公開日

2022/06/26

最終更新日

【ブリヂストン年収】中途採用の給与ランキングは高い?残業は多い?住宅手当・福利厚生を解説!

・ブリヂストンに転職して平均年収を上げたい
平均年収や将来性はあるのか?
・福利厚生や評価制度についてもよく知りたい

このような悩みを解決します。株式会社ブリヂストンは石橋正二郎によって創設された新興財閥であり、世界最大のタイヤ製造およびゴム加工会社の一つです。本記事では、ブリヂストンの平均年収や福利厚生・評価制度や転職方法に関して紹介していきます。特にブリヂストンへの転職を検討している人は、本記事を参考にしてください。

【最新版】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

ブリヂストンの平均年収は686万円

2020年12月期の有価証券報告書によると、ブリヂストンの平均年収は686万円です。日本企業の平均年収が約467万円であり、ブリヂストンの平均年収は約1.5倍の水準です。

参考:有価証券報告書

ブリヂストンの年度別平均年収推移

ブリヂストンの年度別平均年収に関して、各年度の有価証券報告書を確認すると以下の推移になりました。タイヤ業界全体の平均年収が約588万円のため、業界平均よりも高い水準です。

決算月

平均年収

2020年12月期

686万円

2019年12月期

728万円

2018年12月期

723万円

2017年12月期

720万円

2016年12月期

692万円

参考:有価証券報告書

上記の表を確認すると多少の上下はあるものの、安定して年収が推移していることがわかります。タイヤ業界全体が2010年から2018年まで緩やかな売上増加傾向にあったものの、2019年より国内需要の縮小・コロナ禍の影響もあり売上が減少傾向になっていました。しかし中近東・アジアをはじめとした海外のタイヤ需要が伸長しており、今後のシェア拡大に向けて動き出しています。そのため今後の海外戦略の状況によって、平均年収の推移が変化してくることが予測されます。

ブリヂストンの年齢別平均年収推移

ブリヂストンの現状の年齢別の平均年収の推移を、日本企業平均と比較しながら確認していきます。

年代

平均年収(ブリヂストン)

平均年収(日本企業平均)

20代

503万円

341万円

30代

653万円

437万円

40代

750万円

502万円

50代

806万円

613万円

参考:doda

どの年代においてもブリヂストンは日本企業の平均年収を上回っており、約150万円の年収差がある状況です。またブリヂストンは年代ごとで年収の変化が明確になっており、年功序列型の給与制度をとっていることが確認できます。しかしブリヂストンでは2021年1月から年功序列型を廃止して実力主義の評価・給与制度に移行しており、今後の年齢別平均年収は変化してくることが考えられます。

ブリヂストンの役職別平均年収推移

ブリヂストンの役職別平均年収は以下の通りです。

役職

平均年収

係長

754万円

課長

1,012万円

部長

1,267万円

上記の表を確認すると係長から課長に昇進するタイミングで年収が約300万円ほど伸長しており、1,000万円を超えることができます。しかしブリヂストンの平均年収は686万円であることから、課長になるためには年功序列の中でも、日々の業務での評価を上げていくことが重要です。

ブリヂストンの業績

ブリヂストンの業績は上がっているのでしょうか。ここからはタイヤ業界全体と比較したブリヂストンの業績推移を解説していきます。

ブリヂストンの業績推移から見る将来性

年度

売上高(億円)

営業利益(億円)

2020年12月期

29,945

2,229

2019年12月期

35,072

3,431

2018年12月期

36,501

4,027

2017年12月期

36,434

4,190

参考:ブリヂストン/財務・業績情報

現状、タイヤの国内需要減少により業績は厳しい状況です。しかしブリヂストンの「投資家情報」によると、2023年には粗利益率は2015年を上回る40%レベルへの伸長、売上収益に関しても33,000億円レベルの成長を見込んでいます。主に、

  • タイヤ事業でのプレミアム商品比率アップ
  • ソリューション事業売上比率の拡大(全体の20%へ)
  • 多角化事業において、シャープにコアコンピタンスが活きる事業へのフォーカス

の3点を軸に実行することで、業績回復を目指しています。

タイヤ業界の業績(売上)ランキング

ブリヂストンはタイヤ業界の中での立ち位置はどうなっているのでしょうか。業界動向search」より抜粋したタイヤ業界内でのブリヂストンの立ち位置は以下の通りです。

順位

会社名

売上(億円)

