公開日

2022/06/24

最終更新日

【手取り25万】転職できる?一人暮らし・結婚はきつい?割合は?生活レベルを男女別に解説!

「手取り25万は少ない?」「手取り25万の生活レベルは?」「今の年齢で手取り25万は少ない?」このように悩んでいる方も多いでしょう。手取り25万が少ないと思う人もいれば、ゆとりのある生活をしている人もいます。手取り25万の場合、それぞれの生活環境に合わせて出費を調整する必要があるでしょう。本記事では、手取り25万円の割合・手取り・家賃などの生活レベルを解説した上で、手取り25万円を目指す上でおすすめの転職サイト【リクルートエージェント】【dodaエージェント】【マイナビエージェント】等を紹介していきます。

【手取りアップ】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

手取り25万の額面はいくら?

「額面」と「手取り」の意味は違います。額面金額とは、総支給額のことです。手取り金額は、総支給額から、

・税金
・社会保険料

などが差し引かれ、受け取ることのできる金額のことを指します。ここでは、手取り25万円の額面の月収・年収をご紹介していきます。

額面の月収:約30万円

手取り25万の額面の月収は、約30万円です。通常、手取り金額は総支給額の75~85%と言われています。この10%の幅があるのは、控除金額や扶養家族の有無などが人それぞれ違うためです。手取り金額からおおよその額面金額がわかる計算式は以下の通り。

手取り金額÷75~85% = 額面金額

額面の年収:約360万円~450万円

手取り25万円の額面の年収は、約360万円~450万円です。年収に関しては、以下のようにボーナスの有無によって大きく変わります。

・ボーナスがない場合

年収約360万円

・ボーナスが1年2回貰える

年収約450万円(月収1ヵ月×2回)

国税庁が行った民間給与実態調査(令和元年)では日本の平均年収は436万円となっています。手取り25万円は年収約360万円~450万円のため、平均的な年収と言えるでしょう。

手取り25万の割合

日本の年収の割合は「民間給与実態統計調査」(令和元年)によって発表されています。

・100万円以下:8.7%
・100万円超~200万円以下:14.2%
・200万円超~300万円以下:14.9%
・300万円超~400万円以下:17.0%
・400万円超~500万円以下:14.6%
・500万円超~600万円以下:10.1%
・600万円超~700万円以下:6.5%
・700万円超~800万円以下:4.4%
・800万円超~900万円以下:2.9%
・900万円超~1,000万円以下:1.9%
・1,000万円超~1,500万円以下:3.5%
・1,500万円超~2,000万円以下:0.8%
・2,000万円超~2500万円以下:0.2%
・2,500万円超:0.3%

引用:「民間給与実態統計調査(令和元年)」(国税庁)

手取り25万円は年収約360万円~450万円であり、年収400万円以下の合計割合を見ると、54.8%となります。年収400万円以上の場合は、日本人の半分よりも稼ぐことができていると言えます。

手取り25万は少ないか?

手取り25万で生活が厳しいと言う方もいるでしょう。前章で、日本の平均年収の割合から手取り25万円は平均的だとわかりました。しかし、男女の年齢別平均月収から見ると、月収約30万円(手取り25万円)はどうなのでしょうか?

年齢別の男女平均月収

・19歳以下:男18.3万円・女17.4万円
・20~24歳:男21.5万円・女20.9万円
・25~29歳:男25.3万円・女23.3万円
・30~34歳:男28.9万円・女24.7万円
・35~39歳:男32.8万円・女25.8万円
・40~44歳:男36.1万円・女26.8万円
・45~49歳:男38.8万円・女27.1万円
・50~54歳:男42万円・女27.5万円
・55~59歳:男42万円・女27.1万円
・60~64歳:男31.4万円・女23.2万円
・65~69歳:男27.5万円・女21.6万円
・70歳~:男26.1万円・女21.7万円

引用:「賃金構造基本統計調査(令和2年)」(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/dl/13.pdf

男性の場合は、月収30万円以上の年齢は35歳~64歳までの間でした。35歳~64歳で月収30万円は平均以下であり、比較的少ないと言えるでしょう。女性の場合は、平均月収で30万円を超えている年齢はありませんでした。

手取り25万の生活レベルとは?

