公開日

2022/07/03

最終更新日

【ソニー転職】第二新卒OK?やばい?後悔?きつい?年収は?中途採用で失敗しない方法と評判・口コミを解説!

・自由な社風で知られるソニーに転職したい
・世界的なヒット商品の企画・開発に携わりたい
・転職難易度や転職を成功させるコツを知りたい

本記事では、上記の悩みにお答えします。結論からいうと、ソニーへの転職は簡単ではありません。なぜなら、ソニーは国内外で知られる超人気企業であることから、転職希望者が非常に多いからです。とはいえ、転職できないわけではありません。スキルや経験が認められてソニーへの転職を果たした求職者が多数いることもまた事実です。本記事では、ソニーに転職するポイントや中途採用されやすい人の特徴、転職する際の注意点などを解説しています。

【ソニー転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ソニーはそもそもどのような会社か

まず、ソニーとはどのような会社なのかをあらためて理解しましょう。理念や事業内容を理解すると、ソニーが求めている人材像を理解しやすくなります。いうまでもなく、ソニーは日本を代表をする電機会社です。一方、電子機器以外にも、

・ゲーム
音楽
・映画
・金融

など様々な事業を幅広く展開しています。結論、ソニーはただの電機製品メーカーではありません。理念や事業についての知見を広め、転職成功率を上げましょう。

ソニー創業者、井深大氏の理念

ソニー創業者の井深大氏が掲げた理念は、今でも経営の基盤の一つになっています。ソニーの創業者である井深大は、会社の設立目的の第一に「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由豁達にして愉快なる理想工場の建設」を掲げた設立趣意書を起草しました。この終戦直後(1946年)に書かれた設立趣意書には、「日本再建、文化向上に対する技術面、生産面よりの活発なる活動」、「国民生活に応用価値を有する優秀なるものの迅速なる製品、商品化」、さらに「国民科学知識の実際的啓発」も会社設立の目的として言及され、社会や社員に対して価値ある存在の会社となることを井深は目指していました。

参考:SONY サステナビリティ

ソニー創業者の井深大氏は、幼少期から機械をいじるのが大好きだったといわれています。終戦後の約半年後に「東京通信研究所」という小さな電子機器会社を立ち上げがのがソニーの始まりです。井深大氏の偉大な発明の一つにテープレコーダーがあります。1950年に日本初のテープレコーダを開発して、1951年には1億2000万円の売り上げを達成しました。しかし、テープレコーダーのブームは長く続きません。その当時の井深大氏は、以下の言葉を残しました。

「マーケットは広いに越したことはない。日本だけでなく世界に広げてみせる」

この想いを胸に、井深大氏は渡米。今では、「世界のソニー」になりました。設立極意書は、ソニーの経営方針に関わっているので、目を通しておくのがおすすめです。

ソニーの企業理念

ソニーの企業理念は、以下の通りです。

私たちのミッションは「場」を使った新しいブランドコミュニケーションによりお客様に感動をお届けすることです。このミッションを実現させるためのコンセプトは「3IN」。

・Inviting(招く・誘う・誘惑する)
・Inspiring(刺激・感動・鼓舞する)
・Interweaving(織り込む・組み合わす・織り成す)

「自由でオープンであり、余白・余地・余裕があること」「好奇心を刺激する、未来、発想、遊び、技術で人々を鼓舞すること」「モノ・コト・ヒト、複数の価値観が組み合わされていること」私たちはこの3つの考え方を日々の仕事のスタンスや、人々との関わり方に組み入れることで、都市や社会、そして未来を面白くする会社であり続けます。

参考:ソニー企業株式会社 企業理念

ソニーは電子機器メーカーですが、展開している事業の全てはミッションを達成するための手段であると考えられます。企業理念からブレない経営、事業展開を続けているからこそ、世界の最前線でソニーは活躍できているのでしょう。

ソニーの事業内容

ソニーの事業内容は、以下の通りです。

  • モバイル・コミュニケーション
  • ゲーム&ネットワークサービス
  • イメージング・プロダクツ&ソリューション
  • ホームエンタテインメント&サウンド
  • 半導体
  • コンポーネント
  • 映画
  • 音楽
  • 金融
  • その他の事業

