公開日

2022/06/26

最終更新日

【日立システムズ年収】中途採用の給料ランキングは低い?やばい?激務?辞めたい?残業代やボーナス事情を解説!

日立システムズは日立グループにおける情報通信分野の中核を担う企業です。大企業グループの一員として世界的な案件やダイナミックな仕事に携われることが転職の大きな魅力のひとつです。IT業界への転職を希望しているのであれば、気になっている方も多いのではないでしょうか?そんな日立システムズの平均年収は655万円と推定されます。今回の記事では、

・665万円がどのくらい高いのか
・年収の内情
・役職別/職種別年収の目安
・日立システムズ転職の難易度
・求められる人材
・転職成功のコツ

などについてご紹介します。特に日立システムへの転職を希望している方や転職先の候補選びに悩んでいる方は、是非読んでみてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

日立システムズとは?

ではまず、日立システムとはどんな企業なのかを見ていきましょう。

企業概要

日立システムズは、日立グループの情報通信分野再編に伴い、

・日立電子サービス
・日立情報システムズ

が合併してできた企業です。日立グループとは、世界有数の総合電機メーカーである日立製作所を中心とした企業グループのことを指します。日立システムズは、この日立グループの情報通信分野の中核としての役割を担っており、幅広い分野でのシステムの設計・構築から運用・保守までをワンストップで行っています。コーポレートサイトに掲載されていたその他の概要については、簡単に表にまとめてあります。合わせて参考にしてください。

企業名

株式会社日立システムズ(Hitachi Systems,Ltd.)

本社所在地

〒141ー0032 東京都品川区大崎1-2-1

URL

https://www.hitachi-systems.com/

設立年月日

1962年10月1日

代表者

代表取締役 取締役社長 柴原 節男

資本金

191億6,200万円

従業員数

9,907名(2021年3月31日現在、単独)

事業内容

日立システムズの事業内容は以下の通りです。

・システム構築事業
・システム運用、監視、保守事業
・ネットワークサービス事業
・情報関連機器、ソフトウェアの販売と開発

日立システムズでは、50年以上にわたってシステムの設計・運用・保守を手がけてきました。長年蓄積されたノウハウを、

・公共
・社会インフラ
・金融
・製造
・サービス

などの広範な業種に対して提供しています。また、サービスはコンサルティングから運用・保守までを一貫して行うワンストップサービスを提供しているのも特徴の一つです。

企業理念

日立システムズでは、企業の存在意義や従業員の行動のよりどころとして「日立システムズウェイWay」を策定しています。「日立システムズウェイWay」では、

・企業理念
・ビジョン
・行動指針

を体系化し、従業員が顧客目線に立ってスピーディーにPDCAサイクルを回すことで、豊かな社会の実現に貢献することを目指しています。コーポレートサイトによると、日立システムズの企業理念は以下の通りです。

当社は、業界の先駆的企業としての経験と誇りを以って、情報技術・製品・サービスの開発と提供を通じ、真に豊かな社会の実現に貢献する。また、人の持つ無限の可能性と人間性を尊重し、お客さまに一番近い存在として、満足と感動をもたらす新たな価値を創造する。さらに、経営ビジョンとして、次のように掲載されています。世界につながる人材と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスを創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーになる。

行動指針では、従業員の行動の拠り所として、「社会貢献」や「人間性尊重」「お客さま視線」といった具体的に推奨する行動の在り方を定め、実践の様子を4コマ漫画にして分かりやすく表現しています。

参考:https://www.hitachi-systems.com/company/philosophy/index.html

日立システムズの平均年収はどのくらい?

