公開日

2022/06/25

最終更新日

【パナソニック転職】第二新卒OK?中途採用の転職難易度はやばい?人気?後悔?面接書類選考のポイント

  • パナソニックの転職難易度を知りたい
  • グローバル企業に転職したい
  • パナソニックに転職できるのだろうか

このような悩みにお答えします。結論、パナソニックへの転職難易度は高いです。日本を代表する企業の一つであるため、人気が高く、競争相手が数多く存在します。さらに、中途採用者には高いスキルが求められます。新入社員のように1から教育して伸ばすのではなく、即戦力が求められているのです。パナソニックに転職をして、暮らしに身近な製品の開発に携わりたいと考える人も少なくないでしょう。本記事では、パナソニックに転職する際に押さえておきたい4つのポイントや転職する際の注意点などを解説していきます。グローバルなビジネスを経験したい方やパナソニックでキャリアアップしたい方は、是非参考にしてください。

【パナソニック転職】おすすめエージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

パナソニックの経営方針

まずはパナソニックの経営方針を紹介します。どのような経営方針をしているかを理解できれば、転職後の動き方が見えやすくなります。面接の際に質問されても、的外れな回答をするリスクが減ります。パナソニックの経営方針は以下の通りです。

  1. 企業の使命
  2. パナソニックグループの使命と今なすべきこと。
  3. 綱領
  4. 信条・七精神
  5. パナソニックグループの経営方針
  6. 経営基本方針の実践
  7. お客様大事
  8. 自主責任経営
  9. 衆知を集めた全員経営
  10. 人をつくり人を活かす

参考:パナソニックグループに経営基本方針

中でも重要なのは、3の「綱領」です。上記の経営方針は、創業者である松下幸之助氏が考案しました。「綱領」は、パナソニックのあらゆる経営活動の指針となっています。会社の進路を決定するための基本といわれているため、パナソニックに転職を考えている人は知っておくべき情報といえるでしょう。具体的な意味は、以下の通り。

「産業人たるの本分に徹し 社会生活の改善と向上を図り 世界文化の進展に寄与せんことを期す」

この言葉が意味するところは「私たちは企業人として、社会の発展に貢献するという意識を持って、この使命をたゆみなく実践し続けていく」ということです。

参考:パナソニックグループの経営基本方針

パナソニックは、商品やサービスの質にこだわり続けています。価値の高いサービスを提供して、人々の生活を豊かにすることがパナソニックの経営方針です。パナソニックに転職したい方は、1〜10の経営方針に必ず目を通しておきましょう。

パナソニックの理念

パナソニックの理念を理解すれば、求めている人材が把握できるようになります。面接でもよく聞かれる内容なので、理念については知見を深めておきましょう。

パナソニックのブランドスローガン

スローガンの意味は、以下の通りです。

「A Better Life, A Better World」

ブランドスローガンは、ブランドプロミスを端的に表現した言葉です。お客様のくらしに寄り添う「家電のDNA」を継承しながら、

・住宅
・社会
・ビジネス
・旅
・自動車

など多様な空間・領域で、様々なパートナーとともに、お客様一人ひとりにとっての“より良いくらし” を追求し、拡げていく。そして、地球環境への貢献をはじめ、グローバルに“より良い世界” の実現に貢献していく。そうした大きなメッセージをストレートに表しながら、BtoCおよびBtoB ビジネスの両イメージを織り込んでいます。

参考:パナソニック ブランド

パナソニックはもともと、BtoCをメインにした事業を展開していました。そこからグローバルビジネスや環境問題の改善に取り組むため、BtoBに力を入れています。

松下幸之助氏の理念

創業者の松下幸之助氏が掲げた理念は、以下の通りです。

綱領

産業人たるの本分に徹し社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与せんことを期す

私たちは物資の生産、流通、サービス等の産業分野で新しい利用価値をつくり出し、幸福の創造に貢献することを”天職”と考えます。

そして、使命感を持って与えられた役割を実践していくことを通じ、人々や社会により多くの便宜を与え、その生活向上と社会の繁栄をもたらすとともに、平和で幸福な社会が築かれ、世界の文化が進歩発展すべく日々努力します。

