公開日

2022/06/25

最終更新日

【ホンダ転職】第二新卒OK?中途採用の就職難易度は高い?やばい?後悔?面接突破の秘訣を解説!

・ホンダへの転職は難しい?
・転職を成功させるにはどうすればいい?
・転職を希望しているが、社内評判が気になる

人生を左右する転職活動は、後悔しないように進める必要があります。そのため、転職対策や企業の情報収集は入念に行うことが大切です。そこで本記事では、下記の3つを解説します。

・ホンダの転職難易度と転職対策について
・ホンダの組織体制・働きがい・ワークライフバランス・福利厚生の評判について
・ホンダの基本的な企業情報について

ホンダの企業情報や転職のポイントを押さえた上で転職活動を行いましょう。

【ホンダ転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

転職前に確認!ホンダの企業情報

まずは、ホンダの企業情報について下記の3つの項目に分けて解説します。

  • ホンダの企業概要
  • ホンダの事業内容
  • ホンダの今後の事業展開

ホンダの企業理解を深めて、転職を有利にしましょう。

ホンダの企業概要

ホンダは、1948年に設立し東京都に本社を置く郵送機器メーカーです。国内外415社の関係会社をもち、全世界で累計2530万台の販売実績がある国内最大手の企業になります。

ホンダの事業内容

ホンダの主な事業内容は、下記になります。

事業内容

事業詳細

二輪

二輪事業はホンダの原点であり、2020年に全世界で1500万台以上の販売実績があります。

四輪

四輪事業は、全世界で年間500万台以上の販売実績があります。現在は、自動運転技術の研究開発を積極的に取り組んでいます。

ライフクリエーション

「汎用エンジン・耕うん機・発電機・除雪機・芝刈機・ポンプ・船外機」などの、さまざまな産業になくてはならない製品を、全世界に累計1億5000万台以上の販売した実績があります。

航空機・航空機エンジン

ホンダ独自の「期待設計・空力技術・構造技術・高効率エンジン」をもつ「Hondajet」は、2017年から4年連続で小型ジェット機カテゴリーにおいてデリバリー数1位の実績があります。

そのほか事業

モータースポーツ、ロボティクス、環境・安全・社会活動などの事業展開を行っています。

参考:ホンダ公式サイト・主要事業

ホンダの今後の事業展開

ホンダは今後の事業展開として、下記の目標を掲げています。

  • 2050年までにカーボンニュートラル宣言(温室効果ガスの排出を全体としてゼロとする)
  • 「2050年に全世界で、Hondaの二輪車、四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」

出典:ホンダ公式サイト・HondaStories

地球温暖化や交通事故による死者は、国内外問わず社会問題となっています。ホンダは、これらの問題を解決するために研究開発を積極的に進めています。社会問題を解決に導く事業展開は、今後の社会に必要です。そのため、ホンダは将来性のある企業と判断できます。

ホンダの転職難易度

ここからは、ホンダの新卒と中途採用の転職難易度を2つの項目に分けて解説します。転職難易度を把握して、十分に転職対策を行いましょう。

新卒の転職難易度

新卒の転職難易度は高いです。下記の表からもわかるようにエントリー数に対して、採用人数が少ないためです。また、高学歴の人を採用する傾向もあります。高い倍率の中で内定を勝ち取るには、学歴に加えて「なぜホンダに入社したいのか」という志望動機を明確にして、ほかの就職希望者と差別化する必要があります。

プレエントリー数

約2万人

本エントリー数

約4000人

採用人数

事務系:約60人 技術系:約440人

出典:あさがくナビ・人事のホンネ

ホンダの中途採用の転職難易度

ホンダの中途採用の募集職種は、大きく分けて20種類あります。下記の表は一部抜粋しました。求人数としては、100件以上の数があります。求人数は多いですが、どの求人も即戦力を求めているため、専門の経験とスキルが必要です。そのため、簡単には入職できないでしょう。

・デザイン
・生産技術開発
・購買・調達
・研究開発(エネルギー・新モビリティ等)
・研究開発(パワープロダクツ)
・研究開発(四輪)
・研究開発(2輪)など合計20種類

出典:ホンダ公式サイト・募集職種一覧

ホンダへの転職を成功するためのポイントは?

