公開日

2022/09/26

最終更新日

【32歳転職】遅い?厳しい?未経験・異業種・高卒は難しい?成功に向けたポイントを男性・女性別に解説!

32歳は新卒からちょうど10年の節目の年です。部下を持ったり、中堅社員としてプロジェクトの中核を担ったりしている人も多いでしょう。しかし一方で、「このまま今の会社に居続けてもいいのだろうか…」と悩む時期でもあります。

  • 思うように給料が上がらない
  • 会社の業績が不安
  • あと何十年もこの仕事を続ける自信がない

このように考え、転職を検討する人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、「32歳の転職を成功させるポイント」を解説していきます。最後まで読めば、32歳の転職を有利に進める方法を理解することができ、あなたの今後のキャリアに役立てられるでしょう。また、32歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【32歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

32歳での転職は年齢的に遅い?

32歳で転職を考えるとき、気になるのは「年齢」です。「20代ならまだしも30代で転職は遅いのではないか?」と考え、転職をためらってしまう人もいるかと思います。ここからは32歳の転職にまつわるデータを確認し、置かれている状況を把握しましょう。

転職市場の状況

まずは、32歳の転職者がどのくらいいるのかを確認しましょう。

出典:「令和2年雇用動向調査結果 年齢階級別転職入職率(厚生労働省) 」

厚生労働省の調査によると、令和2年度の転職者(転職入職率)の状況は以下のとおりです。

  • 30~34歳の転職者の合計:約1,349万人
  • 30~34歳男性の割合:11.1%
  • 30~34歳女性(パート除く)の割合:7.9%
  • 30~34歳男性の人数:約788万人
  • 30~34歳女性(パート除く)の人数:約561万人

25~29歳の転職率と比較すると、男性は1.3ポイント、女性は4.5ポイント低くなっています。30代に入ると転職状況は不利になるようです。しかし転職者の人数自体は少ないことはなく、男性は20代に近い水準を保っています。35~39歳で3.5ポイントも下がることを考えれば、30代前半での転職は遅くありません。一方で、女性は30代に入ると一気に転職者が少なくなります。結婚・出産といったライフスタイルの変化で、正社員ではなくパートで家計を支える人が増えたのが原因でしょう。いずれにせよ、30代の転職は早い方が有利です。未婚者も多く、比較的自由に職業を選べるのもこの時期でしょう。32歳の転職は遅いとまでは言いませんが、ゆっくりしている時間はありません。

転職する理由

30代前半の転職では、どのような理由が多いのでしょうか。割合が多い順にまとめました。

出典:「令和2年雇用動向調査結果 年齢階級別転職入職率(厚生労働省) 

30~34歳の転職理由で多いものは、以下の通りです。

【男性】

  • 職場の人間関係が好ましくなかった(10.4%)
  • 給料等収入が少なかった(9.4%)
  • 労働時間・休日等の労働条件が悪かった(9.0%)

【女性】

  • 職場の人間関係が好ましくなかった(11.6%)
  • 定年・契約期間の満了(11.5%)
  • 労働時間・休日等の労働条件が悪かった(9.9%)

男女ともに「人間関係」の割合が最も高かったです。男女ともに25~29歳の方が人間関係が原因の転職をしていますが、30代前半でも根強い理由として残っていました。男性の特徴としては、25~29歳の時は「会社の将来が不安だった」「給料等収入が少なかった」「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」の割合が高いですが、30~34歳でこれらのポイントは下がります。代わりに「能力・個性・資格を生かせなかった」や「会社都合」の割合が増えています。自分から転職したというよりは、会社で評価されないのでやむを得なかったり、業績不安で真っ先に首を切られたりといった状況でしょう。女性の特徴としては、男性と比べて「定年・契約期間の満了」が突出しています。契約社員や派遣社員が多いためです。また、30代になると「出産・育児」で転職する割合が一気に増えます。25~29歳から継続して「結婚」で転職する割合が高く、ライフスタイルの変化を受けやすい世代と言えるでしょう。

転職後の給料

30代前半で転職した場合、転職後の給料はどうなるのでしょうか。

出典:「令和2年雇用動向調査結果 年齢階級別転職入職率(厚生労働省) 」

30~34歳の給料の変化は以下のとおりです。

  • 1割以上の増加:31.8%
  • 1割未満の増加:9.2%
  • 変わらない:26.7%
  • 1割未満の減少:10.7%
  • 1割以上の減少:21.2%
  • 増加-減少:9.2ポイント

