公開日

2022/06/26

最終更新日

【ゆうちょ銀行年収】中途採用の給与ランキングは高い?低い?初任給・福利厚生を解説

・ゆうちょ銀行に転職して平均年収を上げることはできるのか
福利厚生や評価制度についてもよく知りたい
・ゆうちょ銀行への転職方法を知りたい

このような悩みを解決します。株式会社ゆうちょ銀行は、2007年10月に郵政民営化に伴い誕生した、日本郵政グループの一員である銀行です。全国に展開する郵便局ネットワークを通じて、幅広い個人顧客に対して金融サービスを提供しています。本記事では、ゆうちょ銀行の平均年収や福利厚生・評価制度や転職方法に関して紹介していきます。特にゆうちょ銀行への転職を検討している人は、本記事を参考にしてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ゆうちょ銀行の平均年収は675万円

2021年3月期の有価証券報告書によると、ゆうちょ銀行の平均年収は675万円でした。国税庁が発表した「1年を通じた給与所得者」によると、日本企業の平均年収は約467万円です。ゆうちょ銀行の平均年収は、日本企業の平均年収と比較して約1.5倍の水準です。ここからゆうちょ銀行の平均年収が高いことがわかります。

参考:有価証券報告書

ゆうちょ銀行の年代別平均年収推移

ゆうちょ銀行の年度別平均年収に関して、各年度の有価証券報告書を確認すると以下の推移になりました。東京商工リサーチ調べによると、銀行業界全体の平均年収が約608万円のため、業界平均よりも高い水準です。

決算月

平均年収

2021年3月期

675万円

2020年3月期

676万円

2019年3月期

669万円

2018年3月期

654万円

2017年3月期

654万円

上記の表を確認すると、ゆうちょ銀行の平均年収は非常に安定して伸びています。金融労連の調査によると、銀行業界全体の平均年収は下がっている中、ゆうちょ銀行の平均年収は年度推移で上がってきているため、年収面で見ても将来性があることがわかります。

参考:有価証券報告書

ゆうちょ銀行の年齢別平均年収推移

次にゆうちょ銀行の年齢別平均年収を見てみます。

年代

平均年収(ゆうちょ銀行)

平均年収(日本企業平均)

20代

415万円

341万円

30代

549万円

437万円

40代

630万円

502万円

50代

769万円

613万円

ゆうちょ銀行と日本企業の平均を比較すると、ゆうちょ銀行の方が少し高い水準で推移していることがわかります。しかし20代の頃は70万円ほどに対し、50代で150万円ほどの差であることから、年齢が上がるごとに年収のベースが上がってくるようです。また年齢ごとでベースが上がっていくため、年功序列の給与制度であることがわかります。

ゆうちょ銀行の初任給

次にゆうちょ銀行の初任給に関して確認していきます。

職種

初任給

総合職

・修士了:220,500~246,960円
・大学卒:212,500~238,000円

エリア基幹職

・修士了:177,200~198,460円
・大学卒:174,800~195,780円
・短大・高専:172,300~194,880円

2020年の厚生労働省の調査によると、大学卒の平均初任給は226,000円です。ゆうちょ銀行と大学卒の平均初任給はほとんど同じのため、その後の給料ベースの上がり幅およびボーナスの金額がゆうちょ銀行の方が高くなることが考えられます。

ゆうちょ銀行の職種別平均年収推移

ゆうちょ銀行では職種が分かれています。そこで、ゆうちょ銀行の職種別の平均年収を確認していきます。

職種

平均年収

一般職

約584~684万円

技術職

約570~670万円

総合職

約857~957万円

上記の表を確認すると、一般職が最も水準が低く、総合職が最も水準が高い状況でした。ゆうちょ銀行全体の平均年収は675万円ですが、総合職であれば高い年収を獲得することが可能です。

参考:平均年収.jp

ゆうちょ銀行の役職別平均年収推移

続いて役職別で確認すると、ゆうちょ銀行の平均年収はどのように変化するのか確認していきます。

役職

平均年収

係長

約600~700万円

課長

約780~1,000万円

部長

約1,000~1,300万円

ゆうちょ銀行では課長になると1,000万円を超えてきます。そのためゆうちょ銀行に入って年収を上げていきたいと考えるのであれば、役職を上げていき課長もしくは部長になっていくことが重要です。

