公開日

2022/01/11

最終更新日

【ブリヂストン転職】中途採用の転職難易度は高い?後悔?辞めたい?評判・口コミを解説!

「どうせ働くなら、業界をリードする企業で働きたい」人生の大きな転機になる転職活動において、このような考えを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?ブリヂストンはタイヤ業界において世界トップシェアを誇る日本企業です。また、タイヤ以外でも世界に向けて多くの事業を展開しています。本記事では、そんなブリジストンについて以下の内容を解説していきます。

・ブリジストンとは?
・ブリジストン転職の難易度
・選考時のポイント
・実際の給与事情や社員からの口コミ
・選考通過のコツ

ブリヂストンへの転職を目指している人だけでなく、企業選びに迷っている人も是非読んでみてください。

【ブリヂストン転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ブリヂストンとは?

まず、ブリヂストンについて基本的な情報から解説していきます。具体的には、

・企業概要
・事業内容
・経営理念
・企業の現状と市場動向

について整理していきます。

・ブリヂストンがどのような企業なのか
・現在はどのような立ち位置にいるのか

について見ていきましょう。

企業概要

ブリヂストンの正式名称は、株式会社ブリヂストン。創業者である石橋正二郎氏の苗字「石(STONE)橋(BRIDGE)」を逆さにして「BRIDGESTONE」とつけられたことは有名な話です。正二郎氏は創業時より国産タイヤの海外進出を目指していたと言います。現在では、日本国内でも日経平均株価、TOPIX Large70の構成銘柄のひとつでもある日本屈指の大企業となっています。その他、企業概要については以下の通りです。

企業名

株式会社ブリヂストン

本社所在地

〒104-8340
東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン

創立年月日

1931(昭和6)年3月1日

取締役

代表執行役Global CEO

石橋秀一

資本金

1,263億5,400万円(2020年12月31日現在)

従業員数

14,858名(2020年12月31日現在)

事業内容

事業内容は以下の3つにわかれています。

・コア事業(タイヤ事業)
・成長事業(ソリューション事業)
・多角化事業

コア事業とは、ブリヂストンのメイン商品であるタイヤやタイヤ関連の商品を扱う事業です。取り扱うタイヤは、

・自家用車
・トラック
・バス

のみならず、

・航空機
・建設用車両

のタイヤまで多種多様です。成長事業とは、タイヤやタイヤデータを活用して高付加価値を提供する事業(タイヤセントリックソリューション)と新しい価値を提供する事業(モビリティソリューション)にわかれています。たとえばタイヤのモニタリングツールを利用して、内圧に異常があれば運行管理者へアラートメールを届けるサービスを行っています。こうすることで、タイヤが原因となる事故を防ぐとともに、メンテナンスの軽労働化や経済性の向上も付加価値として提供します。これらの事業は、現在ブリヂストン全体の単体売上の約15%を占めており、中には世界ナンバーワンシェアを占める製品もあります。

多角化事業とは、上記2事業以外の事業のことです。ゴルフボールなどのスポーツ用品や自転車関連用品は、日常の中で見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。また、ブリヂストンの下位ブランドである「ファイアストン」ブランドを展開するBrigdestone America Inc.もこちらの事業に含まれます。

企業理念

企業理念を理解することは、企業の今後の方向性を知ることに繋がります。そのため、転職を考える上でも、とても重要なポイントのひとつと言えます。ブリヂストンの企業理念は「最高の品質で社会に貢献」です。つまり、ブリヂストンは、あらゆる企業活動において、利益を求めるためだけでなく社会の発展に寄与することを目指しているのです。これは、創業者の石橋正二郎氏によって制定されたもので、世界中のブリヂストン社員が行動する際の共通の価値観を表したものとされています。また、この理念を体現するための4つの心構えも同時に定められています。4つの心構えは、次の通りです。

・誠実協調(せいじつきょうちょう)
・進取独創(しんしゅどくそう)
・現物現場(げんぶつげんば)
・熟慮断行(じゅくりょだんこう)

誠実協調とは、常に誠意をもって仕事、人、社会と向き合い、多様性を認め合うことで良い結果へと繋げることです。進取独創とは、全ての事柄をお客様目線で理解し、今後の社会で役に立つであろうオリジナリティのある「創造」に挑戦していくことです。現物現場とは、真実は自分の目で確かめ、現状を良しとせず常に本来あるべき姿を追い求めることです。熟慮断行とは、物事のあらゆる可能性と本質について深く考え、スピード感と忍耐力を持ってやり遂げることです。

