公開日

2022/01/12

最終更新日

【41歳転職】厳しい?地獄?異業種・未経験・資格なしから正社員転職に失敗しない方法を男性・女性別に解説!

「結婚していて、子供がいて、住宅を購入している人も少なくない」それが41歳という年齢でしょう。生活が楽か苦しいかは状況によって様々ですが、そんな41歳という年齢で転職をするという決断は、なかなか覚悟がいるものです。年齢が高くなればなるだけ、転職をする前に事前に把握しておくべき知識や情報は多くあります。なにも考えずに見切り発車で転職活動をすると、結果的にミスマッチな企業に就職してしまったり、年収が大幅に下がってしまったりと、後悔をすることになりがちです。そこで本記事では、41歳の転職に必要な情報や成功の秘訣、実際の体験談などをご紹介します。

・41歳でまともな企業に転職できるのか
・年収をもっとあげるためにはどうしたらいいのか
・41歳の転職経験者はどんなふうに成功をしたのか

上記の悩みや不安を持っている人は、是非参考にして下さい。

【41歳転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

41歳転職は厳しい

41歳転職は厳しいと言われている理由としては、求人数の少なさが一番に挙げられます。20代や30代はポテンシャル採用も多く、在籍する期間も長くなるため、様々なことを教えてくれます。一方、41歳ともなると、社会人経験は豊富にある人が多いですが、会社に残る年数は20代の半分ほどになってしまうため、多くのことを望むことはできません。最初から新しい企業の仕事にも精通しており、即戦力となるなら別ですが、一般的なチームの一員として41歳を採用しようとする企業は少ないです。しかし、求人数が少ないからといって転職活動が成功しないという訳ではありません。40代や50代で転職成功をしている人も数多くおり、自身のスキルの有無に関わらず、41歳を採用してくれる企業は多くあります。例えば、未経験職種の場合、一見すると41歳の採用は厳しいようにも感じますが、人手不足の業界では、比較的スムーズに採用されることもあるでしょう。他にも、自身の経験を生かして過去に経験のある職種で即戦力になることをアピールすれば、採用して貰える可能性は上がります。大切なのは、自分のスキルを把握することと41歳からでも活躍できる業界を見つけることです。

41歳で転職するメリット

41歳での転職活動をする前に、是非知っておいてほしいことは、メリットもデメリットもあるということです。そして、41歳でしたら必ず求められるスキルや経験もあるため、順番にご紹介します。

キャリアアップ・スキルアップにつながる

希望先の企業での仕事が未経験職種であっても、社会人としての経験値がなくなることはありません。社会人として真面目に仕事をしてきて、現職でそれなりの成果を出してきた人であれば、尚更です。社会人としての経験値を生かし、転職先で即戦力となることができれば、役職を貰えたりチームリーダーに抜擢されたりなど、キャリアアップに繋がることもあるでしょう。また、経験の有無に関係なく新しい企業に転職をして何かを任された場合、やり遂げることによりスキルアップにも繋がります。このようなキャリアアップ・スキルアップは転職したからこそ体験できるものであり、更に今後の社会人生活に役立つでしょう。

初心に戻れる

長年同じ企業にいると、ほとんどのことが当たり前の繰り返しになってしまいます。刺激を求めて働いている人も中にはいますが、刺激とまではいかなくても、当たり前の状態が続くというのはあまりよくありません。それは、ダメな部分やおかしなところに気付けなくなってしまうからです。長年同じ企業にいると、良くも悪くも会社に染まった状態になります。このように会社に染まっておかしなところやダメなポイントに気付くことができないというのは、自身の成長の停滞に繋がる可能性があります。しかし、新しい会社に入社すれば、たとえ同職種であっても新しく経験することや発見は数多くあります。このような刺激を受けることによって、初心に戻り、新たな成長をしていくことができるでしょう。

新たなキャリア形成ができる

41歳から転職することにより、新たなキャリアを築くことができます。41歳で転職を考えているということは、今までのキャリアになにかしら不満があってのことでしょう。年収・職種・ポジション、理由は様々あると思いますが、今までの経験から失敗しない仕事選びは昔よりも格段に上手くなっているはずです。本当に挑戦したい職種に転職してみたり、年収の高い企業を狙ったり、役職者としてのポストを狙うのも良いでしょう。41歳のあなたなら、今までとは違う理想の企業を探すことは十分可能です。

