公開日

2022/01/13

最終更新日

【日本電産年収】低い?きつい?激務?ホワイト企業?福利厚生・退職金・離職率を解説【高卒・大卒・院卒】

・日本電産の年収は高いのかな?
給与の仕組みや、評価の制度について知りたい

上記の悩みにお答えします。結論、日本電産の年収は製造業界では高いです。日本電産株式会社は世界No1の総合モーターメーカーのため、競合他社に比べると給与は安定しているといえるでしょう。日本電産は、長期目標として「2030年度売上高10兆円」を目標にしています。これからの事業展開にも注目されている人気企業です。本記事では、日本電産株式会社の給与や年収や評価の制度について解説していきます。日本電産に転職を考えている方や、給与や年収について詳しく知りたい方は参考にしてください。

【日本電産転職】おすすめの転職エージェント

  • リクルートダイレクトスカウト

    リクルートダイレクトスカウト

    厳選した優良なヘッドハンターが魅力!

    POINT!

    • リクルートグループが運営!
    • 年収800〜2,000万円の求人多数
    • 登録後はスカウトを待つだけ

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • リクルートエージェント

    リクルートダイレクトスカウト

    転職支援実績No.1の転職エージェント

    POINT!

    • 業界最大級の非公開求人数!
    • 実績豊富なアドバイザーが在籍
    • 充実した転職サポートが嬉しい

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

  • doda

    リクルートダイレクトスカウト

    日本最大級の実績を誇るエージェント

    POINT!

    • 国内最大級の紹介実績を誇る
    • 10万件超の豊富な求人数
    • 適職探しのヒントが見つかる!

    登録は完全無料

    公式サイトはこちら

日本電産の平均年収は588万円

日本電産株式会社 有価証券報告書によると、日本電産の平均年収は588万円です。国内の業界では、製造業の平均年収は全体的に低い傾向にあります。「厚生労働省 令和2年賃金構造基本統計調査によると、製造業の平均年収は321万円です。日本電産の平均年収は588万と業界平均年収より250万円以上の数字を出しています。そのため、日本電産株式会社の年収は業界トップクラスといえるでしょう。

日本電産株式会社の年度別平均年収

日本電産の過去の平均年収は、以下の通りです。

平均年収

2015年

655万年

2016年

643万年

2017年

663万円

2018年

661万円

2019年

616万円

2020年

588万円

参考:有価証券報告書

上記の数字を見る限り、日本電産の平均年収が下がり続けているのが分かります。理由は、日本電産の業績の変化です。2017年度までは、売上高・営業利益・税引前利益・当期利益の全てを過去最高記録を更新し続けていました。2018年度から2020年度も上記同様、最高売り上げの更新を続けています。しかしM&Aによる損失が発生し、営業利益は下がりつつあるのが現状です。働き方改革も、年収が減少している原因の一つになります。日本電産は働き方改革に積極的に取り組み、会社の残業を削ることに成功しています。一方で「残業代」で稼いでいる社員が多いため、働き方改革は平均年収を下げる結果になりました。しかし日本電産は徹底したコストカットに力を入れているため、年収はこれから高くなると推測されます。

日本電産の年齢別平均年収

日本電産の年齢別平均年収は、以下の通りです。

年齢

平均年収

20歳~24歳

301万円

25歳~29歳

443万円

30歳~34歳

465万円

35歳~39歳

481万円

40歳~44歳

536万円

45歳~49歳

614万円

50歳~54歳

679万円

55歳~59歳

672万円

60歳~64歳

432万円

参考:有価証券報告書

日本電産株式会社は、年功序列と評価制度が基本です。近年では、成果主義の色が強く出ています。人によっては、30代で年収600万円達成している社員も少なくありません。年功序列が基本ですが、ケースバイケースによって成果は給与に反映されるみたいですね。評価によって昇給しますが、場合によっては降給もありえます。この先は、実力社会の企業になりそうです。次に、男性と女性の平均年収について確認しましょう。