次に転職を成功させるポイントを、下記の4つ項目に分けて解説します。

  • ホンダが求める人材を把握する
  • ホンダへの転職に有利なスキルを身につける
  • 面接の質問を想定しておく
  • 転職エージェントを利用する

ここからは、最も重要な内容です。十分に読み込んで転職を成功させましょう。

ホンダが求める人材を把握する

ホンダに転職を希望するのであれば、企業理念であるホンダフィロソフィーの理解を深めることが重要です。下記は、ホンダフィロソフィーを端的に要約したものになります。

・どんな立場でも、社員同士お互いに信頼または認め合う
・主体性を持ち自由な発想で仕事に取り組む
・価値のある商品を売ることに誇りと喜びをもつ
・お客様に商品を通じて感動を覚えてもらう
・お客様の期待を上回る商品を生み出す

参考:ホンダ公式サイト・企業理念

上記の5つの内容すべてを当てはめて、自己アピールするのは難しいです。そのため、いくつか選び、自分の強みや経験と合わせてアピールしましょう。

ホンダへの転職に有利なスキルを身につける

ホンダは輸送機器メーカーです。そのため、下記の専門知識や経験があると断然有利になります。

・機械工学
・電気電子工学
・自動車工学
・AI・IT
・航空宇宙工学

学生であれば、上記を専攻していると有利です。中途採用であるならば、職種に応じた専門知識・経験・スキルは必須になってくるでしょう。また、ホンダは海外赴任もあるため、語学力のある人を優遇します。

面接の質問を想定しておく

面接の質問内容を想定しておかないと、本番で緊張してしまいきちんと話せません。そのため、質問内容を想定して質問に対する回答を考えておきましょう。下記の口コミサイトの投稿をみると、特別かわったことは聞かれない様子です。本番で慌てないために、一つひとつの質問をしっかり答えられるように準備しておきましょう。

・なぜホンダを志望したのか?
・弊社でやりたいことはあるのか?
・過去の経歴はなにか?
・学生のときに力を入れていたことはなにか?
・リーダーシップを発揮した経験はあるか?
・長所と短所は?
・現在またはこれから頑張りたいことは?

出典:転職会議・面接、選考

転職エージェントを利用する

転職を有利に勧めたいなら、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを利用すると、経験豊富なコンサルタントが担当に付き、さまざまなサービスを無料で利用できるためです。具体的には下記のサービスがあります。

好条件の非公開求人の紹介
面接の日程調整の代行
履歴書や職務経歴書の添削や助言
面接のシュミレーション
面接の際に想定できる質問の提供
年収や待遇の条件交渉の代行
独自に保有している、職場の意見や評判の提供

転職活動に不慣れな人は、転職エージェントを利用しましょう。

転職前に知っておこう!ホンダの年収・福利厚生

転職をする前に特に気になるのが、年収や福利厚生などの諸手当てではないでしょうか。ここからは、下記の5つの項目に分けて解説します。

  • ホンダの平均年収と競合企業の平均年収
  • ホンダの職種別平均年収
  • ホンダの年齢別平均年収
  • 昇給やボーナスについて
  • ホンダの福利厚生について

年収や福利厚生を十分に把握しておかないと、入職後に後悔してしまう可能性があります。転職を希望する前に、気になる年収や福利厚生を把握して、疑問や悩みを解決しましょう。

ホンダの平均年収と競合企業の平均年収

ホンダの有価証券報告書(2020年度)を確認すると、平均年収は799万円となりました。最も高いのはトヨタの858万円です。最も低いのは、SUBARUの651万円になります。その差は、207万円でした。ホンダの年収は上から2番目で、業界内では高い水準であるのがわかりました。

企業名

平均年収

ホンダ

799万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

トヨタ自動車

858万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

日産自動車

796万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

スズキ

665万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

 三菱自動車 

652万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

SUBARU

651万円 (出典:有価証券報告書・平均年間給与)