1位

ブリヂストン

29,945

2位

住友ゴム工業

7,908

3位

横浜ゴム

5,705

4位

住友理工

3,979

5位

TOYOTIRE

3,437

参考:業界動向search

ブリヂストンは2位の住友ゴム工業に大きく差をつけ、業界1位の売上シェアを持っています。「タイヤ館」や「ミスタータイヤマン」などの有名な店舗ブランドを多く持つことにより、商品の認知・シェアの拡大に繋げています。

ブリヂストンは他会社と比較して平均年収が高いのか

ブリヂストンは業界の中でも圧倒的シェアを持つことを確認する中で、平均年収はどうなっているのでしょうか。ここからはグループ会社と競合他社それぞれの平均年収との比較を解説していきます。

ブリヂストングループ内での平均年収比較

ブリヂストンは多くのグループ会社を持っています。グループ会社と比較した表は以下の通りです。

会社名

平均年収

ブリヂストン

686万円

ブリヂストンタイヤソリューションジャパン

441万円

ブリヂストンリテールジャパン

388万円

ブリヂストン物流

509万円

ブリヂストン化成品

534万円

ブリヂストンスポーツ

450万円

ブリヂストンファイナンス

510万円

ブリヂストン以外の会社に関しては、各転職サイトより抜粋した数値を記載しております。上記の表を確認すると、最も平均年収が高いブリヂストンの686万円からブリヂストンリテールジャパンの388万円まで会社毎で平均年収の額に差があります。

ブリヂストンと競合他社との平均年収比較

ブリヂストンと業界売上ランキング上位の競合他社比較は以下の通りです。

会社名

平均年収

ブリヂストン

686万円

住友ゴム工業

643万円

横浜ゴム

606万円

住友理工

658万円

TOYOTIRE

584万円

参考:各会社の最新の有価証券報告書より算出

業界最大手ということもあり、ブリヂストンが最も高い平均年収水準です。次いで住友系列の2社が入っております。2020年決算の業績に関しても、住友理工が5.2%減、TOYOTIREが4.0%減、ブリヂストンが3.4%減、横浜ゴムが0%、住友ゴム工業が0.1%減と、ブリヂストンの減少率が少し高いものの依然高い年収水準を維持しております。

参考:業界動向search

ブリヂストンの平均年収に対する口コミ

ブリヂストンの平均年収は、他会社との比較・業績の確認から高いことがわかりました。実際に働く社員のブリヂストンの平均年収に対する口コミはどうなっているでしょうか。「転職会議」より抜粋したブリヂストンの平均年収に対する口コミを紹介していきます。

ブリヂストンの平均年収に対する良い口コミ

ブリヂストンの平均年収に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 周囲に対して、給与・賞与面での待遇は良い方だと思う
  • サービス残業もなく、残業代がしっかり支払われる仕組みになっている
  • 業績が悪かった年も賞与は減額なく受け取ることができました
  • 年収は大企業として抜群に高いわけではないが、担当でも1000万プレーヤーになることは可能
  • 典型的な年功序列、日本の大企業で、新入社員から課長まではほぼエスカレーターで上がる

参考:転職会議

ブリヂストンの平均年収に関しては比較的高く、業績が悪いことで賞与が極端に減らされることがないという声が多くありました。年功序列のためある程度の役職まではエスカレーター式で上がれるようですが、今後の評価制度の変更によって変わってくることが考えられます。

ブリヂストンの平均年収に対する悪い口コミ

一方、ブリヂストンの平均年収に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 実力評価にシフトしつつあるが、いまだに年功序列が色濃く残っている
  • 上司に気に入られる人が上にいくため、真面目にやっている人が報われない
  • 若手の給料は少なく、大学で即使える知識を身につけている人は、給与に不満を感じると思う
  • 年収は比較的良いが、責任は重く、昼夜問わず電話がかかってくる
  • 評価は絶対ではなく相対なので、優秀な人が多いと相対評価で下がってしまう傾向もある
  • 管理職になると年収1000万を超えるものの、残業や休日対応も増える

参考:転職会議

悪い口コミに関しては、若手のうちは給与が少ないこと、管理職になった際の年収に対する業務量の増加がありました。若手のうちの給与の少なさに関しては、今後の評価制度の変更により、変わってくることが考えられます。一方で管理職の件に関しては、年収の高さとワークライフバランスの充実どちらを優先するか考えることが重要です。

