【徹底調査】年収500万円は勝ち組?割合・手取り・家賃などの生活レベルを解説

仕事の満足度を構成する大きな要素の一つとして、「年収」があります。年収500万円を実現するにはどのような方法があるのでしょうか。また、年収500万円台で働く正社員は勝ち組なのでしょうか。本記事では、年収500万円の割合・手取り・家賃などの生活レベルを解説した上で、年収500万円を目指す上でおすすめの転職サイト転職エージェントを整理していきます。

年収500万円台の割合 – 勝ち組か –

国税庁が実施している「民間給与実態統計調査(令和元年分)」のデータでは、正規雇用で働く年収500万円台の会社員は全体の10.1%であることが示されています。

男女別に見ると、男性の13.5%、女性の5.5%が年収500万円台に分布していることがわかります。様々な意見があると思いますが、サラリーマンの平均給与が436万円(男性:540万円/女性:295万円)であることを踏まえると、年収500万円は勝ち組と言っても良いと思われます。

年収500万円の生活レベル

年収500万円の生活レベルを探っていきます。

年収500万円の手取り

年収500万円の場合、税金・社会保険料を差し引いて手元に残るお金(=手取り)は約390~410万円となります。大まかな目安として、独身の場合と扶養家族がいる場合に分けて整理します。

独身の場合

独身の場合や特定のパートナーがいたとしても結婚していない場合は、所得控除が少なくなるため、扶養家族がいる場合と比べて若干手取りは少なくなります。

年収500万円
税金所得税14万円
住民税25万円
社会保険料年金保険料72万円
健康保険料
手取り
約390万円

扶養する家族がいる場合

専業主婦の配偶者と大学生の子どもが1人いる場合、年収500万円の人の手取りは約400万円です。配偶者控除があることに加え、子どもが大学生であり扶養控除の対象となるため、独身の場合と比べて所得税が少なくなります。ただし、40歳から介護保険料の支払いが始まるため、その分、社会保険料の支払い額は増加します。

年収500万円
税金所得税6万円
住民税12万円
社会保険料年金保険料78万円
健康保険料
手取り
約400万円

上記はあくまで参考とすべき大まかな数値です。例えば、住民税の税率は居住する地域で変化しますし、家族の収入の額(配偶者控除の対象になるかどうか)によっても手取りの金額は変わります。手取りを正確に把握したい場合は、給与明細を確認すると良いでしょう。

年収500万円の適正家賃

家賃の一般的な目安は手取りの3分の1程度とされており、月の手取りが30万円前後である年収500万円の世帯の場合、適正な家賃水準は約10万円程度になります。これを大幅に上回ってしまうと、食費や交際費などを削る必要が出てきます。また、家賃は管理費・共益費を含めた金額で考える必要があることにも注意しておきましょう。

年収500万円台の平均貯蓄額

2018年にリクナビNEXTが行った調査では、年収500万円台の方の平均預貯金額は566万円ということが明らかになっています。

年収500万円の住宅ローン平均借入額

住宅金融支援機構の「フラット35利用者調査 2019年度」によると、住宅を購入した世帯の借入額に対する年収倍率は平均5~7倍であることがわかっています。

上記のデータに基づいて計算すると、平均年収500万円の場合、約2,500~3,500万円が平均借入額となります。ただし、これはあくまで平均借入額であって、無理なく返済できる額とは異なる点に注意する必要があります。

また、借入可能金額は金融機関サイトのシミュレーションからも確認することが可能です。

参考:楽天銀行 住宅ローンシミュレーション

借りたい金額や、年数を入力すると、どのくらい借りられるのかがすぐに確認できます。また、返済可能額は同じ年収だったとして借入年数など他の条件が異なれば金額が変わる可能性があります。注意しましょう。

年収500万円を実現する方法

年収500万円を実現する方法を整理します。

昇進する

1つ目は「昇進する」です。例えば、ある会社の一般社員の平均年収が約400万円だった場合、その会社で課長になれば、600万円程度の年収にはなります。部長になれた場合、900万円程度にはなるかと思います。年収500万円を目指す場合、まずは昇進を目指すというのが王道の方法であるということを理解しておきましょう。

副業する

2つ目は「副業する」です。最近は副業を許可する会社が大手企業でも出てきているため、副業で収入を増やす取り組みに挑戦してみても良いかもしれません。

参考:主要IT企業の76%が副業解禁、挑んで分かった「意外な効果」

もちろん、すぐに年収が100万円増えるケースはほとんどありませんが、空いている時間を利用して副業を探していけば、収入をアップすることも出来るかも知れません。ただし、副業が許可されていない場合もありますし、ある程度の時間を捻出する必要がある点については理解しておきましょう。本業あってこその副業だということです。

転職する

3つ目は「転職する」です。年収を上げるための方法として、最も効果的なのは、年収に高い業界に転職することです。年収の高い業界はどこなのかというと、下記の通り、「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融業・保険業」「情報通信業」などが挙げられます。

