公開日

2022/01/13

最終更新日

【リクルート年収】給料ランキングは安い?平均年収と転職成功率を上げる方法を解説【高卒・大卒・院卒】

  • リクルートの平均年収は同業他社と比較して高いのか
  • リクルートの給与・評価システムについて知りたい
  • リクルートに転職するためにはどうしたらよいの?

このような悩みを解決します。リクルートは求人広告や人材派遣・ITソリューションなど、幅広く事業を展開している企業です。就職人気度でも常に、ランキング上位にランクインしています。そしてリクルートの年収は実際、他の企業と比較して高いのか・入社してからどのように上がっていくのでしょうか。本記事ではリクルートの年収や転職成功率を上げるための方法に関して紹介していきます。

リクルートの平均年収は965万円

リクルートの発表している有価証券報告書によると、2020年時点で平均年収は965万円です。この年収は一般職等も入れての金額であり、総合職だけの平均年収にすると1000万円を超える平均年収になります。日本の平均年収が441万円ほどであると考えると、非常に高い水準であることがわかります。ここではリクルートの年収を年度別・年齢別そして比較との比較をもとに紹介していきます。

リクルートの年度別の平均年収推移

リクルートの平均年収は基本的には右肩上がりに上がり続けています。

2020年

965万円

2019年

962万円

2018年

958万円

2017年

872万円

2016年

904万円

2015年

904万円

2017年に872万円と少し下がってしまっていますが、それ以外は基本的には上がり続けています。

リクルートの年齢別の年収比較

リクルートの年齢別の年収は、どのような推移になっているでしょうか。年齢別で並べると基本的には、年齢を重ねるごとに年収が上がっています。

20代

500万円~700万円

30代

700万円~800万円

40代

850万円~1000万円

50代

1100万円~1200万円

60代

600万円~1150万円

年齢が上がるほど年収が上がっているのは、マネージャーや部長といった役職についている人の人数が年齢が上がるほど、割合が高くなるからです。また60代になると平均年収が下がるのは定年を間近に迎え、部長などの第一線を退く人材も増えてくることによります。特にリクルートでは若いうちに独立という名の退職をする社員が多くおり、60代まで勤め上げる人材はあまり多くいません。

リクルートの役職別年収

リクルートは役職によって大きく年収が変わってきます。

役職

年齢

年収

メンバー

22歳~

500万円~

チームリーダー

25歳~

700万円~

マネージャー

27歳~

1000万円~

部長

40歳~

1300万円~2000万円

マネージャーとは一般的な会社でいう「課長」にあたります。マネージャーの役職までは、比較的年齢で年収を上げることができます。しかしそれ以上の役職に関しては、成果を出すことで上がっていきます。そして成果の上げ方次第では早く出世することができ、マネージャー以降に関しては年次と職位が逆転することも珍しくありません。成果を出して出世していかないと、後から入社してきた優秀な社員に追い抜かれてしまうのです。

リクルートと競合の年収比較

リクルートは他競合との年収の比較はどのくらい違うのでしょうか。

会社名

年収

リクルート

965万円

パーソルHD

650万円

パソナグループ

609万円

メイテック

500万円

アルプス技研

494万円

2位のパーソルHDの年収よりも、300万円以上高い年収水準となっています。それだけリクルートの平均年収は、高いということがうかがえます。一方で年収が高い分、成果に対する高いプレッシャーや厳しさがあります。

リクルート独自の評価制度

リクルートは完全実力主義の評価制度を取っており、成果の高さがそのまま年収の高さに直結してきます。成果を出せばそれだけ年収を上げることができ、成果が出せなければ年収が下がってしまいます。またリクルートでは成果に対してのプレッシャーや詰めも非常に厳しいことで有名です。ここではリクルート独自の3つの評価制度に関して紹介していきます。

リクルート独自のミッショングレード制度

ミッショングレード制度とは年齢や在籍期間に依存することなく、自身が担当している業務や職務に等級をつけて、給与に反映させる制度です。それぞれリーダークラス・マネージャークラスといったクラスに分かれて、それぞれのクラスにあわせた年収が設定されています。同グレード内でも査定時の成果によって年収の額の幅が異なります。そのため同グレード内の社員間であっても100万円ほどの年収の差が生まれてしまうことがあります。

ミッショングレード制度以外の給与・評価制度

リクルートではミッショングレード制度以外でも半期ごとで査定があります。具体的には上司との面談時に目標を立てます。目標を立てるだけでなく、具体的なアクションプランまで明確にするようにします。その達成度を半期ごとに評価して、評価度合いがボーナスに反映されます。ただ目標を達成しているだけでは達成度としては足りなく、目標達成に至るまでのアクションプランの進捗状況といったストーリーも重要になってきます。そのため目標を達成した場合でも詰められることがあります。

インセンティブ制度

インセンティブ制度とは、目標予算を達成した際にもらうことのできる報酬制度です。部門ごとで報酬制度の基準は変わってきますが、営業部門であれば1か月と3か月ごとに目標を立てその目標に対する達成度合いに応じてインセンティブ報酬が発生します。短期的に報酬が発生するため、成果に対する報酬アップを求める社員にとってはモチベーションを上げるために重要な制度です。