日本電産の性別・年齢別平均年収

日本電産の性別・年齢別平均年収は以下の通りです。

年齢

男性平均年収

女性平均年収

20歳~24歳

301万円

301万円

25歳~29歳

522万円

443万円

30歳~34歳

526万円

465万円

35歳~39歳

539万円

481万円

40歳~44歳

581万円

536万円

45歳~49歳

664万円

614万円

50歳~54歳

732万円

679万円

55歳~59歳

725万円

672万円

60歳~64歳

468万円

432万円

参考:有価証券報告書

上記の数字を見る限りでは、男女の年収に大きな差はありません。理由としては、日本電産は女性キャリアにも力を入れているからです。そのため、女性管理職社員も多数います。全体的に男性の方が年収が高いですが、女性には出産や育児があるため平均年収の数字には差が出てるのは仕方ありません。男女問わず日本電産は、実力主義の色が濃く出ています。そのためバリバリ働きたい女性にとっては、やりがいのある職場といえるでしょう。

日本電産の職種・役職別平均年収

日本電産の職種別平均年収は、以下の通りです。

職種

平均年収

一般職

620万円

技術職

580万円

総合職

860万円

参考:有価証券報告書

技術職がやや低い傾向にあります。一方で、総合職は平均年収が高いです。

日本電産の役職別平均年収

日本電産の役職別の平均年収は、以下の通りです。

役職

平均年収

主任

660万円

係長

718万円

課長

920万円

部長

1,012万円

参考:有価証券報告書

課長クラスから上の役職には、年収1,000万円プレイヤーが多くいます。上記の役職に就任するには、多くの成果を上げることが必要です。ただし、課長より上の役職になれるのはごくわずかのようです。日本電産に転職するなら、係長より上のクラスを狙ってみるのも面白いかもしれません。経験やスキルがある人は、是非挑戦してください。

日本電産と競合他社との年収比較

日本電産と競合他社の年収比較は、以下の通りです。

会社名

平均年収

キーエンス

1,751万円

オムロン

803万円

村田製作所

731万円

京セラ

684万円

日本電産

588万円

日本電波工業

561万円

上記のデータを見る限りでは、日本電産の平均年収は低いといえるでしょう。日本電産は世界一のモーター総合メーカですが、電子部品メーカーにカテゴライズされます。事業の大半がtoB向けのため、売上の振れ幅も大きいです。一方で、上位の企業はtoB・toC両方に力を入れているため、売上が高く社員の平均年収も高くなります。業界内での平均年収は高いですが、競合他社に比べると平均年収は低いといえるでしょう。

日本電産の給与と評価の仕組み

日本電産の給与は、年功序列と評価によって査定されます。昇給は、通期により5段階の評価されるグレードシステムです。評価結果によって昇給、降給が決まります。給与制度には部署によって差があるとのことです。成果を出せない部署では、実績評価は少なく年功序列で少しづつ昇給していきます。現在の日本電産は、成果を出せる部署の社員の給与が高い傾向です。しかし日本電産は、これからは成果報酬型の給与システムにシフトする動きを見せているので、どの部署でも成果が反映される仕組みになるでしょう。

日本電産の評価の仕組みについて

日本電産の評価システムは、実力主義です。成果を出す人ほど、役職が昇格します。逆に成果を出せない人は、給与が下がる可能性も少なくありません。今の時点では、部署によって評価制度に差が生じています。上記の問題は、日本電産の今後の方針で改善されるでしょう。

日本電産の「年収3割増」について

日本電産株式会社の関潤社長は、2020年に「社員の年収を3割増やす」と公言しています。関潤社長は業務のデジタル化を進め、作業の効率化を高める考えを示し「生産性が向上する分、年収をあげる」と発言しました。新型コロナウイルスの影響もあり、作業のデジタル化を進める企業が多いです。上記に取り組むため、関潤社長はM&Aを積極的に進めています。そのため、日本電産の年収は高くなることが予想されるでしょう。

日本電産のボーナスは少ない?

