公開日

2022/06/26

最終更新日

【JT年収】給料ランキングは高い?低い?1000万円貰える?仕事内容と将来性を解説!

・JTの年収が高い理由は?
・今後、JTの年収はどうなっていくのか
・JTへの転職成功率を上げるためには?

このような悩みを解決します。JT(日本たばこ産業株式会社)は、たばこ・医薬・加工食品を扱う企業です。本記事では、JTの年収が高い理由や各平均年収の推移・今後の予測から、転職成功率を上げる方法を解説していきます。特にこれからJTへの転職を検討している人は、本記事を参考にしてください。

【JT転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

JTの平均年収は800万円超え

2020年3月の有価証券報告書によると、JTの平均年収は855万円です。2021年9月に国税庁より発表された「令和2年分 民間給与実態調査統計」によると、日本企業の平均年収は約461万円です。JTと日本企業の平均年収を比較すると、JTの方が約2倍の高さになることがわかります。

参考:2020年3月有価証券報告書

JTの年度別平均年収推移

JTの年度別平均年収推移は、以下の通りです。

年度

平均年収

2020年

855万円

2019年

830万円

2018年

822万円

2017年

858万円

2016年

899万円

2015年

891万円

2016年以降少し年収水準が下がってきていますが、最近では少し上がってきています。相次ぐたばこの値上げのあおりを受けて厳しい状況でしたが、直近の加熱式たばこの売上増・在宅需要に伴い、年収水準は改善傾向にあります。

JTの年齢別平均年収推移

JTの年齢別平均年収推移は以下の通りです。

年代

平均年収

20代

600~650万円

30代

660~700万円

40代

700~860万円

50代

860~940万円

60代

600~650万円

20代の時点で600万円以上の年収になります。その後40代を超える段階で、平均年収の金額のベースが高くなります。40代の段階で役職が上がる人が増えるため、それに伴い年収ベースも上がってきます。60代に関しては、逆に役職を降りる人が増えるため、年収のベースは下がっていきます。

JTの職種別平均年収推移

JTの職種別平均年収推移は以下の通りです。

職種

平均年収

総合職

940万円

開発職

893万円

事務職

684万円

JT全体の平均年収は約855万円ですが、総合職になってくると約940万円になります。総合職になると、それだけ求められるスキルや成果も上がってくるため、高い年収水準になります。JTで年収1000万円を目指していきたいのであれば、総合職につくのが最も可能性の高い道です。

JTの役職別別平均年収推移

JTの役職別別平均年収推移は以下の通りです。

役職

平均年収

部長

1,461万円

課長

1,166万円

係長

888万円

一般社員

600万円

課長になると年収は1000万円を超えてきます。役職のある社員と一般社員の年収の差が非常に開いており、JTで年収を上げるためには役職をあげることが重要であることが分かります。

JTの平均年収競合比較

JTの平均年収競合比較は以下の通りです。

企業

平均年収

JT

855万円

フィリップモリスジャパン

696万円

ブリティッシュアメリカンタバコ

815万円

JTは業界シェア率60%であり国内最大手であることから、競合の2社よりも高い年収水準となっています。

JTの平均年収に対する口コミ

JTの平均年収は高いと解説してきましたが、実際に働いている社員の口コミはどうなっているでしょうか。以下「転職会議」から抜粋した良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介していきます。

JTの平均年収に対する良い口コミ

JTの年収に対する良い口コミは以下の通りです。

  • メーカーにしては給料は良く、学歴関係なく給料は実力に応じて反映される
  • 若手の抜擢も積極的に行っている
  • 残業は多くない割に、年収はとても高い
  • 年収に関しては他企業と比較しても高い水準であるといえる
  • 給与は毎年定期昇給があり、グレードごとの上限に達するまで上がり続ける
  • 転職時の25歳で、同世代と比べ休日・年収ともに申し分ない企業
  • 好景気・不景気の影響が少なく、社会的に不景気の時期は相対的に年収が高めになる
  • ずば抜けて高いわけではないが、業務負荷を考慮すると、納得できる金額である