リクルートの福利厚生

リクルートには他の企業にあるような住宅補助や保養所といった福利厚生はありません。

  • 社保完備
  • フレックスタイム制
  • 成果主義対応給与制度
  • 半期年俸制
  • キャリア支援制度
  • STEP制度

完全成果主義の企業だけあり、福利厚生の制度にも成果主義を後押しする制度が多く設置されています。ここではあまり聞き覚えのない「STEP制度」と「キャリア支援制度」に関して紹介をしていきます。

STEP休暇

STEP制度とは勤続年ごとに応じて最大28日間の休みを取得することができる制度です。例えば3年ごとに取得することができ、その間に短期留学や旅行・資格試験の勉強をすることで、よりキャリアアップにつなげることができます。また仕事の都合上STEP休暇が取れない社員に対しても、休暇がただ消えることはありません。休暇が取れない社員に対しては、ボーナスとして約30万円が支給されます。普段仕事に勤しんでいる社員をねぎらう制度の1つでもあります。

キャリア支援制度

他の企業では考えづらいことですが、リクルートでは独立志向が強い社員が多く在籍しており、起業や更なるキャリアアップのための転職で退職する社員がいます。しかしリクルートではそんな社員を退職とよぶのではなく、「卒業」とよんでいます。そしてリクルートを卒業していく社員に対しては、支援金制度が用意されています。リクルートを卒業する社員には、年収1年分が支給されます。また35歳以降の3年以降には一定金額が給与に上乗せされていく制度もあります。リクルートでは企業側も比較的卒業に関してはプラスのイメージを持っています。

リクルートの年収に対する口コミ

リクルートの年収に対する口コミはどうなっているのでしょうか。良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介していきます。

リクルートの良い口コミ

リクルートの年収に関する良い口コミには以下のものがありました。

  • 成果を上げただけ給料が上がっていく
  • 30代で退職金1000万円もらえるので辞める決断がしやすい
  • 年次に関係なく評価項目が決まっているため、モチベーションが上がりやすい
  • 1年目から給与の差が出てしまうが、頑張ればその分給与を上げることができる
  • ワークライフバランスは比較的取ることができる
  • 結果にコミットして働きたい人にはおすすめの環境

成果主義の企業なだけあり、頑張って成果を上げた分だけ年収にかえってくるといったことや、成果がそのまま給与につながるため、モチベーションアップにつながるといった口コミが多くありました。成果主義で給与が高い中で意外とワークライフバランスが取れるという口コミもありました。しっかり休む時は休んで常にベストパフォーマンスを発揮することを求められる環境であることがうかがえます。

リクルートの悪い口コミ

逆にリクルートの悪い口コミに関しては以下のものがありました。

  • 残業が非常に多く、激務
  • 営業は苦しく、研修も厳しい
  • グレードに対してのミッションが高すぎる
  • 数字が達成できていないときの上司の詰めが非常に厳しい

悪い口コミに関しては、仕事に関してのミッションの高さ・達成できない場合の上司からの詰めの厳しさに関しての口コミが多く見られました。特に上司からの厳しい詰めに関しては、色々なところでいわれており一種の文化のようなものになっています。「なぜ?」を繰り返し考えさせる詰めになっており、深くまで論理的に考えられるようになることが重要です。逆にこの詰めの文化を乗り越えることで、論理的思考力を鍛えることができるようになります。かなり精神的にはきついものになるので、その詰めに耐えられる精神力は必要です。

リクルートの転職

リクルートで更なるキャリアアップや、リクルートで培ったスキルをもとに起業したいと考え転職を希望する人も多いのではないでしょうか。リクルートは新卒の就活でも非常に人気のある企業です。そんなリクルートは転職の市場でも非常に人気があり、転職難易度は高いのではないでしょうか。ここではリクルートの転職難易度から募集の見つけ方・選考フローまでを紹介していきます。

リクルートの転職難易度は高いのか

結論リクルートの転職難易度は非常に高いです。リクルートの転職における選考では最も面接が重視されます。そこではリクルートが求める人物像にあっているのか徹底的に確認をされます。「なんで?」「なんで?」といった形に、とにかく詰めの面接が行われる可能性が高いです。どんな優秀な人材でもそこで違うと思われてしまえば、不採用になってしまいます。そこでリクルートは面接対策が非常に重要な鍵を握ってきます。

リクルートの募集はどこで見つけるのか

リクルートの募集は「企業の募集サイト」か「転職エージェント」の2つになります。リクルートの募集要項を確認すると、中途で募集している募集ポジションを探してそれぞれのページに入り募集の詳細を確認したうえで応募になります。多くの募集ポジションがあるため、応募するポジションを間違えないためにも募集内容はよく確認しておくことが重要です。またリクルートの募集は常に全てのポジションがあるとは限りません。そのため自分の応募したいポジションの応募を逃さないためにも、転職エージェントに登録して自分の応募したいリクルートのポジションを、転職エージェントの担当者に伝えておくことが重要です。そうしておけば募集が入ったタイミングで応募をもれなくすることができます。

