公開日

2022/09/26

最終更新日

【年収1000万】転職できる?生活レベルは苦しい?手取り割合・住宅ローンは?家賃・貯金・節税・職業を解説!

年収1000万は、多くの人にとって大きな目標であり、「勝ち組」「高収入」のイメージがあるのではないでしょうか。日本の平均年収450万なので、年収1000万となれば2倍以上です。労働人口に占める年収1000万の割合は約3%ほどになります。20代の人が今すぐ年収1000万になるのは非現実的ですが、将来に向けて今から知っておいて損はないです。30代の人はキャリアアップ次第で、年収1000万も射程圏内かもしれません。またキャリアプランが確立した人で、高収入が望めない人でも年収1000万に達することは可能です。

・転職
・副業
・共働き

などを組み合わせることにより、世帯年収1000万に到達することができます。本記事では、年収1000万について割合・手取り・生活レベルから節税方法を解説しています。さらに、年収1000万を目指すための方法も紹介していきます。

【年収アップ】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

年収1000万の割合

年間給与1000万~1500万の人は、日本の給与所得者のうち、全体で3.5%となっています。(出典:国税庁│民間給与実態統計調査(令和元年分)

日本の労働人口を6000万人を仮定して計算すると、約200万人が年収1000万を超えます。さらに、地域毎に年収1000万以上の世帯を見てみましょう。

(出典:都道府県別統計│都道府県別年収1000万円以上世帯数

赤色に近づくにつれ、年収1000万以上の世帯が多いことになります。東京を中心とした首都圏に多いことがわかりますね。また愛知県に年収1000万以上の世帯が多い理由は、トヨタ自動車を筆頭とした自動車産業が栄えているからです。現代の変化が激しい世の中、年収1000万を目指すのは容易ではないでしょう。また現状維持では、年収1000万に到達するのは難しいです。これまで通りのキャリアプランではなく自分で将来を描く必要性があります。

年収1000万の手取り

年収1000万の手取りは、約720万円です。以下、独身の会社員を想定してみていきましょう。

  • 住民税:約64万円
  • 所得税:約85万円
  • 社会保険料:約129万円

合計は278万円となり、1000万から278万を引くと、手残りは約720万円です。累進課税制度により年収が高くなると、税金も高くなります。高収入を得たからといって、楽観視はできません。固定費を上げるにも、少しずつ上げていくのが得策になるでしょう。同じ年収1000万でも、

・扶養家族
・共働き
・雇用保険などの有無
・サラリーマンor個人事業主

などで手残りは大きく変わってきます。場合によっては50万円以上も変わるので、自分に合わせたケースで手残りを増やしましょう。

年収1000万の生活レベルは苦しい?

年収1000万の生活レベルを想像すると、豊かな生活をイメージしますよね。実際、年収1000万といっても様々なケースがあります。

・独身:実家暮らしor一人暮らし
・既婚:子供ありor子供なし
・住居:賃貸or分譲

独身だと生活に余裕があり、貯金もたくさんできます。一方、既婚者で子どもが2人いて、都心に住んでいる家庭は貯金する余裕がなかったりします。以下、都心に住んでいる夫婦と子供2人の家族の例です。

食費

8万円

家賃

15万円

水道光熱費

2万円

生命保険料

4万円

通信費

3万円

交通費

1.5万円

被服・履物費

2万円

保健医療費

2万円

自動車維持費

3万円

教育費・公立幼稚園

2万円

教育費・公立小学校

3万円

娯楽費

5万円

交際費

3万円

その他雑費

3万円

1ヶ月の合計支出

56.5万円

年収1000万の手取りは720万、月に60万です。旦那さんの収入のみだと、年収1000万でも意外にカツカツだったりします。

年収1000万円で出来ること/出来ないこと

年収1000万円で出来ること/出来ないことを整理します。

貯金

年収1,000万円で貯金は可能です。配偶者が専業主婦で収入がなく子供がいる場合でも節約することを心掛ければ、十分な額を貯金することができます。独身で年収1,000万円の場合、浪費しない限りはかなりの額を貯金ができる可能性があります。