参考:パナソニック 経営理念

松下幸之助といえば、経営の神様と言われています。パナソニックに転職するなら、松下幸之助氏は絶対に無視できません。松下幸之助氏は、戦後の日本経済を立て直した経営者の一人です。1918年(大正7年)3月7日に6坪ほどの小さな工場が、パナソニック(当時は松下電気器具製作所)の始まりです。

・アタッチメントプラグ
・2灯用差込みプラグ

を開発して、見事成功しました。その後、優秀な社員を多く採用し、会社は徐々に大きくなり、今のパナソニックがあります。体が弱く、体調を崩しやすい松下氏にはできることが限られており、多くの人に手助けを求めた結果、優秀な人材が松下氏に集まりました。その仕組みが、株式会社の[部署]の制度になったと言われて。9歳で丁大阪に稚奉公に出たため、学歴もありません。そんな中で「日本から貧困を無くす」という想いを胸に経営をした結果、今のパナソニックに続いてします。

パナソニックの事業内容

パナソニックのメイン事業内容は、以下の通りです。

家電事業

空調や家電、美容や健康家電、AV家電など

住宅事業

住宅設備やリフォーム、エネルギーマネジメント、エイジフリーなど

車載事業

インフォテインメントシステム、電装エレクトロニクス、車載電池など

B2B事業

アビオニクス、ファクトリー向けソリューション、食品流通向けソリューション、社会インフラなど

上記の事業を以下の4つのカンパニー体制を基盤に、事業を展開しています。

  • アプライアンス社
  • エコソリューションズ社
  • コネクティッドソリューション社
  • オートモーティブ
  • インダストリアルシステムズ社

アプライアンス社

アプライアンス社は「くらしアプライアンス」と「くらしインフラ」の事業領域で貢献をモットーに事業展開をしています。アプライアンス社が展開している事業内容は以下の通りです。

  • 食品流通
  • 家電・空調関連製品などの開発
  • デバイスの開発・製造・販売事業

クッキングヒーターやドラム式洗濯機、ヘアドライヤーや家庭用エアコンなど、日常に必要な家電を製造・販売がメインのBtoC事業になります。

ライフソリューション社

「人起点でくらしをよりよく、快適にするの実現」をモットーに事業を展開しています。空間コーディネートがメインです。人の動きや人数に応じて、照明や空調を制御するための仕組みを作り、効率化・省エネに取り組んでいます。ソーラーパネルや蓄電池を利用して、エネルギー消費の効率化を目指しているのがライフソリューション社の特徴です。

コネクティッドソリューションズ社

「現場」のプロセス革新を通じたお客様へのお役立ちをモットーに事業を展開しています。B2Bビジネスを手がけるカンパニーです。大規模イベントに使用される高輝度プロジェクターや、業務パソコン、航空機内のエンターテインメントなどのシステムなどを、提供しています。BtoB、BtoBtoCがメインの事業ですね。

オートモーティブ社

モビリティの安全と環境負荷の低減を目的とする事業になります。下記の電動化システムが、オートモーティブ社の事業領域です。

  • 車載インフォテインメント(IVI)
  • システムや先進運転支援システム(ADAS)
  • 自動車用ミラー

車の安心や安全、安全、環境負荷低減に貢献しているBtoB事業ですね。

インダストリアルシステムズ社

「インフラの発展に省エネで貢献」をモットーに、事業を展開しています。情報通信インフラ、車載分野のCASE*、工場のスマート化などの分野において、顧客の悩みを解決します。具体例として、新型コロナウイルスの影響により、製造業や工場の多くは停滞しました。上記の問題を解決するために、ネットワークデバイスの提供などをしています。BtoBがメインの事業になります。

パナソニックの転職難易度

パナソニックの転職難易度は極めて高いです。グローバルなビジネスを展開しているため、人気が高く競合が多い傾向にあります。本社勤務を希望する場合、難易度はさらに高くなります。BtoBビジネスにも力を入れているため、転職社に求められるスキルのレベルも高いです。