全体的に給料は上昇する傾向です。しかし割合の多い順では「1割以上の増加、変わらない、1割以上の減少」となっており、大幅に給料が減る人も少なくありません。なお、転職後の「増加-減少」のポイントが最も大きかったのは20~24歳の26.0%です。市場全体としては、第二新卒の若い人材が評価されています。

32歳で転職するメリット

32歳の転職は20代と比べて不利ですが、転職者も多く決して不可能ではありません。ここからは、32歳で転職するメリットを解説します。

30代後半よりも難易度が低い

30~35歳男性の転職者の割合は、25~29歳より1.3ポイント低いですが、35~39歳より3.5ポイント高いです。20代よりは不利なものの、30後半では転職がもっと厳しくなります。

各年代で求められるものは以下のとおりです。

  • 20代:ポテンシャル、将来性、即戦力
  • 30代前半:即戦力、マネジメント経験
  • 30代後半:マネジメントスキル

30代前半では即戦力採用が多く、将来の管理職としてマネジメント経験も評価されます。一方で30代後半は明確に管理職としての能力を求められるため、転職のハードルは一気に上がります。また、介護や警備などの高齢化・人材不足の業界では、30代前半は若い人材として見られることもあり、未経験で転職できる可能性も大いにあります。「32歳の転職は遅いのではないか」と思う人も多いかもしれませんが、むしろ32歳は転職の難易度が上がる前のボーダーライン上です。躊躇っているうちにどんどん不利になるので、決断は早めの方がよいでしょう。

即戦力として採用されやすい

32歳は20代よりも経験が豊富で、実績をアピールしやすいです。そのため、「ポテンシャル」や「将来性」といった実体のないものに頼らずとも、明確な経歴で判断してもらえます。企業によっては、能力があるのに年功序列で評価されなかったり、役職のポストがいつまで経っても空かなかったりすることもあると思います。自分を正当に評価してくれる企業なら、今よりも良い待遇で採用される可能性があります。エンジニアなど人手不足の職種なら、経験豊富で即戦力の人材は大歓迎です。経歴があれば32歳でも年齢が不利にならないので、実績のある人は積極的に年収アップを狙うのがおすすめです。ハイクラスの転職サイトでは、外資系や大手企業を中心に優良な求人を取り扱っています。本人にも相応の実績が必要ですが、力試しでキャリアアドバイザーから話を聞いてみるものよいでしょう。

マネジメント経験を積める

新卒社員を管理職に育てるには時間とコストがかかりますが、転職が当たり前となった今では、自社で計画的に管理職を育成するのは難しいです。そのため、32歳は将来の管理職候補としても見られます。ビジネススキルの伴った30代前半の中途社員を採用すれば、教育コストをあまりかけることなく管理職候補を育成できるのです。そのため、32歳の転職ではマネジメント経験があると有利です。部下を持たなくても、チーム単位のマネジメント経験があればプラスになります。管理職候補として採用されるのは、転職希望者にとっても良いことです。年収アップにつながり、再転職するときにマネジメント経験は評価されます。上が詰まっていると管理職ポジションもなかなか与えてもらえないため、管理職候補として採用を考えてもらえる企業があれば、キャリアアップの大きなチャンスです。

家族による制約がない

厚生労働省の調査では、夫婦の平均初婚年齢は夫が31.0歳、妻が29.4歳です(令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況)。32歳ならまだ結婚していないか、結婚しても子供がいない世帯も多いでしょう。もし子供がいたり、パートナーの分まで働かなくてはならなかったりする場合、自分の都合だけで転職するのは危険です。失敗するリスクを考えたら、多少の待遇や人間関係の悪さは我慢した方が良いかもしれません。しかし独身かパートナーが働いている夫婦なら、生活よりも自分のキャリアを優先できます。勤務条件や勤務地で縛られなければ、その分、選択肢が増えるので有利です。家庭の状況によっては身動きが取りづらくなるので、ライフスタイルが動き出す前に転職を済ませたほうがよいでしょう。