物件賃貸

年収1,000万円で物件賃貸は可能です。一般的に家賃の目安は月収の25~30%程度とされています。年収1,000万円の月収(手取りベース)は約60万円なので、家賃は15~18万円程度が目安となります。15~18万円であれば、一人暮らしなら都心で生活していける水準でしょう。配偶者と生活する場合も、都心からそれほど遠くない場所に物件を借りることができる可能性が高いと言えます。

結婚

年収1,000万円で結婚するのは可能です。相手の年収が高くなくても十分に生活していける水準だと思います。

マイカー

年収1,000万円でマイカー購入は可能です。貯金がある程度十分にある場合は、ローンを組まずにマイカーを購入することも可能です。マイカーを購入する際は維持費が年間50万円程度必要となることを考慮しつつ、生活に本当に必要かどうかを検討した上で購入すると良いでしょう。

マイホーム

年収1,000万円でマイホームを購入することは可能です。年収1,000万円であれば、返済期間20年〜35年で4,000万~10,000万円程度の住宅ローンを組むことができます。

子育て

年収1,000万円で子育ては可能です。一人っ子であれば、それなりに教育にもお金をかけることもできます。配偶者の収入によっては子供を2~3人育てることも不可能ではありません。

年収1000万で生活がきついケースとは?

年収1200万でも、生活がきついケースがあります。以下の4つを、それぞれ解説していきましょう。

・住宅ローンの返済
・控除を受けられない
・奨学金を利用できない
・浪費癖がある

住宅ローン

住宅ローンの限度額をギリギリで組んでいると、子供が生まれて出費が増えたなどの場合には、返済することが大変になることがあります。他にも、マイホームのリフォーム代や年収が下がった時などの事も考え計画的に住宅ローンを利用するようにしましょう。住宅ローンを早く返済したいからと返済期間を短くしすぎると、毎月の返済金額が多くなり生活することが大変になってしまうので注意が必要です。

控除を受けられない

年収1200万円以上の高収入の場合には、稼いだ分の税金の支払いも多くなり、さらに各種控除を受けることができません。児童手当の特例給付も2022年10月には、年収1200万円以上の人は除外されてしまいます。高収入になれば、リッチな生活ができると思う方も多いですが、このように高収入になるほど、控除が適用されないなどで出費が多くなるのです。

奨学金を利用できない

年収1200万円は、大学の奨学金を借りることができません。日本学生支援機構が定めた、借入できる家計の基準額から対象外であるためです。子供が二人いる場合などは、大学の費用も2人分かかるため、出費も多くなることがわかります。年収1200万円の場合には、奨学金が利用できないことを把握して、計画的な貯金をしておくことが必要です。

浪費癖がある

年収1200万円で、一人暮らしをしていて、ゆとりのある生活を送っている場合、自分のために使えるお金は沢山あるでしょう。「沢山稼いでいるから、いくら使っても大丈夫」と思い、ブランド物を衝動買いしてしまったり、ストレス発散方法が買い物である浪費癖があったりすると、いくら高収入でも生活はどんどん厳しくなります。高収入でも、計画的にお金を使うことが大切です。

年収1,000万円におすすめの節約術

年収1,000万円におすすめの節約術を整理します。

実家暮らし

1つ目は、実家暮らしが挙げられます。実家暮らしは、数ある節約術の中でも特に有効です。家賃や光熱費が浮くだけでなく、家具・日用品などを共用で使うことができるからです。一人暮らしは意外に出費が多くかかりがちなもの。親がOKしてくれるなら実家暮らしを検討することをおすすめします。

外食を控える

2つ目は、外食を控えることです。特に複数人で生活している場合、自炊するとかなりの額を節約できます。節約を意識するなら外食を控えて将来に向けて貯金すると良いでしょう。

水筒を持ち歩く

3つ目は、水筒を持ち歩くことです。水筒を持っていないと、水分補給の際にペットボトル飲料を購入することになります。ペットボトル飲料自体は高くありませんが、毎日のように買っているとチリツモで日yつ用となる金額は馬鹿になりません。一方、水筒を持参していれば、水道代しかかかりません。