参考:転職会議

基本的に年収に対しては満足感を感じている社員が多いようです。また年収が高い=残業が多い会社が多い中、JTは年収が高い中でも残業も少ない水準です。年功序列の風土が強いことから、じっくり働いていきたいという人にとっては向いている年収水準です。

JTの年収に対する悪い口コミ

一方でJTの年収に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • スイスに本社が移り統一後の要職は全て海外組が担う
  • 管理職と平社員の給与差がありすぎる
  • 働く人は働くが、昇格が少なく、働かなくても給与にばらつきがないため、やる気がない人も多い
  • 数字を個人で上げても評価にはつながりづらい
  • 内勤業務は営業業務より役職アップは難しく、大幅な年収アップは難しい
  • 評価制度があいまいで、やや属人的に評価がきまる印象がある
  • 評価制度が不透明

参考:転職会議

先ほど役職別年収推移でも触れましたが、管理職と平社員の給与差が大きいというのを感じている社員は少なからずいました。また評価制度があいまいであり、年功序列の風土が強いため、成果を出しても出さなくても給与が変わらない点に不満をもっている社員が多いようでした。今後スイスに本社が移る関係で海外組が要職を担い始めた中で、これまでの企業風土が変化していくことが予想されます。

JTの福利厚生

JTの福利厚生はかなり充実しているといわれています。そんなJTの福利厚生は以下の通りです。

  • 借上社宅制度(同居人なし:最大7万円)
  • 借上社宅制度(同居人あり:最大12.6万円)
  • 在宅勤務手当
  • 社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)
  • 企業年金
  • 持株会・財形貯蓄
  • カフェテリアプラン
  • 育児・介護休職

借上住宅制度が充実しており、同居人あるなし両方に設けられています。そして両方設けられている中でそれぞれ額も変わってくるため、不公平感が発生しないようになっています。そして最近多くの企業が採用している在宅勤務に関しても、在宅勤務手当が設けられています。時代の変化に対する福利厚生の変化対応力が非常に高いことがわかります。

JTの福利厚生に対する良い口コミ

JTの福利厚生に対する良い口コミは以下の通りです。

  • 借上社宅制度では年齢にもよるが、自己負担3割で賃貸住宅を借りることができる
  • カフェテリアプランでも年間数万円の補助があり、旅行・買い物・自己啓発に利用可
  • 福利厚生について日本トップクラスだと思う
  • 確定拠出年金制度や社員持株会制度も整備され、資産形成にも役立つ
  • 福利厚生は非常に充実しており、特に育児・介護に対する手厚さは他の企業の追随を許さないレベル
  • 女性が働く場合はもちろん、共働き世帯であっても保育補助があり、利用しやすくなっている

参考:転職会議

福利厚生に関して口コミに関しては全体的に非常に高いです。特に日本・業界トップクラスという人もおり、会社がいかに社員の働きやすさを重視していることがわかります。

JTの福利厚生に対する悪い口コミ

一方でJTの福利厚生に対する悪い口コミは以下の通りです。

  • 近年株価が下がってきており、持株会を見直す人が増えている
  • 年齢が上がってくると住宅補助の金額が減る
  • 勤務地で手当の金額の差が出てしまう

参考:転職会議

JTは福利厚生の充実度が高いため、悪い口コミがあまりありませんでした。

JTの働きやすさ

JTでは働きやすさの促進の一環として以下の制度を設けています。

  • フレックスタイム
  • テレワーク
  • ABWの取り組み(本社のみ)

フレックスタイムには一般的に「コアタイム(必ず出勤する時間)」が設けられています。しかしJTではコアタイムを設けない、「スーパーフレックス」を導入しました。自由な働き方を促すことで、社員一人ひとりの新しいアイディアの発掘・パフォーマンスの向上につなげています。

JTのワークライフバランス

JTのワークライフの特徴としては、以下の3点があります。

  • 残業は部門・勤務地による
  • 休みは比較的とりやすい
  • フレックスタイムを推進している

「転職会議」によると、JTの月の残業時間は平均して19.8時間です。部門や勤務地によって異なる部分はありますが、日本の社会人の平均残業時間が24時間であることを考えると、約6時間少ない水準になっています。また休みに関しても比較的とりやすい環境のため、仕事と休みの日をしっかり分けることができます。