32歳で転職するデメリット

32歳の転職は、即戦力となるスキルやマネジメント経験が求められます。実績やビジョンのない逃げの転職は苦戦するので要注意。ここからは、32歳で転職するデメリットを解説します。

明確な実績が必要

32歳の転職では、即戦力になれるスキルが必要です。それを示すためにも、職務経歴書に書ける実績は不可欠。逆に言えば、実績のない32歳は採用されるのが難しいです。同じ実績のない人材なら、若い人材をポテンシャル採用するでしょう。転職の成功確率を高めるためにも、経験のある職種か業界を目指すことをおすすめします。完全未経験の転職は不可能ではありませんが、人気の企業や職種では選考を通過するのは難しいです。それでも完全未経験の転職を希望するなら、副業やスクールで経験を積んで、少しでも熱意や実績をアピールしましょう。

年収が下がる可能性もある

厚生労働省の調査では、転職した30~34歳の給料は以下のように変化しています。

  • 1割以上の増加:31.8%
  • 1割未満の増加:9.2%
  • 変わらない:26.7%
  • 1割未満の減少:10.7%
  • 1割以上の減少:21.2%
  • 増加-減少:9.2ポイント

全体的に給料は上昇していますが、減少した人が31.9%なのは無視できません。うち21.2%は1割以上も減少しており、それなりのリスクがあります。転職後は社内での実績がまだないため、上司も評価できない状態です。そのため、転職後すぐに給料アップや役職を与えられるといった好待遇はあまり望めないでしょう。しかし32歳の転職では基本的に即戦力採用であり、採用後はすぐ現場に配属される可能性が高いです。活躍の場は早く巡ってくるので、チャンスを活かしましょう。それに転職成功の基準は給料だけでなく、残業や休日、人間関係などさまざまです。給料も大切ですが、それだけにとらわれてはいけません。

倍率が高い

30~34歳の転職者は全体の21.1%(女性パート除く)おり、20代に次ぐボリュームゾーンです。キャリアアップが目的の前向きな転職者も多く、単純な仕事のミスマッチで転職する人が多い20代前半と比較すると、数字以上に難易度が高いでしょう。即戦力になりうる実績や資格、マネジメント経験など要求される水準は高いです。前向きな転職をする人はそこまで苦にならないかもしれませんが、特に実績のない逃げの転職者には厳しい状況になります。スムーズな転職には20代からの積み上げが重要ですが、30代から転職を思い立つ人も多いでしょう。これまでの経験や得意分野を徹底的に洗い出し、志望企業にマッチする部分をアピールしていく姿勢が必要です。

32歳で転職すべきケース

32歳で転職すべきケースを整理します。

新たにやりたいことができた

1つ目は、「新たにやりたいことができた」です。自分が本当にやりたいことができたならば、早めに行動に移すほうが得策です。他にやりたいことがあるのにやりたくもない仕事を続けているのでは身が入りません。そのような状態でいると、人生における貴重な時間を無駄にしてしまいます。それなら、すぐにでも転職を考えた方が良いでしょう。

今の会社で解決できない問題がある

2つ目は、「今の会社で解決できない問題がある」です。何らかの問題を抱えていて、その問題が今の会社で解決する見込みが無いのなら、早いうちに転職すべきです。また、「セクハラ・パワハラがきつい」「仕事がきつくて辛い」という場合は、担当部署を変更してもらったり、同僚に相談すれば解決する可能性があります。それでも状況が改善する見込みがなければ、転職を検討しましょう。

32歳の転職で失敗するケース

32歳の転職で失敗するケースを整理します。

年収を重視してしまう

1つ目は、「年収を重視してしまう」です。言うまでもなく、転職を考える上で年収は極めて重要な要素の一つですが、年収だけで転職先を決めてしまうと後々後悔することになります。年収だけではなく、自分にとってベストな転職先を踏まえて転職を決めましょう。

企業/業界研究が不足している

企業/業界研究は新卒の時と同じレベルで行いましょう。企業の強み、業界の特徴、社風、事業内容、競合企業などを理解しないまま選考に望んでも採用側に本気度は伝わりません。最低限の準備をしないと、練習で面接に来ているのではないかと勘違いされてしまう可能性もあります。しっかりと企業研究を行うことを意識しましょう。