日本電産の過去の賞与データは、以下の通りです。

平均賞与額

2014年

103万円

2015年

110万円

2016年

93万円

2017年

96万円

2018年

79万円

2019年

71万円

2020年

82万円

参考:有価証券報告書 賞与引当金より計算

日本電産株式会社の平均賞与額は約4ヶ月分です。ボーナスについては、業界ではやや低いといえるでしょう。業界競合他社の場合、賞与金額は平均6ヶ月〜7ヶ月です。しかし日本電産は近年の売上減少から、賞与金額は2.8月~3.5月になっているとの声もあります。2023年の年収3割増に向かって様々な取り組みを実施していますが、競合他社に比べると課題が多いといえるでしょう。

日本電産の求人情報

日本電産では、車載エンジニアを積極的に採用しています。理由は、車載事業を強化しているからです。2030年に売上高10兆円を達成するためには、急成長している車載事業を伸ばす必要があります。近年では自動車の省エネが進んでおり、一台の自動車に搭載されるモーター数は100を超えています。全自動自動車の普及なども見越すと、モーターシェア世界トップクラスの日本電産にとっては、大きなチャンスです。そのため、車載エンジニアを積極的に採用しています。

日本電産の採用情報

日本電産の採用情報は、以下の通りです。

給与

能力により変動(経験、スキルを考慮した上で会社規定により判断)

雇用形態

正社員

試用期間

試用期間有り(3ヶ月)※試用期間において異なる条件はなし

昇給・賞与

昇給/年1回(4月)・賞与/年2回(7月、12月)

福利厚生・制度

福利厚生アウトソーシングサービスの利用、確定拠出年金、確定給付企業年金(2021年10月より確定拠出年金に一本化されるため廃止)、社員持株制度、財形貯蓄制度、独身寮(条件あり)、借り上げ社宅制度、勤務地手当(条件あり)、通勤手当(会社規程により支給)、単身赴任手当、時差勤務制度、各種社会保険(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)、在宅勤務制度、自己啓発プログラムに対する一部会社補助あり 他

休日・休暇

会社暦週休2日制(年間休日 124日※2020年度)・(日曜・祝日・土曜<変則>・ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始)・特別休暇(慶弔休暇、生理休暇、検診休暇、子の看護休暇、永年勤続休暇、公務休暇、罹災休暇、交通遮断休暇 他※各種規程による)年次有給休暇(6カ月継続勤務で10日間付与)※時間単位年次有給休暇制度あり

勤務時間

8:30~17:30 (昼休憩40分、午前・午後各10分休憩)。所定時間外労働有

給与に関しては、日本電産の評価によって決まります。福利厚生についても充実しているといえるでしょう。職種によって一部異なる点もあるので、上記はあくまで参考として考えてください。

日本電産の課題

日本電産の課題は、売上の回復です。2023年度には「社員の年収を3割増やす」と公言していますが、2012年12月時点で大きな変化は見られないのが現状ですM&Aなどを積極的に取り組んでいますが、成果が出るまでに時間を要するのでは?という声も少なくありません。一方、長期目標である「2030年度売上高10兆円」に向けた中期目標が2021年7月に発表されています。日本電産の中期目標は「今後5年間で売上は4兆円に引き上げる」です。昨年度の売上は1兆6180億円なので、5年間で2倍増になります。上記の目標を達成するために、台湾のホンハイ精密工業と合併会社の設立を検討すると公言していました。さらに組織改革も進めなければいけません。適切な評価体制の確立は、日本電産で働く社員にとって最重要といえるでしょう。上記の問題を早急に解決することが、日本電産の今後の課題といわれています。

日本電産に対する口コミ

日本電産の口コミは、賛否両論です。働きやすさに定評がある一方で、労働環境に対する不満の声も少なくありません。ここでは、日本電産に対する良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます。

日本電産に対する良い口コミ

日本電産に対する良い口コミは、以下の通りです。

  • ワークライフバランスが整っている
  • 女性が働きやすい環境
  • 会社に未来を感じる

良い口コミは、女性の働きやすさです。女性のキャリアを重視している日本電産は、女性管理職も積極的に採用しています。男女共に、ワークライフバランスが整っているとの声も多いです。残業が少なく家庭やプライベートの両立がしやすいと、定評があります。30歳までは刈り上げ寮に入れるため、若手の生活コストも抑えられるでしょう。