41歳で転職するデメリット

41歳で転職するデメリットを整理します。

年収や役職が下がる可能性がある

転職をする場合に覚悟しなければならないのが、年収や役職が今よりも下がってしまうということです。今ある年収や実績は、長年現職で積んできたキャリアによる結果のため、また1からのスタートになってしまうことはある程度は仕方がないでしょう。ただし、仕事の探し方によっては役職が最初から決まっている状態で、高待遇な案件をみつけることもできるため、そのようなハイクラス転職を目指すのもひとつの手です。

周りと馴染めない可能性がある

年齢を重ねれば重ねるだけ、周りと馴染むのは難しくなっていくでしょう。コミュニケーション能力がよほど高い人でしたら別ですが、基本的に41歳ともなると年下の先輩がたくさんいる環境となります。自身の年齢が高ければ、上手く馴染めない可能性もありますし、反対に相手が敬遠気味になってしまうこともあるでしょう。年齢が近かったり自身が年下の場合は馴染むこともたやすい分、このような年齢の高さによる馴染みにくさというのはデメリットとなります。更に、41歳ともなると20代と比べて新しいことを覚えるのに時間がかかってしまう人もいるでしょう。このような仕事を覚えるスピードも周りが溶け込んできてくれるかどうかに大きく影響します。

コミュニケーション能力

年齢が高いからこそ、コミュニケーション能力は重要なポイントとなります。41歳ともなると、若い頃のように相手から話しかけにきてくれたり、勢いでコミュニケーションをとるということは難しいでしょう。そのため、仕事の流れで自然に周りと打ち解けられるコミュニケーション能力が必要となります。コミュニケーションを上手にとる方法としては、まずは仕事を丁寧にこなすことが大切です。仕事をちゃんと行うことにより、同じ仕事をする仲間との距離を縮められるようにしましょう。

低姿勢も必要

年齢が上がれば上がるだけ、自分のこだわりやプライドの高さというのは目立つようになります。しかし、年上の威厳だけを出していては新参者に心を開いてくれる人はいません。たとえ相手が年下であっても、会社では先輩なため、謙虚な姿勢で接するようにしましょう。最初から年下だからといって相手に敬語を使わなかったり、自分が経験のあることだからわかった風な態度をとっていると、大事なことは誰からも教えてもらえず、周りに人が寄り付かない状況になってしまう可能性があります。

転職を成功させる方法

41歳が転職を成功させるためには、若年層と比べ様々な事前準備が必要です。それは、次のようなものがあります。

転職理由の明確化

転職理由を自身のなかではっきりとまとめておかなければ、転職活動が長引くだけではなく、ミスマッチな企業への入社の可能性も高まります。まずはなぜ今回転職活動をしているのかという理由をはっきりとさせることにより、自分がどんなことを優先しているのかをはっきりさせましょう。理由がはっきりすることにより目的がはっきりするため、転職活動が無駄に長引くことはなくなります。そして、ワークライフバランスを大切にするのか、給料を重視するのか、就きたい職種があるのか、人により様々ですが、優先順位を作ることによりミスマッチな企業に入社してしまう可能性を減らすことができるでしょう。

自身の市場価値の確認

自身の市場価値を把握することは、転職活動をする上で非常に重要となります。市場価値を把握することにより、企業とマッチしやすいかどうかの基準にもなりますし、企業側にどうみられているかを客観的に知ることもできるでしょう。

企業の情報収集

自分が転職したいと思った企業の候補がいくつかできたら、情報収集をしっかりすることがより成功する転職に繋がります。情報収集の方法としては、企業のホームページをみて自身のやりたいことと合っているかどうか、社風はどうかなどを確認すると良いでしょう。他にも、SNSやWebサイトの口コミなどから確認してみるのも良いです。口コミをみることにより、ある程度のリアルな実態を知ることができます。このように情報収集をしっかりして、転職してから後悔する可能性を少しでも減らすようにしましょう。

