公開日

2022/09/26

最終更新日

【34歳転職】遅い?難しい?決まらない?資格・スキルなし未経験から失敗しない方法を男性・女性別に解説!

  • 34歳で転職するのは難しい?
  • ステップアップのために転職したい。
  • 34歳で転職するのは、年齢的に厳しい?

このような問題にお答えします。結論からいうと、34歳で転職は十分可能です。成功事例も数多く存在します。34歳で転職して、年収アップに成功した人も少なくありません。今の時代は年齢に関係なくスキルがあれば転職できます。しかし、そうは言っても、34歳で転職は難しいのもまた事実です。「35歳転職限界説」という言葉があるように、35歳以上の転職は難しいとされており、35歳直前の34歳で転職するのは、ハードルが高いでしょう。本記事では、34歳の今だからこそ使える転職のポイントやコツを解説しています。34歳までに転職を考えている方やステップアップを考える30代前半の方は、参考にしてください。また、34歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【ビズリーチ】等を紹介していきます。

【34歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

34歳でも転職はできる!

前述した通り、34歳でも転職は十分可能です。30代前半は社会経験も豊富で、即戦力になると企業は考えています。若手を引っ張れる能力がある30代を積極的に採用している会社も少なくありません。転職期間も3ヶ月が平均と、予想よりも早い傾向にあります。「採用してくれる企業が少ないから、長い転職期間に耐える覚悟が必要」などのように考える人が多いですが、実際はすぐに決まるケースがほとんどです。スキルや経験が認められると、34歳でも転職はスムーズにできます。

34歳の転職難易度は高いのか?

一方で、34歳で転職するのは難しいこともまた事実です。将来有望な20代前半を積極的に採用している企業が、大半と考えて間違いありません。とはいえ、スキルと実績があれば転職は十分可能です。30代前半で転職を考える人は、ステップアップしたい人が大半でしょう。具体的なアプローチや企業に必要な人材と思ってもらえれば、転職成功率も高くなります。20代に比べると、転職難易度は高くなりますが、チャンスはありますね。

30代前半に人気の転職先とは

30代前半にとって、人気の転職先を紹介します。dodaのコロナでどう変わった?転職者成功者の年齢調査によると、IT業界に転職する人が最も多いとわかりました。また、昨年の調査では、最も人気の職業は「営業職」でした。しかし、新型コロナウイルス蔓延によるリモートワークの普及で、IT系業界への転職者が増えています。IT業界はリモート体制が充実しているので、自宅や好きな場所で仕事ができる点が人気の理由です。家族がいる方には、IT業界へ転職する人も増えているそうですね。プログラミングスクールや職業訓練に通い、IT系の仕事に転職する人も増えています。年収アップできる転職先として、IT業界はとても人気です。

34歳で転職する2つのメリット

34歳で転職するメリットは、以下の通り。

・自分のできる仕事が明確になっている
論理的に仕事ができる

30代は、社会経験が豊富で仕事にも慣れています。自分の得意分野を理解している人も多いでしょう。以下で詳しく解説していきます。

自分のできることが明確になっている

34歳にもなると、自分の得意・不得意は、ある程度理解できています。転職先の企業に対して、どのように貢献できるかが明確です。企業側も、1から指導する必要がないので、即戦力として考えてくれます。場合によっては、年収アップできる可能性もあるでしょう。自分の得意分野を生かせる企業を見つけた場合は、転職のチャンスですね。

大局観を持って仕事ができる

新入社員や20代の社員の場合、「自分の仕事は何の役に立っているのか」「会社の業績にどのように反映されるのか」などを理解できている人は少ないですよね。仕事を覚えたり、仕事に慣れたりするための時間も必要です。一方、34歳で転職を考える人は責任のある仕事を任された経験があるでしょう。上記の経験をしている場合、大局観を持って自分の仕事をこなせますよね。優先順位を決めてタスクを振り分け、効率的に作業できる人は企業からも欲しい人材です。経験の少ない20代前半では、責任のある仕事を任される経験も少ない傾向にあります。大局観を持って仕事ができるのは、34歳が転職するメリットといえるでしょう。

34歳で転職する2つのデメリット

一方で、34歳で転職をするデメリットもあります。

・人間性を見られる
高いスキルを求められる

上記2つです。若手の場合は、将来を見越して採用されるケースがあります。しかし30代前半の場合は、即戦力として採用される場合がほとんどです。職場に馴染めるかなども、採用の判断基準に入ります。詳しく見ていきましょう。