冒頭でも紹介したように、日立システムズの平均年収は655万円と推定されます。これは、各転職口コミサイトの情報を参考にして算出した数値です。では、この平均年収655万円はどのくらいの高さと言えるのでしょうか。

ここでは、

・日本人平均との比較
・業界平均との比較
・競合他社との比較

によって、日立システムズの平均年収の水準を測っていきます。

日本人平均との比較

dodaが行った「平均年収ランキング【最新版】によると、日本人の平均年収は403万円です。日立システムズの年収は、日本人平均の1.5倍以上であると言えます。

業界平均との比較

同じくdodaの調査によると、日立システムズの属するIT/通信業界の平均年収は433万円です。業界平均と比較しても、日立システムズの平均年収は高水準であることが分かります。

同業他社との比較

同じIT/通信業界の

・日本IBM
・東芝デジタルソリューションズ
・NTTコムウェア
・NECソリューションイノベータ

と比較してみました。

日立システムズ

655万円

日本IBM

914万円(Open Work調べ/2021年12月現在)

東芝デジタルソリューションズ

684万円(Open Work調べ/2021年12月現在)

NTTコムウェア

605万円(Open Work調べ/2021年12月現在)

NECソリューションイノベータ

598万円(Open Work調べ/2021年12月現在)

日本IBMは中でも目立って高水準ですが、いずれも日本人平均や業界平均を大幅に上回っています。同じような企業グループの中の情報通信を担うような企業の中では、平均年収は比較的高いと言えるでしょう。

日立システムズ年収の内情は?

高水準であると分かった平均年収655万円ですが、その内情はどのようになっているのでしょうか。ここでは、

・ボーナス
・昇給・昇進
・残業代
・福利厚生

の事情についてご紹介します。

ボーナス

日立システムズのボーナスは年間2回、6月と12月に支給されます。口コミによると、約5ヶ月分の支給があるようで、年収におけるボーナスの比率は高いです。ボーナス額は所属部署の成績に左右される部分が大きく、個人での成績は参考程度になるようです。しかし、ボーナス額はかなり安定しているという口コミもありました。

昇給・昇進

昇給・昇進は年1回4月に行われます。年度初めに設定した目標をもとに半期に一度上司との面談が行われ、その中で評価が決まっていきます。口コミによると、昇給はほぼ毎年あるものの数千円ペースと伸び率は低めなようで、大きくベースアップするのは昇進時のようです。日立システムズでは年功序列の風潮が残っているようで、係長までは勤務年数が長ければ昇進可能です。一方で課長・部長クラスへの昇進はポジションに空きがでたときにのみ発生し、それなりの実績と能力が必要とされます。

残業代

日立システムズでは見なし残業制度はなく、残業時間の実績に応じて残業代が支給されます。コーポレートサイトによると、月の平均残業時間は21.8時間です。かつては激しい残業を強いられる場面もあったようですが、働き方改革によって残業時間は適切に管理されるようになっています。たとえば、ノー残業デーを定めたり、部署によっては原則残業禁止の課もあるようです。ワークバランスのとれた企業とも言えるでしょう。しかし部署によっては繁忙期などに残業時間が増えるところもあるようなので、入社前には希望部署の残業実態を確認することをおすすめします。

福利厚生

日立システムズの福利厚生制度は非常に充実しています。特に住宅手当は手厚く、賃料の50%を企業が負担してくれます。30歳以下の未婚社員は、格安で独身寮に入ることも可能です。その他にも、以下のような制度が利用できます。

・短時間勤務制度
・在宅勤務制度
・年次有給休暇
・リフレッシュ休暇
・家族看護休暇
・育児/出産休暇
・介護休暇
・社会保険完備
・財形貯蓄
・各種健康診断
・保養所
・テーマパーク、映画チケット補助 など

Open Workによると、有給休暇の取得率は48.9%です。しかし口コミには、申請すれば断られることはほぼないとされていました。日立システムズの平均勤続年数は21年と非常に長いですが、このような充実した福利厚生制度があることも、安心して長く働ける要因のひとつと言えるでしょう。

役職別年収の目安

次に、役職別年収の目安を見ていきましょう。前述のように、日立システムズでは昇給は緩やかで年功序列の風潮があるため、大幅な年収アップは昇進時に起こります。課長・部長クラスへの昇進はタイミングと能力が重視されるようで、早ければ30代半ばには課長になり、年収1,000万円に迫る人もいるようです。以下、各転職サイトの口コミや国税庁の平均年収調べから、目安となる数値を算出してみました。実際とは異なるおそれもあるので、参考値としてご覧ください。

