公開日

2022/01/12

最終更新日

【37歳転職】遅い?きつい?厳しい?未経験・資格なし・スキルなし・異業種転職に失敗しない方法を男性・女性別に解説!

37歳の転職では、20代とは少し違った不安があります。

・若い人材しか採用されないのではないか
・37歳の自分に求められる能力は何だろう
・もし転職に失敗したら、家族に迷惑がかかってしまう

たしかに37歳の転職は20代と比べて難易度は上がります。今の職場や業種にも慣れているので、なおさら不安だと思いますしかし、このまま不満を抱えながらあと20〜30年も働けるでしょうか。この記事では、37歳の転職が可能かどうかを踏まえた上で、成功のためのポイントや注意点を解説していきます。最後まで読めば、37歳の転職で必要な知識が整理されて効率良く確実な転職活動を進めることができます。

【37歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

37歳で転職した人の割合

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果」の年齢階級別転職入職率を見ると、「35〜39歳」の男性は7.6%、女性(パートを除く一般)は10.6%となっています。

出典:令和2年雇用動向調査結果 年齢階級別転職入職率(厚生労働省) 

男女ともに、20代の転職者入職率が3〜5%高く、年齢が上がっていくにつれて転職者入職率も下がっていく傾向にあります。ただ、令和2年の入職者数は約7,100万人もいるため、「35〜39歳」の転職者入職数は、男性約540万人、女性(パートを除く一般)約753万人です。年間で約1,293万人の「35〜39歳」が転職しているので、20代よりは不利でも、転職自体は決して不可能な話ではありません。

37歳で転職した人の理由

同調査によると、「35~39歳(男性)」で転職した理由で最も多かったのが、「会社の将来が不安だった(12.8%)」。以下、「労働時間、休日等の労働条件が合わなかった(10.0%)」、「給料等収入が少なかった(9.7%)」と続きます。

出典:令和2年雇用動向調査結果 転入職者が前職を辞めた理由別割合(厚生労働省) 

年功序列や終身雇用といったモデルが崩壊を始めており、危機感を抱いている人が多いようです。また、給与面や休日・労働時間などの待遇面に不満がある人も少なくありません。初婚平均年齢から考えると、37歳は幼稚園~小学生の子供がおり、これからお金がかかってくる時期です。自分の労働環境だけでなく、家族の生活も考えなければなりません。「せめて40歳になる前に転職しなくては…」と考える人も多いのではないでしょうか。

37歳の転職が厳しい理由

データで見る限り、37歳の転職は20代と比べて厳しくなります。なぜ37歳の転職は厳しいのか、その理由は以下の通りです。

・一定以上のスキルが求められる
・年齢による「足切り」がある
・新しい環境への適応が難しくなる
・若い人材のほうが伸び代が大きい
・妊娠・出産・子育てとの両立

それぞれの理由について、解説していきます。

一定以上のスキルが求められる

37歳の会社員ならば、役職を持ち、部下を管理・育成した経験があって当たり前と見られます。一定以上のスキルや経験があるのは大前提で、付加価値としてマネジメント能力や問題処理能力が必要です。また、未経験業界への転職も不可能ではありませんが、基本的には即戦力が求められるため、難易度が上がります。

年齢による「足切り」がある

求人には年齢制限を設けているものもあります。基本的に不当な年齢制限は規則違反ですが、「長期勤続によるキャリア形成」が目的ならば認められます。企業にもよりますが、「29歳以下」「35歳以下」という区切りで募集している求人も多いです。本当に若い人材を教育していきたい会社もあるでしょうが、本音としては「よほど良い人材でなければ若いに越したことはない」といったところでしょう。ただ、こうした年齢制限はあくまで目安なので、業界・職種の経験やスキルをアピールできれば、多少のオーバーは問題ありません。

新しい環境への適応が難しくなる

37歳なら、新卒で入社した場合は勤続15年。かなりの年数をその会社で過ごしているので、知らず知らずのうちに会社や業界の風土に染まりきっている可能性もあります。重要なポストや役職を与えられ、ある程度の裁量権や自由な振る舞いを認められていた人もいるでしょう。そうでなくとも、慣れ親しんだ会社だからこそ、今までやってこられた面もあるのではないでしょうか。しかし採用側としては、会社の方針に従う柔軟性や対応力のある人材を求めます。なまじ社会人経験が長いと、今までの自分のやり方に固執してしまい、新しい環境に馴染めない危険性があるからです。

