評価を受けているとしても、年収900万に達成しない人も多くいます。自分がいる業界の規模や状況をしっかりと考えましょう。

年収900万達成しやすい業種

年収900万を達成しやすい業種は、

・生活インフラ
・IT関連
・銀行
・保険

などです。日常生活に密接に業種は、市場が大きく、給与も高い傾向にあります。理由は、消費者が常に利用するからです。電気・水道・ガスなどは、生活をする上で必要不可欠であり、あらゆる場所で常に利用されています。銀行も、貯金をしたり、振り込みをしたりなど利用者が多いです。消費者が多い業界ほど、会社の売上が上がり、従業員の年収も高くなります。中でも、

・電気
・ガス
・熱供給
・水道業

の業界で働いている人の37.4%がを、年収800万円以上といわれています。年収900万円以上を稼ぐには、管理職に昇格したり、会社の業績アップ、発展に貢献する必要がありますが、伸びしろのある業界を選ぶ業種、業界も重要です。

年収900万円稼げる職種

年収900万円稼ぎやすい職種は、以下の通りです。

  • 営業職
  • エンジニア
  • コンサルタント
  • 管理職
  • 医師

職種の特徴からわかる通り、売上に貢献する職種か、消費者・会社・クライアントの問題解決できる仕事は、年収が高いです。営業職の場合、消費者が求めているものを提示して、契約するので、問題解決に繋がります。逆に事務職などは、会社やクライアントの問題を根本から解決していないため、年収や給与は、低い傾向にあります。年収の高い職種は、価値の高い仕事です。年功序列の会社では、勤続年数によって給与も上がります。しかし長く勤めれば、誰でも管理職になれるわけではありません。会社にとってどれだけ必要な人材であるかを、実績で見せる必要があります。転職して年収900万を目指すなら、自分が何に貢献できるのか、しっかりと自己分析をしましょう。

年収900万円以上稼げる職業ランキング

年収900万円以上稼げる職業は、以下の通りです。

職業

平均年収

システムアナリスト(ITエンジニア)

1,635万円

コンサルタント(金融、不動産)

1,414万円

システムコンサルタント(ITエンジニア)

1,024万円

不動産営業

989万円

参考 : マイナビ転職 2021年版 モデル年収平均ランキング

近年では、ITエンジニアの年収が高くなっています。理由は、スマートフォンやインターネットが普及して、ネット上での販売サイトやホームページが求められているからです。アプリ開発ができるエンジニアなども、年収が高い傾向にあります。社内の事務作業を効率化するために、自社専用のアプリやシステムを作れる人は、会社から重宝されます。転職する前にプログラミングを学び、転職先で年収の交渉をした事例も少なくありません。また外資系のエンジニアは優秀な人材を確保するために、高額年収を提示するケースも多々あります。不動産営業も年収900万円を稼ぎやすい職業です。扱っている商品が高額なので、営業が得意な人にはおすすめの職業になります。

年収900万円稼げる企業の見分け方

年収900万円稼げる転職先の見つけ方について解説します。結論は以下の二つです。

  • 大きな市場でビジネスを展開している企業
  • 大企業

順番に解説していきます。

大きな市場でビジネスを展開している企業

年収900万円を稼ぐには、個人の努力や実績が必要です。しかし業界の売上や賃金が低い場合や、マーケット市場が小さい場合、個人の努力だけで結果を出すのは難しいといえるでしょう。例えば、自分でサービスを作り、さまざまな戦略を考えて販売しても、求める消費者がいない限り、商品が売れることはありません。この世から「怪我や病気」がなくなった場合、医者の価値は下がり、市場が小さくなりますよね。医療が必要でなくなった場合、医者の給与や年収は、著しく下がります。どの業界でビジネスをしている企業なのかは、転職前に確認しておきましょう。

大企業

大企業への転職は、賃金も高く年収900万を目指しやすいです。しかしそれ以上に、大企業は、マーケット市場を独占している場合があります。そのような企業への転職は、高い年収を見込めるでしょう。「電気・水道・ガス」などの市場は、すでに大手企業が国内シェアを独占しており、年収も高いです。人々の生活に欠かせない事業を展開している市場を狙うなら、大手企業への転職がおすすめです。

