公開日

2021/08/17

最終更新日

【徹底比較】JACリクルートメントの評判・口コミ|特徴と面談から退会までの流れを整理

JACリクルートメント

ハイクラス向け転職支援で国内有数の実績を誇るJACリクルートメント。本記事では、JACリクルートメントの評判・口コミに加えて、面談から退会までの流れを整理していきます。

JACリクルートメントの基本情報

JACリクルートメントの基本情報については、以下の通り。

求人情報

非公開

非公開求人あり

直接面談

あり
履歴書添削あり
面接対策あり
形態エージェント型
対象エリア全国

JACリクルートメントのメリット

まず、JACリクルートメントのメリットについて見ていきたいと思います。

ハイクラス転職実績が豊富である

1つ目は、ハイクラス転職実績が豊富であるということです。JACリクルートメントは、外資系求人や国内大手企業などのハイクラス転職実績の豊富さで知られています。リクルートエージェントdodaエージェントといった他の大手総合エージェントの担当者では満足できなかった方は、JACリクルートメントにも併せて登録しておいて損はないと思われます。

コンサルタントの質が高い

2つ目は、コンサルタントの質が高いことです。JACリクルートメントのコンサルタントが提供するサービスの品質は他社のエージェントと比べても優れていることで知られています。また、社内教育制度の厳しさは業界内でも有名であり、優秀なコンサルタントが揃っていることで知られています。他社のエージェントと相性が合わない場合は、一度、JACリクルートメントを利用してみるのも良いと思います。

ハイクラス向けの書類添削/面接対策が充実

3つ目のメリットは、ハイクラス向けの書類添削/面接対策が充実していることです。JACリクルートメントでは、過去43万人以上の転職支援実績をもとに、ハイクラス向けの書類添削や面接対策をサポートしてくれます。ハイクラス向け転職を目指す場合は、リクルートエージェントdodaエージェントのような総合型の転職エージェントではなく、JACリクルートメントやビズリーチキャリアカーバーといったハイクラス向けの転職支援サービスを利用することを個人的におすすめしています。

年収交渉に積極的に対応

4つ目のメリットは、年収交渉に積極的に対応してくれることです。JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは交渉力に定評があることで知られています。実際、特にハイクラス転職の場合は、担当者の交渉力次第で、数十万〜数百万円の年収アップが実現することも珍しくありません。もちろん、担当者の能力にはバラツキがありますし、百発百中で年収交渉が成功する訳ではないと思いますが、他社のキャリアアドバイザーに比べてハイクラス転職に明るく、年収交渉についても積極的に行ってくれるのは特筆すべきポイントと言えると思います。

JACリクルートメントのデメリット

次に、JACリクルートメントのデメリットについて見ていきたいと思います。

求人数が相対的に少ない

1つ目は、求人数が相対的に少ないことです。JACリクルートメントは、ハイクラス向け転職エージェントであるがゆえに、求人数については、リクルートエージェントdodaエージェントといった総合型の転職エージェントと比べると見劣りする面があります。そのため、JACリクルートメントだけを単独で利用するのではなく、その他の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

担当者に当たり外れがある

2つ目のデメリットは、キャリアアドバイザーに当たり外れがあることです。JACリクルートメントのような大手エージェントの場合、規模が大きい分、担当者のレベルにどうしてもバラツキが出てきてしまい、当たり外れがあると求職者が感じてしまうケースがあるようです。仮に、相性の悪い担当者に当たってしまったと感じた場合は、担当者の変更を申し出るという選択肢もありますし、最悪、別の転職エージェントを検討してみるのも良いかと思います。

求職者への対応がドライな場合がある

3つ目のデメリットは、求職者への対応がドライな場合があることです。JACリクルートメントはハイクラス向けの転職エージェントであるため、市場価値がそれほど高くない求職者への対応がドライな場合があるようです。それゆえ、ハイクラス転職を狙うのではなければ、リクルートエージェントdodaエージェントといった総合型の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

医療専門職の転職には不向きの場合がある

4つ目のデメリットは、医療専門職の転職には不向きの場合があることです。上述の通り、リクルートエージェントは総合型の転職エージェントであるため、医師転職(参考:医師転職)や看護師転職(参考:看護師転職サイト)などの医療専門職の転職には不向きの場合があります。これらの分野への転職を目指す場合は、医師転職であれば「エムスリーキャリア」「医師転職ドットコム」「マイナビドクター」、看護師転職であれば、「看護roo!」「看護のお仕事」「マイナビ看護師」などをを利用すると良いでしょう。

JACリクルートメントの登録から応募までの流れ

JACリクルートメントに登録してから求人に応募するまでの大まかな流れについては、下記の通りです。

  • 会員登録
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 求人の紹介・応募
  • 企業との面接

会員登録

まずは、JACリクルートメントの公式HPにアクセスし、メールアドレスを入力します。

その後、登録完了の連絡が届き次第、面談の日程を決定します。対面での面談が難しい場合は、オンライン面談も可能です。

キャリアアドバイザーとの面談

担当者との面談では、現在の状況と希望する求人イメージをできる限り詳細に伝えた上で、条件にあった求人を紹介してもらいます。あくまでもカジュアルな面談なので、些細な仕事の悩みなども含め、担当者の方に気軽に相談できると良いと思います。また、履歴書と職務経歴書を記入の上、持参すれば、より面談の場が意義深いものになると思います。面談日までに忘れずに作成しておくことを心掛けましょう。

