公開日

2022/01/13

最終更新日

【ゴールドマンサックス年収】年代別・職種別年収は?転職方法や業務内容も徹底解説

・ゴールドマンサックスの年収はどのくらい高いのか
ゴールドマンサックスは具体的にどんな仕事内容なのか
・ゴールドマンサックスに転職することはできるのか

このような悩みを解決します。ゴールドマンサックスは世界でも有数の国際金融グループです。事業の中心は投資銀行業務であり、世界中に法人があります。本記事では年収が非常に高いといわれているゴールドマンサックスの年収の詳細及び転職方法や業務内容を紹介していきます。ゴールドマンサックスの転職を検討している人は、是非参考にしてください。

【ゴールドマンサックス転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ゴールドマンサックスの年代別年収

ゴールドマンサックスの年収は公表されていないですが、「Openwork」によると、ゴールドマンサックスの年収は1844万円となっています。日本人の平均年収が約461万円のため、5倍近く高い年収水準になります。ここではゴールドマンサックスの年代別の平均年収に関して紹介していきます。

参考:OpenWork ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスの初任給

初年度のゴールドマンサックスの年収は、約900万円〜1500万円です。初年度から非常に高い年収水準であることがうかがえます。ゴールドマンサックスでは入社してから3年は、一番下の職位であるアナリストとして働きます。1~3年アナリストとして経験を積んだ後、アソシエイトなどの仕事につくことができるようになります。

ゴールドマンサックスの30代の年収

ゴールドマンサックスは30代になってくると、年収の水準が引きあがります。平均では約1500から2000万円です。しかしゴールドマンサックスは完全実力主義の評価体制のため、30代になってくると成果を出す社員は次々と年収を上げていき、成果が上がらない社員は給料が上がることはほぼありません。特に30代になると、同世代同士でも成果に差がでてくるため退職者も増えてきます。

ゴールドマンサックスの40代の年収

40代になると役職につく社員も多くなり、約1800万円から2500万円になります。40代までに社内に残る人・退職して転職していく人がいるため、社内に残る社員は少なくなっていきます。

ゴールドマンサックスの50代の年収

50代になると年収は約2000から2500万円です。ゴールドマンサックスは年功序列ではなく、実力主義のため40代と50代ではそこまで年収の差はありません。

ゴールドマンサックスの職種別年収

ゴールドマンサックスには多くの職種があります。今回はゴールドマンサックスの職種の中でも、

  • アナリスト
  • アソシエイト
  • ヴァイス・プレジデント

これらの職種に関して、フロントオフィスとバックオフィスそれぞれの年収と仕事内容を紹介していきます。

アナリストの平均年収

部門

年収

フロントオフィス

800~1500万円

バックオフィス

600~900万円

ゴールドマンサックスでは入社してから1年から3年はアナリストとして過ごします。アナリストはゴールドマンサックスで最初の仕事であり、今後コールドマンサックスで仕事をしていく上で重要なことです。

アソシエイトの平均年収

部門

年収

フロントオフィス

1500~3000万円

バックオフィス

900~1500万円

アソシエイトはゴールドマンサックスの基幹業務を担う職種です。大体入社4年から6年目に過ごすことになります。アソシエイトとして実績を残すことで、その後のヴァイス・プレジデントやマネージング・ディレクターになっていく道が開かれます。通常の会社員としては裁量権を持たない平社員という立ち位置になります。

ヴァイスプレジデントの平均年収

部門

年収

フロントオフィス

2000万円

バックオフィス

1500~2500万円

ヴァイス・プレジデントとは課長や係長の立ち位置であり、年収の水準が大幅に上昇します。ヴァイス・プレジデントは自分の業務・成果は引き続き遂行しつつ、部下のマネジメント力も必要です。

マネージング・ディレクターの平均年収

部門

年収

フロントオフィス

5000~数億円

バックオフィス

3000~5000万円

マネージメント・ディレクター部長や役員クラスになり、実力によりいつなれるかは変わってきます。フロントオフィスのマネージメント・ディレクターになると、5000~数億円といった非常に高水準の年収を稼ぐことができます。

ゴールドマンサックスの給与体系

非常に年収が高いゴールドマンサックスですが、どのような給与体系で運用されているのかに関して3つ紹介していきます。

給与は年棒制

ゴールドマンサックスでは一般の企業とは異なり、あらかじめ年間の給与を設定し、12分割して毎月支給する方式を取っています。そのため、これまでに出した成果や個人の能力によって決まります。