中小企業で年収900万円は難しいのか

中小企業でも、年収900万の達成は可能です。中には有名企業でなくても、新しい事業を立ち上げ、急成長を遂げる企業も少なくありません。中小企業の場合、新規マーケット市場の開拓や、大手企業より早いスピード感でビジネスを展開できます。有名企業がいない市場を狙って、ビジネスを展開する中小企業も多く、業界シェアを獲得するケースも少なくありません。大手ではなく、中小企業に転職をする際は、事業内容や業績、業界内のシェア率を考えましょう。

年収900万稼げる企業に転職する4つのステップ

それでは、年収900万円を達成できる企業に転職する方法を解説します。

  1. 自分の得意分野を確立する
  2. スキル・能力を高める
  3. 実績を可視化する
  4. 転職エージェントを利用する

年収が高い企業に転職するのは、簡単ではありません。転職で失敗しないために、しっかりと準備をしましょう。

ステップ1:自分の得意分野を確立する

まずは自分の得意分野を洗い出しましょう。仕事における得意分野とは、「どのような問題解決が得意なのか」です。接客が得意なら、営業で会社の売上に貢献する。問題発見が得意なら、問題点を指摘して、改善する。などのように、自分は何が得意なのかを、しっかりと確立しましょう。ただ事務作業が得意だったり、接客が得意ではいけません。年収900万円を狙うなら、「自分はどのような問題解決が得意なのか」を明確にしましょう。自分でわからない場合は、会社の同僚に相談してみたり、キャリアコンサルタント利用すると、得意分野を見つけやすくなります。

ステップ2:スキル・能力を高める

自分の得意分野を見つけたら、転職するまでに、スキルや能力を高めましょう。実際に転職した際に、求められているスキルではない場合、トラブルになる可能性があります。すでにスキルがある場合は、転職したあと、自分がどのように活動するかを考えましょう。例えば、システム開発ができる場合、転職先の作業を効率化できるシステムを考えておく、などです。転職後の提案など、全て準備しておくと、企業から信用されやすくなり、年収アップも見込めます。また、自分のスキルを転職先の業界に応用できる準備もしておきましょう。

ステップ3:実績を可視化する

自分の実績は、わかりやすく、簡潔にしましょう。どのような実績があるかを、すぐに判断してもらうためです。自分をよく魅せるために、たくさんの実績を記載したり、面接で長時間話す人がいますが、NGです。採用担当者は、たくさんの応募者の情報を確認します。その際に、長くわかりにくい文章は「仕事ができな人」と判断される可能性があります。面接の際も同様です。自分をアピールするために、長く話しても意味がありません。自分にはどのようなスキルがあり、どんな実績があるかは、簡潔に答えらる準備をしておきましょう。

ステップ4:転職エージェントを利用する

年収900万を達成するために転職するなら、転職エージェントを利用しましょう。転職のサポートや、必要な準備をサポートしてくれるからです。転職エージェントは、非公開求人情報も扱っているため、自分にあった転職先を見つけられます。自分が希望する年収を転職エージェントに伝えると、スキルと能力に見合った求人を出してくれるので、スムーズに転職できるでしょう。企業の内部情報にも精通している点も、転職エージェントの魅力です。

  • 転職後はどのような仕事をするのか
  • 会社内の労働環境
  • 従事者の声

など、転職前に知りたい情報を入手できます。転職エージェントを利用することで、その後の未来をイメージしやすくなります。年収900万円以上を狙った転職をする際は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

注意点は、転職エージェントに、嘘の実績やの能力を伝えないことです。高い年収が欲しいからといって、嘘の事実を転職エージェントに伝える人がいます。転職に成功した事例もありますが、就業先とトラブルになり、契約破棄になる事態も考えられます。上記のような事態になると、転職エージェントは、二度とサポートをしてくれません。転職エージェントは、個人にあった転職をサポートするのが仕事なので、嘘の実績はNGです。

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェント

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイト

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

年収900万を達成するには、個人の努力は必要不可欠です。しかし高い能力があったとしても、業種によっては稼ぎづらいのが現実です。自分だけでは判断ができない場合は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

Photo by Steve Johnson on Unsplash