2020-12-10

マイナビ転職の評判・口コミ|メリット・デメリットやおすすめのポイントを整理

転職サイトの中でもトップクラスの会員数と求人数を誇るマイナビ転職。本記事では、マイナビ転職のメリット・デメリットに加えて、評判・口コミ等について整理していきます。

マイナビ転職の基本情報

マイナビ転職の基本情報については、以下の通り。

求人情報12,429件(2020年12月10日)
非公開求人あり
直接面談無し
履歴書添削無し
面接対策無し
形態求人検索型
対象エリア全国

マイナビ転職のメリット

まず、マイナビ転職のメリットについて見ていきます。

求人の探しやすさ

1つ目は、求人の探しやすさです。マイナビ転職では、優れた検索機能によって簡単に条件にマッチした求人を探すことができます。職種/エリア/キーワードから求人を検索することができ、最近見た求人や最近検索した求人をチェックすることもできます。

また、「こだわり条件から求人を探す」を使えば、業種/交通アクセス/休日・休暇/残業時間/賞与の回数/本社所在地/従業員数/設立/売上高/資本金/特徴などから求人を探すことができます。

スカウトサービスの存在

2つ目は、スカウトサービスの存在です。マイナビ転職のスカウトサービスに登録すれば、求人を募集している企業等からスカウトを受けることができます。

マイナビ転職のスカウトには、「企業からのスカウト」と「転職エージェントからのスカウト」があります。「企業からのスカウト」は、マイナビ転職に求人情報を出している企業から送信されるスカウトメールです。スカウトメールの種類としては、希望マッチ、経験マッチ、条件マッチがあります。一方、「転職エージェントからのスカウト」については、WEB履歴書を転職エージェントが閲覧し、求人を紹介したい人材に送信されるスカウトメールです。職務経歴と希望条件を登録しておくと、興味を持った企業や転職エージェントからスカウトが届きます。必要に応じて、活用すると良いでしょう。

充実した転職関連コンテンツ

3つ目は、充実した転職関連コンテンツです。具体的には、転職MYコーチ、適正診断、転職ノウハウ等が挙げられます。

転職MYコーチ

転職MYコーチを活用すれば、プロのキャリアアドバイザーからアドバイスを貰うことができます。履歴書や職務経歴書の添削についても併せて行ってくれます。

また、求人が多過ぎて自分で探すのが難しい場合は、求人を紹介して貰うことも可能です。さらに、面接に際に必ず聞かれる質問や業界や企業に特化した質問についても教えてくれます。

適性診断

マイナビ転職の「適性診断」は、どんな仕事が自分に向いているかを診断してくれる診断ツールです。仕事をする上でどのような行動を取るかが分かる「パーソナリティ診断」と仕事に関する考え方が分かる「バリュー診断」の2種類があります。

適性診断を活用することで、自分の得意/苦手を把握することができるので、志望する業界や職種が見つかっていない場合は利用してみると良いでしょう。

転職ノウハウ

マイナビ転職の「転職ノウハウ」を活用することで、面接のマナーやありがちな失敗、さらには志望動機の書き方に関する基礎的な知識を得ることができます。

応募書類の書き方に関する記事もあるので、本格的に選考が開始する前にチェックするのが良いでしょう。業界や職種別の書類サンプルを豊富に持っているため、どのようにして書類を作成すれば良いのかを理解することができます。応募書類の書き方に関して、より丁寧な指導を受けたい場合は、マイナビエージェントに登録すると良いでしょう。

カバー範囲の幅広さ

4つ目は、カバー範囲の幅広さです。マイナビ転職には下記のように様々な関連サイトが存在します。

他のサイトよりも特化型のサイト構成になっているため、希望する求人がより見つかりやすいと思います。

マイナビ転職のデメリット

次に、マイナビ転職のデメリットについて見ていきます。

スカウトメールが多い

1つ目は、スカウトメールが多いことです。マイナビ転職に登録すると、企業と転職エージェントの双方からスカウトメールが届くため、「スカウトメールが多すぎて困る」と感じる人がいるようです。しかし、希望条件を設定すれば、希望条件にマッチしていないスカウトを事前に弾くことができるので、できるだけ細かく条件を設定しておくと良いでしょう。さらに、スカウト限定求人やプレミアムスカウト等の質の高いスカウトだけを優先させる方法もあります。