ゴールドマンサックスのボーナス

ゴールドマンサックスの年俸には、ボーナスは含まれていません。ボーナスは年俸とは別に判断され、決められます。社員それぞれが出した成果や会社の業績を考慮して決められているため、人によって大きく差が出ます。成果を出した社員には非常に高いボーナスが支払われますが、成果を出していない社員に関しては非常に厳しいボーナス水準です。ゴールドマンサックスでは年俸よりもボーナスの方の割合が高いため、年収水準を上げるためには成果を出してボーナスの額を上げるようにすることが重要です。しかしボーナスは会社の業績によっても額が決まるため、マーケット次第では社員それぞれが成果を出していてもボーナスが下がる時があります。

ゴールドマンサックスの年収に対する口コミ

年収の水準が高いゴールドマンサックスですが、年収に対する社員の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。ここではゴールドマンサックスの年収に関して、良い口コミ・悪い口コミそれぞれ紹介していきます。

ゴールドマンサックスの年収への良い口コミ

ゴールドマンサックス年収に対する良い口コミとして以下のものがありました。

  • 数字で成績や業績が評価しやすいチームはしっかり評価される
  • 基本的に給与は評価と結びついているため、頑張ればそれだけ給与が上がる
  • こんなにもらってもよいのかと思うくらいもらえる
  • タクシー代の支給もあるが使わなければより一層たまっていく
  • 給料が高いため六本木の一等地でも狭い賃貸なら余裕で住める
  • キャリアを形成することができれば他の企業からも引っ張りだこになる
  • ボーナスもきっちり払われるためまた次も頑張ろうというモチベーションがわく

成果に対する評価が報酬に反映されることに関しては良い口コミとして多くありました。会社の業績・個人の成果によって、高いボーナスをもらうことができるため、社員1人ひとりのモチベーションも高めることができます。

ゴールドマンサックスの年収への悪い口コミ

逆にゴールドマンサックス年収に関する悪い口コミに関しては以下のものがありました。

  • 給料は高いがその分残業が多い
  • 長時間の拘束・非常に高い競争率を考えるとコスパ的には非常に悪い
  • 結果をだせないとそのへんの会社に入りなおした方がよいくらいの給料になる
  • いわゆる肩たたきは頻繁に起こる
  • 会社の業績が悪いとボーナスがない
  • 非常にマーケットの動きに左右される

給料が高いことに関しては良い口コミが多いものの、残業時間が多いことに関しては不満をもっている社員が多いようです。そしてボーナスは会社の業績によっては、「なし」になることもあるため個人の力だけではどうにもならないところに関しても悪い口コミでは見受けられます。

ゴールドマンサックスの福利厚生

ゴールドマンサックスの年収の他に福利厚生は、充実しているのでしょうか。結論、ゴールドマンサックスは福利厚生も充実しています。

  • 健康保険などの各種保険制度
  • 借上社宅制度
  • チャイルドケアプランニング
  • フィットネスジム
  • クラブ活動
  • 各種研修
  • 特別休暇(ファミリーケア休暇・ペアれんてぃんぐ休暇)

社員1人ひとりが常に高いパフォーマンスを持って仕事ができるように、充実した福利厚生が用意されています。福利厚生に関しての良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

ゴールドマンサックスの福利厚生への良い口コミ

ゴールドマンサックス福利厚生への良い口コミに関しては、以下のものがありました。

  • 福利厚生が充実しており、社内文化も社員の働きやすさを助長している
  • 営業職ではあるが、顧客と実際顔を合わせない日は私服での出勤が可能
  • 直近ではリモートでの業務も推進されており、全体的に働きやすい会社である
  • 金融機関の中では福利厚生は充実している方だと思う
  • 病院にかかった費用などを年間10万円ほど負担してくれる
  • 社内に社員用のジムがある

職種問わず福利厚生に関しては満足している社員が多いです。

ゴールドマンサックスの福利厚生への悪い口コミ

ゴールドマンサックス福利厚生に関しての悪い口コミに関してはあまりなかったものの以下の口コミがありました。

  • 有給は制度的に与えられているものの、自由に取れる雰囲気ではない
  • 家賃補助などはないため、その分の自己負担は大きい

休暇が取りづらかったり、家賃補助といった一般の企業にあるような制度はないようです。

ゴールドマンサックスへの転職

高い年収及び今後の更なるキャリアアップのために、ゴールドマンサックスに転職したいと考える人は多いのではないでしょうか。ここではゴールドマンサックスの転職難易度から募集の見つけ方・選考フローに関して紹介していきます。