パナソニックが人気の理由

パナソニックが人気の理由は、以下の3つです。

  • ステップアップ・キャリアアップできる
  • 福利厚生が充実している
  • 安定して働ける

ステップアップ・キャリアアップできる

パナソニックは、キャリアアップ・ステップアップできる転職先として高い人気を博しています。研修生制度が充実しているため、キャリアアップを考えている人には、最高の環境でしょう。生活の身近にある商品の開発に携われる可能性もあります。市場調査で海外に行けるのも、パナソニックの魅力です。学ぶべき内容を上司かが教えてくれるので、何のスキルを習得するべきかわからない人でも、安心してスキルアップできます。世界的にその名を知られる企業なので、研修の質も高く、ステップアップできるのは大きな魅力ですね。

福利厚生が充実している

パナソニックの福利厚生は、大手有名企業の中でもトップクラスで充実しています。福利厚生の種類は、以下の通り。

  • 社会保険完備(雇用保健、労災保険、健康保険、厚生年金)
  • 超過勤務手当
  • 通勤交通費全額支給
  • 勤務手当
  • 社宅完備
  • 弔時見舞金制度
  • 確定拠出年金制度(定年60歳※継続雇用制度有)
  • 財形貯蓄制度
  • 各種共済制度(パナソニック年金、パナファミリー傷害保険等)
  • 全国保養所利用可能
  • 公認資格取得奨励制度
  • 育英補助金制度
  • 介護支援給付金
  • ベネフィット・ステーション
  • 研修制度
  • 退職金制度

福利厚生がこれだけ充実している理由は、創業者である松下幸之助氏の「ものをつくる前に人を作る」の思いを、今でも大切にしているからと考えられます。質の高い商品や新しいアイディアはなどは、従業員の働きやすさによって変わります。従業員のプライベートを奪ってしまっては、社員のモチベーションが下がり、製品の質が落ちる可能性があります。そのため、社員のワークライフバランスを調整しやすいように、パナソニックは福利厚生が充実しています。

求められるスキルのレベルが高い

グローバル・BtoBビジネスを展開するには、高いスキルが求められます。BtoBの場合のビジネスを展開する場合、競合他社と比較されますよね。クライアントが「パナソニックはA社より劣っている」と判断されるわけにはいきません。パナソニックが掲げる理念を達成するために、中途採用者には高いスキルを求めています。

地方や子会社は転職しやすい

地方勤務や子会社への転職は、本社勤務に比べると転職難易度は下がります。理由は、子会社の方が採用枠が広いからです。本社に比べると、給与や福利厚生が下がる可能性がありますが、転職を成功させたいなら、地方勤務やパナソニックの子会社への転職も検討しましょう。本社勤務を希望しても、転職した部署によっては子会社勤務にるケースもあります。

パナソニックの平均年収

doda パナソニック株式会社の平均年収、給与情報によると、金額は744万円です。国税庁の民間給与実態調査で出た全国平均年収は467万円で、平均よりも高い数字を出しています。パナソニックは年功序列のため、勤務年数が長いほど、給与が高くなりますね。家賃補助や出張手当も充実しているため、手取りがくはもう少し高いです。

年代別平均年収

年代別の平均年収は、以下の通りです。

年齢

男性

女性

20歳~24歳

343万円

313万円

25歳~29歳

439万円

400万円

30歳~34歳

528万円

425万円

35歳~39歳

595万円

429万円

40歳~44歳

648万円

427万円

45歳~49歳

705万円

449万円

50歳~59歳

798万円

517万円

55歳~59歳

892万円

534万円

パナソニックの口コミ

パナソニックには、福利厚生が充実しており、長く勤めると給与が高くなるため、社員からの評判は高いです。一方で、パナソニックに対する不満の声もあります。プラスとマイナスの口コミ両方をみて、転職する際の参考にしましょう。

社員からのプラスな口コミ

プラスな口コミは、下記の通り。

  • 休みが多く、プライベートが充実しやすい
  • 福利厚生が充実している
  • チャレンジする場をもらえる

休みが多く、「仕事とプライベートの両立がしやすい」評判の声が多いですね。パナソニックの制度を理解していれば、ライフステージによるトラブルのサポートもしてくれるので、長く勤める社員にとっては非常に働きやすい環境といえます。出産や育児が忙しくて退職する人も少なく、社員からは「働きやすい職場」と定評があります。