ブリヂストンへの転職を考えているのであれば、こうした価値観の中で自分のキャリアプランが実現できるのかどうかについて考えることは入職後のミスマッチを避けるために必須と言えるでしょう。

参考:企業理念 | 株式会社ブリヂストン (bridgestone.co.jp)

企業の現状と市場動向

ブリヂストンは、タイヤメーカーとしてはフランスのミシュランを抜く世界首位のメーカーです。日本国内における売上高は他社を圧倒しており、2020年の決算では売上高2兆9,990億円を計上しています。2位の住友ゴムは7,908億円なので、その差は約4倍ということになります。ちなみに、日本での売上比率は約20%と低く、残りの8割はアメリカをはじめとした海外への輸出による売上となっています。ブリヂストンの経営状況を見てみると、ここ数年は多少の下降傾向はあるものの、ほぼ横ばいの安定した経営を続けてきました。これは、国内ではインフラの発達やカーシェアリングの普及などで自動車販売台数が減少した影響を受けた一方で、海外市場では安定的な需要と新興国の台頭により売上を伸ばしてきたことに背景があります。ところが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年度は一時的に大きく売上や利益を落としています。当初、経営状態の悪化は長引くとの見方もありましたが、現在では既に回復の兆しが見えているようです。また、2021年に行った工場再編などの効果もあり、一部の事業を除いては既に黒字状態となっています。この流れは同じゴム・タイヤ業界に共通する動向であり、多くの企業が2021年には業績予想を当初の見込みより上方修正しています。ゴム・タイヤ業界の経営状況は、自動車業界に追随する部分が大きいとされています。そのため、多少の上下はあるものの、主な輸送手段が車から何かに変わったり、新興国での自動車市場が飽和状態にならない限りは、ある程度の安定した需要が望める業界でもあります。こうした業界としての安定感と業界トップの企業力はブリヂストンの大きな魅力のひとつとも言えるでしょう。

参考:ゴム・タイヤ業界の現状、動向、ランキングなど-業界動向サーチ (gyokai-search.com)

ブリヂストン転職の難易度は?

ブリヂストンへの転職の難易度は非常に高いと言えます。それには、以下の2つの理由があります。

・世界的企業で求められるレベルが高い
・中途採用情報が少ない

世界的企業で求められるレベルが高い

ブリヂストンへの転職の難易度が高い理由の一つは、世界的企業であるため、求められるレベルが高いことです。すでに述べたように、ブリヂストンはゴム・タイヤ業界では日本だけでなく世界全体でトップシェアブランドの地位を確立しています。当然、扱うプロジェクトの大きさは同業他社よりも大きくなることが多いと考えられます。海外の企業とのやり取りを行うための、

・語学力
・専門知識
・コミュニケーション能力
・忍耐力

など幅広い能力を問われることになるでしょう。また、ブリヂストンでは基本的に少数精鋭主義をとっています。そのため、社員ひとりひとりに与えられる裁量も入職当初からそれなりの大きさになるようです。こうした観点からも、求められるスキルや能力は高いレベルであると言えるでしょう。

中途採用情報が少ない

ブリヂストンのコーポレートサイトを見てみると、中途採用の情報が新卒に比べて極端に少ないことが分かります。この点が転職の難易度を高くしているもう一つの原因です。転職に関する口コミサイトを見てみると、ブリヂストンには、中途採用のスタッフも一定数いることが分かります。しかし、コーポレートサイトには情報が少なく、2021年12月現在では、一件の掲載もありませんでした。つまり、ブリヂストンへの転職を考える場合、まずは情報収集に時間を割く必要があるのです。転職活動は新卒での就活と違って現職の仕事や家庭のことをこなしながら行うことが多いため、活動時間に制限があります。そのため、情報の少ない状態での転職活動は非常に難易度が高いと言えるのです。

ブリヂストンの職種例

では、実際にブリヂストンで働く場合、どのような職種があるのでしょうか?ブリヂストンの職種は、大きく分けると事務職と技術職の2つに分けられます。それぞれどのような職種があるのか見ていきましょう。以下の情報はコーポレートサイトの新卒採用情報ページを参考にしています。