人間性を注視される

職場に馴染めるか、既存の社員に高圧的な態度をしないかなど、求職者の人間性は、大きな採用基準になります。働きやすい職場作りをしている企業にとって、スキル以外でも有益な人材なのかを判断するためですね。高いスキルを持っていたり貴重な経験をしていても、既存の社員にとってマイナスな影響を与える人だと判断された場合、転職は成功しません。前職で実績がある人で、転職先の会社で偉そうな態度をとる人が稀にいます。そうなる事例を「30代を中途採用する最大のリスク」と考える企業も少なくありません。一方で、職場にすぐ馴染める人柄だと判断された場合は、採用される確率が高くなります。若手を引っ張れる人柄と判断され、転職後すぐに責任のあるポジションを任された事例もありますね。とはいえ、実力や実績だけで勝負できないのが現実です。実力や熱意ではなく、人柄や人間性も注視されるのは、転職する際のデメリットと言えるでしょう。

高いスキルを求められる

34歳の求職者を採用する企業は、即戦力になってくれると考えるのが基本です。1から教育するなら20代を採用したいと企業は考えます。採用した従業員が10年後勤めてくれたとき、34歳の人は44歳になります。お世辞でも、若手とはいえません。若手にくらべて、体力も劣ります。一方で、24歳が10年勤めても、まだ34歳。体力もあり、バリバリ仕事ができますよね。上記の観点から、34歳の求職者に1から全てを教える時間はかけられないと企業は考えます。そのため、34歳で転職をする人は企業が求めている高いスキルや経験が必要です。

34歳で転職が難しいと言われる理由

34歳で転職が難しいと言われる理由は、「35歳転職限界説」があるからです。年下が上司になり、転職者とトラブルになるケースもあります。転職した後、年下が自分の上司になり、言葉使いや気遣いで衝突する事例も少なくありません。そのため、35歳をボーダラインとしている企業は多く、「35歳転職限界説」といわれています。35歳直前の34歳だからこそ、転職は厳しいと考える人もいるでしょう。実際の求人情報にも、「30代前半まで」と記載している会社は多くあります。だからといって、34歳は対象外というわけでありません。能力や実績を認められた場合、転職は成功します。30代前半まで」という条件をクリアしているので、34歳で転職するのは厳しくありません。注意としては、35歳になると応募できる求人の数が減るので、スピードが求めれます。34歳で転職を考えている方は、早めに行動する必要があるでしょう。

30代前半の求職者に求められる4つのスキル

30代前半が転職する際に求められるスキルは、以下の4つです。

  • 即戦力になるスキル
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 適切な判断能力

それぞれ詳しく解説していきます。

即戦力になるスキル

即戦力になるスキルとは、転職先の企業が抱えている問題を、解決できるスキルです。近年では、プログラミングコードを書ける人は、年齢を問わず採用されています。IT事業を新規で展開したい企業などは、最低限のスキルでも採用される可能性が高いです。具体的には、以下の通りです。

  • ホームページ作成
  • ECサイト作成
  • システム開発
  • アプリ開発

インターネット上にサービス展開できるサイトを作ったり、自社専用のシステムやアプリを開発できる人は、企業から重宝されます。優秀なエンジニアが揃っている企業に転職する場合、求められるスキルも高くなるでしょう。営業職で転職をする際も、売上実績や、契約実績を求められます。webマーケティングに精通している人も、転職成功確率が高いです。時代としては、インターネット上で収益をあげられる人が、転職で成功しています。34歳で転職する際は、自分のスキルが転職先で通用するかは、しっかりと考えましょう。

コミュニケーション能力

スキルと並行して、コミュニケーション能力も問われます。理由は、職場の労働環境が乱れるリスクがあるからです。前述した例のように、年下が上司になるケースも、少なくありません。求職者が礼儀正しくしているつもりでも、相手が気を使いすぎる可能性もあります。年下が偉そうな態度をして、反感する転職者も多い傾向です。労働環境が乱れは、会社の売上に関わります。そのため求職者には、高いコミュニケーション能力が求められます。逆に、今の労働環境の問題を指摘して、改善できる人は、積極的に採用されるといえるでしょう。

マネジメント能力

スキルや能力を認めれた場合、責任のあるポジションに早い段階でつく可能性があります。即戦力として判断された場合、いきなり複数人の部下を持つことになるでしょう。その際に求められるのは、マネジメント能力です。企業が求めているのは、スキルだけではありません。求職者が転職することで、会社全体のスキルアップや、作業効率の改善を考えています。的確に部下に指示を出せたり、スキルを教えたりする能力が、必須といえるでしょう。マネジメント能力が低い場合、大きなプロジェクトに入れない可能性があります。転職する前に、部下の指導方法やスキルの伝え方などは、準備しておくのがオススメです。具体的な方法を設計できたら、面接で伝えられます。そうすることで、企業もあなたを信用すると同時に、有益な人材と判断してくれる可能性が上がりますね。

