公開日

2022/09/22

最終更新日

【リクルートエージェント】評判・口コミ!ひどい?うざい?厳しい?合わない?面談から退会まで解説【2022年9月最新版】

dodaエージェント】【マイナビエージェント】と並んで求人数や転職支援実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。本記事では、リクルートエージェントの評判・口コミに加えて、面談から退会までの流れを整理します。本記事では、リクルートエージェントに関する以下の内容について整理していきます。

・リクルートエージェントの評判・口コミ(ひどいのか)
・リクルートエージェントの仕組み
・リクルートエージェントの使い方(バレるのか)
・リクルートエージェントの料金・費用
・リクルートエージェントとリクナビNEXTとの違い
・リクルートエージェントのCMに出ているのは誰か
・リクルートエージェントのアドバイザーがうざい・合わない場合の対処法
・リクルートエージェントの面談から退会までの流れ

登録は完全無料

公式サイトはこちら

【最新版】おすすめ転職エージェント3選!

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

リクルートエージェントの基本情報

リクルートエージェントの基本情報については、以下の通り。

求人情報

公開求人198,687件/非公開求人251,620件

非公開求人あり

直接面談

あり
履歴書添削あり
面接対策あり
形態エージェント型
対象エリア全国

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルートエージェントの評判・口コミ

リクルートエージェント」の評判・口コミを「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

キャリアアップを目指す人に向いている

実際に使ってみて、キャリアアップを目指す人に向いている転職エージェントだと感じました。同職種に転職希望で、ある程度のキャリアがある場合は条件の良い求人を見つけることができると思います。また、退職の仕方など転職するのに必要な情報が記載されているのも良かったです。(男性・30代)

面接対策が丁寧だった

以前転職した際に利用させていただきました。当時は勤務しながらの求人探しだったので、思うように進められない事もありましたが、コンサルタントがこちらのペースに合わせてサポートしてくれました。他のエージェントに比べて求人数が圧倒的です。経験を活かせる求人を紹介してくれました。また、これまで自分自身で気がつけなかったアピールポイントやマイナス点などもアドバイスしてくれました。とてもしっかりしていて頼れる方だったので、安心して転職活動できました。いくつか転職サービスを利用してきましたが、その中でも交渉や面接対策が丁寧だったと記憶しています。1つ残念だったのは連絡が多かったことでしょうか。1日にある程度の連絡が来ることは覚悟していましたが、予想以上です(女性・47歳)

利用してみてとても良かった

私は、新卒で入社した会社をちょうど1年経験したあたりで転職活動を始め、その際にリクルートエージェントを活用しました。まず結論としては、利用してみてとても良かったと思います。転職活動を始めてすぐ、サイトに登録するとたくさんのオファーをいただき選択に困ることがありました。その際にエージェントと呼ばれる方がいることを知りリクルートエージェントを利用しました。まず、利用するにあたり行きたい業界の条件・前職の経験・価値観など聞かれ、私にあった求人の会社をピックアップして選考の準備を進めてもらいました。また、求人票の中で少し不安や不満がある部分はエージェントを通して交渉も行ってくれてすごくありがたかったです。もし、私一人で会社を選び選考を受けていたらここまでスムーズに転職できなかったのではないかと思うほど、たくさんお世話になりました(女性・24歳)

熱心に転職市場の話をしてくれた

良い求人があったら動こうかなという軽い気持ちで登録してみました。コンサルタントの方は熱心に転職市場の話をしてくれて、非常に有益でした。どのようなキャリアを積めばステップアップが可能なのかを理解することができ、モチベーションが高まりました。(女性・30代)

自分にマッチした職場を紹介してもらえた

自分は現在35歳の男性会社員です。以前は鉄道整備の仕事をおこなっておりました。感染症が流行をする前まではしっかりと業務をこなして充実をしていたのですが、自分が感染をしてしまい、陰性になった後なども後遺症で体力が低下をしてしまい、とてもではないのですが業務を行うだけの体調に戻らず、転職することになりました。知人の紹介でこちらのリクルートエージェントを紹介していただきました。自分としては大した資格などもなく、得意といえばVBAのプログラムだけであったのです。担当者にそのことを告げると、自分にマッチをした職場を紹介していただき、現在では無事に転職を行うことができたので、本当によかったと思っております(男性・35歳)

非常に多くの求人を紹介してくれた

希望年収を高めに設定していたため、他の転職エージェントでは仕事を紹介されないこともあったのですが、リクルートエージェントの場合は業界ナンバーワンのエージェントということだけあって、非常に多くの求人を紹介してくれました。(男性・30代)