ホンダの職種別平均年収

職種別の年収で最も高いのは、778万円の企画部門となりました。最も低いのは、571万円の事務です。その差は、207万円と大きな差になります。しかし、下記の平均年収は、口コミサイトのデータであるため参考程度に参照してください。

職種

平均年収

営業

682万円

研究開発

686万円

管理

686万円

企画

778万円

事務

571万円

生産技術

684万円

技術

650万円

開発

725万円

購買

617万円

製造

710万円

出典:openwork・職種別の平均年収

ホンダの年齢別平均年収

年齢別の平均年収は、35歳半ばあたりから大きく増えています。ホンダは、近年成果主義になりましたが、年功序列の風潮が残っています。下記の数値から判断すると、勤務年数を重ねて昇格していかないと大きく年収を増やすのは難しいでしょう。

年齢

平均年収

25歳

471万円

30歳

595万円

35歳

750万円

40歳

872万円

45歳

916万円

50歳

910万円

55歳

951万円

出典:openwork・年齢別の平均年収

昇給やボーナスについて

口コミサイトを参考にすると、ホンダの定期昇給は5000円/年ほどになります。近年、成果主義にかわっていますが、年功序列が残っています。そのため、若手が成果をだしても給料に反映することは少ないです。大きく給料を上げるには、6〜8年目にある昇格試験に合格しなければなりません。ボーナスは、年に2回の支給があり、5ヵ月分を切ることはない様子です。また、ボーナス額は成果を出せば増額しますが、基本的には企業の業績に依存します。

・良くも悪くも年功序列である
・業務を上げても給料に差はでない
・評価によりボーナスは増減するが、若手の内は平均的な評価しかつかない。
・近年、成果主義に変更しているが進んでいない

参考:openwork・年収、給与

ホンダの福利厚生

ホンダの福利厚生は、下記の表を見てわかるように充実しています。また、えるぼし認定(女性の職業生活を促進する活動を行なっている優良企業に、付与できる認定制度)やくるみん(仕事と育児の両立促進を行なっている優良企業に、付与できる認定制度)を獲得済みです。そのため、特に女性や子育て世代にとって、働きやすい企業と判断できます。

 

福利厚生

保険

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

労働時間

フレックスタイム制度、定時退社日

有給休暇

有給カットゼロ、半日有給、連続有給、年次有給休暇

休日

年間休日121日

そのほか休日

転勤休暇、慶弔休暇、生理休暇、産前・産後休暇、

育児

育児短時間勤務、育児休暇、子の看護休暇、育児在宅勤務、

介護

介護休暇、介護時短勤務、介護休職、介護休暇、介護在宅勤務

住環境

独身寮、社宅、住宅手当・家賃補助、持家促進制度、住宅共済金

食事環境

社内食堂、食事補助

通勤

通勤手当て

そのほかの福利厚生

健康管理、厚生施設、社員販売制度、互助会、積立制度、特別見舞金

財産形成

財形貯蓄、退職年金、

出典:ホンダ公式サイト・サステナビリティレポート2021

出典:ホンダ公式サイト・募集要項

出典:ホンダ公式サイト・働き方と福利厚生

転職しても大丈夫?ホンダの社内評判や口コミ

ホンダで実際に働いている人の意見は気になるのではないでしょうか。ここからは、口コミサイトからホンダの口コミや社内評判を3つの項目に分けて解説します。

  • 組織体制や企業文化について
  • 働きがいについて
  • ワークライフバランスについて

入職後に後悔しないためにも、企業内部のリアルな声を確認しておきましょう。

組織体制や企業文化について

組織体制や企業文化については、下記の口コミを見ると良くも悪くもボトムアップ(下意上達の意味:下層部の提案を上層部が吸い上げる仕組み)が浸透している様子です。ボトムアップの良い面として、若手でも意見が言いやすく、部署内でもコミュニケーションが取れているという意見がありました。しかし、ボトムアップの悪い面として、上司が仕事せずに待っているだけという場合がある様子です。また、大企業であるがゆえに業務の細分化が数進んでおり、報告の資料作りなどで忙殺してしまうという意見が多いです。