ゆうちょ銀行の業績推移

続いてゆうちょ銀行の業績推移を確認していきます。

銀行業界全体で業績は厳しい状況が続いていますが、ゆうちょ銀行はどうなっているでしょうか。

年度

売上高(億円)

経常利益(億円)

2021年3月期

19,467.2

3,942.2

2020年3月期

17,995.4

3,791.3

2019年3月期

18,454.1

3,739.7

「2021年3月期のゆうちょ銀行業績・財務の状況」によると、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市場混乱によって、第1四半期は大幅な現役になったものの、金融政策により市場混乱は急速に回復しました。そのため通期では増益を確保しています。そのため2022年3月期の計画では、4,850億円の増益を見込んでいます。

参考:doda

ゆうちょ銀行の他会社との平均年収比較

ゆうちょ銀行の平均年収は他の会社よりも高いのでしょうか。競合他社およびグループ会社との比較を確認していきます。

ゆうちょ銀行と競合他社の平均年収比較

ゆうちょ銀行は3大メガバンクに次いで高い規模の銀行です。ゆうちょ銀行の銀行内での平均年収水準はどうなっているでしょうか。下記の表で解説していきます。

銀行名

平均年収

ゆうちょ銀行

675万円

三菱UFJ銀行

773万円

みずほ銀行

729万円

りそな銀行

662万円

新生銀行

788万円

三井住友銀行

842万円

三井住友信託銀行

706万円

銀行業界の中で最も平均年収水準が高いのが三井住友銀行でした。ゆうちょ銀行はメガバンクの中では高い方ではないものの、同じくメガバンクであるりそな銀行より高い状況でした。しかしゆうちょ銀行は現在も年収水準が上がっており、業績も回復傾向のため今後も上がってくることが予測されます。

ゆうちょ銀行とグループ会社の平均年収比較

ゆうちょ銀行は日本郵政グループの銀行業を担うグループ会社です。そこで他のグループ会社との比較を解説していきます。

企業名

平均年収

日本郵政

788万円

日本郵便

789万円

ゆうちょ銀行

675万円

かんぽ生命保険

641万円

最も平均年収が高いのが日本郵便であり、ゆうちょ銀行よりも100万円以上高いです。しかしゆうちょ銀行は総合職になると800万円以上の平均年収になるため、高い水準になることがわかります。

ゆうちょ銀行の平均年収に対する口コミ

ゆうちょ銀行の平均年収は、他会社との比較・業績の確認から高いことがわかりました。実際に働く社員のゆうちょ銀行の平均年収に対する口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」より抜粋したゆうちょ銀行の平均年収に対する口コミを紹介していきます。

ゆうちょ銀行の平均年収に対する良い口コミ

ゆうちょ銀行の平均年収に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 年収は、総合職だと割と良いと感じる
  • 年功序列で増えており、40代で役職がつけば1,000万円に到達する
  • 各種手当を含め安定した給与は保証されている
  • 総合職の場合、部署によって業務の質・量に差はあるものの、総じて業務内容の割には低くはない
  • 毎月の給料はもちろん、残業手当もしっかり出るし、ボーナスもコロナ禍でも減らされることなく例年通り満額でていた。

参考:転職会議

良い口コミとしては、年功序列の給与制度で、業績悪化の際にも給与・ボーナスを減らされることがない安定感があるという声が多くありました。

ゆうちょ銀行の平均年収に対する悪い口コミ

一方、ゆうちょ銀行の平均年収に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • キャリアを重ねると、年収は他企業と比べるとそこまで高くないと思う
  • 若手のうちは給与が低く、20代総合職でも400~500万円
  • 役職がつかない場合、昇給幅は少ない
  • 賞与や営業手当があるから良く見えるが、営業職の割に給与が見合ってない
  • 個人がいくら頑張っても店舗の成績が良くなければ手当に響く

参考:転職会議

悪い口コミの傾向としては、若手のうちは給与が低いというのがありました。年功序列のため年齢とともに年収は上がっていきますが、若いうちから伸ばしていきたいという人にとっては、現状は向かない風土のようです。

ゆうちょ銀行の会社概要

ゆうちょ銀行の会社概要は以下の通りです。

会社名

株式会社ゆうちょ銀行

本社所在地

東京都千代田区大手町二丁目3番1号

設立年月日

2006年9月1日

代表者

取締役兼代表執行役社長 池田 憲人

主な事業内容

銀行業

2006年9月1日に「株式会社ゆうちょ」として設立し、2007年10月1日に「株式会社ゆうちょ銀行」に商号変更しました。

ゆうちょ銀行の事業内容

ゆうちょ銀行は「最も身近で信頼される銀行」を目指し、幅広い顧客に対して安心・安全・便利な商品・サービスを提供しています。ゆうちょ銀行では銀行業として、主に2つの事業を展開しています。