希望する職種に早く出会いたい方におすすめ

私がリクルートエージェントを利用した理由としては、自宅からの利便性のよさとスタッフの物腰が柔らかくて親近感が湧くというある口コミを参考にしてのことでした。転職活動は常に最新の情報を基にして行うことが業界の常識となっているので、客観的にキャリアプランを作成しながら圧迫感を感じにくい雰囲気が出せる優秀なスタッフとの出会いは、かなり大事な要素なります。肝心な面接時には候補となる企業を10社程度こちらが希望した条件を加味しながらピックアップしてくれたので、効率よく質が高い求人を探すことができました。内定を勝ち取るまで専任スタッフと何度も交渉しながら進めていくので、焦らず自分自身のペースで決断が可能な点も評価しています。希望する職種になるべく早く出会いたい方は、ぜひ登録することをおすすめします(男性・37歳)

仕事をしながら転職活動ができる

以前は転職活動を一人で行なっていましたが私自身がもう若くはないので転職活動には結構大変な思いをしました。一人の転職活動はやはり心もとなくこの転職エージェントのような機関を入れた方がやはり力になります。登録しておけば地域で登録することもできますし、雇用体系や希望の給料などを入力できます。登録しておけば定期的にメールで良さそうな転職先を教えてくれるので、今仕事しながらでも少しずつ転職活動ができます。結構年を言ってくるとある程度の企業を面接しないといけないので、数打ちみたいな形になりますが、だからこそこのような転職エージェントが役に立ちます。企業もハイクラスや中小企業までたくさん登録されているので、今後、転職エージェントは結構重宝されると思います(男性・43歳)

アドバイザーが優秀だった

面談では私の話の意図をしっかり把握してくれました。かなり優秀なキャリアアドバイザーの方だったと思います。(男性・30代)

キャリアの可能性を広げる提案をしてくれた

年齢的に決して簡単ではない転職活動ということを意識していたので自分でも気づかないうちに不必要に慎重になり過ぎネガティブな思いでいたところをエージェントが率直に指摘し、考えや態度が書類作成や面接での振る舞いに表れることや仕事を探す段階でも提供されているチャンスを見逃すことにもなりかねないと説明しポジティブな思いで取り組むよう終始励ましそのための具体的なアドバイスをくれたことがモチベーション維持にとても役立ちました。スキルや勤務時間・給料など自分の希望条件を把握しながらも「こういった職種もやりがいがあるのではないか」「今までしたことのないこの分野は若くないからこそ合うのではないか」などこちらの可能性を広げる仕事の提案にも感謝しています(男性・43歳)

どんな職種にでも対応してもらえるのが強み

求人の数がとにかく多くて、全く選択肢に入れていなかった職種と出会えるという点も魅力の一つです。20代から30代向けの求人も多くあり、非公開求人の中にハイキャリアのものもあるので、キャリアアップを目指したいという人にもおすすめです。
キャリアアドバイザーの方も熱心に話を聞いてくださいました。まず、「あなたはどんなことをしたいのか?」ということを聞かれるので、ある程度詰めておくとより有意義な話がしやすいです。メールで求人の情報が送られてきますが、正直なところ探していない職種や条件のものも送られてきます。電話での連絡は数回ありましたが、事前に話していた求人の応募についてなど緊急性のあるものが多く、ストレスに感じることはありませんでした。幅広い求人を扱っているため専門性はありませんが、どんな職種にでも対応してもらえるという強みもあります。

悪い評判・口コミ

アドバイザーのスキルにバラツキがあった

転職成功実績が第1位の転職エージェントと言うだけあって、サービス体制が充実している印象を受けました。一人ひとりに合った求人を紹介して頂くことが可能となっており、面接対策や年収交渉に至るまで幅広い転職サポートを受けられる点が優れています。転職エージェントを利用するにあたって求人数が気になる所ですが、リクルートエージェントは非常に求人数が多く、都心に限らず地方の求人も数多く用意されていますので非常に転職に有利なエージェントだと思います。ただ、気になった点もあります。担当キャリアアドバイザーのスキルにばらつきがあった点と求人紹介があまりにも多すぎてどの求人を選べば良いのか悩まされがちです。また、土曜・日曜も面談予約が可能になっているもののなかなか予約がとりづらいです(男性・46歳)

希望に合わない求人を紹介された

自分の希望に合わない求人を紹介されてしまいました。転職エージェント側の都合で求人を紹介しているような印象を持ちました。(男性・20代)