手取り25万の生活レベルとは、どのようなものなのでしょうか。それぞれの生活環境によっても生活レベルが違うため、ここでは以下の4つのパターンをご紹介していきます。

・独身・実家暮らし
・独身・一人暮らし
・既婚・子供なし
・既婚・子供あり

独身・実家暮らし

・家賃:5万円(実家に入れる場合)
・食費:2万円
・水道光熱費:実家のためかからない
・通信費(携帯代):1万円
・保険:1万円
・雑費(日用品):2万円
・交際費:2万円
・貯蓄:12万円

実家暮らしの場合、家賃は本来かかりませんが、実家に5万円入れる場合で計算しています。実家暮らしは、毎月12万円の貯蓄ができ、余裕を持って生活できるでしょう。貯蓄額をもっと増やしたい場合は、

・食費
・通信費

が節約できます。会社で昼ご飯を買っている人はお弁当を持って行くことにすれば、食費1万円でも十分可能です。通信費は、携帯電話を格安SIMに切り替えることにより月々5000円以下に抑えられます。このように、

・食費
・通信費

が1.5万円抑えられることにより、貯蓄額を月々13.5万円に増やすことができます。月々1.5万円の節約でも、年間で考えると18万円も貯蓄額が増えるので、節約できるところは節約することがおすすめです。

独身・一人暮らし

・家賃:7万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万円
・通信費(携帯代・Wi-Fi):1万円・保険:1万円
・雑費(日用品):2万円
・交際費:3万円
・貯蓄:6万円

一人暮らしの場合でも、毎月6万円の貯蓄ができるので、ある程度余裕のある生活ができます。さらに貯蓄を増やしたい場合は、以下で節約することができます。

家賃

家賃は通常、給料の3割が目安と言われています。今回は家賃7万円と設定していますが、都内でも5万円で借りられる鉄筋コンクリートの物件はありますその場合、毎月2万円の貯蓄が可能となります。

食費

一人暮らしの食費の平均は4万円です。しかし、うまくやり繰りすれば、毎月2万円は節約できるでしょう。

交際費

交際費を抑えることができればさらに貯蓄額が増えます。3万円から2万円にすることができれば、毎月1万円貯蓄が可能です。この3つの出費を抑えることにより、合計5万円の貯蓄が増えて、毎月合計11万円の貯蓄が可能となります。

既婚・子供なし

・家賃:10万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1.5万円
・通信費(携帯代・Wi-Fi):2万円
・保険:1.5万円
・雑費(日用品):2万円
・二人の小遣い:2万円
・貯蓄:なし

二人暮らしの場合は貯蓄ができず、かなり厳しくなります。節約をするもしくは共働きでなければ苦しい生活状況となってしまいます。以下を節約することで貯蓄を増やすことは可能です。

家賃

都内で1LDKを借りると平均相場は10万円です。23区以外のあきる野市などでしたら、家賃6万円の物件もあります。これにより毎月4万円の貯蓄ができるようになります。

食費

二人暮らしの平均的な食費は約6万円です。外食を抑えて自炊を増やすことにより、毎月2万円は節約できるでしょう。

通信費

二人とも携帯を格安SIMに変えることにより、毎月1万円の節約が可能です。この3つの出費を抑えることにより、合計7万円もの貯蓄ができるようになります。年間84万円の貯蓄が可能となるのです。

既婚・子供あり

・家賃:10万円
・食費:7万円
・水道光熱費:2万円
・通信費(携帯代・Wi-Fi):2万円
・保険:2.5万円
・雑費(日用品):1.5万円
・二人の小遣い:2万円
・養育費:1万円
・貯蓄:なし
・不足額:マイナス3万円

三人暮らしの場合は、家賃などを抑えなければ不足額がマイナス3万円となります。節約をしつつ、二人とも働けば、ある程度の余裕を持って生活を送ることができます。以下を節約することで生活に少しゆとりを持たせることができます。