転職理由が漠然としている

3つ目は、「転職理由が漠然としている」です。転職理由が明確でないと、どうしてもジョブホッパーになりがちです。転職に際しては、明確な転職理由を用意することを心掛けましょう。

転職で採用されやすい32歳の特徴

それでは、採用されやすい32歳は一体どのような人材でしょうか。自分にどれくらい当てはまっているかチェックしてみましょう。

即戦力のスキルがある

32歳は丁寧に教育して育てていく対象ではなく、即戦力としてすぐ会社に貢献できるスキルが求められます。そのため、実績や経験は最重要事項です。32歳でも完全未経験の転職は可能ですが、人材不足や高齢化が進んでいる業界でないと厳しいでしょう。少なくとも同じ業界の違う職種か、同じ職種の違う業界など、これまでの経験を活かせる転職が好ましいです。転職後に活躍できないと肩身の狭い思いをすることになり、居心地が悪くなりすぎれば再転職のおそれもあります。転職がゴールではないので、転職後の身の振り方まで考えて企業を選びましょう。

マネジメント経験がある

30代になれば部下を持つ経験も増えてきます。32歳ではまだ部下を管理するポストは早いかもしれませんが、プロジェクトチーム単位の経験でも評価されます。管理職には担当業務における専門性や部下との信頼関係を築くコミュニケーション能力など、あらゆる能力が必要です。そうした人材を自社で一から育てるのは容易ではなく、管理職育成のノウハウがない会社では、中途採用で適性人材を引っ張ります。近年では管理職昇格前にマネジメント経験を積ませる「プレマネジメント」が重要視されており、それだけ実践経験のある人材が少ないのが実情です。既にマネジメント経験のある人材は管理職への移行もスムーズになるため、教育コストがかからないマネジメント経験者は採用側からも歓迎されます。

明確なキャリアプランを持っている

転職の採用面接ではキャリアプランについて質問されることが多いです。

  • 5〜10年後のキャリアビジョン
  • 将来成し遂げたい目標
  • 業界の今後と自分の立ち位置

こうした質問によって、候補者のキャリアプランと自社の方向性や価値観がマッチしているか、仕事に対する向上心や計画性があるかどうかを見られます。キャリアプランを聞かれたときは、将来の目標や計画、それを達成するために取り組んでいることを答えます。その際、希望企業のビジョンや力を入れている事業と結び付けて話すのがポイントです。「今の会社の給料が安いから」「仕事が向いてないから」といった理由での転職では、キャリアプランが不明瞭になり、面接官にも納得してもらえません。転職のきっかけがそうした理由だったとしても、改めて自分のキャリアプランは明確にしておきましょう。

業界知識や人脈を持っている

もしあなたがリーディングカンパニーに在籍していたり、そうした企業との人脈があったりする場合、あなたを採用することでノウハウや知識、人脈も手に入れることになります。これは第二新卒や20代にはなかなかない強みであり、若い人材ではなく30代を採用する大きなメリットです。少人数で体質が固まっている企業の場合、そうした人材を採用することで職場に新しい風を吹かせられます。もし確固たる業界知識や人脈がなくても、志望企業の需要にフィットするなら大丈夫です。たとえば人材採用が課題の会社なら、人材紹介会社出身というだけで価値があります。志望企業が求めるものが何かを分析し、自分の武器を洗い出しましょう。

転職で採用されにくい32歳の特徴

ここからは反対に、転職で採用されにくい32歳の特徴を解説します。これらの特徴に当てはまっている場合は要注意なので、転職前に克服、あるいは転職先の再考をしましょう。

完全未経験

完全未経験の32歳は、転職市場では厳しく評価されます。基本的に30代の中途採用者に求められるのは、即戦力となれるスキルや管理職候補としてのマネジメント経験です。第二新卒の完全未経験は普通ですが、32歳では人手不足か高齢化が進んでいる業界・企業でないと難しいでしょう。転職先の条件では「業界が安定している」「待遇が良いホワイト企業」などが上げられますが、こうした人気の転職先は競争率も高いです。他のライバルが実績を残しているなか、何の強みもない32歳は人材として魅力があるとは言えません。今の会社で圧倒的な実績があったり、今のスキルが未経験業界でも活きると見込まれたりするなら可能性はあるでしょう。ただ採用側としても、完全未経験の32歳を採用するのはリスクが大きいのでためらってしまいます。せめて副業やスクールで経験を積むなどして、熱意をアピールしましょう。