担当者の対応が機械的だった

リクルートさんらしい安心感があります。しっかりとしたサポートがある点がまず良いです。担当の方がしっかりとヒアリングしてくれます。さらに、そのヒアリングも質が良くて、丁寧です。そして、求人数が多いです。リクルートさんだけあって、他のエージェントさんではまず取り扱っていない様なクリエイティブ職もあるのですごく良いかなと思います。さらに、専用のサービスでやり取りする点も良いです。メッセージ管理や求人の応募もそのアプリですることになります。他のエージェントさんだと電話やメールという管理が面倒な類ばかりなので利点かなと思いました。しかし、大手だけあって、担当の方の対応は機械的でした。もう少し親身になって接して欲しいです(男性・28歳)

担当者が求人応募を急かしてくる

リクルートエージェントに登録して転職活動をしていたのですが、「担当者が厳しい」です。有名な転職エージェントであるリクルートエージェントだけあり、求人数の多さや労働環境や福利厚生がしっかりしている企業を取り扱っている求人の質、面談からのヒヤリングで希望条件に沿った求人案件の紹介、履歴書、職務経歴書の添削・面接対策などのサポート体制などはとても良かったのですが、担当になってくれたスタッフが、とても厳しい性格の人でした。自分にキャリアがあまりなかったせいもあるのだと思いますが、「そんな考えでは転職しにくいですよ」とか「自分のレベルを考えて転職活動してください」などと結構厳しい言葉をかけられました。担当者が自分のために怒ってくれているのだと思って、頑張って転職活動しました。担当者が紹介した求人への応募を「急かしてくる」場面もあったので、他が良かっただけに担当者の態度は残念に感じました。

リクルートエージェントの仕組み

リクルートエージェントは、採用の強化を検討している企業から採用条件を確認し、求人情報として保有します。その上で、求職者から希望条件をヒアリングし、条件に合う求人案件を紹介することで、転職活動をサポートします。

画像出典:リクルートエージェント 公式サイト

求職者と採用企業を、転職エージェントが人の力によってマッチングしているのが、リクルートエージェントエージェントの仕組みです。

リクルートエージェントのメリット

まず、「リクルートエージェント」のメリットについて見ていきたいと思います。

求人数が業界トップクラス

1つ目のメリットは、求人数が業界トップクラスであることです。「リクルートエージェント」は、業界トップクラスの豊富な求人数を誇る転職エージェントとして知られています。実際、求人数については、2022年5月27日時点において、公開求人198,687件/非公開求人251,620件と公式HPには記載されています。

他の転職エージェントの求人数についてですが、「dodaエージェント」の場合は「非公開求人を含む約10万件の求人の中からあなたの希望や適性に合った求人をご紹介します」という記載があるように、「リクルートエージェント」の方が求人数は多いことがわかります。

求人数の豊富さというのは、転職エージェントを選ぶ際に考慮すべき要素の一つに過ぎませんが、他の転職エージェントに登録してみたものの、満足できる水準の求人にまだ出会えていないという場合は、「リクルートエージェント」に登録してみると良いかもしれません。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

全業種/職種の求人が揃っている

2つ目のメリットは、全業界/全職種の求人が揃っていることです。「リクルートエージェント」では、他の転職エージェントではカバーしていないような珍しい職種の求人も取り扱っています。例えば、「職種を選択」で「その他」を選択すると、非常に珍しい職種がヒットします。

上記の通り、「教師・講師・インストラクター」「教室長・教室運営・学校運営」「教材開発」「翻訳・通訳」「テクニカルライター」「介護士」「調理師・パティシエ」「農林・水産・酪農」「ドライバー」「生産ライン・製造オペレーター」「土木・建設作業員」「警備員・自衛官・消防士・警察官」「ホテル・CA・ネイリスト」といった珍しい求人がヒットします。

転職エージェントに登録したものの、希望する業種/職種が珍しい業種/職種で、なかなか良い求人が見つからない場合は、「リクルートエージェント」に登録してみると良いでしょう。それでも「良いな」と思う求人が見つからない場合は、特化型の転職エージェントに当たってみると良いでしょう。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

幅広い地域に対応している

3つ目のメリットは、幅広い地域に対応していることです。転職エージェントの中には、拠点が存在している一部の地域のみでしかサービスを展開していないケースも少なくありません。例えば、「type転職エージェント」の場合は、公式HPに「一都三県の求人・転職に強い」と記載があるように、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県での求人紹介がメインとなります。その一方で、「リクルートエージェント」の場合は、対応している拠点数が多いこともあって、地方や海外の求人情報についても豊富に取り扱っています。実際、下記の通り、希望勤務地のカーソルをクリックしてみると、47都道府県に加えて、北米、欧州、東アジア、東南アジア、他アジア、太平洋・オセアニア、南米、アフリカ、その他海外という記載があることが見て取れます。