事務職の職種

Sales &Marketing職:商品やサービスの企画販売・マーケティングを担当している職種

・直需タイヤ販売
・リプレィスタイヤ販売
・化工品販売
・ソリューションビジネス
・グローバルマーケティング

SCM職:適切な製造販売を行うための調整・調達を担当している職種

・生産物流・グローバルSCM
・調達

管理:安定した企業経営の実現のために、さまざまなサポートを行う職種

・法務
・財務/経理
・人事労務
・広報

技術職の職種

研究開発:より優れた商品やサービスをするための研究・開発を行う職種

・基礎研究
・タイヤ研究開発
・タイヤ材料開発
・タイヤ製品開発
・化工品開発

モノづくり(生産技術):国内外でブリヂストン商品が安全に安定した品質を保って作られるようにサポートするための職種

・生産技術
・安全・防災
・品質保証
・環境推進

フィールドエンジニア:国内外の商品・サービスの企画や技術情報の収集・調査を行う職種

・海外/国内技術サービス

デジタル:ITインフラの整備、システムの構築や、ネットワークを通じて収集したビッグデータの解析・活用などを行う職種

・ITネットワーク
・生産系IT

知的財産:知的財産を一元管理し、自社権利の構築・管理・活用を行う職種

・知的財産

選考のポイントは?

実際の選考ではどのような点に注意すべきなのでしょうか?ここでは、「選考の流れ」と「求められる人材」について詳しく解説していきます。それぞれのポイントを事前に押さえておくことで、焦ることなく落ち着いて転職活動に臨むことができるでしょう。

選考の流れ

選考の流れは次の通りです。

① 書類選考
② 面接・筆記試験(SPI)
③ 内定・入社

書類選考に応募すると、1ヶ月以内に次の選考に進めるかどうかの返答があります。面接・筆記試験時には、履歴書と職務経歴書の2種類の書類を持参する必要があるので注意が必要です。その後、約10日以内で合否の連絡があり、合意の場合は内定・入社の流れになります。入社日については、個別で要相談です。

求められる人材

ブリジストンで求められている人材は、先ほど説明した経営理念を理解し、体現できる人です。具体的には4つのあるべき姿を参考に、自分の強みをアピールしましょう。中途採用の応募者に向けてコーポレートサイトに掲載されているメッセージを見てみると、特に以下のような人材が求められていることが分かります。

  • 前職の経験だけでなく、様々な価値観を持った人
  • プレッシャーを前向きにとらえて成長できる人
  • チャレンジ精神が旺盛な人
  • 何事に対しても情熱を持って取り組める人

ブリジストンは、ゴム・タイヤ業界では世界でトップシェアを誇る企業ですが、そのポジションに胡坐をかくことなく、常にお客様のためにさらなる進化を続けています。そのため、広い視野を持ち、常にお客様目線で前進できる人を求めているのです。さらに少数精鋭ということもあり、入職後には早い段階で裁量の大きな仕事を任せられることもあります。プレッシャーが大きくなることも予想されますが、そうした状況でも前向きに頑張れる人であるかも大切な点なようです。

ブリヂストン社員の給与事情とは?

実際に入職して働くことになった場合、給与事情はどうなっているのかは気になるところですよね?ここでは、コーポレートサイトや各転職サイトの情報などからブリヂストン社員の給与事情についてご紹介します。

他社比較から見る平均年収の高さとは

2020年度有価証券報告書によると、ブリヂストンの平均年収は約686万円です。これは、同じゴム・タイヤ業界の競合他社に比べると高水準と言えます。以下に競合他社との年収比較を表にまとめました。これを見ても、ブリヂストンの給与水準の高さが見て取れます。(注:全て2020年12月31日現在の情報)

企業名

平均年収

ブリヂストン

約656万円

住友ゴム

約643万円

横浜ゴム

約606万円

TOYO TIRE

約585万円

口コミによると、基本的には年功序列型の給与体系で、30代ごろからぐっと年収が上がる人が多いようです。年収1,000万円を超えるのは課長職以上が目安ですが、毎年の査定や残業代によっては、課長職に就く前に到達する人もいます。年収の詳しい内容や、昇進・昇給についてはこの後に説明しているので、そちらも見てみてください。

昇進・昇給について

昇給は年1回(4月)の昇給考課にて検討されるようです。基本的には毎年何らかの形で昇給していくようですが、同じ時期に入社した社員でも、評価次第では数年後に大きな差が生まれていることもあるようです。ブリヂストンでの評価はこれまでは不透明な部分もありそれを不満に思う社員も多かったようです。実際に古い口コミには、評価の曖昧さを改善したほうがよいとの声がいくつか見られました。しかし、2021年より行動評価ベースの新しい能力評価方法に変換しているようです。

現在はまだ能力評価については導入段階で、全ての部署で納得感を得るまでには至っていないようでしたが、一方で会社が変わろうとしているのを肌で感じるといった声もあります。この点については、今後の改善に期待といったところです。