① リテール事業

ゆうちょ銀行では、約1億2,000万の口座数・貯金残高189兆円といった邦銀トップクラスの顧客基盤を築いています。全国各地に広がる郵便局やATM網を通じて、顧客の資産形成のサポートおよびデジタルサービス戦略を展開しています。

② 運用事業

日本最大級220兆円の運用資産を最大限活用するために、投資を通じたテクノロジーやベンチャー企業への投資促進・地域経済の発展への貢献に繋げています。

ゆうちょ銀行の経営理念

ゆうちょ銀行の経営理念は以下の通りです。「お客様の声を明日への羅針盤とする最も身近で信頼される銀行を目指します」主なキーワードとしては、「信頼」「変革」「効率」「専門性」です。ゆうちょ銀行の選考を受ける際には、上記の経営理念を自分なりに落とし込んで何ができるか考えていくことが重要です。

ゆうちょ銀行の福利厚生・休暇制度

ゆうちょ銀行では以下のような福利厚生・休暇制度を用意しています。

  • 有給休暇:勤続年数に応じ最大20日
  • 年末年始・結婚休暇・ボランティア休暇
  • 育児休業:子が3歳に達するまで
  • 育児部分休業:子が満9歳に達する日以後、最初の3月31日まで
  • 介護休暇:1年度において5日いない
  • 介護休業:通算183日に達するまで
  • 介護部分休業:3年の範囲内(介護休業とは別に取得可能)
  • 資格取得形成:証券外務員、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト
  • 研修制度:eラーニング、国内外留学、海外企業派遣

一般的な企業にある福利厚生・休暇制度は整っているようです。また育児・介護に伴う部分休業に関しては他の企業にはない制度のため、充実している部分もあるようです。そこで実際に働いている社員は、ゆうちょ銀行の福利厚生に関してどう感じているのか口コミを確認していきます。

ゆうちょ銀行の福利厚生に対する良い口コミ

ゆうちょ銀行の福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 育児休業・各種休暇は男女問わず取得者が多い
  • コロナ禍ではリモートワークを積極的に取り入れている
  • 休暇に関してはしっかり取得できるため、プライベートな時間は確保できる
  • 資格取得にも補助金が出るため、いろいろな資格にチャレンジしやすい
  • 国営の名残なのか福利厚生はしっかりとしている
  • 福利厚生に関しては充実している

参考:転職会議

基本的には充実しているという声が、多くありました。リモートワークなど働き方の変化にも、柔軟に対応しており、会社全体として社員の働きやすさを上げる環境づくりをしていることがわかります。

ゆうちょ銀行の福利厚生に対する悪い口コミ

一方、ゆうちょ銀行の福利厚生に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 年間の有給は強制消化であるが、育児休業や子の看護休暇は理解のある上司に恵まれないと取得できない
  • 社内制度としてeラーニングがあるが、情報がかなり古い
  • 転勤時の引越し代が出ないと嘆く社員が多い
  • 副業を可にしてほしい
  • 社宅も完備されているが、年々古い社宅が増えている
  • 手当などはあるが、申請して承認されるまでの手続きが複雑でめんどくさいものが多い

参考:転職会議

悪い口コミとしては、制度はあるものの手続きが複雑であったり、研修制度の内容が古いなど、用意されている制度の古さを上げている声が多くありました。

ゆうちょ銀行への転職

高い年収の獲得・知名度の高い会社での勤務を考え、ゆうちょ銀行への転職を検討している人は多いのではないでしょうか。そこでゆうちょ銀行の転職難易度および選考フロー・求める人材に関して紹介していきます。

ゆうちょ銀行の転職難易度

ゆうちょ銀行の転職難易度は総合職に関しては少し高いです。その理由はゆうちょ銀行の知名度によります。ゆうちょ銀行は銀行業界の中でも、メガバンク3行に次ぐ代表的なメガバンクの1つです。そのためゆうちょ銀行に応募する希望者は多く集まり、倍率が高くなります。またゆうちょ銀行の中途採用募集は、いつもかかっているわけではありません。そのため、募集が入った際に応募者が殺到する形になります。