PlayStationやWALKMAN、Xperiaなどの電子機器を制作はもちろんですが、

・エンターテイメント
・音楽
・金融

など、幅広く事業展開をしています。電子機器メーカーとしては特殊かもしれませんが、様々な事業を展開してるため、採用の数も多い傾向にあります。

ソニーの平均年収

dodaによるソニーグループ株式会社の平均年収、給与情報によると、ソニーの2021年度平均年収は1,044万円です。電子機器メーカーとしてはトップレベルの年収ですね。国税庁の民間給与実態調査で公表された全国平均年収の467万円を、大きく上回る数字です。ソニーは実力や実績が正当に評価されるため、結果を出すほど給与が高くなります。年功序列ではなく、実力を重視しているのがソニーの大きな魅力です。そのため、向上心のある人の給与は他の企業に比べて高い傾向にあります。ただし、人によって異なるので、あくまで参考として考えてください。

ソニーの評判

給与や働き方、教育体制などの評判は、比較的良い傾向にあります。一方で、不満を抱く社員の声もあるようです。以下で詳しく解説していきます。

給与に対する不満は少ない

給与に対する不満は、かなり少ないです。役職に就いた場合、多くの人が年収1,000万円前後の収入を得ています。「正当な評価をしてもらっている」と語る社員は多く、20代でマンションを購入する社員も少なくないようです。スキルを身につけて結果を出せば年収が上がる仕組みは、社員のモチベーション向上につながっていると考えられます。一方で、役職が上がらなければ、給与は上がりづらいです。役職に就いても結果が出せないなら、給与が下がる場合もあります。結果にコミットできる人にとっては、ソニーで働くことは最高の環境といえるでしょう。

福利厚生や社内制度

ソニーは「成果主義」のため、手当や福利厚生の充実度は他の大手企業に比べると高くありません。一方で、映画のチケットやソニー製品が安く手に入るのは嬉しいとの声もあります。30歳未満の社員は、出勤時間が100分以上かかる場合、会社保証の寮か借り上げ寮に入れるので、通勤時間の短縮が可能です。

ソニーは、長く働ける環境作りを意識しています。中でも、育児休暇は他の企業よりも優れていて、近年では、男性社員も育児休暇をとりやすい環境となっています。ソニー独自の経済支援である「育児支援金」に対しては、社員から感謝の声が多いですね。成果主義の会社とはいえ、社員の労働環境、ワークバランスの充実度は高いと言えるでしょう。

スキルアップ、教育体制

グローバル企業だけあって、ソニーの研修制度は充実しています。社員の能力を高めて、より良い商品を開発するため、教育制度に抜かりはないですね。興味のある分野の専門技術を学習できるのはソニーの魅了と言えるでしょう。スキルアップしたい社員からも教育体制に不満を抱く人は少ないです。「膨大なソースコードに触れられるから、とにかく勉強になる」というエンジニアの声もあります。

ソニー対する不満の声

一方で、ソニーに対する不満の声もあります。自由な社風が特徴のソニーですが、

・大手企業ならではの固さもある
・会社の規模が大きいため、他部署との連携が取りずらい

などの声も上がっています。上記以外にも、「自分から率先してスキルアップする会社のため、周りの熱量についていけない」などの声もあります。ソニーの特徴は成果主義であり、社員のモチベーションを高め、結果を出した人の給与は高くなる傾向があります。しかし、成果主義が合わない人にとっては、少し辛い環境かもしれません。

ソニーの求人情報

ソニーで現在募集されている求人情報は、以下の二つです。

  • エレクトロニクス事業
  • 半導体事業

時期によって募集される求人が変わるので、ソニーの求人情報は定期的に確認しておきましょう。職種によっては、応募締め切りがなかったら、学歴不問だったりします。求人情報を見て転職できると思ったら、積極的に応募してみましょう。

雇用形態

ソニーには、二つの雇用制度があります。

ジェネラル・エンプロイメント・コントラクト社員

雇用期限の定めがなく、さまざまな技術領域・職務領域で活躍する可能性を含めた働き方

プロジェクト・エンプロイメント・コントラクト社員

専門性を生かした領域に特化して会社に貢献し、業務のアサイメントに応じて雇用期間を設定する働き方

参考:ソニー採用情報より引用

具体的には、以下の通りです。

ジェネラル・エンプロイメント・コントラクト社員

プロジェクト・エンプロイメント・コントラクト社員

試用期間

3ヶ月

なし

勤務時間

9:00~17:30(勤務時間7時間45分/休憩45分)フレックスタイム制あり

時間外労働あり

同様

休日

土日、祝日、完全週休2日

休暇

年次有給休暇(初年度6~17日、勤続年数に応じて最大24日)