若い人材のほうが伸び代が大きい

社会人経験やスキルに乏しい若い人材は、長期の教育が必要な反面、まだまだ成長の可能性が見込まれます。37歳だからといって成長しないことはありませんが、どの程度能力があるかは実績から推測可能です。採用して思ったような能力や適性が無かった場合でも、若い人材なら教育次第で会社の色に染められます。しかし37歳では、今までの仕事のやり方や考え方を矯正するのは難しいため、採用側にはリスクが大きいと見られます。

「妊娠・出産・子育て」との両立

特に女性は、妊娠や出産、あるいは子育ての大部分を引き受けることもあるでしょう。その場合、幼稚園・保育園の送り迎えを考慮してもらえるフレックス制度や、テレワーク制度が整っていることを条件に企業を選ぶ必要があります。しかし職種によってはどうしても出社が必要だったり、時間の融通がきかなかったりする場合も。そうした条件面からも、転職先の選択肢がさらに減ってしまいます。

37歳で転職するときの注意点

37歳で転職する場合、具体的に何を注意すればよいでしょうか。ポイントは以下の通りです。

・年収や役職が下がる
年下の先輩や上司との関係性
・即戦力でないと採用されにくい
・再転職が難しい

動き出す前に、一度確認しておきましょう。

年収や役職が下がる

37歳での転職では、前職より年収や役職が下がる可能性も。厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果 転職入職者の賃金変動に関する状況」によると、「35~39歳」の27.3%は賃金が1割以上減少しています。

出典:「令和2年雇用動向調査結果 転入職者の賃金変動状況割合(厚生労働省) 」

もちろん、これまでの実績を考慮し、転職してもある程度の待遇は用意してもらえるでしょう。しかし当然ながら、転職先では実績のない新入社員であり、会社が変われば評価基準も変わります。勤続年数が評価される会社では、最初のうちは思ったようにパフォーマンスを発揮できないかもしれません。転職してすぐに収入アップしたいなら、条件面はよく確認しておきましょう。

年下の先輩や上司との関係性

37歳での転職なので、上司や教育係が自分より年下ということも十分にあり得ます。社会人であれば、年齢などほとんど関係なく振る舞うようになるので、問題はないかもしれません。しかし、前職で役職を持ってマネジメントや教育をしてきた場合、社内でイチから年下の同僚に何かを教わる経験はほぼないでしょう。人によっては、そうした関係性にストレスや違和感を抱き、人間関係の悩みやトラブルに発展するかもしれません。また、自分が気にしていなくても、相手が委縮してしまうケースもあります。そうした場合は相手を立てながらもフランクに接するなど、バランスの取れたコミュニケーションが取れるとよいです。

即戦力でないと採用されにくい

37歳の転職では、即戦力なのは当たり前、かつ高度なスキルやマネジメント能力などの付加価値が求められます。若い人材なら時間をかけて教育する前提で採用しますが、今はどこの会社も余裕がありません。37歳ならなおさら、業界での経験が必要とされます。特に金融やマスコミ業界は人気がある反面、経験やスキル、資格など求められる水準が高いです。反対に、飲食や介護などの人手不足の業界ならば、未経験でも採用される確率は高いでしょう。あるいは、ITエンジニアの経験を活かして他業種の技術開発を狙うなど、そのままのスキルで通用する他業種を探してみるのも手です。

再転職が難しい

仮に転職できたとしても、仕事内容や人間関係が合わなければ、再転職することになるかもしれません。しかしその時点で40歳になっていたり、職歴に傷がついてしまったりと、さらに不利な条件での転職活動になります。きちんとした理由があれば問題ないですが、過去の転職先で馴染めなかった応募者を採用するのも、人事としてはリスクが高いです。本当にその会社が向いているのかは、入社してみなければ分かりませんが、「本当にこの会社でいいのか」「そもそも転職するべきなのか」などはじっくり考えましょう。

37歳の転職で求められる能力

37歳の転職では、20代や30代前半とは違った戦略が必要です。企業から何を求められているかを正確に把握し、自分に当てはまっているかを吟味しましょう。37歳の転職で求められている能力は、以下の通りです。

・部下の育成・管理能力
業界が変わっても通用する能力(ポータブルスキル)
・他の応募者よりも優位な能力

それぞれ解説していきます。

部下の育成・管理能力

37歳なら、部下の育成や管理業務を経験しているのが標準的です。そうした社員を雇う以上、採用側も若手の教育やマネジメントに力を入れているかもしれません。年齢層の若い中小ベンチャーなら、規模の拡大につれて管理職ポストに適した人材が欲しいでしょう。マネジメント職としてならば、高度な知識やスキルよりも、管理者としての汎用的な能力が求められます。未経験業界を目指しているなら、部下の育成・管理についての能力をアピールしましょう。