社員からのマイナスな口コミ

一方で、良くない評判も少なくありません。中でも多いのが下記の通り。

  • 大手企業特有の社風がある
  • 年功序列のため、成果が反映されにくい
  • 部署によっては、従業員の大半が男性の場合も

中でも年功序列に対する意見は、少なくありません。年功序列では、成果を出しても給与に反映されづらい可能性があります。全く反映されないわけではないですが、成果主義の企業に比べると、成果を出す人の収入は下がるかもしれません。社員は男性の方が多いため、部署によっては、女性が肩身を狭い思いをするとの声も上がっているみたいですね。

パナソニック転職に成功する人の特徴

それでは、パナソニックに転職で成功する人の特徴について解説します。結論は、以下のとおり。

  • パナソニックの理念を理解している
  • 高いスキルをもっている人
  • BtoBビジネスが得意な人
  • 顧客心理を熟知している人

上記4点です。それぞれ詳しく解説します。

パナソニックの理念を理解している人

パナソニックに限らず、転職したい企業の理念を理解している人は、転職が成功する確率が高いです。企業の理念を理解しているのは、「理念に共感してる人」と認識されやすいからです。そもそも理念を知らないのは論外ですが、理解して転職に臨む人は、かなり少ないといえます。転職は準備することが多く、理念だけに時間を割いていられないからですね。しかし企業が求めているのは、会社の方針・理念を理解した上で、高いスキルをもった人です。パナソニックに転職する際は、理念をしっかりと理解しましょう。

高いスキルを持っていている人

高いスキルをもっている人は、採用される確率が高いです。BtoBビジネスを展開したり、新しいプロジェクト進めるためには、高いスキルが必要になります。近年では、エンジニアを多く採用している傾向にあります。インターネットの普及や、ブロックチェーンの出現により、webサービスのあり方が変わりつつあるからでしょう。エンジニア以外にも、他国後を話せる人や、マネジメント能力が高い人も採用されやすいです。多国語を話せる人の中には、転職後すぐに海外プロジェクトに就任した事例があります。新しいビジネスを展開し続けているパナソニックとっては、高いスキルを持つ人材が必要です。

BtoBビジネス経験が豊富な人

BtoBのビジネスの経験がある人は、採用される確率が高い傾向にあります。企業が顧客になるパナソニックは、クライアントに対してのマネジメントや、課題解決の提案をする場合があります。BtoCとは違い、企業の課題を解決するため、ビジネスの知識や経験が必要です。グローバルビジネスも展開しているため、マーケティングに対する深い知識も必要でしょう。そのため、BtoBでのビジネス経験をしている方は、パナソニックに採用されやすい傾向があります。

顧客心理を理解している人

BtoCの事業が基盤になっているパナソニックにとって、顧客心理を理解している人は、有益な人材といえるでしょう。日常で使う家電や美容製品など、消費者が望んでいるのか分析して提案できると、パナソニックの売上につながります。BtoBビジネスに力を入れているパナソニックですが、「人々の暮らしを豊かにする」ことがパナソニックの本質です。高いスキルや能力は必要ですが、顧客の問題解決できる商品を提案できる人材も、パナソニックには必要な人材です。

パナソニックに転職する3つのポイント

パナソニックに転職するポイントは、以下の通り。

  • パナソニックのセミナーフェアを活用する
  • 自分のビジョンをしっかり伝える
  • 転職エージェントを利用する

順番に解説してきます。

パナソニックのセミナーフェアを利用する

パナソニックは、以下のセミナーやフェアを開催しています。

  • マッチングセミナー
  • キャリア登録
  • 転職相談会
  • 転職フェア

マッチングセミナー

マッチングセミナーでは、パナソニックへの転職希望者に対して、各部門・部署の仕事内容などを説明しています。自分が興味のある部署の担当者と、個別面談が可能です。マッチングセミナーへの参加方法は、パナソニックのホームページから受付をします。ただし、セミナーに参加してもそのまま応募できるわけではありません。セミナーに参加して疑問点を解消したら、求人ページから応募をしましょう。