まずは登録してみた上で、自分が希望する地域にどれくらいの量の求人数が用意されているのかを確認してみると良いと思います。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

書類添削/面接対策が充実

4つ目のメリットは、書類添削/面接対策が充実していることです。「リクルートエージェント」では、過去45万人以上の転職支援実績をもとに、履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策を徹底サポートしてくれます。

これは、「リクナビNEXT」のような転職サイトでは得ることができない転職エージェントならではのメリットです。特に、はじめての転職だったり未経験の業種/職種への転職を目指す場合は、「リクルートエージェント」のような転職エージェントを利用することを個人的にはおすすめしています。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収交渉に積極的に対応

5つ目のメリットは、年収交渉に積極的に対応してくれることです。転職エージェントの提供価値の一つとして、年収交渉を積極的に行ってくれることが挙げられます。「リクルートエージェント」のキャリアアドバイザーは交渉力に定評があることで知られており、内定後に実施する年収交渉次第では、数十万〜数百万円の年収アップが実現することも珍しくないようです。もちろん、キャリアアドバイザーの能力にはバラツキがありますし、百発百中で年収交渉が成功する訳ではありませんが、他社のキャリアアドバイザーに比べて積極的に年収交渉してくれるのは特筆すべきポイントであると言えるでしょう。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルートエージェントのデメリット

次に、「リクルートエージェント」のデメリットについて見ていきたいと思います。

キャリアアドバイザーに当たり外れがある

1つ目のデメリットは、キャリアアドバイザーに当たり外れがあることです。大手の転職エージェントの場合、規模が大きい分、キャリアアドバイザーのレベルにどうしてもバラツキが出てきてしまい、結果、当たり外れがあると求職者が感じてしまうケースがあるようです。仮に、相性の悪い担当者に当たってしまったと感じた場合は、担当者の変更を申し出るという選択肢もありますし、最悪、「dodaエージェント」「マイナビエージェント」別の転職エージェントを検討してみるのも良いかと思います。

◆ リクルートエージェントと併用すべき転職サイト

転職サイトは複数登録することがおすすめです。ここでは、リクルートエージェント以外に登録すべきおすすめの転職サイトをいくつか紹介しておきます。

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

>> 公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

>> 公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査で4年連続第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートが魅力。

>> 公式サイトはこちら

求職者の見極めが早い場合がある

2つ目のデメリットは、求職者の見極めが早い場合があることです。「リクルートエージェント」は非常に人気のある転職エージェントであるため、他の転職エージェントと比べると、一人のキャリアアドバイザーが担当する求職者の数も多くなる傾向があります。そのため、求職者の見極めが他の転職エージェントと比べると、早い場合があるようです。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

内定辞退の際に引き止めが入ることがある

3つ目のデメリットは、内定辞退の際に引き止めが入ることがあることです。「リクルートエージェント」経由で面接を受けて、内定辞退に至る場合、しつこく具体的な理由を聞かれるというケースがあるようです。  

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ハイクラス人材には物足りない場合がある

4つ目のデメリットは、ハイクラス人材には物足りない場合があることです。「リクルートエージェント」でもハイクラス求人を取り扱っていますが、ハイクラス人材特化型の転職サイトと比べると、ハイクラス求人の数がやや少なく、選択肢が限られてしまうケースもあるようです。

◆ おすすめのハイクラス人材向け転職サイト

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

>> 公式サイトを見る

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

>> 公式サイトを見る

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

>> 公式サイトを見る

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

>> 公式サイトを見る

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

>> 公式サイトを見る

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

>> 公式サイトを見る

医療専門職の転職には不向きの場合がある

4つ目のデメリットは、医療専門職の転職には不向きの場合があることです。上述の通り、リクルートエージェントは総合型の転職エージェントであるため、医師転職や看護師転職などの医療専門職の転職には不向きの場合があります。これらの分野への転職を目指す場合は、医師転職であれば「エムスリーキャリア」「医師転職ドットコム」「マイナビドクター」、看護師転職であれば、「看護roo!」「看護のお仕事」「マイナビ看護師」などをを利用すると良いでしょう。