役職

年収

部長

1,290万円

課長

1,068万円

係長

793万円

主任

734万円

平均年収

655万円

この表で見ても、係長から課長へのアップ幅が非常に大きいことが分かります。

職種別年収の目安を比較

次に職種別の年収目安をご紹介します。こちらの数値は各転職サイトに掲載されている求人情報の募集職種から、それぞれの大まかな値を算出しています。職種によってはこの範囲ではない場合もありますので、ご注意ください。

職種

年収目安

営業・コンサルティング職

400~900万円

エンジニア職

350~1,000万円

マネジメント職

800万円~

マーケティング職

400~800万円

どの職種も、スタート時には日本人平均程度かそれを下回る水準です。しかし、伸び幅が大きく、結果的には高水準のレンジであることが分かります。

日立システムズ転職の難易度は?

日立システムズの転職難易度は、以下の2点の理由から高いと言えます。

・専門的な知識や前職での経験を問われる職種が多い
・希望職種の募集がない場合がある

では、ひとつずつ見ていきましょう。

専門的な知識や前職での経験を問われる職種が多い

日立システムズの募集職種は、専門的な知識や前職の経験が問われるものが多いです。たとえば、SEの場合、SEとしての実務経験や担当業界への知識が必要とされます。そのため、異業種からの転職はハードルが非常に高く、難易度も高いと言えるのです。また、海外との交渉が必要な部署では、TOEIC500点以上の一定の英語力を求められるケースもあります。このように求められる資格を先に取得する必要がある場合も、転職活動に時間や手間がかかり、現職と並行して行うことが困難になることが予想されます。

希望職種の募集がない場合がある

日立システムズのキャリア採用では、ポジションに空きが出たり必要ポジションが増えたタイミングで不定期に求人情報が出されます。そのため、いざ転職活動をしようと思っても、なかなか希望の職種に応募できないというケースもあるのです。この場合、いくつかの転職サイトなどに登録し希望職種で求人情報が出るのを待つことになります。しかし、日立システムズは上述のように給与面や待遇面が高水準であるだけでなく、ダイナミックで先進的な業務内容から人気の企業です。もし希望職種の求人が出たとしても、すぐに応募が殺到する恐れがあるため、常に情報に対してアンテナを張っておく必要があるのです。

選考プロセス

コーポレートサイトによると、選考プロセスは次のように紹介されていました。

① 各転職サイトよりエントリー
② 書類選考
③ 適性検査
④ 個人面接
⑤ 最終面接
⑥ 内定

エントリーはコーポレートサイトからではなく、各転職サイトから行います。また、適性検査時には職種により技術試験を行う場合があるので注意しましょう。

参考:https://www.hitachi-systems.com/recruit/career.html

求められる人材とは?

では、日立システムズが求めているのはどのような人材でしょうか。もちろん、各職種における深い知識や経験は、転職成功の大きな強みとなりえます。一方で、日立システムズでは、企業の価値観を非常に重要視しているのです。「日立システムズウェイWay」を見ても分かるように、日立システムズでは、一連のサービスを通じて顧客目線で新たな価値を提供することと、豊かな社会作りへの貢献を目標としています。この、「顧客目線」、「新たな価値の創造」、「豊かな社会づくりへの貢献」は、コーポレートサイト内の社長のメッセージにも同じく登場してくるキーワードです。日立システムズでは、これらの価値観を理解・共感し、自ら体現できる人材を求めていると言えます。

日立システムズへの転職成功のコツ

日立システムズへの転職難易度の高さはご紹介した通りですが、それだけに魅力的な企業であるとも言えます。ここまで読み進めてきて、内定に向けて心が動いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、最後に日立システムズへの転職成功のコツを2点ご紹介します。