格安SIMにする

4つ目は、格安SIMにすることです。特にスマホ代に毎月5,000円以上を支払ってきた人は間違いなく格安SIMにすることで通信費を削減することができます。通信費は毎月かかる固定費なので、少しでも節約えきるところから節約することを意識しましょう。

電気料金やガス料金を見直す

5つ目は、ガス料金/電気料金を見直すことです。2021年現在においては電気やガスが自由化されており、地域ごとに最安値の事業者が異なります。電気料金やガス料金を見直すことで、光熱費を削減することができます。

保険を見直す

6つ目は、保険を見直すことです。必要のない保険に加入している人は想像以上に多いものです。自分や家族にとって本当に必要な保険だけに加入することで、保険料金を削減することができます。

年収1,000万円におすすめの節税術

年収1,000万円の方におすすめの節税術を整理します。


ふるさと納税

1つ目は、ふるさと納税です。ふるさと納税では、全国の返礼品の中から好きなものを買うことができます。生活必需品を買うことで、節約に加えて節税にもつながる可能性があります。

NISA /つみたてNISA

2つ目は、NISAです。NISAは、毎年一定の金額内であれば投資で得られた利益に対して税金がかからなくなるという制度です。NISAを活用すれば、毎年120万円までの非課税枠を5年間利用することができます。また、20年間で毎年40万円までの金額を非課税にできる「つみたてNISA」という制度もあります。

iDeCo

3つ目は、iDeCoです。iDeCoを活用すれば税制上の優遇措置を受けることができ、節税しながら老後に備えることができます。

年収1000万以上の職業

年収1000万以上の職業とは、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、以下の4つの職業を紹介します。

・医者
・税理士
・公認会計士
・弁護士

医者

「高収入と言えば、医者!」と挙げる人も多いくらい、高収入なイメージがあります。イメージ通りに、医者(勤務医)の平均年収は1000万円以上となっています。開業をした場合には、さらに年収が上がり、1億円以上になる可能性もあります。医者になるには、大学の医学部で6年間勉強をして、医師国家試験を受け、医師免許を取得します。医者になるためには長期間の勉強と経験が必要なため、目指す場合は相応の覚悟が必要です。

税理士

税理士の中でも、開業税理士であれば、年収は基本的に1000万円以上です。勤務税理士(企業に勤めている税理士)は給与が決められているため、年収を上げるには難しいでしょう。開業税理士として、さらに年収を増やす方法は、税理士の独占業務を行うだけではなく、コンサルティングなども行い、企業の会計により深く携わることです。税理士になるには、税理士試験に合格をした後、実務経験を2年以上積む必要があります。税理士試験の合格率は約20%であり、難易度の高い資格であると言えます

公認会計士

監査法人に所属する公認会計士は昇進することにより、年収1000万円以上の収入を得ることができます。公認会計士として働き始めたばかりの時は、年収約600万円が平均年収です。15年ほどかけて昇進をして「シニアマネージャー」となると、年収約1000万円を得ることができます。さらに評価を得ることができれば、年収1300万円以上も可能となるでしょう。監査法人に所属した公認会計士は、昇進していけば高収入を得られるチャンスがあります。そのため、公認会計士を目指したい場合は、早めに計画的な行動が必要です。

弁護士

大手の弁護士事務所であれば、20代の若さでも1000万円の収入を得ることもできるでしょう。しかし近年、弁護士の年収は低下傾向です。司法試験の難易度が、昔に比べて下がったため、弁護士の人数が増え、大手の弁護士事務所に所属できない場合があるのです。地方の中小弁護士事務所の年収は、決して高収入とは言えず、サラリーマンと同じくらいです。1200万円以上の収入を得たい場合は、大手の弁護士事務所を目指すと良いでしょう。