◆ 医師転職でおすすめの転職サイト

医師転職でおすすめの転職サイトを紹介します。

エムスリーキャリア

おすすめの転職サイト「エムスリーキャリア」

4万件以上の非公開求人を保有する日本最大級の医師特化型転職サイトとして知られるエムスリーキャリア。運営はエムスリーグループ(東証一部上場)。登録する医師会員は約25万人。転職希望医師の登録実績9年連続ナンバーワン。業界に精通したキャリアコンサルタントが無料で転職活動をサポート。 スピーディーな対応に定評があり、利用者満足度は95%を誇る。医師転職を目指すなら間違いなく登録すべき転職サイトの一つと言って良いだろう。

>> 公式サイトを見る

医師転職ドットコム

おすすめの転職サイト「医師転職ドットコム」

4万人以上の医師の転職をサポートしてきた医師転職ドットコム。運営は株式会社メディウェル(東証一部上場企業・アインホールディングスのグループ企業)。病院に特化した経営コンサルティングファームとしてのネットワークと現地に足を運び続ける地道なリサーチを通じて、病院の情報を網羅的に収集。常時39,480件の医師求人を保有。コンサルタントが医療機関を回り、求人案件を徹底的に網羅している。

>> 公式サイトを見る

マイナビドクター

おすすめの転職サイト「マイナビドクター」

医療系転職支援サービスでトップクラスの実績を誇るマイナビドクター。運営は株式会社マイナビ。高年収、残業少なめなどの幅広い求人案件が豊富。専任のキャリアパートナーが求職者の希望を丁寧にヒアリングした上で、希望条件に合った求人を紹介。首都圏の求人数は業界トップクラス。独占求人/非公開求人も紹介可能で、産業医・クリニックの求人も充実。

>> 公式サイトを見る

◆ 看護師転職でおすすめの転職サイト

看護師転職でおすすめの転職サイトを紹介します。

看護roo!

おすすめの転職サイト「看護roo!」

看護roo!は、国内屈指の人気を誇る看護師転職に特化した転職サイト。運営は株式会社クイック(東証一部上場)。2021年4月13日時点において公開求人数は5.4万件以上。豊富な求人数と確かな実績に裏打ちされた転職サポートが最大の強み。看護師転職に特化したキャリアコンサルタントが求職者の転職活動を徹底サポート。求職者の要望に沿った求人案件の紹介に加えて、応募書類の添削や面接日程の調整、さらには各種条件交渉に至るまで無料でサポート。

>> 公式サイトを見る

看護のお仕事

おすすめの転職サイト「看護のお仕事」

看護のお仕事は、国内トップクラスの求人数を誇る看護師特化型転職サイト。運営はレバレジーズメディカルケア株式会社。2021年2月28日時点で公開求人数は11.7万件以上。「看護のお仕事」のキャリアコンサルタントは病院や施設を定期的に訪問することを通じて、現場のリアルな情報を詳細にわたって把握しているため、施設の雰囲気や職場環境などの情報を踏まえた上で最適な提案を行ってくれる。

>> 公式サイトを見る

マイナビ看護師

おすすめの転職サイト「マイナビ看護師」

マイナビ看護師は、看護師からの認知度No.1を誇る転職サイト。運営は株式会社マイナビ(東証一部上場)。2021413日時点において公開求人数は5.1万件以上。看護師転職サイトの多くが首都圏の求人を中心に取り扱っている中で、全国に拠点を有している「マイナビ看護師」は地方求人のラインナップが豊富なことが大きな特徴。楽天インサイトが実施した「看護師を対象とした主要14サービスに関する調査結果」では、4年連続で認知度No.1を獲得。

>> 公式サイトを見る

◆ 薬剤師転職でおすすめの転職サイト

薬剤師転職でおすすめの転職サイトを紹介します。

リクナビ薬剤師

おすすめの転職サイト「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師は人材業界最大手のリクルートグループが運営する薬剤師転職サービス。薬剤師専任のキャリアアドバイザーが求職者の状況を細部までヒアリングした上で、転職成功に導いてくれる。最短3日での転職が実現した例も。一般企業への転職に強いことに加えて、製薬メーカーやドラッグストアーチェーンなどとのつながりも強く、大手に転職したい方にはうってつけのサービスと言えるだろう。

>> 公式サイトを見る

薬キャリAGENT

おすすめの転職サイト「薬キャリAGENT」

薬キャリAGENTは、エムスリーキャリアが運営する薬剤師転職サイト。15年以上医療業界に特化してサービスを運営してきた実績がある。求人の質の高さや丁寧なキャリアヒアリングに定評があることに加え、病院や医療施設と強いコネクションがあるため、病院薬剤師や調剤薬局への転職を目指す方にはおすすめの転職サイトと言える。