転職MYコーチの利用回数に上限がある

2つ目は、転職MYコーチの利用回数に上限があることです。転職MYコーチを活用すれば、転職エージェントのようなサービスを受けることができますが、履歴書/面接対策のサポートがそれぞれ利用回数1回に制限されています。ちなみに、求人紹介については、利用回数は無制限ですが、前回の利用から30日経過するまで期間を置く必要があります。これらを踏まえ、本格的な転職サポートを求める場合は、「マイナビエージェント」を使うのがおすすめです。

マイナビ転職の評判・クチコミ

マイナビ転職の評判・口コミを「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

サイトが見やすい

悪い評判・口コミ

条件に合った求人があまりない

1日15通も案内メールが来る

応募条件を満たしていない求人がたくさん

登録したら通知が鳴り止まない

マイナビ転職の評判・口コミ【オンライン調査】

マイナビ転職の評判・口コミ【オンライン調査】を「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

募集情報がとてもわかりやすく書かれている

取り扱われている案件数が非常に多く、条件が良い求人も多数見つけることが出来ました。掲載されている募集情報はとてもわかりやすく、採用条件等で不明な点も少なかったです。専門的な仕事の募集も一定数あるので、自分のスキルを活かせる仕事先も見つけることができて、応募できました。(男性・30代)

前職よりも良い条件の会社に転職できた

前職は残業が多かったので、マイナビ転職を利用することにしました。登録すると担当コンサルタントがつくのですが、その方がとても親身でサポートしてくれたのでとても助かりました。自分の希望条件に近い案件をいくつか紹介してくれるだけでなく、内部事情にも詳しいので、とても参考になりました。おかげさまで前職よりも良い条件の会社に転職することができました。(男性・30代)

WEB履歴書を添削してもらえて心強い

求人ページは、在籍中の社員のインタビューや一日の仕事の流れも掲載されているため、仕事の内容がイメージしやすいです。また、無料会員サービスが非常に充実しています。会員ページは見やすいレイアウトで動作も速く、転職活動の進捗や転職に関する情報をまとめて確認することができます。中でも、WEB履歴書を専任アドバイザーに添削してもらえるサービスはとても心強いものでした。初めに自身で作成した履歴書は自己PRが的外れであると指摘を受け、同じ経歴でも企業のニーズにマッチングするような伝え方をすることが重要なのだと学びました。採用を行う側の視点で履歴書を戦略的な内容へとブラッシュアップしてくださいますので、添削を受けてから書類選考の通過率が格段に上がりましたし、履歴書のどの部分が面接で掘り下げられるポイントなのか事前に心得ておくことができたので、無事志望する業界に転職することができました。(女性・40代)

医療系の求人が豊富で良い

医療系の仕事を探していたのですが、種類も豊富で、量も多かったです。会社の概要もほどよく書かれており、文字だけではありますが、イメージがつきやすいです。お給料が月給で書かれていたら、尚良かったかなと思います。(男性・40代)

未経験OKの理由が詳細に記載されていて安心

未経験でもOKな求人が載っており、またその理由なども詳しく記載されていることが多いです。未経験OKとなっていると、嬉しい反面、「なぜ大丈夫なのだろう?」と不安になってしまうことがあるので、そこをカバーしてくれています。そのため「妥協して」というよりも、自分が挑戦したい職種に自信を持って応募することができました。サイト全体としては若い人の転職を応援するような作りになっており、やる気も出ます。面接前にコラム等を読んで、落ちつきながら望むようにしていました。(女性・30代)