年次有給休暇 (初年度6~17日、勤続年数に応じて付与)

給与

修士了 初任給280,000円~ (月給)

大学卒 初任給250,000円~ (月給)

経験や能力によって変動

別途交通費支給

同様

賞与

年2回支給(6月、12月)

契約内容により最大年2回支給

社会保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

内定までの流れ

職種によって多少異なりますが、内定までの流れは以下の通りです。

1 書類選考

合否に関わらず連絡が来る。(約3週間)

2 一次面接

専門分野をメインに、担当者と面接をする。

3 二次面接

人事面接。適性検査を受ける

4 内定

採用条件の確認

以上の流れになります。一次面接は、専門分野に対する知見や、スキルのレベルの判断がメインです。二次面接では、ソニーの社風や労働環境に馴染めるかなど、適性判断がメインになります。面接ではソニーを選んだ理由や社風・理念に対する意見を求められる場合が多いです。専門分野の知識を深めながら、面接対策もしっかりと行いましょう。

ソニーの転職難易度は高い

前述した通り、ソニーへの転職難易度は高いといえるでしょう。doda 転職人気ランキング2021<総合>によると、ソニーは国内で3位の人気を誇っています。そのため、競争相手となる求職者も非常に多いです。ソニーの求人情報の大半は、2年〜5年の実務経験が必要で、高いスキルや明確な実績が求められます。上記の条件から考えると、即戦力を求めていると考えられるでしょう。他の求職者のレベルも高いため、多くの転職希望者から選ばれる工夫が必要です。

ソニーに転職できる人の2つ特徴

ソニーに転職できる人の特徴は、以下の2つです。

  • 向上心が高い人
  • スキルが高い人

即戦力かつ意欲的な人が、ソニーに転職しやすい傾向にあります。詳しく解説していきます。

向上心がある

成果主義であるソニーからは、高いスキルと結果を求められます。常にスキルアップする向上心がない限り、ソニーで稼ぎ続けるのは難しいです。教育体制は充実していますが、学ぶ内容は自分で判断しなければいけません。セミナーや研修を、ソニーから強制的にを受けさせられることはありません。そのため、向上心のない人は、周りとの差が開きます。上記のような場合は、当人と会社の双方にとってデメリットです。向上心があり、スキルアップを常にしようと考える人を、ソニーは求めているみたいですね。

スキルや能力が高い人

即戦力になると判断されるスキルや能力がある人は、採用される確率が高いです。ソニーが求めている以上の専門知識がある場合は、ほぼ確実に転職に成功しているみたいですね。優秀な人材には、高い報酬を支払っているため、スキルや能力が評価された人は、転職後の年収も高いでしょう。ただし、求められるスキルや能力はかなり高いです。ソニーの事業規模で即戦力になるには、それなりな実務経験と実績が必要になります。ソニーが広げようとしている事業に、自分のスキルがどのように役立つのかを考えて面接で伝えられると、会社に良い印象を与えられるでしょう。自分のスキルや能力が通用すると考える方は、どのようにして会社に貢献できるかを、ソニーが展開している事業と合わせて伝えましょう。

ソニー転職に失敗する人の特徴

一方で、ソニーへの転職で失敗する人は、どのような特徴があるのでしょうか。結論は以下の2つです。

  • 受け身な人
  • 自分のアイディアで活躍したい人

順番に解説してきます。

受け身の人

「受け身な人」とソニーから判断された場合、転職はできないと考えてよいでしょう。受け身な人とは、以下の通り。

  • 自分が何を学ぶべきかわからない人
  • 指示がないと仕事ができない人

ソニーは成果を求めています。そのため、自分から行動できない人は、ソニーに必要ないといえるでしょう。スキルアップできる環境は整っているため、「何を学ぶべきかわからない」は通用しません。指示がないと仕事ができない場合、給与アップは難しいです。逆に給与が下がる可能性があります。ソニーは年功序列ではなく実力を評価するため、役職についても、結果が出せないなら給与は下がります。実際にソニーに転職して結果が出せず、役職を外されて給与が下がった事例も少なくありません。社員に刺激を与える成果主義ですが、自分から行動できない人は給与も低く、結果も出せないと考えられます。ソニーに転職するなら向上心が必要です。意欲的に取り組める自信がないなら、ソニーへの転職は難しいでしょう。