日本電産に対する悪い口コミ

日本電産に対する悪い口コミは、以下の通りです。

  • 適切な評価がされない
  • 創業者が抜けると、会社が不安
  • トップダウンの概念が強い

最も多い声は、評価に対する不満です。成果主義に移行している近年の日本電産ですが、残念ながら評価体制はまだ整っていないといえるでしょう。創業者が経営から引いた場合の経営にも、不安の声が上がっています。一代で日本電産を世界No1まで育てあげた永守会長が退いた場合、日本電産のマーケットシェアは著しく下がると危惧されています。大手企業特有の問題ですが、トップダウンで仕事を進める点についても不満の声は少なくありません。成果主義を掲げている日本電産ですが、上司のいうことが絶対になると実績を上げづらいとの不満があります。上記の問題を解決するため日本電産は現在、組織改革に力を入れています。次の体制が浸透するまでは、これらの問題は続くかもしれません。これからの日本電産に期待です。

日本電産に転職する方法

日本電産に転職する方法は、以下の2つです。

  • キャリア登録をする
  • 転職エージェントを利用する

詳しく解説していきます。

キャリア登録をする

キャリア登録とは、日本電産に転職したい旨を伝えるサービスです。キャリア登録は、以下の項目を記載します。

  • 基本情報(名前・生年月日・連絡先)
  • 学歴
  • 資格
  • TOEICスコア

キャリア登録をする際は、履歴書と職務経歴書をファイル形式で送ります。登録した情報と書類選考をもとに、適切なポジションがあった場合に次の選考に進むことが可能です。

転職エージェントを利用する

日本電産に転職するなら、転職エージェント利用がおすすめです。理由は、以下の通り。

  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 業界に特化したサポートを受けられる
  • 給与交渉を依頼できる

非公開求人を紹介してもらえる

大手の転職エージェントの場合、日本電産の非公開求人を持っている可能性が高いです。日本電産などの大手企業は、非公開求人を出す確率が高い傾向にあります。キャリア登録や一般的な転職サイトの求人情報よりも倍率が下がることが、非公開求人の特徴です。非公開求人が出ていない場合でも、スキルが認めらえると転職エージェントが日本電産に営業してくれる可能性も少なくありません。非公開求人だけはなく、企業に営業まで実施してくれるので、転職エージェントの利用はかなりおすすめです。

業界に特化したサポートを受けられる

転職エージェントは、求職者が転職したい企業・業界に特化したサポートを実施してくれます。過去の転職成功者、失敗社のデータを転職エージェントは保持しているため、転職先企業の分析にも役立つでしょう。模擬面接も実施してくれるため、より適切な転職準備が可能です。過去の面接内容のデータも集めているため、面接の傾向も詳しく知れます。日本電産は面接を重視している企業なので、徹底した面接対策は必要です。

給与交渉を依頼できる

日本電産に転職するなら、給与交渉する体制が必要です。理由は、日本電産の評価システムが整っていないからですね。スキルや実績が評価されると高い報酬を期待できます。一方で担当者によっては、年収、給与査定が適切でない場合もあるでしょう。内定通知書を確認した後、適切な金額ではないと判断できるらなら、転職エージェント給与交渉を引き受けてくれます。転職して年収が下がらないよう転職エージェントを利用して、適切な年収をもらえるよう心がけましょう。

日本電産転職を目指す上でおすすめの転職エージェント

日本電産転職を目指す上でおすすめの転職エージェントを整理します。

リクルートエージェント

国内有数の転職エージェントとして知られるリクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇ることで知られています。過去45万人以上の転職支援実績をもとに、プロのキャリアアドバイザーが履歴書/職務経歴書などの書類添削や面接対策まで徹底対策してくれます。国内最大級の転職エージェントということもあって、拠点の数も多いので、地方在住の方でも安心して利用することができます。