>> 公式サイトを見る

マイナビ薬剤師

おすすめの転職サイト「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師は、人材紹介大手のマイナビグループが運営する薬剤師転職サービス。マイナビグループの知名度や営業力を生かすことで全国の求人情報を豊富に取り扱っている。また、大手企業に加えて、地方企業の求人まで幅広くカバーしている。全国15拠点に支店を持っており、地方で転職活動をする場合も丁寧なサポートが得られる。

>> 公式サイトを見る

リクルートエージェントのCM

リクルートエージェントのCMに出ているのは、高橋一生さんと柳楽優弥さんです。

















リクルートエージェントの登録から応募までの流れ

リクルートエージェント」に登録してから求人に応募するまでの大まかな流れについては、下記の通りです。

  • 会員登録
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 求人の紹介・応募
  • 企業との面接

会員登録

まずは、「リクルートエージェント」の公式HPにアクセスし、「転職支援サービスお申込み(無料)」から各項目を入力します。

その後、メールもしくは電話で「リクルートエージェント」の担当者の方から登録完了の連絡が届くので、このタイミングで面談の日程を決定します。ちなみに、対面での面談が難しい場合は、オンライン面談も可能です。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

キャリアアドバイザーとの面談

面談の日程を決めたら、最寄りのオフィスを訪問し、担当者と実際に面談をします。面談では、担当者に現在の状況と希望する求人イメージを伝え、条件にあった求人を紹介してもらいます。本番の面接ではなく、あくまでもカジュアルな面談なので、些細な仕事の悩みなども含め、担当者の方に気軽に相談すると良いと思います。ちなみに、履歴書と職務経歴書を用意しておけば、より生産的な面談が可能になります。面談日までに忘れずに作成しておくことを心掛けましょう。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

求人の紹介・応募

面談の場でいくつかの求人を紹介してもらえますが、面談終了後に条件に合った求人が見つかった場合は、電話もしくはメールで求人情報を受け取ることができます。電話がかかってくることを避けたい場合は、事前に担当者の方に対して、「求人紹介はメールでお願いします」と伝えておくと良いでしょう。「良いな」と思う求人が見つかり次第、求人に応募しますが、面接の日程調整などはすべてキャリアアドバイザーにお任せで大丈夫です。応募書類の作成や面接の対策についても、担当者が熱心にサポートしてくれるので、不安なく転職活動を進めることができます。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

企業との面接

応募が完了次第、面接を実施します。「リクルートエージェント」では、希望すれば、事前の面接対策を行ってくれます。しっかりと練習しておくことで、緊張せずに面接に臨むことができると思います。面接が終了したら、キャリアアドバイザーから合否の連絡が送られてきます。連絡手段は、電話もしくはメールが多いです。仮に今回の面接を通過できなくても、企業からのフィードバックをキャリアアドバイザー経由で貰うことができるので、次の面接に向けて生かすことができます。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルートエージェントの評判・口コミ【Twitter】

リクルートエージェント」の評判・口コミ【Twitter】を「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

案件数が桁違いに多い

「選択肢を増やすこと」が価値

こんにちは。
リクルートエージェントの価値は、「選択肢を増やす」ことだと思ってます。具体的には「大量の求人情報を提供。あとはあなたが決めてね」というスタンス。
これはこれで価値だと思います。きっと彼ら(上層部)は分かっててやってるのではないでしょうか。
個人的には好きでないですが。

無料で手厚いサービスを受けられる

転職活動始めたのだけれど、リクルートエージェントの担当者さんが凄く良くしてくれて、無料でこんなに手厚いサービス受けて本当に良いのかなーって思ってる!

真摯に話を聞き、本気で応援してくれた

公務員からフリーランスとかいう謎転職でも、真摯に話を聞いてくれて、本気で応援してくれたリクルートエージェントの担当者さん。仕事ってのもあるかもだけど、真剣に考えてることを鼓舞してくれる人ってなかなかいない。彼には本当に感謝してます。

キャリアインタビュアーが親切だった

つい三日前、転職のためにリクルートエージェントへ面談しにいった所ですが、キャリアインタビュアーっていう、こちらの強みを聞き出してまとめてくれる面接官のかたが親切でしたよ。希望の会社へ面談の電話をかけてくれたり、決まったけれど断りたいってんなら担当の人が代わりに連絡してくれたりとか

履歴書も職務経歴書もすぐできた

リクルートエージェントと転職活動進めてるんだけど、履歴書も職務経歴書もすぐできてしまった…自己肯定感高いのが役に立ったぜ…私を採用するといかにお得か、見逃すとどんなにもったいないか、こんなこともあんなこともできるよ!?って恥ずかしげもなく書けるからな。自己PRの欄はノー修正だった。