適切な判断能力

適切な判断能力は、34歳で転職する際には必須のスキルでしょう。他人に判断を任せる人は、企業は求めていないからです。会社には「どうしたらいいかわからない」を理由に、手が止まる人がいます。20代であれば、仕方ないかもしれません。しかし34歳で中途採用の場合、自分のするべき仕事がわからないでは、企業は困ります。若手の社員が判断に困っている場合でも、自分が舵をとる位の判断能力は必要です。即戦力として企業に求められているということは、スキルだけではありません。スキルと経験を活かし、社内に良い影響を与えらる人を、企業は求めています。求職者を迎え入れて、職場に活気が出たり、社員のスキルが伸びると、企業からは重宝されます。そのために、なにをするかの判断能力は重要です。自分が入社すると、なにを改善できるのか、どのような利益を企業もたらすのか。早く結果を出すためにも、適切な判断を迅速にできるかは、必須のスキルです。

スキルがない場合はハローワークの職業訓練所

もしスキルに不安を感じたり、実力不足だったりする場合は、ハローワークの職業訓練を受けてみましょう。職業訓練とは、仕事に必要な知識やスキルを無料で学べる訓練所です。(テキスト代や必要機材は自己負担)IT系のスキルを学べる職業訓練も、近年では増えています。それ以外にも、パソコン、営業、介護、医療事務などがあり、多くのスキルを学べるのが職業訓練の魅力です。最近では、失業保険を受給しながらスキルアップをして、転職する人も増えています。IT系のスキルを学ぶ人は、特に多いですね。結果的に、IT企業に転職をして年収アップした人も少なくありません。転職をしたいけど、スキルに不安を感じる人は、職業訓練を受けてみるのもありですね。(受講条件は各自治体のホームページで確認してください)

転職を成功させるための3つの準備

34歳で転職を成功させるには、以下の3つの準備が必要です。

・ビジョンを明確にする
スキルや経験を可視化する
・期間を決める

以上3つです。なにも準備をせず転職活動をしても、転職は成功しません。34歳は若手よりも採用確率が低いため、しっかりとして準備は必要です。順番に解説していきます。

ビジョンを明確にする

最も大切なのは、ビジョンを明確にすることです。理由は、自分が何のために転職をするかをはっきりさせるため。ステップアップをしたいと考えている場合、「なぜステップアップをしたいのか」が重要になります。そして、自分がどのような暮らしを望んでいるかも、明確にしましょう。お金を稼いで、裕福な暮らしをしたいのであれば、給与の高い企業が選択対象になります。それに必要なスキルを身につければ、自分のビジョンにも近づけるでしょう。ビジョンを明確にすることで、転職へのモチベーションも上がり、成功確率も高くなります。「なんとなく転職したい」では、自分にとってマイナスな影響を与える会社に勤める可能性も、少なくありません。とりあえず今よりも給与が高い会社に転職した結果、労働環境が悪く、残業続きで精神的に疲弊する人も多くいます。自分のビジョンを明確にするのは、正しい選択をするための指針です。これから転職を考える方は、自分のやりたいこと、どのように生きたいかなどを、具体的にしておきましょう。

スキルや経験を可視化する

自分のスキルや経験を、紙などに書き出して、可視化しましょう。書き出すことで、自分の得意分野を理解して、面接の際に伝えやすくなります。過去の実績も書き出し、自分の得意分野を理解しておきましょう。上記の自己分析をしたら、転職先の企業に「なにが得意で、会社にどのよう貢献できるか」をアピールできます。採用担当からすると、複数の質問する必要がないので、仕事ができる人だと判断される可能性が高いです。上記の点から、自分のスキルや経験を可視化するのは、転職に大きな影響を与えます。

期間を決める

転職期間を決めるのは、転職成功者の大半が実践している取り組みです。制限を決めると、人は行動しやすくなります。資料作成などでも、期限を儲けられると、それまでに提出しないといけないと感じた人は、少なくないはず。転職期間を決めずに、なんとなく転職活動をしていても、成果につながりません。34歳の場合、「35歳転職崩壊説」手前のため、期限を決めて、すぐに行動する必要があります。ダラダラと転職活動をせず、期限を決めて迅速に行動しましょう。