業界が変わっても通用する能力(ポータブルスキル)

ポータブルスキルの説明は以下の通りです。『業種や職種が変わっても「持ち運び可能な能力」と定義されます。例えば、仕事のし方は「課題を明らかにする」「計画を立てる」「実行する」の3つに分類しています。(参考:一般社団法人 人材サービス産業競技会)』業界未経験でも、これまでの実績からポータブルスキルが評価されれば、「ウチでも通用する可能性が高い」と安心してもらえるかもしれません。もし業界知識やスキルをアピールできそうになければ、ポータブルスキルをアピールしてみましょう。

他の応募者よりも優位な能力

あなたが応募する企業には、当然、他の応募者(ライバル)がいます。業界経験があったり、一回り若かったり、自分よりも優れたポイントでアピールしてくるはず。そのため、志望している企業に採用されるためには、他の応募者よりも優位な能力が必要です。もし自信がなければ、複数の能力やスキルを掛け合わせて考えましょう。たとえば、営業やエンジニアなど現場のスキルがありながら管理職経験もあると、即戦力からゆくゆくは管理職になれる人材としてアピールできます。今一度、自分のスキルセットを洗い出しましょう。

37歳の転職を成功させるポイント

最後に、37歳の転職を成功させるポイントについて解説します。内容は以下の通りです。

・企業の求めるスキルを持っている
中小・ベンチャー企業も視野に入れる
・事前に家族へ相談する
・希望年収を伝える
・転職エージェントを活用する

37歳の転職は難易度が高く、長期間に及ぶかもしれません。しかし闇雲に応募するのではなく、きちんとポイントを押さえた上で転職活動に取り組みましょう。

会社の求めるスキルを持っている

当然ですが、企業側にあなたを採用するメリットがなければ話になりません。何か大きな実績がなくても、これまでの社会人生活の中で培ったスキルは、どこかの企業が必要としているはずです。希望条件から企業を選ぶのもいいですが、自分の持つスキルを見つめ直し、採用側の視点に立って考えてみましょう。

中小・ベンチャー企業も視野に入れる

37歳での思い切った転職、どうせなら待遇の良い大企業を狙いたいと、誰もが思います。しかし大企業への応募は高い水準が求められ、倍率も高いです。大企業だけに固執すると思うような結果が出にくいので、中小・ベンチャー企業も視野に入れましょう。人手不足の中小企業や、新規事業を展開するベンチャー企業では、即戦力である程度キャリアのある人材が求められます。条件面でどこまで妥協するかを決め、採用されやすそうな企業も探しましょう。

事前に家族へ相談する

37歳での転職は、家族にとっても大きな転機です。特に今まで大黒柱として働いてきたなら、なおさら家族は心配します。面接でも「転職について家族はどう思っているか」と聞かれる場合があるので、きちんと話し合いをしておきましょう。家族の要望を事前に聞いておくことで、年収や勤務地、勤務時間などの条件や妥協ラインも絞りやすくなります。

希望年収を伝える

特に同業種での転職なら、希望年収は伝えましょう。せっかく転職活動をしても、待遇が悪ければあまり意味がありません。面接中に確認するのは心証に関わるので、相手から聞かれた場合か、最終面接で話すとよいでしょう。また、転職エージェントを利用すれば、企業との調整の中で希望年収についても交渉してくれる場合があります。「自分から交渉はハードルが高い…」という方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントでは、あなたに合った求人をピックアップしてくれます。自己評価だと客観的な分析が難しいですが、転職のプロならば信頼できます。働きながら情報取集や面接の日程調整、書類作成を並行するのは大変です。無料で登録できる転職エージェントもたくさんあるので、うまく活用すれば最小限の労力で効果的な転職活動ができます。

36歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

36歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

36歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

36歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

本記事では、37歳の転職成功のポイントを解説してきました。最後にもう一度、ポイントをおさらいしましょう。

・企業の求めるスキルを持っている
中小・ベンチャー企業も視野に入れる
・事前に家族へ相談する
・希望年収を伝える
・転職エージェントを活用する

37歳の転職は、20代や30代前半と比べると確かに厳しいです。しかし、これまでのキャリアで培ってきた強みを活かせば、即戦力やマネジメント力が評価され、転職成功も夢ではありません。本記事を参考に転職活動を成功させ、新たな人生を切り開きましょう!

Photo by Oli Dale on Unsplash