転職回数が多い、または空白期間がある

転職希望者の職歴を見たとき、転職回数が多いと「新しい環境に馴染めない人」「仕事が長続きしない人」といった印象を与えかねません。採用してすぐ退職されてしまっては、採用コストや事務作業が無駄になってしまい、採用担当者の社内評価も下がってしまいます。転職回数が多い人材はリスクが高いと見られるので、転職回数の多さに納得感を持たせられるよう説明しましょう。また、空白期間の長さも印象を悪くします。事情がどうであるにしろ、採用側はどうしても不信感を抱くでしょう。「空白期間中に資格取得の勉強をしていた」などの理由があるとよいです。特に30歳はキャリアを積み重ねていく年齢なので、不用意な転職や空白期間はできるだけ避けましょう。転職活動をする際も、リスク回避のために在籍中に行うとよいです。

新しい環境に対応できない

採用側としては、1日でも早く会社に馴染んで成果を挙げてもらいたいところ。そのため性格的に同僚と打ち解けるのが難しかったり、自分のやり方を変えられなかったりする人材は採用されにくいです。もしあなたの会社が個人の能力に依存する社風の場合、ある程度自由に裁量を与えられることで能力を発揮してきたかもしれません。会社が変わって今までの人的・システム的インフラを失うことで、転職先で力を発揮できなくなるケースもあります。自分の実績や経験は今の会社だから得られたものなのか、他社でも再現可能なものなのか、見極めが重要です。もしこの見極めが甘いと、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれません。反対に、自分の強みが今の職場で消されているようなら、自分の強みを活かせる環境であることを転職の軸のひとつにしましょう。

逃げの転職をしている

キャリアアップを目的とした前向きな転職ではなく、後ろ向きの逃げの転職をしている人は採用されにくいです。

  • 仕事が向いていない
  • 人間関係が劣悪
  • 給料が低い
  • 休みがない、残業が多い

こうした理由は転職のきっかけにはなっても、それが軸になってはいけません。転職者にとっては大切な条件ですが、転職で重要なのは自分を採用するメリットを提示することです。強みがないまま転職活動を始めても、志望企業にアピールできる内容が見つからず、当たり障りがなく薄いものになってしまいます。また、強みの軸に基づいて適正のある企業を探せないため、再転職をしやすくなるおそれも。打算的な理由で転職しても、そのマインドでは転職先でも似たような不満を抱くでしょう。今の会社の不満よりも、自分の強みを活かしたりキャリアアップを図ったりといった前向きな軸が欲しいです。

32歳の転職を成功させるポイント

ここまで32歳で転職する場合のメリット・デメリットを紹介してきました。これらを踏まえ、ここからは転職を成功させるポイントを解説していきます。

徹底した自己分析

転職の際には、まず徹底した自己分析が必要です。志望企業にアピールする実績やスキルを洗い出すためではありますが、それ以前に自分の軸とマッチした企業を選定する基準を作るためでもあります。

自己分析の内容としては、

  • 転職する理由
  • これまでの実績や経験
  • 希望する転職先
  • 自分の強み
  • 自分を採用されるメリット
  • 将来のキャリアプラン

といったものが挙げられます。自分の視点だけでは客観性に欠けるので、友人や信頼できる同僚、転職エージェントに異業種の知り合いなど、他者からの視点も踏まえて自己分析できるとよいです。また、自己分析と同時に企業研究や業界研究も進めましょう。自己分析で洗い出した強みは、志望企業や志望業界に求められる人材像に合わせてブラッシュアップする必要があります。テンプレートのような応募書類や面接回答にならないよう、転職活動に移行する前の事前準備として、時間をかけて丁寧に行いましょう。