また、「マイナビ転職」の調査では、業種別の年収ランキングは1位「外資系金融」(1,515万円)、2位「専門コンサルタント」(775万円)、3位「不動産」(764万円)という結果になっています。また、4位に「生命保険・損害保険」(723万円)、6位に「金融総合グループ」(676万円)、8位に「証券・投資銀行」(642万円)、10位に「政府系・系統金融機関」(631万円)と、金融・保険にかかわる業種が10位以内に数多くランクインしています。

参考:2020年版 業種別 モデル年収平均ランキング

年収500万円を目指す上でおすすめの転職サイト

年収500万円を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職支援サービス。実績豊富な転職エージェントが業界最多の非公開求人から希望に沿った求人を紹介し、転職を成功に導いてくれることが特徴です。また、提出書類の添削や面接対策に加え、独自に分析した業界・企業情報の提供などの転職サポートも充実していることで知られています。

良い評判

・幅広い職種・業界の求人を保有している
・職務経歴書エディターで職務経歴書を簡単に作成できる
・Uターン転職にも強い

悪い評判

・キャリアアドバイザーの対応に差がある
・希望条件に合わない求人を紹介されるケースがある
・サポート期間は3ヶ月限定

詳細については、「リクルートエージェント 評判」を参照のこと。

dodaエージェント

日本最大級の紹介実績を誇ることで知られるdodaエージェント。運営はパーソルキャリア株式会社。非公開求人を含む10万件以上の求人から専門スタッフがぴったりの求人をご紹介。自分にあった仕事がわからないという場合に加え、キャリアの選択肢を広げたいというケースにも対応。履歴書・職務経歴書の書き方についてもサポートしてくれることが特徴です。

良い評判

・求人数が豊富である
・doda年収査定で自分の市場価値を把握できる
・レジュメビルダーで簡単に職務経歴書を作成できる

悪い評判

・求人の質が良くない場合がある
・キャリアアドバイザーのレベルにばらつきがある
・メール連絡がしつこい

詳細については、「dodaエージェント 評判」を参照のこと。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、完全無料で転職希望者の要望に沿った求人を紹介する20代〜30代の転職に強い転職エージェント。運営は株式会社マイナビ(東証一部上場)。20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績に加え、マイナビグループが誇る豊富な求人情報が大きな強み。各業界に精通した専任のアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。営業職・技術系職種・金融関連専門職種に強いことも大きな特徴です。

良い口コミ

・20代の転職サポートに定評がある
・キャリアアドバイザーのサポートに熱意がある
・中小企業の求人が豊富

悪い口コミ

・ハイクラス転職には向かないという意見も
・求人数はリクルートエージェントやdodaに劣る
・連絡の頻度が多すぎる場合がある

詳細については、「マイナビエージェント 評判」を参照のこと。

年収500万円超えを目指す上でおすすめの転職サイト

年収500万円を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

ビズリーチ

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つです。

良い口コミ

・ハイクラス求人が豊富
・専門性の高いヘッドハンターが登録している
・自分と相性の合うヘッドハンターを選ぶことができる

悪い口コミ

・無料で利用できる範囲がわずか
・的外れな求人メールが送られてくる
・ヘッドハンターからの連絡がしつこい

詳細については、「ビズリーチ 評判」を参照のこと。

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴で、会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができます。

良い口コミ

・ハイクラス求人が豊富
・優秀なヘッドハンターが多数登録している
・キャリアアドバイザーを自分で選ぶことができる

悪い口コミ

・急ぎの転職には不向き
・年収が低いと門前払いされる可能性がある
・ビズリーチに比べると求人数が少ない

詳細については、「キャリアカーバー 評判」を参照のこと。

年収500万円に関するQ&A

年収500万円に関するQ&Aを整理します。

年収500万円で結婚は可能?

年収500万円で結婚は十分可能です。家族を養えるかどうかが大きなポイントとなりますが、より余裕のある暮らしを望むなら共働きという選択肢も考えられますし、子供が生まれれば出費が増える分、出産一時金をはじめとする様々な経済的サポートがあるため、そこまでハードルは高くないのではないかと思われます。

年収500万円でマイホームは持てる?

年収500万円でマイホームを持つことは十分に可能です。すでに述べたように、住宅ローンは現在の年収を基準として銀行から融資を受けることができる制度であり、年収の5〜7倍の金額を借り入れることができる。年収500万円で2,500〜3,500万円を借り入れることができる。もちろん、頭金を用意すれば、それ以上の金額の物件でも購入可能である。

年収500万円でマイカーは持てる?

マイカーは年収の3分の1~半分程度の額で購入するのが無難です。例えば、250万円でマイカーを購入する場合、金利3%・返済期間5年で月々の返済額は約4.1万円となります。

参考:JAバンク マイカーローン返済シミュレーション

家族が病気になるなど何かあったときでも、車や住宅ローンの返済額がオーバーしない計画を立てることも大切です。ちなみに、エコカー減税対象の車種を選ぶと、税金が安くなります。

最後に:年収500万円は十分に勝ち組

居住地や家族構成にもよりますが、一般的には年収500万円は十分に勝ち組と言えると考えられます。さらに年収アップを狙うなら、転職エージェントに登録の上、キャリアアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

画像出典:Justin Little