リクルートの転職での選考フロー

リクルートの選考フローは大体以下の通りになっています。

  1. 書類選考
  2. SPI・筆記試験の実施
  3. 一次面接
  4. 最終面接

選考フローに関しては他の企業と大体同じ流れで進みます。一次面接は、人事担当者と現場のマネージャーが大体面接官となります。そして最終面接では、面接官は部長か役員といった立場が上の役職の社員になります。

リクルートの募集職種

リクルートの募集職種には主に3つの職種があります。

  • ビジネス職
  • テクノロジー職
  • コーポレート職

それぞれの職で役割や仕事内容が変わってきます。ここではこれら3つの職種に関して、紹介をしていきます。

ビジネス職

ビジネス職は主に事業企画や営業・デジタルマーケティングといった営業要素のある職種が集まっています。基本的にリクルートは営業職が強い企業として有名であり、広告を掲載してもらうために広告を乗せる飲食店やショップのオーナーに営業をかけて提案することになります。

テクノロジー職

テクノロジー職は主にエンジニアやリクルートといったアプリの開発や運用を行うことを主な仕事としています。例えば「ホットペッパービューティー」や「スタディサプリ」などのリクルートが展開するwebアプリ開発が主なミッションとなります。

コーポレート職

コーポレート職とは、経営企画やファイナンス・法務・人事総務といった管理部門です。募集サイトには上記の部門の他にも多くのポジションの募集が設けられています。

リクルートの転職成功率を上げる方法

転職難易度の高いリクルートで転職成功確率を上げるためには、どうしたら良いのでしょうか。リクルートの転職成功確率を上げる方法に関して4点紹介していきます。

転職エージェントに登録してサポートを受ける

転職エージェントを活用しなくても、リクルートへの転職は成功させることはできます。しかしリクルートは、転職難易度が非常に高い企業です。ましてやリクルートも転職エージェントを運営しています。自分が希望する企業の扱っている商品を使用することは、転職するうえでも非常に重要です。また転職エージェントでサポートを受けることのメリットは2つあります。

  • リクルートの転職に適した面接対策を受けられる
  • 募集を逃さないで済む

特にリクルートは転職エージェントを運営している企業のため、リクルートの転職における面接対策などはどの転職エージェントでも記録があるはずです。そこでリクルートに特化した面接対策などのサポートを受けることができます。当然どの転職エージェントでも良いわけではなく、リクルートやDODAといった大手の転職エージェントの方がより特化した対策を受けることができます。

採用要件となるポイントをおさえておく

リクルートは非常に厳しい採用要件を定めています。

  • 常に自責思考で考える
  • 高い熱量
  • 課題へ向き合い解決する力
  • 常に主体性を持って仕事をする
  • 成果を出すまでやり抜く力

グループによって要件は変わってきますが、上記の5点がリクルートの採用要件となっています。この採用要件をもとに、面接の質問も用意されてきます。そのため、選考特に面接の前にはこれら採用要件に関しては、頭にしっかり入れておくようにすることが重要です。

SPI対策はしっかり準備する

SPIは元々リクルートが開発した試験です。そのためSPIに関しても他の企業と比較して厳しい合格基準が設けられています。SPIの対策もしっかりとやり、面接に行く前にSPIで落とされてしまうことのないようにすることが重要です。

面接で聞かれることを事前に確認

面接で聞かれることを事前に確認して何度も練習しておくことは非常に重要です。これまでに面接で聞かれた質問に関してまとめます。

  • どんな人材になりたいか
  • なぜ弊社を希望するのか
  • 数字へのコミットメントについて
  • 生い立ちを一から話す
  • なんでうちなの?
  • なぜ成長したいの
  • どういう価値観でそれをやったの?
  • 学生時代に力をいれて取り組んだこと
  • 学生時代にがんばったこと
  • 自分を動物にたとえるなら

上記の質問に関しては過去に聞かれており、質問に答えるだけでなく「なんで?」に対応できるようにしておくことが重要です。最初の質問にはしっかり答えられても、「なんで?」に対して思考停止してしまうと、それだけで面接に落ちてしまうことになります。非常にもったいないことなので、転職エージェントの面接練習のサポートでリクルートの「なんで?」の面接に対して対応できるように、練習を重ねるようにしましょう。

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職サイト

リクルート転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

リクルートの平均年収は965万円と非常に高い水準であり、

・パソナグループ
・パーソル

といった競合他社と比較しても300万円以上の差があります。年収が高い分、リクルートでは完全成果主義の制度があり、成果を上げることができればその分高い年収を得ることができます。しかし、成果を上げることができなければ年収が下がってしまいます。リクルートは頑張って成果を上げればその分年収が上がるという良い口コミがある半面、求められる成果の高さと上司からの厳しい詰めがあるといった悪い口コミもあります。そんなリクルートの転職難易度は非常に高いです。リクルートの転職では面接が非常に重要です。リクルートの面接では聞かれた質問に答えるだけでなく、「なぜリクルートなのか」に答えられるようにすることが求められます。本記事を参考にリクルートへの転職を成功させて、高い年収・キャリアアップにつなげることができれば幸いです。