ブリヂストンの会社概要

ブリヂストンの会社概要は以下の通りです。

会社名

株式会社ブリヂストン

本社所在地

東京都中央区京橋3丁目1番1号

創業者

石橋 正二郎

取締役

石橋 秀一

主な事業内容

・タイヤ事業

・ソリューション事業

・多角化事業

ブリヂストンは1931年3月1日に石橋正二郎氏によって創業されました。社名の由来は創業者の石橋正二郎氏にちなみ、石(ストーン)と橋(ブリッジ)から組み合わせてつけられました。しかしストーンブリッジだと語呂がよくないため、反対にしてブリッジストーンからブリヂストンとしました。タイヤ事業を主としており、国内で市販されているタイヤはブリヂストンが購入して市場に供給しています。ブリヂストンの主な店舗ブランドとしては、「タイヤ館」「コクピット」「ミスタータイヤマン」があります。

ブリヂストンの事業内容

ブリヂストンは以下の3つの事業を展開しています。

① コア事業(タイヤ事業)

乗用車用、小型トラック、トラック、バス用タイヤをはじめ、航空機用、建設・鉱山車両用、モーターサイクル用、農業機械用、産業車両用など、幅広い種類のタイヤを販売

② ソリューション事業

以下2点のソリューションを展開しています。

  • タイヤセントリックソリューション:タイヤデータを活用し、高付加価値を提供する事業
  • モビリティソリューション:モビリティデータを活用し新しい価値を提供

③ 多角化事業

自動車用シートパッドや自動車用部品・産業資材など顧客の安全をサポートする商品を販売

上記3つの事業のうち特にタイヤ事業に関してはブリヂストンの主力事業であり、今後は需要の高まる海外への事業展開を強化しています。

ブリヂストンの経営理念</h3>

ブリヂストンでは創業者が社是として制定した「最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げており、「誠実強調」「進取独創」「現物現場」「熟慮断行」を社員に意識してもらいたい心構えとして示しています。

ブリヂストンの社風

ブリヂストンの社風に関して評価制度・残業は多いのかを、各転職サイトの口コミから抜粋した情報を紹介していきます。

ブリヂストンの評価制度

ブリヂストンはこれまで年功序列型の評価や報酬制度でした。しかし2021年1月1日付の経営執行体制の変更に伴い、実力主義の新しい人事制度へと移行しています。具体的に管理職以上はポジション主義による評価・昇進制度・360度評価を導入し、一般社員に関しては定期昇給制度を廃止し、成果・成長ベースの評価制度へ移行しています。

ブリヂストンの残業は多いのか

ブリヂストンの残業時間は多いのでしょうか。各転職口コミサイトに記載されている、ブリヂストンの残業時間から確認していきます。

転職口コミサイト

残業時間

エンライトハウス

32時間

Openwork

29.8時間

転職会議

30.5時間

上記の表から、ブリヂストンの平均残業時間は、約30時間であることがわかります。マイナビニュース」によると、日本企業の平均残業時間は24.6時間のため、ブリヂストンの残業時間は比較的多めのようです。

ブリヂストンの福利厚生

複数の転職サイトを確認すると、ブリヂストンの福利厚生は充実しているとの声が多くありました。そんなブリヂストンの福利厚生には以下のものがあります。

  • 社宅・青年会館:各事業所に完備
  • 一般財形
  • ライフプラン積立
  • 住宅財形
  • 年金財形
  • 持株会
  • 妊娠、出産、育児に関する制度
  • 持ち家融資:持家取得支援のための融資制度
  • 共済会:社員の相互扶助による互助会制度
  • グループ保険:団体割引料金で各種保険に加入が可能
  • 保養施設:奥多摩・軽井沢に設置

ここからは、ブリヂストンの福利厚生に対する口コミをそれぞれ紹介していきます。

ブリヂストンの福利厚生に対する良い口コミ

「転職会議」から抜粋したブリヂストンの福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 青年会館は光熱費・水道代も全部込みで築年数によって寮費は変動するもののいずれも安い
  • 保養所もあり、福利厚生は一般の会社よりは良い
  • 社宅・寮は必ずあり、可処分所得は他企業と比べても実質的に多いように感じられる
  • いつでも休みが取りやすい環境で、福利厚生も申し分ない
  • 手当等はやはり大企業のため、かなり充実している

参考:転職会議

ブリヂストンの福利厚生に関しては、社宅・青年会館・保養所が充実しているという声が大半を占めていました。また休みも取りやすい環境のため、仕事とプライベートを両立させやすい環境になっているようです。