求人の紹介・応募

面談中に求人を紹介してもらえる場合もありますが、面談終了後に条件に合った求人が見つかった場合は、電話orメールで求人情報を受け取ることができます。電話が嫌な場合は、事前に担当者の方に対して、メールでの求人紹介を希望する旨を伝えておくと良いでしょう。希望に合うような求人が見つかり次第、求人に応募します。面接の日程調整などはすべてキャリアアドバイザーにお任せで大丈夫です。応募書類の作成や面接の対策についても、担当者が熱心にサポートしてくれるので、不安なく転職活動を進めることができます。

企業との面接

応募が完了次第、面接を実施します。JACリクルートメントでは、希望すれば、事前の面接対策を行ってくれます。しっかりと練習しておくことで、緊張せずに面接に臨むことができると思います。面接が終了したら、キャリアアドバイザー経由で合否の連絡が届きます。連絡手段は、電話もしくはメールが多いです。仮に今回の面接を通過できなくても、企業からのフィードバックをキャリアアドバイザー経由で貰うことができるので、次の面接に向けて生かすことができます。

JACリクルートメントの評判・口コミ【Twitter】

JACリクルートメントの評判・口コミ【Twitter】を「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

良質な情報を提供してくれる

サポートが手厚くて非公開求人が多い

外銀を目指すなら登録すべき

悪い評判・口コミ

紹介できる求人がないと言われた

担当者がしつこい

現地法人の求人が無かった

JACリクルートメントの評判・口コミ【オンライン調査】

JACリクルートメントの評判・口コミ【オンライン調査】を「良い評判・口コミ」「悪い評判・口コミ」に分類した上で紹介していきます。

良い評判・口コミ

サポートが手厚い

サポートが手厚いです。事務的ではなく人間味溢れる対応が嬉しかった。(女性・20代)

書類選考通過率は高い

求人数は大手の転職エージェントと比べると少なめですが、書類選考通過率は高いと思います。(男性・30代)

オンラインでの模擬面接が役立った

対面での模擬面接に加えて、オンラインでの模擬面接も行ってもらえた。(男性・30代)

求人の幅が広がった

求人の幅がやや狭く、内容が物足りない気がしました。自分が探していた業種の求人案件があまりなかったのは残念でした。ただ、複数の転職エージェントに登録することで、求人の幅も広がったことは良かったです。(男性・30代)

悪い評判・口コミ

ドライな対応をされた

希望が自分の求人にマッチしない求職者だとドライになる印象です。ビジネスなので仕方がない面はあるとは思うものの、もう少し積極的に提案してもらえると嬉しいです。(女性・30代)

アドバイスが少し貰えただけだった

模擬面接や書類添削は特になく、アドバイスを少し貰えただけでした。(男性・40代)

JACリクルートメントに関するQ&A

最後に、JACリクルートメントに関するQ&Aを整理しておきます。

JACリクルートメントのログイン方法は?

JACリクルートメントにログインするには、こちらのページからログインします。

ログインできない場合は、こちらのヘルプページを参照のこと。

JACリクルートメントの面談に事前準備は必要?

面談の時間を有意義に過ごすために、事前準備をしておくことをおすすめします。

履歴書や職務経歴書を事前に送付しておく

履歴書や職務経歴書は面談前にJACリクルートメントの担当者に送っておきましょう。経歴などを事前に知ってもらうことで、説明の手間を省くことができ、より有意義な面談にすることができます。

希望条件や転職に求めるものも事前に伝えておく

希望条件や将来ビジョンを面談前に担当者に伝えておくと、希望にマッチした求人を面談当日に紹介してもらえる可能性が高まります。実際の求人票を見ながら相談ができるので、具体的な条件のすり合わせがやりやすくなります。

JACリクルートメントとの面談に必要な持ち物は?

持ち物は基本的には必要ありません。指定されることもありますが、その場合は、履歴書、職務経歴書、写真、筆記用具が多いです。また、面談当日に求人票や資料一式を渡されることがあるため、A4の書類が入る大きさのカバンとクリアファイルを持参すると良いでしょう。

JACリクルートメントとの面談場所は?

JACリクルートメントの社内には面談用の個室が用意されており、周囲を気にせずに安心して相談することができます。地方在住で面談場所に足を運ぶことが難しい場合は、電話面談も対応可能です。電話面談の場合は、履歴書や職務経歴書を手元に置いておきながら面談を進めると良いと思います。JACリクルートメントでは、ハイクラス転職実績の豊富な担当コンサルタントが面談を通じて親身に相談に乗ってくれることが特徴です。

言いにくい転職理由の場合は、どう伝えれば良い?

言いにくい転職理由の場合も、JACリクルートメントの担当者には隠さずに事実を伝えましょう。それによってより良いサポートを受けることができる可能性が高まります。

アピール材料がない場合はどうしたら良い?

堂々と面接で伝えられるような輝かしいアピール材料を持っていない場合でも、率直にJACリクルートメントの担当者に相談することで、企業へのアピール方法を一緒に考えてくれます。

JACリクルートメントでひどい担当者に遭遇した場合、どうすれば良いですか?

担当者の変更を依頼すると良いでしょう。それでも担当者との相性が良くない場合は、退会を検討すると良いでしょう。

JACリクルートメントの退会方法は?

JACリクルートメントの退会する場合は、担当コンサルタントへ直接連絡するorお問い合わせフォームから連絡すると良いでしょう。

最後に

今回の記事は以上となります。JACリクルートメントは、豊富なハイクラス転職実績を誇る転職エージェントとして知られていますが、大手であるがゆえに、どうしてもキャリアアドバイザーに当たり外れがある場合があります。そのため、ハイクラス向けの転職を目指す場合は、JACリクルートメントだけでなく、ビズリーチキャリアカーバー等にも併せて登録することをおすすめします。