悪い評判・口コミ

自己都合の求人を押し付けてくる

転職エージェントとかの助けが欲しいなと思うけど、以前使ってみたリクルートエージェントが1mmも役に立たないというか、変な返事の仕方してたり「要らないです」って言ったのに向こうが推したいだけの業界の求人ばかり出して来たりで信用がね……

望んでない求人ばかりを投げつけてきた

望んでない求人ばかりを投げつけて来たから全拒否したら案件寄越さなくなった所ありましたね。リクルートエージェントって会社ですけど。私ゃあそこは全く信用しない。

転職を急かしてくるエージェントも

リクルートエージェントはエージェントによるんだと思ってるけど、ビジネス感すごくて凄い急かしてくるから嫌い。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルートエージェントに関するQ&A

最後に、「リクルートエージェント」に関するQ&Aを整理しておきます。

リクルートエージェントのログイン方法は?

リクルートエージェント」にログインするには、登録者専用サイトであるPersonal Desktopからログインします。

ログインできない場合は、こちらのヘルプページを参照のこと。

リクルートエージェントの面談に事前準備は必要?

面談の時間を有意義に過ごすために、事前準備をしておくことをおすすめします。

履歴書や職務経歴書を事前に送付しておく

履歴書や職務経歴書は面談前に担当者に事前に送っておきましょう。経歴などを事前に把握してもらうことで、説明の手間を省くことができ、スムーズに面談を進めることができます。

希望条件や転職に求めるものも事前に伝えておく

希望条件や将来ビジョンを面談前に伝えておくと、希望にマッチした求人を面談当日に紹介してもらえる可能性が高まります。実際の求人票を見ながら相談ができるので、具体的な条件のすり合わせがやりやすくなります。

リクルートエージェントとの面談に必要な持ち物は?

持ち物は基本的には必要ありません。指定される場合は、履歴書、職務経歴書、写真、筆記用具が多いです。また、面談当日に求人票や資料一式を渡されることがあるため、A4の書類が入る大きさのカバンとクリアファイルを持参すると良いでしょう。求人票や書類を入れる封筒を転職エージェントから貰えるケースもあります。

リクルートエージェントとの面談場所は?

多くの転職エージェントの社内には面談用の個室が用意されています。できるだけリラックスして相談ができるように配慮されており、周囲を気にせずに安心して相談することができます。地方在住で面談場所に足を運ぶことが難しい場合は、対面ではなく電話面談になることもあります。電話面談の場合は、履歴書や職務経歴書を手元に置いておきながら面談を進めると良いと思います。「リクルートエージェント」では、面談用の専用ブースが用意されており、業界知識の豊富なキャリアアドバイザーが面談を通じて親身に相談に乗ってくれることが特徴です。

リクルートエージェントの新井香奈さんって?

実態は定かではありませんが、「リクルートエージェント」の面談予約担当者ではないかとされています。リクルートエージェントでは、登録後、個別にキャリアアドバイザーがつくまでにメールのやり取りを行います。「キャリアアドバイザーからの面談連絡に返信しないでいたら新井香奈さんからメールが届いた」という声もあり、転職可能性が低いと判断されている求職者に対しては新井香奈さんから連絡がやって来る仕組みになっている可能性があります。

言いにくい転職理由の場合は、どう伝えれば良い?

言いにくい転職理由の場合も、転職エージェントには包み隠さず事実を伝えましょう。それによってより良いサポートを受けることができる可能性が高まるためです。

アピール材料がない場合はどうしたら良い?

堂々と面接で伝えられるような輝かしいアピール材料を持っていない場合でも、率直に転職エージェントに相談することで、企業へのアピール方法を一緒に考えてくれます。

リクルートエージェントでひどい担当者に遭遇した場合、どうすれば良いですか?

担当者の変更を依頼すると良いでしょう。それでも担当者との相性が良くない場合は、退会を検討すると良いでしょう。

リクルートエージェントの退会方法は?