年収1000万を稼ぐには

結論から言うと、年収1000万は実現可能な数字です。たしかに年間給与1000万~1500万の人は、3.5%しかいない狭き門だと感じます。しかし、いくつかの方法を複合させることにより、世帯年収1000万は可能です。これから紹介する方法を参考に少しでも給与所得を上げて、年収1000万に近づけてください。

昇進

年収を上げるために昇進は、王道のやり方です。一般社員から係長、係長から課長、課長から部長とステップアップするたびに、月給が10万円ずつ上がっていきます。

出典:厚生労働省│令和2年賃金構造基本統計調査

たとえば、一般社員から部長まで昇進したとします。プラス配偶者も仕事をし、共働きをすると世帯年収1000万に大きく近づくでしょう。

副業

副業も年収アップには大きな役割を担います。副業から月5万を稼ぐと年間で60万、10年で600万円になります。約3割の企業が容認しているようです。

出典:リクルート│兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)

本業と副業を上手く合わせることで、年収100万アップも可能でしょう。本業でも昇進を目指しながらだと、さらに年収を上げることができます。

共働き

もっとも即効性があり、世帯年収を飛躍する方法は『夫婦共働き』です。年収500万同士のカップルが結婚すれば、世帯年収は1000万になります。事実、専業主婦は減り、共働き世帯は増加しています。

(出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構│早わかり グラフでみる長期労働統計>Ⅱ労働力、就業、雇用>「図12 専業主婦世帯と共働き世帯 1980年~2017年

将来結婚する女性が専業主婦を希望せず共働きをしてくれるのであれば、世帯年収1,000万に近づくでしょう。女性は出産や子育てがあるので、男性のしっかりとしたサポートも必要ですね。また同じ年収1000万でも、片働きと共働きでは手取り額が変わってきます。その差は年間で50万円ほどになるようです。やはり、共働きに分があるといえるでしょう。

転職

一般職や総合職から、医者になったり弁護士になって年収1000万を目指すのは、大変です。資格を取るために勉強をし、膨大な時間がかかります。しかし、転職なら同じ業界で働くことができ、実績や実力があれば年収アップにつながります。年収500万から転職して、いきなり年収1000万になることは不可能に近いです。ですが、年収500万から転職して、年収600万になるのは十分可能です。転職に合わせて、他に紹介した共働きや副業を複合すれば世帯年収1000万は、射程圏内になるでしょう。

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェント

年収アップを目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイト

年収アップを目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

年収1000万円に関する口コミ

自分の職場に同様の理由で転職してきた人が沢山います
激務の1000万より家族といられて900万。

子育て支援の有無だけから来るモノとは思わないけど、間違いなく年収1000強は働き損を感じて労働を躊躇ってる部分がある。

このままだと日本はもっと早く終わりを迎えるよ

日本は格差是正に重きを置き過ぎて、国民全体が総貧乏に向かっています。たかだか年収1000万円程度の中所得者から税金や社会保障費を毟り取り、それを下に分配しています。最近は所得制限まで発動しています。当然ですが、頑張るほど報われない世の中なら、誰も頑張りません。社会主義は完成間近です。

お金系のマウントで「年収2000なんかじゃ全然足りないよw」、「年収1000で高いと思ってる?」みたいなマウントがよくTwitterでは回るけど、売却系の会社経営者とか10億円単位で金持ってる人から見るとゴミみたいな話だし、相手を見ないとブーメランになる可能性しかない。よく「港区では年収2000はないと」みたいなプチマウントがあるけれど、所詮自分がクリアできる都合が良いラインを恣意的に設定してるだけ。早慶のやつが「早慶以上」と言うのと同じ。売却した富豪会社経営者からしてみたら「資産じゃなくて年収でマウントとってるの?w」でオシマイ。