ゴールドマンサックスの転職難易度

結論、ゴールドマンサックスの転職難易度は非常に高いです。ゴールドマンサックスの転職難易度が高い理由には、年収が高いことと3つの求められるスキルと経験があります。

  • 大卒で希望する職種の3~5年の実務経験が求められる
  • ビジネスレベルの語学力が求められる
  • 金融商品やビジネスに関係する知識も求められる

特にゴールドマンサックスへの転職にはかなりレベルの高い応募者が多くいるため、上記のスキルや経験に関しては最低限あることが重要です。特にゴールドマンサックスは世界中とやり取りをすることがあるため、ビジネスレベルの語学力は必須といっても過言ではありません。

ゴールドマンサックスの募集はどこから見つける

ゴールドマンサックスの募集は以下の2か所から募集を見つけることができます。

  • 転職エージェント
  • 企業の募集サイト

ゴールドマンサックスの中途採用の場合は、希望する部門ごとの採用になるため、応募の段階で希望する部署を固めておくことが重要です。また転職エージェント経由で応募をする方法もあります。しかし転職エージェントもハイクラスの人材を扱っているエージェントを活用することが対策面でも重要です。

ゴールドマンサックスの選考フロー

ゴールドマンサックスの選考フローは以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 筆記テスト
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 最終面接

選考の流れに関しては他の企業の中途採用とは変わりないです。しかし面接の回数は人によっては複数回にわたって行われるため、忍耐力も必要になります。それだけ面接でそれぞれの能力や経験を見られるため、相応の対策が求められます。

ゴールドマンサックスの採用大学

ゴールドマンサックスは東大や京都・慶應義塾大学などトップ大学からのみの採用のイメージがありますが、立教大学等の上位大学からも採用があります。新卒採用における主な採用大学は以下の通りです。

東京大学・東京工業大学・一橋大学・京都大学・慶應義塾大学・早稲田大学・上智大学・中央大学・青山学院大学・立教大学・学習院大学・筑波大学・横浜国立大学・お茶の水女子大学・大阪大学・立命館大学・同志社大学他

新卒に限らず中途でも学歴に関しては見られます。上位大学以上の出身者でなければ、学歴の代わりとなるスキルや実績を採用担当者に提示できるようにしておくことが重要です。ゴールドマンサックスの中途採用を受ける応募者は基本的に、高いスキルと経験を積んでいる場合が多いため、学歴の部分を覆すのは非常に厳しいことになります。

ゴールドマンサックスの会社情報

設立

1874年

住所

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

代表者

代表取締役 持田昌典

資本金

83,616百万円

従業員数

グローバル:36,000名

日本:約1,100人

事業所

ニューヨーク・ロンドン・フランクフルト東京・香港など

事業内容

投資銀行業務、セールス&トレーディング業務中心に幅広い金融サービスを提供

ここではゴールドマンサックスの事業内容から企業風土、各部門に関して紹介していきます。転職する上で企業の情報を理解しておくことは重要です。

ゴールドマンサックスの事業内容

ゴールドマンサックスは投資銀行業務・トレーディングプリンシパルインベストメント業務、資産運用及び証券関係のサービス業務が主な事業内容です。また最近では日本国内の大手民間企業の事業再構築や資金調達・M&Aによる事業拡大にも着手しています。ゴールドマンサックスは経営理念として、「お客様第一、チームワーク、卓越性、主体性、説明責任」を掲げており、特に説明責任を果たすことには重きをおいていて必要な合理性とチームワークが重視されています。