34歳で転職を成功させるポイント

転職を成功させるポイントは、以下の3つです。

・リサーチをする
自己アピールを論理的にする
・転職エージェントを利用する

どれだけスキルが高くても、転職に成功しなければ意味がありません。転職を成功させるには、上記のポイントを抑えておきましょう。

リサーチをする

転職したいと感じた企業を見つけたら、リサーチを必ず行いましょう。求人情報に記載されている情報が、正確ではない場合があるからです。それ以外にも、給与が高い会社は、労働環境が悪く、離職率が高い可能性があります。とりあえず給与や待遇がいいからといって転職した結果、過酷な労働を強いられて、精神疾患になった事例も数多くあります。さらに34歳で転職した場合、違う会社を見つけて勤めるのは、ハードルがかなり高いです。場合によっては、嫌なことがあると転職をする人と判断されてしまいます。20代と違い、何度も転職で成功できる可能性が少ない34歳は、企業のリサーチを、徹底する必要があるでしょう。

自己アピールを論理的に説明する

面接の際に、自己アピールを論理的に説明できるように、練習しておきましょう。理由は、企業は即戦力を求めているからです。自分のスキルや経験、得意分野などを活かし、どのようにして会社に貢献できるかを、わかりやすく簡潔に伝えましょう。論理的に説明すると、無駄な時間を使う必要がなく、採用担当にも「仕事ができる人」と思われる可能性が高くなります。自己アピールだけではなく、転職理由なども論理的に説明できると、なお良いですね。論理的に説明するとは、相手にわかりやすく、簡潔に伝えることです。自分のスキルや経験を可視化して、転職を成功させるために、しっかりと練習しておきましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する人は、転職の成功確率が高いです。転職エージェントは、求人情報だけではく、企業の内部事情にも精通しています。そのため、転職した後のトラブルを防ぐことができるでしょう。転職した人の声や、自分にあった企業も紹介してくれます。転職エージェントしか知らない、非公開求人情報も教えてくれるので、転職を考える人には、心強い味方です。転職エージェントを利用する際は、複数の会社を使いましょう。会社によって扱っている求人情報が違うからです。複数の転職エージェントを利用した分、自分にあう企業を見つけやすくなりますね。転職エージェントは無料で利用できて、転職をしっかりサポートしてくれます。転職を考える人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

未経験の仕事をしたい場合

34歳から未経験の仕事をする企業に転職するのは、かなりハードルが高いです。しかし不可能ではありません。自分のスキルが活かせる場合もあるからです。営業職の人が、webマーケティング会社に転職した事例もあります。とはいえ、34歳で完全未経験の仕事に転職するのは、厳しいのも現実です。スキルを身につけて転職するか、未経験可能の求人に応募するのが一般的でしょう。今と違う業界に行きたい場合、転職エージェントに相談してみるのも有効です。担当のエージェントが、直接繋がっている企業を紹介してくれる可能性があります。友人の紹介で転職できる事例もあるので、業界を変えて未経験で働く場合は、転職エージェントや周りの人に相談しましょう。

34歳で転職する際の5つの注意点

34歳で転職する際の注意点は、以下の5つです。

  • 年収が下がる可能性がある
  • 若手のようなアプローチをしない
  • 転職後の人間関係が悪い可能性がある
  • 結果を必ず出すと決める
  • 転職エージェントに嘘をつかない

それぞれ詳しく解説していきます。

年収が下がる可能性がある

転職したから年収が上がる、とは限りません。場合によっては、前職の方が給与が高い可能性もあります。ステップアップのために転職するのであれば、問題ないかもしれません。しかし家庭がある方は、注意が必要です。子供がいる場合は、学校や習い事、さまざまな出費が必要になります。転職した結果、収入が下り、生活が苦しくなるは避ける方が得策です。とはいえ転職をしたいと考えているなら、転職後の最低給与を、自分で決めておきましょう最低限の収入と、削れる支出、必要な貯金額を明確にするのがおすすめです。給与については、転職エージェントにも相談しておきましょう。自分の状況を伝えると、転職エージェントが企業に、給与交渉をしてくる場合があります。企業にとって有益な人材と判断されると、交渉に応じてくれる可能性は高いです。転職して年収が下がるリスクは、転職エージェントに相談をして、先に対策をしておきましょう。

若手のようなアプローチをしない

34歳で、若手のようなアプローチをするのは、得策とはいえません。企業は、将来性ではなく、即戦力を求めているからです。20代であれば、熱意で採用される場合もあります。一方で34歳の場合「あなたを採用すると、どんなメリットがありますか?」に対して、具体的に答えなければいけません。その際に、熱意だけでは、企業は有益と判断できません。熱意も大事ですが、あなたを採用すると、会社にどのような利益があるのかを明確に提示する必要があります。企業に対する具体的なメリットに加えて、熱意を伝えられると、採用確率は高くなります。若手のように、将来を見込んで採用されるのは難しいです。しかし即戦力になるとアピールできるのは、30代前半の強みでもあります。転職する際は、若手のようなアピールをするのではなく、企業のメリットを具体的に伝えいるように心がけましょう。