幅広い分野の求人の確認

41歳ともなると、求人の量は若年層と比べ限られてしまうため、可能性を上げるために様々な分野の求人を確認してみるのが良いでしょう。どうしても就きたくない職種は無理に見る必要はありませんが、未経験などの理由から、未経験職種の求人表を確認をしないというのは自身の可能性を狭くしてしまうことになります。そのため、資格がなくてもできる仕事や、今までに経験のない職種も視野にいれておくことがおすすめです。

転職しやすい時期を把握する

中途採用では、企業が採用を強化している時期があります。一般的には、3月~4月と9月~10月となっており、それ以外も当然求人はありますが、強化している時期を把握することは大切です。特に41歳の場合、転職活動が長引く可能性が高いため、適した時期じゃない場合必要以上に時間がかかってしまい不安になることもあるでしょう。そのため、企業が採用に力を入れている時期を把握しておくことで心にゆとりをもつことができます。

履歴書や職務経歴書の確認

41歳の転職では、履歴書や職務経歴書などの書類をしっかり確認しておくことも重要です。特に職務経歴書では、自身のアピールポイントや今までの経験・スキルなどを細かく書き、少しでも相手にメリットが伝わるようにする必要があります。また、転職経験の多い人は面接で必ず理由を聞かれるため、マイナスにならないような答え方ができるようにしておきましょう。具体的には、退職理由をたにんのせいにしない、なにか目的がありやむを得ず辞めた、など面接官が納得できる理由を考えておく必要があります。

41歳で未経験職種への転職は可能?

41歳からの未経験職種への転職は、厳しい部分もありますが、全くの不可能ではありません。41歳からだとちょっと厳しい仕事もあるように、41歳だからおすすめできる仕事や、41歳からでも問題なく十分活躍できる仕事もあります。そんな、年齢を全然気にせず始められるような仕事は一体どのようなものがあるのかを下記でご紹介します。

・営業職

長年社会人として培ってきたコミュニケーション能力は、営業のような仕事でも活きてくるでしょう。営業というジャンルなら、色々な営業があり、好きなものや得意分野が見付かりやすいというのも、転職をしやすいポイントです。

・工場作業員

工場作業は基本的に流れ作業が多く、マニュアル通りにやればこなしていけるというものがほとんどです。体力に自信がなかったり、立ちっぱなしが苦手という方でも、自分にあった仕事が見付けやすく、中途の人や高齢の人など幅広く活躍できる職種です。

・警備員

警備員は比較的年齢層の高い職場と言えるでしょう。なかには60代の人も数多く働いており、40代は若い部類に入るため、即採用なんてものも狙えます。

・介護職

介護職で働いている人は、40代や50代の人が多く、41歳なら丁度良い年齢か、もしくは若手として扱ってもらえるほどです。介護職は体力を凄く使い、腰を痛めてしまうというイメージを持つ人も多くいますが、実際は身体が原因で退職する人はそこまで多くありません。それに、近年では仕事をしながら資格をとる支援をしてくれる企業も多くなってきており、スキルアップを狙ったり資格を取ることによる給与アップも望めるでしょう。頑張り次第で、金銭的にも体力的にも余裕をもつことができます。

41歳が狙うならハイキャリア・ハイクラス転職がおすすめ

41歳の人が転職を考えるのならば、未経験職種よりも、ハイキャリア・ハイクラスへの転職がおすすめです。ハイキャリア・ハイクラスとは、例えば現職よりも年収の上がる企業や、大きな企業への転職や、最初から役職者として雇われるような転職のことを指します。上記のような転職を可能とすることにより、今よりも待遇が良く、生活にもゆとりが持てるようになるでしょう。しかし、ハイキャリア・ハイクラス転職は簡単にできるようなものではありません。今までに働いてきたしっかりとした実績や経験を必要とし、企業へのメリットをしっかりアピールすることができなければ難しいでしょう。しかし、ハイクラスと転職をしやすいのは圧倒的に40代が多いと言えます。それは、20年近い社会人経験により培ってきたスキルや経験、知識が20代や30代と比べて圧倒的に多いからです。そのため、求められるものも多いですがそれを補えるだけの経験や実績をアピールすることにより、理想の仕事とのマッチングは十分に可能でしょう。