・企業の価値観を理解し自己分析の精度を上げる
・転職エージェントを利用する

企業の価値観を理解し自己分析の精度を上げる

企業の価値観を理解すること、自己分析の精度を上げて自分が企業に貢献できる点を洗い出すことは、日立システムズへの転職成功に欠かせません。日立システムズでは、「日立システムズウェイWay」を策定し、社員のあるべき姿や企業の目指すべき将来像を示しています。定義されている事項はどれも非常に明確で、企業としての考え方を共有することや、同じ目標に向かってチームワークを発揮することを重視していることが分かります。これまでの経験から自己分析を進め、こうした企業の価値観に自分がいかにマッチした人材であるかをアピールすることが重要となるでしょう。

転職エージェントを利用する

日立システムズのような転職難易度の高い企業の内定を目指す場合、転職エージェントの利用は次の4点から非常に効果的です。

・企業ごとの対策が受けられる
・必要な情報をいち早く探してくれる
・煩雑な事務手続きを代行してもらえる
・非公開求人情報を教えてもらえることがある

企業ごとの対策が受けられるのは、転職エージェントを利用する大きなメリットです。転職エージェントサイトへ登録すると、利用者が希望する職種や業種に応じて担当アドバイザーがつきます。アドバイザーは転職活動のプロとして、各業界や企業に関する深い知識を有しています。日立システムズのように、企業の価値観を明確に定義している場合、いかにそれにマッチした人材であるかをアピールすることは重要です。アドバイザーは企業に応じた

・履歴書や職務経歴書の添削
・面接指導

を行ってくれるため、自信を持って本番に臨めるのです。また、サイト内の膨大な求人情報の中から、適切な情報を素早く提示してもらえることもメリットのひとつです。先述の通り、日立システムズのキャリア採用では必要な時に不定期に求人が出されます。もし希望職種が見当たらない場合には、新たに募集がかかるのを待つ必要がありますが、人気企業ゆえにタイミングを逃すとすぐに内定者が決まってしまう恐れもあります。そのため、いくつかのサイトに登録し、常にアンテナを張って情報の取りこぼしを防ぐ必要があるのです。しかし、転職活動は新卒時の就職活動とは異なり、現職を持ちながら並行して行うことがほとんどです。つまり、転職活動にしっかりと時間を割くことは困難なのです。転職サイトに登録すると、必要な情報が更新されるとアドバイザーがいち早く情報をキャッチして提供してくれます。毎日何回もサイトをチェックすることなく、スムーズに活動が行えるのです。同じく、時間があまり割けない転職活動において有用なのが、事務手続きの代行サービスです。転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーが、

・煩雑な書類の提出
・スケジューリング

などを代行してくれます。利用者は空いた時間で自己分析や面接対策を進められるので、効率よく転職活動を進められます。また、非公開求人情報が教えてもらえることがあるのも、メリットと言えます。非公開求人情報とは、企業が特殊な事情から一般公開していない求人情報のことです。たとえば、応募が殺到しそうな好条件の案件や新規事業の立ち上げに関する案件、管理職級の案件などが隠れていることがあります。日立システムズの求人情報はこれらの要素を満たしていると考えられるため、アドバイザーから非公開求人情報として紹介される可能性があると言えるのです。

日立システムズ転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

日立システムズ転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

日立システムズ転職を目指す上でおすすめの転職サイト

日立システムズ転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

日立システムズの平均年収は665万円です。これは日本人平均や業界平均と比較しても高水準であると言えます。さらに、課長以上へ昇進すると一気にベースアップし、年収1,000万円以上も十分狙えます。また、残業時間が厳しく管理されワークバランスがとれていることや、福利厚生が充実していることも待遇面での魅力と言えます。そのため、日立システムズの転職人気は高く、求められる能力もレベルの高いものであると言えます。転職成功のためには、自己分析をじっくりと行い、自分がいかに企業の価値観を共有・体現できる人材であるかをアピールすることが重要です。転職エージェントを利用すると、事務手続きや情報収集を代行してもらえるほか、非公開求人情報を教えてもらえるなど、転職活動をスムーズに効率的に行うことが可能になります。さらに、担当アドバイザーが業界研究や自己分析、各企業ごとの対策まで実施してくれるので、安心して自己PRができる点もおすすめです。