自分のアイディアで仕事がしたい人

「自分のアイディアを生かしたい」ではなく「自分のアイディアで事業を立ち上げたい」と判断された人は、ソニーへの転職は難しいでしょう。なぜなら、正社員として求められているのはソニーが展開する既存事業の拡大だからです。「自分の好きなようにやりたい」と判断された場合、ソニーへの転職は難しくなるでしょう。転職して結果を残し続けられると、自分のアイディアで新事業を立ち上げられる可能性は十分にあります。一方で、「自分のアイディアを形にしたい」と考えて、ソニーからベンチャー企業に転職したケースもあります。企画からプロデュースまでをソニーでやりたいと考えるなら、実績と時間が必要です。

リサーチ不足

十分にリサーチせずに転職活動をした結果、転職に失敗した人は少なくありません。面接の際に、「自分が予想していたレベルよりもはるかに高いスキルを求められた」という事例もあります。「ソニーが今どのような事業を展開していて、何に力を入れているのか」「どのようなスキルを求めているのか」をしっかりとリサーチする必要があります。ソニーで働いている全ての人が高いスキルを持っているわけではありません。だからといって、ある程度のスキルで転職できると考えると、痛い目をみます。ソニーに限らず、希望する企業のリサーチは転職を成功させるために必要不可欠な行動です。

ソニーへの転職を成功させるための4つのポイント

ソニーに転職するためのポイントは4つです。

  • ソニーが求める求める人材を理解する
  • マーケティングに精通している
  • 事業拡大中のものに応募する
  • 転職エージェントを利用する

上記はソニーへの転職を成功させる重要なポイントなので、しっかりと確認しましょう。

ソニーが求める人材を理解する

ソニーが求める人材を、しっかりと理解しましょう。ソニーが何を求めているかわからない場合、転職は困難になります。自分が何をアピールすればよいかわからず、面接で的外れな回答をする可能性があるからです。ソニーが求めているであろう人材は、以下の3つです。

  • スキルの高い人材
  • マーケティングに精通している人材
  • ソニーの理念を理解している人材

それぞれ解説していきます。

スキルの高い人材

スキルの高い人材は、即戦力になります。そのため、採用される確率も高いです。募集している職種によってスキルの内容は変わり、実務経験も必要になります。スキルと合わせて、実績も重要になるでしょう。グローバル企業といこともあり、英語や中国語が話せる人、も優遇される傾向にあります。最近ではブロックチェーンを利用したサービス展開も、ソニーは考えているみたいですね。ブロックチェーンは比較的新しいシステムなので、精通している人は転職に有利な可能性があります。

マーケティングに精通している人材

技術職以外の求人では、マーケティングに関わる仕事が多いです。そのため、マーケティング能力が高い人は優遇されると考えられます。マーケティング企画・販売会社などへの戦略を考えるのが得意な人は、ソニーへの転職は有利になるでしょう。新商品を世界に展開したい場合も多いため、マーケティング能力が高い人を、ソニーは積極的に採用しています。

ソニーの理念を理解している人材

ソニーの理念を理解しているのは、転職を成功させる絶対条件です。前述した企業理念と合わせて、ソニーの存在意義と価値観も確認しておきましょう。

  • Purpose(存在意義) クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす
  • Values(価値観)
  • 夢と好奇心 夢と好奇心から、未来を開く
  • 多様性 多様な人、異なる視点がより良いものを作る
  • 高潔さと誠実さ 論理的で責任ある行動により、ソニーブランドへの信頼に応える
  • 持続可能性 規律ある事業活動で、ステークホルダーへの責任をはたす

上記がソニーのPurpose (存在意義)& Values(価値)です。ソニーは様々な電子機器を開発して、消費者に多くの感動を提供しています。そのため、感動を作るのが好きな人と判断された場合、ソニーへの転職は有利になるでしょう。