ゆうちょ銀行の選考フロー

  1. 書類選考
  2. 1次面接:人事担当者・現場社員
  3. 2次面接:人事課長・役員クラス

1次面接では一般的な質問がされるようですが、2次面接では専門的な質問がされる傾向があるようです。

ゆうちょ銀行の求める人材

ゆうちょ銀行は採用サイトの中で、以下を「求める人物像」として明記しています。「誠実」で「情熱」と「高い志」を持ち、失敗を恐れず「チャレンジ」する人材特に中途採用に関しては即戦力の人材が求められます。そのためチャレンジした経験だけでなく、チャレンジを通じてどのような壁があって結果どのような成果を出すことができたのか話せるようにしておくことが重要です。

ゆうちょ銀行の転職成功率を上げる方法

ゆうちょ銀行の転職難易度は高いことを解説してきました。そこでゆうちょ銀行の転職成功率を上げるためには、どうすれば良いのでしょうか。転職エージェントの有効活用・面接での傾向の把握・現職実績の整理から解説していきます。

転職エージェントを有効活用する

転職エージェントを活用しなくても、ゆうちょ銀行への転職をすることは可能です。しかし転職エージェントを活用した方が、その時の面接の傾向や選考のポイントを効率的に知ることができます。そして転職エージェントはただ活用するのではなく、有効活用することが重要です。具体的な方法としては、

  • 履歴書や職務経歴書の書類添削を何度もしてもらう
  • 徹底した面接対策をしてもらう
  • クローズドな企業情報を教えてもらう

の3点です。選考を進めていく上で書類選考や面接対策を何度もお願いすることが重要です。これはアドバイザーから提案される前に自分から依頼して行ってもらうことで、面接での受け答えの精度を高められます。

面接で聞かれる質問の傾向を把握する

ゆうちょ銀行の面接通過率を上げるためには、過去に聞かれた質問の傾向を押さえておくことが重要です。ここからは「転職会議」から抜粋した、ゆうちょ銀行の面接で聞かれた過去の質問を紹介していきます。

  • なぜメガバンクではなくゆうちょ銀行なのか
  • 全国転勤だが、希望の勤務地はあるか
  • 銀行の将来はどうなると思うか
  • うちの社長どこの銀行出身か知っている?
  • 営業として活躍していくことが期待されていますが、抵抗はないですか?
  • なぜ金融を選んだのか
  • 給料は少ないが本当に頑張れるのか
  • どういった業務をするかイメージしているか

ゆうちょ銀行の面接の傾向としては、ゆうちょ銀行自体のことや、入社してからの仕事に関して聞かれることが多いようです。そのためゆうちょ銀行の業績や課題・今後の計画の理解を深めることが重要です。

ゆうちょ銀行の中期経営計画は読み込んでおく

ゆうちょ銀行の面接通過率を上げる上では、中期経営計画の理解が重要です。中期経営計画にはゆうちょ銀行がどのような課題を持っていて、課題に対して中長期何を取り込んでいくのかを明記しているものです。ゆうちょ銀行では直近の中期経営計画(2021〜2025年)で5つの基本方針を掲げています。

  1. リアルとデジタルの相互補完による新しいリテールビジネスへの変革
  2. デジタル技術を活用した業務改革・生産性工場
  3. 多様な枠組みによる地域への資金循環と地域リレーション機能の強化
  4. ストレス耐性を意識した市場運用・リスク管理の深化
  5. 一層信頼される銀行となるための経営基盤の強化

上記の基本方針に対して、

  • 邦銀随一の顧客基盤
  • 日本全国の郵便局・ATMネットワーク
  • 本国最大級の資金基盤
  • 多様な専門人材

これらゆうちょ銀行の4つの強みを活かして計画の達成に取り組んでいます。この中期経営計画の内容を理解し、自分の実績やプロセスがどのように貢献できるのか説明できるようにしておくことが重要です。

ゆうちょ銀行転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ゆうちょ銀行転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ゆうちょ銀行転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ゆうちょ銀行転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ゆうちょ銀行の平均年収は675万円であり、日本企業の平均年収の約1.5倍の水準です。ゆうちょ銀行は安定した平均年収の推移であり、福利厚生や休暇制度も比較的充実しているものとなっています。そんなゆうちょ銀行の転職難易度は高いです。そのため転職エージェントを有効活用するなどの対策を行うことが重要です。本記事を参考にゆうちょ銀行の年収の理解と、転職成功率を上げることに繋げていただけたら幸いです。