【良い面】

●      しっかり企画すればやりたいことをやらしてくれる

●      良くも悪くも個人主義である

●      自分で仕事ができる人は、周りに干渉されずに仕事ができる

●      部署にもよるが基本的に言いたいことが言える環境である

●      社会のニーズを汲み取れている

●      自分が所属した部署は良い人達ばかりだった

●      社員間のコミュニケーションはよく取れている

●      ボトムアップの良い面:若手も意見が言いやすい

【悪い面】

●      仕事が細分化しているため、報告業務に忙殺される

●      個人主義であるため、トラブルが起きたときにサポートを得にくい

●      上司によりやり方がかわる。そのため何が正解かわからない

●      部門間のセクショナリズムが強い

●      ボトムアップの悪い面:上司は明確な支持を出さず、部下が業務を行うのを待っているだけ

●      部門や職種で横断しているため、他部署のことは知らない

参考:openwork・組織体制、企業文化)

参考:Lighthouse・企業カルチャー、福利厚生)

働きがいについて

働きがいについては、下記の口コミを考慮すると、自分が作った製品が身近に存在したり、世界で利用されているのを見ると、やりがいを感じる様子です。また、若手でも意欲的に行動を起こせば自分のやりたいことができ、応援もしてくれます。しかし、業務で成果を出しても報酬が増えるわけではないことや、報告業務に追われることも多いため、やりがいを感じないという意見もあります。

【良い点】

●      自分の製品を世界中の人に使ってもらえる

●      部署異動の希望が通りやすい

●      意欲的に行動を起こせば、自分のやりたいことにつながる

●      製品が身近にあるため、利用者の声をすぐに聞ける

●      挑戦する姿勢は応援してくれる

●      世界を視野に仕事ができるのはうれしい

【悪い点】

●      見て覚えるという昔の気質が残っている

●      業務上で高い評価を出しても報酬が増えるわけでない

●      会社からキャリアプランを期待すべきではない

●      働きがいを求めている人は少ない

●      若手世代は報告業務につぶされる

参考:openwork・働きがい、成長)

参考:Lighthouse・成長、働きがい)

ワークライフバランスについて

ワークライフバランスに関しては、下記の口コミを考慮すると、有給休暇も100%習得できており、残業時間も少ない様子です。また、フレックスタイム制が浸透しており、個人の事情で勤務時間を調整できます。ただ、残業時間が厳しく決まっているため、時間内に仕事を終わらすのが難しいという意見もありました。しかし、全体の投稿を見ると、休暇がとりやすく、ワークライフバランスの調整ができる企業であると判断できます。

【良い点】

●      有給がとりやすい

●      社内で有給を無理に割り振ることはない

●      会社を上げて有給習得の目標を上げている

●      有給消化率は100%である

●      3〜5連休の習得も可能である

●      業務時間外は、まったく仕事をしなくて良い

●      フレックスタイム制で個人の事情に合わせて仕事ができる

●      残業時間は厳しく決められている

【悪い点】

●      決められた残業時間内に仕事を終わらせるのが大変である

●      有給が年間20日残ることはゆるされない

参考:openwork・ワークライフバランス

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ホンダ転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ホンダは福利厚生が充実しており、有給休暇も100%利用できるため。働きやすい職場であると判断できます。働きがいに関しても、身近にある商品や世界的に取り扱われる商品が多いため、やりがいを感じやすいという声が多くありました。給与面は、年収799万円と高い水準ですが、年功序列の風潮が残っているため、若手は不満を感じやすいでしょう。転職の難易度に関しては、応募人数が多いことに加えて、専門職であるため転職難易度は高いです。そのため、高い学歴に加えて、希望する部署の専門知識や経験が必要となってくるでしょう。加えて、「ホンダに入社を希望した理由」「企業理念を踏まえた自己アピール」が重要になると考えます。想定の質問なども参考にして、十分に面接対策を行いましょう。転職活動に慣れていない人は、「面接の日程調整の代行・履歴書や職務経歴書の添削や助言・面接のシュミレーション・面接の際に想定できる質問の提供」を行なってくれる、転職エージェントの利用をおすすめします。