事業拡大中のものに応募する

事業拡大中の求人情報に応募した場合の採用確率は高いです。人材がすぐに必要なため、募集人数を増やしている可能性があります。常に出でいる求人に比べると、採用された人の数も多いです。採用確率が高いといっても、スキルは必要。事業を拡大して求人を出すソニーの背景は、即戦力を求めていることでしょう。早く結果を出したいと考える人にとっては、事業拡大中の求人に応募するのがおすすめです。ただし、上記のようの求人が常に出ているわけではありません。定期的に求人ページを確認して、チャンスがあったらすぐに応募しましょう。

転職エージェントを利用する

ソニーへの転職成功確率を上げるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。理由は、転職エージェントは、様々な情報を持っているから。転職エージェントは、過去の面接内容や出題傾向などにも精通しています。ソニーへの転職に成功した人・転職できなかった人から情報を集めているため、的確な対策ができます。上記のような情報を個人で集めるのは、かなり難しいですよね。そのため、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントは非公開案件も持っている可能性があるため、倍率が低い求人に応募できる可能性があります。実際に、ソニーが一般公開しない求人情報を出す事例も、過去にあったとのこと。そのような場合は、競合の数が減り、転職成功確率が一気に高くなります。転職エージェントは、複数の会社を利用するのがおすすめです。会社によっては、持っている情報が異なる場合があります。非公開求人情報も、会社によって内容が違うケースもあるので、複数の転職エージェントを利用しましょう。複数の会社を利用することで、多くの情報を集められるので、転職で成功確率が高くなります。

ソニーの転職する際の注意点

ソニーに転職する際の注意点は、以下の通り。

  • ソニーに転職する理由を明確にする
  • 結果を出す意思を示す
  • 自由な社風に期待しすぎない

ソニーのブランドに惹かれて転職を考える人が多くいます。しかしソニーは、そのような人材を求めいません。上記の注意点を意識して、転職で成功する確率をあげましょう。

ソニーに転職する理由を明確にする

面接で「なぜソニーで働きたいのか?」と聞かれる可能性は高いです。はっきりと答えるために、ソニーに転職する理由を、できる限り明確にしましょう。ソニーが中途採用者に求めているのは即戦力ですが、本人の意志も注視しています。自分のビジョンや目的がソニーと合致したら、担当者が信用してくれる可能性は高くなるでしょう。一方で、一般的な模範解答では、「よくある人」になりかねません。自分はなぜソニーで仕事をしたいのかを具体的にして、しっかりとアピールしましょう。

結果を出す意思を示す

結果を出すために努力を惜しまない姿勢を、具体的に示しましょう。面接では、スキルや実績の転職希望者の全員が「結果を出す」といいます。多くの競合の中からから選ばれるためには、結果にコミットできる人材であるかをアピールする必要があります。求職者が有益な人材であり、成果を出すためにの努力を惜しまない人なら、どの企業でも喉から手が出るほど欲しい人材です。ソニーも例外ではありません。転職に成功した後も、結果にコミットする姿勢を崩してはいけません。会社からの信用も下がり、給与も低くなります。ソニーで働きたいなら、結果にコミットする意志は、かなり大切です。

自由な社風に期待しすぎない

ソニーは個人の意思を尊重する企業です。だからいって、全てが自由なわけではありません。大手企業特有の人間関係もあります。大企業の中では自由ですが、社員の数が多い分、人間関係のトラブルも想定されます。会社の内部事情については、転職エージェントに相談するのがおすすめです。社員が働きやすい環境作りに力を入れているソニーですが、大企業であることも、頭の片隅に残しておきましょう。

ソニー転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ソニー転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ソニー転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ソニー転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ソニーへの転職を成功させるなら、転職エージェントを利用しましょう。個人でソニーに転職するのが不可能というわけではありませんが、転職エージェントが持つ情報は非常に有益です。ソニーの過去の面接事例を調べて、面接サポートなどを受けられるのも転職エージェントの魅力です。転職希望者の多いソニーで働きたいなら、情報は必要不可欠。無料で利用できて、転職に必要な書類のサポートもしてくれます。転職を少しでも成功させたいと思うなら、転職エージェントをぜひ利用してください。