ボーナスについて

ボーナスは年に2回(6月・12月)、支給額は期中の目標に対する成果を賞与考課で査定して決定されます。賞与額は評価によって10%から最大35%まで上乗せされるようで、年収に大きく影響する場合もあるようです。評価は相対評価で、基本的には10%程度の上乗せはあるといった口コミもありました。また、査定によって9月と3月にミニボーナスが出ることもあるようです。賞与考課についても、昇進・昇給と同じく査定方法に不透明さを感じているという口コミがありました。こちらも新たに導入された能力評価の浸透を待たれる状況のようです。

残業代について

口コミによると、残業代はきちんと支払われるようです。ブリヂストンでは入社6年目までの社員の残業はあまり推奨されていません。そのため、多くの部署では入社当初は残業自体があまり多くないと言えます。6年目以降に受けられる上級試験に合格すると裁量労働制になり、見なしの残業手当が毎月10万円支払われます。この残業手当の額については、年間で考えると繁忙期もあるので妥当という意見が多かったですが、少なすぎるという声もありました。また、午後9時を超える残業や休日出勤については、別途残業代が発生するようです。

福利厚生について

ブリヂストンの福利厚生は非常に充実しています。一例としては次のようなものが挙げられます。

・社宅
・財産形成制度
・産休、育休、時短制度
・持家融資
・グループ保険
・保養所  など

各地区に寮や社宅があるので、非常に助かるとの口コミが多かったです。退職金は、一部確定拠出年金が導入されています。確定拠出年金とは、拠出した掛金を加入者自身が運用し、その運用結果に基づいて給付額が決定される年金制度です。いつでも残高が確認できるほか、確定拠出年金間で資産の持ち運びができたり、運用時や給付時に税制優遇がある点がメリットと言われています。保養所は奥多摩や軽井沢などにあり、休暇を使ってリフレッシュに利用している人も多いようでした。一方で注意が必要なのは、家族手当がない点と住宅補助が少ない点です。家族手当は2021年より廃止となりました。住宅補助は独身者で1.5万円まで、扶養家族がある場合は3.5万円までと都心に住むためには自己負担額がかなりかかりそうです。また、家族手当に続きこの住宅補助も廃止になるという話もあるようなので、転職時点での情報をしっかり確認するようにしてください。

社員から見たブリヂストンとは?

コーポレートサイトや公開されているデータも気になるけれど、実際に働いている人の声も聞いてみたいという方も多いと思います。しかし、新卒での就職活動と違い、OB・OG訪問をしてみようと思っても、なかなか時間を作るのは難しいものです。そこで、数多くある転職口コミサイトから良い口コミと悪い口コミの傾向をいくつかご紹介します。こうした生の声を聞くことで、入職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

良い口コミ内容

ブリジストンで働いている(働いていた)人から寄せられている良い口コミには、以下の3つの傾向がありました。

・世界規模で幅広い仕事ができる
・働き方改革に力が入れられている
・福利厚生が手厚い

まず仕事面では、トップシェアらしく世界規模の大きな仕事ができるので、前職と比べてやりがいがかなりあるという意見が多く集まっていました。また、残業時間の削減や、各休暇の積極的な取得などの働き方改革が行われており、ワークバランスがとりやすい環境になってきているという声もありました。また、産休・育休・時短勤務や、リモートワークも積極的に取り入れているようで、コロナ対策だけでなく子育て中の人にも働きやすい環境が整ってきているようです。さらに、福利厚生の充実ぶりに満足しているという声も多く見られました。福利厚生について詳しくは上でもご紹介していますが、このようにしっかりした制度が保たれているのは、企業の年数が長く労働組合の力が強いからだと言われていました。

悪い口コミ内容

反対に、悪い口コミとしては、以下の3点のような内容がありました。

・業務量が多い
・トップダウンの風潮が残っている
・社内会議が多すぎる

悪い口コミは、良い口コミの裏返しのような意見が多かった印象です。ブリヂストンでは、従業員ひとりひとりに入職後早い段階から仕事を任せることが多いため、やりがいを感じる人がいる一方で業務量の多さを不満に思う人もいるようです。実際に月の残業時間の平均30時間前後と、同じ業界内でも少し多めです。口コミによると、繁忙期は月に80時間を超える残業になる部署もあるようなので、志望の部署に事前確認をしておくとよいでしょう。また、「トップダウンの風潮が残っていてなかなか意見が通らない」や「社内会議が多すぎて準備に追われ、どこを向いて仕事をしているのか分からない」といった声もありました。良い口コミには、社内での働き方改革が進められているという意見もありましたが、いまだにこうした日本企業のステレオタイプ的な部分が残っているのも事実なようです。

選考通過のコツとは?