リクルートエージェントの退会方法についてはこちらのページ「転職支援サービスの退会(キャンセル)」をご覧ください。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルートエージェントは敷居が高いと感じる人におすすめの転職サイト

リクルートエージェントは敷居が高いと感じる人におすすめの転職サイトは以下の通り。

ハタラクティブ

おすすめの転職サイト「ハタラクティブ」

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の転職を未経験層に特化したプロが個別サポートしてくれる転職エージェント。運営はレバレジーズ株式会社。人柄採用、学歴不問など、ハタラクティブ独自の多彩な求人紹介を交え、転職希望者の強みを活かした就活のコツを伝えてくれる。

>> 公式サイトを見る

Re就活

おすすめの転職サイト「Re就活」

Re就活は、20代・第二新卒の転職で実績No.1の転職サイト。運営元は、株式会社学情(東証一部上場)。未経験者歓迎の求人も多数。スカウト機能や転職希望者の悩みを解決する転職ノウハウのほか、転職イベント等のはじめての転職でも安心のサポートが充実!さらに、「適職診断テスト」を活用すれば、エニアグラムの性格論に基づき、仕事の強みや価値観を分析することで、自分自身に向いている仕事と向いていない仕事をズバリ診断してくれる。

>> 公式サイトを見る

マイナビジョブ20’s

おすすめの転職サイト「マイナビジョブ20's」

マイナビジョブ20’sは、マイナビワークスが運営する20代のための転職支援(人材紹介)サービス。専任キャリアアドバイザーが個別キャリアカウンセリングによって最適な求人を紹介してくれる。また、興味を持った企業からのスカウトオファーも受けることができる。

>> 公式サイトを見る

就職SHOP

おすすめの転職サイト「就職SHOP」

就職Shopは株式会社リクルートが運営する対面型の就職・転職活動支援サービス。 経験豊富な専任のキャリアコーディネーターが転職活動をサポートしてくれる。

>> 公式サイトを見る

キャリトレ

おすすめの転職サイト「キャリトレ」

キャリトレは、ビズリーチが運営する本気で転職したい20代のための転職サイトである。優良ベンチャーから大手企業まで多数の求人を揃えているのが特徴。自分から企業に対してアプローチができることに加えて、企業から直接スカウトを受け取ることも可能。また、転職希望者の志向性を学習し、おすすめの仕事をお届けしてくれるレコメンド機能も搭載。若手優秀層に特に人気の転職サイトである。

>> 公式サイトを見る

UZUZ

おすすめの転職サイト「UZUZ」

UZUZは、第二新卒・既卒・フリーターなどの20代向けの就職/転職サイト。他社の10倍時間をかける就活サポートに加え、厳しい自社基準でブラック企業を徹底排除しており、大手上場企業からベンチャー企業まで優良求人を数多く取り揃えている。

>> 公式サイトを見る

U29JOB(ユニークジョブ)

おすすめの転職サイト「U29JOB」

U29JOBは、20代専門の転職サイト。運営は株式会社ワークポート。20代専門の求人情報、無料スクール、転職活動サポートといった有益なサービスを提供していることが特徴。プロフィールを登録することで、個人情報は非公開のままプロフィールを見た企業からスカウトが送られるようになる。また、転職コンシェルジュサービスを使えば、経験豊富な転職コンシェルジュが理想の企業を探すなどのサポートを行ってくれる。LINEでの転職相談も可能。

>> 公式サイトを見る

アーシャルデザイン

おすすめの転職サイト「アーシャルデザイン」

アーシャルデザインは、ビジネス経験のないアスリートの転職支援から始まったエージェント型転職サイト。運営は株式会社アーシャルデザイン。未経験分野への転職支援に定評。20代に特化したプロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職成功まで徹底支援。電話もしくはweb面談でのキャリア相談にも対応している。

>> 公式サイトを見る

第二新卒エージェントneo

おすすめの転職サイト「第二新卒エージェントneo」

第二新卒エージェントneoは、ネオキャリアが提供する若年層向けの就職・転職支援サービスです。第二新卒をはじめとした既卒やフリーター、20代の方限定になります。プロのキャリアアドバイザーによる個別の就職相談、履歴書・職務経歴書の添削、未経験OKの正社員求人のご紹介など、あなたの就職活動を内定までトータルでサポートいたします。

>> 公式サイトを見る

DYM転職

おすすめの転職サイト「DYM転職」

DYM転職は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け転職サイト。面談満足度は90%。正社員への転職支援に強みがある。

>> 公式サイトを見る

最後に

今回の記事は以上となります。「リクルートエージェント」は、圧倒的な紹介実績を誇る国内有数の転職エージェントとして知られていますが、大手であるがゆえに、どうしてもキャリアアドバイザーに当たり外れがある場合があります。そのため、転職エージェントに登録する際には、「リクルートエージェント」だけでなく「dodaエージェント」や「ビズリーチ」にも併せて登録することをおすすめします。

登録は完全無料

公式サイトはこちら

画像出典:リクルートエージェント 公式サイト