企業が41歳に求めること

企業が41歳に求めることは、以下のようなことがあります。

・マネジメント経験
・即戦力となる実績や能力
・リーダーシップ
・豊富なコミュニケーション能力

順番に解説していきます。

マネジメント経験

41歳ともなると、自身の能力やスキルだけでは企業は納得してくれません。プロジェクトを成功に導いたり、部下をしっかりと教育してチームとして成長させるマネジメント能力が重要となります。そのため、できればしっかり役職者としての経験がある場合は、どのような方針や考え方でマネジメントをしていたのか、問題を解決するためにどのような行動をしたのかをアピールできることが望ましいです。しかし、なかには役職者としてのマネジメント経験がない人もいるでしょう。そのような人は、後輩の教育や同期・上司と共に頑張った内容を伝えるのもおすすめです。ただし役職者としてのマネジメント経験がないことは、アピールとしては弱くなってしまうため、より具体的に自身の考え方を伝えられるようにしましょう。

即戦力となる実績や能力

いくら社会人経験が長くても、実務で役にたたないような41歳は必要とされません。そのため、自分を雇うことによってどのような業務ができるのか、過去にどのような実績を残してきたのかを相手に伝える必要があります。20年ほども働いていれば、必ず役に立つ能力や、多少なりとも実績はあるはずなため、しっかり過去を思い出してアピールできるようにしましょう。

リーダーシップ

リーダーシップは、30代でも必要なもので、40代では確実に持っておきたいスキルです。周りに指示をだしたり、プロジェクトを円滑に進める。このようなスキルは一見素質のようにも感じますが、意識の仕方1つでどうにかすることができます。41歳で、今までの仕事で部下に指示をだした経験がないという人はいないでしょう。少なからずでも良いので、その時の考え方やなぜその指示を自分が出したのか、相手に伝わりやすくするために努力したことはなんなのかなどを一緒に伝えることができれば、面接官からの評価はグッと上がるはずです。

豊富なコミュニケーション能力

年齢が高ければ高くなるだけ、コミュニケーション能力は必要になります。近年、仕事においてコミュニケーション能力は必要ないと考えている人が多いですが、そんなことはありません。マネジメントや役職者などの重要なポジションにつくと他部署や部下、他の企業との打ち合わせや商談にいくこともあるでしょう。そんなときにコミュニケーションが上手くとれなければ仕事の連携が上手く取れなかったり、商談がダメになってしまうこともあります。そのため、年齢が上がれば上がるだけ、コミュニケーション能力を上手に発揮できるようにしましょう。

41歳がやるべき転職活動を未経験・経験あり別に紹介

41歳が転職活動をする場合、未経験職種の場合も経験のある職種の場合も、転職エージェントを利用したほうが良いという点は共通していますが、種類は大きく異なるため注意が必要です。選ぶべき注意点は以下のようになります。

未経験職種の場合

未経験職種の場合は、どちかといえば狭き門となり、挑戦するかたちになるため、大手の転職エージェントなど求人数が豊富で職種もたくさんあるところにしましょう。求人数や職種が豊富にあることにより、様々な条件の案件を比較することができるため、自分がやりたいことや求めている条件などが見つかりやすいです。デメリットとしては、あまり高い年収の仕事は望めない可能性があるため、なるべく下がらないような案件選びをしたほうが良いでしょう。そして、未経験の場合業務内容で企業にメリットを提示することは難しいです。そのため、業務内容ではなくポータブルスキルのような、どの企業にいっても通用すること、例えばマネジメント能力や社会人としての経験値の高さをアピールできるといいでしょう。

経験あり職種の場合

経験のある職種で案件を探す場合は、求人数は減っても良いのでハイクラス・ハイキャリアな求人を多く取り扱うエージェントの利用がおすすめです。同じ職種に転職するということは、スキルアップやキャリアアップを狙っていることが多いため、年収や役職の下がってしまうところに転職しては意味がありません。そのため、スカウト機能がある転職エージェントなどで企業やヘッドハンターから声がかかるのを待つのも得策です。もしスカウトがきたら、是非年収交渉や役職交渉も積極的におこなってみましょう。

よくある質問

41歳の転職に関して、よくある質問を下記にてまとめますので、同じような疑問のある人は参考にしてみて下さい。

女性でも41歳で転職できる?