ゴールドマンサックスの経営理念

ゴールドマンサックスへの転職をする上で、経営理念を理解しておくことは重要です。

  • わが社はすべての職務に最高の人材を発掘し獲得することに並々ならぬ努力を傾注している
  • わが社の社員には、多くの企業と比べてより早い昇進の機会が与えられている
  • わが社はあらゆる面においてチームワークを重んじる
  • 社員のわが社への貢献と仕事への熱意あふれる取り組みは他社と比べ群を抜くものである。
  • わが社の規模は資産であり、その規模を維持するために我々にはたゆまぬ努力が求められる
  • わが社は急速に変化していく顧客のニーズを見極めながら、こうしたニーズに対応する新しいサービスの開発に尽力していかねばならない
  • 我々は顧客との関係において常に極秘情報を入手する立場にある
  • わが社のビジネスは熾烈な競争下にあり、我々は顧客層の拡大に積極的に取り組んでいかねばならない
  • 高潔と誠実こそがわが社のビジネスの革新をなすものである
  • ビジネス遂行上優先すべきは、顧客の利益である
  • わが社の資産は人材、資本及び信用から成る
  • わが社は、株主に大きな投資利益を還元することを目標としている
  • わが社は、我々が提供する金融サービスの専門性に置ける高い質に大いなる誇りを抱くものである
  • 想像力とイマジネーションは、わが社のあらゆる業務における重要な要素である

これらの経営理念は面接で聞かれることはないかもしれませんが、しっかり内容の理解まで深めておくことで面接時の受け答え方が変わってきます。

ゴールドマンサックスの企業風土

結論、ゴールドマンサックスの企業風土は実力主義です。成果を出せば良い評価、出せなければ悪い評価となります。しかしチームワークを大切にしている風土があり、経営理念でもチームワークの重要性については明記されています。また研修制度が充実しており、仕事上で早く成果を出せるようにする仕組みが整っています。主に2つの研修があります。1つ目は新人研修であり、専門知識をつけるため、様々な研修が用意されています新人研修は入社後、数週間全部門合同の新人研修が集められ研修が行われます。そこでは会社概要・事業内容の理解の他に、金融市場や会計の基礎知識に関するプログラムがあり、仕事をする上での基礎の知識を習得します。2つ目はファームワイド・プログラムです。ファームワイド・プログラムでは、ゴールドマンサックスの企業文化を学びます。学ぶ内容は以下の通りです。

  • リーダーシップ&マネジメント
  • プロフェッショナル・スキル
  • 金融商品・市場知識
  • 語学力
  • オリエンテーション・企業文化
  • ダイバーシティ&インクルージョン

仕事における重要なスキルを研修で習得することができます。

参考:トレーニング・プログラム

ゴールドマンサックスの各部門

ゴールドマンサックスには役割に応じて多くの部門があります。

  • エンジニアリング
  • グローバル・マーケッツ部門
  • 投資銀行部門
  • アセット・マネジメント部門
  • ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
  • 投資調査部門
  • オペレーションズ
  • コントローラーズ
  • リスク・マネジメント部門
  • 法務部門
  • コンプライアンス部門
  • 内部監査部門
  • 人事部門
  • コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門
  • 財務部門

応募する際にはそれぞれの部門の役割と仕事内容をおさえることが重要です。

ゴールドマンサックスの仕事が激務って本当?

よくネットなどではゴールドマンサックスは激務なのではという話があります。ここではゴールドマンサックスが実際どれほど激務なのか、激務である理由に関して紹介していきます。

ゴールドマンサックスの残業時間は49時間

転職会議によると、ゴールドマンサックスの残業時間は49時間です。これは毎日深夜遅くまで働く社員も多いため、結果として残業時間は高い数値になります。またアメリカとの取引や打合せをする際には、先方のスケジュールに合わせないといけないため、朝早くや夜遅くに打合せが入ることも少なからずあります。

参考:転職会議 ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスが激務の理由

結論、高い成果主義と残業時間の長さが、ゴールドマンサックス激務の理由です。ゴールドマンサックスでは成果を出すことができれば、報酬として評価されます。しかし成果を出すことができないと、会社に居づらい状態になってしまいます。そうならないように日々の成果に対するプレッシャーを感じながら、深夜遅くまで仕事をすることが多いため激務の状態になっています。

ゴールドマンサックスの働き方に関する口コミ

ゴールドマンサックスでの働き方に関しての社員の口コミを紹介します。

  • IBDでは働き方改革などは存在しない
  • 残業などメンタル的にきつく辞めていく人多い
  • 要領が悪い人にはきつい環境
  • 残業が多く、あまりプライベートの時間を取ることができない
  • 結果を出していたら休めるが出していないと休みが取得しづらい