しかし、それ考えると年収1000から3000万くらいの上位中産階級向けの商売は一番めんどくさくなりそうだなぁ、むしろそれならオリガリヒやイーロンマスクみたいな何兆も持っている超富裕層向けのシノギにした方が、異常者を相手にしているからある意味楽ですからね。

https://twitter.com/carrelcarroll/status/1517416916620840961

これな。年収1000-2000くらいの一番努力で成り上がった層というか労働者ゾーンの最上位はガチで努力に見合ってない税の絞られ方してると思うわ…

https://twitter.com/Samigon_55/status/1517248471648313344

年収高いと税金社会保険料も暴上がりなので、そもそも年収1000万(手取り610万)と年収600万(手取り460万)で年収差400万でも手取りは150万しか変わらない。その上更に子育て支援ゼロになれば、可処分所得の逆転すら起こる。高校無償化は年50万/子1人の補助が所得制限1円越えるとゼロだからね…

みんな年収で経済力判断してるけど、資産と年間収支の方が大事じゃない?
年収1000でも貯金0の人は破綻するよ?
なお、しっかり貯めてる人には太刀打ちできません笑

生活スタイルや保有資産の有無等を考慮してない為、一概には言えませんが年収1000-1200万世帯で、検討できる優良な物件は以下のような感じでしょうか。年収5ー6倍となる為リスクが大きいと心配となる方もいるかと思います

晴海フラッグ
幕張ベイパーク
シントシティ
リビオタワー羽沢横国
PTH川和町

我が家は、私がどれくらい働くかにより、世帯年収1000超える時もあれば500を下回るような時もあり、どっちの状況も体験しているが、「子育てはできる」と思う。ただし、ここに、小中受験をさせたい、プロピアニストの先生に従事させたい、海外留学に出したい、などのオプションが加わると「足りない」人によりベーシックプランとオプションの線引きが違うので、話が噛み合わない。特に、大学進学関連費用を親が出すのが当然だと思う層と、それはオプションだから奨学金でという層は議論がほぼ不可能。その他、様々な分断がある。Twitterで学んだ。

https://twitter.com/HighWiz/status/1516604784442490880

1年ちょいでドル円105円→130円なわけだけど、これって国際的に見たら年収2割減なのよね。

年収400万→320万
年収600万→480万
年収1000万→800万

海外行かないなら関係ない、ように見えて、じわじわと物価上昇の形で影響してくる。

https://twitter.com/Samigon_55/status/1517245922685886464

「年収1000万で子育てキツイ」「年収600万で子育て余裕」が同時に成り立つということは、所得制限で子育て支援ゼロになることで可処分所得がほぼ同じになっているということでは??高校授業料全額自己負担、医療費3割負担、児童手当障害手当ゼロ、大学奨学金申請不可。多子世帯なら充分あり得そう。年収高いと税金社会保険料も暴上がりなので、そもそも年収1000万(手取り610万)と年収600万(手取り460万)で年収差400万でも手取りは150万しか変わらない。その上更に子育て支援ゼロになれば、可処分所得の逆転すら起こる。高校無償化は年50万/子1人の補助が所得制限1円越えるとゼロだからね…

ぶっちゃけ嘘です。年収1000万が裕福という話。同じ金額でも❶給料1000万円と❷年収500万+副業500万の手取りは全く違う。お給料は高くなると、住民税・所得税が上がる。ビジネスすると「経費」ができるし、確定申告で税金コントロール可能。優秀な人が会社を辞めて、個人事業主化が進む理由はココ。

最後に

ここまで年収1000万について、割合・手取り・生活レベルから節税方法を解説してきました。年収1000万は高所得者であり、大きな一つの境界線かと思います。年収1000万の人がどのくらい存在して、どのような生活を送っているか知っておくと、今後のキャリアプランも具体的に描きやすいです。また年収1000万になる前の段階から節税方法を知っておくことで、スムーズに対策ができます。一方、年収1000万とは無縁に感じている人、今後のキャリアプランでは高収入を得られない人でも、年収1000万を達成することは可能です。転職・副業・共働きによる世帯年収を複合させることにより、年収1000万は現実的な数字になるでしょう。年収1000万は大きな境界線ですが、達成するのは不可能ではありません。今後のキャリアプランや将来図を描くための一つの参考になれば幸いです。

Photo by Christian Dubovan on Unsplash