家賃

「既婚・子供なし」の生活と同じで、23区以外のあきる野市などでしたら、家賃6万円の物件もあり、これにより毎月4万円の貯蓄ができます。

食費

外食を抑えて食費5万円に抑えることができれば毎月2万円の節約は可能です。

通信費

二人とも携帯を格安SIMに変えると、毎月1万円の節約ができます。

二人の小遣い

厳しいですが、一人5,000円の小遣いにすることにより1万円の貯蓄ができます。この4つの出費を抑えることにより合計11万円の節約ができますが、元々生活費の合計金額が3万円マイナスだったため、8万円の貯蓄が可能となります。毎月小遣い5,000円は厳しいので、一人1万円に戻して7万円の貯蓄でもよいでしょう。

一世帯の貯蓄額の平均

貯蓄はしているけれど、これで大丈夫なのだろうかと不安になる時があるでしょう。平均的な金額を知っておけば、今から貯金を増やす方法を考えて行動することもできます。まずは、年齢別で貯蓄額を確認しましょう。

年齢別の貯蓄額平均

・29歳以下:154.8万円
・30歳~39歳:403.6万円
・40歳~49歳:652万円
・50歳~59歳:1,050万円
・60歳~69歳:1,338万円
・70歳以上:1,260万円

引用:「国民生活基礎調査の概況(平成28年)」(厚生労働省)

29歳以下は約150万円ですが、30~39歳は約400万円と250万円も上がります。50歳以上からは貯蓄額が1,000万円以上となりました。年齢別の平均だと様々な年収の人がいるため、年収別で見ることにより、自分はいくら貯めたらよいかの参考になるでしょう。

年収別の勤労者世帯の貯蓄額平均

・200万円未満:847万円
・200万円~300万円未満:777万円
・300万円~400万円未満:792万円
・400万円~500万円未満:913万円
・600万円~700万円未満:889万円
・700万円~800万円未満:1,172:万円
・800万円~900万円未満:1,395万円
・900万円~1,000万円未満:1,568万円
・1,000万円~1,500万円未満:2,159万円
・1,500万円以上:3,673万円

引用:「家計調査報告(令和元年)」(総務省統計局)

手取り25万円(年収約360万円~450万円)ですと、300万円~400万円未満の792万円の貯蓄額が平均的と言えるでしょう。

手取り25万の職業とは?

手取り25万の職業とは年収約360万円~450万円の職業です。具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

・事務職
・営業職
・Webディレクター
・医療系専門職
・ITエンジニア

事務職

事務職と言っても様々な業種の事務がありますが、中でも貿易関係の事務は給料が高めです。業務内容は、

・取り扱っている商材の輸出入に関する事務作業
・海外のクライアントとのやり取り
・書類の作成

などです。貿易関係は海外とやり取りをするため、ビジネスで使える語学力は必須となります。さらには、経理などの知識も必要で、専門性が高く年収も他の事務職と比べると高い傾向です。

営業職

年収400万円以上の営業職は以下が挙げられます。

・IT企業
・旅行会社
・銀行
・商社
・不動産賃貸
・メーカー

これらの営業職は、実績により昇給が可能の所も多く、年収を上げていける見込みがあります。営業職はノルマを達成させなければいけないため、きついこともあります。しかし、実績を上げることで給与を上げていける点は大きなメリットです。コミュニケーションを取ることが好きな方は営業職をおすすめします。

Webディレクター

Webディレクターの業務内容は、Webサイト制作をWebプロデューサーから指示を受けて完成させます。Webディレクターになるには、Webデザイナーからなることもあり、そのあとにWebプロデューサーとなるのです。近年、Webディレクターは将来性もあり需要がある職種であり、経験や能力次第で年収の良い企業へ転職することもできるでしょう。

医療系専門職

医療系専門職と言っても様々な職がありますが、年収400万円以上の職種は以下が挙げられます。

・放射線技師
・看護師
・理学療法士
・柔道整復師
・獣医
・言語聴覚士

医療系の職種は国家資格が必要で専門性の高い職なので年収が高い傾向にあります。企業によって、職場環境が良い所もあれば、あまり良くない所もあります。転職する場合は、事前に入社したい企業の職場に関する情報も入手しておくと良いでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアの中にも種類があり、以下が年収400万円以上の職です。