今までの経験を活かせる企業を狙う

32歳の転職では即戦力が求められているので、今までの経験を活かせる企業を狙いましょう。

  • 業界も職種も同じ
  • 業界は違うが職種が同じ
  • 職種は違うが業界が同じ
  • 副業の実績がある

このパターンに当てはまれば、これまでの経験をアピールできます。アピールするほどの経験がないなら、自分のスキルが希少性を持つ企業を選びましょう。営業不足の企業なら「営業経験あり」だけで歓迎され、管理職候補を探している企業なら「人並みのスキル+マネジメント経験あり」で価値が上がります。転職を考えてから急いで実績を積み上げていくのは現実的ではないので、現時点での経験・実績を最大限活かす方法を考えたほうがよいです。希望の企業や業界があったとしても、自分の都合より転職先とのマッチングを重視しましょう。完全未経験での転職は不可能ではありませんが、32歳の年齢では不利になります。希望の企業や業界があれば、最初の転職で決めようとするのではなく、キャリアアップして段階を踏んで近づきましょう。

転職活動は退職前に終わらせる

32歳で転職に失敗すれば、年齢的に今後のキャリアが危ぶまれます。家族がいればなおさらで、極力リスクは回避した方がよいです。32歳の転職では、想定以上に長期戦になる場合があります。ライバルが多く要求される水準が高いため、納得できる企業に採用されるかは縁や運の要素が大きいです。転職活動は3ヶ月が目安ですが、人によっては1年以上かけてじっくり取り組んでいます。失業手当が支給される3ヶ月間に集中して取り組むのも手ですが、もし順調に進まなかった場合、残り日数を気にして焦りが生まれます。切羽詰まったうえでの決断は冷静さを欠き、「とりあえず転職できればいいや」という思考になりがちです。長期的に納得できる転職ができるよう、安全マージンはできるだけ取っておきましょう。

家族と相談しておく

もし家族や子供がいるなら、転職の際には家族に相談しておきましょう。面接でも「家族は転職について何と言っているか」と聞かれる場合があります。家族に対する責任感を通して、人柄を見ようとしているのです。もちろん、面接で聞かれるかどうかは関係なく、家族とはしっかりと話し合いましょう。転職は自分だけの問題ではなく、家族の人生にも関わります。給料や残業、勤務地、休日数は家族のライフスタイルにも影響することです。自分の希望条件だけでなく、家族の生活も考慮して転職候補を決めていきましょう。

転職エージェントを活用しよう

最後に、転職で必要不可欠な「転職エージェント」について解説します。多くの転職エージェントは無料で利用できるため、気軽に登録しましょう。

客観的な市場価値を教えてくれる

転職エージェントは転職市場に精通しており、数々の転職者を相手にしています。そのため、利用者の客観的な市場価値を本人よりも把握しているでしょう。本人の希望もヒアリングしてくれますが、適性や採用可能性まで含めて総合的に判断してくれるので、自己分析の精度がかなり高まります。また、転職に迷っている段階でも、転職エージェントへの登録は可能です。転職活動開始に備えて市場価値を把握することで、自分に足りないものを意識しながら今の仕事に取り組めます。

職務経歴書や面接の指導

転職エージェントは求人の紹介だけでなく、職務経歴書や面接の指導も行ってくれます。ひとりで仕上げていくのは難しいので、転職エージェントの力を借りるべきです。自分では話す必要がないと思っていたことが重要だったり、伝え方が悪くて逆効果になっていたりと、案外自分では気付けないことは多いです。プロからフィードバックを繰り返し受ければ、書類や面接は洗練されます。書類選考や面接は一発勝負なので、事前準備は入念にしておくに越したことはありません。落とされる度に学習していくよりも、実践練習を積み重ねてから応募する方が効率的です。働きながらの転職はなかなか時間が取れないので、転職成功に最短で指導してくれる転職エージェントを利用しましょう。

給料の交渉をしてくれる

自分ではなかなか言い出しづらい給料の交渉も、転職エージェントが行ってくれます。給料は内定時か最終面接で提示されることが多く、時間をかけて丁寧に交渉できる雰囲気ではありません。給料の交渉によって印象が悪くなり、面接結果に影響するかもしれないので、自分から切り出すのは難しいです。転職エージェントなら面接とは別の場で給料交渉を働きかけてくれるので、本人が直接聞くより角が立ちません。転職エージェントとは最低条件と希望条件を擦り合わせておき、転職市場における自分の給与相場と照らし合わせながら調整しましょう。

32歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

32歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

32歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

32歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

32歳転職に関するQ&A

32歳転職に関するQ&Aを整理します。

32歳で初めての転職は遅い?厳しい?