キャリア登録

キャリア登録とは、あなたのスキルや経験に合う職種がある場合、パナソニックから仕事を直接紹介しもらえる制度です。特定に部署や職種に応募する必要がないため、パナソニックに転職したいけど、どの仕事を選べばよいかわからない方におすすめの転職方法です。仕事を紹介してもらえるのは1年間のみなので、キャリア登録を利用する際は、転職プランをしっかりと考えましょう。

転職相談会

転職相談会は、パナソニックの採用担当者が、求職者の疑問点を個別に回答してくれたり、情報提供をしてくれたりする制度です。キャリアプランの相談も可能で、求職者の転職が成功するようなアドバイスを受けられます。パナソニックに転職するか迷っているからは、転職相談会を受けてみるのがおすすめです。

転職フェア

転職フェアとは、転職エージェントが開催しているイベントです。転職エージェントによって、出展する企業は異なりますが、パナソニックの名前が出ている場合は参加しみましょう。

パナソニックが求めていることを理解する

どれだけ優秀な人材だとしても、パナソニックが求めいる人材でなければ、採用されません。転職で成功するためには、リサーチをしっかりして、パナソニックが何を求めているのかを分析しましょう。中途採用者は、即戦力として期待されます。そのため、パナソニックが展開している事業を確認しましょう。パナソニックの理念からも「求めている人材」を想像できます。顧客を大切にする心と、チャレンジ精神は、パナソニックに転職する上で必要と考えらるでしょう。パナソニックの歴史や、手がけている事業をリサーチして、求めている人材を、しっかりと理解しましょう。

転職エージェントを利用する

パナソニックに転職するなら、転職エージェントしましょう。転職エージェントは、転職全般をサポートしてくれます。面接対策や履歴の書き方でミスが内容に、適切な指導を受けることも可能です。さらに転職エージェントは、独自の情報を持っています。企業の内部情報や、転職した人の声など、求職者にとって有益な情報を教えてくれるのが、転職エージェントの特徴です。非公開求人も多く扱っているもの、転職エージェントの魅了ですね。一般公開していないパナソニックの求人が出ると、転職エージェントがすぐに教えてくれます。一般的な転職サイトに掲載されていないため、競合が少なく、転職成功確率が高くなります。スキルが高い場合や、パナソニックに必要な経験をしていると判断された場合、転職エージェントが給与交渉をしてくれるケースも少なくありません。パナソニックへの転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのは必須といえるでしょう。転職エージェントは、複数の会社に登録するのがおすすめです。3社ほど登録すれば、問題ありません。理由は、会社によって持っている情報が違うからです。非公開求人も、A社にはなく、B社には出ているケースもあります。複数の会社に登録しておくと、多くの情報を入手できるので、パナソニックに転職できる確率も高いですね。パナソニックに転職を考えているなら、転職エージェントを利用しましょう。

パナソニックに転職する際の注意点

パナソニックに転職を考えているな、下記に注意しておきましょう。

  • 年功序列を理解しておく
  • 大手企業特有のトラブルは想定しておく

順番に解説してきます。

年功序列を理解しておく

パナソニックは年功序列のため、結果を出しても給与につながりにくい可能性があります。全く評価されないわけではありませんが、成果主義であるベンチャー企業のような給与の上がり方は、期待できません。自分が結果を出したのに、上司が理解してくれない可能性もあります。結果を出して稼ぎたいタイプの方は、パナソニックで長く働けるかしっかり考えましょう。

大手企業特有のトラブルは想定しておく

休日が多く、労働環境の良さに定評のあるパナソニックですが、大手企業特有のデメリットも想定しておきましょう。社員数も多く、人間関係のトラブルがないとは限りません。社員が働きやすい環境作りに力を入れているパナソニックですが、大手企業特有のトラブルも発生する可能性があります。パナソニックでキャリアアップをするなら、人間関係への配慮を心がけてください。

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職サイト

パナソニック転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

パナソニックの転職難易度は高いので、転職エージェントを利用しましょう。一人で転職活動をするよりも、パナソニックに転職できる可能性が高くなります。パナソニックでキャリアップをしたいと考えるなら、転職エージェントと二人三脚で転職活動をするのがおすすめです。