ブリヂストンの福利厚生に対する悪い口コミ

一方、ブリヂストンの福利厚生に対する悪い口コミは以下のものがありました。

  • 寮・社宅は充実しているが、これからは経費削減のために減らしていくという話が出ている
  • 社宅に住まない場合の家賃補助は微々たるものになる
  • 交通費は車だと直線距離での計算になるため、全然足りない
  • 既婚者への補助はかなり手厚いが、相対的に独身者への補助は少ない。
  • 住宅手当が少なく、将来的になくなる可能性もありそう

参考:転職会議

良い口コミでは社宅・青年会館が充実しているとある一方、悪い口コミでは家賃補助が少ないという声が多くありました。

ブリヂストンへの転職

年収水準も高く、業界最大手で働きたいと考え、ブリヂストンへの転職を検討している人は多いのではないでしょうか。ここからはブリヂストンの転職難易度・選考フローに関して紹介していきます。

ブリヂストンの転職難易度は高いのか

結論、ブリヂストンの転職難易度は非常に高いです。それには以下2点の理由があります。

  • 業界最大手の規模
  • 常に募集を受け付けているわけではない

ブリヂストンはタイヤ業界で最も高い売上水準であり、タイヤ業界への転職を希望する人が多く応募してきます。また常に募集を受け付けているわけではないため、募集が入った際に多くの応募が殺到し倍率が上がる可能性があります。そのためしっかり準備して、選考に臨む必要があります。

ブリヂストンの選考フロー

ブリヂストンの中途採用は以下の選考フローになります。

  1. 書類選考
  2. 筆記試験
  3. 1次面接:人事担当者・現場管理職
  4. 2次面接:人事課長・役員クラス

ブリヂストンの中途採用では希望職種毎で異なるものの、基本的には2回の面接を行います。その中で1次面接では比較的リラックスした雰囲気の中で行われるものの、人事課長・役員クラスと行う2次面接ではやや専門的な質問をされるなど、緊張した雰囲気の中での面接になります。

ブリヂストンの転職成功率を上げる方法

ブリヂストンの転職成功率を上げる方法を以下2点解説していきます。

  • 転職エージェントを有効活用する
  • 面接での質問の傾向を押さえる

転職エージェントを有効活用する

転職エージェントを活用しなくても、ブリヂストンへの転職をすることは可能です。しかし転職エージェントを活用した方が、その時の面接の傾向や選考のポイントを効率的に知ることができます。そして転職エージェントはただ活用するのではなく有効活用することが重要です。

具体的な方法としては、

  • 履歴書や職務経歴書の書類添削を何度もしてもらう
  • 徹底した面接対策をしてもらう
  • クローズドな企業情報を教えてもらう

の3点です。選考を進めていく上で書類選考や面接対策を何度もお願いすることが重要です。これはアドバイザーから提案される前に自分から依頼して行ってもらうことで、面接での受け答えの精度を高められます。

面接の傾向を押さえる

ブリヂストンの面接通過率を上げるためには、過去に聞かれた質問の傾向を押さえておくことが重要です。ここからは「転職会議」から抜粋した、ブリヂストンの面接で聞かれた過去の質問を紹介していきます。

  • なぜ弊社を選んだか
  • あなたの10年後を教えてください
  • 仕事で大切にしていることは何か
  • 今後のブリヂストンに必要なもの
  • 10年後のキャリアビジョン

志望動機の他に、前職での実績・入社してからの業務に関して聞かれる傾向が多いようです。まず前職での実績・プロセスをまとめ、そこからどのようにブリヂストンの業務で貢献していくのか説明できるように、準備しておくことが重要です。また入社してからのキャリアビジョンも聞かれるため、ブリヂストンの有価証券報告書等読み込み、ブリヂストンの課題やビジョンを詳細に把握した上で整理すると、より採用担当者の印象に残る説明ができるようになります。

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職サイト

ブリヂストン転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

ブリヂストンの平均年収は686万円であり、日本企業の平均年収・競合他社・グループ企業と比較しても高い水準です。また福利厚生に関しても、転職サイトの口コミから確認すると充実しているという声が多くありました。そんなブリヂストンの転職難易度は非常に高いです。ブリヂストンの転職成功率を上げるためには、転職エージェントを有効活用することが重要です。本記事を参考に、ブリヂストンの平均年収に対する理解を深めていただけると幸いです。