今の時代、32歳での転職は全く珍しいことではありません。未経験転職にもチャレンジできる年齢です。さまざまな選択肢があることを理解しつつ、転職活動を進めましょう。

32歳転職は資格なし・スキルなしでも大丈夫?

32歳で資格なし・スキルなしでも転職に成功している人は数多くいます。これまでに培ってきたスキルや経験に加えて、運やタイミングも重要です。諦めずに対策をすることを心がけましょう。転職エージェントに相談しつつ、色々な会社の面接を受けてみることをおすすめします。

32歳未経験転職は可能?年収アップは難しい?

32歳でも未経験転職は可能です。ただ、年収アップは難しいかもしれません。

32歳転職に失敗する人の特徴は?

よくあるケースとしては、自己評価と市場価値が乖離してしまっており、年収水準が折り合わず、内定に到達しないパターンです。32歳転職では、ある程度の年収ダウンのついては受け入れざるをえないことも理解しておく必要があるでしょう。

32歳フリーターで正社員転職は可能?

32歳フリーターからでも正社員になれるチャンスはあります。サポートステーションやジョブカフェに加えて、転職サービスを利用してみると良いでしょう。

※ サポートステーション:仕事を始めるにあたり必要となるスキルや知識の習得をサポートしてくれるサービス
※ ジョブカフェ:都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設

32歳で公務員への転職は可能?

一般的に公務員試験には年齢制限が設けられていますが、最近では、職歴がなくても30歳以上でも受験できる試験が非常に増えてきており、公務員を目指すチャンスが広がっています。また、民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠もありますので、検討してみると良いでしょう。

32歳で異業種転職は可能?

可能です。ちなみに、30代後半になると、異業種転職は難しくなります。

32歳女性でも転職できる?

もちろん可能性はあります。ただ、子育てだったり、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

32歳高卒でも正社員転職できる?

高卒でも契約社員から始めて正社員になるケースはあります。一度、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

32歳子持ちで転職は可能?

可能ですが、女性特有の悩みもあると思いますので、女性特化型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

32歳で大手企業への転職は可能?

可能です。大手企業にチャレンジしてみたい旨を転職エージェントに伝えてみると良いでしょう。

30代後半になると転職は厳しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることを頭の片隅に置いておきましょう。

30代未経験からの女性転職は難しい?

可能ですが、未経験分野への転職はかなり難しくなることは理解しておきましょう。

32歳転職に関する口コミ

https://twitter.com/tanokonosusume/status/1517934761313849344?s=21&t=u5Lt2E56f6KHBo-WHbbEgg

振り返って思うこと『やっぱ転職してよかった』

今32歳だけど、あと10年遅かったら未経験分野への転職はしなかったと思います🤔
未経験の仕事に転職するのって勇気がいるんですよね。年齢が上がれば上がるほどハードルは高くなる。
しかも教わる先輩は自分より年下が当たり前みたいな。。。
でも30代ってまだ冒険できる歳だと思うんです!(個人の感覚にもよりますが😅)
人生100年時代と言われるご時世ですから、自分の可能性を広げるためにも、どんどん冒険して行かないと勿体無くないですか😊✨
#転職

2月「もうこの会社ではやってられん、転職しよ」
3月「32歳・既婚・仕事の経験は事務のみです。え、転職のハードル高いの??」
4月「宅建と簿記FP取って手に職目指すぜ」←イマココ

不安しかないけど今の会社にいたら死ぬ。
次が決まってないのに辞めると焦るみたいだし、目標は辞めない死なない。

転職を考えよう。
でも32歳、子持ち、無資格を
雇うとこなんてないか( ´・ω・`)

最後に

この記事では、「32歳の転職を成功させるポイント」について解説してきました。最後にもう一度、ポイントをおさらいしましょう。

  • 徹底した自己分析
  • 今までの経験を活かせる企業を狙う
  • 転職活動は退職前に終わらせる
  • 家族と相談しておく
  • 転職エージェントを活用する

32歳の転職では即戦力やマネジメント経験が求められ、20代と比較しても求められる水準が高いです。まずは自分の強みや実績を洗い出し、転職活動を進めていきましょう。

Photo by Marten Bjork on Unsplash