求人数約320,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

dodaエージェント

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「dodaエージェント」は、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」と並んで国内最大級の転職エージェントとして知られています。約10万件の求人情報から求職者の希望にマッチした求人をプロのキャリアアドバイザーが紹介してくれます。「何から始めれば良いかわからない」「自分の強みがわからない」といった悩みがある場合は、登録してみると良いでしょう。

求人数約100,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績とマイナビグループが誇る豊かな求人情報を強みとする転職エージェント。マイナビエージェント経由でしか応募することができない独占求人の数も多いので、一度、登録してみると良いでしょう。

求人数約60,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

パソナキャリア

パソナキャリアは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。運営は株式会社パソナ(東証一部上場)。オリコン顧客満足度調査第1位に選出されている。求人件数は5万件以上。転職後の年収アップ率は67.1%を誇る。高い専門性を備えた専任の転職エージェントによる転職サポートが魅力。

求人数約37,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

日本電産転職を目指す上でおすすめの転職サイト

日本電産転職を目指す上でおすすめの転職サイトを整理します。

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト。ハイクラス・エグゼクティブ人材向けに、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録していることが特徴。会員登録完了後はスカウトを待つだけでOK。担当コンサルタントは自分で選ぶことができる。

求人数約75,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://careercarver.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

ビズリーチ

おすすめの転職サイト「ビズリーチ」

ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダーなどの即戦力・ハイクラス人材に特化した国内最大級のハイクラス転職サイト。運営元はビジョナル株式会社。高年収の求人が豊富に用意されていることに加えて、優良企業や一流ヘッドハンターからビズリーチを通じてスカウトを受け取ることで、思いもよらない企業やポジションに出会えることが大きな特徴の一つである。

求人数約147,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

おすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、管理・専門職、ミドル・ハイクラスのための転職エージェント。運営は株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(東証一部上場)。約800名のプロフェッショナルが転職をサポート。また、国内大手、外資系、海外進出企業などの厳選求人を多数揃えていることが特徴である。

求人数約11,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

アサイン

おすすめの転職サイト「アサイン」

アサインは、コンサルティングファームをはじめとして、経営企画や事業開発、営業職などのハイエンド向け転職支援サービスを展開している。運営は株式会社アサイン。確かな実績をもつキャリアアドバイザーと日本初のAIキャリアシミュレーション「VIEW」で求職者のキャリアを徹底サポートしてくれる。特に20代~30代のハイエンド転職に強い。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域東京
公式サイトhttps://assign-inc.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

iX転職

おすすめの転職サイト「iX転職」

iX転職は、パーソルキャリア株式会社が運営するハイクラス向けの転職サイト。年収1,000万円以上の非公開求人を多数取り扱っていることが特徴の一つ。厳選されたヘッドハンターがキャリアの選択肢を適切に提案してくれる。また、「クラウドキャリアコーチ」を活用すれば、第三者との対話を通じてキャリアに関する悩みを解消することができる。

求人数非公開
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://ix-tenshoku.jp/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

AMBI

おすすめの転職サイト「AMBI」

AMBIは、株式会社エンジャパンが運営する若手ハイクラス人材向けの転職サイト。年収500万円以上の案件が多数。職務経歴書を元にした三段階評価によって、選考通過の可能性がわかることが大きな特徴。登録しておけば職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができる。

求人数約70,000件
求人の質⭐️⭐️⭐️⭐️
サポート体制⭐️⭐️⭐️⭐️
総合評価⭐️⭐️⭐️⭐️
対応地域北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・千葉・神奈川・埼玉・山梨・茨城・群馬・栃木・長野・新潟・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://en-ambi.com/

登録は完全無料

公式サイトはこちら

最後に

本記事をまとめます。

  • 日本電産の平均年収は588万円
  • 30代で年収600万円以上の社員もいる
  • 2023年には「年収3割増」と公言している

日本電産は業界では高い給与といえるでしょう。競合他社には劣りますが、これからの施策次第で大きく変わる可能性があります。実績を出して稼ぎたい人にとっては、未来ある企業です。日本電産に転職する際は、転職エージェントを利用して適切な転職準備を進めていきましょう。