JTの仕事のやりがい・働きやすさ

JTの仕事のやりがい・働きやすさは以下の3点です。

  • 年齢に関わらず、意見やチャレンジを認めてくれる
  • 営業に関して理念ややりがいを求めてこない
  • 若手を育成する風土がある

JTでは研修制度を含め、若手を育成する風土があります。また年齢に関わらず、意見やチャレンジを認めてくれるなど、風通しの良さも働きやすさの1つなっています。

JTのライフステージに応じた休日

JTでは人生で応じるライフイベントに応じた休暇制度が、多く設けられています。

〇休暇・求職

  • 産前産後休暇
  • 妻産休暇
  • 育児休職
  • 育児のための短時間勤務
  • 介護休職
  • 早期復職支援休暇
  • 積立休暇

〇休日休暇

  • 週休2日制
  • 年末年始・夏季休暇:5日間
  • 年次有給休暇:初年度10日・2年目以降:20日

〇特別休暇

  • ゆとり休暇:5日(35歳と45歳時)
  • 慶忌休暇:5日
  • 結婚休暇:5日
  • ボランティア休暇:5日
  • 妻産休暇:5日

妻産休暇など他の企業ではあまり見られない休暇制度が設けられています。社員1人ひとりのライフイベントを意識した休暇が明記されているので、社員もライフイベントに応じて安心して休暇をとることができます。

JTへの転職

年収の高さ・福利厚生の充実度を求めて、JTの転職を検討する人は多いのではないでしょうか。そんなJTの転職難易度や募集の見つけ方・選考フローに関して紹介していきます。

JTの転職難易度は高いのか

結論、JTの転職難易度は高いです。それは以下の理由からになります。

  • 業界内にJT以外の競合が少ない
  • 応募要件が厳しい

JTの競合他社は、フィリップモリスやブリティッシュタバコといった外資系企業になります。たばこ業界の企業に就職したい人にとっては、選択肢が非常に狭いものになります。そのため1社に応募者が集中し、倍率が上がるため難易度は高くなります。また応募要件の厳しさも、難易度の高さに影響されています。例えば総合職(法務系)に関しては、法科大学院修了生、大学卒業以上の学歴を有する司法試験予備試験合格者になります。その他の職種に関しても、英語力が必要など要件が求められています。そのため、自分が希望する職種をよく確認して、必要要件のスキルが自分が持っているのか・取得可能なのか判断することが重要です。

JTの募集はどこで見つけるのか

JTの募集は以下の方法から応募することができます。

  • 企業の採用サイトからエントリーする
  • 転職エージェントを経由して応募する
  • キャリア登録制度を活用する

JTにはキャリア登録制度があり、あらかじめ自分のキャリア情報を登録することで、企業側が必要になる職種とマッチングした際に応募できる制度です。キャリア登録制度に関しては登録しても、いつ知らせが来るか不透明なため、転職エージェントへの登録など合わせてしておくことが重要です。

JTへの求める人材

JTへの求める人材は以下の通りです。

  • 課題発見力の高い人
  • コミュニケーション力の高い人
  • 数値目標に対して達成行動力のある人

特にJTは販売店の課題を発見して、売上を上げるための提案を行うことも求められるため、課題を発見する課題発見力や提案力が求められます。また数値目標が与えられるため、数値に対する意識の高さ・達成力も重要になります。

JTへの選考フロー

JTの中途採用は以下の流れで選考が進んでいきます。

  • 応募
  • 書類選考・適性検査
  • 面接(複数回)
  • 健康診断
  • 内定

JTでは面接が複数回行われるため、しっかり準備することが重要になります。

JTの会社概要

JTの会社概要は以下の通りです。

会社名

日本たばこ産業株式会社

本社所在地

東京都港区虎ノ門4-1-1

設立

1985年4月1日

資本金

1,000億円

代表取締役

寺畠 正道

JTの事業内容

JTは主に4つの事業を展開しています。1つ目は国内たばこ事業です。日本たばこ産業が製造・販売を行い、TSネットワークが製品の配送及び、外国たばこの流通業務を行っています。2つ目は海外たばこ事業です。国内たばこ事業と同じく、タバコ製品の製造、販売を行っています。3つ目は医薬事業です。医療用医薬品の研究開発、製造、販売及びプロモーションを展開しています。4つ目は、加工食品事業です。冷凍・常温加工食品、調味料、ベーカリー等の製造、販売を行っています。一般的にはたばこ事業が目立っていますが、医薬品や加工食品などタバコ以外にも幅広く事業を展開しています。