転職後の人間関係

34歳で転職した場合、人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性があります。理由は、年下が上司になるケースが多いからです。横柄な態度を取る人がいないとは、言い切れません。結果を出すまでは、ある程度の我慢が必要になる可能性があります。また、若い職場に転職した場合も同様です。平均年齢が20代の職場に転職して、上手く馴染めなかった事例もあります。高いスキルが評価されて、責任のある仕事につくケースもあるでしょう。その場合、長く働いている社員から、妬みを受ける可能性もあります。スキルや経験が認められたからといっても、転職先には、長く勤めている方もいらっしゃいます。偉そうな態度を取らず、職場に馴染む努力して、誠実な態度を心がけましょう。

結果を出す覚悟を決める

34歳で転職をするなら、 「もう次はない」という覚悟をもちましょう。20代と違い、この先何度も転職できません。転職先で結果を出し、組織内で上り詰めるか、独立する、などをしっかり考えておきましょう。誰もが大きな目標を掲げる必要はありませんが、34歳の求職者に求められているのは言うまでもなく結果です。若手のように将来を見込まれた採用ではありません。転職先で結果を出すために、自分のスキルを磨き、かならず結果を出しましょう。自分のスキルを使える企業がわからない場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。多くの転職をサポートしてきたエージェントは、あたなが結果を出しやすい企業を紹介してくれます。結果を出すためには、自分の長所を活かせる職場を見つけるのが重要ですね。

転職エージェントに嘘をつかない

給与の高い会社に転職したいからといって、嘘の事実や経験を伝える人がいます。営業実績を実際よりも多く伝えたり、できないスキルをできると伝えたりなどです。嘘をいって転職に成功しても、転職先でトラブルになるのは目に見えています。採用取り消しになる可能性もあるでしょう。転職エージェントに嘘をついてトラブルが発生した場合、二度と転職サポートはしてくれません。上記のような事態になった場合、ステップアップのための転職は、ほぼ不可能になります。今よりも待遇のいい企業に転職したいとしても、嘘はつかないようにしましょう。

34歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

34歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

34歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

34歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

34歳転職に関するQ&A

34歳転職に関するQ&Aを整理します。

34歳で初めての転職は遅い?厳しい?

今の時代、34歳での転職は全く珍しいことではありません。未経験転職にもチャレンジできる年齢です。さまざまな選択肢があることを理解しつつ、転職活動を進めましょう。

34歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

34歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

34歳未経験転職は可能?年収アップは難しい?

34歳でも未経験転職は可能です。ただ、年収アップは難しいかもしれません。

34歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。34歳転職では、ある程度の年収ダウンのついては受け入れざるをえないことも理解しておく必要があるでしょう。

34歳フリーターで正社員転職は可能?

34歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス
※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

34歳で公務員への転職は可能?

一般的に公務員試験には年齢制限が設けられていますが、最近では、職歴がなくても30歳以上でも受験できる試験が非常に増えてきており、公務員を目指すチャンスが広がっています。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

34歳で異業種転職は可能?

可能です。ちなみに、30代後半になると、異業種転職は難しくなります。

34歳女性でも転職できる?

もちろん可能性はあります。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

34歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

34歳子持ちで転職は可能?

可能ですが、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

34歳で大手企業への転職は可能?

十分に可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

30代後半になると転職は厳しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることを頭の片隅に置いておきましょう。

30代未経験からの女性転職は難しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることは理解しておきましょう。

最後に

34歳が転職を成功させるポイントをまとめます。

転職する際の準備

  • ビジョンを明確にする
  • スキルや経験を可視化する
  • 期間を決める

転職を成功させるポイント

  • リサーチをする
  • 自己アピールを論理的にする
  • 転職エージェントを利用する

34歳で転職は、難しいと考えられています。しかし現実は、難しくありません。スキルさえあれば、誰でも転職できる時代に近づいています。とはいえ、20代よりも採用される確率は低いのも事実です。34歳で転職をするなら、即戦力になる能力とそれをアピールするプレゼン能力は必須といえるでしょう。上記の能力があるなら、34歳でも転職は容易です。若手はないスキルや経験を駆使して、企業にとって有益な人材であると、積極的にアピールしましょう。そのために、転職エージェントを利用して、自分にあう転職先を見つけてください。

Photo by Angelina Litvin on Unsplash