では最後に、ブリヂストンへの転職で選考通過するためのコツを3つご紹介します。選考通過するための3つのコツとは以下の通りです。

・募集情報が出たらすぐにチェックできるようにアンテナを張っておく
・自己分析の精度を高め自分が貢献できる点を明確にしておく
・転職エージェントを利用する

ブリヂストンへの転職の難易度は非常に高いと言えますが、これらのポイントを抑えることで、効率よく転職成功を目指すことが可能になります。これから転職活動を開始する方や、転職活動に行き詰っている方はぜひ参考になさってください。

募集情報が出たらすぐにチェック

まず第一に大切なことは、採用情報が出たときにすぐ気づけるようにアンテナを張っておくことです。ブリジストンへの転職は人気が高く枠に限りがある点で、難易度が高いということは先述の通りです。そのため、中途採用の募集が出ても応募が殺到したり、すぐに内定者が決まってしまう恐れがあります。採用情報は、コーポレートサイトだけでなく、転職サイトや転職エージェントなど様々なチャネルを使って集められるようにしておきましょう。

自分が貢献できる点を明確にしておく

自分がどのような点で企業に貢献できるのかを明確にしておくことも重要です。ブリヂストンは少数精鋭を基本とした企業体制となっています。もちろん社内教育に関してもしっかりとした制度がありますが、新卒とは違い中途採用を目指す場合は特に、自分が即戦力として貢献できる点をしっかりアピールすることが大切です。そのためには、企業理念を理解したうえで自己分析をしっかりと行いましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントと聞くと、なんだか怪しくて利用に踏み切れないという人もいらっしゃるでしょう。しかし、ブリヂストンのような大企業への転職を目指す場合は、転職エージェントの利用が特におすすめです。その理由には以下のような点が挙げられます。

・転職活動の煩雑な手続きを代行してもらえる
・各企業ごとの対策が受けられる
・非公開求人情報が教えてもらえることがある
・入職後の交渉まで代行してもらえる

転職エージェントを利用すると、担当アドバイザーが求人情報を集める段階から、応募や面接のアポ取りといった煩雑な作業を代行してくれます。上でも述べたように、転職は新卒の就職活動と違い、現職があったり子育てをしていたりと、時間がない中で進めていかなければいけません。こうしたサービスを活用すると、履歴書の作成や面接の対策などに重点的に力を注ぐことができるので、効率的に転職活動を進めることができるのです。また、担当アドバイザーから各企業ごとの対策を受けられるのも、転職エージェントを利用するメリットのひとつです。アドバイザーは転職のプロとして、各市場の動向や企業ごとの特徴に精通しています。自己分析や履歴書の添削、面接の練習なども行ってくれるので、自信を持って本番に望むことができるでしょう。非公開求人情報を教えてもらえることがあることも転職エージェントの利用をおすすめする理由のひとつです。非公開求人情報とは、一般には公開されず、必要な場合にのみエージェントから提供される求人情報のことです。非公開になっている理由としては、好条件の案件や大企業、幹部クラスの転職情報であることが多いです。そのため、ブリヂストンの情報が隠れている可能性があると考えられるのです。さらに、入職が決定した後の交渉まで代行してもらえるのも嬉しい点です。特に給与の賃上げ交渉は、これからお世話になる企業に申し訳ないという気持ちがあってできないと感じている人も多いようです。また、実際に交渉の場についても、どのように話を進めてよいか分からない場合もあるでしょう。担当アドバイザーはこうした交渉にも深い知識と経験を持っているので、安心して任せられます。

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

まとめ

ブリヂストンはタイヤ業界では世界をリードする大企業です。新型コロナウイルスの影響で一時的に業績は悪化しましたが、工場の再編などの成果もあり、既に業績は回復傾向にあるようです。少数精鋭の体制のため、転職すると規模の大きなプロジェクトにも早くから関われるようです。また、働き方改革も進められており、ワークライフバランスの取れた働き方ができるようになってきています。同業他社に比べて給与水準も高いため、就職の難易度は非常に高いのが現状です。特に転職に関しては、情報も少なく求められている能力も高度なため、選考通過のためには綿密な対策が必要です。転職エージェントを利用すると、求職者に最適な情報をタイムリーに探し出してくれるだけでなく、非公開求人情報を教えてもらえたり、ブリヂストンに特化した対策を受けることも可能です。また、煩雑な手続きや入職後の交渉なども代行してもらえます。少ない時間を使って効率よく転職を成功させるためにも、転職エージェントの利用をぜひおすすめします。