・アプリケーションエンジニア
・プログラマー
・ネットワークエンジニア
・システムエンジニア
・Webエンジニア

経験やスキル、企業により大幅に年収は変わってきますが、将来性も高く、年収を上げていくことは十分可能です。

おすすめの節約方法

手取り25万で生活が大変な場合は、出費を抑えることを意識してみましょう。以下の3つのおすすめの節約方法をご紹介します。

・月々の出費を把握する
・自炊をする
・スーパーに行く回数を決める

月々の出費を把握する

「1ヵ月でどの費用に、どれだけのお金を使おう」と決めることが大切です。そのためにも、1ヵ月の出費を知る必要があります。買い物をした時はレシートを必ず貰うようにして、すぐにスマートフォンにメモをしておくと便利です。無料で使える家計簿アプリもあるのでおすすめします。買い物のたびにメモすることが面倒な方は、3日に1回財布のレシート整理する習慣をつけましょう。その時にメモを取ると財布の中も整理されて綺麗になりますし、出費を把握することもできます。

自炊をする

普段、外食や買ったお弁当などで済ませている場合は、食費が高くなってしまいます。自炊をすることにより大幅に節約できるのです。自炊と聞くと面倒だと思うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単にできます。まずは、5kgのお米を買ってご飯を炊くと言うことでも節約に繋がるのです。炊いたご飯と納豆でも美味しく節約になるので試してみてください。そこから、徐々に簡単な料理から始めていけば自炊も簡単だと思うようになるでしょう。

スーパーに行く回数を決める

日用品や食材を買う回数を決めるようにしましょう。お店に行くと沢山の商品が置いてあるため「あれも、これも」と今必要ではない物でも「これも必要かも」と考えて買ってしまいます。できるだけスーパーに行く回数を減らすことにより、物を買う機会を減らしてしまいましょう。できれば買い物に行く前に「買う物リスト」を作って、それ以外は買わないようにすると決めてスーパーに行くと出費を抑えられます。

年収を上げるおすすめの方法

「節約をするのも限界があるし、年収を上げたい」と言う方におすすめの年収を上げる方法をご紹介します。以下の3つをご紹介していきます。

・昇進・昇格をする
・副業
・転職

昇進・昇格をする

手取り25万に満足していないのであれば、今の企業で昇進や昇格を目指しましょう。資格を取得することによって給与が上がる制度がある企業もあります。勉強しなければ給与は上りませんが、年収を上げるためには何をやったとしても勉強は必須です。自分ができることはしっかりとやり、着実に昇進や昇格していきましょう。

副業

副業は企業によって禁止されている所もあるため、確認してから始めるようにしましょう。副業と言っても色々な種類があります。

・Uber Eats配達員
・Webライター
・動画編集

などがあり、どれをやったらいいのか迷ってしまうでしょう。あまりリスクがなくて、すぐにお金が入るおすすめの副業はUber Eatsなどのフードデリバリーの配達員です。1件の配達で300円以上稼げ、給与支払いは1週間に1回銀行口座へ振り込みがされます。1件当たりの配達料金は、フードデリバリーにより計算方法が違うので金額も異なるのです。どのフードデリバリーが良いかは、時期によって変わるので調べてから始めることをおすすめします。

転職

確実に年収を上げる方法は転職をすることです。職と同じ職種だとしても、企業が変わるだけで年収が上がることもあります。未経験の職種へ転職をしたい場合は、現職での経験や実績を持っておくとアピールしやすいです。転職しようか悩んでいるのであれば、転職エージェントへ相談してみましょう。相談したからと言って必ず転職しなければ、いけないわけではありません。相談は無料なので、気軽に相談してみましょう。

手取りアップを目指す上でおすすめの転職エージェント

手取りアップを目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

手取りアップを目指す上でおすすめの転職サイト

手取りアップを目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

今回は、手取り25万の割合や生活レベルについてご紹介しました。日本全体の年収の割合から見ると手取り25万円(年収400万円以上)は平均以上です。しかし、二人暮らしの場合には生活のゆとりはそれほどありません。節約をして夫婦共働きで働くことにより、ある程度ゆとりのある生活が実現できるでしょう。今の年収に満足していない場合は、副業や転職を考えることも検討してみてはどうでしょうか。

Photo by Dmitry Demidko on Unsplash