41歳の転職というのは、そもそも厳しいというよりは範囲や条件が絞られてしまうというものです。そのため、転職をすること自体は41歳でも男性・女性関係なくできます。ただし、女性の場合は特に育児が問題となってくるでしょう。子供はまだ幼稚園などの未就学児なのか、それとも手のかからない年齢なのか。それによっては会社を休んでしまうというリスクが変わってくるからです。子供がある程度大きい場合は、41歳の女性でも十分事務や工場作業員など、他にももし経験のある職種でしたら転職することは十分に可能でしょう。ただし、子供が小さい場合、頻繁に休むことを想定されて採用してくれない企業も多いです。このような子供が小さい場合は、理解を得てくれる企業でないと採用は厳しいでしょう。

転職回数が多いのですが大丈夫でしょうか

転職回数が多くても、41歳で転職することは可能です。しかし、なぜ転職回数が多いのかということを答えられる状態にしておかなければいけません。また、転職理由が「上司のパワハラが」「給与が少ない」は、正当な理由に聞こえもしますが、面接官からしたらマイナスのイメージを持たれてしまいます。そのため、「御社は風通しの良い環境だと思い」や「年功序列ではなく実力をしっかり評価してくれる御社の社風が」などのようにワガママで辞めたわけではないことを伝えましょう。そのなかで、企業の良さにも触れることができれば、良く調べているんだなと好印象をもってもらえる場合もあります。

41歳の転職で資格はもっていたほうが良い?

資格に関しては、特に企業で重宝されるものでなければ数がいくつあってもメリットとはなりません。それよりも求められるのは経験やスキル、過去の仕事での実績などです。そのため資格を取ることよりも仕事で成果を出すための努力をしておくほうが良いでしょう。

41歳高卒未経験でも転職できる?

41歳での高卒の場合、大卒に比べると経験がしっかりしていなければ転職するのが大変になってしまう可能性もあるでしょう。そのため、事前準備をしっかりしておく必要があります。未経験職種に転職したいのであれば、業務上の経験は望めないため、マネジメント経験やコミュニケーション能力、リーダーシップなどのいずれかが優れていることをアピールしましょう。そうすることでたとえ高卒であっても、しっかり戦力として機能してくれると企業が判断してくれる可能性が高まります。

ハローワークは使わないほうが良い?

ハローワークは、特に年齢の高い41歳にはおすすめできません。理由としては、求人数があまりないこともありますが、年収として低いところやブラック企業が多いことが挙げられます。ハローワークに募集をかけている企業は、転職エージェントや転職サイトに掲載するお金があまりなくハローワークを利用しているところもあります。そのため、企業としての資産が少ないからとため、月収や年収としても少なく、昇給も望みにくいでしょう。もちろんハローワークに掲載されている全ての企業がというわけではないため、登録を全面的に否定するわけではありませんが、必ず他の転職エージェントや転職サイトの併用もおこなったほうが良いです。

41歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

41歳転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

41歳転職を目指す上でおすすめの転職サイト

41歳転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

41歳での転職は、決して簡単なことではなく、狭き門となることは間違いないでしょう。しかし、実際に転職をすることができなかったという人はほとんどいません。ただ、中には転職自体はできたけど失敗だと感じた人や、焦ってブラック企業に就職してしまい更に年齢を重ねてから転職活動を余儀なくされた人もいます。このような、結果として失敗にならないためには、事前の準備として自分の市場価値の把握や、面接を検討している企業の研究、正しい転職活動方法を選択することが大切です。そして、41歳に求めていることは基本的にどの企業も変わらないでしょう。しっかりと年齢に相応しいスキルや経験を身につけ、頼れる存在として転職できるようにすることをおすすめします。

Photo by Álvaro Serrano on Unsplash