IBD部門がゴールドマンサックスの中でもトップクラスに厳しいようです。また残業に関して触れている部分が多く、過度な残業によってメンタルがきつくなる人も多いようなので、自分の体力がそのような環境に対応できるのか改めて確認することが重要です。

参考:転職会議 ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスの転職成功率を上げる方法

ゴールドマンサックスの転職難易度は非常に高いです。そこでゴールドマンサックスの転職成功率を少しでも上げるための方法に関して紹介します。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用しなくても、ゴールドマンサックスの転職で成功することは可能です。しかしゴールドマンサックスは非常に転職成功率は高いため、転職エージェントにゴールドマンサックスに特化した対策をサポートしてもらうことは需要です。転職エージェントを活用することで以下3点のサポートを受けることが可能です。

  • ゴールドマンサックスに特化した面接対策
  • 応募を漏らしてしまう可能性を下げることができる
  • 履歴書や職務経歴書の書類の添削

特に面接に関してはゴールドマンサックスの転職実績があるエージェントあれば、特化した面接対策を行ってもらうことが可能です。またゴールドマンサックスの応募者はレベルの高い人が多いため、書類もしっかり添削してもらい、少しでも通過できる書類の作成をできるようにしておくことが重要です。

過去面接で聞かれた質問を把握する

面接対策するうえで欠かせないのが、過去聞かれた質問に関して応えを用意しておくことです。過去聞かれた内容の質問は聞かれる可能性が高いです。以下過去に面接で聞かれた質問内容です。

  • 学生時代に頑張ったこと
  • 何のために働くか
  • どのくらい働きたいか
  • あなたが任された仕事が達成できない時、どのように挽回するか
  • チームの1人が新しいアイディアを思いついたときどうするか
  • 年収は何億稼ぎたいの
  • あなたの将来の夢はなんですか
  • あなたは何のために当社に入りたいのですか
  • クライアントの苦情にはどう対処しますか
  • 一般的に、あなたにとって仕事をする上で一番大切にしていることは何ですか
  • めちゃくちゃ働いて20代こき使われるけど大丈夫?
  • ゴールドマンサックスで今後どのような仕事をしていきたいか
  • 目の前に見えるビル、あなたならいくらで買う?
  • 今までで最も大変だったプロジェクトとどうやって乗り越えたのか

仕事における経験に関してや、今後どのような仕事をしていきたいかに関して聞かれます。事前にある程度準備しておかないと応えるのが困難な質問のため、事前に質問に対する答えをまとめておくことが重要です。

求められている人材を把握する

ゴールドマンサックスの求める人材は以下の通りです。

  • 知性にあふれている人
  • 才能豊かな起業家精神と行動力を持っている人
  • 洞察力が優れている人
  • 常に勉強熱心な人
  • ビジネスレベルの英語力を習得している
  • 常に新しい事業にアンテナが張れる人

常に顧客に対して価値を提供していく上では、新しい事業に関するアンテナを張っておくことは重要です。

英語力をつける

ゴールドマンサックスでは、海外の支社の社員やクライアントと打合せや商談をすることがあります。その際に語学力がないと仕事が円滑に進みません。ゴールドマンサックスで勤務する以上語学力があることは必須要件でもあります。そのため、ビジネスレベルの語学力を身につけることが重要です。英語などの語学力に自信がない人は、ビジネス英語を学ぶことができるオンラインスクールなどに行って実践も含めて英語を学ぶことで、ビジネスシーンで使える語学力を身につけることができます。

ゴールドマンサックス転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ゴールドマンサックス転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ゴールドマンサックス転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ゴールドマンサックス転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

結論、ゴールドマンサックスの年収は1884万円であり、日本の平均年収461万円と比較すると非常に高い水準です。そんなゴールドマンサックスは完全な成果主義です。成果を出すことができればボーナスなどの報酬として還元されます。しかし成果を出すことができなければボーナスも上がらず、社内に居づらくなっていってしまいます。ゴールドマンサックスは年収が高く、求められているスキルや経験の壁がたかいため、転職難易度が非常に高いです。ゴールドマンサックスの転職成功率を上げるためには、転職エージェントを活用することが重要です。転職エージェントでは特化した面接対策や履歴書や職務経歴書の書類添削等サポートを受けることができます。ぜひ本記事を参考にゴールドマンサックスの年収に関する知識の深堀と転職成功率を上げることにつなげていただけたら幸いです。