履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれた

過去に転職した際に利用しましたが、採用担当者に興味を持って貰えるような履歴書や職務経歴書の書き方などを非常に丁寧に教えてもらえました。(男性・40代)

自分に合った案件を見つけやすい

大手のマイナビが提供しているサイトということもあって、ブランド力もありますし、求人案件も豊富なので満足できるものでした。サイトレイアウトおよび検索機能も整っているので、自分に合った案件を見つけやすかったです。(男性・30代)

自己分析ツールが役立った

マイナビ転職を利用させてもらって便利に感じた点は自己分析ツールです。これは、転職するにあたって自分がどんな仕事に向いているかなどを様々に分析できるツールで、他の転職サイトには無いような角度から分析してくれるので、スムーズに仕事を選ぶことができ、転職に役立ちました。(男性・20代)

悪い評判・口コミ

希望に合わない求人を紹介された

これまで2度転職し、その際にマイナビ、DODA、リクルートエージェント、ビズリーチなど、いくつかの転職サイトと転職エージェントを合わせて使っておりました。結論としては、可もなく不可もなく、「普通」という印象です。求人数も求人内容も、企業のレベルも、特段劣っているわけではありませんが、ここにしかないものも特に無いといった感じです。結果、2度の転職のいずれもマイナビさんで決めることはありませんでした。(男性・30代)

マイナビ転職のQ&A

最後に、マイナビ転職に関するQ&Aを整理しておきます。

マイナビ転職に会員登録する方法は?

マイナビ転職の新規会員登録には、「通常登録」と「外部アカウント連携登録」の2種類の方法があります。

通常登録

通常登録は、マイナビ転職のアカウント(会員ID、パスワード)を作成して会員登録をする方法です。通常登録の手順については下記の通りです。

  1. 新規会員登録画面にアクセスする。
  2. 「必須」の項目をすべて入力する。
  3. 会員規約を確認のうえ、「同意して会員登録」を押す。
  4. フォームに入力されたメールアドレス宛に「会員登録手続きを完了してください」という件名のメールが届く。
  5. メールに記載された「◆会員登録手続きを完了する」の認証URLを押す。

会員登録後は、ログイン画面から会員ID・パスワードを入力してログインすることができます。

外部アカウント連携登録

外部アカウント連携登録とは、すでに保有しているFacebookアカウントやYahoo! JAPAN IDでログインして、マイナビ転職と連携して会員登録をする方法です。新規会員登録時に、登録情報(氏名やメールアドレス等)を流用することができます

外部アカウント連携登録の手順については下記の通りです。

  1. 新規会員登録画面にアクセスする。
  2. すでにアカウントをお持ちのサービス名(FacebookまたはYahoo! JAPAN)が記載された登録ボタンを押す。
  3. 当該サービスにログインし、マイナビ転職に流用する情報を確認する。
  4. 会員規約に同意のうえ、「登録完了する」ボタンを押す。

会員登録後は、マイナビ転職のログイン画面にあるボタンからログインすることができます。

マイナビ転職のログイン方法は?

マイナビ転職にログインするには、こちらのページからログインします。

ログインできない場合は、こちらのページ「会員ID・パスワードを入力したのにログインできない」を参照のこと。

マイナビ転職フェアとは?

マイナビ転職フェアとは、入場・参加無料の日本最大級の転職フェアです。

企業の採用担当者と直接話すことができる有益なイベントです。詳細については、こちらのページ「マイナビ転職フェア」を参照のこと。

最後に

今回の記事は以上となります。マイナビ転職は国内屈指の知名度を誇る転職サイトであり、転職活動を始める際には真っ先に登録すべきサイトの一つです。その一方で、「転職MYコーチ」のような便利なサービスも含まれていますが、転職エージェントではないため、本格的なキャリア相談や面接対策等を受けることができないというデメリットもあります。これらを踏まえ、マイナビ転職を使う場合は、「マイナビエージェント」等の転職エージェントにも併せて登録することをおすすめします。