JTの業績推移

JTの業績推移は以下の通りです。

年度

売上(億円)

営業利益(億円)

2020年

20,926

4,870

2019年

21,756

5,159

2018年

22,160

5,955

現状、売上・営業利益ともに下がってしまっている状況です。しかし加熱式たばこの需要増やたばこ以外の事業の展開次第では、今後の業績改善も予想されます。

JTの転職成功率を上げる方法

JTの転職難易度は競合他社の少なさ・応募要件の厳しさから、高いということは解説してきました。そこでJTの転職成功率を上げる方法に関して、どうしたらよいのか紹介していきます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用しなくても、JTに転職することはできます。しかしJTは転職難易度が高い企業であり、自分で調べて企業の採用サイトからエントリーして選考に臨んでも、採用される可能性は低いです。一方、転職エージェントを活用することで以下のことができます。

  • 履歴書や職務経歴書の書類添削
  • 徹底した面接対策
  • 企業の転職に関するポイントを教えてもらえる

特にJTにも特有の転職ポイントがあり、転職エージェントでは過去の実績や採用担当者とのつながりがある可能性が高いため、聞いて教えてもらうことが重要です。また転職エージェントではプロのアドバイザーがつくため、履歴書や職務経歴書も通過しやすい様に添削をしてもらうことができます。

面接対策を徹底する

面接対策をする上で過去にされた質問は再度聞かれることが多いため、まとめておくことは重要です。「転職会議」によると過去質問された内容は以下の通りです。

  • 将来家族ができた時、自分の仕事をどう説明するか
  • 自分にアドバイスするとしたら
  • なんの食べ物が好きですか
  • 一人暮らししていますか
  • JTに入って10年後の自分を創造して自己紹介してください
  • たばこについてどう思いますか
  • なぜ当社を選んだのか
  • 学生時代にしていたこと
  • 最近楽しかったことと悲しかったこと
  • 旅行のプランを立てて、説明して
  • 自販機に自分でラインナップするとしたらどういう商品をチョイスするか
  • あなたを文房具に例えるとしたらなにか

様々な角度から質問がされるようです。特にJTに入って10年後の自己紹介などは、その場で聞かれてストーリー立てて話すことは難しいため、事前に用意しておくことが重要です。またお題を出されて自分の考えを聞かれることも多いため、いくつか想定問答して練習しておくことがおすすめです。練習しておくこととしておかないで、当日聞かれた時の応え方に差が出ます。

現職での仕事の実績をまとめておく

JTの求める人材の箇所で、「数値目標に対する達成力の高い人」がありました。そこで達成力の高い人であることを証明するためにも、現職での実績及びプロセスを話せるようになっておくことが重要です。実績に対するプロセスに関しては、それがJTの仕事の中でどのような形で役に立つことができるのか、示しながら話すことがポイントです。

JT転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

JT転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JT転職を目指す上でおすすめの転職サイト

JT転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

2020年3月の有価証券報告書によると、JTの平均年収は約855万円です。これは日本企業の平均年収約461万円と比較すると、約2倍の年収水準になります。JTは年功序列の風土が強く、年齢を上げることで役職・年収の水準が上がってきます。またJTは福利厚生が充実していることも有名です。口コミを確認しても福利厚生の充実感に対する良い口コミが多く、会社の社員の働きやすさ向上に取り組んでいる意識が伝わってきます。そんなJTの転職難易度は高いです。その理由は、競合他社の少なさと要件の厳しさです。JTへの転職成功率を上げるためには、転職エージェントを有効活用し、JTに特化した面接対策や書類添削を行うことが重要です。本記事を参考に、JTの年収に対する理解・転職成功率を上げることにつなげていただけると幸いです。