2021-01-23

Green(グリーン)の評判・口コミ|面談から退会までの流れを整理

IT/WEB業界に強い転職サイトとして知られる「Green(グリーン)」。本記事では、Green(グリーン)のサービス内容について整理していきます。

Green(グリーン)の基本情報

Green(グリーン)の基本情報については、以下の通り。

求人情報

17,374

非公開求人 記載なし
直接面談 なし
履歴書添削 なし
面接対策 なし
形態 求人検索型
対象エリア 全国

Green(グリーン)のメリット

Green(グリーン)のメリットは以下の通り。

レコメンド機能があること

1つ目は、レコメンド機能があることです。Green(グリーン)で気になる求人を閲覧していると、同じような内容の求人が次々にレコメンドされていきます。こちらから探すことなくサイト上でおすすめの求人として紹介されますので、検索する手間や時間が省くことができます。サイトを利用すればするほどマッチングの精度が高くなっていきます。求職者の希望にマッチングした求人を自動的に知ることができるのはとても便利です。

スカウト機能があること

2つ目は、スカウト機能があることです。メッセージだけでなく簡易アプローチ機能も用意されており、企業から求職者に対して人材として興味がある旨の意思表示が送られてくることもあります。この場合は企業が求める人材像とマッチしている可能性が高いので、興味があれば応募してみると良いでしょう。

Green(バイナー)のデメリット

Green(グリーン)のデメリットは以下の通り。

IT/web業界以外の求人には強くない

1つ目は、IT/Web業界以外の求人には強くないことです。Green(グリーン)に掲載されている求人のほとんどがIT・Web業界の求人ですので、同業界を希望していない人は登録しても際立った転職活動ができないでしょう。また、仮に登録したとしてもIT・Web業界以外の業界は強くありません。

Green(グリーン)で転職するまでの流れ

まず、Green(グリーン)の公式サイトにアクセスし、プロフィール情報を入力します。会員登録が完了後、職務経歴書や履歴書を作成すると、応募可能な状態になります。あとは自身の希望する条件に当てはまる企業を探します。気になる求人に応募し、面接を受け、内定を獲得することができれば、転職活動は終了します。

最後に

今回の記事は以上となります。Green(グリーン)は、IT/Web業界の転職に定評のある転職サイトですが、上述の通り、IT/Web業界以外の転職にはそれほど強くありません。そのため、IT・Web業界以外への転職を目指す場合は、リクルートエージェントdodaなどを利用すると良いでしょう。